人気ブログランキング |

好きな旅行の話や 自分が興味をもったことをアップしています♪ 気になるカテゴリーからもどうぞ!
by banban0501
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
検索
カテゴリ
全体
始めまして・・ごあいさつ
ケアンズ
南イタリア旅行
NYの思い出アルバム
ニューヨークの思い出
アメリカ ラスベガス・ロス
イギリス・ロンドン
ドイツ・オーストリア話
スペインの思い出
南フランス
タイ 
大塚美術館 & 鳴門
健康
ベトナム
韓国釜山ソウル
韓国ソウル・春川・水原
中国 上海
中国 杭州と上海再び
中国 北京
中国 麗江
台湾旅行
台湾旅行 再訪
中国 香港
マカオ・香港の旅
チェジュ旅行
奈良 今井町
伊勢・志摩の旅
白浜 南部の旅
北陸 金沢 山中
奥飛騨
松本・安曇野旅行
長崎とハウステンボスの旅
ハウステンボスの旅 二泊三日
八カ岳 リゾナーレ
富士山と日光
東京旅行
豊川 岡崎
箱根旅行
横浜・鎌倉旅行
熱海 三島
名古屋旅行
瀬戸の旅
京都と琵琶湖・浜名湖の旅
クルーズ
京阪神ブラリぶらり
料理・食べ物の話
読んだ本
お金の話
映画
観劇
英会話
DIY 日曜大工 ミシン仕事
カバン作り
こども服
日々の記録・雑感
ちょっと驚いたこと
マイ 美術館
パソコンでお絵かき
パソコンで・・・・
お勉強!
日本語ボランティア

遺品整理
お役立ち情報
仕事関連
リホーム
キッチン リホーム
親指のトラブル
健康
介護
収納の工夫
掃除の工夫
未分類
最新のコメント
★ mihayashi6..
by banban0501 at 22:42
ザル菊は広い場所が必要で..
by mihayashi6 at 21:57
★ juju3291a ..
by banban0501 at 09:32
今年の菊は 見るも哀れ ..
by juju3291a at 00:22
★ jan113fuzi..
by banban0501 at 22:52
★ rabbitjump..
by banban0501 at 22:49
こんばんは すごい量の..
by jan113fuzi at 22:48
★ sakae2009 ..
by banban0501 at 22:47
きれいに片付きましたね。..
by rabbitjump at 18:52
年末も近づいてきたのでぼ..
by sakae2009 at 17:27
フォロー中のブログ
生きる詩
ニューヨークの遊び方
パリときどきバブー  f...
チョコットメモ記
小次郎じじ物語
折々の記
親父の HOBBY
Rabbitjumpの草原
空の見えるベランダから
neige+ 手作りのあ...
ひとこと、ふたこと、みこと
安部かすみの《ニューヨー...
日々の暮らし
~秋色紫陽花と暮らす日々~
本当に幸せなの?
気まぐれ日記
BABAうさぎの奮闘記 ...
ふうちゃん にっき
元気ばばの青春日記 気持...
はあと・ドキドキ・らいふ
OURHOME
やっぱり旅が好き♪
片付けたくなる部屋づくり
☆FREEDOM☆
さかえのファミリー
その日・その日
ブロ友パソコン相談室
Mrs.和やか in 手帳
無垢のおうちと収納と
FU-KOなまいにち
Linen Style...
IEbiyori
アメリカからニュージーランドへ
シンプルで心地いい暮らし
Baabaの徒然に
はりねずみの日記帳
『とっておきのお片付け』...
元気ばばの青春日記 気持...
自分軸×整理収納=ワタシ...
白×グレーの四角いおうち
pink pinko life
uri's room* ...
ivory*
クラシノート
片づけで、すっきり暮らし。
ほぼ100均で片付け収納に挑戦
クルーズとパリ旅行
檸檬
外部リンク
ひとりごと
自称 記録魔
自分のために
記録して残して
おきたいことを
時々 更新です

メールはこちらから
以前の記事
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
more...
タグ
(134)
(91)
(84)
(74)
(57)
(47)
(44)
(34)
(34)
(29)
(29)
(23)
(18)
(17)
(16)
(14)
(14)
(14)
(13)
(11)
(10)
(7)
(5)
(5)
(4)
(4)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
最新の記事
冷蔵庫大掃除 & ザル菊とス..
at 2019-11-09 10:00
娘の定期検診 & 骨密度検査
at 2019-11-02 10:41
観劇 & 収納の工夫
at 2019-10-26 10:00
冬支度で屋根裏収納庫整理 &..
at 2019-10-19 10:00
キャシュレス還元 & 飲み会
at 2019-10-12 10:00
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2011年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧

