人気ブログランキング |

好きな旅行の話や 自分が興味をもったことをアップしています♪ 気になるカテゴリーからもどうぞ!
by banban0501
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
検索
カテゴリ
全体
始めまして・・ごあいさつ
ケアンズ
南イタリア旅行
NYの思い出アルバム
ニューヨークの思い出
アメリカ ラスベガス・ロス
イギリス・ロンドン
ドイツ・オーストリア話
スペインの思い出
南フランス
タイ 
大塚美術館 & 鳴門
健康
ベトナム
韓国釜山ソウル
韓国ソウル・春川・水原
中国 上海
中国 杭州と上海再び
中国 北京
中国 麗江
台湾旅行
台湾旅行 再訪
中国 香港
マカオ・香港の旅
チェジュ旅行
奈良 今井町
伊勢・志摩の旅
白浜 南部の旅
北陸 金沢 山中
奥飛騨
松本・安曇野旅行
長崎とハウステンボスの旅
ハウステンボスの旅 二泊三日
八カ岳 リゾナーレ
富士山と日光
東京旅行
豊川 岡崎
箱根旅行
横浜・鎌倉旅行
熱海 三島
名古屋旅行
瀬戸の旅
京都と琵琶湖・浜名湖の旅
クルーズ
京阪神ブラリぶらり
料理・食べ物の話
読んだ本
お金の話
映画
観劇
英会話
DIY 日曜大工 ミシン仕事
カバン作り
こども服
日々の記録・雑感
ちょっと驚いたこと
マイ 美術館
パソコンでお絵かき
パソコンで・・・・
お勉強!
日本語ボランティア

遺品整理
お役立ち情報
仕事関連
リホーム
キッチン リホーム
親指のトラブル
健康
介護
収納の工夫
掃除の工夫
未分類
最新のコメント
★ ♥ junjun ★..
by banban0501 at 19:34
🎵202..
by ♥ junjun at 19:28
★ jan113fuzi..
by banban0501 at 08:05
こんばんは 優雅な三連..
by jan113fuzi at 22:20
★ sakae2009 ..
by banban0501 at 20:06
我が方お餅は四角です、鏡..
by sakae2009 at 19:56
★ fuchan_k ★..
by banban0501 at 15:18
★ semineo ★さ..
by banban0501 at 15:15
姑さん孝行も含めて有意義..
by fuchan_k at 14:50
こちらはずっと四角のお餅..
by semineo at 14:49
フォロー中のブログ
生きる詩
ニューヨークの遊び方
パリときどきバブー  f...
チョコットメモ記
小次郎じじ物語
折々の記
親父の HOBBY
Rabbitjumpの草原
空の見えるベランダから
neige+ 手作りのあ...
ひとこと、ふたこと、みこと
ニューヨーク直行便 si...
日々の暮らし
~秋色紫陽花と暮らす日々~
本当に幸せなの?
気まぐれ日記
BABAうさぎの奮闘記 ...
ふうちゃん にっき
元気ばばの青春日記 気持...
はあと・ドキドキ・らいふ
OURHOME
やっぱり旅が好き♪
片付けたくなる部屋づくり
☆FREEDOM☆
さかえのファミリー
その日・その日
ブロ友パソコン相談室
Mrs.和やか in 手帳
無垢のおうちと収納と
FU-KOなまいにち
Linen Style...
IEbiyori
アメリカからニュージーランドへ
シンプルで心地いい暮らし
Baabaの徒然に
ごまめのつぶやき
はりねずみの日記帳
『とっておきのお片付け』...
元気ばばの青春日記 気持...
自分軸×整理収納=ワタシ...
白×グレーの四角いおうち
pink pinko life
uri's room* ...
ivory*
クラシノート
片づけで、すっきり暮らし。
ほぼ100均で片付け収納に挑戦
クルーズとパリ旅行
檸檬
ひまづくり日記(50歳か...
外部リンク
ひとりごと
自称 記録魔
自分のために
記録して残して
おきたいことを
時々 更新です
以前の記事
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
more...
タグ
(135)
(94)
(84)
(74)
(60)
(48)
(47)
(34)
(34)
(30)
(30)
(24)
(22)
(18)
(17)
(14)
(14)
(14)
(14)
(12)
(10)
(7)
(5)
(5)
(4)
(4)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
最新の記事
歌舞伎 新年会 宝塚 鏡開き..
at 2020-01-18 09:00
七草 & Amazonプライ..
at 2020-01-11 09:00
年末年始
at 2020-01-04 09:00
東急ハンズで & ビンゴ大会..
at 2019-12-28 09:00
冷凍庫整理 & クローゼット..
at 2019-12-21 09:00
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2008年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧

