好きな旅行の話や 自分が興味をもったことをアップしています♪ 気になるカテゴリーからもどうぞ!
by banban0501
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
検索
カテゴリ
全体
始めまして・・ごあいさつ
ケアンズ
南イタリア旅行
NYの思い出アルバム
ニューヨークの思い出
アメリカ ラスベガス・ロス
イギリス・ロンドン
ドイツ・オーストリア話
スペインの思い出
南フランス
タイ 
読んだ本
ベトナム
韓国釜山ソウル
韓国ソウル・春川・水原
中国 上海
中国 杭州と上海再び
中国 北京
中国 麗江
台湾旅行
台湾旅行 再訪
中国 香港
マカオ・香港の旅
チェジュ旅行
奈良 今井町
伊勢・志摩の旅
白浜 南部の旅
北陸 金沢 山中
奥飛騨
松本・安曇野旅行
長崎とハウステンボスの旅
ハウステンボスの旅 二泊三日
八カ岳 リゾナーレ
富士山と日光
東京旅行
豊川 岡崎
箱根旅行
横浜・鎌倉旅行
熱海 三島
名古屋旅行
京都と琵琶湖・浜名湖の旅
クルーズ
京阪神ブラリぶらり
料理・食べ物の話
お金の話
映画
観劇
英会話
DIY 日曜大工 ミシン仕事
カバン作り
こども服
日々の記録・雑感
ちょっと驚いたこと
マイ 美術館
パソコンでお絵かき
パソコンで・・・・
お勉強!
読んだ本
日本語ボランティア

遺品整理
お役立ち情報
仕事関連
リホーム
収納の工夫
親指のトラブル
未分類
最新のコメント
★ ささゆり ★さま ..
by banban0501 at 23:12
こんばんは。 わが..
by ささゆり at 20:04
★ shinobueak..
by banban0501 at 12:15
明けましておめでとうござ..
by shinobueakira at 11:15
★ anello63 ★..
by banban0501 at 06:55
私もあれこれ忘れがちな今..
by anello63 at 23:48
★ sakae2009 ..
by banban0501 at 21:38
★ jan113fuzi..
by banban0501 at 21:35
私も忘れることよくありま..
by sakae2009 at 20:47
こんばんは 昔からの行..
by jan113fuzi at 20:32
フォロー中のブログ
生きる詩
ニューヨークの遊び方
気まぐれフォト日記
パリときどきバブー  f...
チョコットメモ記
小次郎じじ物語
折々の記
親父の HOBBY
Rabbitjumpの草原
空の見えるベランダから
neige+ 手作りのあ...
ひとこと、ふたこと、みこと
《ニューヨーク直行便 》...
日々の暮らし
~秋色紫陽花と暮らす日々~
本当に幸せなの?
気まぐれ日記
BABAうさぎの奮闘記 ...
ふうちゃん にっき
元気ばばの青春日記 気持...
はあと・ドキドキ・らいふ
OURHOME
やっぱり旅が好き♪
アンダンテのだんだんと中受日記
片付けたくなる部屋づくり
☆FREEDOM☆
さかえのファミリー
その日・その日
ブロ友パソコン相談室
Mrs.和やか in 手帳
無垢のおうちと収納と
FU-KOなまいにち
Linen Style...
IEbiyori
時流れるままに
アメリカからニュージーランドへ
シンプルで心地いい暮らし
Baabaの徒然に
はりねずみの日記帳
喜びも悲しみも幾年月
『 とっておきのお片付け 』 
元気ばばの青春日記 気持...
WITH LATTICE
ココロと向き合う整理収納...
ハーバードで奮闘中、日本...
白×グレーの四角いおうち
uri's room* ...
ivory*
クラシノート
片づけで、すっきり暮らし。
ほぼ100均で片付け収納に挑戦
外部リンク
ひとりごと
自称 記録魔
自分のために
記録して残して
おきたいことを
時々 更新です