・・・・TOPに戻る・・・・
2011年 07月 31日
大阪南港ATCで コスプレさん
大阪湾岸にある 南港ATCに いってみたときに 面白いものをみた話です

南港ATCというのはバブル期に着工された
大阪港の開発計画の咲洲・夢洲・舞洲の3人工島のうち 咲洲にある商業施設です

我が家からは 車で25分で南港のATCまでいけます

ここには いろいろな商業施設があり
アウトレットモールもあるというので でかけたのですが・・・・

そもそも アウトレットっていったい何?とおもっていたので
調べてみると これは ブランド名がつくような 製品を
工場でつくったときに できる 規格外(ちょっとした不良品)品を
工場の近くで アウトレット店として うっていたのが始まりだとか・・

なので アウトレットモールというのは
そういう ブランドの看板をもって そのブランドの 中古品や
流行おくれになったもの 在庫になったものを売るのが本筋みたいです

なので そういう お店が 沢山あつまったところが
アウトレットモールのはずなのですが~

たぶん ここも できたときは そうだったのかもですが
私がいくのは今回が初めてでした(遅)

ATCタウンの見取り図です
この 背の高いビルが 目的のアウトレットマーレという施設です
道路をはさんで 向かいには 大阪府の橋下知事が
全面移転したとおもっている 咲洲庁舎のはいっているビル(WTCコスモタワー)があります

a0084343_1921870.jpg


とりあえずは アウトレットモールがあるIMT棟へいったみたのですが

中は閑散としていて アウトレットモールとはとても呼べないものでした

ブランドバッグのお店が1つ しかも 品揃えが古い

他のお店は どこにでもあるような雑貨をうる店と服を売るみせがちらほら

まるで シャッター商店街のようでした

そのかわりに観たものは!!

a0084343_19214812.jpg


コスプレさんたちが このビルの中にいっぱいです

しかたなく ATCタウンと呼ばれる横に長いフロアを散策

a0084343_1920436.jpg


目的のアウトレットモールにはなにもなく
ランチだけして かえったのでした(泣)

世界一のアウトレットモールと呼ばれているところは
ニューヨーク郊外にある ウッドベリー・コモン です

実はここへはいったことがあります

2003年に英語のグループレッスンに通っていた当時 みんなで
英語をつかって 旅行しましょう~ なんてことで 積立をして
NYにいったときに 現地の ツアー会社のバスにのっていきました

マンハッタンから バスで 1時間
マンハッタン島から 橋をわたったあとは 緑の木立の中を進んで
ついたろことは 森の中の ショッピング町ってところでした

11月でしたので そろそろクリスマスプレゼントなどを買う人たちで
200以上あるという どのお店も 人がいっぱい

タウンのようになっていて ブランドごとの一軒家形式でした

中央部分にある フードコートも ひとがあふれ
ランチタイムをすぎても 空いている席もなく
誰かが食べている後ろで その席があくのを待つってぐらいでした

アメリカも サブプライム問題などまだ表面化してなくて
あの頃は バブリーだったのかもしれません

今は どなっているのでしょうね~

そのころの写真がないかどうか 探してみましたが
残念ながら ありませんでした

ブログをするようになってから こまめに写真をとる習慣ができましたが
当時は そんな意識がなかったのでしょう

記憶の中で 町中に オールディズソングが流れていて
私が好きだった 「ジョニーエンジェル」という曲もきけて うれしかった思いでがあります



懐かしい映像もみつけました



小学生の時に みていたアメリカ輸入のテレビドラマ
「うちのママは世界一」の娘役のシェリーファビラスが
うたって 世界的ヒットになった曲です

「うちのママは世界一」や「パパはなんでも しっている」
というアメリカのテレビ番組の話を前の英会教室の先生としたことがあり

私が

「あの大きな冷蔵庫や でっかい牛乳ビンに 豪華なリビング
一人一人に部屋があって・・ 子供の気持ちにそってくれる両親
そんなアメリカのふつうの暮らしや ものの考え方があこがれでした」

というと 私と同年代のアメリカ人の先生が

『ぼくも テレビの中の あの生活にあこがれたよ
実際の ぼくらの生活は あんな風じゃなかったよ』

っていわれて 実際には 普通の人は 貧しかったと話して
くれたので ずいぶん驚きました

あれも やっぱり 戦後日本への
アメリカのプロパガンダだったのかも???

