好きな旅行の話や 自分が興味をもったことをアップしています♪ 気になるカテゴリーからもどうぞ!
by banban0501
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
検索
カテゴリ
全体
始めまして・・ごあいさつ
ケアンズ
南イタリア旅行
NYの思い出アルバム
ニューヨークの思い出
アメリカ ラスベガス・ロス
イギリス・ロンドン
ドイツ・オーストリア話
スペインの思い出
南フランス
タイ 
読んだ本
ベトナム
韓国釜山ソウル
韓国ソウル・春川・水原
中国 上海
中国 杭州と上海再び
中国 北京
中国 麗江
台湾旅行
台湾旅行 再訪
中国 香港
マカオ・香港の旅
チェジュ旅行
奈良 今井町
伊勢・志摩の旅
白浜 南部の旅
北陸 金沢 山中
奥飛騨
松本・安曇野旅行
長崎とハウステンボスの旅
ハウステンボスの旅 二泊三日
八カ岳 リゾナーレ
富士山と日光
東京旅行
豊川 岡崎
箱根旅行
横浜・鎌倉旅行
熱海 三島
名古屋旅行
京都と琵琶湖・浜名湖の旅
クルーズ
京阪神ブラリぶらり
料理・食べ物の話
お金の話
映画
観劇
英会話
DIY 日曜大工 ミシン仕事
カバン作り
こども服
日々の記録・雑感
ちょっと驚いたこと
マイ 美術館
パソコンでお絵かき
パソコンで・・・・
お勉強!
読んだ本
日本語ボランティア

遺品整理
お役立ち情報
仕事関連
リホーム
収納の工夫
親指のトラブル
介護
未分類
最新のコメント
★ rabbitjump..
by banban0501 at 11:59
★ yasukon20 ..
by banban0501 at 11:57
ご主人様の納骨も終わり ..
by rabbitjump at 09:42
おはようございます。 ..
by yasukon20 at 07:09
★ fuchan_k ★..
by banban0501 at 23:16
★ jan113fuzi..
by banban0501 at 23:13
納骨という儀式がすむと、..
by fuchan_k at 23:06
こんばんは 良いお天気..
by jan113fuzi at 23:05
★ ❤ junjun ..
by banban0501 at 21:35
★ sakae2009 ..
by banban0501 at 21:32
フォロー中のブログ
生きる詩
ニューヨークの遊び方
気まぐれフォト日記
パリときどきバブー  f...
チョコットメモ記
小次郎じじ物語
折々の記
親父の HOBBY
Rabbitjumpの草原
空の見えるベランダから
neige+ 手作りのあ...
ひとこと、ふたこと、みこと
《ニューヨーク直行便 》...
日々の暮らし
~秋色紫陽花と暮らす日々~
本当に幸せなの?
気まぐれ日記
BABAうさぎの奮闘記 ...
ふうちゃん にっき
元気ばばの青春日記 気持...
はあと・ドキドキ・らいふ
OURHOME
やっぱり旅が好き♪
アンダンテのだんだんと中受日記
片付けたくなる部屋づくり
☆FREEDOM☆
さかえのファミリー
その日・その日
ブロ友パソコン相談室
Mrs.和やか in 手帳
無垢のおうちと収納と
FU-KOなまいにち
Linen Style...
IEbiyori
時流れるままに
アメリカからニュージーランドへ
シンプルで心地いい暮らし
Baabaの徒然に
はりねずみの日記帳
喜びも悲しみも幾年月
『とっておきのお片付け』...
元気ばばの青春日記 気持...
WITH LATTICE
自分軸×整理収納=ワタシ...
ハーバードで奮闘中、日本...
白×グレーの四角いおうち
pink pinko life
uri's room* ...
ivory*
クラシノート
片づけで、すっきり暮らし。
ほぼ100均で片付け収納に挑戦
外部リンク
ひとりごと
自称 記録魔
自分のために
記録して残して
おきたいことを
時々 更新です

メールはこちらから
以前の記事
2018年 11月
2018年 10月
2018年 08月
more...
タグ
(122)
(80)
(78)
(63)
(44)
(43)
(32)
(28)
(26)
(24)
(18)
(18)
(16)
(14)
(13)
(13)
(12)
(11)
(9)
(7)
(6)
(5)
(5)
(4)
(4)
(3)
(3)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
最新の記事
納骨 & 宝塚
at 2018-11-18 18:23
筆ぐるめで喪中ハガキ
at 2018-11-10 10:17
そろそろお楽しみも と シル..
at 2018-11-04 20:04
断捨離
at 2018-10-27 07:12
窓枠のDIY
at 2018-10-20 07:03
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
2011年 11月 05日
映画「ステキな金縛り」
ハリウッド映画大好きな私でしたが 最近は
みたいと思う映画がなく ちょっとさびしい

その代わり 邦画が元気なので 三谷幸喜監督の
映画 「ステキな金縛り」をみてきました

深津絵里主演 西田敏行 阿部寛 中井貴一がメインですが
ここに 竹内結子 深田恭子 篠原涼子 など主演ができる女優さんが
チョイ役ででてくるし 浅野忠信 草彅剛 市村正親 佐藤浩市なんて
大ベテランが チョイチョイ役で登場ですから
みていて それも 面白い映画でした

