人気ブログランキング |

好きな旅行の話や 自分が興味をもったことをアップしています♪ 気になるカテゴリーからもどうぞ!
by banban0501
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
検索
カテゴリ
全体
始めまして・・ごあいさつ
ケアンズ
南イタリア旅行
NYの思い出アルバム
ニューヨークの思い出
アメリカ ラスベガス・ロス
イギリス・ロンドン
ドイツ・オーストリア話
スペインの思い出
南フランス
タイ 
大塚美術館 & 鳴門
健康
ベトナム
韓国釜山ソウル
韓国ソウル・春川・水原
中国 上海
中国 杭州と上海再び
中国 北京
中国 麗江
台湾旅行
台湾旅行 再訪
中国 香港
マカオ・香港の旅
チェジュ旅行
奈良 今井町
伊勢・志摩の旅
白浜 南部の旅
北陸 金沢 山中
奥飛騨
松本・安曇野旅行
長崎とハウステンボスの旅
ハウステンボスの旅 二泊三日
八カ岳 リゾナーレ
富士山と日光
東京旅行
豊川 岡崎
箱根旅行
横浜・鎌倉旅行
熱海 三島
名古屋旅行
瀬戸の旅
京都と琵琶湖・浜名湖の旅
クルーズ
京阪神ブラリぶらり
料理・食べ物の話
読んだ本
お金の話
映画
観劇
英会話
DIY 日曜大工 ミシン仕事
カバン作り
こども服
日々の記録・雑感
ちょっと驚いたこと
マイ 美術館
パソコンでお絵かき
パソコンで・・・・
お勉強!
日本語ボランティア

遺品整理
お役立ち情報
仕事関連
リホーム
キッチン リホーム
親指のトラブル
健康
介護
収納の工夫
掃除の工夫
未分類
最新のコメント
★ mihayashi6..
by banban0501 at 22:42
ザル菊は広い場所が必要で..
by mihayashi6 at 21:57
★ juju3291a ..
by banban0501 at 09:32
今年の菊は 見るも哀れ ..
by juju3291a at 00:22
★ jan113fuzi..
by banban0501 at 22:52
★ rabbitjump..
by banban0501 at 22:49
こんばんは すごい量の..
by jan113fuzi at 22:48
★ sakae2009 ..
by banban0501 at 22:47
きれいに片付きましたね。..
by rabbitjump at 18:52
年末も近づいてきたのでぼ..
by sakae2009 at 17:27
フォロー中のブログ
生きる詩
ニューヨークの遊び方
パリときどきバブー  f...
チョコットメモ記
小次郎じじ物語
折々の記
親父の HOBBY
Rabbitjumpの草原
空の見えるベランダから
neige+ 手作りのあ...
ひとこと、ふたこと、みこと
安部かすみの《ニューヨー...
日々の暮らし
~秋色紫陽花と暮らす日々~
本当に幸せなの?
気まぐれ日記
BABAうさぎの奮闘記 ...
ふうちゃん にっき
元気ばばの青春日記 気持...
はあと・ドキドキ・らいふ
OURHOME
やっぱり旅が好き♪
片付けたくなる部屋づくり
☆FREEDOM☆
さかえのファミリー
その日・その日
ブロ友パソコン相談室
Mrs.和やか in 手帳
無垢のおうちと収納と
FU-KOなまいにち
Linen Style...
IEbiyori
アメリカからニュージーランドへ
シンプルで心地いい暮らし
Baabaの徒然に
はりねずみの日記帳
『とっておきのお片付け』...
元気ばばの青春日記 気持...
自分軸×整理収納=ワタシ...
白×グレーの四角いおうち
pink pinko life
uri's room* ...
ivory*
クラシノート
片づけで、すっきり暮らし。
ほぼ100均で片付け収納に挑戦
クルーズとパリ旅行
檸檬
外部リンク
ひとりごと
自称 記録魔
自分のために
記録して残して
おきたいことを
時々 更新です

