人気ブログランキング |

好きな旅行の話や 自分が興味をもったことをアップしています♪ 気になるカテゴリーからもどうぞ!
by banban0501
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
検索
カテゴリ
全体
始めまして・・ごあいさつ
ケアンズ
南イタリア旅行
NYの思い出アルバム
ニューヨークの思い出
アメリカ ラスベガス・ロス
イギリス・ロンドン
ドイツ・オーストリア話
スペインの思い出
南フランス
タイ 
大塚美術館 & 鳴門
健康
ベトナム
韓国釜山ソウル
韓国ソウル・春川・水原
中国 上海
中国 杭州と上海再び
中国 北京
中国 麗江
台湾旅行
台湾旅行 再訪
中国 香港
マカオ・香港の旅
チェジュ旅行
奈良 今井町
伊勢・志摩の旅
白浜 南部の旅
北陸 金沢 山中
奥飛騨
松本・安曇野旅行
長崎とハウステンボスの旅
ハウステンボスの旅 二泊三日
八カ岳 リゾナーレ
富士山と日光
東京旅行
豊川 岡崎
箱根旅行
横浜・鎌倉旅行
熱海 三島
名古屋旅行
瀬戸の旅
京都と琵琶湖・浜名湖の旅
クルーズ
京阪神ブラリぶらり
料理・食べ物の話
読んだ本
お金の話
映画
観劇
英会話
DIY 日曜大工 ミシン仕事
カバン作り
こども服
日々の記録・雑感
ちょっと驚いたこと
マイ 美術館
パソコンでお絵かき
パソコンで・・・・
お勉強!
日本語ボランティア

遺品整理
お役立ち情報
仕事関連
リホーム
キッチン リホーム
親指のトラブル
健康
介護
収納の工夫
掃除の工夫
未分類
最新のコメント
★ mihayashi6..
by banban0501 at 22:42
ザル菊は広い場所が必要で..
by mihayashi6 at 21:57
★ juju3291a ..
by banban0501 at 09:32
今年の菊は 見るも哀れ ..
by juju3291a at 00:22
★ jan113fuzi..
by banban0501 at 22:52
★ rabbitjump..
by banban0501 at 22:49
こんばんは すごい量の..
by jan113fuzi at 22:48
★ sakae2009 ..
by banban0501 at 22:47
きれいに片付きましたね。..
by rabbitjump at 18:52
年末も近づいてきたのでぼ..
by sakae2009 at 17:27
フォロー中のブログ
生きる詩
ニューヨークの遊び方
パリときどきバブー  f...
チョコットメモ記
小次郎じじ物語
折々の記
親父の HOBBY
Rabbitjumpの草原
空の見えるベランダから
neige+ 手作りのあ...
ひとこと、ふたこと、みこと
安部かすみの《ニューヨー...
日々の暮らし
~秋色紫陽花と暮らす日々~
本当に幸せなの?
気まぐれ日記
BABAうさぎの奮闘記 ...
ふうちゃん にっき
元気ばばの青春日記 気持...
はあと・ドキドキ・らいふ
OURHOME
やっぱり旅が好き♪
片付けたくなる部屋づくり
☆FREEDOM☆
さかえのファミリー
その日・その日
ブロ友パソコン相談室
Mrs.和やか in 手帳
無垢のおうちと収納と
FU-KOなまいにち
Linen Style...
IEbiyori
アメリカからニュージーランドへ
シンプルで心地いい暮らし
Baabaの徒然に
はりねずみの日記帳
『とっておきのお片付け』...
元気ばばの青春日記 気持...
自分軸×整理収納=ワタシ...
白×グレーの四角いおうち
pink pinko life
uri's room* ...
ivory*
クラシノート
片づけで、すっきり暮らし。
ほぼ100均で片付け収納に挑戦
クルーズとパリ旅行
檸檬
外部リンク
ひとりごと
自称 記録魔
自分のために
記録して残して
おきたいことを
時々 更新です

メールはこちらから
以前の記事
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
more...
タグ
(134)
(91)
(84)
(74)
(57)
(47)
(44)
(34)
(34)
(29)
(29)
(23)
(18)
(17)
(16)
(14)
(14)
(14)
(13)
(11)
(10)
(7)
(5)
(5)
(4)
(4)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
最新の記事
冷蔵庫大掃除 & ザル菊とス..
at 2019-11-09 10:00
娘の定期検診 & 骨密度検査
at 2019-11-02 10:41
観劇 & 収納の工夫
at 2019-10-26 10:00
冬支度で屋根裏収納庫整理 &..
at 2019-10-19 10:00
キャシュレス還元 & 飲み会
at 2019-10-12 10:00
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2010年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧

・・・・TOPに戻る・・・・
2010年 12月 25日
クリスマス チャリティ 弦楽四重奏コンサート
10日前に道路で転んでおおドジの結果の
指の骨折も 肋骨のひびも なんのその!(本当は いけないかな?)