・・・・TOPに戻る・・・・
2008年 01月 25日
西宮 大谷記念美術館の近代絵画展
先日 新聞に紹介されていた 絵画展にいってきました
開催されているのは 西宮市にある 大谷記念美術館です
西宮 大谷記念美術館の近代絵画展_a0084343_11511684.jpg

この美術館は ホテル ニューオータニを建設した実業家
大谷米太郎氏の弟 竹次郎氏から寄贈された絵画を
同じく寄贈された氏の私邸を展示室として 1972年に開館されました
1991年に大規模改築がおこなわれて 近代的な美術館
となりましたが 庭などは 残され 旧邸宅の面影もしのばれます
西宮の閑静な 住宅街の中にあり 立派な生垣に囲まれています
西宮 大谷記念美術館の近代絵画展_a0084343_1147383.jpg

1Fロビーから お庭が 望めます
西宮 大谷記念美術館の近代絵画展_a0084343_11494255.jpg

中の様子は こんな感じです
西宮 大谷記念美術館の近代絵画展_a0084343_11483779.jpg

2F階段の ステンドグラスが きれいでした
西宮 大谷記念美術館の近代絵画展_a0084343_11504756.jpg

この美術館には アトリエがあり 日本画 油絵 版画の教室
1年のサイクルで 受講できるそうです
また邸内にある 日本家屋の和室は 1時間1000円で
様々な会合に貸し出しされていますから
こんな 形の 美術館も あるんだな・・・とビックリしました

さて お目当ては 上村松園の「清韻」と 伊東深水の「吹雪」
そして 梅原龍三郎の 油絵5点でした

上村松園さんは 明治8年に京都の葉茶屋「ちきり屋」さんの
次女として 父の死後2ヶ月で生まれましたので母の影響を強く
うけて 育ちました
12歳で日本最初の画学校に入学したことからもわかるように
理解ある お母さんにその画才を育ててもらったそうです

学校の方は退学して 鈴木松匠に弟子いりしたあとは
様々な先生に師事されています

その時代に女性が 絵で身を立てるとゆうのは
大変なことでしたが 母の援助をうけながらも
明治20年には 新進の女流画家としての地位を
きずいていたといいますから 素晴らしい才能と意思をもった人のようです

27歳で 未婚の母となって 素晴らしい花鳥画を描かれる
上村松篁(しょうこう)さんを育て その画才は 
孫の 淳之(あつし)さんにも 受け継がれています

彼女の後年に描いた 女性の姿の中でも 有名なのは 「序の舞」ですが
これは 彼女の61歳の作品だそうです
訪れた日にみた「清韻」は1943年(昭和18年)ごろの作品だと
いわれていますから1949年に74歳で没した作者の晩年の作品です

上村松園 松篁 淳之 親子3代の作品は
近鉄奈良線学園前にある 松柏美術館にいけは 
下絵のものから みることが できます
何度も 試行錯誤して 一つの絵が完成していく過程がみれます

そして もう一つのお目当ての日本画は 伊東深水さんの作品でしたが
ここには 数点ありました
伊東深水さんは 明治31年うまれで 昭和47年に没しておられますが
印刷工として働きながら絵の勉強をして
17歳で 文展に入選したそうですから やはり 天才です

