好きな旅行の話や 自分が興味をもったことをアップしています♪ 気になるカテゴリーからもどうぞ!
by banban0501
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
検索
カテゴリ
全体
始めまして・・ごあいさつ
ケアンズ
南イタリア旅行
NYの思い出アルバム
ニューヨークの思い出
アメリカ ラスベガス・ロス
イギリス・ロンドン
ドイツ・オーストリア話
スペインの思い出
南フランス
タイ 
読んだ本
ベトナム
韓国釜山ソウル
韓国ソウル・春川・水原
中国 上海
中国 杭州と上海再び
中国 北京
中国 麗江
台湾旅行
台湾旅行 再訪
中国 香港
マカオ・香港の旅
チェジュ旅行
奈良 今井町
伊勢・志摩の旅
白浜 南部の旅
北陸 金沢 山中
奥飛騨
松本・安曇野旅行
長崎とハウステンボスの旅
ハウステンボスの旅 二泊三日
八カ岳 リゾナーレ
富士山と日光
東京旅行
豊川 岡崎
箱根旅行
横浜・鎌倉旅行
熱海 三島
名古屋旅行
京都と琵琶湖・浜名湖の旅
クルーズ
京阪神ブラリぶらり
料理・食べ物の話
お金の話
映画
観劇
英会話
DIY 日曜大工 ミシン仕事
カバン作り
こども服
日々の記録・雑感
ちょっと驚いたこと
マイ 美術館
パソコンでお絵かき
パソコンで・・・・
お勉強!
読んだ本
日本語ボランティア

遺品整理
お役立ち情報
仕事関連
リホーム
収納の工夫
親指のトラブル
未分類
最新のコメント
★ rabbitjump..
by banban0501 at 06:43
仲良しさんでおしゃべりし..
by rabbitjump at 21:07
★ anello63 ★..
by banban0501 at 20:51
高校の時の友人は今もずっ..
by anello63 at 16:41
★ shinobueak..
by banban0501 at 10:51
高校時代のバスケ仲間が今..
by shinobueakira at 09:55
★ 鍵コメ ★さま ..
by banban0501 at 06:51
★ mihayashi6..
by banban0501 at 07:02
羽生(はにゅう)と羽生(..
by mihayashi6 at 22:56
★ semineo ★さ..
by banban0501 at 11:50
フォロー中のブログ
生きる詩
ニューヨークの遊び方
気まぐれフォト日記
パリときどきバブー  f...
チョコットメモ記
小次郎じじ物語
折々の記
親父の HOBBY
Rabbitjumpの草原
空の見えるベランダから
neige+ 手作りのあ...
ひとこと、ふたこと、みこと
《ニューヨーク直行便 》...
日々の暮らし
~秋色紫陽花と暮らす日々~
本当に幸せなの?
気まぐれ日記
BABAうさぎの奮闘記 ...
ふうちゃん にっき
元気ばばの青春日記 気持...
はあと・ドキドキ・らいふ
OURHOME
やっぱり旅が好き♪
アンダンテのだんだんと中受日記
片付けたくなる部屋づくり
☆FREEDOM☆
さかえのファミリー
その日・その日
ブロ友パソコン相談室
Mrs.和やか in 手帳
無垢のおうちと収納と
FU-KOなまいにち
Linen Style...
IEbiyori
時流れるままに
アメリカからニュージーランドへ
シンプルで心地いい暮らし
Baabaの徒然に
はりねずみの日記帳
喜びも悲しみも幾年月
『 とっておきのお片付け 』 
元気ばばの青春日記 気持...
WITH LATTICE
笑顔のたね
ハーバードで奮闘中、日本...
白×グレーの四角いおうち
uri's room* ...
ivory*
クラシノート
片づけで、すっきり暮らし。
ほぼ100均で片付け収納に挑戦
外部リンク
ひとりごと
自称 記録魔
自分のために
記録して残して
おきたいことを
時々 更新です