メールはこちらから
以前の記事
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
more...
タグ
(134)
(91)
(84)
(74)
(57)
(47)
(44)
(34)
(34)
(29)
(29)
(23)
(18)
(17)
(16)
(14)
(14)
(14)
(13)
(11)
(10)
(7)
(5)
(5)
(4)
(4)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
最新の記事
冷蔵庫大掃除 & ザル菊とス..
at 2019-11-09 10:00
娘の定期検診 & 骨密度検査
at 2019-11-02 10:41
観劇 & 収納の工夫
at 2019-10-26 10:00
冬支度で屋根裏収納庫整理 &..
at 2019-10-19 10:00
キャシュレス還元 & 飲み会
at 2019-10-12 10:00
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2009年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧

・・・・TOPに戻る・・・・
2009年 07月 26日
お掃除ロボット
友達の家へ遊びにいった時に お掃除ロボットをみました!

お掃除ロボットにも いろいろな種類があるそうですが
ロボットといっても 円盤状のものが 多いみたいで
掃除機と言えば ホースがあるなんて思っていた私には
想像していたものとは ちょっと違いました

友達の家のは アメリカ製のもので ルンバといいます
a0084343_13364222.jpg

使わない時は リビングのコンセントの前で待機しています
使うときには 真ん中のスイッチをいれると 動きだすのですが・・・

この子が 最初に向かったのは リビングではなく お隣の部屋です

どうやら この子が友達の家で最初に動いた時の動きが 
コンピューターに記憶されているらしく
いつも その通りの行動を取るらしいです

動きながら 部屋の形状も記憶しているらしく 毎回同じように
隣の部屋のタンスの隅から お掃除をはじめるそうです

隣の部屋を ひとしきり動いたあと リビングに戻ってきました
ソファや 椅子や いろんなものにぶつかっては 方向を変えて
その後は キッチンに向かいました

キッチンマットもちゃんと乗り越えて たくさんの埃やゴミを
床に接するブラシで パタパタやりながら 吸い取っていきます

でも ゴミを認識して動いている訳ではありませんので
大きなゴミがあっても それを無視して 通り過ぎていきます

人間なら ゴミをみながら 物をどけながら まんべんなく
掃除機をかけていけますが やっぱりそんな高度なことはできません

「この子は そうじがへたなのよね~」と言いながらも 
「できの悪い子ほど かわいい」って感じで なんだか 名前がつきそうな雰囲気です
a0084343_13522345.jpg

ブゥーン ブゥーンと うるさいので スイッチを切ると
一人で もとのコンセント位置へ帰り充電を始めるところは なかなか 賢いです

友達のロボットは この会社のお掃除ロボットでは
2番目のランクだそうです
1番目のランクのロボットだと タイマーがついていますので
出かける前に 30分とか セットしておけば それなりのお掃除を
勝手にして 元に戻っていくらしいです

夫婦二人暮らしで しかも 留守がちの家ですので ゴミなどあまりありません

それでも 小さな埃や 髪の毛など かなりの量を吸い取っているらしく
ゴミをためるところには 一回の掃除で かなりのゴミがはいっています
ゴミは円盤状の本体の半分ぐらいの容量分蓄積できます

紙グズでも小さなものは吸い取りますが
大きくなると 吸い取ることは できません
また ビー玉のような 重いものも無理です

円盤の下の円周に沿ってついている ブラシを回転させて
ゴミを集めて 吸い取る仕組みですので
普通の掃除機と比べて 細かいほこりが得意かも?です

3センチぐらいのカーペットの毛足にも対応し
敷居をまたぐこともでき
玄関のたたきなどの高さもキャッチして 落ちずに
方向をかえるというから なかなか 賢いです

テレビを見たり お料理をつくりながら ロボットにお掃除をさせているそうです

お部屋の広さにも よりますが 友達の家では
1時間ぐらい あちらこちらぶつかりながら 床を動き回っていくと
だいたい まんべんなく お掃除が おわるようです

一回の充電で 3時間動けるらしいですが
1時間も動いて どれぐらいの電気代をつかうのかは わかりません

友達とおしゃべりしながら この時 お部屋の省エネタイプクーラーを
2時間つけていたのですが 寒くなってきたので
クーラーをOFFにすると クーラーの表面に2時間使って 27円という電気代の
表示がでました

気温によって 消費電力も違うのでしょうが・・・・・安い!