メールはこちらから
以前の記事
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
more...
タグ
(116)
(75)
(75)
(51)
(39)
(28)
(25)
(25)
(23)
(20)
(17)
(16)
(16)
(13)
(13)
(12)
(12)
(10)
(7)
(5)
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
最新の記事
十日戎のはしご & ミルつき..
at 2018-01-14 10:10
連休でゆっくり ひなちゃんの..
at 2018-01-08 11:35
大忙しの年末 そして あけま..
at 2018-01-02 11:50
友 遠方からきたる!で お勉強
at 2017-12-24 00:10
ニューヨークの思い出 タイム..
at 2017-12-17 09:00
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
2006年 12月 09日
英会話の先生はフィージーからやってきた
私の英会話の先生は今の先生で2人目です

カルチャースクールに初めて通って出会った
一人目の先生は アメリカから20年以上前にやってきて
京都に住む 男の先生でした
あちらこちらでの英会話の先生と 休日は結婚式の牧師さんの
アルバイトをしています
ナイス・ガイでした

そのグッドな先生の下で 4年間 グループレッスンを受けていました
はじめは彼の話す会話が 3分の1程度しか
理解できずにいた私でも ちゃんと全部理解できるようになったので
私は 今度は セミプライベートレッスンができる今の学校に変わりました
彼も その方が 私のためになるといってくれて
本当にいい先生に お世話になったな・・・と感謝しました

そして 二人目が フィージーから7年前にやってきた
若い大学院生の女性で 1年前から教えてもらっています

フィージーは 昔イギリス領でした
常夏の国 呑気なフィージ人があまり労働に向いていなかったようで
(これは彼女の説明ですが・・・)
イギリス人はフィージーの人たちを労働力として期待するのをやめて
インド人を 労働力として フィージーに連れてきたのです

いまでも インド人は真面目に働くけれど
フィージ人は あまり働かない・・と彼女はいっています

結果として 英国から独立した後には
この沢山の島々の集合国には
約48パーセントのフィージー人と42パーセントのインド人と
そして 10パーセントの中国人が暮らす国となったそうです

当然 インド系国民と フィージ系国民との 軋轢がおこっています
先日も 軍部のクーデターが おこったばかりです

その話は さておき
ハワイ語に似ているフージー語とヒンズー語と 中国語を話す
民族の違う人たちが暮らすフィージでは 英語が 公用語となりました
中学から全ての授業が英語ですが
小学校でも英語の授業がほとんどだそうです
しかも彼女の母親は英国籍なので彼女はネイティブイングリシュです
でも発音自体は オーストラリアイングリシュと思われます

年は違いますが同じ女性ですので 会話はとても楽しいです
ファッションの話 映画の話 習慣の違い などなど
先日は ブラッドタイプ(血液型占い)の話で盛り上がってしまいました

フィージーでは 自分の血液型をしらない人がほとんどだそうです
彼女は日本生活が 長いですので
今では 血液型性格分析を するくらい日本人になってしまっています

その彼女の夢を 先日 初めてきくことができました

彼女は今 27歳
フィージーの高校を卒業して
オーストラリアの大学に行く道よりも
狭いフィージを出て 全く違う文化を求めて
すぐに日本にやってきました

1年間日本語学校に通い
その後日本の大学にはいり卒業後、そのまま大学院へ進みました
国際マーケティングの研究をしています
日本語はもちろんペラペラですが
英語の先生なので レッスンでは 英語でしか話しませんが
かなりの日本語能力と発音です
論文も日本語でかけます
もともと とても頭のよい女性のようです
来年3月 院を卒業して 外資系企業に就職が決まっています

しばらく日本で仕事をしたら
中国へ行き 最終は インドへいき
50歳までに トレーディングの会社を持って
日本、中国、インド、フィージーを結ぶ会社を作りたいのだそうです