メールはこちらから
以前の記事
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
more...
タグ
(117)
(76)
(75)
(51)
(41)
(28)
(26)
(26)
(23)
(22)
(17)
(17)
(16)
(13)
(13)
(12)
(12)
(10)
(7)
(5)
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
最新の記事
高校仲良し4人組ランチ会
at 2018-02-17 21:28
三連休
at 2018-02-12 15:14
節分メニュー & プリンター..
at 2018-02-04 16:28
誕生会 & iPadでアプリ..
at 2018-01-28 15:21
ホームパーティー & やっぱ..
at 2018-01-21 10:10
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
2006年 12月 04日
パナソニック ビエラちゃん我が家に来る!
午後1番に昨日かったテレビがやってきました
ビエラ32型です
もともとあったテレビの位置に納まってくれました
a0084343_14523728.jpg

新しいテレビになってよかったことが3つあることが
設置にきてくれたお兄さんと話していてわかりました

第一は 勿論 画面が綺麗になったこと
第二は 今まで 電波が入りにくかったのでほとんど映らなかった
     テレビ大阪が 綺麗にみれるようになったこと
第三は NHKのBS放送以外のBS朝日やフジが見れるということが
     分かったことでした

第三については 昨日上新電機のスタッフさんから
古いパラボラアンテナだと みれるかどうかは 分からないといわれていたのです

そのときは一体どういうことを意味しているのか分からなかったんですが・・・・
今日のお兄さんの説明で 解明して 頭スッキリです

つまり・・・・
古いパラボラアンテナの形は 丸いのですが
新しい アンテナは 楕円形だそうです
楕円形というのは アンテナの受信には とてもイイ形なんだそうです
ですから 楕円形だと 間違いなく受信できるけど
丸い形だと 方向が ばっちりあっていないと
受信が難しいということでした

幸いにも 我が家の12年前のパラボラアンテナは 丸い形にもかかわらず
方向が ぴったし合っていたので 受信可能だったというわけです

まぁ 新しいアンテナを買ったとしても 1万円ぐらいで買えるそうですが・・・・
設置が難しいらしい(方向を定めるために)
ということで 12年前のアンテナ工事のおじちゃんに感謝しています

それで 古いテレビを引き取ってもらった後に
リモコンだけが 残っているのに気がつきました
新しいテレビの写真を撮ろうとして ハタと気がついたのですが
12年間も毎日毎日お世話になったのに
彼(勝手に男性にしておきます)の写真を撮るのを忘れていた・・・と。

12年間も 見つづけていて すっかりなじんだ顔を
きっと 忘れるかもしれないというのに・・・・・

それから 彼のいいところも一つ 思い出しました
彼の頭の上に いつもホコリまみれになってはいましたが
造花の花かごを置いていました
その花かごを 置く場所が 新しいテレビにはないということに
彼が帰ったあとに気がつきました

それで せめてもの罪滅ぼしにリモコンだけ記念に写真をとってやることにしました
新しいリモコンに比べて
もう みんなの手垢がついて ひどい姿ですが・・・・・
a0084343_14531454.jpg

余談ですが
1ヶ月ぐらいしたら NHKのBS放送の画面に
受信料はらってくださいの メッセージが10センチ四方くらいの大きさで 現れるそうです
無視してもいいそうですが
その場合は ずっとその画面と仲良くみることになります
録画しても その画面は残るそうです
嫌な人は メッセージに書かれている電話番号へ連絡をいれたら
消してくれるそうです
そのときは BS受信料一月980円をはらうことになります

実は・・・・・・
12年間 払っていませんでした・・・・・
これも12年前のアンテナ工事のおじちゃんのお陰で12年間
誰にも見つかりませんでした

もろもろに感謝して
覚悟を決めて はらうことにします!
[PR]
# by banban0501 | 2006-12-04 14:53 | 日々の記録・雑感 | Comments(0)