お掃除ロボットも 省エネタイプで 50円で お掃除してくれるのなら
うれしいかも???

昔は手で洗って 絞って いた洗濯物も 今は
全自動でお任せの世の中です
頑固な汚れは 今でも 手洗いしますが 
お掃除だって この全自動洗濯機と同じように考えれば
完璧でなくても いいわけです

私も もっと 高齢になって お掃除が辛くなったら
ロボット掃除機が 欲しくなるかもです

今は 高価(5万円~10万円)で 私には 超贅沢品ですので
普通の掃除機で 掃除は 10分で 済ませておくことにします!
by banban0501 | 2009-07-26 00:08 | 日々の記録・雑感 | Comments(30)

・・・・TOPに戻る・・・・
2009年 07月 19日
紫陽花アルバム  ライムライトと水無月
毎日熱帯夜がつづく 日々で
紫陽花の季節は 終わりなのですが
今 我が家の玄関先を 彩ってくれている紫陽花があります

ライムライトと水無月です
 
ライムライトといわれて まっさきに思い浮かぶのは
チャップリンの映画のタイトルで あれは
lime light という 照明器具の名前です
このlimeは 石灰を意味する英語の lime のことで
電灯が発明され 普及するまでは 舞台の照明などに用いられたそうです

もう一つのライムは 同くlimeと綴りますが
柑橘類の 名前のライムです
どうやら 紫陽花のライムライトの名前の由来は ライム色の花という意味かもです

ちなみに limeと書いて 他にも 別の意味があって
lime treeは 「セイヨウイボダイジュ」 
俗語では 「道路にたむろする」という意味もあるそうです 
コンビニで たむろする若者は limer だそうです

さて 我が家の紫陽花 ライムライトは昨年 10月に
群馬の紫陽花農家の junko-mamaさん のところから やってきました

junko-mamaさんのところで 充分に大きくなっていた紫陽花ですから
我が家の植木鉢の中でも 立派な姿で 咲いてくれました

この花は アジサイとは思えない豪華な花型になります
この形は ピラミッド型と呼ばれるそうです

咲き始めはライム色、だんだん淡いライムイエローにかわる爽やかなアジサイです

カシワバアジサイの仲間ですが カシワバ紫陽花のように 花が下向きに垂れることはなく
まっすぐに上に 伸びて 本当に美しい形です
その名の通り ライム色の灯りのようです

昨年我が家にきたときに プロの剪定がされていましたので 安心して冬を越え
今年我が家で花芽を確認 どんどん成長し今は1m以上の背丈になりました

a0084343_1605061.jpg

7月になって満開です
この色が たまらなく 気にいっています
a0084343_16543857.jpg

もう一つjunko-mamaさんの所からやってきた
同じく ピラミッド型の水無月紫陽花は こんな感じで大きくなりました
a0084343_1657845.jpg

そして 今は こんな感じです
a0084343_14103943.jpg

ライムライトと水無月が なかよく並んで とても綺麗ですよ~
a0084343_1411563.jpg

ライムライトは 全部の花が開いて 今は まるで ライム色のぼんぼりです

さて 今 ちょっと面白い実験中です

来年の紫陽花をもっと楽しむために 今年は お友達の庭に咲いていた
白い紫陽花(アナベル)の挿し木に挑戦しています

私が紫陽花が好きなのをしっている
お友達が気前よく分けてくれた茎をつかって

葉っぱを半分に切ったもの
花のついた茎
花のつかなっかった茎

三種類の増やし方を試してします
挿し木をする時期は 6月始めがいいので
時期的には 挿し木をするには ちょっと遅いので うまく根付くか心配です
a0084343_161308.jpg

