人気ブログランキング |

好きな旅行の話や 自分が興味をもったことをアップしています♪ 気になるカテゴリーからもどうぞ!
by banban0501
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
検索
カテゴリ
全体
始めまして・・ごあいさつ
ケアンズ
南イタリア旅行
NYの思い出アルバム
ニューヨークの思い出
アメリカ ラスベガス・ロス
イギリス・ロンドン
ドイツ・オーストリア話
スペインの思い出
南フランス
タイ 
大塚美術館 & 鳴門
健康
ベトナム
韓国釜山ソウル
韓国ソウル・春川・水原
中国 上海
中国 杭州と上海再び
中国 北京
中国 麗江
台湾旅行
台湾旅行 再訪
中国 香港
マカオ・香港の旅
チェジュ旅行
奈良 今井町
伊勢・志摩の旅
白浜 南部の旅
北陸 金沢 山中
奥飛騨
松本・安曇野旅行
長崎とハウステンボスの旅
ハウステンボスの旅 二泊三日
八カ岳 リゾナーレ
富士山と日光
東京旅行
豊川 岡崎
箱根旅行
横浜・鎌倉旅行
熱海 三島
名古屋旅行
瀬戸の旅
京都と琵琶湖・浜名湖の旅
クルーズ
京阪神ブラリぶらり
料理・食べ物の話
読んだ本
お金の話
映画
観劇
英会話
DIY 日曜大工 ミシン仕事
カバン作り
こども服
日々の記録・雑感
ちょっと驚いたこと
マイ 美術館
パソコンでお絵かき
パソコンで・・・・
お勉強!
日本語ボランティア

遺品整理
お役立ち情報
仕事関連
リホーム
キッチン リホーム
親指のトラブル
健康
介護
収納の工夫
掃除の工夫
未分類
最新のコメント
★ mihayashi6..
by banban0501 at 22:42
ザル菊は広い場所が必要で..
by mihayashi6 at 21:57
★ juju3291a ..
by banban0501 at 09:32
今年の菊は 見るも哀れ ..
by juju3291a at 00:22
★ jan113fuzi..
by banban0501 at 22:52
★ rabbitjump..
by banban0501 at 22:49
こんばんは すごい量の..
by jan113fuzi at 22:48
★ sakae2009 ..
by banban0501 at 22:47
きれいに片付きましたね。..
by rabbitjump at 18:52
年末も近づいてきたのでぼ..
by sakae2009 at 17:27
フォロー中のブログ
生きる詩
ニューヨークの遊び方
パリときどきバブー  f...
チョコットメモ記
小次郎じじ物語
折々の記
親父の HOBBY
Rabbitjumpの草原
空の見えるベランダから
neige+ 手作りのあ...
ひとこと、ふたこと、みこと
安部かすみの《ニューヨー...
日々の暮らし
~秋色紫陽花と暮らす日々~
本当に幸せなの?
気まぐれ日記
BABAうさぎの奮闘記 ...
ふうちゃん にっき
元気ばばの青春日記 気持...
はあと・ドキドキ・らいふ
OURHOME
やっぱり旅が好き♪
片付けたくなる部屋づくり
☆FREEDOM☆
さかえのファミリー
その日・その日
ブロ友パソコン相談室
Mrs.和やか in 手帳
無垢のおうちと収納と
FU-KOなまいにち
Linen Style...
IEbiyori
アメリカからニュージーランドへ
シンプルで心地いい暮らし
Baabaの徒然に
はりねずみの日記帳
『とっておきのお片付け』...
元気ばばの青春日記 気持...
自分軸×整理収納=ワタシ...
白×グレーの四角いおうち
pink pinko life
uri's room* ...
ivory*
クラシノート
片づけで、すっきり暮らし。
ほぼ100均で片付け収納に挑戦
クルーズとパリ旅行
檸檬
外部リンク
ひとりごと
自称 記録魔
自分のために
記録して残して
おきたいことを
時々 更新です

メールはこちらから
以前の記事
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
more...
タグ
(134)
(91)
(84)
(74)
(57)
(47)
(44)
(34)
(34)
(29)
(29)
(23)
(18)
(17)
(16)
(14)
(14)
(14)
(13)
(11)
(10)
(7)
(5)
(5)
(4)
(4)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
最新の記事
冷蔵庫大掃除 & ザル菊とス..
at 2019-11-09 10:00
娘の定期検診 & 骨密度検査
at 2019-11-02 10:41
観劇 & 収納の工夫
at 2019-10-26 10:00
冬支度で屋根裏収納庫整理 &..
at 2019-10-19 10:00
キャシュレス還元 & 飲み会
at 2019-10-12 10:00
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2011年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧

