好きな旅行の話や 自分が興味をもったことをアップしています♪ 気になるカテゴリーからもどうぞ!
by banban0501
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
検索
カテゴリ
全体
始めまして・・ごあいさつ
ケアンズ
南イタリア旅行
NYの思い出アルバム
ニューヨークの思い出
アメリカ ラスベガス・ロス
イギリス・ロンドン
ドイツ・オーストリア話
スペインの思い出
南フランス
タイ 
読んだ本
ベトナム
韓国釜山ソウル
韓国ソウル・春川・水原
中国 上海
中国 杭州と上海再び
中国 北京
中国 麗江
台湾旅行
台湾旅行 再訪
中国 香港
マカオ・香港の旅
チェジュ旅行
奈良 今井町
伊勢・志摩の旅
白浜 南部の旅
北陸 金沢 山中
奥飛騨
松本・安曇野旅行
長崎とハウステンボスの旅
ハウステンボスの旅 二泊三日
八カ岳 リゾナーレ
富士山と日光
東京旅行
豊川 岡崎
箱根旅行
横浜・鎌倉旅行
熱海 三島
名古屋旅行
京都と琵琶湖・浜名湖の旅
クルーズ
京阪神ブラリぶらり
料理・食べ物の話
お金の話
映画
観劇
英会話
DIY 日曜大工 ミシン仕事
カバン作り
こども服
日々の記録・雑感
ちょっと驚いたこと
マイ 美術館
パソコンでお絵かき
パソコンで・・・・
お勉強!
読んだ本
日本語ボランティア

遺品整理
お役立ち情報
仕事関連
リホーム
収納の工夫
親指のトラブル
未分類
最新のコメント
★ fuchan_k ★..
by banban0501 at 20:30
上級エコノミーのことかし..
by fuchan_k at 17:44
★ salam2002 ..
by banban0501 at 23:24
こんばんは。 ことし海..
by salam2002 at 22:53
★ anello63 ★..
by banban0501 at 10:39
おー!アメリカでしたか!..
by anello63 at 23:30
★ sacromonst..
by banban0501 at 23:11
ご無沙汰いたしました。於..
by sacromonster at 16:20
★ yasukon20 ..
by banban0501 at 14:04
おはようございます。 ..
by yasukon20 at 09:35
フォロー中のブログ
生きる詩
ニューヨークの遊び方
気まぐれフォト日記
パリときどきバブー  f...
チョコットメモ記
小次郎じじ物語
折々の記
親父の HOBBY
Rabbitjumpの草原
空の見えるベランダから
neige+ 手作りのあ...
ひとこと、ふたこと、みこと
《ニューヨーク直行便 》...
日々の暮らし
~秋色紫陽花と暮らす日々~
本当に幸せなの?
気まぐれ日記
BABAうさぎの奮闘記 ...
ふうちゃん にっき
元気ばばの青春日記 気持...
はあと・ドキドキ・らいふ
OURHOME
やっぱり旅が好き♪
アンダンテのだんだんと中受日記
片付けたくなる部屋づくり
☆FREEDOM☆
さかえのファミリー
その日・その日
ブロ友パソコン相談室
Mrs.和やか in 手帳
無垢のおうちと収納と
FU-KOなまいにち
Linen Style...
IEbiyori
時流れるままに
シンプルで心地いい暮らし
Baabaの徒然に
はりねずみの日記帳
喜びも悲しみも幾年月
『 とっておきのお片付け 』 
元気ばばの青春日記 気持...
WITH LATTICE
時間を味方につける整理収...
ハーバードで奮闘中、日本...
白×グレーの四角いおうち
uri's room* ...
ivory*
クラシノート
片づけで、すっきり暮らし。
ほぼ100均で片付け収納に挑戦
外部リンク
ひとりごと
自称 記録魔
自分のために
記録して残して
おきたいことを
時々 更新です

メールはこちらから
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
more...
タグ
(113)
(72)
(59)
(51)
(38)
(25)
(24)
(23)
(22)
(18)
(17)
(16)
(14)
(13)
(13)
(12)
(12)
(10)
(6)
(5)
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
最新の記事
友の会ご招待 リトルダンサー
at 2017-10-15 23:46
上級エコノミー & 衣替え ..
at 2017-10-08 17:24
デジカメ トランク購入 & ..
at 2017-10-01 17:22
Evernoteとicale..
at 2017-09-24 14:46
高橋真梨子さんコンサート &..
at 2017-09-17 16:32
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
タグ:旅 ( 59 ) タグの人気記事

・・・・TOPに戻る・・・・
2016年 07月 30日
チェジュ旅行 2
チェジュ旅行一日目の続きです

東門市場で スカートのお直しや 眼鏡を発注したあと
junjunさん お気に入りの 海女のお店でランチタイムとなりました
a0084343_09324070.jpg
海のそばにある 小さな海女のお店 簡単なつくりのお店ですが
出されるものは 朝 お店の主人である海女さんが海に潜って採ってきたものが
提供されるという 貴重なお店です

いつもjunjunさんのブログで みているだけだった新鮮な
アワビ サザエ やりイカ そして アワビ粥 堪能でした!!

イカは透き通り アワビもサザエも肝までふわふわ
a0084343_09324595.jpg
箸休めのお野菜も お粥も 美味しくて・・・

幸せ気分で ゆっくりしてたら なんと4時です!!

慌てて観光です~

向かった先は 世界遺産「万丈屈」
a0084343_09324939.jpg
大きな公園の中に 万丈屈への入り口があります

万丈屈とは・・・

済州島(チェジュド)の北東部にある万丈窟(マンジャングル)は、
今から約30万年~10万年前に形成された世界最長の溶岩洞窟です。
規模の大きさ、保存状態の良さから地質学的な価値が高いとされており、
1962年に韓国の天然記念物98号に指定。
2007年にはユネスコ世界自然遺産にも登録され、国内外から観光客が訪れます。
約1kmの公開区間には溶岩流線や溶岩鍾乳、溶岩石柱など、
自然の力の偉大さを感じられる見どころがたくさん。
最終地点まで観覧して戻ると約1時間

ということで・・

階段を下りて地下へ進むと もう冷気で肌寒い
足元は 岩 いわ 岩
a0084343_09325426.jpg
滑らないように なるべく平らな石を選んで踏んで おそるおそる暗い中を進みます
a0084343_09325992.jpg
やっと250メートル進むと 大きな空間にでました
a0084343_09330346.jpg
この洞窟は 鍾乳洞ではないのです
火山の噴火ででた溶岩が まわりの地層を溶かしながら作った川の跡なのです

冷えて固まったあとに こんな洞窟ができたという訳です

ところどころに 奇岩がみえ やっぱり名前も付けられていますよ

これは 爪 だそうです
a0084343_09330746.jpg
あまりに足元が悪いところは 階段や歩道が作られています

ようやく1キロ先のゴールスポットへ到着です
公園の入り口にあったモニュメントは これを模しているのでした
a0084343_09331173.jpg
でも この先にも この溶岩洞窟は続いていて いまなお 調査中という
チェジュが誇る 世界自然資産なのです

こんなすごいもの みたことなかった!! 感動でしたが
歩くのも大変で またもと来た道?を歩く 歩くで やっと入口へ
a0084343_09331455.jpg
こんなものが 地中にあったなんて 発見した人はすごい!!

今夜は junjunさんに予約御願いして 
NANTAの舞台をみることになっていますので
あまりお腹が空いていませんでしたが 夕食のお店へ

チェジュ市内は 道路も整備されて 快適です
鉄道がありませんので 市民の足は バスか車

その車は ほとんどが 路上駐車
a0084343_09565334.jpg
用事があってお店へいくときは その近所へ路駐です

junjunさんも 路駐して 石焼き鍋のお店へ連れて行ってくれました
a0084343_09565967.jpg
アワビたっぷりの石焼き鍋 アツアツです

もっとお腹が空いていたら よかったけど 私の小さな?胃袋には
収まり切れず ちょい 残念(泣)

〆は スープをいれて お焦げごはんをこそげていただくと
これが 美味しいこと!!