葉っぱだけの挿し穂は2週間たって 
切り口の葉脈に少し根の先のようなものがみえますが難しいかもです
茎を挿し木したものは ようやく1㎝ほどの根が茎から 数本でてきました
a0084343_141511100.jpg

ひと夏中 赤玉土にしっかり水をやって 様子をみるつもりです 

成功してほしいな~
by banban0501 | 2009-07-19 16:08 | | Comments(16)

・・・・TOPに戻る・・・・
2009年 07月 12日
大阪松竹座七月歌舞伎 NINAGAWA 十二夜
歌舞伎をみるチャンスがあり 蜷川幸雄演出で
今年春にロンドン公演も 果たした 「NINAGA 十二夜」を 観てきました
初演は 2005年です
シェイクスピアと 歌舞伎の 意欲的出会いが蜷川演出で実現です

十二夜は シェークスピアの有名な戯曲ですが
十二夜の意味は しりませんでした

音声ガイドを借りての鑑賞は その辺りも説明してくれていて
それによると 十二夜というのは クリスマスから 数えて12日目の夜という意味で
1月6日 いろいろな催しものが 行われる夜のことで
このお芝居もこの日にエリザベス女王のために上演されたそうです

でも 私がみたのは 7月歌舞伎ですが・・・

NINAGA十二夜の時代設定は 安土桃山 戦国らしいですが
公家のお姫様の衣装は 江戸時代っぽくて 時代はよくわかりません

原作の 親も財産もなくした兄と妹の双子の貴族 シーザリオとビオラは
獅子丸と琵琶姫という名でです

こんな風に原作の名前を 日本風の名前にアレンジしてあります

幕があくと 舞台奥が すべて鏡になっていて 客席がそのまま写っています

そして こんどは その場面に すぐ大きな桜の木が現れ
何やら花見の宴のしつらえになっていて 笛や鼓と一緒の チェンバロを弾く人までいます

パンフレットから ちょっと雰囲気をみていただきます
すっきりした 無駄がない それでいて 豪華なセットです
a0084343_15463378.jpg

歌舞伎の幕開けは 遅くきた人でも
話にはいっていけるよう ゆっくりした展開なのですが
NINAGAWA KABUkI は 原作通り 最初から 話が進みます

ですので 花見の宴の主 大篠左大臣(オーシーノ公爵)は 
片思いの 相手 織笛姫(オリヴィア)への 切ない思いを語りはじめます

続いてのシーンは 海に浮かぶ 船
穏やかな海が 嵐に変わり 双子を乗せた船が 波にもまれます

獅子丸と琵琶姫の二役の 尾上菊乃助が 短い間に
揺れ動く船の上で なんども早変わりをします

そして 大篠左大臣の領地に打ち上げられた 琵琶姫は
男装をして 大篠左大臣の屋敷の 小姓となって 複雑なお話が展開していきますが
左大臣のお屋敷と 織笛姫のお屋敷が舞台のメイン場面です

織笛姫のお屋敷の 部屋のセットが 鏡をうまくつかい素晴らしいし
白いアヤメの花の咲き乱れる 庭のセットも とても美しく
歌舞伎の華やかさを 引き立ててくれていました

この舞台の見どころは
恋の三角関係と 菊乃助の双子の早変わり
菊五郎の 太鼓持ちと 間抜けな家来の 二役の早変わり
そして 様々な思惑で うごく人々の人間模様を描く
シェークピア劇ならではの皮肉の効いた滑稽な面白さです

菊乃助さんは 男女の双子を演じますので
妹役で女の身でありながら 小姓に扮するときの 若侍姿と
兄役としての りりしい若侍姿を じつに巧みな
衣装の着方 立ち姿 所作 声の出し方で 演じ分けて見事

昭和52年生まれで尾上菊五郎の長男さんです
お母さんは 富司純子さん
女優の寺島しのぶさんとは 兄弟です

美男美女の家系ですので
優しいお顔の二枚目さん 凛とした演技で  若手のホープです

お父さんの菊五郎さんは NHKの大河ドラマで 源義経を 主演された
男前さんですが この舞台ではバカのふりをする 賢い太鼓持ち役と
かしこぶる バカな侍役とを 演じ分け お父さんも一人二役をされました

