人気ブログランキング |

好きな旅行の話や 自分が興味をもったことをアップしています♪ 気になるカテゴリーからもどうぞ!
by banban0501
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索
カテゴリ
全体
始めまして・・ごあいさつ
ケアンズ
南イタリア旅行
NYの思い出アルバム
ニューヨークの思い出
アメリカ ラスベガス・ロス
イギリス・ロンドン
ドイツ・オーストリア話
スペインの思い出
南フランス
タイ 
大塚美術館 & 鳴門
掃除の工夫
健康
読んだ本
ベトナム
韓国釜山ソウル
韓国ソウル・春川・水原
中国 上海
中国 杭州と上海再び
中国 北京
中国 麗江
台湾旅行
台湾旅行 再訪
中国 香港
マカオ・香港の旅
チェジュ旅行
奈良 今井町
伊勢・志摩の旅
白浜 南部の旅
北陸 金沢 山中
奥飛騨
松本・安曇野旅行
長崎とハウステンボスの旅
ハウステンボスの旅 二泊三日
八カ岳 リゾナーレ
富士山と日光
東京旅行
豊川 岡崎
箱根旅行
横浜・鎌倉旅行
熱海 三島
名古屋旅行
瀬戸の旅
京都と琵琶湖・浜名湖の旅
クルーズ
京阪神ブラリぶらり
料理・食べ物の話
お金の話
映画
観劇
英会話
DIY 日曜大工 ミシン仕事
カバン作り
こども服
日々の記録・雑感
ちょっと驚いたこと
マイ 美術館
パソコンでお絵かき
パソコンで・・・・
お勉強!
読んだ本
日本語ボランティア

遺品整理
お役立ち情報
仕事関連
リホーム
キッチン リホーム
親指のトラブル
健康
介護
収納の工夫
掃除の工夫
未分類
最新のコメント
★ mihayashi6..
by banban0501 at 22:42
ザル菊は広い場所が必要で..
by mihayashi6 at 21:57
★ juju3291a ..
by banban0501 at 09:32
今年の菊は 見るも哀れ ..
by juju3291a at 00:22
★ jan113fuzi..
by banban0501 at 22:52
★ rabbitjump..
by banban0501 at 22:49
こんばんは すごい量の..
by jan113fuzi at 22:48
★ sakae2009 ..
by banban0501 at 22:47
きれいに片付きましたね。..
by rabbitjump at 18:52
年末も近づいてきたのでぼ..
by sakae2009 at 17:27
フォロー中のブログ
生きる詩
ニューヨークの遊び方
パリときどきバブー  f...
チョコットメモ記
小次郎じじ物語
折々の記
親父の HOBBY
Rabbitjumpの草原
空の見えるベランダから
neige+ 手作りのあ...
ひとこと、ふたこと、みこと
安部かすみの《ニューヨー...
日々の暮らし
~秋色紫陽花と暮らす日々~
本当に幸せなの?
気まぐれ日記
BABAうさぎの奮闘記 ...
ふうちゃん にっき
元気ばばの青春日記 気持...
はあと・ドキドキ・らいふ
OURHOME
やっぱり旅が好き♪
片付けたくなる部屋づくり
☆FREEDOM☆
さかえのファミリー
その日・その日
ブロ友パソコン相談室
Mrs.和やか in 手帳
無垢のおうちと収納と
FU-KOなまいにち
Linen Style...
IEbiyori
アメリカからニュージーランドへ
シンプルで心地いい暮らし
Baabaの徒然に
はりねずみの日記帳
『とっておきのお片付け』...
元気ばばの青春日記 気持...
自分軸×整理収納=ワタシ...
白×グレーの四角いおうち
pink pinko life
uri's room* ...
ivory*
クラシノート
片づけで、すっきり暮らし。
ほぼ100均で片付け収納に挑戦
クルーズとパリ旅行
檸檬
外部リンク
ひとりごと
自称 記録魔
自分のために
記録して残して
おきたいことを
時々 更新です

メールはこちらから
以前の記事
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
more...
タグ
(134)
(91)
(84)
(74)
(57)
(47)
(44)
(34)
(34)
(29)
(29)
(23)
(18)
(17)
(16)
(14)
(14)
(14)
(13)
(11)
(10)
(7)
(5)
(5)
(4)
(4)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
最新の記事
冷蔵庫大掃除 & ザル菊とス..
at 2019-11-09 10:00
娘の定期検診 & 骨密度検査
at 2019-11-02 10:41
観劇 & 収納の工夫
at 2019-10-26 10:00
冬支度で屋根裏収納庫整理 &..
at 2019-10-19 10:00
キャシュレス還元 & 飲み会
at 2019-10-12 10:00
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:大塚美術館 & 鳴門( 3 )

・・・・TOPに戻る・・・・
2019年 08月 14日
鳴門半日観光
娘と一緒の夏休み一泊旅行は 大塚美術館が目的でしたが
それだけでは もったいない!という事で
鳴門の渦潮も 見る事にしました

