好きな旅行の話や 自分が興味をもったことをアップしています♪ 気になるカテゴリーからもどうぞ!
by banban0501
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
検索
カテゴリ
全体
始めまして・・ごあいさつ
ケアンズ
南イタリア旅行
NYの思い出アルバム
ニューヨークの思い出
アメリカ ラスベガス・ロス
イギリス・ロンドン
ドイツ・オーストリア話
スペインの思い出
南フランス
タイ 
読んだ本
ベトナム
韓国釜山ソウル
韓国ソウル・春川・水原
中国 上海
中国 杭州と上海再び
中国 北京
中国 麗江
台湾旅行
台湾旅行 再訪
中国 香港
マカオ・香港の旅
チェジュ旅行
奈良 今井町
伊勢・志摩の旅
白浜 南部の旅
北陸 金沢 山中
奥飛騨
松本・安曇野旅行
長崎とハウステンボスの旅
ハウステンボスの旅 二泊三日
八カ岳 リゾナーレ
富士山と日光
東京旅行
豊川 岡崎
箱根旅行
横浜・鎌倉旅行
熱海 三島
名古屋旅行
京都と琵琶湖・浜名湖の旅
クルーズ
京阪神ブラリぶらり
料理・食べ物の話
お金の話
映画
観劇
英会話
DIY 日曜大工 ミシン仕事
カバン作り
こども服
日々の記録・雑感
ちょっと驚いたこと
マイ 美術館
パソコンでお絵かき
パソコンで・・・・
お勉強!
読んだ本
日本語ボランティア

遺品整理
お役立ち情報
仕事関連
リホーム
収納の工夫
親指のトラブル
未分類
最新のコメント
★ はりねずみ ★さま ..
by banban0501 at 21:58
★ sakae2009 ..
by banban0501 at 21:55
こんばんは 個人旅行で..
by はりねずみ at 20:48
大学京都でしたか、私今年..
by sakae2009 at 20:08
★ ♥ junjun ★..
by banban0501 at 19:46
🎵ban..
by ♥ junjun at 19:15
★ yasukon20 ..
by banban0501 at 17:18
いろいろな事が懐かしいで..
by yasukon20 at 15:46
★ はりねずみ ★さま ..
by banban0501 at 06:58
こんばんは 帰国早々忙..
by はりねずみ at 22:20
フォロー中のブログ
生きる詩
ニューヨークの遊び方
気まぐれフォト日記
パリときどきバブー  f...
チョコットメモ記
小次郎じじ物語
折々の記
親父の HOBBY
Rabbitjumpの草原
空の見えるベランダから
neige+ 手作りのあ...
ひとこと、ふたこと、みこと
《ニューヨーク直行便 》...
日々の暮らし
~秋色紫陽花と暮らす日々~
本当に幸せなの?
気まぐれ日記
BABAうさぎの奮闘記 ...
ふうちゃん にっき
元気ばばの青春日記 気持...
はあと・ドキドキ・らいふ
OURHOME
やっぱり旅が好き♪
アンダンテのだんだんと中受日記
片付けたくなる部屋づくり
☆FREEDOM☆
さかえのファミリー
その日・その日
ブロ友パソコン相談室
Mrs.和やか in 手帳
無垢のおうちと収納と
FU-KOなまいにち
Linen Style...
IEbiyori
時流れるままに
シンプルで心地いい暮らし
Baabaの徒然に
はりねずみの日記帳
喜びも悲しみも幾年月
『 とっておきのお片付け 』 
元気ばばの青春日記 気持...
WITH LATTICE
時間を味方につける整理収...
ハーバードで奮闘中、日本...
白×グレーの四角いおうち
uri's room* ...
ivory*
クラシノート
片づけで、すっきり暮らし。
ほぼ100均で片付け収納に挑戦
外部リンク
ひとりごと
自称 記録魔
自分のために
記録して残して
おきたいことを
時々 更新です

メールはこちらから
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
more...
タグ
(114)
(73)
(67)
(51)
(38)
(25)
(24)
(23)
(23)
(19)
(17)
(16)
(14)
(13)
(13)
(12)
(12)
(10)
(6)
(5)
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
最新の記事
ニューヨークの思い出 食事の..
at 2017-11-19 10:38
ニューヨークの思い出 飛行機..
at 2017-11-12 21:41
ニューヨークレポート 6日目
at 2017-11-07 00:10
ニューヨークレポート 5日目
at 2017-11-06 13:01
ニューヨークレポート 4日目
at 2017-11-06 08:12
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
タグ:映画 ( 13 ) タグの人気記事

・・・・TOPに戻る・・・・
2017年 07月 02日
ご近所の紫陽花 & 墓参り & 旅行相談 & 映画
7月に突入です

6月は 先週日曜に 上級検定があって 本当に 忙しかった!!

検定前練習を 充分にさせた成果がでて
子供たちの結果もよく 
忙しかったことも 無駄でなくなって ほっとしています

そんな私に 嬉しい紫陽花のプレゼントが・・・

自宅の前で 毎年咲く ご近所の紫陽花

我が家と同じく鉢植えなのに 咲き方が違う

毎年 同じ高さに花が咲き
我が家の紫陽花のようにどんどん背が高くならない

どんな剪定を すれば そうなるのか 毎年不思議でした

たまたま 水遣りにでておられたときに出会ったので 聞いてみると・・

今咲いている枝は 毎年短くカットですって!!
a0084343_10190670.jpg
我が家の紫陽花は 昨年花がついて冬越しした茎から
新芽が出た先にさくので 枝別れした感じになります

それを毎年繰り返すので どんどん背が高くなりますが
この剪定方法だと 翌年 確実に花芽がつきます

でも この方は 花芽がついた茎を 短くカットなんだそうです

この紫陽花は 人から 挿し木でもらったもので
その方が いったことを 守っているのだとか・・・

来年の花芽は 今年 花芽がなかった枝につくので
それは 絶対にカットしては ダメだといわれたのだそうです

よく見れば 今年咲いた花は 枝別れしておらず
冬越しした1つの茎の先にあります

そして

根元から 沢山の昨年冬越しした茎が伸び
鉢の下に 今年伸びた花芽のない葉っぱだけの枝が いっぱいあります

私は そう言う茎は じゃまに思えてカットしていました

みんな 邪魔だとカットしているけど
それは 間違いだと いわれたのだとか・・・

へ~ そうだったのか!!

下で葉っぱだけつけている茎を 三本ちぎって 私にくださいました
a0084343_10191283.jpg
紫陽花は 種類によって剪定が違うと 思うのですが・・・

これは 試してみる価値がありそうなので 忘れないようブログで記録です!!

さて 来年 この頂いた挿し木に 花が咲くでしょうか??

今年花芽のない茎の中に 来年花芽のつく茎が
混ざっているとか・・・ 翌々年に花芽がつくとか・・・

今 なんか よく分からなくなっています

ところで アナベルの 装飾花と両性花
a0084343_10184495.jpg
綺麗に咲き誇っていたアナベルも 終盤に入ってきたら!