すっかり貫録のついた風貌となっておられたのには ちょっと驚きでした

さて この舞台を面白くしてくれたのは
織笛姫の屋敷の 女中かしらの 麻 阿(マライア)役の
市川亀治郎さん 昭和50年生まれ 市川段四郎さんの長男さんです
若いのに 年増役を面白く演じて芸達者ぶりをみせておられました
テレビではNHK大河ドラマ『風林火山』で男臭い
武田晴信役を演じたりされていますから なんでもこなせる役者さんで
私的には 大注目の役者さんとなりました

お父さんの市川段四郎さんも 船頭役で登場です

他にも 三枚目の役どころを演じられた中村翫雀(かんじゃく)さん
大篠左大臣役の中村錦乃助さん
織笛姫役の 中村時蔵さんと ベテラン役者の 素晴らしい演技を堪能しました

最後は どうしても 双子が 同時に登場しなくては
おさまりのつかない 演出にした 蜷川演出は
二人の 菊乃助を同時に登場させましたのでびっくりしました

一体 どういう仕掛けかと思ったら
片方の菊乃助さんは 顔に菊乃助のお面をつけた他の役者さんにし 
声はださずという演出にし 実に 愉快で 楽しめました

さて 関西での歌舞伎興行は 京都では 四条大橋のそばの歌舞伎座
大阪では 道頓堀の大阪松竹座で 行われます

松竹座は 有名な グリコの看板が見える えびす橋(別名 ひっかけ橋)のすぐそばです
a0084343_15473527.jpg

グリコの看板の建物の裏あたり
かに道楽のカニさんからは 斜めの位置です

開場前から 劇場前には 大勢の歌舞伎ファンがあつまっていましたが
着物姿の方から Gパン姿の 若い娘さんまで 実に広い ファン層です

若い歌舞伎役者さんが お目当てでしょうか?

劇場はネオルネッサンス様式の正面大玄関の上に
特徴あるアーチを持つ建築で1923年(大正12年)に大阪で初めての
洋式劇場として開場し 私の若いころは 主に映画館として利用されていました
a0084343_15481946.jpg

「くいだおれ人形」や「かに道楽」が観光スポットになっていた
道頓堀は 実は 大正時代から 沢山の芝居小屋や茶屋のあった通りですが
今ある 劇場は この松竹座だけです

この劇場から 御堂筋を挟んでの位置にある 新歌舞伎座も 今月閉場し
上本町に移転することになりました

始めは 映画館だった 松竹座でしたが 
1997年(平成9年)に外観を残しつつ最新設備を備えた劇場として新築開場し
現在は 松竹制作の歌舞伎 新劇 松竹新喜劇を原則月替りで上演していますので
貴重な劇場となっていくことだと思います

中は 非常に新しく気持ちよい劇場です
a0084343_15484470.jpg


シネマ歌舞伎とは違い 生の舞台は 声の届き方など臨場感がありますね
でも 2000円で鑑賞できるシネマ歌舞伎も いいですよ~

ロンドンでも好評を博した この「十二夜」で
兄をなくした 織笛姫が 喪に服する意味から 赤い衣装をきるのは
オカシイとクレームがついたそうです

しかし 恋に身を焼く 情熱的な女性を象徴するとき歌舞伎では
赤い衣装をきせるのが 約束事ですので
蜷川さんは この辺りも大切にし 赤い衣装の上に 黒い薄絹の衣装をかぶせて
喪に服する意味合いをもたせたそうです

音声ガイドを借りて 鑑賞すると そんなお話まで
舞台と 同時進行で ガイドしてくれ 登場人物の名前や
歌舞伎の さまざまな約束事を教えてくれますので
私のように 生の歌舞伎鑑賞は 2回目なんて 人には お勧めです~



 
by banban0501 | 2009-07-12 11:17 | 観劇 | Comments(17)

