人気ブログランキング |

好きな旅行の話や 自分が興味をもったことをアップしています♪ 気になるカテゴリーからもどうぞ!
by banban0501
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索
カテゴリ
全体
始めまして・・ごあいさつ
ケアンズ
南イタリア旅行
NYの思い出アルバム
ニューヨークの思い出
アメリカ ラスベガス・ロス
イギリス・ロンドン
ドイツ・オーストリア話
スペインの思い出
南フランス
タイ 
大塚美術館 & 鳴門
健康
ベトナム
韓国釜山ソウル
韓国ソウル・春川・水原
中国 上海
中国 杭州と上海再び
中国 北京
中国 麗江
台湾旅行
台湾旅行 再訪
中国 香港
マカオ・香港の旅
チェジュ旅行
奈良 今井町
伊勢・志摩の旅
白浜 南部の旅
北陸 金沢 山中
奥飛騨
松本・安曇野旅行
長崎とハウステンボスの旅
ハウステンボスの旅 二泊三日
八カ岳 リゾナーレ
富士山と日光
東京旅行
豊川 岡崎
箱根旅行
横浜・鎌倉旅行
熱海 三島
名古屋旅行
瀬戸の旅
京都と琵琶湖・浜名湖の旅
クルーズ
京阪神ブラリぶらり
料理・食べ物の話
読んだ本
お金の話
映画
観劇
英会話
DIY 日曜大工 ミシン仕事
カバン作り
こども服
日々の記録・雑感
ちょっと驚いたこと
マイ 美術館
パソコンでお絵かき
パソコンで・・・・
お勉強!
日本語ボランティア

遺品整理
お役立ち情報
仕事関連
リホーム
キッチン リホーム
親指のトラブル
健康
介護
収納の工夫
掃除の工夫
未分類
最新のコメント
★ mihayashi6..
by banban0501 at 22:42
ザル菊は広い場所が必要で..
by mihayashi6 at 21:57
★ juju3291a ..
by banban0501 at 09:32
今年の菊は 見るも哀れ ..
by juju3291a at 00:22
★ jan113fuzi..
by banban0501 at 22:52
★ rabbitjump..
by banban0501 at 22:49
こんばんは すごい量の..
by jan113fuzi at 22:48
★ sakae2009 ..
by banban0501 at 22:47
きれいに片付きましたね。..
by rabbitjump at 18:52
年末も近づいてきたのでぼ..
by sakae2009 at 17:27
フォロー中のブログ
生きる詩
ニューヨークの遊び方
パリときどきバブー  f...
チョコットメモ記
小次郎じじ物語
折々の記
親父の HOBBY
Rabbitjumpの草原
空の見えるベランダから
neige+ 手作りのあ...
ひとこと、ふたこと、みこと
安部かすみの《ニューヨー...
日々の暮らし
~秋色紫陽花と暮らす日々~
本当に幸せなの?
気まぐれ日記
BABAうさぎの奮闘記 ...
ふうちゃん にっき
元気ばばの青春日記 気持...
はあと・ドキドキ・らいふ
OURHOME
やっぱり旅が好き♪
片付けたくなる部屋づくり
☆FREEDOM☆
さかえのファミリー
その日・その日
ブロ友パソコン相談室
Mrs.和やか in 手帳
無垢のおうちと収納と
FU-KOなまいにち
Linen Style...
IEbiyori
アメリカからニュージーランドへ
シンプルで心地いい暮らし
Baabaの徒然に
はりねずみの日記帳
『とっておきのお片付け』...
元気ばばの青春日記 気持...
自分軸×整理収納=ワタシ...
白×グレーの四角いおうち
pink pinko life
uri's room* ...
ivory*
クラシノート
片づけで、すっきり暮らし。
ほぼ100均で片付け収納に挑戦
クルーズとパリ旅行
檸檬
外部リンク
ひとりごと
自称 記録魔
自分のために
記録して残して
おきたいことを
時々 更新です