こういう食べ方 好きです~

お土産にも お焦げごはんの素 を買った私です

お腹いっぱいになって NANTAの劇場へ
予約していただいて よかった! 観光バスがいっぱいでした
a0084343_09570318.jpg
チェジュの家々の入り口や 学校の門などに守り神として立っている
石像の トルハルバンも劇場の入り口でお出迎え

初めてみるNANTA 4人のパフォーマーが 両手にもった包丁で
太鼓じゃなくまな板と野菜相手に様々な 乱れ打(乱打 韓国語でナンタ)をご披露です
a0084343_09570689.jpg
楽しいショーを1時間楽しんで 夜の海岸線をドライブ
a0084343_09571027.jpg
イカ釣りの漁火が 幻想的で 美しかったです

これを空から見た様子を junjunさんが ここで ブログアップですよ

ホテルへやっと戻り 盛りだくさんの 一日目が終わりました
a0084343_09571461.jpg
明日は どこへ?

続きは次回です

旅行からもどり 身辺とても慌ただしいので
コメント欄は 閉じさせていただきますが
いいね ボタンで 反応してくださいね


[PR]
by banban0501 | 2016-07-30 10:50 | チェジュ旅行

・・・・TOPに戻る・・・・
2016年 07月 23日
チェジュ旅行 1
7月16日 17日 18日の三連休を利用しての姉妹旅行 
チェジュにお住まいの ブロ友 junjunさんのおかげで
本当に楽しく 有意義な 旅となりました

帰国後 身辺慌ただしく ようやくのチェジュ旅行記録となりました

時間がなくて・・・

今日は ほんのさわりだけ

今回の旅の様子をラインで どうしても留守家族に伝えたくて
海外Wi-Fiを借りることにしました

借りたのは 一番安かった 「イモトのWi-Fi」

借りる場所は JR関空駅改札前ですが 返却は 関空1Fです
a0084343_21491272.jpg
姉妹三人ともタブレットでの Wi-Fi利用なので 
まず私のを設定してもらい手順を覚えました
a0084343_21491863.jpg
搭乗手続きを済ませたら 手荷物検査場への長打の列にびっくりで
三連休で海外旅行と日本へ来た外国人の出国で
ほぼ1時間近く並んで 免税店で買い物する時間もたった5分で機上の人に

a0084343_21492707.jpg
日本旅行の気ままにスティというプランでしたので
チェジュの空港には 現地係員がお出迎えでしたが junjunさんもきてくれていました

なのに 預けたスーツケースもなかなかでてこず お待たせしてばかり!!

京都での オフ会から2週間ぶりの再会を喜んで ホテルへ~

旧市内の龍頭岩からも近い ラマダホテル
a0084343_21493138.jpg
3時がチェックインということでしたが
昼まえなのに もうお部屋に入っていいというので
junjunさんと一緒にお部屋へ~
a0084343_21493535.jpg
荷物を置いたら さっそく観光です
a0084343_21493921.jpg
junjunさん お勧めのパンやで 明日の朝食確保
a0084343_21494474.jpg
倉庫的雰囲気のオシャレなお店で
パンの他にも綺麗なケーキもショーケースにありました

その後スカートのお直し依頼に 東門市場近くのお店へ
a0084343_21494887.jpg
ついでに 東門市場も見学です
a0084343_21495362.jpg
新鮮なのは 魚介類だけでなく 美味しいジュースも ある~
a0084343_21495653.jpg
このデコポン(とはちょっと違うらしい)ジュース 混ざりものなしで
めちゃ 美味しかったです

もちろん 魚介もいっぱいで 今の旬は やりイカと太刀魚
a0084343_22155423.jpg

生けすで泳いでいるイカは透き通っていますが
もっと 新鮮なやりイカを食べさせてくれるってjunjunさん

朝 潜って取った やりイカのお刺身を食べにランチへ

今日は ここまで・・・

忙しくって 今回のチェジュ旅行の写真整理ができてません

次回をおまちください


[PR]
by banban0501 | 2016-07-23 10:13 | チェジュ旅行

・・・・TOPに戻る・・・・
2016年 07月 07日
京都オフ会は買い物と杉本家訪問 & 墓参り
7月2日土曜日に 妹の住む京都でオフ会をしました

図々しい姉は 妹に案内役をお願いして しまいました

名古屋と東京からくるお二人との待ち合わせが京都駅
京都駅は16年前に大改装されて 大きな吹き抜けをもつ空間のある
中央口と その反対側の八条口がメインですが・・・
a0084343_13202003.jpg
お二人とは 新幹線中央口で待ち合わせ

20年ぶりの京都という junjunさん をお連れしたのは
a0084343_13202756.jpg
3Fの大きな階段

これができたときは 私もわざわざ見に来たぐらいですが・・・

ここから地下鉄で 四条烏丸へでて 錦市場をぶらぶら散策
a0084343_13203216.jpg
チョココロッケのお店があるよ
この豆はお好みの箱にいれてくれるよ

とか 京都在住の妹よりも詳しいのが 元気さん!!

約一キロ続く錦市場の端から端まで歩いて寺町通りを抜けて・・
a0084343_13203695.jpg
四条河原町通りへ
鴨川の手前を入ってすぐの高瀬川沿いの ランチのお店へ
a0084343_13204187.jpg
1時間半ちょっとゆっくりおしゃべりして 日差しのきつい外へでて
四条通りのお店を ウインドショッピング
a0084343_13204517.jpg
花見小路も昼間は風情はなく とにかく暑い!!

タクシーに乗りましょう~

四條通りの歩道が広くなった分 車道は一車線で バスが通るので
もう すごい渋滞で 四條通りは 避けてる・・・とは ドライバーのおじさん(笑)

むかってもらったのは 綾小路新町の 杉本家住宅
a0084343_13205230.jpg
重要文化財
 杉本家住宅は、京都市街の中心部に所在する町家で、綾小路通に面して広い屋敷地を占める。主屋は、表側の店舗部と裏手の居室部を玄関で結ぶ表屋造(おもてやづくり)の形式で、主屋の後方に大蔵、隅蔵、中蔵が並び建ち、屋敷の周囲には高塀を廻らせる。
 杉本家住宅の主屋は、伝統的な京都の町家形式をよく示し、保存状況も良好で、市内に現存する大規模な町家建築として、高い歴史的価値を有している。また、江戸期の土蔵とともに、明治期から昭和初期にかけて整えられた茶室なども保存され、町家の屋敷構えをよく伝えている。

京都の町屋保存の例でも 特に有名なのですが
いつも公開されているわけではなく この日は特別公開日だったのです

道路に面しているのは お店部分で 中央から入ると
a0084343_13210700.jpg
居住空間である奥の建物に 中庭を抜けてはいります

入ってすぐに受付があって 荷物を預けたら自由に見学
デジカメなどのフラッシュのたける機器での撮影は禁止ですが
スマホとか携帯でなら写真撮影OKと言われて 私はiPadで!

でも この建物 広くて 庭がいくつもあって 後で考えても
どういうお部屋の配置になっていたのか さっぱり思い出せませんでしたので
ネットで検索して 探しました
a0084343_13213314.jpg
上の地図の赤い字のお庭で お部屋を確認です

台所である 走り庭
a0084343_13240468.jpg
受付からすぐは 座敷庭が望めます
a0084343_13241642.jpg
夏仕様の建具がいろいろあって これを見たかったのです

新聞やテレビで紹介されるこの家の夏仕様

「涼を得るために、多くのふすまや障子が取り払われ、簾戸(すど)や簾(すだれ)とい
った夏用の建具に代えられます。簾はその実用性だけではなく、「前栽を透かすことで
視覚的に涼感を得る」という、知恵も隠されているようです」

というのを体感できました!