朝風呂に入って 朝食バイキングをゆっくり食べ
無料でできる釣り堀体験をしてみましたが
沢山 魚がいるのに
a0084343_09515450.jpeg
全く釣れないのが釣り堀だと体験して
タクシーで向かったのは大鳴門橋記念館エディです

地図で見ると
a0084343_08303457.jpeg
記念館は 山の上ですので タクシーが大正解
a0084343_08311673.jpeg
子供が小学生の高学年の時に四国への家族旅行で
この記念館には行っているのですが 螺旋階段以外は記憶が曖昧
a0084343_08314786.jpeg
中にはLED の渦潮展示があったので内容もきっと
変わっているのでしょう

展望台から見る景色は最高
a0084343_08321893.jpeg
記念館を出て坂道を下ると潮の道への歩道橋が見えてきます
a0084343_08324880.jpeg
大鳴門橋の下を歩きます
風が 吹き抜け 夏は気持ちいいです
a0084343_08332944.jpeg
展望室までかなりの距離

多分 橋の半分くらいでしょうか!

大型の遊覧船が 渦潮と渦潮の間の静かな海を走ります
a0084343_08341297.jpeg
展望室からUターンして 渦の道入り口へ

また 炎天下 山道を下って行くと
土産物屋さんやレストランがあり 展望台も
a0084343_08350538.jpeg
さらに下って
大塚美術館の 山の中腹にあるパーキングを横にみて
ようやく 小さな港に
a0084343_08355502.jpeg
ここから出るのは うずしお汽船ですが
他の港からも いろんな種類の船が出ています

うずしお汽船は小さな船です
a0084343_08384199.jpeg
大鳴門橋をくぐって
a0084343_08364734.jpeg
台風の影響で 昼一時のいい時間でしたが 波が分散でした
a0084343_08373128.jpeg
それでも なかなかの迫力でした
a0084343_08381102.jpeg
下船して すぐに来ると言われた路線バスに乗りましたが
結局 20分も 炎天下のバス停で待ってしましたので
やっぱりタクシー移動が一番です

ホテルに戻って 遅いランチを食べた後 夕方まで
せっかく持ってきた水着があるので
プールで 一時間半の ぷかぷかタイムを過ごし

最後に 温泉にも入って ラウンジで ティータイム

ホテル出発は午後六時
高速鳴門バス停から19:15発 大阪駅 21:30着
10時に帰宅の 旅

ゆっくりできた ミニ旅行でした

お土産も 大塚美術館で買ったものだけ
a0084343_08391528.jpeg
一番のお気に入りは
a0084343_08395276.jpeg
額付きポートレート

飾る場所 もう決めてあります!

娘とのはじめての二人旅

実家の母と姉妹で あちこち行きましたが
私も 母の気持ちがわかる立場になりました

いろいろ気遣ってくれて どんな頼み事しても
身軽に 動いてくれて 私は 超楽チン

スポンサーのわがままし放題!

でも

ありがとう

楽しかったわ

とお互いに言って旅が終わりました




by banban0501 | 2019-08-14 11:37 | 大塚美術館 & 鳴門 | Comments(12)

・・・・TOPに戻る・・・・
2019年 08月 12日
鳴門 アオアヲリゾートホテル
娘と一緒の旅でチョイスしたのは リゾートタイプホテル

今回の目的は大塚美術館でしたので 美術館に近いホテルを
日本旅行で 探しました

ロケーションはこんな位置です
a0084343_07233366.jpeg
歩いてもいけるとは言われましたが 炎天下です
美術館からはタクシーでワンメーター
a0084343_07184577.jpeg
前は ルネサンス リゾートホテルという名前でしたが
今年4月から アオアヲ ナルト リゾートと改称

秋からは客室のリニューアルが順次されていくそうです

夏休みは ファミリーに人気のホテルで
単に泊まるだけでなく 滞在して楽しむタイプ

私達が泊まった木曜日も夏休みなので満室状態でした

人気ホテルなので
3月に早期予約特典でしたので お部屋がアップグレード
a0084343_07205107.jpeg
a0084343_07212405.jpeg
全室オーシャンビューで シーサイドに建つので
広いプライベートビーチには休憩スペースや
貝殻細工や釣り堀を体験でき カフェもあります
a0084343_07174401.jpeg
この日は台風の影響で波が高く プールが人気
a0084343_07181558.jpeg
私達は 日本旅行で予約するとついてくるREDカードを利用できるので
翌日は 観光したり ホテルで 夕方まで ゆっくりタイムを過ごしました

無料になる 釣り堀体験をしたり ティー& ケーキ にチョイ飲みビール
a0084343_09314693.jpeg
夕食は 基本プランではなく グレードアップで炭火焼コース
a0084343_09440813.jpeg
アワビのお造り 最高でした
a0084343_07193819.jpeg
朝食は 和食か洋食をチョイス
a0084343_07190836.jpeg
洋食バイキングのレストランでは 観光から戻ってランチも
a0084343_09424281.jpeg
ホテルでなんでも完結できます
a0084343_07172007.jpeg
夕方6時まで ホテルでゆっくり過ごし
タクシーで 帰りの高速バス停近くのショッピングモールへ