メールはこちらから
以前の記事
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
more...
タグ
(134)
(91)
(84)
(74)
(57)
(47)
(44)
(34)
(34)
(29)
(29)
(23)
(18)
(17)
(16)
(14)
(14)
(14)
(13)
(11)
(10)
(7)
(5)
(5)
(4)
(4)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
最新の記事
冷蔵庫大掃除 & ザル菊とス..
at 2019-11-09 10:00
娘の定期検診 & 骨密度検査
at 2019-11-02 10:41
観劇 & 収納の工夫
at 2019-10-26 10:00
冬支度で屋根裏収納庫整理 &..
at 2019-10-19 10:00
キャシュレス還元 & 飲み会
at 2019-10-12 10:00
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2009年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧

・・・・TOPに戻る・・・・
2009年 08月 30日
大阪 国立国際美術館のルーブル美術館展 
今 京都と大阪で 二つのルーブル美術館の所蔵品を展示している
展覧会が 開催されています

東京で開催されていたものが 京都と大阪にやってきたのです

京都は 岡崎の 市立美術館で 17世紀のヨーロッパ絵画の展示で
フェルメールやレンブラントなど おなじみの画家の作品をみることができ
連日 大盛況のようです

京都までは ちょっと遠いので 気軽にいける大阪の方の展覧会にでかけてみました

会場は 大阪駅から歩いて20分 中之島の国際美術館です
市立科学館の隣の敷地の地下部分に美術館をつくってしまったユニークなものです
もともと国際美術館は 大阪万博の後 その博物館だった建物を
美術館として 使われていたそうですが 老朽化のため
中の島へ 2004年に引っ越してきたものです

万博公園は いくには 不便ですから 引っ越して正解です

この美術館は科学館の隣にあっても 美術館の建物はなく
地上には エントランスのガラスのモニュメントがでているだけです
a0084343_15231662.jpg


このガラスの建物をみると ルーブル美術館のガラスの入り口をいつも連想します
a0084343_2259561.gif


もう 10年以上も前の夏に初めての海外旅行で オランダ・ベルギー・フランスと
ツアーでいったことがありますが
大胆にも 最後 パリだけは 帰国するツアーの方々とホテルでバイバイして
私たちのグループ4人だけで ルーブル美術館へいくために延泊したことがあります

前日にツアーのバスでルーブル美術館の前を通ったときに 炎天下
すごい 入館を待つ長蛇の列が 入り口である三角錐のガラスの前にできていて
驚いて さて どうしたものかと 考えてしまいました
(当時はデジカメを持ってなくて その時の写真がアップできなくて残念です)

ガイドさんに ツアーの客は必ず地上から
入らないといけないそうですが個人なら
地下鉄に乗って ルーブル美術館前で 降りると 地下からの入り口があって
そこからいくと 並ばなくてもいいと教えてもらい
大胆にも 私たちだけで その方法を実行してしまいました

地下鉄に乗るのもドキドキでしたが 地下鉄を降りてからも大変

当時のフランスは 英語では 何も通じません
ルーブルの地下の入り口を 探して ウロウロしていたら
モップをもった 清掃夫の男性が 私たちに近づいて何か言っています

フランスがわからないのですが どうやら ルーブルへ連れていってくれると
言っているらしいので 彼の後をついていったら そこは入り口でした

もちろん チップを渡して彼とは バイバイしましたが・・・・

その入り口には チケットの自動販売機があり 荷物のセキュリティチェックを
通り抜けると 頭上に あのガラスの三角形があり 少しも並ばずに入館

というとても ラッキーな入場をしたことを思い出します

そんな入場をしたので 夕方まで時間はたっぷりありましたが
とても とても 一日で見回れる規模では なく
まるで 迷路のような 美術館の中を お目当てのもの
ミロのビーナス ナポレオンの戴冠式 レンブラントの自画像
ドラクロアの民衆をひく自由の女神 そして モナリザ などなど
をみるのが 精一杯でした