今あげた俳優さん以外にも 小日向文世 生瀬勝久 数え上げたらきりがないほど

a0084343_1134043.jpg

(画像の上でクリックすると大きな画面でみれますよ~)

早逝した素晴らしい弁護士だった父親(草彅)の後を追うべく
弁護士となった エミ(深津絵里)でしたが これが ダメ弁護士のレッテルを
はられて(実際ダメで・・・)
阿部寛経営の弁護士事務所も これが最後と通告した
殺人事件の被告の弁護の仕事をひきうけることになるところから
物語がスタートです

妻殺しの殺人罪に問われた被告は 犯行当日は
事業に失敗したので 死ぬつもりで 田舎の朽ち果てそうな旅館にいたと主張

アリバイが 旅館の女将(戸田恵子)から 
その時間 部屋にいなかったといわれてしまい成立しない

被告は 何をしていたか?と 聞くと その答えが 面白い

「ぼくは 金縛りにあっていて 朝まで 体が動かなかった
 僕の上に ずっと落ち武者がのっかっていたんだ」って・・・・

こんな設定で 物語が始まるから さすが 三谷映画です

はたしてエミが その旅館にとまってみると・・・ 

やはり 真夜中 金縛りにあう しかも 実際に落ち武者がのっかってくる

この落ち武者 更科六兵衛(西田敏行)がまた面白い

無実の罪で斬首され そのことが無念で 450年も成仏できない
旅館のつけっぱなしのテレビをずっとみているから
世の中のことは なんでもしっている

事件当夜も被告の上にのっかっていたって証言するっていうのです
そのかわり おれの無念を晴らしてほしいと頼まれるダメ弁護士エミ

引き受けたものの 法廷へつれていっても 誰が信じてくれるのか?

しかも 人前にでれるのは 日が暮れてからなので 夜の法廷

幽霊の落ち武者が法廷で証言するって前代未聞の話に
マスコミも騒ぐあったりが 三谷流

六兵衛と対策をねるエミですが
そんな二人の姿を みて驚く人間と わからない人間がいる
これは なぜか?

さてさて 検察側の辣腕検事(中井貴一)は まっこうから このバカ騒ぎを
批判し 法廷で 存在しない証人をつれてくる エミを激しく非難するのですが
この法廷で 六兵衛が見えているのはエミと なぜか法廷画家だけだった
はずが 辣腕検事にも じつは見えていたというから 面白い

そこを見破ったのは 落ち武者幽霊 更科六兵衛
法廷で 彼と目があい 見えないはずの六兵衛をみていたと・・・

見える人と見えない人がいるのは なぜか?

最近死を身近に感じて 人生を悲しみ自信をなくしている人で
シナモンが好きな人には 見える!!ということをエミは突き止める

シナモンってなんなんよ~という突っ込みをいれたくなるけど・・・

検事にも見えているという証明をして
他の見えないひとにも 六兵衛の存在をしらせる方法も考え
なんとか裁判続行

さてさて こうして 六兵衛が証人になって
被告の無実が証明される・・・というストーリーとなるかと思いきや
裏切り者の落ち武者の証言は信ぴょう性がないと辣腕検事に
つっこまれ 六兵衛とエミが落ち込んでしまったところへ
天国から450年もさまよっている六兵衛を強制連行するという 
偉い役人 小日向さんがあれわれて 万事窮す

ところがところが この役人
エミの部屋にあった父の遺品の中のビデオテープの映画が
大好きなので私の変わりに 機械のボタンを押してくれたら うれしい
この映画を観終わるまでは 時間をあげるとくる

エミはこの限られた時間に 六兵衛の無念をちょっとでも
晴らしてやる方法をとり 安心して成仏させてやるのです

ところで 六兵衛もいなくなって 裁判は どうなる???

ここからダメ弁護士だったエミの起死回生作戦がはじまります

そして エミは 亡くなった妻の姉(竹内結子)を
証人としてよんで とうとう
真犯人をつきとめてしまうって展開になっていくのです

そして 見事 裁判で真相を突き止めたエミ
落ち武者の無念も晴らしてやることができ
いつしか 自信ができていました

そんなエミに いったんは天国へいった六兵衛は
特別許可をもらって  最後のお別れを  いうために
エミが切望してやまなかった 死んだお父さんに もう一度会いたいという
彼女の願いも かなえようと 草彅をつれてやってきたのですが・・・・

エミには もう・・・・

最後は ほろり・・・・

人間の面白さ 切なさを 面白おかしく表現した いい映画でした

六兵衛役の西田敏行の演技に 思わず声をあげてわらってしまうし
チョイ役ででてくる 豪華俳優さんも とても楽しませてくれています

みなさん さすがでした

日常から 少し離れてところへ連れて行ってくれる
映画は やっぱり 面白いです!!










 
[PR]
by banban0501 | 2011-11-05 11:20 | 映画

・・・・TOPに戻る・・・・
<< ひなちゃんの七五三 幼児用ハサミ・震災復興のための... >>