この装飾花と 両性花が 開花です
a0084343_10185173.jpg
昨年まで この開花に 気が付かずでしたが 
今年は ちゃんと見届けられました(笑)

アナベルは この後 装飾花が グリーンになって それも味わいあります

この紫陽花は 根本から 30㎝ぐらいで 強い剪定を 秋口か春先に
するだけで 毎年同じ高さで 確実に花芽がつくので お気楽です

アナベルの代わりに 咲きだすのが 水無月紫陽花

花芽が 大きくなってきました
a0084343_10190048.jpg
これは 昨年 花の成長の途中で枯らしてしまったので
剪定する気も ならず 放置したのが よかったのか
それとも 樹全体が 成長したためか 今年は 花芽がでっかい

咲いたら 見事だろうと 予想されます

なので

これを 旅行の間に昨年のように 
水切れで ダメにしないように 今年は気をつけましょう

毎年の姉妹旅行 今月です

その前に 母の命日に合わせて昨日 墓まいり

雑草抜きも 3人ですれば すぐに
a0084343_21065151.jpg
姉の用意してくれた 3本束にしたお線香をあげ
a0084343_21070739.jpg
母の好きだった珈琲をいれ 父の好物の田舎饅頭をお供えです
a0084343_21121499.jpg
婚家の墓も 一緒にお参りしもらったあとは 
いつものお店でランチしながら
a0084343_21065855.jpg
今年の姉妹旅行の最後の相談をして
a0084343_21071317.jpg
旅程の中で 懸案だった見学先の朝8時から並んで整理券をもらうのに
並ぶ人を 3人で阿弥陀くじをして決めようと提案していたのに

なんと 姉も 妹も 
たった一人の犠牲者になりたくないので 3人で並ぼう!!って

2対1で 私の阿弥陀くじ案が却下されてしまいました

仲良く3人で 並ぶ・・・と決まったところへ

遅れて墓参りを済ませた 弟が お店で 合流し
久しぶりで 兄弟そろって いろいろお喋り

まぁ なんでも 兄弟仲良く やれば いいか!!

ってことで納得です

弟と別れたあとは 3人で旅行社へ 

残金支払いと 東京ブックマークの
ホテルクーポン 新幹線のチケット受け取ってきました

こういう墓参りパターン 前にもしたな・・・
自分のブログで 確認 2年前の 姉妹旅行の前でした

姉妹弟 仲良くするのが 両親への 何よりの親孝行
と 前にも 記していました~

ずっと 欠けることが ないように と改めて願いました

今日は 夫と久しぶりの映画と買い物へ

お気楽に映画を 5月からまだ公開中の この映画をチョイス
a0084343_21321740.jpg
いや~ 楽しかったです

家族の言うこと聞かない 頑固おやじの橋爪功さんと
ことごとく オヤジと反目する 息子の西村さん

でも そっくりな性格に やってる事も同じ

だから反発なのでしょう

あまりに意見が合わないので オヤジさんが
「かあさんと二人で 息子家族から 別居したい」と言い出せば
吉行さん扮する奥様が 
「私 お父さんと二人で暮らすのなんて まっぴらよ」と

ほんと 笑えました!!

寅さんとは 違う角度で 世の中の問題を
面白く切り取って 描いてくれる山田洋二監督

今回のテーマは 高齢者の運転免許返納と 孤独死を迎えると
という問題でした

深刻な問題を含みながらも 楽しくみれました

映画の後は お好み焼き屋へはいり 
a0084343_16531624.jpg
仲良くそばめしとお好み焼きを半分こ

久しぶりに 夫の衣類も
a0084343_16530120.jpg
それから こんなものも
a0084343_16323519.jpg
手持ちのキャリーバックよりも 少し大きなものが欲しかったのでね
a0084343_16331659.jpg
これをもって 姉妹旅行へ です
a0084343_21073228.jpg





[PR]
by banban0501 | 2017-07-02 16:57 | 日々の記録・雑感 | Comments(14)

・・・・TOPに戻る・・・・
2017年 04月 09日
春休みのこと & ホームパーティ & 映画「チアダン」
新学期が始まって 私も短い仕事の春休みを終えました

この間に 名古屋の思い出を まとめてブログアップしたり
孫とお出かけしたり ホームパーティで友達の家へいったりと・・・

ちょっと振り返って まとめておきます

久しぶりのホームパーティは 大阪城が見える
めっちゃいいロケーションで
a0084343_18125022.jpg
この時は まだ桜は満開では ありませんでしたが
友達の家のテーブルは 春のお花で お出迎え

用意してくれていたお料理は・・・
a0084343_18125503.jpg
白みその甘酢和えだけ レシピを教えてもらって
自家製フルーツ酢で 応用バージョンで真似っこ
a0084343_20490454.jpeg
これ簡単で あっさりと食べやすいので勧めです
具材をいろいろ変えて 楽しめる料理ですよ

友達のお料理は 美味しいのは もちろんですが
器が どれも とっても素敵です

ホームパーティにいくと いつも 我が家の器事情を反省なのですが・・・

これも とても可愛かったのでパチリ
a0084343_18125838.jpg
ゆっくりと おしゃべりの花が 満開でした

春休みに 我が家へやってきた ひなちゃんと孫ちゃん
a0084343_18092925.jpg
いつも ひなちゃんは 我が家で 身長チェックです

4月から3年生 はや!!

前歯が ごっそり抜けているのも いい思い出ですので これもパチリ

笑顔満開です

この4月 高校生になり 誕生日も迎える お兄ちゃんと 心斎橋へ
a0084343_18124460.jpg
アメリカ村で お気に入りのショップで 靴と服をプレゼント

シャイな孫ちゃんも 欲しいものがゲットできて 笑顔 満開

折角なので アメリカ村の フライングタイガーで キッチングッズを
a0084343_18113636.jpg
ばぁばも 気になっていたお店に 寄れたので 花まる でした

桜は まだ満開には なっていないのに 天気予報は 夕方から雨という
仕事の春休み最後の日に 夫に 急きょ お花見を提案

近所の大きな病院は もと高校の跡地に 建設されたのですが
その学校だった正門に 立派な桜の木がありました

あまりに立派なので 場所を変えて 移植され 見事な花を咲かせるので
見逃したくなくて 弁当をかって みにいったのですが
この日は やはり 満開では ありませんでした

7分咲きってところでしょうか
a0084343_18421634.jpg
でも 満開の桜もあり お花見気分には 充分なれました
a0084343_18094324.jpg
たまには 弁当をもって 外で食べるのも 面白いです

来年も 夫をさそって 花見が できるかな・・・

先のことなど 誰にも予測不可能です
だから 来年も 満開の桜に出会いたい!!

桜には そう思わせる なにかが あるな~

この日の午後から 予想通り二日間 雨がふりました

今朝まで降った雨でしたが ようやくやんで ちょっとお花見気分
a0084343_10135495.jpeg
満開の桜とチューリップを楽しみ姉妹で 映画とランチ

お目当ては 天海悠希さんが出ていて 面白そうなので「チアダン」をチョイス

福井県にある高校のチアダンス部が 全米を制覇する実話に基づいたストーリー
a0084343_20211136.jpeg
頑張っても 頑張っても できないことは あるけれど 

でも やっぱり頑張るしかない

頑張った先にたどりついた頂点からみえる景色を見せてあげたい

みんなで みよう!!