・・・・TOPに戻る・・・・
2011年 01月 30日
おうてもん塾の国際交流のお話&私の国際交流
前回 オーストラリアのお話をきいたおうてもん塾の第二回のお話は
国際交流学部の重松伸司教授の国際交流とは 何か?というお話でした

先生は 今までの長いフィールドワーク(現地調査)の過程で知り合った
様々な外国の方の中から 印象の強い5人の方の お話をされました

「この間ね~ こんな人にあったのよ~」って感じの
なんだか 主婦の井戸端会議的お話です 

最初はインドのカルカッタの場末の食堂で
初めて会った青年とカレーを食べながらの会話

主婦の井戸端会議と違うのは
「どこからきたの?」と「あなたは 何人ですか?」というシンプルな会話から
見えてくる それぞれの人の人生背景を 考えておられるのです

この青年はインド人ではなく 中国系ベトナム人
インドを旅しながら 自分が何者であるか 祖国とはなにか アジアとは?と
自問自答しているという

二人目は マレーシアのマラッカ海峡が望める 
世界遺産サンチャゴ砦のストリートミュージシャン

最初に出会った時 そのミュージシャンは 訪れる観光客の話す言語に
あわせて その国の言葉で その国の歌をうたう努力をしていた

歌える歌は実に11か国 すべて 観光客からローマ字で歌詞を教えてもらい
メロディーは即興で覚えるという技の持ち主

15年後に出会ったときも 同じ場所で 同じことをしていたが 歌は
その時代にあった最新の歌になっていたそうです

3度目には あえなかった

行方を尋ねると 彼は 弁護士になって 事務所を開いていたそうです

3人目は オーストラリアの研究調査でであった女性で 彼女と大阪の道頓堀で再会
同じ研究者のパートナーも同伴したので 3人で3時間話しこんだときの話でした

このカップルが話したのは 映画「うなぎ」の話から始まって
吉本ばななさんの話から日本の文芸論 今村正平監督の話から 日本の映画論
彼らの専門は都市建築なのに 実に幅広い興味をもち 勉強していることに
驚き 外国の人からみた 日本を知ることで 日本を改めて見直すことができたと

4人目はワイキキの海岸で日本人であるとみて 話しかけてきた50代の男性の話

「ぼくは 会津藩白虎隊の生き残りの子孫だ」と

たったそれだけの 言葉から なぜ 生き残りの武士がハワイに移住したのかを
考えることができたという話

生き残った武士に限らず 明治政府から冷遇された元会津藩士の多くが
日本にいずらくなって 移住を決意したものが多かったというのは
私も 知らなかったことで これは 面白かった

最後の人は 日本で 電車の中で15分話しただけの男性

「ぼくは カンボジア人だけど 両親はオーストラリアにいる
 両親は ポルポトの大量虐殺を逃れたカンボジア難民を受け入れた
 オーストラリア政府によって助けられた」と

その時は 日本で語学学校の先生をしていた その青年からもらった
名刺を頼りに 今の消息を調べると メルボルンでコンピュータープログラムの
会社の経営者になっていたそうです

全ての会話は英語でされたそうですが それは ツールだけという意味
国際交流をするために 英語を学ぶことが大切なのではなく
本当に大切なことは 日本語で 日本のことを しり そして世界の人と
交流をもつことで また より日本をしることができる
それが 本当の国際交流だと締めくくられていました