女優の浅丘雪路さんは 深水さんの娘さんですから
彼女にも 画才は 受け継がれているのでしょうね・・・・

お目当ての お二人の絵は ポストカードでご紹介です

松園さんの「清韻」  清い澄きった気品ある女性像です
西宮 大谷記念美術館の近代絵画展_a0084343_12234999.jpg


深水さんの「吹雪」  文句なく美しい色気が 絵全体から漂います
西宮 大谷記念美術館の近代絵画展_a0084343_12241619.jpg


日本画は 全て 掛け軸になって 展示されていました
大谷米次郎氏は 浮世絵のコレクターとしても知られていましたが
この美術館には 日本の画家の油絵も 数多く 所蔵されていて
その中でも この日は 梅原龍三郎さんの 絵が 
横並びに5点展示されていて同じ画家の時代による画風の変化が
楽しめました

これも 買い求めたポストカードで ご紹介
収蔵品の多くを ポストカードにして 販売していますが
5枚で100円 やす~い

裸婦の絵など ルノワールに学んだ影響が 感じられました
西宮 大谷記念美術館の近代絵画展_a0084343_13445779.jpg

生でみる絵画は やはり違います
絵の具の載りかたまで 仔細にみることができました
とても寒い日でしたが 思い切っていってみてよかったです!
by banban0501 | 2008-01-25 11:51 | マイ 美術館 | Comments(10)

・・・・TOPに戻る・・・・
2008年 01月 20日
新世界の通天閣
久しぶりに 通天閣に昇ってきました

「つうてんかく 高い
高いは エントツ
エントツは 黒い 
黒いは・・・・」 と 子供の頃に 遊びながらうたった
通天閣は ノスタルジーの世界そのものです
「じゃりんこチエ」のテツでも あるいていそうです
新世界の通天閣_a0084343_154233.jpg

とっころが 近くにあっても 
周りの新世界と呼ばれる地域の 治安が 悪いとゆうことで
案外 でかけない所だったのですが
最近は すっかり 様変わりして 観光客が
ドンドンとやってくるところになりました

大阪局制作の 朝の連ドラ「ふたりっこ」で紹介された辺りからかな?

でも今ある 通天閣は 2代目で
初代通天閣は 明治45年に 新世界界隈にあった
遊園地ルナパークと一緒に パリのエッフェル塔と凱旋門を
ドッキングさせた ものとして 造られました

どんな???形かとゆうと・・・・通天閣パンフの写真ですが・・
新世界の通天閣_a0084343_14331519.jpg

この通天閣は ルナパークが閉園したあと
吉本興業の創始者である「吉本せい」さんが 所有していたこともあります
でも 昭和18年に 出火した後 吉本せいさんは
解体して 当時 鉄不足だった こともあり 軍事用として
献納してしまいましたので 影も形もなくなりました

これを 地域の人たちがお金を出し合って 再建したのが
今の「大阪のシンボル」 2代目通天閣です
高さ103メートル 東京タワーの設計者と 同じ人の設計で
1956年(昭和36年)に完成しました
新世界の通天閣_a0084343_14301558.jpg

この円形エレベーターは 2代目完成のときからありましたが
2001年にリニューアルされたものです

この円形エレベーターで2階へあがり 
塔の真ん中のエレベーターに乗り換えますが
いった日が 日曜だったせいか なんと 15分も待たされました
新世界の通天閣_a0084343_14493145.jpg

5Fにつくと 幸福の神様 ビリケンさんを 拝めます

ルナパークとゆう遊園地に もともとあったビリケン像なのですが
閉園と同時に 行方不明になってしまいましたので
これも 2代目ビリケンさんです
足の裏を なぜて お願い事をするのが 王道です

さて2Fからの眺めと 600円はらってみえる展望の違いは
こんな 感じです
新世界の通天閣_a0084343_14541187.jpg

奥に見える 大きな建物は 大阪市が第三セクター方式で
開園した ビルの中の遊園地 フェスティバルゲートの建物です
新世界の通天閣_a0084343_14555920.jpg

ビルの間をぬって動く ジェットコースターが呼び物でしたが
つぶれてしまって 今は廃墟です
もちろん 私も開園当時に いきましたが 一度いけば充分で・・・

新世界では 遊園地は 無理なのかも??