と思った先生の思いが

今時の少女たちに 伝わっていく過程が

無理なく 自然に 観客に伝わってきて 最後は 涙

じつは 観客席は 若い人ばかりで
ダンスしてる?男子とか チアダンのクラブ活動で先生の引率できた?中学生?
とか とにかく 今まで 自分がみてきた映画とは あきらかに
観客筋が 違うので 戸惑ったのでした

隣の茶髪モヒカン刈の男の子が 袋菓子の音をたてておやつを食べて
足を 座席にのせて あぐらかいて座っていたり・・・してたのに
その子も 最後は 涙を手で拭っていたり なのでした

脚本が 素晴らしい

無駄のないセリフ 今の若者の心を映す行動パターン

後で そうだったのか・・とわかるコマ撮りが 伏線にあったりして
若い出演者たちの表情を じつにうまくとらえて監督も よかった

もち 天海さんの 抑えた演技の中にあふれる愛情もあって

最後のシーンで 嬉し泣きの 笑顔全開 で また涙

いい映画でした!!

映画を観終わって 阪急のご招待でいきたかった宝塚観劇が抽選で外れたので
その招待券をつかって 無料でランチ食べました~
a0084343_21165980.jpeg
そして いつもの恒例の 姉妹旅行の 相談もして・・・

春休み気分は終わりましたが 次のお楽しみも 作っておきました

楽しいことを考えていれば 毎日のこと 笑顔満開で ガンバ!れます
a0084343_21173002.jpg


[PR]
by banban0501 | 2017-04-09 20:41 | 日々の記録・雑感

・・・・TOPに戻る・・・・
2016年 12月 26日
映画「海賊とよばれた男」& クリスマスから年末へ
天皇誕生日が23日金曜だったために
今年は仕事の冬休み前に三連休となりました

なので 夫を誘って 映画へ

岡田潤一主演の「海賊とよばれた男」

出光石油を育てた男の物語

祖父の代からの油業を引き継いだ岡田演じる国岡轍造店主は
家業を広げるために思いついた漁船のエンジン油を
地元業者の縄張り争いにあって
売りたくても売ることができなかった

そこで思いついたのは 海の上で 油を売ること

海の上で 取引先の船を奪われた同業者から「海賊」と呼ばれる

仲間から排他的扱いを受けても めげず 今度は満州へ販路を広げようと
極寒の地でも 凍結しない油を開発するも メジャーに邪魔をされる

そして迎えた終戦 売る油もないので GHQからの要請で
ラヂオの修理という畑違いなものも引きうけて 戦場から引き揚げて
くる元社員を雇いいれて食つなぐ国岡商店

そこへGHQから 旧日本軍が隠した地下倉庫の油を全部 くみ上げれば
日本の石油の輸入を許すといわれるが 
ポンプもつかえないヘドロ化した油をバケツで組みあげるしか方法が
なかった その仕事を引き受ける会社がない

その倉庫を空にしなければ 油の輸入ができない

戦中 石油の輸入を止められて 苦しんだ日本は また石油で苦しむ

国岡はその仕事を引き受け 店主のために頑張る社員の力で見事やり遂げるが
石油業を統括する男に 目の敵にされた国岡商店は 輸入業者に入れてもらえない

ところが マッカーサーは 国岡商店の販売網が米国の利益になると踏んで
国岡商店を輸入業者として認めるのだが・・・

統治下におく日本で利益を得たいアメリカです

アメリカメジャーは 国岡商店をはじめとして 日本の石油業者を
メジャーの傘下におくべく 買収行動にでてくる

それを断固 拒否した国岡商店は 世界中どこからも
石油を卸してもらえなくなるという 理不尽な仕打ちにあうのだが
海賊と呼ばれた男は 驚くべき手段に打ってでる
a0084343_21015227.jpg
いくつもの困難を乗り終え その度に強くなる男がいた

見ているものに感動を与える物語で 見ごたえありました!!

一年の最後 いい映画で いい生き様に出会えた~

そして ちょこと家族で 
a0084343_20475428.jpg
クリスマス会も

こんな暖かいプレゼントも 若い友人から いただいて
a0084343_20474995.jpg
家族で小さなプレゼント交換もしました

クリスマス気分が抜けたら 大掃除!!

今年は断捨離を頑張っていましたので 改めて大掃除するのはやめました

でも 冷蔵庫だけは・・・すべてだして 汚れを取り 百均グッズで整理
a0084343_20484675.jpg
野菜室も 新しい冷蔵庫を4月に買ってから 初めて掃除
a0084343_20485046.jpg
私が 冷蔵庫と格闘している間に 息子が 溝掃除と網戸掃除
a0084343_20475957.jpg
毎年大晦日にしてくれているのですが 今年は3連休も利用
a0084343_20484106.jpg
いろいろなことができた有難い3連休でした

そして 今日は 教室の仕事収めで ビンゴ大会
a0084343_20491034.jpg
11月から準備した景品を 喜んでもらえたようです
a0084343_20491868.jpg
今年も 残すところ あと5日

一足先に 暮れのご挨拶です

今年は夏以降 いろんなことがあって 私は 本当に大変でしたが
なんとか 回りの人に助けてもらいながら やるべきことをやれたかなと
おもっています

来年も 自分らしく 頑張っていくだけですが・・・

ブログも なんとか 続けられるよう 頑張ります

来年も つたない記録ブログ よろしくです

そして 皆様 よいお年をお迎えください!!

a0084343_21492054.jpg


[PR]
by banban0501 | 2016-12-26 21:49 | 映画 | Comments(24)

・・・・TOPに戻る・・・・
2016年 11月 26日
夫の買い物で・・・久しぶりの映画へ
先日 久しぶりに本屋へいった夫が
こんな本をかってきました
a0084343_12030732.jpg
今 夫婦で断捨離ブームなので 私も読んでみました

男性向きの雑誌かと思えば 女性の悩みの服や靴の断捨離の極意も書かれています
a0084343_11084079.jpg
           (画面の上でクリックすると もう少し大きくみることができます)
京都杉本家の極意も~
a0084343_12033438.jpg
男性のお得意分野 デジタル機器をつかった
写真や ビデオのデジタル化も詳しく解説されているので
これを読めば 女性でもできそうです
a0084343_12034046.jpg
母親一人暮らしの実家の片づけを 息子が 
がんばる特集などもあって 面白かったです

世の中 断捨離ブームのようですね

ものを買わないことは 経済には よくないけど・・・

私たち夫婦は 訳あって せっせと断捨離なので 
あまり経済貢献してません

でも 夫は 男性目線の 収納の見直しをするため
出かけなくもゲットできるアマゾンで収納のために
いろいろ購入で貢献してます

そんな夫の収納術も なかなか面白いです

断捨離も男性目線ですると 違ったものになるという
報告 また ブログでできると思います

もう一つの買ってきた本が・・・漫画ですが この映画いま公開中です
a0084343_14102328.jpg
原作を漫画化されたものを読むつもりのようですが
私は 漫画は読まないので 映画に誘うと 乗ってくれました