だとしたら アメリカナイズされてしまったから成功かもです

あ!!アウトレットモールの話から 変な思い出話に・・・・

たまには いいですよね~

それにしても 今や 世界に発信する 日本のお宅文化 コミック

アメリカに あこがれた私たちとは違い
私が今 かかわっているボランティアにくる欧米の若者は
日本のコミックで 日本語の勉強をして 日本にあこがれてくる時代になりました

このアウトレットにいって こんなコスプレをみたら 喜ぶのかな???
by banban0501 | 2011-07-31 13:30 | ちょっと驚いたこと | Comments(30)

・・・・TOPに戻る・・・・
2011年 07月 25日
ボランティアの会での ゆかた会
先日 私が参加している 日本語支援ボランティアの会で
ゆかた会をしました

日頃は 日本語の勉強ばかりの活動ですが
たま~に「こんなのしましょうか?」なんて感じで
誰かからの提案があったら ボランティアメンバーが
毎月あつまって おこなう運営委員会で 
承認してもらって「じゃ しましょう」
って感じになります

この運営委員会のメンバーは 
学習者さんとボランティアの組み合わせをきめるコーディネーター係り 
会計係り(毎月 100円玉ふたつが会費 学習教材費などとなります) 
学習につかう図書の管理係り
お楽しみイベント(会費を使って春と秋にします)を企画する係りなどを
ボランティア全体から 輪番などで半年の任期で決めています

そして 毎月 運営会議を開いて 様々なことを話あいます

ボランティアで活動する考えが 阪神大震災以降
日本の社会の中にも 根付いてきましたので 日本語の勉強支援ばかりでなく
呼びかければ 協力者も いっぱいでてきますので 春と秋のイベント以外にも
いままで お茶会 や パステル画を描く などいろいろなことをして 
学習者さんたちに楽しんでもらっています

私も そういうときは ほんのちょっとのお手伝いです

今回は ゆかた会となりました

ボランティアの方々が 自分の家にある浴衣・帯・下駄をもちより
学習者さんに 日本の夏の風物詩である ゆかたを着る体験を
してもらうことにしたのでした

希望した学習者さん 全員に着付けをしてあげましたが
帯を結ぶことができる ボランティアさんは少なく 
ちょっと大変でしたよ~

私は??? うまくできないので 写真係りに!!

浴衣といえども 着物ですから ヒモや帯をつかって着るというのは
学習者さんには 興味深いことだったみたいです
a0084343_17541253.jpg

もちよった浴衣を並べて 気に入った柄を選んでもらいました

はやく着せてくださ~い!!

ちょっとまってね~

なんだかんだで ワイワイガヤガヤ

帯の結び方にも いろいろあり・・・・
a0084343_17544731.jpg

帯の裏表の色の違いをうまく使う 結び方がいいですね

さ~ できあがり!!

記念撮影は 自分の携帯写真や 持参したデジカメで~
これなら あとで プリントして 配る必要もなく 便利です

a0084343_2223930.jpg


お互いに写真のとりあいっこ!!
a0084343_17551868.jpg

みんな一緒に記念写真も とって お開きになりました

このゆかた会の小道具に ある方がつくってきてくださった
うちわが 素晴らしかったので ご紹介です

街で配られているウチワを再利用したものです

a0084343_17554354.jpg


参加した学習者さんに 記念にもってかえってもらったりしました

きっと これから 花火大会や夏祭りの日に
街でみかける浴衣姿の人たちをみたときに
この日の浴衣会のことを 思い出してくれることでしょうね~

このボランティアの日本語学習支援グループは
今年で 活動 10周年となります

毎週平均 ボランティアと学習者あわせて100人ほどが
市の学習センター(市の共催を得ています)で勉強しています

ボランティアの自主運営で10年も続いているって すごいことです

私の活動も ほぼ10年です

こんなに長く 続けられたのは 日本語を勉強したいと思って
やってくる 学習者さんとの 交流が楽しかったのは いうまでも
ありませんが 気のあう ボランティア仲間にも恵まれたからです

10年の間に たくさんの 学習者さんとも
友達になることができ 私自身が 勉強になっていると思います

ゆかた会 参加した方々に 本当に喜んでもらえて よかったです!! 
by banban0501 | 2011-07-25 09:25 | 日本語ボランティア | Comments(30)

・・・・TOPに戻る・・・・
2011年 07月 19日
我が家の紫陽花たち その後・・・
もう 7月後半になってしまいましたが
6月のころ紹介した我が家の紫陽花のその後の記録です

すみだの花火は 一番綺麗な時を 6月半ばにむかえました
a0084343_185158.jpg

紫のガクアジサイも 同じころ見ごろで うっとしい梅雨の日の
玄関先を楽しませてくれました
a0084343_1855510.jpg

その頃 他の紫陽花の挿し木も スタート
a0084343_1862898.jpg

まだ綺麗に咲いていた これらの花を切って
こころもち 早く 挿し木にしたのは 早く根つかせて 夏の間の成長を期待するためです

昨年 挿し木したものは 時期が遅く 今年は 花芽もつかないままでした
a0084343_10113557.jpg

来年咲くかしら???