その間に 結婚できたらして子供も欲しい
この希望は あくまでも 夢よりも下位にあるようです

自分の可能性を 信じて語る その夢を 聞いているだけで
とても 嬉しくなりました

いろんな人とコミュニケーションがとれるようになるためにも
英語の勉強 頑張りたいです!
[PR]
# by banban0501 | 2006-12-09 10:00 | 英会話 | Comments(1)

・・・・TOPに戻る・・・・
2006年 12月 08日
京都大学の時計台にあるフランス料理レストラン
京都大学へ先日 食事にいった
大学の学生食堂では ありません
「ラ・トゥール」というお店です
観光客や 大学へのビジターさんとか 教授さんたちが
利用するレストランです
2004年オープンだそうです

最近の大学はどこも このようなレストランを持っています
大手の外食産業が 大学の中に支店をもっていると考えていいと思う
ただ 大学の構内にあるので
ゆったりとした 感じを味わえます
お店の中の雰囲気も とても落ち着いています
a0084343_11585953.jpg

昼間はランチのお客さんで いっぱいのようですが
私が行ったのは 夜でしたから
3パーティだけでした

その日は他に予定があったので
1時間で 食べ終えるようにお願いしておきましたら
調度よいタイミングでお料理が運ばれてきましたので
1時間後 ちゃんとコーヒを頂いていました
a0084343_11592623.jpg

前菜の前のちょっとしたお料理です
a0084343_1201693.jpg

私が選んだ前菜です。他のも選べます
a0084343_1205273.jpg

メインは肉料理を選びました

どれも 飾り付けがきれいで とても 美味しい!!

お昼にいった友達の話では
まっている人が いっぱいいても
慌てず騒がずって のんびりしてたよ・・・なんていっていましたから
お客様へのサービスが第一というのがお店の方針なのかと思えます

夜のコース料理は3つありますが
2500円のコースでも 大変満足しました

ランチには1500円のコースもあります
高い京料理を食べなくても 美味しいフランス料理で満足できる

意外とお奨めスポットですよ

余談なんですが・・・・
はるか大昔に 京都大学と私に行っていた女子大学との
合同ダンスパーティなんてのが 汚い教室であって
構内をうろついたことが あったのですが・・・
今は 全く 別の学校のように思いました
当たり前ですが とても綺麗になっていました
[PR]
# by banban0501 | 2006-12-08 10:00 | 料理・食べ物の話 | Comments(2)

・・・・TOPに戻る・・・・
2006年 12月 07日
冬なのでオイスターバーで牡蠣を食べる!
株価が少しずつ戻り基調にあるように思うんだけど 甘いかな・・・
買ったときよりも200円も下がったエプソン株ももどってきているので
ちょっと 嬉しい・・

昨日友達とオイスターバーにいってきました
私はとても牡蠣が好きです
冬になったら 週に1度は 牡蠣フライを食べたいっておもう
でも
フライ物は健康に悪い・・・って思う気持ちがあるので
極力我慢です

生牡蠣なんて最高に食べたい食べ物です
でも あまり専門を みない っていうか知らなかった

でも 茶屋町NUビルにあることを最近しりました
で 早速 いってきました

ノロウイルスとか心配だったけど
生牡蠣を食べたい・・・・誘惑には勝てません

お昼のランチコース2000円なら
生牡蠣2個(広島産とニュージーランド産)
サラダ
焼き牡蠣2個
パスタかチャーハン
デザート
の以上5品目です

美味しかったです

生牡蠣は3種類のソースをかけて食べれるように
ソースがついてきますが
やはり レモンを絞ってかけるのが 断然美味しいとおもいました

でもせっかく行ったのですから プラスしてみました
今度は
三重産と もう一度広島産の生牡蠣
それに やっぱり 牡蠣フライも
このプラスが ないと量的には ちょっと寂しいかも?
a0084343_115139.jpg

基本的に 2個の牡蠣にたいして 値段が 600円ぐらいです
1個300円 やっぱ高いな・・・・でも こんなものかも?