展望台から みえる景色は?
新世界の通天閣_a0084343_14573455.jpg

やはり ここでしか 見ることのできない 眺めです

地下には「歌謡劇場」なんてゆうのもあり
土日には 歌謡ショーが 開かれます

新世界にきたらば 「串かつ」も食べないと!
はじめの写真の お店を目印に この路地の奥に
串かつ屋さんが 並んでいます
新世界の通天閣_a0084343_150019.jpg

もっと 串かつ屋さんが 並んでいるのは
フェスティバルゲートと隣接している「スパーワールド」の建物の横の
「じゃんじゃん横丁」ですが 下の地図の右下あたりですよ!
新世界の通天閣_a0084343_7324738.jpg

地図の下で海水パンツ姿のイラスト男性がたっている所にあるのが
世界の大温泉「スパワールド」ですが プールとスパで
ここは なかなか盛況です

いろいろなタイプの温泉に ゆっくり はいって
外へでたらば 夜の通天閣も なかなか いいものでした
新世界の通天閣_a0084343_1531123.jpg


こんな大阪の楽しみ方もありますよ~
by banban0501 | 2008-01-20 09:49 | 京阪神ブラリぶらり | Comments(12)

・・・・TOPに戻る・・・・
2008年 01月 15日
最後の講義 企業の姿勢とは?
某大学の聴講も 先日で 最後の講義となり
昨年4月からの いろいろな 経済のお話の締めくくりの話をきいてきました

実に1年間で よく話題にしてくださったのは企業の不祥事の話

締めくくりも やはりこの話になり
会社のトップの経営責任の甘さとゆう点を指摘されていました

2000年の 雪印の食中毒から始まって
2002年にも 雪印の牛肉偽装
2004年には 西武鉄道の総会屋利益供与 や関西電力美浜原発事故
2005年 松下電器 石油温風機器の中毒事故
      JR福知山線脱線事故
2006年  ソニーPCの充電池の発火事故
       パロマ給湯器の中毒事故
       日興證券の不正会計処理
2007年は 不二家 ミートホープ 
        石屋製菓「白い恋人たち」 赤福 船場吉兆

と 書ききれないほどの企業不祥事を あげておられました

こうゆう企業不祥事は昔から あったことでしょうが
最近は内部通報者によって 世間に 公表されることが 多く
2007年の 松下電池の携帯電話用リチウム電池の不具合などは
内部の人が 一部報道機関に 
手紙を送ったことが きっかけだったようです

内部通報者保護制度によって 
通報者の給与カット 左遷 解雇をすると
企業は 処罰をうけるそうです

それから 明るみにでる もう一つの要因に
企業トップが 不具合が 起きた場合に 責任転化して
末端の現場の責任にして しまうことにより 
従業員の 謀反記者会見などが おこったりすることもあげられます
昔のように 責任を押し付けられて泣き寝入りなんか しないのです

講師の新聞記者である先生が 一番強調された点は
企業のトップが トップのしての自覚に欠けるとゆうことでした

カネボウの粉飾決算事件で 証券取引法違反の罪に問われた
元社長が 東京地裁の裁判で 自己弁護した話を取り上げて・・・

「粉飾決算は 1997年ごろから 始まっていたと検事に聞かされた」
とゆう言葉から
企業のトップになった時点で その会社の全てを把握しておかなければ
いけないとゆう姿勢がない

「歴代の全社長に責任がある」
とゆうのは 自分だけが たまたま 責任を問われて
不公平だ 自分は 不運だった とゆうことを言外に示唆している

「監査法人が ダメなものはダメといってくれれば 
こんなことに ならなかった」
に至っては 監査法人に指摘される前に
自分の会社の経営を律するきもちが ない

「実態を表にだせば 会社が破綻して 従業員や株主に迷惑をかける」
とゆうのではなく 明らかにしても
つぶれない会社経営をしていくのが トップの責任だと・・・・

こんな経営者がトップにたってしまうのは
吉兆のような 同族経営会社であったり
株価を あげることが 良い経営だと 勘違いしている
拝金主義に 陥っているのが 原因だと。

