人気ブログランキング |

好きな旅行の話や 自分が興味をもったことをアップしています♪ 気になるカテゴリーからもどうぞ!
by banban0501
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
検索
カテゴリ
全体
始めまして・・ごあいさつ
ケアンズ
南イタリア旅行
NYの思い出アルバム
ニューヨークの思い出
アメリカ ラスベガス・ロス
イギリス・ロンドン
ドイツ・オーストリア話
スペインの思い出
南フランス
タイ 
大塚美術館 & 鳴門
健康
ベトナム
韓国釜山ソウル
韓国ソウル・春川・水原
中国 上海
中国 杭州と上海再び
中国 北京
中国 麗江
台湾旅行
台湾旅行 再訪
中国 香港
マカオ・香港の旅
チェジュ旅行
奈良 今井町
伊勢・志摩の旅
白浜 南部の旅
北陸 金沢 山中
奥飛騨
松本・安曇野旅行
長崎とハウステンボスの旅
ハウステンボスの旅 二泊三日
八カ岳 リゾナーレ
富士山と日光
東京旅行
豊川 岡崎
箱根旅行
横浜・鎌倉旅行
熱海 三島
名古屋旅行
瀬戸の旅
京都と琵琶湖・浜名湖の旅
クルーズ
京阪神ブラリぶらり
料理・食べ物の話
読んだ本
お金の話
映画
観劇
英会話
DIY 日曜大工 ミシン仕事
カバン作り
こども服
日々の記録・雑感
ちょっと驚いたこと
マイ 美術館
パソコンでお絵かき
パソコンで・・・・
お勉強!
日本語ボランティア

遺品整理
お役立ち情報
仕事関連
リホーム
キッチン リホーム
親指のトラブル
健康
介護
収納の工夫
掃除の工夫
未分類
最新のコメント
★ ♥ junjun ★..
by banban0501 at 13:27
忙しい中でも、家事も仕事..
by ♥ junjun at 13:15
★ jan113fuzi..
by banban0501 at 23:15
★ sakae2009 ..
by banban0501 at 23:12
こんばんは 私は夕食の..
by jan113fuzi at 22:28
野菜冷凍したことないです..
by sakae2009 at 16:41
★ rabbitjump..
by banban0501 at 11:46
今回もためになりました。..
by rabbitjump at 11:06
★ ささゆり ★さま ..
by banban0501 at 21:29
こんばんは。 まず..
by ささゆり at 21:19
フォロー中のブログ
生きる詩
ニューヨークの遊び方
パリときどきバブー  f...
チョコットメモ記
小次郎じじ物語
折々の記
親父の HOBBY
Rabbitjumpの草原
空の見えるベランダから
neige+ 手作りのあ...
ひとこと、ふたこと、みこと
ニューヨーク直行便 si...
日々の暮らし
~秋色紫陽花と暮らす日々~
本当に幸せなの?
気まぐれ日記
BABAうさぎの奮闘記 ...
ふうちゃん にっき
元気ばばの青春日記 気持...
はあと・ドキドキ・らいふ
OURHOME
やっぱり旅が好き♪
片付けたくなる部屋づくり
☆FREEDOM☆
さかえのファミリー
その日・その日
ブロ友パソコン相談室
Mrs.和やか in 手帳
無垢のおうちと収納と
FU-KOなまいにち
Linen Style...
IEbiyori
アメリカからニュージーランドへ
シンプルで心地いい暮らし
Baabaの徒然に
ごまめのつぶやき
はりねずみの日記帳
『とっておきのお片付け』...
元気ばばの青春日記 気持...
自分軸×整理収納=ワタシ...
白×グレーの四角いおうち...
pink pinko life
uri's room* ...
ivory*
クラシノート
片づけで、すっきり暮らし。
ほぼ100均で片付け収納に挑戦
クルーズとパリ旅行
檸檬
ひまづくり日記(50歳か...
外部リンク
ひとりごと
自称 記録魔
自分のために
記録して残して
おきたいことを
時々 更新です
以前の記事
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
more...
タグ
(135)
(95)
(84)
(74)
(60)
(49)
(47)
(35)
(34)
(30)
(30)
(24)
(22)
(18)
(17)
(15)
(14)
(14)
(14)
(12)
(10)
(7)
(5)
(5)
(4)
(4)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
最新の記事
野菜の冷凍保存 & ホームパ..
at 2020-01-25 09:00
歌舞伎 新年会 宝塚 鏡開き..
at 2020-01-18 09:00
七草 & Amazonプライ..
at 2020-01-11 09:00
年末年始
at 2020-01-04 09:00
東急ハンズで & ビンゴ大会..
at 2019-12-28 09:00
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
2009年 01月 09日
緒方洪庵 淀屋橋に適塾が~
ちょっと甘目の塩コンブで有名な神宗(かんそう)の淀屋橋本店にいってみました
なんと新しい淀屋橋センタービルというオフィスビルの1階フロアの中に
昔の店構えをまねてビルの中に家がある感じでお店をつくってあります
緒方洪庵 淀屋橋に適塾が~_a0084343_22252914.jpg