これは 内向き志向といわれる日本の若者に対して いいたかったことのようです

就活にばかり時間を取られる 日本の若者の実態もあります
新聞で読んだのですが 大学卒業3年以内なら新卒扱いにするという
動きもあるようです

これなら ゆっくり就活もできるし 日本でいろいろな体験をすることも
海外で研鑽をつむことも可能です

グローバルな人材育成が 日本の未来のためには必要なのですね~

もちろん英語が話せれば より便利ですが・・・
英語でなくても 日本にいてもできる国際交流も最近は 可能です

大勢の外国の方々が 日本にやってくるようになってます

電車の中でも 町を歩いていても 耳慣れない言葉をきくことが多くなりました
それでも 自分から かかわるチャンスは少ないです

私の場合 幸いなことに そんな方々との日本語習得支援のボランティアに
かかわるチャンスをいただいて10年たちました

いろいろな国の方々の日本語の勉強のお手伝いを ほんの少し
させていただいています

彼らのためには 私が日本語だけで 話すことが大切です

どうやったら わかってもらえるのか
どう 説明すればいいのか? いつも いつも 難しいです

いつも 日本語のことを考えます
そして自然と日本の文化と外国の文化を考えることになっていきます

日本語も日本の文化も まだまだ知らないことばかりで
いつも自分の勉強になっています

先日は このボランティアサークルのイベントで「お茶会」をしました

沢山の人が参加し お茶の心得のあるボランティアさんが
簡単な見本のお点前を披露され 外国の方々も なれない茶筅を動かして真似事です
a0084343_10225363.jpg

お茶の作法には それぞれ そうする理由があるようで
その説明もしていただきました
a0084343_14155980.jpg

私 お茶を習ったことがありません

お点前もわかりません

私が勉強になりました(笑)

週に一度の国際交流の真似事でしかないボランティアですが 
私自身が日本語と日本の勉強をしていると思って感謝です
by banban0501 | 2011-01-30 08:10 | お勉強! | Comments(32)

・・・・TOPに戻る・・・・
2011年 01月 24日
指骨折 その後のリハビリ①
昨年の12月半ばに 道路でつまずいて バタンと倒れ
自分では意識していなかったのですが どうやら指をついて
身体を支えたようで 左手中指が骨折しました

整形外科で全治2か月と診断され 一か月金具で固定していました
a0084343_17261866.jpg

この状態でも 右手は大丈夫でしたので 普段通りの生活をしていましたが
さすがに お風呂にはいったときや 食器洗いなどの水仕事をするときは
大変不自由なおもいをしていたのですが 1か月たったので
レントゲンを撮って 骨の状態を確認した後 金具を外してもらいました

あ~ うれしい これで この不自由な生活から解放されるとおもいきや!

指が 大変なことに!!
a0084343_17264198.jpg

金具の内側にはスポンジがついていたのですが やはり
1か月も接触していたわけですから 床ずれならぬ 指床ずれみたいな感じで
関節にあたる部分の手のひら側の指が うっ血して 紫いろになっています

そして 何より 指全体が腫れて 痛いし
指が固定金具の通りに固まってしまっています

先生は とにかく動かし これからはリハビリですと。

昔の治療の考えでは 骨が くっつくまでには 2か月かかりますので
その間は 固定具を装着したままだったそうですが
そこまで まっていると 今度は 動かなくなるということで
今は 1か月でギプスは外してしまうそうです

ですから まだ 骨は完璧にくっついてはいないので
炎症を起こした状態のままだそうです

なので 腫れています

外して 1週間たって 紫色にうっ血したところが
少しだけ いろが浅くなりましたが まだ痛いし腫れています

リビリを初めて1週間 1月24日の記念撮影
a0084343_1727249.jpg

痛いのを我慢して 手のひらを閉じたり開いたりしながら ようやく
ここまで 曲がるようになりました

1か月たてば 折れた骨は ほぼつながっていますので
我慢できる痛みの所まで 指を曲げて リハビリです

先生が こういわれました

『錆びついて動かないペンチを動かすには 油をさして
少しずつ開いたり閉じたりして だんだん動くようにするやろ
それと 同じように 時間という油で ちょっとずつ閉じたり開いたりするんや』

痛いからといって 動かさなかったら これで固まってしまうそうです

昔のように2か月も固定していたらば 
リハビリしても動くのに1年かかるそうです

1か月で外して リハビリを始めれば 長くて 2か月で動くといわれました

いただいた 鎮痛消炎クリームを指に塗り込んで 電車の中や
じっと座っているときなどに リハビリしています

a0084343_17362196.jpg

お風呂の中で指を温めて湯船の中で10分間の リハビリは効果的です

これからのほうが なんだか大変だな・・・と思えてきました

がんばるしかないです

10年前に頂いた シンビジューム 

いただいた年に咲いたきり 枯れはしないけれど 花も咲かない状態でした

でも 今年 10年ぶりに花が!つきました

植え替え作業の時に 花のある茎を2本折ってしまいましたが
その茎も 花をさかせ 無事だった茎2本から 綺麗な花が咲いています
a0084343_17274132.jpg

骨折した指も 気長に頑張れば 元通になることを期待しています

それから もう骨折しない骨にするために
骨を丈夫にする食べ物いろいろ 工夫して 毎日 摂取も1か月続けています

これは一生頑張らないと!