・・・・TOPに戻る・・・・
2009年 07月 10日
愛を読む人
「愛を読む人」
人間としての 尊厳 愛のあり方をかんがえさせてくれる 映画でした

舞台は 1958年の ドイツ ベルリン 
夏の始めの雨の日
15歳のマイケルは 学校帰りの市電の中から
気分がわるくなり とある建物で 雨宿り 高熱と吐き気で苦しんでいたところ
その建物に住む ハンナという女性に助けらところからはじまります

マイケルは 他人からみれば 親子ほど歳の離れたこの女性に
夢中になり恋に落ち ひと夏 毎日 秘密に彼女の家に通い続けます

ハンナも 市電の車掌をしながらの一人暮らし
うんと年上の女性として 「坊や」と 彼を受け入れます

ハンナには 少し変わったところがあって
マイケルに学校でならっている物語を読み聞かせるように言い
いつも マイケルの朗読の後 二人の秘め事がおこなわれていました

ハンナは 小説を読んでもらいたくて マイケルと過ごしているのでは?と
思うほどです

そんな二人の毎日が 続いた夏の終わり
ハンナは 突然 彼の前から姿を消してしまいます
ハンナの真面目な仕事ぶりが認められて 事務職に昇進が
決まったのですが 彼女には それが 苦痛だったからです
でも マイケルには 理由が わかりません
あの愛は なんだったのかと 自問するばかりです

8年の月日が流れて 法学部の学生となった マイケルが
ゼミの教授と ナチス犯罪を裁く 法廷を傍聴にいって
被告席に座る6人の被告の中に ハンナを 見つけてしまいます

ハンナの犯した罪は 彼女がまだ二十歳代の頃 他の容疑者とともに
アウシュビッツ収容所で ガス室へ送る 人を選別し
300人のユダヤ人を 殺したというものでした

しかし ハンナは それは その時 自分に与えられた仕事であって
殺人では ないと主張します

しかも 他の容疑者たちは それすら 否定し
すべては ハンナが主導し ハンナが 決定書にサインをしたから
自分たちには 罪はないと 言い逃れをします

検事が 証拠の書類のサインと ハンナの筆跡を鑑定するといい
ハンナに サインを書けと 命じますが
ハンナは サインを書かず 「すべては自分の責任」といい
無期懲役の刑をうけてしまいます

その時 マイケルだけは 気がつきます

ハンナは 字がよめず 自分の名前を書くこともできない事実に

それは 二人で過ごした ひと夏の思い出から わかったことでした

ですから ハンナが 文盲だと 証明できれば 彼女を
無期懲役の刑から 救うことができるのですが
マイケルがそれを 証明することは 
15歳の夏の思い出を世間に披露することとなります

彼の中では それは 恥でした

彼は 彼女を 救わなかった
ハンナは 刑務所へ送られました

彼女を身捨てた 罪の意識からマイケルは自暴自棄に陥り
同じ学生寮にすむ女学生と関係をもってしまいますが
マイケルの心は やはりハンナを求めていました

やがてマイケルは 弁護士として 成功しながらも
私生活では 女学生と結婚をしますが
妻にも 子供にも こころを開きませんでしたので
離婚し さびしい生活となってしまいます

久しぶりに離婚の報告のために まだ幼い娘をつれて
実家にもどった自分の部屋で
ハンナのために読み聞かせた 本を 整理しながら
彼は あることを思いつきます

獄中で暮らす ハンナのために 再び 
朗読を始め テープレコーダーに吹き込み送ることです

朗読者=the reader という英語の原題は マイケルのことです

ハンナのために朗読者になることは 孤独な彼の心をいやす 作業でもありました
刑務所へ届けられたテープの声から
ハンナは マイケルからの贈り物だと気づき 涙します

何年も続いた この行為の中で
やがて ハンナは 字を覚えて マイケルに手紙を書きたいと
思うようになり 図書室で借りた本と マイケルの朗読を頼りに
自力で 字をおぼえ マイケルに手紙をかきますが
マイケルは 返事が かけません

時は流れ 模範囚のハンナが 長い長い刑期を終えて
出所する日が 決まり 唯一のつながりのある人として
マイケルが 出所後の面倒をみることになり その話合いのため
初めて 二人は 再会します