広すぎて 部門が 多くて 関連性もなく ただただ 歩きまわったって感じでした
これにこりて NYのメトロポリタン美術館にいったときは
ガイドツアーにしたぐらいです

今回 大阪のルーブル展は この膨大なルーブルの所蔵品を
部門の壁をこえて 「こども」に焦点をあてて エジプトの昔から 18世紀ごろのものまで
絵画 彫刻と 様々なものが展示されていて とてもスッキリと鑑賞できました

地下3階まで 降りて 入り口で音声ガイドを500円でかります
メットのガイドツアーの一人4000円に比べたら 安いものです

この展示ブースは7つにわかれていて 始めのブースで私の目をひいたのが
牛の角をつかったような 哺乳瓶 紀元前1500年ぐらいのもの
へ~ やっぱり こんなものも 必要だったんだ!

授乳をする母子像が たくさん見られました

二つ目のブースでは 子供の日常生活がうかがえるようなものが展示されていて
ゲームや おもちゃ 赤ちゃんのガラガラ 関節が動く お人形
そして 教育には 熱心だったのは昔も同じで 勉強のための文字盤などもありました

印象に残ったものを 図録からご紹介です
a0084343_15565838.jpg

3つ目は 昔はやはり 子供の死は避けられないものだったようで
子供を思う 親の心が 伝わるようなものが 展示されています

特に目をひいたのが ルーブルの唯一の子供のミイラの所蔵品でした

小さな棺の中のミイラは 5歳ぐらいの子供のような背丈で
子供のために 作った 棺は やはり見ると辛いものがあります

4つ目のブースには 子供と家族の肖像画が たくさん
a0084343_15574791.jpg

貴族の子育ては 男の子は 6歳ぐらいになるまでは 
女の子のように育てるのだとかで 少女のようですが 男の子です
a0084343_1602693.jpg


5つ目は古代の宗教と 神話の中の子供たち
子供の神様は 髪は片側に三つ編みをしているのがシンボルなので
そんな 像が たくさんありました

6つ目はキリスト教美術の中の子供
つまり イエスと聖母マリアが 主題となった 聖母子像が中心になります
a0084343_16162271.jpg

キリストの他にも モーゼや ヨハネの子供時代の絵画もありました
a0084343_1653218.jpg


7つ目は空想の中の子供ということで 愛のキューピット アモールが
たくさん 登場する美しい絵がたくさんありました
a0084343_16561332.jpg

子供にテーマをしぼることで 沢山あるルーブルの所蔵品が
普段はかかわりの薄い ルーブルの各部門が 横の連携を
もって 協力できた ことが ロワレット ルーブル美術館館長の悦びだと
新聞には 書いてありましたが
本当に 見る側にとっては ありがたい展示方法だと思いました
a0084343_1635611.jpg


紀元前の大昔から 子供を題材とした 作品は 家族の慰めになったことが
よくわかる 展覧会だったと思います

人ごみの間から見るのではなく ゆっくりと2時間もかけてみることができよかったです

同時開催されている やなぎみわ さんというアーティストの写真展
「婆々娘々(ボーボーニャンニャン)」も とっても 面白かったです

女性の目で 老婆と娘をシビアなシチュエーションの中で観察していました
添えられた言葉も 意味深長です

9月23日(祝)まで やっています(ただし月曜日は休館日です)

ところで・・・・

8月30日は 衆議院議員総選挙でした
多くの人々の判決?が現与党にくだされ
自民惨敗との審判でした

しかしABCの選挙ステーションの8時1分の速報 民主315 の予想には
正直 びっくりです(実際は もう少し 数は減りましたが・・・)

出口調査 私も一度うけたことがあるんですが
投票所の中ではなく 建物の敷地の外で報道の人がまっていて 
「誰に投票しました?」とズバリきかれますし たいてい正直に答えてしまいます
その結果を すぐに集計するようです