同じときに ひびの入った肋骨は
6週間 コルセットをまいていましたが それも外してよいと許可がでて
痛みもなく リハビリの必要もなく これは 快調です

手足や指などリハビリが必要な骨折は 後が大変です~

追伸

骨折から1年9か月後の 指の状態は ここ をみてください!!

追記

2015年に付け加えた 写真をごらんになりたいかたは
ここ をクリックしてください

骨折の経過をみたいかたは 左帯の タグから 骨折をクリックしてください
by banban0501 | 2011-01-24 17:43 | 日々の記録・雑感 | Comments(28)

・・・・TOPに戻る・・・・
2011年 01月 19日
おうてもん塾のオーストラリアの話
昨年 大阪城スクエアで追手門学院が主催する さまざまな催しに参加し 
いろいろな刺激をうけましたので この学校の社会貢献姿勢に感心しています

他の大学でも いろいろな取り組みがあるのでしょうが
残念ながら 知る機会がありません

そして 今年は おうてもん塾という講座にも申し込んでみました

追手門学院大学の先生の講義を一般に解放されているものです

第一回は 追手門学院大学にある
オーストラリア研究所の山中雅夫教授のお話をききました

この研究所では いろいろな学部の先生があつまり
それぞれの分野から オーストラリアについて研究されているようです

某大学で 一度 読売新聞の記者さんの オーストラリアのお話
きいて なんでも記録の私ですので内容をまとめた ことがありました
 
今回は新聞記者さんの立場とちがう研究者のお話をきく機会でした

この大学のオーストラリア研究所は 1967年から
開学のときの客員教授であった武村健一さんの提言をうけてはじまったそうです

なので長くオーストラリアに着目して独自の研究をされてきた先生のお話です

そんな研究者の方のお話をきけるチャンスは やはり貴重です
ただ 1時間半の時間の中で聞けるお話は ほんの一部ではありましたが・・・

先生のご専門は経済ですので 経済学の観点から オーストラリアの歴史的背景と
経済の関係にしぼって お話してくださいました

オーストラリアの歴史は大航海時代に イギリス海軍のキャプテンクックが
シドニー近くのボタニー湾に上陸したことからはじまります

それ以前にも マゼランやタスマンなどにもよってその存在は確認されていたのですが
スペインもオランダも その価値をみとめませんでしたので無視されたようです

理由は ヨーロッパからの果てしない距離でした

当時の帆船で 8か月もかかる遠すぎる大陸だったようです

遅れて大航海時代をむかえたイギリスは 逆にこの距離を
流刑地として利用しました

当時のイギリスは 産業革命の結果として 機械が人間にかわり
失業者があふれ 犯罪が多発して その犯罪人を留置する場所にこまっていたそうです

はじめは アメリカへおくっていたのですが アメリカが独立宣言をしたために
オーストラリアに送ることになりました

そして 初めての流刑者(780名)を含む第一次船団(1200名)11隻の船が 
オーストラリアに上陸したのは1788年 1月20日 
実に14000マイル 8か月と1週間の航海だったそうです

刑期を終えた流刑者は そのまま オーストラリアに住み着き開拓をはじめ 
オーストラリアはイギリスの植民地となっていきました

なので オーストラリアは今もなお イギリス連邦の国です

かってイギリスの植民地であった53の国のうち 完全に独立国家となったのは
37カ国ですが 今もなお ニュージーランド・カナダなど16か国がイギリス連邦に
ふくまれているそうで 連邦の元首は エリザベス女王です

これは ちょっと驚きでした(私が知らなかったというだけのことですが・・・)

もともとの原住民は 氷河期に 退いた海を渡ってやってきたモンゴロイドたちが
間氷期に 隔離された状態で この地に住み着いたアボリジニたちです

アボリジニを征服し 開拓した土地でしたが 捕鯨と羊に頼る生活で
それが 一変したのが 1851年の金鉱脈の発見からおこったゴールドラッシュで
一気に 一般入植者が ふえたそうです