21年ぶりに 夫と映画へいったのです

「聖の青春(さとしのせいしゅん)」の映画化

主人公 村山 聖を 松山ケンイチが20キロも太って演じています

実際の村山さんが とても太っておられましたので
ふっくらした顔にするための体重増加だったそうで
見ている私たちも 本人に似ていてびっくりです

羽生善治役 東出さんも 眼鏡をかけ 羽生さんに見えました

他の配役さんも 実在の人物ととてもよく似た雰囲気に仕上がって
役者魂を感じました

負けるのが嫌

将棋だけが生き甲斐だった29歳の生涯

幼いころにネフローゼを患い 療養生活を送った少年の
唯一の楽しみが将棋でした

やがて 13歳で広島から単身大阪へ

プロになって名人を目指すのですが・・・

ネフローゼは一生彼を苦しめ対局の後は高熱を出すような
そんな彼に追い打ちをかけるように27歳の時 膀胱癌が見つかります

29歳で亡くなる半年前に 生涯のライバル 羽生と対戦し
勝っていた勝負に 最後ミスをし負け その後 故郷へもどります

負けたくない の一念で 命を燃焼させた一人の棋士を
将棋雑誌の編集者が取り上げて書かれたノンフィクション小説を
淡々と映像化でした

将棋のタイトル戦の一つが名人戦だという事や
名人への挑戦権を得るためのA級になるのも
B級から一年以内の期限付きだという大変な世界だと
初めて知りました

映画の中の将棋のシーンはさっぱりわからないのですが
自分の持てる力を最大限に出すため集中力が
必要だと言うことは わかりました

負けたら後がなくなる 

命を削って真剣勝負の世界に生きたある棋士の短い生涯

見ごたえありました
a0084343_11151558.jpg



[PR]
by banban0501 | 2016-11-26 10:00 | 映画 | Comments(16)

・・・・TOPに戻る・・・・
2015年 10月 25日
LINEでハワイ & 映画 マイ インターン
妹がハワイ旅行にいってました

彼女にとってハネムーン以来の30年ぶりのハワイ

私も ハネムーンはハワイでした
当時は 流行っていましたもんね~

なので ハワイの様子 知りたいな~と思っていたら
レンタルの海外Wi-Fiをつかって 
LINEでハワイ旅行の様子をしらせてくれました

でも時差もあるので タイミングを合わせるのが なかなか大変

彼女からのLINEでホテルで休憩中としったので
すぐにLINE電話もして お喋りです

音声が途中で切れ切れになったりしますが ダイレクトな無料通話 楽しみました

妹は逐一 訪れたところの写真を送ってくれたので
なんか 自分もこの一週間ハワイ旅行した気分になれました
a0084343_16512608.jpg
シーパラダイスは いったことないな・・・

ハワイ名物の料理も~
a0084343_16512871.jpg
ロコモコって ごはんの上にデミグラスソースがかかっていて
目玉焼きがのっているものらしいです

ハヤシライスwith目玉焼き って感じですね~

レインボーかき氷は 色は違っても ただ甘いだけだったとか~

ところ変われば・・・です

妹のお蔭で LINEのお蔭で ハワイ 楽しめた気分です

さて

今日は 午前中の仕事を片付けて 午後から映画へ

梅田の歩道橋から みた風景 秋晴れのいい天気でした
a0084343_16510750.jpg
大阪駅では 奈良のイベントがあって 久々に 奈良公認のマスコットキャラ
遷都君をみつけました
a0084343_16510423.jpg
このキャラがオープンになったとき 頭の上の角がキモイとか
いろいろ言われたのですが・・・

だんだん 認められて 長生きしています

映画の方は 前日の夜に娘に手伝ってもらって
ネットで都合のいい時間のチケットも購入しておいたので
梅田の地下で お1人様ランチを ゆっくり食べてGO~
a0084343_16510093.jpg
ネット購入は携帯アドに 整理番号を知らせてくれるので
それを 入力すればOKで 簡単ですね~

見たかった映画は 「マイ インターン 原題は The intern(研修生)」

主演は プラダを着た悪魔の アンハサウエイ と 
往年の大スター ロバートデニーロ
a0084343_17012576.jpg
上の写真の一コマは デニーロ扮する シニア インターンの募集で雇われたベンと
家庭を持ちながら220人もの社員を束ねて ネット販売のファッションサイトを運営する
創業社長のジュールズ(アン・ハサウェイ)が 
初めてお互いのことを理解しあうシーンです

なれないネットでフェイスブック登録を試みるベンをジュールズが助け
彼の経歴などを聞き 今いるこのオフィスが 昔 ベンが働いていた
電話帳会社のオフィスだとしるシーンです

電話帳なんて もう 化石的ですね

でも ベンはここで40年働き退職しました

そこに自宅のリビングで初めたネット通販会社を
たった1年半で大きくしたジュールズが会社のオフィスを開いたのでした

なんという偶然でしょうね~(物語です)

ベンが雇われたのも 会社のイメージアップのための福祉事業

だから 本当は仕事はないに等しい

でも ベンは 現役時代と同じく生真面目にスーツをきて出社し 
自分にできる仕事を見つけ出し 目立たないようにみんなを助け
いつしか 若いスタッフとの信頼関係も築いていくのです

そして 彼の存在は 若くして仕事と家庭を両立させ
女性として理想の生き方をしているかに見えるジュールにとっても
かけがえのないものとなっていくって物語です

若いからこそ 女性だからこそ 家庭があるからこその問題が山積みの中で
悩みながらも 創業当時の信念を貫きたいジュールズです

女性は成功するためには 捨てなければいけないものってあるのでしょうか?

ハプニングはあっても大事件は起こりません

人生経験豊富なベンが彼女に最高の助言を与え
小さな問題 大きなトラブルを解決しながら 人生のよき友となる物語

あらすじを書いてしまえば これだけですが・・・

なんか いい映画でした

ベンが理解した どうしてジュールズが成功したのか 
どうしてベンが みんなに慕われるのか
この映画が ちゃんと私たちに伝えてくれています

そういう物語

こういう映画もハリウッド映画なのですね~

ところで ベンは いつも ハンカチをもっています

若いスタッフが ハンカチなど不要だろ?ってベンにいうと

「ハンカチはね 女性が泣いたときに そっと差し出すためにあるんだよ」っていうのです

なんか ぐっと来ました!!