仏間は祇園祭の間は仏さんはご遠慮なので 扉がしまっていますが
仏間と厠との間にある仏間庭というものがあるのも珍しい
a0084343_13242636.jpg
大きなカメが 鎮座しているのも風情あり
a0084343_13243028.jpg
八畳の間から見える庭は 地図でみたら じつは表通りに面していました
a0084343_13242186.jpg
表通りに面して店の間との背中合わせの 洋間には クーラーがあって
a0084343_15145656.jpg
自然の涼 よりは やっぱりクーラーはうれしい

倉には専用の建具スペースがあって
今は学生さんが 手伝いにきてくれて入れ替えするそうです

四季の移ろいに合わせた料理や儀式を準備するのも伝統だそうで・・

柔らかい物腰で親しくお話くださる当代当主夫人と
写真集をみながら 座敷で いろんなお話をきいて
古いおうちを守っているご苦労を 感じて お暇でした

伊右衛門サロンへいくというと 歩いて10分ぐらいです と教えてもらったのですが!!

猛暑の京都で歩き10分は 大変でした(笑)

やっと見えた
a0084343_13243605.jpg
私は抹茶ビール(抹茶を溶いて ビールを注ぐ)
他の3人は 抹茶ソーダ(抹茶を溶いて ソーダで割る)

抹茶ソーダは大人の味だという3人だったので
私も一口 飲ませてもらったら なんと抹茶ビールと同じ味!!

考えたら 同じ味になるかも????

みんなで大笑いでした~

汗が引いて ようやく ほっとしたら もう5時

またの再会を約して お別れでした

junjunさんの故郷は済州

今年の姉妹旅行も済州

もうすぐ再会ですよ~ 楽しみです

こんどは 元気さんに会いに名古屋へ行くぞ!!です

翌日も ピーカンのお天気の中
姉妹そろって 母の命日なので 墓参りでした
a0084343_13245677.jpg
墓参りの帰りは いつも 駅までの道でランチタイムです
a0084343_13250051.jpg
この時 姉妹で夏バテ対策料理の話題がでて その後もラインで情報交換

ラインの便利さを またまた再確認

その話は また次回に・・・

二日連続で 猛暑の中のお出かけで 少々 お疲れでしたが
あれから 関西も雨も降らず 毎日暑いこと~
a0084343_14262156.jpg

[PR]
by banban0501 | 2016-07-07 14:29 | 日々の記録・雑感 | Comments(14)

・・・・TOPに戻る・・・・
2016年 04月 07日
ハウステンボスの旅
4月1日から3日まで 二泊三日のハウステンボスの旅へ
友達4人でいった記録です

長崎は関西からは遠いので飛行機が一番
朝一番の飛行機は3か月前でもゲットできずお昼のフライト
a0084343_22042283.jpg
HISのフリープランをチョイス
園内で使うパスポート代金を含めると他の
旅行会社と比べるとやはりかなりお得でした

荷物も機内持ち込みにしましたので旅行社から送られたクーポンの
QRコードを機械にかざすだけで超簡単

搭乗時間まで空港内カフェでランチタイム
予定通りの出発で
お喋りしてたら もう長崎
a0084343_22045820.jpg
〔写真の説明は間違いです 空港は人工島ではないそうです〕

西肥バスのハウステンボス行 特急に乗車して1時間
a0084343_22051466.jpg
4時到着

荷物はバスターミナルすぐそばにある 園内ホテルの荷物預かり所へおき
身軽になって入国ゲートへ
a0084343_22052757.jpg
まずクルーズ船にのりました
a0084343_22053420.jpg
右にチューリップ 左に別荘地
a0084343_22053953.jpg
昔行ったオランダのアムステルダム郊外の高級住宅地とそっくりです

下船して アムステルダム広場の「ギヤマンミュージアム」へ
a0084343_22054693.jpg
ここでみたかったのは このシャンデリア
a0084343_22055115.jpg
古いものから近代のラリックまでのガラス工芸品の数々です
a0084343_22060057.jpg
夕食タイムは ホテルアムステルダムへ
a0084343_22061874.jpg
豪華なロビーにはレストランはなく フロントのみ
外に やっぱり豪華な雰囲気のレストランが併設
a0084343_22062447.jpg
ビュフェスタイルですが 食材が素晴らしいのでお味も一流

お腹いっぱいになって外へでると すっかりイルミネーションの世界に~
a0084343_22063562.jpg
夜のクルーズ船にのりました
昼とまた違う趣向となっています
a0084343_22064743.jpg
そして 今回の友達は宝塚大好き仲間ですので
ハウステンボス歌劇団の公演をみにいったのです
a0084343_22065963.jpg
本場の舞台とは 大違いな しょぼいステージでしたが 歌劇団の出し物は
本物にまけていなかったので 大いに楽しめました

もっといい劇場をつくってあげて欲しいものです

1時間の公演を楽しんだあとは アートガーデンを散策
a0084343_22070529.jpg
バラの季節にはバラ園となる庭園は光のガーデンになっていました

時刻はもう10時 やっとホテルへ

園内には4つの直営ホテルがありますが
私たちが選んだのは コテージタイプのフォレストヴィラ
a0084343_22071164.jpg
中は2階にベッドルーム二つで 1階にキッチンつきリビングやお風呂などが・・・
a0084343_22072397.jpg
お風呂が欧米スタイルでなく家と同じタイプなのが とてもよかったし
リビングも広くて みんなで過ごすには快適でした

翌日の朝食は レストラン棟へ
a0084343_22074497.jpg
お庭をみながら ゆるりと食べて ゆっくり出発

夜のメイン 花火大会までは 園内で遊びます

私たちの目的は 美術館めぐり

まずはホテルにちかい ハウステンボスパレスの ボタニカルアート展へ
a0084343_22080063.jpg
a0084343_22081041.jpg
素晴らしいボタニカルアート(植物学的に詳細に描かれた草花)を堪能して
つぎは 磁器工芸品をみにアムステルダム広場のポルセレイン美術館へ
a0084343_22082005.jpg
ここでの圧巻の展示室は 陶器の間
a0084343_22082804.jpg
しばし このお部屋で 圧倒されていましたが 次にドムトルーンという名の塔から
ハウステンボス全体をみることに
a0084343_22083815.jpg
ランチタイムになりましたので クルーズのときにみつけた川沿いのBBQのテントへ
a0084343_22084468.jpg
魚介やらソーセージやらで 満足したあとは アトラクションシティへいき
なにかしらのアトラクションも楽しむことに
a0084343_22084990.jpg
ホライゾンシアターの水の演出に感心し ワンピースのライドも楽しみ
スリラーシティで幽霊病院にはいったりしたあと
ふっと 目の前にあった このホログラムシアターにはいることにしたのですが・・・
a0084343_22085405.jpg
これが すごかった!!

映像技術もここまできたか~というぐらいの臨場感あふれる映像によるliveショー

この技術があれば 東京のコンサート会場で開催されるliveを
全国のシアターで体感できると納得の映像でした

みないとこれは 伝わりませんが・・・

いつかこういうliveが普通になる日がくるかもしれない

5時になったので 早めの夕食
a0084343_22090348.jpg
花火大会の観覧席も予約していったのですが 席は自由なので
やっぱり いい席を確保するために会場へいってみると
花火を正面でみる位置の席は すでに 人がいっぱい

なんとか4人分確保できました
a0084343_22090889.jpg
夕がたから すごい人が入場です

花火大会は7時15分からですので その前に白い観覧車に乗りに
a0084343_22091880.jpg
日没後にいけばよかったかな?