この時代には蒸気船もでき 80日の航海時代になっていました

押し寄せる移民の数を制限するために 人頭税なども導入され
多くの輸入品におされて国内産業が育たないことを恐れた政府は
バカ高い 関税を 様々のものにかけ 
自動車などは じつに57%の時代もあったそうです

しかし保護関税では 国内産業が育たないと政策変更がなされ
今では 5%というから これも すごいです

国内産業が育たなかったのは 広い大陸の主要都市を結ぶ
交通手段が なかなか発達しなかったせいもあったようですが
鉄道も整備され 飛行機という手段も発達し オーストラリアの
位置的問題も解消され その豊富な鉱物資源 農業資源によって
今のオーストラリアは 4.75%という政策金利をもつ
経済大国となっています

国民の一人当たりの GDPは
メルボルンオリンピック当時は 世界一位
2009年で 9位(日本は17位)

豊かな国なのですね

これからも もっと発展していく国でしょう

Work,Play and Leran のバランスを大切にし
Leave Work Early や No Leave , No life (休暇のないのは人生じゃない)
というのが モットーだという国民性

ついつい日本と比べてしまうのですが
それは 国民性の違いですから 日本は 日本です

でも経済的な発展の見込みという観点から言えば
オーストラリアの前首相が 中国に対しては The most important countryといい
それまで 対日貿易額第一位だった日本に対しては True friend countryで
すませてしまう言葉に 不安を感じずにはいられません

お話くださった先生の研究の ほんの一部分しかうかがえないのは
とても残念ですが これは しかたありません

多岐にわたる お話を きいて 刺激をうけました
 
次回の講座(国際交流のお話)も楽しみです

















 
by banban0501 | 2011-01-19 09:59 | お勉強! | Comments(14)

・・・・TOPに戻る・・・・
2011年 01月 12日
骨折と骨粗鬆症と椎間板ヘルニア
実家の母(85歳)が 骨粗鬆症から 腰椎の圧迫骨折になったことと
自分自身が道路でつまずいて 転倒し中指関節骨折と肋骨にひび がはいって
今 治療中ということもあって 整形外科のお世話になり
母の通院にもつきそって 先生のお話をうかがうチャンスが多く
今 骨について いろいろなことを 勉強中です

先日も母の病院に付き添っていって 待合室で 背骨に関する本が
置いてありましたので とても 勉強になったので パチリしてきました

首から尾骶骨までの背骨は 頸椎 胸椎 腰椎とわけて呼ばれます
人間は脊椎動物の一種ですから「椎」をつけて呼ぶのですね

私は指の骨折以外にも強打したせいで
第6胸椎からのびている肋骨にひびがはいっています

a0084343_12575671.jpg

a0084343_1335989.jpg

この人間の体を支えている背骨の中に 大切な神経の束である脊髄が保護されて
いるわけですが 中心にある脊髄から 神経が 全身に伸びていますので
整形外科医は 患者の痛みを訴える場所を聞いて 
背骨のどの部分に問題があるかを予想するそうです

下の図は 支配されている神経の領域です
a0084343_1383584.jpg

腕は外側と内側では 支配している神経が違うのですね~

ところで母は 骨粗鬆症による圧迫骨折から第二腰椎が変形しています
a0084343_13174128.jpg


骨粗鬆症は ほんと 怖いです

私も背骨が心配になり 指の骨折でいった整形外科で
背骨のレントゲンも 生まれて初めて ついでに撮ってもらったところ
第4椎間板が 他と比べてうすくなっているといわれました

びっくりしました

「薄くなっているって ヘルニアになるんですか?」と聞くと
『もう なっているの!』って言われました(笑)

ジェル状の髄核というものを覆っている膜が破れて髄核が外へ飛び出して
椎間板が薄くなってしまう状態がヘルニアだそうで~
a0084343_13443417.jpg

膜は老化でも 弾力がなくなって弱って破れやすくなるし 
たとえていうとタイヤのような椎間板ですので
何かの原因で内圧が高くなっても ひびがはいるので
若い人でも 椎間板ヘルニアには なるらしい

因みに椎間板の内圧は 立っているときを100とすると
下の表のように 姿勢によって変化するそうです
a0084343_20563070.jpg


意外にも 座っているほうが内圧が高くなりますから ずっと座っているのは
よくないし 前かがみの姿勢は一番 内圧を高くしますから 
これからは 内圧の高くなる姿勢はできるだけ避けたほうがいいみたいです

それにしても 椎間板ヘルニアになっていたとは・・・・

「痛くてあるけなくなるのでは?」と信じられずに なおもくいさがると
『あのな~ 三次元的に言えば 腰椎はラウンドしてるわけやから
 神経根にまともに触らない方向へも出るわけよ・・・』

そうか そうか・・・・

でも いったい いつから そうなっていたのだろう???