デニーロ いいです~
a0084343_17373035.gif


[PR]
by banban0501 | 2015-10-25 18:16 | 映画 | Comments(20)

・・・・TOPに戻る・・・・
2015年 09月 06日
宝塚&オフ会&映画
すっかり秋の気配の9月の第1週の土日は楽しい時間を堪能しました

昨日 土曜日は 例によって姉妹で宝塚へ

阪急の宝塚駅で待ち合わせ

この駅のコンコースは宝塚へいく人と 六甲山系への山登りの人たちの
待ち合わせ場所でもあります
a0084343_20403221.jpg
宝塚から山登りという熟年山ガールさんたちをよくみかけます

私たちは劇場方面へ

9月1日に除幕式があったばかりの 宝塚レビューのブロンズ像がお出迎えです
a0084343_20404058.jpg
男役トップと娘役トップのデュエットダンスのシーンを切り取っている姿ですね

劇場へ向かう人を歓迎してくれている感じがします

a0084343_20404508.jpg
みなさん カメラにパチリです

この日の出し物は 専科から星組のトップになった
北翔海莉(ほくしょうかいり)さんの
お披露目公演で 出し物もブロードウエイでロングランした
ミュージカル 「ガイズ&ドール」でしたので 立ち見もでる大盛況でした

観劇の後は 姉妹でお茶しながら タブレットでのLINEの話題

LINE初心者の私には ??? なこと まだまだいっぱいですので
「明日ね パソコンに詳しい人にあうから 聞いてみるね」と

そして 今日 パソコンに詳しい人 元気さん と 梅田でオフ会でした!!

デパートで 元気さんと 列を作って 神宗 の 徳用塩昆布を~

もちろん 名古屋から これを買いにこられたわけではありませんよ

大阪の叔母様を訪問の前に オフ会を計画してくださいました

ついでに 列に並んで 塩昆布も買おうということになったってことね~

無事ゲットしたら 丸ビルの地下でランチです

大阪の丸ビルは 丸いから 丸ビルです

地下と最上階にレストランがあります
a0084343_20412992.jpg
地下のレストラン街でランチタイム
a0084343_21285805.jpg
豆腐料理をいっぱい食べて 丸ビルのスタバで お茶しながら
タブレットでパソコン講座してもらいました~

そうそう こんな便利なグッズも いただいてしまいました
a0084343_20413739.jpg
便利グッズだけでなく ネット活用情報も いろいろ教えてもらい・・・

LINEのこと 写真を グーグル picasa を利用して クラウドへ保存するなど
持参したタブレットで パソコン勉強タイムもあったり
いろんな おしゃべりもして 楽しく一緒に
4時間すごして 元気さんを叔母様の元へ~

私は 1人 映画へ~

見たかったのです

トムクルーズの映画
a0084343_20414227.jpg
スタントなしで52歳 がんばってました

アップになった顔はさすがに・・・ですが やっぱりなんとも言えない
トムの甘い表情と 鍛えた体とアクションは やっぱりいい!!

これでもか~とくる カーアクションとバイクアクション
水中でミッションをこなすシーンなどなど やっぱりハリウッド映画ならではの
大がかりな撮影で 大いに楽しむことができました

いや~ 楽しい一日だったと駅へ向かう途中・・・

いただいたはずの便利グッズがない!!

ひえ~

ランチのお店 お茶したスタバへ 忘れ物は?とききまくり

結局は ランチのお店の店員さんに 客が残したゴミと間違えられてゴミ箱行きに
なっていたということも わかって 無事 私の 手元に戻りました

ほんと ドジな 私です

でも 急ぎ帰宅で さっそくゲットしたもので夕飯作り でした
a0084343_20413400.jpg
無事に 主婦のミッション 終えました

宝塚 映画 そして オフ会

ゴールデン土日でした

明日から また 頑張れます~
a0084343_21183765.gif


[PR]
by banban0501 | 2015-09-06 21:33 | 映画 | Comments(24)

・・・・TOPに戻る・・・・
2015年 06月 06日
5月の映画と本 & バッグの収納 & 紫陽花満開
ひと月に1回は映画か舞台を見て 2冊の本を読みたいというのが
忙しい毎日の楽しみです

5月の初めに「闇に香る嘘」(下村敦史)と 
「おれは清麿」(山本兼一)を購入でした
a0084343_12494750.jpg

「闇に香る嘘」はハードカバーでしたが 例によってベッドの中で
寝る前読書で 重いな・・と思いながら 少し読んでは 眠るの繰り返し

なかなか進まず

面白くなかった訳ではないのですが とても異質な本でした

主人公は 40代初めに視力を失った60代の男性

なので その男性の白杖から伝わる感触と音の世界で表現されるミステリー小説

普通の小説なら 景色の描写や 人物の特徴など書かれているのに
それらがまったくないというのが とても異質です

最初から最後まで 読み手も 彼と同じ感覚の中にいるわけです

こういう小説を読むのは初めてで 視聴覚障害の方の生活の仕方
ものごとのとらえ方など とても 参考になるのは言うまでもありません

主人公は 透析で苦しむ孫娘のためにドナーになることを
決意するのですが 彼の腎臓はドナーになれる状態ではなかったため
自分の兄に頼もうとするのですが・・・

断られたことから とある疑問が湧き上がるのです

彼の兄は 訪日調査で帰国した中国残留孤児だった

本当は偽物ではないか?

全てはその疑念から始まる 家族の愛の物語でした

この小説は 第60回の江戸川乱歩賞 受賞作品ですが
ありきたりの殺人ミステリーというのではなく
自分の疑問を紐解いていくうちに 重大な事実が露呈し
家族が再生していくという話でした

こういうミステリーもありでしょうね

何より 自分も視聴覚障害者になった感覚が最後まで残る不思議な話でした

この本をようやく読み終えたので「おれは清麿」にはいりました

今 若い女性に 刀剣ブームがあるのをご存じですか?

闘うゲームの世界のキャラが 名刀をもって戦うのですが
その 古来から伝わる 名刀の来歴を調べたりするのがブームなのです

ブロ友さんの記事の中 で この本の紹介があったので
このゲームが好きな娘と二人で読むことにしました

娘が先に完読し 私が手にしたのは 6月に入ってからです

例によっての寝る前読書でしたが 先日 娘の検査に付き添っていった
ときに 電車の中や病院で本とにらめっこです

結果 面白くて一日で完読してしまいました
a0084343_13105518.jpg

核医学検査室で3時間 30分ごとに 造影剤の流れをチェックする検査でした

検査が終わったら主治医から結果報告がありますので 私も待機

その間に読めてしまった!!