あるくことは 大丈夫ってことで 年末最後のイベントに参加してきました

1か月前に申し込んだ クリスマスコンサートです
a0084343_10294227.jpg

場所は 今年 何回もでかけた 大阪城スクエア
ついこの間 狂言「おさか」をみた 会場は すぐそばです
a0084343_10302767.jpg

この会場では 盲目のピアニストの辻井伸行さんのおかあさん
辻井いつこさんの 講演をきいたり
気象予報士の 片平さんの 天気図のお話をきいたりしました

講演会向きの会場で 決して クラッシックのコンサート向きでは
ありませんが 当日の演奏は 響きもよくて 素晴らしかったです

コンサートの前半は 弦楽四重奏らしく
モーツアルトの「アイネクライネナハトムジーク」や
バッハの「G線上のアリア」や無伴奏チェロ組曲1番のプレリュード
などの名曲が演奏され 第一バイオリンの菊本恭子さんが
ソリストとして ヴィバルディの「四季」より「冬」の3曲を
熱演され その素晴らしいテクニックを間近にみれて感激でした

休憩をはさんで 後半は クリスマスらしく
アンダーソンの「そりすべり」やディズニー映画の名曲から「美女と野獣」や「星に願いを」
などの 親しみやすい 子供たち向けの選曲をされていました

クリスマスはキリストの生誕を祝う日ですので
おなじみのハイドリッヒの「ハッピーバースディ」の曲を 5つのパターン
バロック風や シャンソン風・タンゴ風とアレンジして同じモチーフの
演奏があって とても 面白かったです

最後におなじみのクリスマスソング7曲が 弦楽四重奏で華やかに演奏され
赤鼻のトナカイを みんなで歌って
2時間近くの楽しいひとときを過ごすことができました

この日のコンサートは 追手門学院の後援ですので
無料コンサートでしたが
ユニセフ募金のためのチャリティコンサートでもありましたので
私も 気持ちだけ募金をして 年末最後に 楽しい音楽をきけ
また いいことができたな・・・とうれしくなりました

a0084343_10533676.jpg


今年は これで イベントはすべて終了

大掃除は 肋骨のひびのせいで 右手を伸ばすと痛いのでちょっと無理
左手中指骨折で ぞうきんも絞れない

なので できる範囲で お正月の準備をすることにします

お節料理は なんとか作れそうだとおもっていますが
これは やってみないとわからない

2010年も あと 1週間

ブログを初めて 4年半です~
ブログタイトル「晴れ時々 どきどき うきうき」通り
時々 更新 どきどき うきうきしたことを
記録していく スタイルで 来年も 続けていけたらと思っています

来年も ブロ友のみなさんにとっても 私にとっても
良い年になるよう 願っています

ちょっと早いですが・・・・

年末のご挨拶です!!

来年もよろしく お願いします~















 
by banban0501 | 2010-12-25 08:43 | 日々の記録・雑感 | Comments(24)

・・・・TOPに戻る・・・・
2010年 12月 21日
映画 武士の家計簿
堺雅人主演の映画 「武士の家計簿」をみてきました

下級武士の家の毎日の暮らし向きがわかる実際に残された
家計簿から作られた映画ということで堅苦しい映画かとおもったのですが・・

でも これは 親と子の物語でした

そろばん侍とあだ名をもらうほど そろばん一筋で
藩の会計課のような仕事を 一家の仕事とする下級武士の猪山家

父(中村雅俊)と息子(堺雅人)が出仕して俸給をいただいているのですが 
父には 武士の対面を保つための
付き合いのために あちらこちらに借金があるのです

息子・直之は その現実の中 嫁(仲間由紀恵)をとり 長男を授かりますが・・・

4歳になった息子の袴着の祝いをしようと 家計を見直すと
猪山家は 大変なことになっているのでした

袴を新調したらお祝いの お膳をするお金がない

なので 尾頭付きの小さな魚を皿にいれ
そのお膳に 絵にかいた 鯛を並べてあって 親戚一同が
唖然としているときに 子供が 「鯛じゃ鯛じゃ」といって
食べるので みなも 「鯛じゃ鯛じゃ」といっていただくシーンとなります
a0084343_1212362.jpg