ここのスーパーでバスで食べる夕食をゲット
a0084343_09592326.jpeg
ショッピングモールの隣
徒歩1分の待合室で時間調整して
トラムで坂道を登って 高速道路沿いにあるバス停へ
a0084343_10033039.jpeg
7時15分発のバスは9時半に大阪駅に到着でした

一泊旅行の観光は 1日目は大塚美術館で
2日目は 半日は 渦潮記念館と 渦の道 そして 渦潮船でしたが
半日は ホテルでゆっくりでした

2日目の半日鳴門観光は次回にまとめます



by banban0501 | 2019-08-12 08:06 | 大塚美術館 & 鳴門 | Comments(8)

・・・・TOPに戻る・・・・
2019年 08月 10日
大塚美術館
お盆前から仕事休みに入りましたので
娘と二人で一泊旅行に 行ってきました

目的地は 鳴門市の 大塚美術館 です

大阪駅からJR西の高速バスを利用

朝7時20分発に乗れば 大塚美術館に一番近い 高速鳴門駅には
9時半に到着です
a0084343_16082024.jpeg
バス停を下へ降りて待合室のある建物前から
すぐにタクシーで 美術館へ

海岸沿いに入り口がありますが5階建ての建物は山の中

次の日に行った 鳴門橋記念館屋上からみると
a0084343_10002103.jpeg
一階から二階部分の建物が山頂にあり
一段さがった地下二階に当たるところに
a0084343_10023753.jpeg
モネの睡蓮の庭があります

荷物はロッカーに預けて 中に入ると
a0084343_10025635.jpeg
いきなり バチカン市国のシスティーナ礼拝堂の
ミケランジェロのフレスコ画が目に飛び込んできます

ちょうど ボランティアガイドツアーが始まるというので参加

このフレスコ画の右と左では描いてある世界が違うと説明があり
a0084343_16424598.jpeg
絵画の歴史 内容 背景などボランティアガイドさんが説明してくれます
地下3階の古代中世の作品と地下2階のバロック ルネサンス時期の
主だった作品の見どころを2時間かけて周り
午後からも 地下1階 地上1階の近代作品のツアーに参加しました

この美術館の展示品は 世界的名画を 陶板焼きで模写したもの
a0084343_16533842.jpeg
レタッチという作業で筆で原画の筆致 絵具の厚みまで再現
タイルモザイク画では同じ色のタイルを貼り付ける精密さです

大きな作品には 最大サイズで焼いた陶板の継ぎ目が
ありますが それは 全く気になりません

全て実物大で再現というのが 観るものに作品の圧倒的な力を教えてくれます
a0084343_10031398.jpeg
ピカソのゲルニカは工業インクで描かれたために
劣化が激しく 今は持ち出し不可能なのでスペインまで行かないと見れません
これも実物大で鑑賞できます
a0084343_10021354.jpeg
ルーブルで見たナポレオンの戴冠式も!

しかも

全て陶器なので 触っても大丈夫
a0084343_10133603.jpeg
オリジナルと同じように色も筆致も再現 模写して焼いてあるのです
a0084343_10042310.jpeg
a0084343_10040632.jpeg
イギリスのナショナルギャラリーでそばで見た時と同じ様に鑑賞できます
a0084343_10035058.jpeg
しかも 有名な作品ばかり 一気に
a0084343_10013079.jpeg
そばで見ても離れて見ても違和感ないぐらいの再現の緻密さです
a0084343_10014908.jpeg
ランチタイムは庭を見ながら1階のレストランで
a0084343_10011012.jpeg
午後からのツアーの後は気になる作品を
自由に見て周り
モネの睡蓮の庭に面したカフェで休憩
a0084343_10004944.jpeg
モネの睡蓮は午前中見た時と午後からでは
光のせいで印象も変わります
a0084343_10003746.jpeg
朝10時から夕方5時まで たっぷり 楽しんで ホテルへ移動でした

音声ガイドではなく 時間があれば
無料のボランティアガイドツアーに参加がおススメです

絵を観るのが好きだった夫が前に行って すごくよかったと
言っていたので 今回の目的地に決めて 春からバスとホテルの予約で
楽しみにしていました

昨年末の紅白歌合戦から話題になって 一気に訪問者も増えたとか

これからも 作品が増えていくそうです

もう今は現存しない作品まで 当時の写真や資料で再現することも
あり 最後の晩餐など 修復前と修復後が 一つの部屋に
飾られているのは この美術館ならではの展示です

おススメです!

続きはまた次回

by banban0501 | 2019-08-10 16:10 | 大塚美術館 & 鳴門 | Comments(10)

・・・・TOPに戻る・・・・