昨年とても大きな花をさかせたアナベルは 今年は 花芽の数が
増えた分 小ぶりとなりましたが 見事にさいて 
a0084343_1137568.jpg

花全体が大きくなりながら 1か月も綺麗にさいていましたが
今は・・・・
a0084343_12121433.jpg

緑の紫陽花になって まだ 綺麗です

昨年 小さな花しか咲かなかった水無月紫陽花も
今年がどうかと心配していましたが 7月になってようやく花芽がつき
去年よりも 見事で 今が一番綺麗に咲いています
a0084343_11405563.jpg

紫陽花も 年によって いろいろなのか
私の世話のしかたが いろいろなのか???

さてさて いつも一番遅いのが ライムライトですが・・・
ようやく 7月半ばに 花芽をみつけたときは ほっとしました
a0084343_1205058.jpg


先日の夜遅く 開け放たれた2階の窓から
外をあるく人の 会話がきこえました

「わ~ まだ 紫陽花が 綺麗に咲いているわ~」

『この家 毎年 変わった紫陽花がきれいにさくんよ』

こんな会話を聞くと うれしくなります

褒められていたのは 緑のアナベルと 今が 身頃の 水無月紫陽花でした

夜でも 綺麗だっていってもらえて うれしかったです

あと3週間したら ライムライトが いっぱいさいて
夜の灯りになるかもです

楽しみ!!
by banban0501 | 2011-07-19 08:30 | | Comments(22)

・・・・TOPに戻る・・・・
2011年 07月 13日
「おひさま」コース(奈良井宿・松本・安曇野)と白馬・栂池 その5
朝 雨音で目が覚めました

降水確率70% 覚悟でやってきた栂池ですから 雨なんかで
あきらめません!!

幸い ゴンドラもロープウエイも運転しているというので
チェックアウトをすませ ホテルに車をおかせてもらって出発です
a0084343_1653643.jpg

ゴンドラの中は 曇っているし 外は雨で もやっているしで遠くは見えませんので
ひたすら下ばかりみて・・・・20分

ゴンドラを栂の森駅でおり 10分ほど歩くと 今度はロープウエイの駅が・・
a0084343_16562182.jpg

ロープウエイはゴンドラよりもスピードが速くて 5分で目的地 自然園駅に到着

寒い!! あわてて ヤッケを着て スカーフまいて 冬装備
a0084343_1702132.jpg

自然園は広く 奥まで回ると 3時間のコースですが
この日は 1時間のコースしか雪のために 歩けないとのことで
傘をさして 水芭蕉の綺麗な遊歩道を歩きはじめました
a0084343_1726329.jpg

広い自然園の園内の歩けた部分は ほんのちょっと

すごい雨に水芭蕉の湿原は 池状態です(笑)
a0084343_17343640.jpg

それでも 美しい水芭蕉を楽しむことはできました
a0084343_1754274.jpg

1時間弱の散策を終えて ヒュッテ(レストランと土産物屋)で
いろいろお土産をみて またロープウエイ ゴンドラと乗り継いで
栂池高原駅にもどってきたら 軽装備の私たちのズボンもヤッケもびしょ濡れ

雪のために 短い散策でおわりましたので 時間がありますから
ゴンドラ駅そばの 栂池温泉「栂の湯」 によることにしました
(温泉利用の客は 駐車料金は無料になります)
a0084343_11541728.jpg

1時間も ゆっくりして 次にむかったのは 牛方宿です

栂池は 小谷(おたり)村にあり この小谷村牛方宿 はすぐそばです
a0084343_1155775.jpg

私たちの旅の旅程もここでおわりなので 牛方宿の方に
糸魚川へ出て 北陸自動車道で 関西へ帰るのが可能かどうか聞きました

というのは「ささゆり」さんからの事前の情報で
糸魚川へ抜ける道路は雨でよく 通行止めになると教えてもらっていたからです

牛方宿の方は 私たちが中を見学している間に
ご親切にも 電話をかけて 道路状況を聞いてくださいました

「やっぱり 小さながけ崩れがあって通行止めだそうです」と。

松本へむかっていくほうがよいみたいです

また まだお昼ご飯を食べていないので この近くにありませんか?と
私がきくと「松本方面へいくなら 〇〇あたりに お店がありますよ
それを過ぎると 道路沿いで探すのは ちょっと難しい」とも。

夫は 今まで 人に聞くのを嫌がって どんどん迷い道になって
私は「誰かに聞いてみようよ」といっても聞かず
子供たちが一番心配した 旅行中の喧嘩・・・となっていったのですが・・

「やっぱり 地元の人に聞いたら 早く解決するな・・・
 そして みんな 親切で いろいろ教えてくれるんやな
 ありがたいことや・・・・」とようやく納得

教えていただいたあたりで 給油したら すぐ向かいにレストランが! 
a0084343_11553582.jpg

美味しいピザとパスタが信州最後の食事となって
無事家に着いたのは 午後9時半となり
「また どっかいこうな」の言葉がお互いにでましたので
30年ぶりの 夫婦旅行は めでたし めでたし・・・でお開きです!!