さて 花火大会会場へもどると 夜の帳がおりてきています
a0084343_22092823.jpg
花火大会は 3部構成で3時間

この日は世界花火師大会へ出場にエントリーされた二つの花火会社の
花火が打ち上げられて いい方を観客が渡されたコインで投票する一部

日本代表を決める予選で 次回はゴールデンウイーク
 
9月が決勝戦のようです

2部は九州一をきめる大会で 10号玉と15号玉のみで
競い合う競技に12チームの花火が 上がり これもスマホで投票

休憩をはさんで いよいよハウステンボス独自の花火大会で
レーザー光線とコラボで2万発 ラスト5分でなんと8000発の花火があがり
その迫力は 花火工場の大爆発!!って感じで感動でした

年々グレードアップしていると お隣に座っていた北九州からのご婦人情報でした

すごい花火の写真は撮影できずで 変わった花火だけ・・
a0084343_22093386.jpg
動画をさがしましたら ここ にありましたので 興味のある方はご覧ください

花火に満足して 仮面舞踏会なるところへも
a0084343_22093993.jpg
ただでマスクをもらい ちょっとだけ踊って?ホテルへ

ハウステンボスこの日は24時まで営業でしたが もう疲れました(笑)

ぐっすり眠ってラスト日 今日の目的はお買い物だけなのでゆっくり朝食
a0084343_22094499.jpg
チェックアウトしたら荷物をまた入国ゲートにあった荷物預かり所へフロントから
運んでもらえますので 身軽にショッピング
a0084343_22095347.jpg
チーズやカステラや 花のモチーフのタオルなどをお土産にかっただけ・・

メリーゴーランドにも乗ってみましたが・・・

最後はチューリップ広場へ
a0084343_22095800.jpg
なんと有料ですが お持ち帰りができるようです
もう チューリップも終盤だからでしょうね

いよいよ お別れ
a0084343_22102913.jpg
帰りのバスの車窓からは 満開の桜がみえました
a0084343_22100380.jpg
夕方4時に伊丹空港着

ミュージアム巡りはできたし 花火は楽しんだし 満足の2泊三日でした

園内の施設の半分も たぶん廻っていないとおもいますが
花火大会のときにお隣に座ったご婦人の言葉をかりて・・

東京ディズニーランドも大阪のUSJにもいきましたが
私は このハウステンボスのゆったり まったりして楽しめるところが好きなので
年間パスポートで 楽しんでいますと

その言葉に納得のハウステンボスでした

前回 ハウステンボスをツアーで 6時間滞在で訪れたときは
時間がなくて 駆け足ばかり

今回は みたいものだけ ゆったりまわり とてもよかったです

海水を真水に変える設備が素晴らしかったハウステンボスだそうです
でも 人が入らず倒産で HISが買い取り 大変身させました

花火大会のときにも ご挨拶があり はじめて拝見しましたが
小さな子供から大人まで楽しめるパークにした沢田社長 すごい人です

最後にチューリップの写真でしめて 記録終了です
a0084343_22104321.jpg

[PR]
by banban0501 | 2016-04-07 12:27 | ハウステンボスの旅 二泊三日 | Comments(24)

・・・・TOPに戻る・・・・
2016年 01月 11日
熱海ビッグオフ会旅行へ

ブロ友 元気さんが 一泊二日のオフ会旅行を計画してくださいました

仕事で平日うごけない私にみなさんが合わせてくださって1月の三連休を利用です

宿泊は超人気のお宿なので3か月以上も前から予約してくださって・・・

この電車にのってくださ~い!!

と列車スケジュールも立てていただき ようやく待ちに待ったオフ会

ワクワクだったので めちゃ早起きできて我が家を出発
a0084343_18442831.jpg
新幹線の中でゆっくり朝食を食べていたら もう名古屋~

名古屋駅の在来線改札で 
愛知の 元気さん ひまわりさん うさぎさん のブロ友さんと合流でした

これから 静岡まで在来線を18切符でいきますよ~と教えてもらい
豊橋で乗換ると なんと そこに 今度は 小次郎さんがいた!!
a0084343_18444041.jpg
計画は全て元気さんにお任せだったのですが こうして
2年前の 豊川でのビッグオフ会 の再開の始まりです

お喋りしていたら すぐに静岡です

18切符はすきな所で途中下車して 目的を果たしたら また次へいける

この静岡での目的は 駅の中にあるこのお店でランチすることでした
a0084343_18444905.jpg
新鮮な海鮮料理が めちゃ安です
a0084343_18445454.jpg
お腹いっぱいになったので 本日の宿泊地 熱海へ

途中の 富士川でみた富士山は・・・
a0084343_18450034.jpg
熱海へいくのに乗換ましたが 
私は 何線に乗り換えたのか?よくわかっていませんが・・・

小次郎さんは 熱海の手前 三島でおりて1人旅へ~
a0084343_18450657.jpg
熱海では 関東から参加の ふうちゃんが まっていてくれました

2年ぶりです

熱海は昔からの温泉町 駅は 結構山手にあって 丘から海岸へむかって
温泉街が続いているという感じなのでした
a0084343_18451235.jpg
立派なアーケードのある商店街を抜けたところに 今夜の人気のお宿
伊東園グループの熱海館 が ありました
a0084343_18451818.jpg
2時に到着したのですが フロントはすごく混んでいます

みなさん早くきて チェックイン手続きです

食事の時間 無料カラオケルームの予約と 当日でないと
受付てくれない手続きがあるのです

食べ放題 飲み放題 歌い放題で 7800円 ですから!!
しかも 一年365日料金変わらないなんてすごすぎです

荷物をロッカーにいれて 熱海の海岸 お散歩へGO~
a0084343_18452356.jpg
ホテルからずっと下っていくと ようやく海岸がみえてきました

海岸沿いに遊歩道があるこの風景
a0084343_18452873.jpg
前にいったニース の風景と なんか似ています
a0084343_18453470.jpg
ニースの海岸には ないのが 尾崎紅葉の人気小説 金色夜叉 ゆかりのもの
a0084343_18460693.jpg
もちろん 貫一お宮の像もあり・・・
a0084343_18461253.jpg
ここで こんな記念撮影のカップルさん

この後 二人なかよくの ラブラブ写真も撮影でした!!

熱海の海岸散歩する~♪ 貫一お宮の二人連れ♪ 海岸へいかなくては~
a0084343_18454153.jpg
小一時間 散歩して いよいよ お部屋へ~

実は 元気さんからは

安いからね お部屋は期待しないでね!!なんて言われていたのに

なんということでしょう~
a0084343_18462592.jpg
一応 オーシャンビュー~
a0084343_18464028.jpg
新幹線が どんどん走るのを眺めながら 夕食前のおやつタイム

沢山しゃべって楽しい時間はあっとすぎ お食事時間になりました

安いから 期待しないでね!の言葉とは 大違いな 美味しさでした
a0084343_18465326.jpg
飲み放題ですから ビールや日本酒熱燗で ほろ酔いの私たちは
食後の運動へ
a0084343_18470045.jpg
卓球は 空振りばかりでしたが カラオケは 気持ちよく歌って大浴場の温泉へ

湯上り婆たちは 11時から 無料カラオケルームへ

個室のカラオケルームの扉が 吊り扉で床と隙間があるので
声が どの個室からも漏れ放題で 大いに 笑えましたが 
負けじと 大音量で1時間歌い 楽しい時間を過ごしました

お蔭で 気持ちよく ぐっすり眠り 爽やかな朝を迎えたのでした

朝食メニューも 充実で
a0084343_18470637.jpg
ゆっくり食事して出発です

熱海駅から三島へ
a0084343_22013716.jpg


みしまる切符を購入です
a0084343_18471898.jpg
三島から箱根峠へいく途中にある 
三島大吊橋 スカイウオーク駐車場 へ バスは登っていきます
a0084343_18472349.jpg
スカイウオークを渡る料金は 大人1000円 安いのか?高いのか?

でも 富士山のビューポイントとしては 素晴らしい所でした
a0084343_18472905.jpg
400メートルの吊橋は 揺れます~
a0084343_18473601.jpg
足元は のぞきこまないと見えませんから 怖い感じはないので
もっと 隙間をあけたら いいかも?なんて声も ちらほら

恐怖心も味わいたい??