父母が 親戚に恥をかかせたと怒るのですが
直之は 逆に説得し 借金を返すための 節約生活を提案

もちろん 手持ちの書画骨董 母(松阪慶子)の自慢の着物 
家宝の茶道具などなど すべて売り払い
借金をまずは 少なくし 返済計画を立てていきます

猪山家は いろんなものを売り払い 実にさっぱりとした家になってしまいました

このあたりの潔さは なかなかすごいものがありました

思い切ったことをしないと 借金は返せないというお手本です

そして 代々の猪山家の生きるすべを伝えるために
4歳の息子は そろばんを仕込まれ 読み書きを覚え
台所の賄の会計係りにさせられ 毎日出入りする 八百屋 魚やへの
支払いも 彼の仕事となりました

ところが ある日 もっていた財布袋の中のお金がひっくり返り
4文 帳尻があわなくなり 父に問い詰められます

雨の降る中 なくした4文を探す子供の姿にも 冷たい父親

子供は とうとう 大祖母(草笛光子)に4文借りて なんとかしのぎますが
借金は 猪山家では ご法度です

父親に その4文の出所を問いつめられえて 借りたことが言えないで
河原でひろったと嘘をつきます

それは こじきのすることだと怒られ 真夜中に河原へ
父から渡された4文を返しにいくよう命じられて 一人いく息子を案じて
なんでも 夫にしたがってきた妻・駒も 心配のあまり 冷たい夫を怒りますが
「もし 何かあって死んだとしても それは あのこの定め」というのです

優しかった祖父が亡くなった葬式の夜にも そろばんをはじいて
一日の決算をする父親の姿に 反感をもってしまう子供の姿があります

やがて 長じて やはり 父と同じ仕事につき 結婚をし
長男を授かって 父と同じ立場にたった息子(伊藤祐輝)は
父の葬儀のあと やっぱり 父がしたように そろばんに向かう
自分の姿の中に ようやく 父の思いを理解するという筋立てでした

映画の冒頭で この息子が 明治維新で加賀から東京に転居するおりに
国元からの 会計報告に目を通すように促す手紙を読んで 

「みなくてもわかる 父がしたことに間違いは ない」と いう台詞をいいますが
その言葉に この映画の すべてが 含まれていたな・・・と思いました

観終わった後に とてもさわやかな 温かいものを心に残してくれる映画でした

こまごまとした描写の中に下級武士の日々の生活の様子が よくわかり
幕末 明治とうつる 時代背景の中で 藩主によって振り回されていく生活など
興味深く楽しめ 親子の絆を 確認できる 心温まる作品でした

松竹系の映画をみるのによく使う映画館が
久々に客席が 8割もうまっていて おどろきました

家計簿をつけることで 家計の無駄を みつけることができるというのは
私も経験済みですが 幕末に このような家計簿をつけていた武家が
いたというのも ちょっと驚きです
by banban0501 | 2010-12-21 07:27 | 映画

・・・・TOPに戻る・・・・
2010年 12月 18日
忘年会と骨折
今週は 忘年会が二つありました

日曜日に 高校時代の友達と4人でランチ忘年会

大阪の北 梅田の劇団四季劇場のあるハービスエントやウエストの裏側にある
BREEZE BREEZEという商業ビルは 2年前にできていたのに 
私にとっては 初めての場所でした
a0084343_1036409.jpg

お店は このビルの6F「旬和席 うおまん 西梅田本店」(電話 06-6343-6626)

テーブル席のあるラウンジもありますが 他は 全席 完全個室になっていて 
友達同士でゆっくりおしゃべりでき くつろげます

3時間も居座ってしまえて よかったです!!

お料理は季節の花かご点心御膳(2380円)にしました
a0084343_13225651.jpg

旬の造り・口取り ・焼き物・揚げ物(カキフライ)・焚き物 ・蒸し物
季節のせいろご飯 (カニ飯)・椀物〈魚めん〉・漬物 ・豆乳プリンで
最後はコーヒーもついていました

どれもちょっとずつで女性向きです

1年数か月ぶりにあったこの日の話題は 親の介護の話と 自分の健康の話

健康だとおもっていても 毎日の生活の中で 私が忘れていることを
今回 気づかされました

「カルシウム摂取不足」です

私の実家の母が 骨粗鬆症による 腰椎の圧迫骨折に今なっている話から
骨粗鬆症予防の話になったのですが・・・・

牛乳すきじゃない 背の青い魚 すきじゃない じゃこもあまり好きじゃない・・・
ヨーグルトは食べない などなど 自分のカルシウム摂取量の少なさが気になって!