・・・・TOPに戻る・・・・
2006年 12月 03日
パナソニックビエラ32型テレビ購入!
昨日から3つの電気量販店を回ってリサーチした結果
本日 購入しました
機種は パナソニックの ビエラ
小雪さんの抜群のスタイルのCMで御馴染みの機種です
でも 液晶です
プラズマは37型以上になります
予算のこともありますが 置ける大きさというのにも限度がありますから
結局は 今のテレビ設置位置にそのまま置くためには
32型が限度でした
お値段は 155000円でした
しかも約7000ポイントもつきますので
これで今のブラウン管テレビの引き取り料 3350円はチャラになります

上新電機とミドリ電化が 全く同じ価格でしたが
上新のスタッフさんにリサーチの結果をいうと
「じゃ 5年補償を 無料でつけましょう!」というので決めちゃいました
5年補償費は7400円ほどかかりましから
彼がポイントアップ操作で無料になるように解決してくれました

12月はどこの電気店も勝負にでているようです

1インチ単価は4843円です
1インチ1万円といわれた時代から どんどん安くなっていきますね
もっと 多分安くなるのでしょうが・・・・

なんせ 我が家のテレビが壊れてしまったから
今 買うしか道がありません
真っ暗テレビ画面では やはり 辛いです
テレビのない生活は 無理・・・・

明日到着して設置してもらって12年前のパラボラアンテナで
BSフジやBS朝日などが 上手く受信できれば
バンザーイなんですが・・・・ちょっと心配です
[PR]
# by banban0501 | 2006-12-03 14:36 | 日々の記録・雑感 | Comments(0)

・・・・TOPに戻る・・・・
2006年 12月 02日
テレビが壊れた・・・・
ついに12年目にテレビが壊れた
ブラウン管テレビのブラウン管が おかしい
29型で 結構高かったのだけれど
はじめにBSチューナーが やられて
ビデオデッキのBSチューナー経由でBS放送をみるようになって
3年たっていました
でも2,3週間前から 画面が段々 狭く映るようになって
胴長短足に全ての人がテレビ画面に現れるようになってきました
どんどん 画面の縦がせまくなって
数センチになって また 突然 復活したりしてました
毎日 毎日 いつまで持つか!って思っていました

そして ついに
今朝・・・・

真っ暗画面になりました
明日は テレビを買いにいきます
きっと あちらこちらの電気店を訪ねることになる
予算は20万以下

液晶か プラズマか?
さ! どうする???

I have no idea なんだけど・・・・・
[PR]
# by banban0501 | 2006-12-02 16:07 | ちょっと驚いたこと | Comments(0)

・・・・TOPに戻る・・・・
2006年 12月 01日
銀行の自己資本比率
昨日の日経225 終値は 16274.33 円 +198.13 円で終わりました

実態のないいざなぎ景気を上回る
景気の拡大基調なんていわれても
実際の収入は増えていないから
気持ちの中では 超デフレ状態です

昨日 面白い経済の話をききました
銀行の自己資本比率の話です

やっと公的資金の援助をうけて
税金も免除してもらって 3大メガバンクに再編されて
再建をはたした日本の銀行ですが
何故に破綻したのか?という素朴な疑問に
答えてくれたものでした

勿論 バブルの時に 集めるだけ集めたお金で
いっぱい借りさせて それが不良債権となったことは
周知のことでしたが
私には 自己資本比率のマジックも原因の一つだと
昨日の話で分かりました
本当に 経済のことには うとい・・・・

国際決済銀行(BIS)というのは銀行の銀行だそうです
そこが 世界各国の銀行に 1991年に 
それぞれがもっている純粋な資産の割合を8%にすると
決めたそうです
この数字には案外経済学的根拠はないらしいです
でも とにかく決まりました
分母の100が営業上の資金で分子8が自己資金です

1991年当時の日本にはそれを実現できる銀行がほとんど無かった!
この事実もすごい
それで 日本だけは 1993年からでよろしいということになったそうです

当時 バブルだった日本の銀行が8%にするために
自分の銀行の株を自己資金に加えることを考えて
増資を沢山したそうです
他の国の銀行は株価なんか入れなくても実現できていたそうです
で・・・BISは日本に対しては 含み益の45%だけ資産にいれることを認めた
ここが 銀行転落のミソ!!!