でも 重なる雲を下にして♪ 富士山は 日本いちのやま♪
a0084343_18474270.jpg
少し霞んで 遠くに駿河湾もみえます

橋をわたりきったところにも 展望台があります
a0084343_18474741.jpg
渡った橋を 今度は富士を背にして 戻りますが その頃には
気温があがるせいか雲が どんどん 上へあがっていって 
富士山も 見えにくくなってました

冬のお天気のいい日の 午前中が 富士山をみるには 一番だとか~

帰りに 温室になっているお土産ものやさんものぞき
a0084343_18475385.jpg
帰りのバスを待ちましたが 3連休で三島から箱根への道路は大渋滞
1時間遅れのバスになってしまいました

三島の駅で ランチタイム

またまたお寿司です(笑)
a0084343_18475730.jpg
旅の楽しみは やっぱり 美味しい食べ物と 景色です
連ちゃんでも ここのお寿司は 大満足です

お持ち帰り用があるのも 嬉しいお店です

ここで 新幹線に乗る関東の ふうちゃんとは お別れ

私は ここでは乗らないで もう少し先まで 
愛知レディースと ご一緒して静岡から 新幹線へ
a0084343_18480599.jpg
私が新大阪へついたのは 
18切符の 静岡から名古屋へ向かう愛知レディースより早かった!!

この新幹線の特急料金は ジパング倶楽部で購入で3割引きで2500円ぐらいでした

18切符は 日本全国どこまでも乗り放題で2370円
a0084343_18481217.jpg
今回は ジパング倶楽部と 元気さんの18切符のお蔭で
安くて 旨くて 念願の富士山も拝めて 充実の旅となりました

ほんと 楽しかったです!!

ブログでつながったお友達と こういう旅もできるって ほんと不思議な縁ですね

a0084343_22224286.jpg




[PR]
by banban0501 | 2016-01-11 22:26 | 熱海 三島 | Comments(34)

・・・・TOPに戻る・・・・
2015年 10月 04日
笑う指人形 & ひなちゃん運動会 & ネット講座
10月1日の新聞を広げたら この記事が目に飛び込んできました
a0084343_11122294.jpg
(拡大できます)

懐かしいな~

昨年の11月に日帰り旅行で 東京でオフ会 をしたときに
この笑う指人形を見に行ったのでした

どうして こういう人形が生まれたのか 記事を読んで納得でした

旅をしたときには 気が付かなったこと 
知らなかったこと そういうのをあとで 
テレビや新聞や本 そしてブログで
情報を得ると 旅の思い出も深くなりますね

いろんな情報といえば・・・

最近は本や新聞だけでなくネットでも いろんな勉強ができるというのを
お友達からの情報でしりました


アメリカで始まったMooc(ムーク)の日本版が2013年からできたそうです
(一般社団法人日本オープンオンライン教育推進協議会(略称JMOOC)

簡単に言えば インターネットによる無料講座って感じでしょうか?
いろんな大学の先生の専門分野の講座をネットの画面上で視聴です

昨日は家でゆったりできましたので ちょっとこの情報をチェックしたら
ネットで動画をみる感覚で受講できそうなので さっそく会員登録しておきました

講座の最後に終了テストがあって合格点をとれば終了証ももらえる
ということですが それは もらえなくても 興味あることを勉強できれば
それでいいという感じでトライです

今 開かれている講座でも先の講座でも 受講できますので とりあえずは
興味を引いた「歌舞伎の経済学」12月開校を申し込みました~

どんな感じでしょうか?内容も今から楽しみですが
自分自身続けられるかどうか そんなところも 興味ありです

さて

運動会日和となった今週の土日ですが 今日はひなちゃんの運動会

幼稚園の運動会にも使われた 今通っている小学校の校庭へいくのは
お兄ちゃんのときから数えたら8回目です

いつも駅から学校まではタクシーで移動なので
ドライバーさんに「○○小学校へ」というと
「運動会ですね~ 今日は 駅から学校へのお客さんばかりです」って~

孫の運動会をみにいくジジばばがいっぱいってことですね!!

素晴らしい秋晴れのもと ひなちゃんたち1年生は旗のダンス
a0084343_20381589.jpg
a0084343_20382143.jpg
一生懸命でした

次はかけっこ
a0084343_20383203.jpg
走るの大好き少女のひなちゃん ダントツに一番でした

玉入れは 残念ながら 白は2戦2敗でした
a0084343_20382676.jpg
昨年まで子供たちは教室でお弁当を食べていたのが
保護者と一緒に食べることになりました

今までは日曜でも働いている保護者もいるだろうとの配慮だったのですが
やっぱり 運動会は特別な日という位置づけに変わったのでしょうかね~

そのせいか例年よりも みている人の数も多くてびっくりでした

当方も ひなちゃん1人に観覧者は私をいれて6人でした

ひなちゃんも みんなと一緒のランチタイム 
やっぱりうれしいのか いっぱい食べて大はしゃぎでした!!
a0084343_20391275.jpg
ひなちゃんと ひなちゃん応援の お兄ちゃんにも ちょっとしたプレゼントも渡し
a0084343_20553869.jpg
秋晴れの一日 久しぶりに太陽満喫の一日でした

a0084343_16434740.jpg

[PR]
by banban0501 | 2015-10-04 21:09 | 日々の記録・雑感 | Comments(26)

・・・・TOPに戻る・・・・
2015年 08月 19日
台湾旅行(四日目)台北101&忠烈祠&帰国&お土産
台風一過の町を散歩した翌日は もう帰国の日です

朝からテレビは台湾中部の洪水の模様を伝えて・・・
a0084343_10340749.jpg
上のニュースの男性 自力では動けず 
川のようになった道路にロープをはってもらい
救助隊員の助けをかりて救出されていましたよ

3連泊最後の朝食です

3連ちゃんで 食べたラーメン はまりましたね~
a0084343_10341101.jpg
5時発予定の帰国便のホテルお迎えは 午後2時20分
コンシェルジェさんに12時のチェックアウトを
2時にサービスで変更してもらえたので荷物はお部屋に置いたまま お出かけです

目的地は 衛兵交代式が名物の忠烈祠

地下鉄でいけま~す

台北の観光地は 地下鉄(MRT)とタクシーの組み合わせでいけますよ

タクシー料金も安い(だいたい10分のっても500円)

その前に

ホテル前のJTBラウンジへよって 飛行機がでるかどうか確認です

ラウンジに入ると 朝8時というのに すごい人です ざっと20人

はじめは 観光案内かとおもったのですが
みなさん 飛行機の便を取るために 来ておられるのです

私たちも 予定の飛行機が飛ばなかったら 
観光どころでなくなり この中に入らなければいけなったってことです!!

遅れがありますが 出発しますって~

よかった~~~とおもい 最後まで観光するぞ!!
a0084343_10341532.jpg
便利なMRT淡水信義線の圓山駅下車
a0084343_10341979.jpg
駅前のタクシー乗り場へ

10分で到着でしたので まだ8時半 先着の観光客はまだ一人だけ!
a0084343_10342313.jpg

上の写真のお堂の前で 作業員さんが 枝の掃除でした

樹木の掃除に時間がかかっているから 
8時40分にオープン予定だったが9時になるとガードマンがいうのでまっていると
どんどん 観光バスが到着で ようやく9時の衛兵交代式が始まったのですが・・・

なんと 入り口の二人の衛兵の交代式のみの短縮版でした~
a0084343_10343102.jpg
雨の日は こうなると わかっているガイドは この門の前に観光客を
並ばせていましたが 私たちには わかりませんから・・・

前回の訪問を思い出して 交代式が行われるであろう
広場の真ん中近くへいった私たちは 結果 遠くからみることに~

通常は 広場中央で行われる30分の交代式が門の中で
たった10分で終了でした(笑)

あら~ もう終わり??雨だと兵隊さんは働かないの??

気をとりなおして 台湾の靖国神社のような 忠烈祠を見学です

今までの紛争や戦争で亡くなられた烈士たちの位牌を祀ってあるのです
a0084343_10343625.jpg
タクシーはどんどんきますので 乗り込んで再び駅へ
a0084343_10344251.jpg
上の写真の重機は 大きな枝もどんどん粉砕して飲み込む優れものでした

圓山駅から 再び台北101駅へ

電車の大勢の若たちも下車

彼らは アニメキャラの大きな紙袋をもっていました 
a0084343_13320097.jpg
どうやら 台北101は 世界貿易センターともなっていますので
コミケ(コミックマーケット)が開催されているみたい

こういう風景は日本と同じ!!