日経新聞をみたら 全国300選挙区で男女合わせて28万人強を対象に
一つの選挙区の出口調査は
平均 936人の人を調査した結果だと書いてありました

出口調査って すごいですね
by banban0501 | 2009-08-30 11:32 | マイ 美術館 | Comments(20)

・・・・TOPに戻る・・・・
2009年 08月 23日
夏休み自由研究課題 「ポケモンの森 すごろく」
ようやく 朝夕は涼しくなってきて 今年の夏も終わりが近づいてきました

この夏 我が家をたよって やってきた 小学2年生の男の子

「つくりたい 夏休みの宿題があるねんけど手伝ってくれへん?」

夫の木工技術をあてにしているのです

さて 彼のつくりたいものは 木でできたカバンの中をあけると
大好きなポケモンのキャラの住む森の すごろくゲームがあるというものです

彼の描いてきた イメージ図をもとに
まずは 何をつくるか どんな風にするか 設計図をかいてもらいました
a0084343_9153075.jpg


以前 彼のために夫がつくった 木の箱を今回利用するといいますので
この箱に合わせて ステージのサイズをきめ 設計図の通りに川と道をかき
森なので 地面は 緑ときめ 絵の具と色えんぴつで彩色しました

川は 紙コップに いろいろな ビーズをくっつけた 滝から 流れます
a0084343_919122.jpg

このステージに 木を立てていくと 森になるというイメージです

そこで 私のアイディアも提供です

緑の毛糸がたくさんありましたので これで 木をつくってみました
a0084343_9204966.jpg

指一本に10回毛糸をまいて ワイヤーで固定し
指二本で15回 指三本で20回と 増やして 3段にして 木の原型をつくります
 
これは 結構 難しい作業なので 彼は もっぱら 毛糸を散髪して
木の形にする役目を引き受けました

森の木には 赤い実のできる木もつくってみたり・・・・
木の配置も考えながら ボンドで 接着していきます
a0084343_9312737.jpg


森らしく なっていきます 
もっと木を作らねば!

おっと ポケモンの森ですから ポケモンのキャラも描かなくては・・・

これは 彼の大好きな作業です
a0084343_9245578.jpg

キャラが 立つように 工夫もしましたよ

さて これは すごろくですから
「スタート」から 「ゴール」まで いろいろな言葉をかいた
丸い目が必要です

この言葉を考えるも 大変だった ようです

ゴールの一つ前の目の言葉は 「スタートにもどる」って書くあたりは容赦ない!

こうして ようやく ステージが 完成です

スタートは滝からです
秘密の抜け道や りんごの森や 洞穴も つくってみました
a0084343_9232053.jpg

楽しそうな すごろくになりましたが これで 完成では ありません

このステージを 木のカバンに収めるのが 彼の今回の目的です

木の箱に合わせて 夫の日曜大工作業で
蓋をつくってもらい 金具をつけて カバンのようにしあげてもらい満足です
a0084343_9581526.jpg

蓋をあけた時に蓋を下から支えるブロックも木でつくってもらいました

プレイヤーのコマは
インターネットで ポケモンのサイトを探し キャラの印刷をして
画用紙に張り付けたものを たくさん つくって 楽しそうに作業していました

さ~て

出来上がったステージを 木のカバンの中に 両面テープで収めます
a0084343_94224100.jpg


蓋を開いて 遊び 終わったら カバンにして 持ち運べます

最初に彼が もってきた イメージ図通りにできあがって ホント 満足していました!
a0084343_9394182.jpg


さて この子は 二十歳でできちゃった学生結婚をした息子の子ども
つまり・・・・私の 孫ちゃんです!