このままだと 母よりももっと早く 骨粗鬆症になる いや もうなっている?
と心配になって帰りにスーパーによって あわてて チーズとヨーグルトと じゃこを
買った私です

続いて水曜日 夜の忘年会

場所は 今度は 南で 心斎橋にある 和食のお店「銀平」(電話 06-6120-5553)です
a0084343_10295949.jpg

このお店の名物 「鯛めし」もいただけ 金目鯛にもお目にかかれ
お料理は満足でしたが・・・・

この日に予期せぬことがあって 大変でした

この忘年会に参加する ほんの数時間前 先にいった英会話の教室に行く途中 
私は 道路でつまずいて 転倒し 右胸を強打し
体を支えた拍子に 左手中指も 強打したのです

英会話のレッスンが終わると 指が腫れています
この後 忘年会の予定でした

どうしても 久しぶりに会える友達がいる この忘年会には 参加したくて
忘年会にも一緒にいくレッスン友達の家によって 
応急処置をしてもらって 忘年会に参加したのでした

無理をして参加しましたが ちょっとつらい健康の話ではあったけれど
とても大切な友達の話を直接きけて 本当によかった

翌朝すぐに 整形外科にいって 診察をうけ 左手中指関節骨折
右胸 第六肋骨にひびがあるという診断をうけました

ひびの入った肋骨のせいで 深呼吸をすると痛いし右手を大きく伸ばせません
骨折した左手の中指が使えませんので できない作業がいっぱいです

なので 最低限の家事をして 重いものを持たないようにしています
歩くのはなんともないので これは助かる
足の骨折なら 大変です

右手でなんでもできるけど腕を伸ばすと痛いので 
大掃除をするな・・・ってことかな?

パソコンのキーボードは叩けるんだけど・・・・

記念撮影です
a0084343_14145131.jpg

この応急処置が大正解で 骨折していたわりには
腫れもなくなっていて お医者さんに褒められました

胸はサポーターのようなものをまくしか治療法がありません

全治は2か月 指の固定器具は1か月後にはずせるそうです

ついでに以前から 気になっていた背骨もレントゲンを撮ってもらいました

骨粗鬆症の心配はないかと 聞いてみましたが 背骨もまっすぐで 大きさもそろっていて
綺麗で 骨粗鬆症の心配も 今のところなさそうですといってもらえました

しかし背骨の第4椎間板の幅が 他のところを比べて薄くなっているといわれました
薄くなっているというのは 椎間板が外へ飛び出して
いわゆる ヘルニア状態だということだそうで 
それが 坐骨神経にふれたならば 痛くて歩けないような状態になって
ひどくなると手術だそうですが 私のは どうやら 違う所へ
飛び出して 神経にはさわっていない らしいです

でも ヘルニアだから 足のふくらはぎ外側が 時々しびれるんだけど?と
いわれて 思い当たることありでした

一口に腰の痛みといっても 部位はいろいろありますが
整形外科医が患者は訴える部位をみて どの腰椎に問題があるのかが
わかるそうです

若いころにぎっくり腰をやってからの腰痛もちだったこととは 関係あるのかないのか?
気になっていたましたので 聞いてみましたが
これは なんとも言えないね・・・ってことでした

でも ふくらはぎのしびれは最近のことだから やっぱり老化?かな・・・

とにかく こんな背骨を支えるためには運動をして 
筋肉を強化しておくのがいいようです

因みに 骨折した骨の再生のために カルシウム食品を
多く摂取したほうが いいですか?って聞いたら
「関係ないね~ 骨の再生のサイクルは 栄養とは 関係ない」ですって!!

完治までは 2か月って サイクルのようです

骨折はいつかは 治ります
老化は 自然と思い 受け止めてできるだけの予防をすればいい

でも 治らない病気の話をきくと 辛いです

年末に骨折するなんて・・・ドジな私ですが それでも健康だということに感謝です

追記

2015年に付け加えた 写真をごらんになりたいかたは
ここ をクリックしてください

骨折の経過をみたいかたは 左帯の タグから 骨折をクリックしてください
by banban0501 | 2010-12-18 14:21 | 料理・食べ物の話 | Comments(18)

・・・・TOPに戻る・・・・
2010年 12月 13日
ワードで!年賀状とテンプレートでカレンダーとオリジナル年玉袋
12月に入ると 二つのことで 気持ちが落ち着きません

一つは 大掃除・・・・これは もう 毎年 ぎりぎりです

もう一つは 年賀状・・・・どんなデザインにしようかな?