このお店の天井はとても高くてお洒落なお店ですが
メニューは あまり幅広くありませんでした
本当に牡蠣だけがメインです

前にNYにいったときに
セントラル・ステーション地下にある オイスタバーにいったことがあるのですが
そのお店は 牡蠣だけでなく 肉や魚や いろいろなメニューがありました
ですから
メニューを読むのが大変でした
でも
どの料理のしかたでも 材料に 牡蠣をつかったものが必ずあるというレストランでした

そこの メニューを持ち帰って今でも記念にとってるのですが
改めて それを見ると生牡蠣は日本円で1個200円ぐらいです
やはり 生牡蠣は どこで食べても高いようですね・・・・

そのときは気がつきませんでしたが
昨日食べてよく分かったことは
外国産の牡蠣は 身が小さいってことです
日本のものは一回り大きくてやはり美味しいです

冬はやっぱり 牡蠣を食べたいので
また 行ってみたいな・・・・
[PR]
# by banban0501 | 2006-12-07 11:08 | 料理・食べ物の話 | Comments(0)

・・・・TOPに戻る・・・・
2006年 12月 06日
ココナッツを始めて飲んで食べた!
昨日の日経225 終値は 16265.76円で昨日より -37.83 円です。
このマイナスが小さいということは
株価が上に向いて進んでいくシグナルでしょうか?
期待!!しておきます。

12月に入って持ち株会社から配当金のお知らせが来るようになるました
株価が うんと下がっている会社でも
ちゃんと配当金を出してくれていますし報告書も収益増ですから
それなりに会社としては利益は出ているということですから
自分の選んだ会社ですから信じて まつことにします

さて 昨日 初めてココナッツを食べました
ココナッツミルクというものが
南の島々のお料理としてよく使われるという話を聞いていましたが
実際にココナッツをみたことが無かったので
イメージできずにいました

今日 頭スッキリ!!になりました
a0084343_16445484.jpg

今日見たココナッツは 小さいものでしたが
ゆすぶると 中で液体の音がします
その皮は恐ろしく堅くて ようやく 空けた穴(二ツ以上あけないといけません)
から まずは 水分(ジュース)を出しました
a0084343_16452513.jpg

飲んでみましたが美味しいとは いえません
これが ココナッツの味か!と味わう感じです

次に この堅い皮との戦いです
コンクリートの床に おもいっきり打ち付ける感じで
10回ぐらいたたくと ようやく 割れ目ができました
そして もう一回!
見事に二つに 割れました
a0084343_1647354.jpg

写真のココナッツのそばの紙コップ半分ぐらいが
中に入っていたジュースです
ココナッツの中は 1センチぐらいの厚みで 
白い果肉?みたいに見える繊維層が見えます
それを スプーンで こそげて 食べてみました

当たり前ですが ジュースと同じ味です

どうやら お料理に使うのは この繊維層を すりおろして
ドロドロにしたものか 乾燥させて パウダー状にしたもののようです

そこまでイメージしたらば だいぶ前にお土産にもらった
ココナッツパウダーが 我が家にあることを 思い出しました

そこで パケージの裏を読んでみたらば
「Add coconut milk powder into water.
then stir untill getting a rich coconut cream 」
と書かれていました

その通りやってみました

やっぱり 生のココナッツと同じ味でした
そのまま飲むんだったら もっと甘くしないといけないかも?
美味しいものが沢山ある今の私たちには わざわざ食べるものでは
ない物でしょうが 昔は きっと・・・
ううん 砂漠の中だったら 美味しいかも?
でも
カレールウにプラスすると 美味しいそうですから
今度 チャレンジしてみます
[PR]
# by banban0501 | 2006-12-06 10:10 | 料理・食べ物の話 | Comments(2)

・・・・TOPに戻る・・・・
2006年 12月 05日
ハイビジョン録画って???
またまたテレビネタで申し訳ありません

テレビがめでたくハイビジョンになったのはいいのですが
私は映画とかを録画したい人なので
録画デッキとは仲良しです
去年 まだ壊れていなかったのですが
より便利な録画器を購入して 快適録画ライフをしていました