利権にからむ官僚や 取引先銀行からの 天下りトップをいただいて
役員と 現場の 距離が 大きくなってしまえばしまうほど
いつか ボロが でてくる 典型的な不祥事の最たるものとして
JR事故を あげておられました

日勤教育の無意味さを 訴えている現場
それに気がつかない 役員
事故当日に ボーリング大会をしていた現場もあったのは
その トップと現場の意思疎通が なかったせいだと・・・

2007年5月に松下電器産業が
松下製のレンジ・冷蔵庫・衣類乾燥機など実に
305万台の製品について リコール(欠陥の発表)をしました

わざわざ 公表し そのリコール費用は 十数億円かかると
いわれていますが この発表を
「松下よ お前もか?」ととる人よりも
自分の恥をさらして 費用をかけて 回収しても
まだ 経営には 揺らぎのない信用できる会社なのだ・・・
ととる人の方が多いそうです

経営トップの判断しだいで 市場の評価は違うとゆうことでしょうか。

先生の話されていることが 全てを物語ることではありませんが
この一年 いろいろな事実 言葉の裏を 分析してみるとゆう
姿勢だけは 教えてもらったように おもいました
by banban0501 | 2008-01-15 16:24 | お勉強! | Comments(8)

・・・・TOPに戻る・・・・
2008年 01月 05日
PSP プレステーション ポータブル
この写真の機械は なんの機械でしょう?
PSP プレステーション ポータブル_a0084343_2322058.jpg

これは ヨドバシ・マルチメディア 梅田 で撮ったのですが
この機械の前の人たちは 自分のゲーム機をだして 
ゲームの無料ダウンロードをしています
PSP プレステーション ポータブル_a0084343_2345295.jpg

これが PSPなのですが
プレイステーションの名がついていますが
従来の据え置き型のプレイステーションやプレイステーション2などとは違い
携帯用ゲーム機です
2004年に発売されたものよりも 
2007年9月に新発売されたものは
従来のデザインを継承しながらも軽量化・薄型化し
ニンテンドーDSライトよりも 軽いのです

その性能は ソニーの技術力の高さが うかがえ
ワンセグチューナーとつなぐこともできPC並みの性能があります

PSPは発売中の携帯ゲーム機で最も高性能なハードで
大型ASV液晶を搭載の画面は とても綺麗です

据置型ゲーム機のプレイステーション2と同等の性能だそうです

お値段も1・8万円ぐらいでお手ごろ価格
しかも このPSPは 上の写真のように
PSP用の体験版データをワイヤレスLAN機能を使って
ダウンロードできるスポットで
新作ゲームソフトの体験版をダウンロードしたり
もっているゲームソフトをクリアした後
さらにバージョンアップして 遊ぶことが可能だとゆうから面白い!

こうゆうことを可能にしているのは
ワイヤレスLAN機能(通信)をもっているからだそうで
PSPは無線で他のPSPやパソコンのアクセスポイントなどと
通信をすることができるとゆうのが 素晴らしいところです

友達と同時対戦が可能で
ゲームシェアリング対応ソフトは1本のソフトで多人数対戦をしたり
新しいステージなどの追加データを定期的に配信してもらったり
クリアしただけで終わりというわけでなく
ゲームをより楽しむことが可能になったので 
徐々に人気がたかまっています

ニンテンドーのWiiや DSに すっかり差をつけられたソニーですが
この機械をゲーム機としてだけではなく DSのように
さまざまな 使い方ができるソフトを開発していけば
DS以上に面白い ことが できるのでは ないかと思うのです

これは これから 楽しみかも??