20代で ぎっくり腰をしたせいか?と聞くと
『なんともいえませんな~』
やっぱり 老化かな?????? 先生は 遠慮して言わない(笑)

ここ一か月 二つの整形外科に通って 先生の話を聞いていて
いかに自分が 骨についての知識がなかったってことに気づきました

一番驚いたのは 人間の骨の量というのは だいたい20歳で決まってしまい
あとは その量をいかに維持していくかってことが大切なんだってことが
わかったことでした

子供のころにいかにカルシウムの多い食品をとらなければ
いけないかってことです

私は もう 今更 遅い

私自身 小さいころから カルシウムを沢山とっていたという
自覚もないですから 私も 骨粗鬆症が心配です

女性の場合は とくに 子供を出産するごとに減り
また閉経とともに 一気にその量が減っていくそうで大変

男性でも 70歳をすぎると ぐんと減っていくそうです

「20歳をすぎたら 人はみな 骨という貯金を崩しながら生きていくんよ~」
という先生の言葉は 強烈でした(笑)

全ての人々が 骨粗鬆症の予備軍だと整形の先生はおっしゃいました

骨粗鬆症の原因因子をみて 自分に当てはまる項目が多かったのもショックでした
a0084343_9425981.jpg

 
子供は20歳までに 牛乳やチーズをたくさん食べさせて
カルシウムしっかり摂取させ大きな体にしておく方がいいのかな?

武田薬品の骨粗鬆症の勉強ページをみると よくわかります

人間は生まれてから死ぬまで 骨も生きていて
破壊と再生を繰り返しているそうで 骨粗鬆症は そのバランスが崩れて
どんどん 破壊されるというものです

骨折して骨が再生していくときも
整形の先生のお話では 新しい骨が再生されていく新陳代謝のサイクルは
これは もう決まっていて それを 食べ物で早くしたりすることは
できないそうです

でも 骨折しにくい骨にしていくことはできるそうです

つまり普段の生活の中で いかに残された骨を丈夫にすることを
心がけるかが大切なようです

そのためには

①継続的な運動

②日光浴

③カルシウムの多い食品をコンスタントに接収


の3つにつきるようです

整形の受付にあったパンフをスキャナーしてみました
a0084343_992083.jpg

(写真の上で右クリックして A4より小さいサイズで印刷もできますので 
よかったらお使いください)

これをみて びっくりだったのは「小松菜」は優れものだったこと

以前紹介した「青菜炒めのアラカルト」以来 小松菜の油いためが
気に入ってよくやりますので これからも 小松菜は 必ず使うようにするつもりです

そして大豆製品は やはり優等生です

豆腐を買うなら 絹より木綿で・・・と ちょっと意識を変えるだけでも
効果は ありそうです

カルシウムと相性のよいマグネシウムは 骨折予防に役立つそうで
これを摂るには 海草類やナッツ・豆類がいいそうです

カルシウムの吸収を妨げるものは ナトリウム=塩分
と リンで リンはスナック菓子や 炭酸飲料に多く含まれるそうな・・・・

骨粗鬆症になっていても残された骨を丈夫にすることは可能だそうですので 
上記の①②③は歳を重ねても努力しなければいけないそうです

とくに 運動と日光浴は大切なようです

私も 今年から これらの食品を多く摂取するように心がけるつもりです

歩くときは つま先を上げて歩くことも つまずかないためには大切

骨の量は増えないけれど 丈夫にすることはできる
歩くときに気をつける


道路でつまずいて骨折したおかげで? 骨を丈夫にするという意識を
自分がもてたことを 怪我の功名とおもい がんばろ~

まだまだ 遅くない!!
by banban0501 | 2011-01-12 06:53 | お役立ち情報 | Comments(32)

・・・・TOPに戻る・・・・
2011年 01月 05日
還暦記念パーティアルバムつくり&へんなエスカレーター
昨年の12月はじめの夫の還暦パーティの思い出アルバムつくりを
大掃除もせず あわただしい年末に のんびりとやっていました

還暦パーティの楽しかった思い出を 何かの形で残しておきたかったからです
(私は記録魔です!)