でも・・・・

ブラウン管テレビが壊れて ハイビジョンテレビになったのは
いいのですが・・・

録画はどうするんだい!って問題が起こってきました

昨日きた設置にお兄さんに相談すると
「外部入力で 入れましょう」とアドバイスしてくれました

そのときには操作はすこし面倒になってきますが
480円のちょっと長い目の
赤白黄色の端子ラインをテレビと録画器につなげてもらいました
これで「L1」で録画してくれます

ホント親切なお兄ちゃんでした
さすが テレビ設置のプロです
私の理解を超えています

録画器の電源を予約操作が終わったらOFFに一旦しないと
いけないというだけの
面倒な操作手順も忘れてはいけないので
メモってテレビに貼り付けました

この場合 全てのデジタル信号はアナログ信号にかわりますので
みる画面は綺麗ではありません
でも 容量も 小さくなるので これはこれで いいかも?って思っています

なんでもハイビジョンレコーダーって400GB以上ないと
すぐにいっぱいになってしまうらしいです
綺麗なものには お金がかかるようになっているのです

我が家の録画デッキは120GBしかありませんから
アナログで 沢山 保存できるほうがいいと思っています

テレビ一つの話題で 毎日ブログ更新してしまいましたのも
株のことをしばし 忘れるためで~す
[PR]
# by banban0501 | 2006-12-05 10:10 | ちょっと驚いたこと | Comments(0)

・・・・TOPに戻る・・・・
2006年 12月 04日
パナソニック ビエラちゃん我が家に来る!
午後1番に昨日かったテレビがやってきました
ビエラ32型です
もともとあったテレビの位置に納まってくれました
a0084343_14523728.jpg

新しいテレビになってよかったことが3つあることが
設置にきてくれたお兄さんと話していてわかりました

第一は 勿論 画面が綺麗になったこと
第二は 今まで 電波が入りにくかったのでほとんど映らなかった
     テレビ大阪が 綺麗にみれるようになったこと
第三は NHKのBS放送以外のBS朝日やフジが見れるということが
     分かったことでした

第三については 昨日上新電機のスタッフさんから
古いパラボラアンテナだと みれるかどうかは 分からないといわれていたのです

そのときは一体どういうことを意味しているのか分からなかったんですが・・・・
今日のお兄さんの説明で 解明して 頭スッキリです

つまり・・・・
古いパラボラアンテナの形は 丸いのですが
新しい アンテナは 楕円形だそうです
楕円形というのは アンテナの受信には とてもイイ形なんだそうです
ですから 楕円形だと 間違いなく受信できるけど
丸い形だと 方向が ばっちりあっていないと
受信が難しいということでした

幸いにも 我が家の12年前のパラボラアンテナは 丸い形にもかかわらず
方向が ぴったし合っていたので 受信可能だったというわけです

まぁ 新しいアンテナを買ったとしても 1万円ぐらいで買えるそうですが・・・・
設置が難しいらしい(方向を定めるために)
ということで 12年前のアンテナ工事のおじちゃんに感謝しています

それで 古いテレビを引き取ってもらった後に
リモコンだけが 残っているのに気がつきました
新しいテレビの写真を撮ろうとして ハタと気がついたのですが
12年間も毎日毎日お世話になったのに
彼(勝手に男性にしておきます)の写真を撮るのを忘れていた・・・と。

12年間も 見つづけていて すっかりなじんだ顔を
きっと 忘れるかもしれないというのに・・・・・

それから 彼のいいところも一つ 思い出しました
彼の頭の上に いつもホコリまみれになってはいましたが
造花の花かごを置いていました
その花かごを 置く場所が 新しいテレビにはないということに
彼が帰ったあとに気がつきました

それで せめてもの罪滅ぼしにリモコンだけ記念に写真をとってやることにしました
新しいリモコンに比べて
もう みんなの手垢がついて ひどい姿ですが・・・・・
a0084343_14531454.jpg