でも 考えたら バブルの株価なんですよね・・・

バブルが崩壊して 株の含み益が なくなれば
当然分子が 小さくなって 8%になりません

そしたら 分母を小さくすればいいだろう・・・と考えて(この発想もすごい)
今度は 融資額を減らしにかかったそうです

バブルの時には どうか お金を借りてくださいっていった銀行は
今度は「貸し渋り」と「貸しはがし」と呼ばれる資金回収に回ったわけです

私は当時は銀行が不良債権を抱えているから
資金の余裕が なくなって 貸し渋りをしているのかと
単純に思っていたのですが
どうやら 自己資本比率8%に 非常に苦しめられていたということです
バブル崩壊後の銀行は
抱えた不良債権と自己資本比率が悪かったせいで
「助けてくれ~」とあいなったわけです

公的資金投入は
心臓を止めたら 日本の経済が回復しないという論理です

その結果 末端の組織である多くの会社が倒産していったわけですが
心臓である銀行だけは 生き残って 公的借金も返し終えたというわけです

おめでとう!!

でも・・・先日 面白い記事をみました

銀行は高収益を上げているけれども
それは 証券会社と同じ手数料収益が多くて
本来の銀行業務での収益である 借りてもらって
利ざやを稼ぐことは 今 できていないのだそうです

バブルで淘汰された日本の生き残り企業が
昔のように 沢山のお金を銀行で 借りるとしたら
海外での販路を広げるしかない
これって厳しいんじゃない?
いったいどこで売るの・・・

それと
やっぱり 私たちのフトコロを暖めてくれないと・・・
ということで やっぱり 給料上げてくれ~です

ホント経済って予想不可能

村上龍の「半島を出よ」みたいな日本になるの?
アメリカと中国の親密度が高くなって日本がおいてきぼりになって
北朝鮮にいいようにされるって話です

そこで やっぱり株がどうなるか もっと心配になってしまったのです
[PR]
# by banban0501 | 2006-12-01 10:04 | お金の話 | Comments(0)

・・・・TOPに戻る・・・・
2006年 11月 30日
北京閑話 お買い物編
北京の旅行は 紫禁城にもいけたし
万里の長城もみれたし
美味しい中国料理も沢山いただいたし
気分のよくなるホテルにも泊まれて
とても 満足した旅だったのですが 
最後の最後に嫌な思い出がのこりました

その話で北京閑話を締めくくります

北京のお買い物には実に嫌な思い出があります
以前から中国で買い物をするときには気をつけなければいけないと
いわれたことが ありました
それは いい加減な商品を 売りつけられることが 多いということでした
ですから 当然 私も 気をつけていました
上海のキティストラップをべらぼうな値段で
買わされた経験もあるのですから
それで
買い物は ちゃんとしたところで買うと決めていました
そして 買い物で遊ぶという経験もしようと考えていました

まずお土産にシルク製品を買いに行ったのは
「北京友誼店」です
これはデパートです
でも 古いデパートで 品数はないし ダサい商品ばかりでした
それでも 信用は出来るだろうということで シルクのハンカチや
ブラウスを買いました

それから 値段交渉をして 買い物を楽しむために
「秀水街」というところに行きました
a0084343_14511344.jpg

今はビルになっていますが 昔は 香港の「女人街」などのような
雑然とした 商店街だったそうです
ビルの中には 小さなブースに沢山のお店が並んでいて
バッタもん目当てや 掘り出し物を求めて沢山の観光客がいます
ここのお店は若い店主が多く 客も 外国人が多いので
あちらこちらで 英語での ディスカウント交渉が行なわれています
私も 黒のシルクのパンツを500円でゲットしました
本物かどうか 安いかどうか わかりませんが
いろいろなお店をひやかしてあるいて 楽しかったです
秀水街の前の道には 新しい建物が いっぱいです
a0084343_14514121.jpg