来年は ウサギ年ですので ウサギのイラストなら 描けるかしら?
と ワードでお絵かきをしてみることにしました

というのも いろいろなパソコンの技を紹介してくださる
「パソコンdeあれこれ」のmimiさんのブログで ウサギの描き方と
フリーフォームの使い方の説明が あったからでした

フリーフォームは ワードのツールボックスの挿入タブからはいり
図形をクリックしてでてくるウインドの「線」の中に唯一ある
線じゃない形をさがすと そこに フリーフォームというものがあるのです

フリーフォームの詳しい使い方は mimiさんが うまく説明されていますので
興味のある方は ここ をみてください

これを 選択して クリックしていくと すきな形を描け
しかも 頂点の編集から これを すきな曲線に変えられるのを
mimi さんのおかげで 学ぶことができるようになりました
a0084343_1644836.jpg

ワードで お絵かきする具体的な方法は 以前アップした記事も参考に!

フリーフォームをつかわない場合で 曲線で描いた場合も
頂点の編集をクリックしてでてくるウインドの「頂点を基準に」を選択しても
同じことができますので これから いろいろな形を自由に描けるということが
わかり とても参考になりました

このウサギを お正月らしくお雑煮のそばにおくことにしましたので
今度は 基本図形の組み合わせで お雑煮をつくってみました
a0084343_16261187.jpg


これをワードのハガキサイズの原稿の上にレイアウトした うさぎ年用の年賀状です
a0084343_18211548.jpg

余白を多くしましたので メッセージもたくさん 入れられます
 
それにしても ちょっと子供っぽいかな? まぁ ご愛嬌です

因みに2010年用の年賀状は こんなものでした
a0084343_1715127.jpg

これは 市販の年賀状寅年用イラスト集(1500円)の付録CDから 選んだものです

プロのデザインは垢ぬけていますが 今年は 0円でオリジナルができました

毎年 30数枚しか 出さない私の年賀状です
それでも 欠かさず 送りたい方々ばかりです

やっぱり年始のご挨拶は しておきたいですね!

ついでに来年のカレンダーをつくりました

でも これは ワードの「活用しよう!ワード」というツールから
印刷しただけです

これも元気ばばさんのブログで教えていただいたもの~

いつも ワードのツールボックスの中で 何だろうこれは?と
思いながら まったく活用しなかったボックスの中の「テンプレート」です
a0084343_2281682.jpg

カレンダー以外にも ラベルなんてところには お歳暮をはじめ いろいろな
用途の「のし紙」なんかも 各種用紙という中にありますので
急な時はこれを印刷すればOKです
a0084343_9125229.jpg

カレンダーも いっぱい種類がありました
その中で 一年全体がわかって A4サイズでみれるものを選びました
a0084343_22122192.jpg

お好みのカレンダーその他のものを探してダウンロードをクリックすると
はじめに「開く」や「保存」を選択するウインドがでてきますので
どちらかを選択して出てくる目的の文書を表示して そのまま印刷して使います

これらの文書は自分のPCに保存しておかなくても 
また いつでも ワードのテンプレートからアクセスできますから便利です

そして このテンプレイートの中には お年玉袋もあるというのを
anelloさんのコメントで教えてもらいましたので 
追加で お年玉袋のオリジナルにも 挑戦してみました

最初は ワードのテンプレートから 封筒をさがし 年玉袋を開きます
(みつからないときは すべてのカテゴリーを探す から見つけます)

この年玉袋は ワードで作成されたものですので 
まずはだるまの絵を右クリックで 切り取って 新しいものを入れられるようにします
雑煮のオブジェクトをコピーして 貼り付けられるかと思いましたが
そうは 簡単には いかなかったので いろいろ考えました
(こういうことを 考えるのは 好きです)

そして 思いついた方法です
a0084343_1575377.jpg

上の写真のだるまのない 台紙の色が必要ですので これを
プリントスクリーンで スキャンして 保存し この上に オリジナルの絵をおきます
a0084343_1582729.jpg

置く絵が完成したら これを 年玉袋の台紙の上に挿入すれば完成です
a0084343_159357.jpg

もっと 簡単な方法があるのかも?しれませんね~

ワードのテンプレイートからの ものと合わせて出来上がった3種の年玉袋です
a0084343_15104723.jpg

これらの お年玉袋は 毎年つかえそうなので
これからは もう 買わなくてもいいし 急に必要になったときに便利です

年賀状とカレンダーと お年玉袋 は来年用が準備できましたので
さて あとは 大掃除です!!