余談ですが
1ヶ月ぐらいしたら NHKのBS放送の画面に
受信料はらってくださいの メッセージが10センチ四方くらいの大きさで 現れるそうです
無視してもいいそうですが
その場合は ずっとその画面と仲良くみることになります
録画しても その画面は残るそうです
嫌な人は メッセージに書かれている電話番号へ連絡をいれたら
消してくれるそうです
そのときは BS受信料一月980円をはらうことになります

実は・・・・・・
12年間 払っていませんでした・・・・・
これも12年前のアンテナ工事のおじちゃんのお陰で12年間
誰にも見つかりませんでした

もろもろに感謝して
覚悟を決めて はらうことにします!
[PR]
# by banban0501 | 2006-12-04 14:53 | 日々の記録・雑感 | Comments(0)

・・・・TOPに戻る・・・・
2006年 12月 03日
パナソニックビエラ32型テレビ購入!
昨日から3つの電気量販店を回ってリサーチした結果
本日 購入しました
機種は パナソニックの ビエラ
小雪さんの抜群のスタイルのCMで御馴染みの機種です
でも 液晶です
プラズマは37型以上になります
予算のこともありますが 置ける大きさというのにも限度がありますから
結局は 今のテレビ設置位置にそのまま置くためには
32型が限度でした
お値段は 155000円でした
しかも約7000ポイントもつきますので
これで今のブラウン管テレビの引き取り料 3350円はチャラになります

上新電機とミドリ電化が 全く同じ価格でしたが
上新のスタッフさんにリサーチの結果をいうと
「じゃ 5年補償を 無料でつけましょう!」というので決めちゃいました
5年補償費は7400円ほどかかりましから
彼がポイントアップ操作で無料になるように解決してくれました

12月はどこの電気店も勝負にでているようです

1インチ単価は4843円です
1インチ1万円といわれた時代から どんどん安くなっていきますね
もっと 多分安くなるのでしょうが・・・・

なんせ 我が家のテレビが壊れてしまったから
今 買うしか道がありません
真っ暗テレビ画面では やはり 辛いです
テレビのない生活は 無理・・・・

明日到着して設置してもらって12年前のパラボラアンテナで
BSフジやBS朝日などが 上手く受信できれば
バンザーイなんですが・・・・ちょっと心配です
[PR]
# by banban0501 | 2006-12-03 14:36 | 日々の記録・雑感 | Comments(0)

・・・・TOPに戻る・・・・
2006年 12月 02日
テレビが壊れた・・・・
ついに12年目にテレビが壊れた
ブラウン管テレビのブラウン管が おかしい
29型で 結構高かったのだけれど
はじめにBSチューナーが やられて
ビデオデッキのBSチューナー経由でBS放送をみるようになって
3年たっていました
でも2,3週間前から 画面が段々 狭く映るようになって
胴長短足に全ての人がテレビ画面に現れるようになってきました
どんどん 画面の縦がせまくなって
数センチになって また 突然 復活したりしてました
毎日 毎日 いつまで持つか!って思っていました

そして ついに
今朝・・・・

真っ暗画面になりました
明日は テレビを買いにいきます
きっと あちらこちらの電気店を訪ねることになる
予算は20万以下

液晶か プラズマか?
さ! どうする???

I have no idea なんだけど・・・・・
[PR]
# by banban0501 | 2006-12-02 16:07 | ちょっと驚いたこと | Comments(0)

・・・・TOPに戻る・・・・
2006年 12月 01日
銀行の自己資本比率
昨日の日経225 終値は 16274.33 円 +198.13 円で終わりました

実態のないいざなぎ景気を上回る
景気の拡大基調なんていわれても
実際の収入は増えていないから
気持ちの中では 超デフレ状態です

昨日 面白い経済の話をききました
銀行の自己資本比率の話です

やっと公的資金の援助をうけて
税金も免除してもらって 3大メガバンクに再編されて
再建をはたした日本の銀行ですが
何故に破綻したのか?という素朴な疑問に
答えてくれたものでした