ちょっと お土産の紹介も!!
a0084343_14572827.jpg

私の選んだものは定番のものばかりですが・・・・

後で買おうとおもって忘れたのが 紫花豆
信州にいくまで この豆のことはしりませんでした

奈良井宿で 大袋にはいって800円でうっていた時に
買おうとおもったのに 「後にしたら もってあるくと重いぞ」なんて
言われて 後まわしにしたら 案の上 忘れてしまって
その日の宿の お料理に この豆の甘煮がでてきて その美味しさに(涙)

そしたら「ささゆり」さんの 手土産の中にも!!
a0084343_1513719.jpg
 
やっぱり あのとき 買うべきでした(笑)

旅の土産って 後はないと思い 見つけたときに買うべき!!ですね~

その土地でしか味わえないもの その土地でしか感じることができないもの
これが 旅を楽しくさせてくれますね~

親切にしていただいた 信州のみなさんに感謝です
いろいろアドバイスいただいた「ささゆり」さんにも感謝です

そして 拙い旅行記 お付き合い ありがとう~

これで ずっと後になって また いい思い出を繰ることができそうです

最後に 全走行距離 985.1キロメートル 安全運転の夫に
今回の旅行を提案してくれた息子に ありがとう~
by banban0501 | 2011-07-13 08:40 | 松本・安曇野旅行 | Comments(32)

・・・・TOPに戻る・・・・
2011年 07月 09日
「おひさま」コース(奈良井宿・松本・安曇野)と白馬・栂池 その4
私たちが出発したのは6月23日でしたが
旅行出発日前日の快晴のもとの北アルプスの写真です
a0084343_942258.jpg

この写真を私の携帯に写メールしてくださったのは 
安曇野近くに住んでおられる同年代の女性「ささゆり」さん!!

彼女とは私の友達のブログへの訪問仲間という出会いでした

それがご縁で「ささゆり」さんとは
PCメールのやり取りなんかもしていたのですが・・・

その友達が5月に信州旅行をされた記事をブログに書いておられたので
「もうじき ひまわりコースで旅行の予定」と私がコメントいれたら
それをみた「ささゆり」さんが
「ひまわりコースで安曇野へこられるときには 是非 声をかけてください」と
携帯の連絡先まで知らせてくださいました

この親切な言葉にずうずうしく乗った私です(笑)

計画段階から 彼女にメールをいれ いろいろアドバイスをもらいました

そして出発前日にいただいた見事なアルプス連峰の写メールとなった訳です

忙しい彼女と旅行途中の私があえるかどうかは わからなかったですが
現地へついてからも 携帯メールで連絡をとりあいました

「いまどこですか?」

『迷い道中で~す』

「解決しましたか?」

『なんとかね!お昼を食べに お勧めのお店へいくところです』

「じゃ 時間ができたので そこで会えますよ~」

って感じであうことになりました

これで 今回の私の旅の目的二つ目達成です

約束の場所は安曇野の池田町にある 蕎麦処「鬼無理」です
a0084343_11525470.jpg

「はじめまして!」

『はじめまして!』

のご挨拶のあとは 旧知の友のような感覚で 美味しいお蕎麦を
いただきながら 楽しいおしゃべりです

あう前の想像と少しも変わらない素敵な方で話も弾み
夫も なんとか・・・・仲間入り(笑)

安曇野には 岩崎ちひろの絵がある 「ちひろ美術館」
ガラス工房のあるアートヒルズミュージアム 陶器のコレクションの大熊美術館
絵画の 安曇野ジャンセン美術館とか いろいろな施設があり
その中でも池田町立美術館(北アルプス展望美術館)からの展望は
素晴らしいと教えていただいたので お天気はよくなかったですが
どんな眺めなのか 案内してもらいました
a0084343_22121998.jpg

詳しい展望写真は ここ でみれます

実際は 雲が多くて あいにくの展望でしたが・・・
a0084343_22491457.jpg


それでも ここで二人で記念撮影を!!a0084343_10334937.jpg

きっと 心に残る思い出となることでしょう~

いつか 素晴らしい展望のときに 同じところでパチリと期待しています

龍門淵公園の「花菖蒲」をみたいという迷い道ばかりの私たちを心配して
車できた彼女が そこまで先導してくださり その後の目的地
白馬・栂池方面へいく 我が家のカーナビが知らない道
「北アルプスパノラマロード」(長野県道306号 有明大町線)
まで教えてもらうことができました

そのおかげで この後 帰宅するまで 喧嘩をせずに快適ドライブとなり感謝

龍門淵菖蒲園の前で お別れ!!