参考にしたのは 以前 ホームパーティのお仲間といった香港旅行
思い出アルバムです

このアルバムは メンバーの方の旦那様がパソコンで
みんなのために作ってくださったものです

a0084343_1851237.jpg


原稿をA4サイズの上質の紙に横に印刷し半分に折って
綴じ カバーをかけて 長持ちするようにしてくれていました

パソコンの前に座るようになって12年

はじめて教えていただいたパソコン教室のインストラクターさんのおかげで
ワードというソフトが魔法の玉手箱のように思え どんどん 
その魅力にはまってしまったのですが
何かをつくらないと ソフトを使いこなす技は身につきません

このアルバムをみながら どの技で つくってあるのかな?と
考えながらみていたのです

そして いつか自分でも作ってみたいな・・・と
思っていましたので この機会に これをマネてつくることにしました

まずは 原稿つくりです

最初の原稿の左半分は表紙になりますので 
ここへ集合写真をレイアウトし表紙としました

右半分から 還暦パーティ当日に配ったパンフの中の
プログラムと メニューを見開きで配置し お料理の写真もいれておきました
a0084343_021073.jpg

その後のページから夫の生い立ちアルバムを配置しなおしていれ
当日の写真と その写真にあったコメントや イラストを配置します

イラストは 息子家族が いろんな絵をかいてくれましたので
これを スキャンして 配置しました
a0084343_234259100.jpg

沢山の写真とイラストが 一つのページにはいりますので
それぞれのページ全体は ワードのホーム→選択→オブジェクトの選択で
一気に グループ化しておきます
a0084343_23441198.jpg

これをしておくと 冊子としてとじるための左右の余白をつくるときに
全ての写真イラストが一緒にうごきますので
全体の微妙な位置調節ができ とても便利です

全てのページのレイアウトがきまったら 印刷して
半分に折り 重ねて 大きなホッチキスで止め 製本します
これに カバーもかけておけば 長く傷めることなく楽しめます
a0084343_1932879.jpg
 
こうしてできあがった 各ページと 完成アルバムです
a0084343_23443622.jpg

5部つくり 参加してくださった 家族へプレゼントしましたので
ときどき 思い出して みてもらえたら うれしいことです

写真を撮っても パソコンやCDにいれたままでは なかなか見るチャンスが
ありませんが こうして アルバムにしておくと いつでも
手元で楽しむことができ便利です

大掃除をしなかったかわりに パソコン仕事で 忙しかった年末でした
その思い出の作業も ブログにアップしましたので これで完結です(笑) 

私のブログは 記録魔の私の思い出ブログです

ここへ記録しておけば 忘れっぽい私でも
いつでも 思い出せる!なんて気持ちです

ところで 昨日 神戸線で大阪駅に降り立ち 環状線に乗り換えようとすると
なにやら いつもと様子がちがっていました

大屋根のドームが完成していたのは わかっていたのですが・・・
上へいくエスカレーターがあるので びっくり
大阪駅の各ホームからは 乗り換えしたり 出口へ向かうには
階段を下りるしかなかったのに 上にいくエスカレーターがあり 通路が頭上にみえます
a0084343_23164918.jpg

乗り換え専用と表示がありますので さっそく乗ってみて 上からホームを~
でも この通路 昨年の11月1日からオープンしていたらしい!!

そんなにたっていて 何度も大阪駅にいっているのに
昨日まで 知らなかった自分にもびっくりです

しかし 環状線のホームへいくエスカレーターは なんか怖い
a0084343_23215361.jpg

エスカレーター中央で フラットになって 歩けてしまう
でも あるくと危険かもです
じっと立って下をみていても 下りは おり始める位置がわからなかった
注意を促す アナウンスが ずっと流れています

こんなエスカレーター 初めて!と思い デジカメで撮影してしまう自分も怖い!!

こんな風に見つけた面白いこと 興味をもったこと チャレンジしたことを
時々更新でアップし 細く長く 続けて いつか 歳を重ねた後
振り返ってみたいとおもっているのですが・・・・

エキサイトの会社がつぶれたら どうなるのでしょう???

こんなブログですが 今年もよろしくお願いします!!
by banban0501 | 2011-01-05 10:47 | パソコンで・・・・ | Comments(16)

・・・・TOPに戻る・・・・
2011年 01月 01日
あけまして・・・の2011年
2011年 あけまして おめでとうございます

年末の 指骨折と肋骨ひび もなんのその!!