「大人になったわね 坊や」と呼びかける ハンナは
もう白髪の老婆ですが 彼女には 
文盲だと しられたくないために 罪を認めた プライドが
まだ 残っていました

彼女は 自室の荷物をまとめることもせず 出所する朝
自らの命を絶ってしまいます

そして 覚えた字で 書かれた 遺書に 書かれていたことは・・・・

マイケルが遺言に書かれたことを実行しながら
あの時に 「恥」だと思い 告白できなかったために 何十年も
苦しんできた 自らの弱さを 克服していこうと決め
ようやく ハンナからも解放されることになるお話です

成熟した女性から 老婆役まで 見事な ケイト・ウインスレットの演技
2009年度 アカディミー主演女優賞 納得でした

ジェームスキャメロン監督の1997年の「タイタニック」から10年
ケイトの演技 素晴らしい成長です
by banban0501 | 2009-07-10 07:33 | 映画

・・・・TOPに戻る・・・・
2009年 07月 05日
コミュニケーションのとり方
先日 某大学の聴講生をしていて きいたお話で
興味深いものがありましたので ご紹介です

お話くださったのは 大学の先生では なく
鹿児島の南日本放送のアナウンサーをへて 結婚し
ご主人の転勤で 関西テレビの派遣アナウンサーをしながら
子育ても頑張ってつづけ アナウンサーの経歴から
関西で初めてのプロの組織だった司会業をおもいついて
イベント企画会社をベンチャーされたかたです

女性が子育てをしながらも 起業するという点でも
興味深いのに 起業から34年たった今60歳をすぎても 
意欲的に事業を拡大されている
岩崎祐子さん」という方のお話は とても面白しろかったです

今は 東京進出も果たし ブライダル~企業研修まで
いろいろなことに取り組む企画会社の社長をしておられるのですが
人脈作りが命の会社経営なので いろいろな企業のトップさんとの
交流が あり その中で感じてこられた話などをしてくださいました

また会社の事業の一環としての 「話し方講座」や「イベント企画・運営」の
ノウハウを学生たちの就職活動にも役立ててもらいたいとの視点からの
お話もしてくださった中で印象深かったお話です

今の企業が 学生に望むものは・・・

チャレンジ精神 主体性のある人 協調性のある人というだけでなく
もっとも多くの企業が求めているのは じつは
コミュニケーションの能力の高い人なのだそうです

一口にコミュニケーション能力といっても 私の認識とは
少しちがっていましたので これは 面白いな・・・とおもった訳です

コミュニケーションとは ご存じのように
複数の人間や動物などが 感情 意志 情報などを
言語 文字 ジェスチャーなどの媒体をつかって 伝え合うことです

しかし 彼女のいうコミュニケーション能力には
その伝え合った結果として 相手が 的確な理解と行動をしめさなければ
能力があるとは 言えないということでした

話し手の伝えたいことが形を変えずにそのまま伝達され 
しかも 双方の次の行動につながるものでなければならない

その能力が 最近の日本では 衰退していっていると・・・

昔なら「言わなくても伝わる」とか「阿吽の呼吸」が日本民族の中のDNAとして
受け継がれてきたのですが 最近は 核家族化 少子化 パソコンでの情報伝達などの
影響で 人と人の面とむかっての共有時間が少なくなってきていることが原因で
衰退しているのではないかと いう意見でした

では どうやって 身につけていくのでしょう?
学校では日本語の文法や漢字などを教えてくれても
言葉の伝わり方というのは 教えてはくれません

言葉の伝わり方というのは 非常に微妙です
丁寧にいっても 無礼に聞こえたり
命令でいっても 相手を思う 気持ちが すごく伝わったりします
たくさんの本を読んでも 伝わり方までは 学べません