生涯 誰の弟子にもならず 実の兄から 刀鍛冶の手ほどきをうけ
そのまま 独自の世界感で 後世に残る名刀を打った 源清麿 本名は 山浦環 

でも 清麿と銘を刻んだのは ほんの晩年のみで
ほとんどは 「正行」の銘を刻んでいました

刀というものは それぞれ鍛えた皮鉄と刃鉄の間に心鉄をいれて
重ねて延ばして 何度も鍛えてまっすぐたたき伸ばし 手鎚で刀身の
形を火造ってつくるものだとか

刀は性質の違う鉄を組み合わせてつくることで 折れず曲がらずよく切れるとか

土を刀に塗って焼き入れをしてつくる刀文の付け方にも 
それぞれの流儀や特徴があるとか

その全体の姿形こそが刀鍛冶の自分自身の具現であるとか

読んでみなければわからないことのオンパレードでした

これだから 読書はやめられないですね

6月も 新しい本を見つけてみたいものです

娘の検査結果も 良好で やれやれでした

さて映画にも いきたかったので 5月の最後の日曜に
デパートへお中元の発注にいくついでに 見てきました

大阪駅ステーションシネマで「駆け込み女と駆け出し男」鑑賞です
a0084343_13373129.jpg

鎌倉にある東慶寺とその門前の宿での物語

駆け込み女は 3人登場で それぞれにわけありで
駆け出し男は 宿の主人の甥っ子ですが 戯作者になるか医者になるか
迷う どちらの道も駆け出しの男です

東慶寺での生活や入山が許されるまでのシステムだとか・・・

なかなか興味深く楽しめる映画でした

こんどの姉妹旅行先が横浜と鎌倉ですので 東慶寺訪問の時に
この映画を思い出せたら いいな・・・とおもっています

そして 今日は クローゼットに積み上げ収納のバックの
整理整頓を思いつきました

というのは お気に入りにいれてある
収納アドバイザーさんのブログ記事 で 
ほ~ これはいいとおもったのがきっかけです

紙袋にいれてラベルを貼って収納というものでした

私の場合はバッグも とても多く雑多なので
中身もすぐにわかるようにしたいと思い・・・

まずは自分のバッグをすべて出して写真を撮りました
その写真でリストをつくります
a0084343_175047.jpg

これを印刷して 裏側にテープのりをつけ
出来るだけ大きな紙袋に目的別に分けていれた袋に貼りつけました
a0084343_17531859.jpg

これで 沢山あって乱雑にクローゼットの棚に放置して
あったバッグは一目瞭然で収納です
a0084343_1754199.jpg

出かけるときは この写真をみて バッグを選びます

でも こんなにため込んだ自分にあきれています

いずれ断捨離しなければ~

さて今週近畿地方は梅雨入りしました

我が家の紫陽花は 今が最盛期です
a0084343_1402588.jpg

昨年沢山の挿し木をしましたが それぞれが今元気に見頃を
迎えて いつになく 玄関ポーチが華やかです

枯れたとおもって放置していたエンゼルズトランペットが
復活成長し 沢山のつぼみをつけました

来週 これは見頃を迎えるかな?

植物の生命力 すごいですね

命のバトンのつもりで見頃が終わった紫陽花から 
挿し木と剪定にかかるつもりです
a0084343_1431754.jpg
 
[PR]
by banban0501 | 2015-06-06 18:03 | 映画 | Comments(34)

・・・・TOPに戻る・・・・
2015年 02月 14日
映画 「繕い裁つ人」 & 本 「秘密」 & 厄除け参り
ひと月ぶりに映画へ~

新聞の映画紹介欄をみて みてみよう!と思い立ち
一人で 休日にGO でした

主演の中谷美紀が好きな女優さんだったこともありますが
洋裁をテーマにしているというのにも惹かれました

「繕い裁つ人」です
a0084343_1314985.jpg

舞台は神戸の山手にある 古い洋館

小さな古い 洋裁店の 看板を見落とせば そこが洋裁店だとは
気がつかないような所で ひっそりと 年代ものの足踏みミシンを
動かすのが 中谷美紀扮する 市江

祖母が その町の人々のためにデザインし 縫いあげた服を
祖母の古いデザイン帳をみながら 寸法直しや繕いをして生き返らせているので
お客は 年寄りばかりです

でも 友達の雑貨店に 市江自身の作品を数点卸しています
その作品は とても人気があるのですが・・・

その作品をみて 惚れ込んだ百貨店の洋服仕入担当の
三浦貴大扮する藤井が 日参して ブランド化を願いでます
a0084343_13125161.jpg

でも 市江は かたくなに拒み続けます

そんな市江に 本当は 自分の作品を もっと世に出したい気持ちを
もっているのに それを抑え込んでしまっていると 藤井はいうのですが
「顔の見えない人のための服は作れない」と拒みます

藤井には 車いす生活の妹がいます
物心ついたころから家からでようとしない妹が 
小学生の時に買ってもらった服がきっかけで
外へでるようになり明るくなった経験から 洋服の力に魅せられ
洋服にかかわる仕事をしていたのですが
市江の態度に がっかりして 市江には何も言わず
東京へ移動を願い出て しかも家具売り場で働き始めてしまいます

淋しさを感じる市江が 藤井のもとの職場近くで
偶然出会ったのが足の悪い藤井の妹

兄から市江の話を聞いていた妹は すぐに その人が市江だとわかったのです

「あなたの着ているものは 他のと全然ちがう」と

そういってくれた彼女のウエディングドレスを
作らせてほしいと願いでた市江
そのドレスには妹兄の思い出が込められた工夫がありました

妹の結婚式にでた藤井は そのドレスをみてある決心をします

頑固な二人が新しい一歩を踏み出そうとするお話です

物語は単純なのですが 神戸の雰囲気や
市江の作業場の雰囲気などなど 映画の中はステキな空間でした

原作が人気コミックということで 私は読んでいませんが
仕立てやといわれる人たちの世界を 本当にしっとりと描いてあって
布から着る人にあった服を作る洋裁って いいな・・って思う映画でした

子供の頃 よく母が私達姉妹のために ミシンで普段着やお出かけの
服を いろんな本を参考にして縫ってくれました

ときには 町の仕立て屋さんというのか「洋裁」の看板を
だしておられる所へいって いわゆるよそ行きの服を
つくってもらったこともありました

母や専門家に 採寸してもらう時の嬉しさ

母が型紙を作り それを裁断して 妹とお揃いの洋服ができたり

専門家が仮縫いというのをして あちこちピンで抑えたりする
そんな過程を 子供ながら すごいな~と憧れてみていました

そんな時代のことを思い出す映画でもありました

急に思い立って観た映画 ビンゴでした

それから 今週は 一冊の本を読み終えました

これも 急に思い立って購入でした

ブログ友達が 読んで 「最後の20ページ」を読むため
だけに 残りがあったと感想を書いていたので

その20ページを読みたいっておもったのです(笑)
a0084343_13271076.jpg

舞台はイギリス 時代は第二次世界大戦の最中から現代まで

2011年 イギリスを代表する大女優 ローレルには
忘れられないテイーンエイジャーだった日の記憶があるのです

それは 母ドロシーが 家に押し入った不審者を殺害し
正当防衛となった日の記憶です

見知らぬ男だったのに その男は
母の名を呼んだのをローレルは聞いたのでした

その事をローレルは誰にも言いませんでした

今 母が重い病になり 死期が迫って低下する意識の下で
過去の記憶に苦しんでいるように思えます

このまま母を逝かせてはいけないのでは?

母が何を苦しんでいるのか?

それが何かを知らなくては ローレル自身も あの日の記憶に
苦しむことになります

それゆえ ローレルは 母の過去と向き合っていこうと
手を尽くして調べ始める海外ミステリー小説です

翻訳ものは ちょっと苦手な私です

というのは 昔の翻訳ものは 英語での 文章表現を日本語にするときに
非常に理解しがたい いい方で日本語訳をしたものが 多かったからです

でも~ 最近の翻訳家さんたちは 素晴らしいですね

この本の翻訳家 青木純子さんは とても自然な翻訳で しかも
原作の細かい風景描写や 心象表現を 上品に表現されていて
素晴らしいな・・・と感心でした

そして 何より 原作のストリー展開が 「すごい」としかいいようがない!