勿論 バブルの時に 集めるだけ集めたお金で
いっぱい借りさせて それが不良債権となったことは
周知のことでしたが
私には 自己資本比率のマジックも原因の一つだと
昨日の話で分かりました
本当に 経済のことには うとい・・・・

国際決済銀行(BIS)というのは銀行の銀行だそうです
そこが 世界各国の銀行に 1991年に 
それぞれがもっている純粋な資産の割合を8%にすると
決めたそうです
この数字には案外経済学的根拠はないらしいです
でも とにかく決まりました
分母の100が営業上の資金で分子8が自己資金です

1991年当時の日本にはそれを実現できる銀行がほとんど無かった!
この事実もすごい
それで 日本だけは 1993年からでよろしいということになったそうです

当時 バブルだった日本の銀行が8%にするために
自分の銀行の株を自己資金に加えることを考えて
増資を沢山したそうです
他の国の銀行は株価なんか入れなくても実現できていたそうです
で・・・BISは日本に対しては 含み益の45%だけ資産にいれることを認めた
ここが 銀行転落のミソ!!!

でも 考えたら バブルの株価なんですよね・・・

バブルが崩壊して 株の含み益が なくなれば
当然分子が 小さくなって 8%になりません

そしたら 分母を小さくすればいいだろう・・・と考えて(この発想もすごい)
今度は 融資額を減らしにかかったそうです

バブルの時には どうか お金を借りてくださいっていった銀行は
今度は「貸し渋り」と「貸しはがし」と呼ばれる資金回収に回ったわけです

私は当時は銀行が不良債権を抱えているから
資金の余裕が なくなって 貸し渋りをしているのかと
単純に思っていたのですが
どうやら 自己資本比率8%に 非常に苦しめられていたということです
バブル崩壊後の銀行は
抱えた不良債権と自己資本比率が悪かったせいで
「助けてくれ~」とあいなったわけです

公的資金投入は
心臓を止めたら 日本の経済が回復しないという論理です

その結果 末端の組織である多くの会社が倒産していったわけですが
心臓である銀行だけは 生き残って 公的借金も返し終えたというわけです

おめでとう!!

でも・・・先日 面白い記事をみました

銀行は高収益を上げているけれども
それは 証券会社と同じ手数料収益が多くて
本来の銀行業務での収益である 借りてもらって
利ざやを稼ぐことは 今 できていないのだそうです

バブルで淘汰された日本の生き残り企業が
昔のように 沢山のお金を銀行で 借りるとしたら
海外での販路を広げるしかない
これって厳しいんじゃない?
いったいどこで売るの・・・

それと
やっぱり 私たちのフトコロを暖めてくれないと・・・
ということで やっぱり 給料上げてくれ~です

ホント経済って予想不可能

村上龍の「半島を出よ」みたいな日本になるの?
アメリカと中国の親密度が高くなって日本がおいてきぼりになって
北朝鮮にいいようにされるって話です

そこで やっぱり株がどうなるか もっと心配になってしまったのです
[PR]
# by banban0501 | 2006-12-01 10:04 | お金の話 | Comments(0)

・・・・TOPに戻る・・・・
2006年 11月 30日
北京閑話 お買い物編
北京の旅行は 紫禁城にもいけたし
万里の長城もみれたし
美味しい中国料理も沢山いただいたし
気分のよくなるホテルにも泊まれて
とても 満足した旅だったのですが 
最後の最後に嫌な思い出がのこりました

その話で北京閑話を締めくくります

北京のお買い物には実に嫌な思い出があります
以前から中国で買い物をするときには気をつけなければいけないと
いわれたことが ありました
それは いい加減な商品を 売りつけられることが 多いということでした
ですから 当然 私も 気をつけていました
上海のキティストラップをべらぼうな値段で
買わされた経験もあるのですから
それで
買い物は ちゃんとしたところで買うと決めていました
そして 買い物で遊ぶという経験もしようと考えていました