こんなことしてパソコンで遊んでばかりで これが なかなか・・・・ 
by banban0501 | 2010-12-13 06:56 | パソコンでお絵かき | Comments(22)

・・・・TOPに戻る・・・・
2010年 12月 08日
ホテルでする還暦祝いの会
12月5日の日曜日に 夫の還暦祝いの会を近くのホテルの
一室をかりて 豪華!!にしました

なんと~ 同居の姑が いいだしっぺで スポンサー♪

「いつもの誕生日とはちがう 特別なものをしてやって
 費用は いくらかかってもええ わたしが もつわ~」となんと太っ腹

実はお母さんは これまでに 親戚の方々の還暦祝いを
やっぱり いいだしっぺをして 取り仕切ってこられた経験があるのです
その親戚の方々も もう 80代となられましたので久しぶりです

今回は うんと小さく ごくごく内輪で・・・・でも 派手に!!ってことで 

『じゃあ ホテルでしましょうか』となりました

お嫁ちゃんと私で当日の段取りを相談し 企画 プロディースです

夫には当日の朝まで 内緒で サプライズパーティに!!

ホテルからいただいたメニュー表をみながら プログラムを考えました

ゲームやパフォーマンスなどなど どの料理の間にするか・・・

考えたのが こんな感じです
a0084343_21121894.jpg

これを表紙にして 子供のころの写真をスキャナーして 思い出アルバムもつくり
姑の思い出話も 一緒にしてとじてパンフをつくりました
a0084343_21124010.jpg

たった4枚ですので ホッチキスでとめて 短冊を製本テープがわりに貼りました

お嫁ちゃんが みんなで楽しむゲームを いろいろ考えてくれ
夫が質問に答えたり 部屋をスキップしたりと されるままで 面白かったです

ビンゴゲームも 市販のものではなく 都道府県の名前を各自が自由に書き込んで
都道府県の形のジグソーパズルをひくというアイディアで 感心してしまいました
(16マスで20分ほどかかりました 参加者が多いときは
 あらかじめ書いておくサービスマスを増やして25マスがいいですね)
a0084343_21274443.jpg

ゲームだけでなく 私がキーボードで娘が オカリナ お嫁ちゃんがアルトリコーダーで
ディズニーの「星に願いを」を演奏したり
孫がXジャパンの「ラスティネイル」をカラオケで熱唱する横で
息子は おわらい芸人の「ごんぞう」をマネて 曲にあわせたタンバリンパフォーマンスを
して おおいに盛り上がりました
(息子は衣装もゴンゾウをマネましたので ホテルの係りの人も失笑!)

プログラムの間に このお料理を運んでくださいなんて 注文もつけて
こんな お料理をいただきましたが どれも 美味しかった!!
a0084343_2113641.jpg

美味しいお料理の最後は お祝いですので 赤飯と赤だしをお願いしました

最初に HAPPY BIRTH DAY のケーキでお祝いをしたのですが
このケーキを デザートにしてもらいました
a0084343_21151246.jpg

とても 大きかったので 半分は お土産用にわけてもらいました

会の様子は こんな雰囲気です
a0084343_22152623.jpg

夫が着用している 赤い頭巾とちゃんちゃんこは 東急ハンズの
「変身コーナー」で売っていたのが おかしかったです

9歳ともうすぐ2歳の孫が 一番の人気ものです
a0084343_2158990.jpg

夫への誕生日プレゼントも みんなが 頭をひねって 考えました

これは 9歳の孫が 京都清水二年坂の陶芸体験工房で
土の塊から自分でろくろを回して形をきめて作った作品です
a0084343_710123.jpg

彼にとっては これは3度めの作品で 陶芸が好きなようです

これが みんなに披露され ビールグラスだとわかると
ホテルの係りの方が すぐに この器にビールを注いでくれ 
その心使いがうれしかったです

夫へのメッセージもみなさんから いただきましたので 思い出に残ると思います
a0084343_2143158.jpg

夫の姪っ子がくれた 高田純次の「適当手帳」は 面白い言葉がいっぱいで
夫も これをみながら すこし 頭を やわらかくしてくれたら いいかも?