さて 

前回いった台北101でしたが 知らなかったことが 一つ

5Fの展望チケット売り場の表示でわかった
500台湾ドルと1000台湾ドルのチケットがあること

500$で購入のチケットは エレベーターへ並ぶ時間を指定されます
私たちは 30分後の11時でした
それから さらに 行列をつくりますので またまた20分待ち
a0084343_10344879.jpg
このすべての待ち時間を1000$チケットにすれば 解消なのですよね~

タイム イズ マネー チケットでした(笑)

a0084343_10345171.jpg
前に上ったとき より 窓ガラスが綺麗でよく見えました

これって 台風のお蔭でしょうか?

上の写真の 揺れを吸収するダンパーが 朝のニュース映像で
50センチも大きく揺れていたことを
思い出して 台風のすごさを改めて感じたのでした
a0084343_10345544.jpg
下りエレベータは 5F行と1F行に分かれますが 大した待ち時間ではなかったのも
台風一過の後で 観光客もすくなかったせいかもで~す

ここでランチを食べようと思い うろうろしていたら 1F正面ロビーへでました
a0084343_10345804.jpg
行きたかった86Fのレストランは 満席でアウトでした

それに もう帰らないといけないな・・・
a0084343_10350128.jpg
そのころには 大型観光バスがどんどんと・・・きっとどこも混みだすな

早く帰ったほうがよいと判断で 宿泊ホテル前の麺のお店でランチを~
a0084343_10350443.jpg
これが 美味しかったのです!!

実は おはよう台北ツアーに参加のときに ガイドさんから勧められていました

大正解!!でした~

お腹もいっぱいになったので ホテルのお部屋へもどり ちょっと休憩して
2時にチェックアウトして お迎えを待ちます

帰りもサルーンカー 今度はちゃんと空港までの1時間 
ゆったりした気持ちで豪華な車内を楽しみました

座り心地が違った!!です

a0084343_10351792.jpg
搭乗手続きも 機械ですが 係員がいて お任せで できました

でも この後から 空港大混乱 6時間フライト遅れ と 
続く今回の旅の締めくくりとなりました

台風のために 太魯閣渓谷ツアー中止 九扮にも行けなかった旅でしたが

でもね~

遅れても 飛行機は出たし

観光できなかったのは 3日目の午前中だけだし

夫は初めての場所 私には2度目の場所でも 新しい発見もあったし

まぁ いいんじゃないでしょうか!!

だから ディール先生に 7割の満足と答えたのでした~

今回のお土産は~デパートと故宮博物院でゲット
a0084343_10353748.jpg
ツアーでいく土産物店のものよりハイクオリティでしたね~

種類はこれだけですが 数個ずつかっておきました

自分のお気に入りは これです
a0084343_10354077.jpg
やっぱり 翆玉白菜 ですね~

前回台北を訪れたときに 裏道を歩きたいと思ったのも実行しておきました

台北の町って 日本ととてもよく似ています
a0084343_10354428.jpg
上海の裏町のような雑然とした感じがなくて 落ち着いていました

自由プランだからこそ こういう寄り道も可能でした

次回も そういう旅をしたいものですが・・・

これは 一つの都市に滞在しての観光だから可能なことで
あちこちの都市を訪れたいヨーロッパ旅行では 非常に難しい

個人では 移動が大変です

そして 飛行機も
ダイレクト便なら 安心ですが 乗り換えがあるときは 便が遅れたら
個人旅行は リスキーです

来年は どこへ?と 思いながら 月曜から また仕事生活 

旅はこころのビタミン剤 

ブログで記録で いつでも ビタミン補給できますね!

ながながと おつきあい 感謝です
a0084343_12214275.jpg





[PR]
by banban0501 | 2015-08-19 01:01 | 台湾旅行 再訪 | Comments(18)

・・・・TOPに戻る・・・・
2015年 08月 17日
台湾旅行(三日目)台風一過 お散歩 台北駅周辺
明け方三時半に台湾中部に上陸した非常に大型の台風13号でしたが
一夜あけても 台湾北部の台北はまだ暴風雨圏内でした

ゆっくり起きて朝食を食べ
a0084343_16011583.jpg
ホテルの玄関から 外の様子を確認
a0084343_16011968.jpg
11Fのコンシェルジェデスクにいき情報収集

官公庁 学校 商店 みなクローズ

228公園は 倒木が多くて 今日はクローズ

故宮博物院も今日はクローズだと聞いて 昨日いっておいてよかった!!

でも 午後2時からデパートは開くし 台北101もオープンという
それまでの過ごし方として ホテルのフィットネスジムが使えますと

ならば 一汗かきにいきましょう~
a0084343_16012317.jpg
でも 20分も運動したら もう いやになって・・・

ホテル近くのセブンイレブンで調達したサンドイッチやお蕎麦などでお部屋でランチ
a0084343_16012665.jpg
日本のBS放送などみて 雨も小雨になり風も収まったので
2時にホテルをでて歩きはじめると
a0084343_16013044.jpg
倒れた木をよけて 人も車も動きだしました

ホテルから歩いて10分ぐらいの三越デパートへ
a0084343_16013487.jpg
三越は1号館から3号館までありますが 一号館の地下の食品売り場へ

日本のデパ地下と同じで 美味しそうなケーキショップとか いろいろ

お目当ては ドライフルーツを買うことです
(お土産用と自宅でつくるフルーツ酢用)

三越横のMRT中山駅から地下鉄で 台北101駅へ移動
a0084343_16013750.jpg
電車も初めはすいていましたが 101駅へ近づくと どんどん乗客が増えました

でも・・・クローズでした

私を含め みなさん まちがった情報でやってきたってことです
a0084343_16212538.jpg
ならば・・・

東京駅をみたいな みたいな感じで 地下鉄一本でいける台北駅へ
a0084343_16014180.jpg
台北駅は線路とホームはすべて地下ですので駅舎の上は商業施設とかで
1F奥だけが改札と電光掲示版があって駅だと感じます

でもその電光表示板は すべて 無表示(発着案内無し)です

スーツケースをもった人が 中央広場で座り込み 列車の再開をまっていました
a0084343_16014484.jpg
こういうとき地下鉄は動くから ありがたいですよね

地図をみたらわかりますが 駅の回りは線路がない普通の町並み
a0084343_16014851.jpg
再び地下へもぐって 台北駅近くにあるというガイドブックにあった建物を目指します

地上にでたら すぐに見えてきました

戦前は台湾北部を統括する「台北州廳舍」
戦後は台湾の国家機関 公務員を監督 調査する最高機関「監察院」の庁舎です
a0084343_16015184.jpg
いいな~ 私は こういう建物をみるのが好きです!!

a0084343_16015538.jpg
日本統治時代の名残を感じるレトロな建物ですね

この監察院がある通りは 東京でいえば 霞が関でしょうか?
その他の 政府庁舎が 点在しています
a0084343_16020068.jpg
だからなのか いち早く 倒木の撤去作業が始まっていました
a0084343_16020592.jpg
地図で確認したら昨日の朝いった228公園も 近くなので 
台北駅には 戻らず この通りをまっすぐ進むことに

日本統治時代の建物が 二つみえてきました
a0084343_16020936.jpg
228公園は 台北賓館の目の前でした

ということは 地下鉄の駅があるはず・・・

途中で見つけたのは
a0084343_16021380.jpg
親子連れのお父さん わざわざ 倒木の間へ~

もちろん 私は 歩道をさけて車道へでましたよ

この木の向うに台大病院駅がありました

ところで 

MRTの駅で必ず見かける このお店は お寿司屋さんです
a0084343_16021602.jpg
みたら もう頭の中は寿司モードです

一つ10台湾ドル(40円)安いよね~

今夜の夕食は これに決定!!