お目当ての お徳用昆布は 9時発売で1時間で完売だったということで
通常量の塩昆布とちりめん山椒を買うことになりました

さて その帰り淀屋橋と北浜の高層ビルの立ち並ぶオフィス街を
うろうろしていましたら なんだか どこかで 見たことのある建物を見つけました

教科書でみたことのある建物です
緒方洪庵 淀屋橋に適塾が~_a0084343_15215755.jpg


「???これは 適塾?」

やはり そうでした!

入館料 250円なり 閉館時間4時ちょっと前でしたので
受け付けの方に聞くとOKだというので 見学させてもらいました

現在は 大阪大学の所有だそうですので
受付の方も 大阪大学の職員ということになるのでしょうか?

適塾といえば 緒方洪庵です

平成22年には 緒方洪庵生誕200年をむかえますので
200年ちかく前に多くの若者が日本の未来を考えながら
勉強した塾が 当時のまま 昭和20年の大阪大空襲の
戦禍もまぬがれて保存されているのです

緒方洪庵は 幕末に活躍する 多くの人たち
福沢諭吉や 橋本佐内 大村益次郎などをはじめ
日本全国からやってきた のべ千人もの人に蘭学を教えた
すぐれた教育者でした
彼自身は お医者さんで 牛痘種痘法を考案して
予防疫学治療やコレラの治療に貢献し 病院もつくりました

この適塾は 1862年に幕府の奥医師として迎えられて
江戸にいくまでの 17年間私塾として使われていました

後に病院は 現在の大阪大学の医学部となったことの縁などあり
緒方家から 大阪大学に この適塾が寄付されたそうです

それにしても 淀屋橋と北浜の間のオフィス街にあるってことを
ながく 大阪に住んでいましたのに気がつかなかったのです

備中国足守藩士・佐伯瀬左衛門の三男として岡山に生まれ
大坂蔵屋敷留守居役となった父と共に大坂にきて
後に蘭学を学び さらに 江戸へ出て 学問を続けたあと
長崎でオランダ人医師から医学を学んだ洪庵は
大坂に帰ってから瓦町で医業を開業する一方で蘭学塾「適々斎塾(適塾)」
も開きました
ところが 洪庵の名声が高まるとともに塾生がふえたために
北浜の商家を購入し適塾を移転し それが 現在まで残っているということなのです
1845年のことです

1964年(昭和39年) に建物が国の重要文化財に指定され
1976年(昭和51年)~1980年(昭和55年) 文化庁により建物が解体修理され
1980年(昭和55年) から一般公開されています

さて 入口から ご案内です
緒方洪庵 淀屋橋に適塾が~_a0084343_15284182.jpg

玄関から中へはいると 受付がありますが
ここが 昔 教室として使われていました
緒方洪庵 淀屋橋に適塾が~_a0084343_15313710.jpg


建物の全体を模型でみることができます
間口は12メートルですが 奥行きは39メートルもあります
緒方洪庵 淀屋橋に適塾が~_a0084343_15293146.jpg


玄関と あがってすぐの玄関部屋 二間続きで教室とした建物が 道路に面していて
そこから 中庭が あり 奥へと渡り廊下を歩いていくようになっているのは
昔からある 大坂商人の家の造りです
中庭から奥は 商人の家でも 居住空間になります
緒方洪庵 淀屋橋に適塾が~_a0084343_15334296.jpg


奥の居住空間は 部屋がいくつもあって とても広く
洪庵の家族が生活した居室や食堂がありました
緒方洪庵 淀屋橋に適塾が~_a0084343_15351167.jpg