こんな風に自分で納得して買い物をしたと思って帰国したらば・・・・・

実は ガイドに連れられていった大きなお茶屋で
私は 蓋つき茶器を2つかいました

沢山展示されていた中で 気に入ったものを見つけたので
コレをくださいと いいました
店員は 倉庫から もってきたであろう 箱の中の茶器を
確かめもせずに ショッピングバックに いれて手渡しました
私も さして 考えもせずに 代金を払って
荷物はそのまま ホテルの部屋において おきました
もちろん 帰りも手荷物で日本までもってかえりました

家に帰ってから あけてみたらば・・・・・
なんと 茶器の一つの蓋の縁が 欠けていました
私がもって帰るときの扱いが悪かったのかと
欠片を探してみましたがどこにも ありません
そして よく見ると 気に入って選んだ茶器の柄も 
随分雑な絵柄になっていて
ところどろこに 模様がなくて白く抜けていたりしていました
明らかに倉庫からもってこられたのは不良品だったのです

ガイドが連れていったお店なので
私は旅行社にも責任があると思いました
○○旅行のツアーだったので私は抗議の電話をいれました
担当の偉い人がでてきて
「お客様の支払われた金額は 当社が全額返金いたします」
ということになりました
結果として問題は解決したのですが・・・・
じつに 後味のわるい結果になりました

後日友達にこの話をしたら
「中国での買い物は 現物を目の前で包ませないと とんでもない
不良品を 渡されることになるよ」というアドバイスをもらいました

日本で陶器を買ったら
それこそ 倉庫から出してきたものだったら中身を客の目の前で
広げて確認させることを思うと 本当に中国っていう国の
いい加減?さと ずるさ?にあきれてしまいます
いまでも その気持ちが抜けません
ちょっとした カルチャーショックです
いろいろな国にいきましたが こんな思いをしたことは
中国以外では まだ ありません

因みに プーアール茶の塊が 上下10個ずつ
2段重ねの箱に入ったものを買った友達が
日本に帰ってあけて見たら
下の段には 8個しか はいっていなかったとビックリしていました

こんな信用のできない国が これから 世界経済を引っ張っていくの?
これは小さな小さな出来事ですが
その国の印象を左右する 気持ちの中では大きな出来事になりました
どこの国へいっても いろんな人がいて うっかりしていたら
財布をすられたりってことだってあるのは 理解していますが
大きな大きな お店で買い物をして 
観光客相手に不良品を売りつけるっていうのが 
日本人の感覚では 理解できません。

中国は魅力ある国なのに
そんな国なんだ・・・って理解しなければ いけないのが残念に思ってしまう。
[PR]
# by banban0501 | 2006-11-30 14:28 | 中国 北京 | Comments(3)

・・・・TOPに戻る・・・・
2006年 11月 29日
北京閑話 北京飯店迎賓館に泊まる!
北京旅行で一番満足したのが 実は ホテルでした
旅行の満足度を左右するというものは やはりホテルの要素も重要です

北京市内には ハイアットリージェンシーや
そのほか 超近代建築の ホテルがたくさん あるのですが
私たちが泊まった 北京飯店は 本当に 昔からある
由緒正しき?ホテルでした
このホテルも時代に合わせて 近代建築の部分と
昔からのクラシックなチャイニーズスタイルの部分と
両方をミックスした部分とを もっています
それぞれ 独立していますが
中では つながって 行き来できるようになっていました
a0084343_1410324.jpg

ホテルの建物の中には プールもある
でも 中国王朝のような広間もある という具合です
上の写真は大広間の入り口で
中で2、3年まえぐらいに コシノヒロコさんのファッションショーもあったそうです

私たちが泊まったのは 迎賓館というミックス部分のホテルです
外見とは違って中はとても近代的で
大きな 吹き抜けラウンジの周りに 個室が並んでいるというスタイルでした
夜になるとラウンジで演奏されるピアノの音が廊下にでると聞こえていました
これが ホテルの中だというのが 驚きでした
a0084343_14105433.jpg

中の調度品は クラシックな中国家具風で
アメニティも 充実していました
a0084343_14113019.jpg

朝食のバイキングのお料理の種類の多さと美味しさには驚きました
日本人で泊まっていたのは 私たちだけで
他はみな 欧米人でしたから従業員は全て英語での応対でした
a0084343_14115953.jpg