またの再会を願ったのでした

ネットでつながった縁で 実際にお会いした方は「ささゆり」さんが
初めてでしたが オフ会の楽しさ お互いへの信頼もネットでも可能
ということがわかり 夫も納得の出来事となりました

一期一会 人の縁ですね~


さて 龍門淵菖蒲園は 高瀬川沿いにある 細長い公園です
a0084343_2041659.jpg

高瀬川は信濃川水系の1級河川で 川幅もひろく 普段はゆったりした
ながれなのかもしれませんが この日は 水量が多く 水音も大きかったです
この川沿いにも少し菖蒲園がありますが メインは小さな橋をわたったところ

見事な菖蒲園ですが 一眼レフでもないカメラで花の撮影は難しいです
a0084343_20453442.jpg

見事な菖蒲園のぶらり散歩を最後に安曇野とはお別れし
教えてもらったパノラマロードで 一路白馬方面へ

カーナビは国道147号線とか148号線へ指示しますが無視

この高瀬川沿いの北アルプスパノラマロードは 北アルプスの山を遠くに
眺めながら 信号もほとんどなく 快適ドライブできる便利な道です

この道で一路白馬方面へ

白馬のお隣の 今夜の宿泊地 栂池へいくまでに ちょっと寄り道です

ここは5月に信州へいった友達が北アルプスの美しいビューポイントとして
ブログで紹介していたスポットでしたが・・・・

あいにくと この日は雨
安曇野のお天気は 曇りでも 白馬までくると雨というのが面白いです

お目当ての大出の吊り橋は こんな感じです
a0084343_10285843.jpg


雨が降ってきましたが 水しぶきをあげて流れる川も面白く動画で撮影です


もし晴れていたら こんな景色がみえます
a0084343_10344420.jpg

また 次の機会に!!

さて今夜のお宿は栂池高原スキー場の「ホテル ベルハート」
ここはスキー場ですから 冬場は営業していても
夏場は クローズとなる宿泊施設も多い中 1泊2食つきという条件で
ネットで検索して 選んだホテルだったので ちょっとドキドキ
a0084343_17453754.jpg

でも~ 大正解!!の結果となりました~
お風呂は もちろん栂池の温泉 お部屋もコンパクトですが綺麗で快適

そして旅の楽しみは やっぱりお料理 その意味でも大正解

和食と洋食のチョイスができましたので 洋食 朝は 和食
a0084343_17474760.jpg

シェフ自ら 料理を運んで説明もしてくれ なんだか高級レストラン気分です

今回は松本も栂池も 宿泊先のお料理が美味しく とても満足できました

そして「ささゆり」さんから いろんな手土産もいただいたのですが
うれしかったのが シチダンカという紫陽花の苗でした
a0084343_18135582.jpg

私の紫陽花好きをわかっていてのプレゼント その心使いがうれしかったです

さ~ 明日は いよいよ 最後の目的達成

栂池高原からゴンドラ ロープウエイを
乗り継いで 標高1800mの栂池自然園の水芭蕉をみる!!です~
by banban0501 | 2011-07-09 08:16 | 松本・安曇野旅行 | Comments(18)

・・・・TOPに戻る・・・・
2011年 07月 05日
「おひさま」コース(奈良井宿・松本・安曇野)と白馬・栂池 その3
「おひさま」の番組の中で 時々 挿入される
美しい湧水の流れる風景をもとめて2日目にやってきたのは安曇野です

朝8時半に松本のホテルをでて高速をつかい豊科でおり
道路指示にしたがって30分で安曇野まできて 
あ~ これが安曇野という田園風景みたところまでは よかったのですが・・・
a0084343_14112186.jpg

カーナビ地図とネットで仕入れた安曇野周辺地図がまったく一致せず
現在位置が わからない

白馬へいく道路で車をとめ ふとみると 観光バスがどんどんいく所がみえます

あ!大王わさび園だ~(以前 パック旅行でいったことがある)