まずお土産にシルク製品を買いに行ったのは
「北京友誼店」です
これはデパートです
でも 古いデパートで 品数はないし ダサい商品ばかりでした
それでも 信用は出来るだろうということで シルクのハンカチや
ブラウスを買いました

それから 値段交渉をして 買い物を楽しむために
「秀水街」というところに行きました
a0084343_14511344.jpg

今はビルになっていますが 昔は 香港の「女人街」などのような
雑然とした 商店街だったそうです
ビルの中には 小さなブースに沢山のお店が並んでいて
バッタもん目当てや 掘り出し物を求めて沢山の観光客がいます
ここのお店は若い店主が多く 客も 外国人が多いので
あちらこちらで 英語での ディスカウント交渉が行なわれています
私も 黒のシルクのパンツを500円でゲットしました
本物かどうか 安いかどうか わかりませんが
いろいろなお店をひやかしてあるいて 楽しかったです
秀水街の前の道には 新しい建物が いっぱいです
a0084343_14514121.jpg

こんな風に自分で納得して買い物をしたと思って帰国したらば・・・・・

実は ガイドに連れられていった大きなお茶屋で
私は 蓋つき茶器を2つかいました

沢山展示されていた中で 気に入ったものを見つけたので
コレをくださいと いいました
店員は 倉庫から もってきたであろう 箱の中の茶器を
確かめもせずに ショッピングバックに いれて手渡しました
私も さして 考えもせずに 代金を払って
荷物はそのまま ホテルの部屋において おきました
もちろん 帰りも手荷物で日本までもってかえりました

家に帰ってから あけてみたらば・・・・・
なんと 茶器の一つの蓋の縁が 欠けていました
私がもって帰るときの扱いが悪かったのかと
欠片を探してみましたがどこにも ありません
そして よく見ると 気に入って選んだ茶器の柄も 
随分雑な絵柄になっていて
ところどろこに 模様がなくて白く抜けていたりしていました
明らかに倉庫からもってこられたのは不良品だったのです

ガイドが連れていったお店なので
私は旅行社にも責任があると思いました
○○旅行のツアーだったので私は抗議の電話をいれました
担当の偉い人がでてきて
「お客様の支払われた金額は 当社が全額返金いたします」
ということになりました
結果として問題は解決したのですが・・・・
じつに 後味のわるい結果になりました

後日友達にこの話をしたら
「中国での買い物は 現物を目の前で包ませないと とんでもない
不良品を 渡されることになるよ」というアドバイスをもらいました

日本で陶器を買ったら
それこそ 倉庫から出してきたものだったら中身を客の目の前で
広げて確認させることを思うと 本当に中国っていう国の
いい加減?さと ずるさ?にあきれてしまいます
いまでも その気持ちが抜けません
ちょっとした カルチャーショックです
いろいろな国にいきましたが こんな思いをしたことは
中国以外では まだ ありません

因みに プーアール茶の塊が 上下10個ずつ
2段重ねの箱に入ったものを買った友達が
日本に帰ってあけて見たら
下の段には 8個しか はいっていなかったとビックリしていました

こんな信用のできない国が これから 世界経済を引っ張っていくの?
これは小さな小さな出来事ですが
その国の印象を左右する 気持ちの中では大きな出来事になりました
どこの国へいっても いろんな人がいて うっかりしていたら
財布をすられたりってことだってあるのは 理解していますが
大きな大きな お店で買い物をして 
観光客相手に不良品を売りつけるっていうのが 
日本人の感覚では 理解できません。

中国は魅力ある国なのに
そんな国なんだ・・・って理解しなければ いけないのが残念に思ってしまう。
[PR]
# by banban0501 | 2006-11-30 14:28 | 中国 北京 | Comments(3)

・・・・TOPに戻る・・・・