そして何より 私たちを喜ばせたのは
ホテルの部屋から窓の外をみると
そこには 紫禁城が すぐそばに見えたことでした
a0084343_1492737.jpg

朝もやの中の紫禁城の屋根の赤い色が とても 美しかったです
日本画家の梅原竜三郎の描いた紫禁城が目の前にありました
[PR]
# by banban0501 | 2006-11-29 13:49 | 中国 北京 | Comments(0)

・・・・TOPに戻る・・・・
2006年 11月 28日
中国閑話 北京動物園のパンダ専用入り口?
忙しい観光客のために
中国名物 パンダさんだけを すっとみせてくれるというのが
北京動物園のパンダ舎です
動物園の普通の入り口とは別の場所にあります

昔 昔 日本に初めて 上野動物園にパンダがきたときに
その立派な冷暖房完備のガラス張りパンダ舎が 自然じゃないとかなんとか
問題になりましたが・・・・

ここのは スゴイよ!
a0084343_13443112.jpg

とにかくパンダを見るためだけの 料金をはらって入るパンダ舎の
外観だけでも びっくりです
近代的だし 中は 綺麗だし
パンダのおり?も 美しい・・・・
a0084343_1345280.jpg

そして その横には パンダグッズの売店もある
外へでれば 大きな広い パンダ専用のお庭がひろがり
遊具も完備
お洒落なパンダ舎を そとからも確認できます
a0084343_13452210.jpg

パンダも 結構たくさんいるのですが 広いので
すぐには 気がつきません
あぁ あそこに ねころがって遊んでいるな・・・って感じで
パンダさんも とても綺麗で 実に 優雅に見えました

上海動物園の中の パンダエリアの中にある汚いパンダ舎を
見た後では そのあまりにも 待遇のちがいに 愕然とします
上海のパンダは 黒白模様でなく 灰色黒模様でした
その汚いパンダをみている人は そのときは10人ほどでしたが
北京のパンダ舎を 訪れる人の数は 数え切れないほどいっぱいでした

私がパンダでも 毎日綺麗にしてくれる
北京のパンダになりたいよ~と思うんだけど・・・・
[PR]
# by banban0501 | 2006-11-28 13:28 | 中国 北京 | Comments(0)

・・・・TOPに戻る・・・・
2006年 11月 27日
北京閑話 天壇公園の朝
北京の観光名所となっていますが
正直なところ わざわざ行くほどのこともない・・・

明・清時代の皇帝が五穀豊穣を祈念するために
毎年お参りをしたという場所です
a0084343_13231084.jpg

「閻丘(えんきゅう)」という雨乞いのための大理石の丸い舞台があり
そのもっと奥には 「皇穹宇(こうきゅうう)」と呼ばれる歴代皇帝の
位牌をまつる塔が あります
この 塔の周りは 円形状の壁になっていて「回音壁」と呼ばれています
上の写真が その壁です
壁がまるいので 壁に向かって声をだすと
丸い壁を音が伝わっていって反対側に立つひとに聞こえるというものです
とても広い場所なのに ちゃんと声が聞こえたのには驚きました
私には古い建物よりも この仕掛けの方が面白かったです

ただ 朝行けば もう一つ面白いところをみれます
それは公園の最初の門から 入ってすぐのところにある広い広い
広場に 沢山の人たちが 思い思いの朝の集いを楽しんでいるのを
みることが できます
日本じゃ まぁ ないでしょう・・・・
a0084343_1323413.jpg

対極拳だけでなく
社交ダンス?のグループや羽けり競技をする人、石畳に習字をする人など
ちゃんとボランティアで指導をする先生もいて
大勢のお年寄りが 朝に集いを楽しんで とても賑やかです
観光客だって 参加できます
a0084343_13241233.jpg

広い広い公園ですから あちらこちらで
思い思いに 朝のひと時を過ごしているようです
外国人グループで 太極拳を楽しんでいる人たちもいました
だれか 指導できる人が いるのでしょうが・・・・