前日から 我が家に泊まりにきて 朝の9時から 夕方6時までかかりましたが
根気よく がんばって 満足して かえっていきました!
by banban0501 | 2009-08-23 09:29 | 日々の記録・雑感 | Comments(20)

・・・・TOPに戻る・・・・
2009年 08月 10日
パソコンでお絵かき!!ワードでできるシェイプアート2
春に「Wordでできる 大人のお絵かき」の本をアマゾンで購入して
本を参考にサクラソウをかいて以来 お絵かきから遠ざかっていました

梅雨明けだというのに 今日は 台風9号の影響で朝から雨
出かけるには足元が悪すぎますので
久しぶりにパソコンでお絵かきをしてみることにしました

今日のトライは コスモスにしてみました

本を参考に 少し 自分でもアレンジを加えて・・・

まずは 花びらをつくります
(書かれた字はそのままでは 読みにくいにで 写真の上でクリックしたください
拡大したものをみることができます)
a0084343_14552520.jpg

花びらの中心に花芯をつくります
a0084343_145748100.jpg

これを基本にして 横向きの花もつくりましょう
a0084343_14595752.jpg

花びらの他にも コスモスのつぼみもつくります
色や形を変えてみると変化がでます
a0084343_153966.jpg

コスモスの線のような葉っぱは 基本のものを一つつくってあとは
それをコピー 貼り付け 回転で 変化をつけます
a0084343_1544472.jpg

今までつくった部品を 一つのワードの台紙に張り付けます
a0084343_1554089.jpg

この台紙の上で 花 つぼみを配置して  図形の位置を背面や前面ときめて
奥行きを考えます
a0084343_1583670.jpg

さて 一つの花の塊ができましたので これを コピー貼り付けを繰り返して
もっと たくさんの塊にします
a0084343_15101454.jpg

こんなコスモスが あたり一面に咲いている コスモス畑のある風景もつくってみましょう~
a0084343_15592043.jpg

こんな風景画の作り方も
高倉幸江さんの「Wordでできる 大人のお絵かき」の本をみれば
簡単にできてしまいます!

Wordソフトの挿入ツールから基本図形を描いた時に右クリックででてくる
「オートシェイプの書式設定」というボックスは 魔法の箱のようです

とっても ひま~なときに また 試してみたいとおもいます

さ~ パソコンで 3時間も遊んでいる間に 雨もやんでしまいました!

今から 夕ご飯のお買いものにでることにします~
by banban0501 | 2009-08-10 16:05 | パソコンでお絵かき | Comments(22)

・・・・TOPに戻る・・・・
2009年 08月 07日
アマルフィー 女神の報酬
フジテレビ開局50周年記念映画 「アマルフィー女神の報酬」をみてきました

舞台はイタリア クリスマスを迎える 12月22日から 31日まで

12月22日 クリスマスでにぎわう ローマに
織田祐二演じる 外交官 黒田が イタリアで開かれるG8のために
イタリア訪問してくる外務大臣への対応に大忙しの日本大使館へ
赴任してきます

そして その日に 天海裕希演じる 矢上紗江子の10歳の娘が
誘拐された事件の対応を命じられるところから 物語がはじまります

外交官黒田は 一ぴき狼のような 変わった外交官
でも 「外交官の使命は邦人の身の安全を保証すること」と強い信念をもっています

紗江子は 亡き夫との思い出の地 イタリアの美しい風景を
年明けに控えた難しい目の手術をうける娘の心に刻ませておこうと
イタリアにやってきていました

しかし 訪れたカピトリーニ美術館のトイレから 何者かに誘拐されてしまいます

黒田は 防犯カメラの映像をたよりに事件解決をこころみます

娘に持たせた携帯電話をつかって 接触してきた犯人が
イタリア語で話すので 紗江子に変わって 電話にでたことから
二人で 犯人と立ち向かうことになっていきます

誘拐犯は 身代金の受取り場所として 
始めは 駅のホームを指定してきたかと思えば 次に
バチカンのドームの屋上へ 10分で来い とか
スペイン広場の大階段の上にある トリニタ教会へ 20分で来いとか
次々に 場所を移動させます

そのたびに 黒田と紗江子は 全力疾走

場所は 観光客の大勢いる場所ばかりですから
映画を見ながら どうやって こんなシーンを撮影したのか
不思議に思っていました

圧巻は 映画の後半 コロッセオ前の道路の大渋滞に巻き込まれた
黒田が 走りだすシーンなどは エキストラの人と車が すごい数で
使われていましたので 本当にびっくりしてしまいました