今回はパスのつもりでしたが ちょいと車を走らせ道を訪ねると
駐車場のおじさん 夫の差し出す地図をみて すぐに教えてくれ やれやれ

お目当ては県民豊科運動場のよこにある 湧水を流して作った「憩の池」から
続く ワサビ田をみながら せせらぎの小径をあるくこと

まずは 「憩の池」へ 

憩の池のすぐそばにも 3台ぐらいの車を止めるスペースが少しありますし 
県民運動場にも大きな駐車スペースがあります
a0084343_14304351.jpg

やっとのことで ここへ駐車した時には10時
じつに 1時間の迷い道(迷わなかったら おそらく 15分)

気分を取りなおして 公園から歩きはじめましょう~

まずは 公園のはしっこから
a0084343_14494626.jpg

「憩の池」動画では こんな感じです



公園に車をおいて 「せせらぎの小径」のぶらぶら散歩にでました
a0084343_174627100.jpg

ここで撮った動画です


最後にみえた場面の奥にもビニールハウスの中にワサビ田がありました

せせらぎの小径は途中から 万水川土手をあるく小路につながります

a0084343_1844839.jpg


ここでも 動画を~



歩いたところの地図は こんな感じです
a0084343_1854512.jpg

1時間の散歩を楽しんで ついでなので ワサビアイスクリームを
食べたいのと お土産を買うために 大王わさび園にも!

以前きたときと違って 面白いもの発見!!

「おひさま」の話のはじめにでてきた 年とった若尾文子扮する
陽子が住んでいる コテージです

最初の撮影に使われて 今は スタジオセットになっているので
一部解体された状態で わさび園の入り口にたっていました
a0084343_18213981.jpg

大王わさび園は 直射日光をさえぎるために遮光ネットで
わさび田を覆っていますが ワサビ田は横からみえる観光仕様です
a0084343_18292144.jpg

お目当てのアイスです
a0084343_18343213.jpg

ちょっと高いですが 美味しいアイス
お土産もいっぱい買えたので ちょっと安心
大王わさび園は やっぱり 便利な観光スポットですね~

さてさて お次の目的地は「おひさま」のドラマでよく挿入される
道祖神と 水車小屋のある風景

これは 国営アルプスあずみの公園 堀金・穂高地区にあるというのですが・・・

これが また わからない~

安曇野の民家の間の道に入り込んで ぐるぐるぐるぐる

JAあずみの建物発見で そこで聞いてみることに
職員さん たまたまきていたお客さんが いろいろアドバイス
「この道の方がええね~」「いや こっちの方がいいんじゃないか?」と
わがことのように親身になっていただいて 感謝でした(笑)

とにかく道はわかったので GOです

観光客もちらほらでしたので古きよき安曇野という雰囲気は十分楽しめました
a0084343_22241559.jpg

ウッドチップで整備された小路はとても歩きやすく雨がふっても
ぬかるむ心配もなく足に優しい道でした

あ~ これこれ!!

a0084343_22253846.jpg

これがセット???と おもうばかりでした

道祖神のある風景動画で1分ほどの映像で撮影してみました



ドラマのセットであっても 風景に溶け込んだその美しさは満足でした

このポイントから見える 大きなお屋敷の前も素通りできなくて
ちょっと見学させてもらいました(入場料400円は高いかも?)

a0084343_21311942.jpg


こちらのご自慢はお庭です

a0084343_21314910.jpg


見学が終わって時計をみたらば 12時半

お腹すいた・・・・

お昼は安曇野市の池田町の 御蕎麦屋さんに行く予定

そして そこで 今回の私だけの 旅の目的の二つ目を 実現するのです

その話は次回です
by banban0501 | 2011-07-05 08:27 | 松本・安曇野旅行 | Comments(20)

・・・・TOPに戻る・・・・
2011年 07月 01日
「おひさま」コース(奈良井宿・松本・安曇野)と白馬・栂池 その2
お腹すいた・・・朝5時に出発して車の中でおにぎり弁当
奈良井宿をでたのが 11時半 
国道19号から 塩尻ICにはいって長野道を10分はしって松本ICで
高速を降りて 松本市内の一般道へでたのが12時半

お腹すいた・・・とりあえず 車をホテルにおくことに!

ホテル選びは重要なことですが 
外へ食べにいくのが面倒って理由で松本市内のホテルで選ぶと 
プレゼントされた旅行券でJTB提携ホテルの中で夕食がつくホテルはたった一つ
それが 松本ホテル花月 でした

古いホテルですが 松本市内の2大名物ストリートに近く松本城にも近く非常に便利
a0084343_19551948.jpg

お腹すいた・・・と我慢したのは 蕎麦処「弁天本店」でお蕎麦を食べたかったから・・
本日定休日(木曜日)の札をみてがっかりしたのは私たちだけではありませんでした

「なんだ・・・せっかく来たのに~」と 他にも3人

ならば 違うお店を!