下の写真は DSの体験コーナーです
PSP プレステーション ポータブル_a0084343_23295279.jpg

PSP プレステーション ポータブル_a0084343_23302639.jpg

因みに DSは 入れたソフトだけの遊びしかできません
私もDSは もっていますが ゲームではなく もっぱら
「英語漬け」でお勉強です

DSは 今や ゲームとゆうよりも お勉強携帯機化しています
脳トレや 日本語力検定だとか・・・・
DSで家計簿なんて もう 主婦狙いもいいところです
しかし 需要が あって 中高年に売れています

こんな人のために ソニーさん!
PSPで主婦向けソフトを開発して欲しい
DSだって 始めは たんなるゲーム機だったのですから
可能なのでは??なんて おもうのですが・・・・

画面の美しさは すごいんですもの~
なにか いい利用法が あるような気が します!
by banban0501 | 2008-01-05 22:43 | ちょっと驚いたこと | Comments(6)

・・・・TOPに戻る・・・・
2008年 01月 01日
あけまして おめでとう!
2008年 皆様は どちらへ 初詣に参られましたか?

私は 例年の通り 野崎観音 慈眼寺へいきました
慈眼寺とゆう名まえのお寺は 全国にいくつかあるようですが
この お寺は 人形浄瑠璃の「野崎参り」で
大阪の油問屋の娘 お染が 野崎村に住む手代の恋しい久松を訪ねて
野崎参りにいくと かこつけて やってくるお話でも有名です

このお話では 婚約者があるにもかかわらず
お染と恋仲になる優柔不断な 久松に振り回されて
身ごもった お染が 一緒に死のうと話す所をみてしまった
久松の いいなずけのお光が
婚礼の日に 髪をきって 自ら 尼になって 身を引くとゆう
本題のお話があるのですが この お光の名まえは
あまり しられていません

どうして お光よりも お染の名の方が よく知られているかといえば
原因は 東海村太郎(しょうじたろう)さんの この歌のせいかもしれません

野崎参りは 屋形船でまいろ
どこを向いても 菜の花ざかり
粋な日傘にゃ 蝶々もとまる
呼んで見ようか 土手の人

野崎参りは 屋形船でまいろ
お染久松 切ない恋に
残る紅梅 久作屋敷
今も降らすか 春の雨

野崎参りは 屋形船でまいろ
音にきこえた 観音ござる
お願かけよか うたりょか滝に
滝は白絹 法の水

こののどかな 野崎参りの様子は落語の「野崎参り」でも
登場するそうですが 一度きいてみたいものです

今はもちろん 屋形船でなく大阪から電車で 20分ほどの
大阪と奈良の境の山すその ベッドタウンです 

さて 今年の この小さなお寺 慈眼寺の境内は
お天気もよくて 初詣の人で いっぱいでした 
賽銭箱の前には なが~い 行列ができていました
あけまして おめでとう!_a0084343_2113330.jpg

このお寺 景気の良い年の参拝者はすくなく
不景気になると 近場で 初詣をすます人で 混むのです
今年は いったい どんな年になるのか心配になりました!

さて 我が家の お正月のお花は・・・・
あけまして おめでとう!_a0084343_2141864.jpg

この お正月のお花として よく活けられる センリョウ(千両)とゆう実には
よく知られた 仲間の マンリョウ(万両)のほかに 
ヒャクリョウ(百両)とゆうのも あるのだそうです
しらなかった・・・・・
あけまして おめでとう!_a0084343_216348.jpg


昨年の1月 初めのブログには 自作のお節料理をアップしましたので
今年も 懲りずに アップしておきます
あけまして おめでとう!_a0084343_2184294.jpg

デパートや 老舗料理屋さんの お料理では
だいたい35種類の品数だそうですが
家庭のお節では そうは いきませんから 20種がやっとですが
家族の好みに合わせた料理を
たっぷりと 食べれるとゆうところは 一番ではないでしょうか?

それでは 今年も 日常の気になったこと
面白いとおもったことを アップして いくつもりですので
よろしく おつきあいくださいませ~
by banban0501 | 2008-01-01 21:12 | 日々の記録・雑感 | Comments(12)

・・・・TOPに戻る・・・・