欧米などでは 学校教育のカリキュラムの中に
コミュニケーションを教えるものがあるそうで この中で
交渉力だとか アピール力などを 培うそうです

これは 日本にはないものですし 日本人にかけているものとも言われています

これでは これからのグローバルな社会には こまることです

学生の身分から 社会人になったときに より困ることになります

コミュニケーション能力を高めるために 話し手として こころがけることは

① 自分は 何を経験してきて 何がこれからできるか アピールする
② 尊敬語 丁寧語 謙譲語をきちんと使う
③ コミュニケーションツールとして 態度 身ぶり 表情などの非言語を駆使する
④ 話の内容の設計図をもち 話す内容のポイント 順序 筋道 結論の導き方を
  必ず考えて話せるようになる

の4つを学生たちに示唆されましたが これは 普段の普通の会話でも必要なことです
特に②の敬語の使い方など 面接前の付け焼刃では 身に付きません

「わたし」は「わたくし」 「できません」は「いたしかねます」
「しりません」は「存じません」 「わかりました」は「かしこまりました」って
言えない学生が いっぱいでした

①が何にもないような学生は 即戦力を求める今の企業には お呼びじゃない!

④だって 短い時間にしようとすれば 非常に難しい・・・・
 一番いいのは 結論を先にいって その後に説明をすることだそうです

聞き手として 注意するポイントも沢山あります

① 相手の話を途中で遮らない 相手の話が 長くなりそうになったら
  相手の話をまとめて自分の言葉で 言い直してみる
② 先入観をもたずに相手の話をきく
③ 相手の話から 目的を推察する
④ 相手の話の意味がわからないときは いい加減に聞き流さず
   その真意を確かめる
⑤ 自分の主張にこだわらない
⑥ 相手のユニークさを 尊重する

①のように 話がやたら長い人の話を辛抱強く聞くことは難しい
②や⑥を心がけても 知らず知らずのうちに反発して⑤のようにするのは大変です
④は とくに英語での会話などでは ちゃんと聞きとれていないのに 実行できず
  ビジネスマンとしては いい加減にしては 絶対にいけないことです

昔から よく言われるように 「聞き上手」になることが
大切だと 話しておられましたが できているつもりでも できていないことも多いです

聞き上手になるためには うんと 想像力を働かせられる人になるとよいそうです

「話し手」として「聞き手」としての 私自身は どうなのか?という点でも
とても参考になる お話でした

よく理解していない 相手の話に 「うん うん」と適当な相槌をうってしまっている私も 
ときどき いますので これでは 本当の意味での
コミュニケーションをとったことには なりません
自己満足な話ばかりしてコミュニケーションをとったつもりになっているかもです

おしゃべりする力 だれとでも仲良くなれる力がコミュニケーション能力と
単純に考えていた私には 新鮮な驚きでした

かならず 相手の なんらかの次の行動にむつびつかなければならないというのが
社会人 企業人として 必要とされる コミュニケーション能力だということです

私は 主婦ですので また お互い気持ちよく いろんな話ができれば それで
充分なのでは ありますが すくなくとも 聞き上手になって
気持ちよいコミュニケーションをとりたいものです

さて その講師の方が 配られたもので 面白いなとおもったのが下の資料です
a0084343_1427614.jpg

これは 学生同志で ある簡単な話題について 聞き手と話し手にわかれ
最後に お互いの話した内容ではなく話し方を チェックするシートです

企業の面接官も こんなもので チェックしているのかも?と思いました

さて 私自身は どのような評価をうけるのか? 
だれかにチェックしてもらったら きっと 
「スピード」ってところが 早いっていわれそうです  034.gif

今の大学では 学問的専門的な講座ばかりではなく 
面白い総合講座が いろいろあって 社会人でも 楽しめますので
年配の方々の姿も 大勢の現役学生の間に 10人ぐらい見受けられます  019.gif

一講座 1000円と思うと 学生さんのように眠ったりはしませんよ~   014.gif

自分が大学生のときも よく眠っていたのですが 今は
ついつい 授業料と実質講義数を計算してしまいます   065.gif 012.gif

  
by banban0501 | 2009-07-05 13:50 | お勉強! | Comments(20)

・・・・TOPに戻る・・・・