娘も この本をよんで 「すごい!」って感想でした

最後の20ページを読むまで この言葉は出ないっていうミステリー

なので ネタ晴らしができません

あまりに面白かったので この本の帯に
「このミステリーがすごい!」海外編第2位とあるので
アマゾンで 第一位の 本をネット注文してしまいました
a0084343_13592050.jpg

昼に注文で 翌々日の午後配達でした
a0084343_15361093.jpg

配達の具合もネットで確認できて 便利ですね

「すごい」の第一位のミステリーって どんなでしょうか!!

それを楽しみに この本をもって 娘と関西では 厄除け寺として有名な
門戸厄神さんへ 今日はいってきました

昨年いったとき に長く待たされましたので 本を読もうとおもったのです
a0084343_163449.jpg

ところが なんとスムーズ!!
本を読む予定だった待ち時間もなし~

正月から節分までの あの混雑がまったくない

まぁ 厄除け参りは 節分までにいくものですから 当然ですね

でも 旧暦で言えば まだ 2月いっぱいは大丈夫ですよ と社務所の方にも
言われて ほっとしました

娘の年齢なら 夫や子供たち 夫婦連れでのお参りが多いのに

私たちは 母娘です(笑)
a0084343_1655621.jpg

まぁ それも いいでしょう!!
a0084343_133813100.jpg

今年もひな人形は親王飾りで済ませ 御札も横においておきました
厄除け 健康維持 良縁祈願と 御札にお願いしたらいいかと思いますが
帰りに 父親への バレンタインチョコをかった娘ですから
来年の後厄も 二人でいくのは 必至ですね!
a0084343_14455656.gif
  
[PR]
by banban0501 | 2015-02-14 16:08 | 映画 | Comments(22)

・・・・TOPに戻る・・・・
2015年 01月 11日
インフルエンザでダウン~
私の年末年始の行動は

12月30日・31日 自宅でお節つくり
1日に家族全員で初詣&墓参り
2日は自宅ですごし
3日は「はじき初め」で神社へいき息子家族と帰りにショッピングモールへ
4日は 孫ちゃんがやってきて自宅で勉強し 息子家族が家にもどり

これで日常へもどりやれやれでした

5日は 英会話レッスンにいったあと 仕事が翌日からになるので
最後の自由時間を楽しもうと
梅田へでて ショッピングと映画を
楽しむことにしたのです

大阪駅にあるデパートでショッピングして映画館へいくために
大阪駅のプラットホームの上にできている「時空の広場」をみると
イルミの装置がありましたが まだ点灯していません
a0084343_13323934.jpg

映画をみた後に 点灯後をみれるな・・・と 期待して
a0084343_13351241.jpg

観た映画は 3時から始まった「ゴーン・ガール」というハリウッド映画

アメリカでベストセラーとなった本の映画化で
特撮や映像マジックばかりの最近のハリウッド映画と一線をおく
心理ミステリーでした

感想は・・・めちゃ怖い

描かれた女性の真の怖さに震撼とし いい映画だったのか
悪い映画だったのか わからないまま 映画館を後にすると
すっかり夜です
a0084343_13423956.jpg

せっかくなのでイルミネーションをパチリ
a0084343_13433167.jpg

a0084343_13435033.jpg

帰宅後すぐに夕食の準備をして 食べ終わってやれやれと
思った後 午後8時ごろから 本当に急激に 体がダウン

入浴する元気もなく 早々に就寝

ところが 熱がでて まったく眠れません

一晩中苦しみ 翌朝一番にかかりつけ医へ

急にしんどくなって熱が出たの私の一言で 先生は
「インフルエンザの検査しましょう」って~

鼻の奥へ綿棒のようなものをいれて
「検査結果は10分ででます」っていったのですが
綿棒抜いたら すぐに陽性反応がでて インフルエンザA型

すぐ出たってことは 相当ウイルスが増殖していたということでした

潜伏期間は1日から5日

と後でネットでみたらでていましたので
年始からの自分の行動を思い浮かべても どこで感染したのか
わからない状態のまま 特効薬の処方措置が開始でした
a0084343_13589100.jpg

別室へ移されて 看護師さんに助けてもらいながら
イナビルという吸入型の粉末のお薬を口から吸入です

インフルエンザウイルスは喉や咽頭で増殖するから
そこへ特効薬を直接振りかけて ウイルスの増殖を抑制するのだそうです
a0084343_13573552.jpg

先生からは 今日と明日 二日間は安静にして寝ているようにと・・

3日後は もう人にうつすウイルスはあなたの体からは出てこないけど
マスクをして 念のために 外へはでないこと

つまりインフルエンザは特効薬を処方すれば
個人差はあるものの2日間でウイルスは退治でき 
発症して5日で完治ということになるのでした

私の場合は発症が月曜日ですから 金曜日までのガマンか・・・

特効薬も処方してもらったし すぐに治るとちょっと楽観

幸い 夫の妹さんが 来られていたので仕事の手伝いを
お願いして 私は眠ることにしたのですが・・・

予防接種をしていたので 38度以上の熱は出ませんが
常に37度5分で熱が続き その日も苦しい息でひたすら寝るだけ

水曜の朝になると微熱(36度8分から37度1分)にダウンでやれやれ

ところが まだまだ身体がスカッとしません

またまた 一日ダウン状態

でも 寝ながらテレビをみたり iPadminiをいじったり
本を読んだりぐらいはできるように

でも微熱の範囲は変わらず推移

どう考えても 翌日からの仕事は無理なので いつも木曜のお手伝いを
頼んでいるかたに 金曜もきていただく交渉をして やっと気持ちも安心

熱があるということは 身体の中でウイルスとの
闘いは続いているということなので 無理やり熱を下げては
いけませんので 汗をかくくらい暖かくして自然治癒を目指しました

うとうとしたら 汗をかいて目が覚めるの繰り返しで
木曜 金曜と 夕食の準備をする以外は ずっとベッドの中でした

すかっと治らない状況に ちょっと心細くなって・・・
金曜の夕方 かかりつけ医に電話して 今の状況を説明すると
「イナビル投与後 すかっと治る人とだらだら治るタイプの人がいる
あなたは もともと体力がないから きっとだらだらタイプだね」って

それに もう若くないから・・・とも言いたいのだな!って
思いながら 聞いていましたが
「肺炎を起こしたらいけないから 抗生物質を追加で処方するから
家族の人にとりにきてもらってください」といわれましたが
仕事で誰もいくことができないので 翌日もらうことにしました

なんか すっきり治らないことに ショックをうけて
その日も 微熱にうなされながら眠りました

明けて土曜日の朝 目覚めたら 身体が軽い!!