私たちも太極拳をしている人たちに混ざってみました
ダンスのように 踊るのではなく
手のひらを 上にいつも向けて 太陽の気のエネルギーを
もらうんだとか・・・・・
同じ姿勢を保つためには 腰の筋肉をつかいますので
いい運動になると やってみてわかりました

こういう人たちをみるには 朝9時から10時ぐらいの間にいかないと
いけません
中国はどこも広くて 車のはいれない公園など
本当に あるいても歩いても 目的地につかないので
時間が かかります

ですから 忙しい日程の旅行なら ここは避けて
違うところに いくほうが いいと思いました
[PR]
# by banban0501 | 2006-11-27 13:24 | 中国 北京 | Comments(0)

・・・・TOPに戻る・・・・
2006年 11月 26日
京都祇園コーナーで舞妓さんグッズを買い、茶道体験
祇園コーナーのホールに舞妓さんギャラリーがありましたので
いろいろな舞妓さんグッズをみました
私はもうじきお正月なので 舞妓さんの絵の入ったぽち袋と
舞妓さんの携帯ストラップをゲットしました
ここには 舞妓さんの花かんざしの紹介もありました
a0084343_21432050.jpg

季節によって頭を飾るかんざしが違っていて
11月は綺麗な紅葉の花かんざしでしたし
7月はウチワをアレンジしたものでした
どれも とても綺麗です

2階には「茶道体験ルーム」があります
a0084343_21502611.jpg

一人一人にお盆に入った 茶道セット?が配られて
外国の方の参加者には 英語でも 説明が行なわれます
私がいった時には
イギリス人のグループに先生が英語で作法の説明をされていました
私たちは 日本語でお願いしました!
a0084343_21491554.jpg


実は私は若い頃に「お花」は習ったことがあるのですが
「茶道」はありません
ですから 外国の方と同じ状態です
なんとなく うる覚えの懐紙の使い方など 再確認しました
先生のお手本を見た後
先生の説明に合わせてお茶を点てました
この体験は 一緒にいった外国の方もすごく喜んでいましたが
私も とても楽しかったです

祇園コーナーという場所をご存知ない日本人も多いと思いますので
記憶の隅に覚えていてください
いつか 京都の夜を楽しむチャンスがあれば 是非思い出してくださいね
[PR]
# by banban0501 | 2006-11-26 10:38 | 京阪神ブラリぶらり | Comments(0)

・・・・TOPに戻る・・・・
2006年 11月 25日
京都花見小路の祇園コーナーの出し物は?
祇園コーナーで最初に紹介されるのは「茶道」です

舞台の横の茶道セットでお手前の実演があります
二人の希望者に お菓子と抹茶のお手前がふるまわれます
a0084343_21525832.jpg


次は舞台の上で「華道」のデモンストレーションがあり
生田流のお琴の演奏を楽しめます

a0084343_2158175.jpg

その後が「雅楽」
これは なかなか普段テレビでも 見ることができないものです
演奏も舞いも古代を感じます

a0084343_2159633.jpg

狂言は「棒縛り」というものが演じられます
言葉も難しい日本語ですが 外国の人にもその面白さは充分に伝わるようで
会場には わらいが・・・・・
そして 舞台に舞妓さんが 現れると 「オー」と感嘆の声がきこえます
a0084343_21594028.jpg

やはり舞妓さんは 綺麗です!
御馴染みの「祇園小唄」にあわせて 優雅な舞を踊ってくれますが
本当にうっとり見とれてしまいました
a0084343_220241.jpg

そして最後のしめは「文楽」です
八百屋お七が まるで生きているように見えます

バラエティに富んだ優雅な伝統芸能を楽しめるところです
ショートだから いいのかも?とも思います

コーナーの中 茶道体験ができたり 舞子さんの飾りをみたりできます
ここ をクリックして 楽しんでくださいね~
[PR]
# by banban0501 | 2006-11-25 10:13 | 京阪神ブラリぶらり | Comments(0)

・・・・TOPに戻る・・・・