日本映画なのに ハリウッド並みの迫力ある映像が 次々です

自宅に帰ってから この映画の公式サイトをみてみると
こんな 様々なシーンの メイキング映像も 掲載されていました

トリニタ教会へいくために スペイン階段を駆け上がるシーンは
早朝から 観光客としてエキストラを階段に座らせ 細かいカット割りで
撮影するために 織田祐二さんと 天海裕希さんは 
8回も階段を全力で駆けあがっていました

トリニタ教会前では 交通規制をして 
紗江子が持つバッグを奪う男が逃げるシーンの撮影を 
大勢の観光客が廻りを取りかこんでいました

コロッセオ前の道路の大渋滞シーンは 真夜中に
一台一台 車の配置をきめ エキストラの人を動かしながら
カメラと車と人の動きを決め なんどもリハーサルを繰り返し
朝の5時までかかって撮影したようです

イタリアは どこへいっても沢山の観光客と車であふれていますから
物語の中でたった 1分の撮影でも 大変です

ローマ警察署から 次々にパトカーがでていくシーンは
イタリア人へ車の動きと 警察官の動きと カメラの動きを
指示するのに 微妙な言葉のニュアンスの壁を克服しながらの撮影です

西谷弘監督さんのこだわりにも すごいものを感じました

大勢の人が 働く 日本大使館内部のセット撮影でも
細かいカット割りをしながらも 大勢の人の動きにもこだわっておられますので
カメラの動きと 人の動きと 演技を なんどもリハーサルを重ねて決め
ようやく 本番となるようです 

何気なく見ていたシーンの撮影が こんなに大変だとは
正直 わかりませんでしたので このメイキング映像は とても面白かったです

さてさて

映画のタイトルの「アマルフィー」は イタリアの世界遺産になっている
崖がすぐそばに迫っている美しい海岸の断崖に密集して建てられた
イタリアでよくみる形の集落です

迫害を恐れたキリスト教徒が 複雑に入り組んだ集落を形成し
一番上には 教会があるという形です

犯人は ここをも 身代金の受け渡し場所に指定してきます

本当に美しい所でした
その昔 ヘラクレスが 愛する人の亡きがらを葬る場所として
この美しい海岸を選んだのだとか・・・

美しい街並みに 犯人に指示された場所へ むかう紗江子の姿が
溶け込んでいきます

どんなに美しい場所でも子供の無事をただひたすら願う 
紗江子の表情は必死です

このように観光地ばかりを指定してくるのは 実は
観光地にある 防犯カメラを 利用することでした

そして それらの 防犯カメラをカバーしている セキュリティ会社の
システムをハッカーして その会社のセキュリティで
防犯システムを使用している 建物で 本当の目的を 果たすために
子供のためには なんでもするであろう紗江子を利用したのです

同じ時期に開催されたG8の要人を狙ったように見えたのですが・・・
実は 違い 最後は どんでん返しです

それを 冷静沈着な 黒田がつきとめていくのです

ハリウッド映画にまけない 面白さがありました

加えて ガゼルタ宮殿でのレセプションで 歌を披露する
サブ・ブライトマンの歌声が 素晴らしく 
これは エンディングロールでも じっくりと 聞くことができます

全編 イタリアロケ イタリア・日本 総勢100名のスタッフで作る
イタリア語と日本語の交錯する映画です

新聞の映画評では イマイチな印象でしたが
誰も 死なないし 犯人グループの 犯行動機も 日本人の感情で
理解できることで 邦画の良さが よくでている映画だと思いました

なによりも 主演の二人の演技と 戸田恵梨香さんがキラリで
邦画なのに 美しいイタリアの風景を楽しめて とてもよかったです
by banban0501 | 2009-08-07 00:26 | 映画

・・・・TOPに戻る・・・・