熱も平熱

昨日までとまったく違うことに驚きでした

だらだらタイプの私のインフルエンザ奮闘は発症からまるまる5日で完治でした

抗生物質のお薬はもう必要ありませんが 一応いただいて・・

6日目の夜 ようやくお風呂にも入れて さっぱりでした

7日目の今日は買い物にもいき こうしてパソコンの前です

普通に動ける身体の状態って 本当にありがたいことです

特効薬をもらったら すぐに治るとおもっていたイメージの
インフルエンザでしたが そんなのは
もともと元気な人や 回復力の早い子供の話で・・・

私のような 体力も 免疫力も疲れて低下している人間には
やっぱり 特効薬あっても怖い怖い 病気です

予防接種してても 感染し
特効薬処方されても 身体の中でウイルスは大暴れ

体重もダウンで ふんだりけったり

因みに 私以外の家族は誰も感染していないし
息子家族も みんな元気

私一人が弱いと証明された 今回のインフルエンザ感染顛末です

これも 記録としておきます

さて 今振り返って いつ感染したか 考えてみたら
3日の日にいった ショッピングモールだったかな?なんて
おもっています

映画館というのは あり得ないことでもないですが
あまりに 発症直前で潜伏期間 5時間なんてことはないでしょうが・・・

インフルエンザが猛威をふるっています

人ごみにいくときは マスク装着で 帰宅したらうがいと手洗いです!!

a0084343_14402337.jpg

[PR]
by banban0501 | 2015-01-11 15:01 | 日々の記録・雑感 | Comments(38)

・・・・TOPに戻る・・・・
2014年 10月 26日
スーパーハイビジョンプレミア上映 杉本文楽 曽根崎心中
ブログ更新は1週間に一度はと 目標をもっている
私のブログ生活ですが 今週は とても忙しくて
ブログアップの時間も話題もないままでしたが・・・・

一つ面白い体験を今日はしてきました

お友達が 杉本文楽の「曽根崎心中」をスーパーハイビジョンカメラで
撮影した映像のプレミア上映のチケットをくれました

杉本文楽??

スーパーハイビジョン??

なんでも興味をもつ私は 今日 午前中の用事を済ませて
午後から のこのことでかけることにしました

まずは おひとり様ランチで お好み焼きです
a0084343_18251612.jpg

お好み焼きを食べる時はビールが欲しくなります!!

腹ごしらえをして 大阪梅田グランフロント北館へ

今日の大阪は とても暖かで晴天でした
a0084343_18275385.jpg

グランフロントへいく人は 相変わらず多いこと!!

芸術の秋です 北館では いろんなパフォーマンスが開かれ
買い物以外も楽しめそうでしたが・・・
a0084343_22183144.jpg

お店を覗くでもなく 上映場所の4F ナレッジシアターへ
a0084343_1827050.jpg

本日の映像で登場した 一人使いの文楽人形が お出迎えでした

普通の文楽人形は 総丈は ほぼ人間と同じぐらいですが
これは 一人で操るので 80㎝ほどの背丈です

この人形が 曽根崎心中のプロローグ的な
「付り観音廻り」の部分で登場していました

「付り観音廻り」という部分では 浄瑠璃語りが主で 
大阪の観音寺の名前が多く登場するのですが 
その語りにそって この人形のお初が 三十三か所の観音さんを
巡るという趣向を 映像でみせてくれました

曽根崎心中の「道行」の場面などを 歌舞伎でみたことがありますが
「付り観音廻り」という部分があるとは 知らなかったことでした

観音廻りをするお初についての解説が ここ にありましたが・・

現在の文楽でも この部分は割愛されるというのに
杉本文楽では ここから 始まります

杉本文楽は 近松門左衛門の原作の脚本に忠実に作られているのだそうです

一つの新しい文楽の試みをされているようです

実は 文楽自体も私は いまだ未体験でした

理由は 義太夫語りの言葉が難しくて ちょっと敬遠だったからです

今回の杉本文楽は 字幕をつけてくれていますので 難しい義太夫の
語りの内容もなんとか わかりました

でも 歌舞伎や今までの文楽とはちがって舞台装置がいたってシンプル

生玉神社の場面では 鳥居があるだけ

天満の橋の場面では 橋の欄干を表す 棒が横に一本

遊女 お初のいる天満屋では 小さな階段と徳兵衛が隠れる縁の下を表す板一枚
出入り口を表す引き戸が一つ

そういう舞台装置の背景は真っ黒です

二人が心中場所として選んだ 曽根崎の森は 木々のシルエットで表現でした

後でトークショーに出演されたプロデューサーの方が説明してくださって
わかったことは 従来の舞台装置では 左右の動きでしか表現できないことが
黒のバックにいらないものをそぎ落とすことで
想像力の世界になり 前後の動きも可能になるとのことでした

しかも 驚いたことに 普通の文楽では 主使いの方は顔を出して
演じられるのに 人形の使い手3人とも黒子衣装で顔もまったく見えません

なにもかも ユニークなのでした

この公演スタイルで海外公演も行い 高評を博しているらしく
ヨーロッパの観客は人形と3人の使い手が一体となった
ダンスパフォーマンスのように とらえているのだそうです

そういうことは びっくりなことでしたが
はじめて曽根崎心中を文楽で楽しみ その人形の顔の表情だけでなく
人形の手の指先にまで 表情があり 人形が演じていることを
忘れさせてくれる所に 文楽のすごさを感じたことは確かです

歌舞伎も はじめて体験は 気軽に見れるシネマ歌舞伎からでした

2,3度 見たあと 生の舞台をみてみたいと思うようになりました

文楽も こういう映像という形で気楽に鑑賞できたら舞台観客も増えるでしょうね

お話は・・・

恋仲だった二人ですが 徳兵衛は叔父に婿入りを迫られ
断る徳兵衛に それなら継母に先に渡した結納金を返せと言われ
継母から取り返したその金を 悪い友達に貸したばかりに
だまし取られるだけでなく 借用書を偽造したと濡れ衣まで着せられて
にっちもさっちもいかなくなって死を決意し お初まで道連れという
今なら 考えられない エンディングではありますが・・・
a0084343_18572492.jpg

上の写真は 今回のポスターですが
この写真の 遊女お初は 死んでいるのです

徳兵衛は 息絶えるときは 一緒にと
この後 短刀で自分の喉をかき切るのですよ

本当に最後は 切ない幕切れです

死んであの世で添い遂げられるようにと 二人の体を
お初の帯で結び「心中の手本となろう」というのですが・・・

死んだ二人の姿の最後に 義太夫語りが こう語ります

「恋の手本となりにけり」

元禄16年4月7日に醤油問屋の手代 徳兵衛と 堂島新地の遊女 お初が
梅田曽根崎天神の森で 心中を遂げてから一か月後
近松門左衛門が この話を脚色して人形浄瑠璃の芝居に仕立て
大阪竹本座で上演し 空前の大成功を収めたというから
当時の庶民は この悲恋物語に 涙したってことなのですね

それから 歌舞伎にも取り上げられ現在まで語り継がれる物語

昔は劇場でしか味わえなかったものが
今は スーパーハイビジョンで撮影されたものをみて楽しめる

お人形の表情もドアップでも綺麗で 三味線の音色も深くて幅があり
素晴らしい音響で スーパーハイビジョンというのも すごかったです

なかなか いいものを観劇でき 気持ちのリフレッシュできました!

実際の舞台の様子は こちら で見れますよ~

a0084343_19171270.gif

[PR]
by banban0501 | 2014-10-26 19:18 | 観劇 | Comments(22)

・・・・TOPに戻る・・・・