夕べの 超豪華ディナーとは 大違いですが
これで 夕べなんだか贅沢しすぎた・・と思った気持ちが
イーブンになった気がした 貧乏性の私です
a0084343_16021949.jpg
テレビをみながら ビールを飲んで おかきをつまみ

美味しいお寿司とカップラーメンに満足でした(笑)

日本の食べ物が やっぱり美味しい~

夜は もう一度コンシェルジェデスクにいって
明日の予定を相談し チェックアウト12時までだったのを
午後2時までにサービスで変更してもらいました

明日のチェックアウトがスムーズに行くように
荷造りも済ませ 2時20分のお迎えに 備えました

明日の予定も立て ギリギリまで台北を楽しむつもり

そして

明日 無事に飛行機がでれば OKという気持ちで就寝でした

台風一過で 緑多い台北市内は そのせいで大変な状態になっていましたが
それは それで 旅の思い出となりました

しかし

この日 飛行機がでなかったために 
大変な目にあった観光客をみたお話は次回です

a0084343_18373056.jpg



[PR]
by banban0501 | 2015-08-17 01:10 | 台湾旅行 再訪 | Comments(20)

・・・・TOPに戻る・・・・
2015年 08月 15日
台湾旅行(二日目)228公園&故宮博物院&豪華ディナー
夜には台風13号の暴雨風域にはいるというので
ちょっと心配しながら 3連泊初日の朝食です
a0084343_14390896.jpg
お隣の女性グループは宝塚のお話をされていたので きっと
日本から 公演を見に来られた塚ファンなのだな・・と思いながら 
私は 和食パターンと洋食パターンを完食です
a0084343_14391201.jpg
JTBの 自遊自在プランは ホテルが選べるのですが ホテル前にJTBラウンジが
あるというので アンバサダーホテル台北にしました

きっとなにかと便利だろうとおもったからです

ここに朝9時 集合のミニツアーに参加です

ルックJTBの旅利用なら無料で参加できる「おはよう台北」ツアー

ガイドさんに地下鉄の乗り方を
教えてもらいながら 2駅先の 228公園を散歩というミニツアー
a0084343_14392037.jpg
200台湾ドル(1ドル≒4円 前回は3円でした)の地下鉄カードつきです

しかも 2駅先の料金(25台湾ドル)の20ドル分はJTBが払ってくれ
5ドルの乗り越し料金の精算の仕方を教えてくれるというおまけつき

JTBラウンジに集合しているのは私たちともう一組のご夫婦だけ~
a0084343_14392592.jpg
台大病院駅下車で出口をでると もう228公園です
a0084343_14393964.jpg
228公園というのは 1947年2月28日に この公園近くで起こった暴動の犠牲者を
悼み この事件を風化させないために作られた公園だそうです

長い日本統治が終わり 中国本土からきた外省人と
台湾にもとから住んでいた本省人との間で
文化や言葉の違いから差別をうけた人たちの不満が爆発して
ある事件に発展した台湾では 重要な出来事を忘れないための公園です

でも 慰霊のモニュメントがありはしますが 都会の中のオアシス的存在の公園です
a0084343_14395364.jpg
公園をでると 遠くには もと台湾総督府もみえます

中の参観は 3日前からの予約が必要とガイドさんが 教えてくれました

この公園から台北駅も近いので いきますか?と聞かれましたが
私たちも もう一組のご夫婦も 地下鉄でこのまま 士林駅までいって
故宮博物院にいくことにしました

目的地が同じですので タクシーもご一緒しましたら
長野から こられたとのこと

台風シーズンに なぜに台湾と友達に言われたわ~
なんて おしゃべりもしながら10分で到着で 博物院の門の前で お別れでした

a0084343_14400013.jpg
日本語音声ガイドは 100台湾ドルで借りれます

でも 3000台湾ドルの補償金をと
ボードに書いてあってびっくりでしたが
パスポートをもっていれば それはいりませんでした

そのかわり 返却するまで パスポートを預けないといけません

前回はツアーで 訪問でしたので1Fのロビーで団体用のイアフォンを渡されました

ツアーのガイドさんの声を聴くためだけのイアフォンです

今回は 端末に表示される 展示室や展示物をチェックしながら
自分の気になる展示物をじっくり聴くことも可能です

たくさんの所蔵品の中から 選りすぐりの展示物ばかりが
端末に表示されていますので その写真をみながら確認できます

なので じっくりと展示室を順にみていくことに・・・

そんな中 ずっと行列ができている 展示室があります

もちろん あのヒスイの白菜と お肉の展示室です

その列が短くなったら 並ぼうとおもっていたのですが 長くなる一方です

お腹も空いてきましたので 手にハンコを押してもらって いったんでて
レストラン棟の地下で ランチをすることに~
a0084343_14401195.jpg
レストランをでると 雨がザーと降ってきたと思うと また止んだり・・・

黒い雲も 見えて 風も強くなって いよいよ台風接近の様子です

でも テラスからの眺めは 気持ちいい~
a0084343_14400711.jpg
お腹いっぱいになって 展示物めぐり 

清朝最後の皇帝 薄儀は紫禁城から追い出されましたが
それまでの 長い中国の歴代の皇帝が紫禁城に集めていたこれらのコレクションが
蒋介石によって台湾へ運ばれ 
今 ここで私たちが目の前でみることが可能だと思うと
時間をかけて 大切にみていきたいと思うのは当然です

今から8000年も前の 新石器時代からのコレクション

美しい貴重な石を 玉として 祭礼に用いたり 
装飾品として細工を施す人類の
美へ探究が こんな古くからあったというのは 感動です

青銅器時代になると装飾の技術はさらに進み 
泰 漢 の時代になると精巧の極みです

この時代から清にかけての 陶磁器の素晴らしさ
音声ガイドは見るべきポイントを説明してくれますから
よけいに感動です

そして 清の時代に作られた有名な「翆玉白菜」

しかし この展示室への列が 午後になっても どんどん長くなります

白菜以外をほとんどみましたので あきらめて列に30分並びました

前回の展覧の仕方は列を作る方式ではありませんでしたので どんどん団体の人が
展示室にはいり 白菜のガラスケースを取り囲んでいました

ガイドが話す声だけでなく それぞれが大声で話す中国語に
頭がいたくなるし

いくらまっても ケースの前には たどりつけず しかたなく 遠くから
人の隙間からみて 終わりでした

しかし 今回は 入り口で係り員が 20人づつ部屋へいれるやり方です

入ったら 清の「肉形石」と「翆玉白菜」のケースの回りを一人づつ順に
ぐるりと回ることができましたので 間近にみれて しかも 静かです
 
「翆玉白菜」の キリギリスも イナゴも 確認できました

これだけ たっぷりと みれたら満足でした

しかし です

さまざまな故宮博物院めぐりのツアーの歌い文句

「たっぷり2時間見学」では まったく時間が足らないのでは?

列に30分 お土産を買うのに10分~20分 残りの時間で何がみれる???

前回のツアーでこりたので 今回の最大の目的 故宮見学を
充分にとるために 選んだ 自遊自在プランは やっぱり大正解でした

なんと11時にはいって でてきたら4時でした(笑)5時間滞在

九扮のツアーに参加だったら 3時にはでなければいけない所でしたから
怪我の功名ともいえます

帰りも士林駅までタクシーで戻り 次いでに一駅だけのって士林夜市を見学です
士林駅より 剣澤駅の方が 市場にちかいのです

前回も 少しだけ士林夜市 へでかけましたが
その時には なかったと思われる地下道から~
a0084343_14401895.jpg
士林夜市というぐらいですから 夜が一番賑やかなようですが
時間の早いことと 台風接近で 人が少ないな・・・
a0084343_14402223.jpg
と歩いていたら・・・脇路の奥にえらく綺麗な電飾看板がみえるので・・・
a0084343_14402512.jpg
実は旅行にでる前日にホームパーティに伺った友達から
昨年12月にいった台湾旅行の写真をみたときに あれ?私が前いったときとは
なんか違うな・・・地下の食堂街???ってあったかしら?と

ありましたね~
a0084343_14402930.jpg
すごいお店の数 大勢の人が食べたり飲んだりにぎやかなこと!!