どのプレゼントも 夫への祝いの気持ちのこもったものばかりでした

最後はカラオケ大会までしてしまって 2時間の予定を3時間に延長したのに
さらに 延長となり 4時間の会になって11人で大いに楽しみました 

さて60本の赤いバラといきたかったのですが これは無理で
60本の赤いカーネーションの花束贈呈で お開きとなりましたが
サプライズで喜びすぎた夫は アルコールがはいりすぎて 最後のあいさつは
ちょっと支離滅裂???

岡山からかけつけてくださった 夫の妹さん家族にも楽しくすごせてもらえたようです

花束は 小分けして 家のあちらこちらに飾っています
a0084343_21244111.jpg


姑のおかげで とても いい会ができ 私は姑に感謝でした

この日の記念アルバムも後日つくり 姑にもプレゼント

姑は息子の還暦祝いができる歳まで 長生きできたことを喜んでおられました

我が家にとっては ホテルの部屋を借りて誕生会!!なんて贅沢は最初で最後かも?
ぐらいのすごいことですので これはブログで記録です!!
by banban0501 | 2010-12-08 07:12 | 日々の記録・雑感 | Comments(26)

・・・・TOPに戻る・・・・
2010年 12月 02日
自分仕様の簡単 連動する エクセル家計簿 
2010年も 残すところひと月をきってしまいました
一年の締めくくりの季節です

最近は 一年があっというまにたってしまう感じがします

若いころは 保育所に子供を預けて共稼ぎをしていましたので 
一日中 目のまわる忙しさで 一年たつのが 遅く感じられました

そして ついつい時間をお金で買うような生活になりがちでした

もちろん 住宅ローンなんてものにも 振り回されて・・・・

なんとか 完済のめどがついてから
仕事を辞め 専業主婦になったのですが 両輪フル稼働の共稼ぎ所帯が
片輪走行をするのですから 広げた家計を 小さくする必要がありました

それで 一念発起して 家計簿をつけることに トライしましたが
あえなく 撃沈・・・・

続かない~

いるもんは いるし・・・ めんどうやし・・・・

って訳で 以来 ??年 さぼりにさぼってましたが
そろそろ 夫の定年が近づくので 年金生活にそなえて
また 家計を小さくしなければ いけないな・・・・と 考えはじめ
また 家計簿に挑戦してみようと 思い立ったのは 2年前の暮れのこと
ちょうど 今頃のことでした

どんな家計簿をつくるか 考えて エクセルでtryでした

あれから 2年弱 なんとか続いているのです!!

自分の性格に合わせて失敗しない家計簿術を考えたおかげです

パソコンに頼る!!レシートに頼る!!まとめて入力!! 細かくしない!!

エクセルは苦手といいながら 逃げてばかりでしたが
ここは エクセルを使うしかない~

夫にききながら なんとか 仕上げた私仕様の家計簿です
市販のソフトや 本とちがって 自分流の項目をつくれるのが いいですね

a0084343_1450084.jpg

(写真の上でクリックすると大きな画像になります)

このシートを2009年シート 2010年シートと1年365日分のベースシートにします

ここへ1週間に1度決めた曜日に まとめて数字を入力
このときは レシート頼りです

実におおまかに設定した項目別です

食費 外食費 日用雑貨費 その他 一時金 だけです

特別な出費は 「一時金」なんて名前です
新しいプリンターを買ったとか 出産祝いをかったとかは 一時金です

「その他」をつくっておくと 便利 どこにも入らないものは すべて 「その他」!
項目は できるだけ細かくしないのが 続く道です

電車にのって デパートで服をかったり化粧品をかったとしたら
電車代も買い物代金も これは 全部 「その他」

このような日々使うお金を項目別に1日分まとめた金額のみを
1週間に一度 入力です
 
光熱費や通信費 医療費 住宅関連費 税金などは 
領収書と 引き落とし口座の通帳をみて 一月に一回 まとめて入力

実は この一年分のベースシートは 「月別シート」と連動していて
ベースの一年分シートのデーターの合計金額は全て月別シートに自動的に移動します

計算機もそろばんもいらない ベースのシートに数字を入力するだけで
毎月の家計診断 一年分の家計診断ができることが 面白くて続いています

a0084343_145843100.jpg


この月別シートをみると 月別の残高と赤字の月が一目瞭然
納得のいく赤字かそうでないか 考えます(考えるだけね!反省はしない~)

2009年度は 赤字月が4回もあった!!
それまでは 赤字かどうかさえ 把握していなかった

これをみて 2010年度は ちょこっと財布のひもをきつくしました
おかげで いまのところ3回に減り 赤字額そのものも減少しています(笑)