今年の元旦も 手つくりお節で 家族そろって元気に迎えることができ
なによりのスタートをきることができました

大掃除は あきらめていましたが
どうしても したかった 冷蔵庫の大掃除は 義母が手伝ってくれて
綺麗にすることができ ほっとしました

仕事納めが済んだ息子が 雑草がいっぱいだった家の前の溝掃除をしてくれました
a0084343_22353332.jpg

自分の部屋の整理整頓もできなかったのに
結婚してから こういう掃除が上手になり しかも
徹底的に綺麗にしますので お嫁ちゃんの教育がいいのです(笑)

大掃除できない 私に代わって 家の中の掃除もしてくれ感謝でした

夫は???

彼がする唯一の 大掃除は 窓関係(サッシ・窓・網戸)

昔は これも私がしていましたが いつだったか なんにもしない夫にキレて
喧嘩になって以来 意地で やり続けており 最近は とても上手になりました(笑)

今年は「大掃除できません」宣言をして ちょっと楽をさせてもらった年末でした

それでも お節料理は がんばりました~

毎年 ブログで 我が家流のお節料理をアップしていますので今年も!
a0084343_2235389.jpg

今年は 左手中指関節骨折でギブスをしている私の手では
作れない料理もあったのですが 大晦日 娘に協力してもらって
なんとか 例年通りのお料理をつくれ 新メニューに3つも挑戦できました

新メニュー その1は・・・・
カブとスモークサーモンのオードブルです
a0084343_228247.jpg

お節料理としてではなく おもてなし料理にもなり とても簡単です

新メニュー その2は・・・・
如意捲(ニョイチュン)という中華料理です
(エビは冷凍のむき海老をつかってもOKです)
エビはこそげながら細かくきって すり鉢ですりつぶしてつかいます
a0084343_2212072.jpg

スイートチリソースでも からし醤油でも お好みの味でいただけます

今年は栗きんとんは作らず ヤマトイモとサツマイモでこんなものを作りました
a0084343_22191027.jpg

裏ごししたヤマトイモにも サツマイモにも 砂糖を加えますが
この量を うんと少なくしましたので 甘さを控えた 和菓子のような感覚でいただけます
a0084343_221850100.jpg


こんな風に我が家のお節料理は 伝統的なお節とは 違うのですが
毎年 少しずつ中身を変えて楽しみます

今年は もうすぐ2歳の 孫ちゃんも いろいろなお料理に手を伸ばして
食べてくれ 8人で 美味しく いただきました

さて お節をいただいたら 初詣に!

まずは お寺にお参りです
小さなお寺ですが 住職さんが 毎年 お屠蘇とお抹茶でもてなしてくださいます
a0084343_2225930.jpg

今年は 住職さんが 昨年暮れに清水寺に行かれて 官長さんから いただいた
直筆の ウサギの絵のはいった色紙をみせてくださいました

毎年暮れに「今年の漢字」を 大きな字で書かれる方の 見事なウサギの絵に
感心してしまいました

初詣は 義父や 実家の父の お墓のある野崎観音へ毎年いきます
a0084343_22533830.jpg

今年の大きな絵馬は 疾走するウサギでした

最後に 観音さんで 撮影した ひなちゃんの写真も~
a0084343_22561951.jpg

私がのんびり ひなちゃんの写真を撮っている間に 3年生の孫が
お墓を綺麗に掃除してくれていました

毎年 お正月とお盆に墓参りするので すっかり掃除の仕方も覚えてしまい
今年は せっせと 自分から お掃除してくれたみたいです

我が家のお墓の 3つとなりのお墓に「●●家の方 連絡がとれなくなりました
ご連絡 ください」という 墓地からの張り紙がしてあったのをみて

「なんで こんなん はってあるの?」と聞くので

『たぶん 墓を守っていた人が亡くなってしまって だれも 年間供養料を
はらってくれないで お寺が こまっているんじゃない?』というと 

「僕は ずっと 墓をまもる」っていうので なんだか うれしくなり
元旦から 気持ちが ほんわかしました

毎年 欠かさず 家族そろって墓参りをしていく意味は こんな所にあるのでしょうね
by banban0501 | 2011-01-01 23:15 | 料理・食べ物の話 | Comments(30)

・・・・TOPに戻る・・・・