果物屋さんもたくさんです

台湾へきたら マンゴーでしょう~
a0084343_14403262.jpg
果物トッピングたっぷりのかき氷は美味しそうでしたが 
氷が怖い(生水でつくるかな?)で
マンゴーだけ おなか一杯食べても 400円
(前回だったら300円 円安はつらいね)
 
ここは 士林市場の地下部分

上へあがってみると
a0084343_14403857.jpg
レトロな市場でした

a0084343_14404295.jpg
士林市場の 裏から表へきた感じです
前回きたときは 士林市場の存在すら分からなかったので やっぱりここも再訪で
新しいこと発見となりました

風もでてきましたので ホテルへもどります
a0084343_14404505.jpg
中山駅で下車

実は 朝 JTBのラウンジから 乗ったのは MRT雙連駅から1番出口だったのに・・・

下車する駅を間違えたのですから 当然 迷い道
a0084343_14404936.jpg
最後の手段 若い女性に 英語で話しかけ ホテルのカードをみせると
彼女は ホテルの住所を スマホのグーグルマップに打ち込んで
現在地を ホテルまでの道順を みせてくれたのでした

あれ~

iPadとWi-Fiルーターもってたのですから この手があった!!

すっかり 忘れて 紙の地図の方向が分からず ぐるぐる回してばかりでした(笑)

1時間後 ホテルが見えた~(駅を間違えなければ5分でついたはず)
a0084343_14410275.jpg
このころには ずいぶん 雨も風も強くなってきましたので
もう ホテルから出るのは やめて ホテル内のステーキハウスで
超豪華ディナーをいただきました(タロコ渓谷ツアー現地払いに備えて
台湾ドルをたくさんもっていましたので いったつもりで使うことに~
a0084343_14410589.jpg
大満足の ディナー

大満足の 故宮博物院で 二日目が終わり 就寝したのですが
夜中の風音に目覚めてしまうぐらいの暴風雨となって 台北の町は一変したのでした

続きは次回です
a0084343_18244691.jpg



[PR]
by banban0501 | 2015-08-15 11:04 | 台湾旅行 再訪 | Comments(14)

・・・・TOPに戻る・・・・
2015年 08月 13日
台湾旅行(一日目)中正記念堂&ディンタイフォン(鼎泰豐)
私は母と姉妹や 友達と 専業主婦時代にあちこち旅行でした

夫は 仕事で そんな余裕もなく・・・

夫が定年リタイアしたあとは 夫婦で旅行と・・・思っていましたが
そんな人生設計は 姑が大病をしたために もろくも壊れました

姑の仕事を引き継ぐ形で 夫婦で働き続けることになった私たちには
まとまった休みを利用してしか 旅行には いけません

旅は心のビタミン剤ですから やっぱり出かけないと~

ですから台風がくるかもしれなくても 仕事の夏休みを利用しての旅行となります

今回の台湾旅行も 出発前から 台風13号が台湾を進路としていても
出発さえできたら あとは なんとでも・・・と 腹をくくっての出発でした

関空は定刻(10:00)に離陸で機上の人となって 
機内食も美味しくいただき 
a0084343_16070855.jpg
映画をみても 最後まで見れない位 あっというま(フライト時間3時間)に
台北から車で一時間の郊外にある 桃園国際空港に到着でした

台風接近なのに いい天気~

a0084343_16071480.jpg
入国審査場の待ち時間も10分というスムーズさ~
a0084343_16071829.jpg
荷物もすぐにでてきて これは ラッキー

でも~

入国口でまっていたJTBの現地係り員が 
「九扮と 太魯閣(タロコ)渓谷ツアーは中止です」と開口一番告げて
送迎車の前で お別れです

今回一番楽しみにしていた 初めていく太魯閣ツアー中止に 
がっかりで 車の中で 私の頭の中は ちょいパニック

ホテルまで送迎つきの Look JTB 「台北自遊自在4日間」のプランです

早期 申込み特典で 宿泊ホテルは アンバサダーホテル台北の
グレードアップで エグゼクティブルーム

このお部屋の送迎車は豪華サルーンカーでしたのに それを楽しむ余裕なし!

ドライバーは日本語をはなしませんので 音声ガイドが流れますが
何をいっていたのか 記憶にないほどです

でも そこは 気持ちの切り替えが早い私ですので

どうにか 気を取り直し それなら それで 違うスタイルを楽しむぞ!
a0084343_16072200.jpg
このJTBプラン ホテルに到着後の チェックイン手続きも自分でします
パスポートを見せると お部屋を確認し そのあと11Fまで案内されました

エレベーター前に コンシェルジェデスクがあって 
ここで 日本語対応のチェックイン
お部屋のキーを渡されて 9F のお部屋へ案内されました
a0084343_16072578.jpg
これが エグゼクティブ ルームなんだ・・・

でも 洗面室が まるでオープンって!!

いえいえ ちゃんとベッドルームと仕切ることができました
a0084343_16072960.jpg
この部屋で3連泊ですから 荷物を全部だしてスーツケースをからっぽに~

飛行機の中で立てた計画通りに 中正記念堂へいくことに
私は 前回の台湾旅行 でいったところですがね~

ホテルから タクシーに乗り込み 降ろされた場所に見覚えがない!!
a0084343_16073429.jpg
へ~ こんな庭園があったっけ???と疑いながら歩くと 見えました!
a0084343_16073728.jpg
ははん 前は ツアーですから 
バスの駐車場から1Fの 展示室へ直にいったに違いないわ~

今回は まず 蒋介石の像のある所へ先に行くことに~
(ここ無料ですから どこからでも入れます)
a0084343_16074177.jpg
前回と逆ルートで 展示室へ
a0084343_16074521.jpg
前に みたな~と 懐かしい!

前には よくわかっていなかったけど ここは 
楼門を中心にして 3つの建物と中国式庭園をもつ記念公園だったのです
a0084343_16074929.jpg
かんかん照りのお天気で 日蔭を求めて 音楽堂へ

下から見上げると建物の装飾が素晴らしい!

上には カフェもある!
a0084343_16075239.jpg
若い子たちが ダンスの練習などもしていました

前回は 記念堂から 眺めただけの音楽堂 
こんな風に市民の憩いの場ともなっていました

近くに見える楼門の白と青のコントラストが綺麗です
a0084343_16075584.jpg
楼門をでると タクシーも まっていましたので
ドライバーに るるぶ の ディンタイフォン(鼎泰豐)の
写真をみせて 本店へいってもらい 早い目の夕食です

前回は ツアーでしたので 大勢さんが食事できる違う支店にいったので
今回は 本店へいってみたかったのです
a0084343_16075877.jpg
1Fのお店は狭いですが 2階へあがると 
フロアがぐんと広くなり 3Fまである

スタッフもたくさんいて 写真付きのメニューをみながら 
日本語の注文票に記入すると
すぐに お料理が運ばれてきて 早や!の驚きでした

とりあえずは 小籠包5個入りを二つと お野菜料理も~

どんな野菜かわからずに注文した セリホン これめちゃウマでした

a0084343_16080336.jpg
ヒョウナは いまいちでしたよ~

セリホンや ヒョウナ のこと 食べながら ネットで調べたり・・・

料理の写真をLINEで送ったりしてiPadとグローバルルーターで遊びました(笑)

お腹いっぱいになって お店をでると すごい人です
a0084343_16080738.jpg
早めにいって大正解!!

タクシーをひらって ホテルへもどったのですが・・・

後から ここが 永康街だとわかって もっとぶらぶらして ショッピング
すれば よかったと わかり ちょっと悔しかったです

自遊自在プラン もっと調べておかないと・・・と 帰国した今 反省です

ホテルへもどるタクシーの中から 台北の町には 緑が多いな・・と
a0084343_16081066.jpg
でも 台風が通過したために これらの木々が 根こそぎ倒れることになるとは
このときは まったく思っていませんでした

ホテルの部屋で ニュースをみながら 台風の進路予想図を確認して
これは 明日 故宮博物院に朝から いかないと
台風がきたら いけないくなりそうだね と 相談がまとまったのです

二日目の 満喫故宮の お話は 次回です
a0084343_17372266.jpg


[PR]
by banban0501 | 2015-08-13 12:07 | 台湾旅行 再訪 | Comments(18)

・・・・TOPに戻る・・・・