そして この月別シートは 次の年シートに連動します

この年シートには ベースシートには 入れなかった
旅行やまとまったお金の移動などがあれば特別会計として記録します

特別会計は 数字だけでは後でわからなくなりますので ちょっと工夫
 
エクセルのセルを選択して 右クリックすると出てくるウインドの
コメント欄の編集を選択します

a0084343_1564144.jpg

すると コメント欄がでてきますから これを書く内容に合わせて拡大し
忘れていけないことなどを 記録しておきます
a0084343_1595125.jpg

例えば イギリス旅行費用の内訳だとかを大雑把にコメント欄にいれておくと
後で参考にもなります

セルには タイトルや 金額だけを入力しておき 
みたいときだけ赤い印をクリックすると記入した内容を確認できます

ですから 毎月の「一時金」の項目にも このコメント欄をつくって
おくと 「あ~ この月は ◎さんの結婚式にいったから 出費は多い~」なんて
赤い印をクリックしてでてくるコメント欄をよんで いつでも思い出せます

そんな訳で 私の家計簿は こんなシートがある家計簿です
a0084343_1518145.jpg


「平均」とかかれたシートは こんなシートです
a0084343_15264911.jpg

基本生活費として 食費+日用雑貨(こまごました生活に必要な日用品)+光熱費
だけを 別に集計して 家族の人数で割って平均をだしました

一人ひと月 生活するだけで いったいいくら必要かな?

光熱費をまったく 制限しない我が家は ?円でした!!

自分の家計の基本生活費をだしてみるのも 面白いです
いかに そのほかのもの 
つまり「その他」にお金を使いすぎているかがわかります
(私の場合です)
こんなことが 1週間に一回の入力で 自動的にできてしまう
エクセルって すごいです!!

年金生活になったら この家計簿を参考にして
どう節約すれば いいか 考えようと おもっているのですが・・・・

もちろん「その他」を小さくすれば いいってことなのですね~

さて 連動させるための技が ちょっと難しかったですが
この技をつかわないと エクセルで家計簿をつけている意味がありません 
 
私のようなエクセル初歩人間さんの参考になれば・・・・

やり方は!←この星印元気ばばさんに教えてもらいました!

「合計」などを入れたいと思うセルを選択し
画面の上にでてくる 数式を入れる欄に 数式の命令をいれます

単なる 合計は f=SUM(B2;N2) 
SUMは合計 (B2;N2) は 縦B列の2番目のセルからN列の2番目と指定
a0084343_163837.jpg

この家計簿の神髄である連動させるためには
具体的には ='2009年'!B33 という 式がはいります
a0084343_1642364.jpg


この数式の部分を大きくすると このようになります

a0084343_16553321.jpg

この数式をみて は~ん そうすれば いいのか!って思った人は
エクセル使いこなし術は マスターされた人ですね~

私には はじめ なんのことやら さっぱりわからん!状態でした

今は理解できていますが きっとしばらくしたら すっかり忘れているかも?

なので記録魔のような私ですので この連動する家計簿のつくり方を
ブログで記録しておくことにしました

夫の力を借りなくても 2012年度も つくっていけるように!

興味のある方はここの実践編を みてください~
(エクセル初心者の自分が忘れないように 記録しています)

家計簿をつけているから 節約に貢献するかといえば
これは はなはだ疑問ですが 2009年よりも 2010年は 
このままいけば黒字額が増えそうです

そして 何にお金を どれだけ つかったかということだけ
わかっているのと いないのとでは 意識が 大きく違うということを
この2年で学んだようにおもいますので
2011年も がんばって続けていきたいと考えています

蛇足ですが・・・・

記入項目の中の「教育費」とは 子供の教育費ではなく
自分自身の教育費(一応 勉強しているつもりなので)です

なので 趣味の英会話のレッスン代や講座の受講料などは 教育費ってことです
無料の講演会などがあれば これは うれしい~

でかけるための電車代は「その他」ですが
自分教育は交際費でも教養費でもありません あくまでも 教育費!!

こどもにお金が かかった後にはできなかった 自分教育です!

夫がリタイアした後は 夫婦の教育費が ちゃんと出費できるように
なるといいのですが・・・・

もちろん 興味のあることで無料のお勉強会があれば 
電車代など関係なく GOで あり続けたいとおもっています
by banban0501 | 2010-12-02 07:09 | パソコンで・・・・ | Comments(22)

・・・・TOPに戻る・・・・