こういうときに「るるぶ」はお役立ち

馬刺しが名物な蕎麦屋があるって~ 食べたい!!
a0084343_19553265.jpg

初めて食べた「馬刺し」甘くて柔らかくて 美味しかったです
もちろん蕎麦も手打ちはやっぱり美味しくて満足でした

このお店は 中町通りと女鳥羽(めとば)川の間にありますので
ついでに 中町通りも 少しぶらり
a0084343_1955578.jpg

通り全体が 同じスタイルの蔵造りで統一されていて 
とてもすっきりした感じです

ナワテ通りと中町通りは川を挟んですぐ近く
観光客のための土産物屋さん 食べ物屋さんが
並んでいるので 賑やかな所ですが この時は雨の後で 静かでした

松本市内観光の楽しみかたには いろいろあるようですが
松本城近くの観光案内所では いろんな情報を入手できます
美術館めぐり 湧水スポットめぐり 循環バス案内 近郊の観光地 なんでも相談です
a0084343_1085713.jpg

もらった地図を頼りに ちょっとだけ湧水スポットめぐりもしておきました
a0084343_19563266.jpg

こんな湧水スポットが市内に 何か所もあるのです

さて 松本観光のメインは なんといっても松本城です

その前に ちょっとこの写真を!!
a0084343_21373465.jpg

高校時代の友達3人と妹も一緒に松本・美ヶ原と旅行した時の写真です
髪の長い方が私です(若かったな~)

それ以来 松本にはいったことがなかったのです
もう一度行って 同じ場所で写真を撮りたいな・・・というのが今回の旅行の
私だけの 目的の一つでした(目的は あと一つありましたが それはまた)

そして この写真です
a0084343_22134132.jpg

まぁ これも記念の一つです

さて松本城は 昔のままだったっていいたいのですが
城の中のことは あんまり記憶には残っていませんでした
でも この前庭をみたときには はるか昔に この庭と
松本城の姿が美しくて感動した記憶がよみがえりました
a0084343_22404150.jpg

中はこんな風ですが・・・・外からみたら5階建てですが中は6層です
a0084343_1810764.jpg

6月30日に松本市を中心とするマグニチュード5.4の地震があり
この国宝松本城の天守の部屋の壁(上の写真にみえる所)が
10か所もひび割れがあったとのニュースをきいて とても驚いてしまいました

他の被害がないことを祈るばかりです

さて 松本城は もともとは 
信濃の守護 小笠原氏の居城 深志城が松本城と改められ
天下統一した秀吉によって 松本に封じられた石川数正・康長父子が
築城と城下町の経営に尽力し 康長の時代の文禄年間に
天守は戦うための黒い堅固な造りで建てられて 
泰平の世になって増築されたのは・月見櫓と辰巳附櫓だそうです

a0084343_18255826.jpg

天守からみえた赤い橋を渡って 次の目的地へ・・・
たまたまNHKの番組で紹介されているのをみて 是非いってみたかった所です

旧開智学校 小学校の建物として明治に建てられたものです

お城の外堀から10分ほど歩くと旧開智学校へいきますが
その前に見えてくるのが この学校です
a0084343_23144398.jpg

長野は教育県としてよく知られていますから 
学校の建物にもこだわる所が感じられます

旧開智学校は明治6年創立完成は明治9年
文明開化の時代に 建築費の7割を市民の寄付で賄い
大工棟梁 立石清重が 西洋建築の本をみたり横浜へ通ったりして
創意工夫をこらし 苦労して完成させたと番組で紹介がありました
a0084343_22111282.jpg


扉一つにも 大工魂が・・・
a0084343_23192464.jpg


懐かしい学校の道具類にも出会えました
a0084343_23165545.jpg

明治から昭和までの検定教科書も展示されています
a0084343_231750100.jpg

この建物も6月30日の地震でしっくいがはがれる被害がでたそうです
重要文化財ですので これ以上被害が大きくならないことを願うばかりです

旧開智学校の隣には 司祭館も移築されて公開されていました
a0084343_1826267.jpg

この司祭館まえには駐車場もありますので 車できても大丈夫でした

司祭館をあとにして ぶらぶら歩いて(6月の松本は涼しい)ホテルへ
普段歩かない私が この日歩いたのは 19000歩
疲れた足をお風呂でほぐし 美味しい料理を 甘口の日本酒でいただき満足
a0084343_18123379.jpg

次の予定地は 安曇野です

素敵な風景 動画にも納めてきましたので
次回アップです
by banban0501 | 2011-07-01 08:47 | 松本・安曇野旅行 | Comments(26)

・・・・TOPに戻る・・・・