食堂から2階へあがる階段があります
この階段の急勾配なことには びっくりです
緒方洪庵 淀屋橋に適塾が~_a0084343_15353375.jpg


この階段を2階へあがると すぐに女中部屋があり その奥から表通りへつながる構造です

適塾の中には さまざまな当時の資料も展示されていて
洪庵が オランダ語の勉強のためにつかった蘭仏辞書から
日本語に直してつくった蘭和辞書が一冊あり
塾生は 大部屋と女中部屋との間にある この辞書をみるための部屋で
競い合って勉強したそうです
緒方洪庵は様々な蘭学書を翻訳したのですが
彼の翻訳は 漢語がすくなくて 非常に読みやすかっただけでなく
コレラが流行ると「虎狼痢(ころり)治準(ちじゅん)」をさっと出版するなど
実にタイムリーで実用的だったといいますから 本当に優れた医者でした
緒方洪庵 淀屋橋に適塾が~_a0084343_15545545.jpg

洪庵は「翻訳書というのは オランダ語をしらない人のために書く」といって
とても 読みやすかったそうですので 適塾は 語学塾としても有名で
全国から たくさんの人があつまったようです
もちろん 一番 すぐれていたのは 福沢諭吉だったかもです
福沢諭吉の言葉として「およそ 勉強ということについては
この上にしようもないほど 勉強した」といっているそうです

そんなに勉強したことなど 私の人生には ないです(笑)
上の写真は その蘭和辞書のゾーフ辞書と
女中部屋からみた ゾーフ部屋です

ゾーフというのは 洪庵が長崎で教えてもらったオランダ人医師の名前です

ゾーフ部屋は
通りに面した位置にある塾生が寝泊まりした大部屋スペースに続きます
緒方洪庵 淀屋橋に適塾が~_a0084343_1537175.jpg

この部屋にも 急勾配の階段があり 恐る恐る降りてみると
なんと 玄関にでましたので この家の2階は不思議な形で
つながっていることが わかりました
(詳しくは 模型の2階部分の写真を参考に)

部屋数は15以上もあり とても大きな家です
160年前 ここで たくさんの人が 大志をいだいて 勉学に励んでいたのです

多くの功績をのこした洪庵でしたが
文久3年(1863年6月10日)江戸の医学所頭取役宅で
突然喀血し窒息し享年54(数え年)で他界しました

適塾の横の敷地は 適塾周辺史跡公園事業により
公園として整備されていてサラリーマンやOLさんが 
くつろいでいたのも 印象的でした

淀屋橋から5分 土佐堀通りから一筋中にはいった
大阪のビジネス街のど真ん中にある エアポケットのような空間でした
by banban0501 | 2009-01-09 10:43 | 京阪神ブラリぶらり | Comments(4)
Commented by ajisai-junko-mama at 2009-01-10 03:50
とても良いものを拝見させて頂きました。
まるで、ここの案内の方のお話を聞いているような錯覚に陥りました。

常日頃、思っていたのですが・・・banbanさんの博学に驚いてします。
頭脳が私とは違う。。。

banbanさんは、いったい何者だ~?^^
Commented by banban0501 at 2009-01-11 14:47
★ajisai-junko★さま

長く大阪に住んでいて 淀屋橋にも なんどもいっているのに
この歳になって この適塾に初めていったなんて とても自慢できる
話ではないのですが みなさんにも お知らせしたくて
ブログにアップした次第です

一緒に見学した気分になっていただけたら うれしい限りです!

博学なんかでは ありませんよ

ただ 面白いなとおもったことは いろいろ調べてみるのが好きです!!

ただの 野次馬なんです(笑)
Commented by toshi-watanabe at 2009-01-12 09:10
適塾の建物が一般公開されているのですね。
なかなか大阪に行く機会がありませんが、
出かけることがあれな立ち寄ってみたいと思います。
こういうところを見学するのは大変興味があります。

Commented by banban0501 at 2009-01-12 10:13
★toshi-watanabe★さま

中之島の中央公会堂や東洋陶器美術館にも近く
ブラブラ散策がてら あのあたりを歩かれると
大阪のド真ん中でも いいものをみることができますから
何かの用事で こられたときには
思い出して いってみてくださいね~
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。


・・・・TOPに戻る・・・・
<< タイ古式マッサージ 2009年 お節料理 初詣 初売り >>