好きな旅行の話や 自分が興味をもったことをアップしています♪ 気になるカテゴリーからもどうぞ!
by banban0501
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
検索
カテゴリ
全体
始めまして・・ごあいさつ
ケアンズ
南イタリア旅行
NYの思い出アルバム
ニューヨークの思い出
アメリカ ラスベガス・ロス
イギリス・ロンドン
ドイツ・オーストリア話
スペインの思い出
南フランス
タイ 
読んだ本
ベトナム
韓国釜山ソウル
韓国ソウル・春川・水原
中国 上海
中国 杭州と上海再び
中国 北京
中国 麗江
台湾旅行
台湾旅行 再訪
中国 香港
マカオ・香港の旅
チェジュ旅行
奈良 今井町
伊勢・志摩の旅
白浜 南部の旅
北陸 金沢 山中
奥飛騨
松本・安曇野旅行
長崎とハウステンボスの旅
ハウステンボスの旅 二泊三日
八カ岳 リゾナーレ
富士山と日光
東京旅行
豊川 岡崎
箱根旅行
横浜・鎌倉旅行
熱海 三島
名古屋旅行
京都と琵琶湖・浜名湖の旅
京阪神ブラリぶらり
お金の話
映画
観劇
英会話
DIY 日曜大工 ミシン仕事
カバン作り
こども服
日々の記録・雑感
ちょっと驚いたこと
マイ 美術館
料理・食べ物の話
パソコンでお絵かき
パソコンで・・・・
お勉強!
読んだ本
日本語ボランティア

遺品整理
お役立ち情報
仕事関連
リホーム
収納の工夫
親指のトラブル
未分類
最新のコメント
★ ささゆり ★さま ..
by banban0501 at 20:25
手巻き寿司・・・ いい..
by ささゆり at 19:30
★ ♥ junjun ★..
by banban0501 at 23:12
🎵ban..
by ♥ junjun at 22:20
★ salam2002 ..
by banban0501 at 23:51
★ mihayashi6..
by banban0501 at 23:49
紫陽花きれいに撮れていま..
by salam2002 at 22:58
紫陽花の挿し木・・・雨が..
by mihayashi6 at 21:34
★ yasukon20 ..
by banban0501 at 09:03
★ semineo ★さ..
by banban0501 at 09:01
フォロー中のブログ
生きる詩
ニューヨークの遊び方
気まぐれフォト日記
チョコットメモ記
小次郎じじ物語
折々の記
親父の HOBBY
Rabbitjumpの草原
空の見えるベランダから
neige+ 手作りのあ...
ひとこと、ふたこと、みこと
《ニューヨーク直行便 》...
日々の暮らし
~秋色紫陽花と暮らす日々~
本当に幸せなの?
気まぐれ日記
BABAうさぎの奮闘記 ...
ふうちゃん にっき
元気ばばの青春日記 気持...
はあと・ドキドキ・らいふ
OURHOME
やっぱり旅が好き♪
アンダンテのだんだんと中受日記
片付けたくなる部屋づくり
☆FREEDOM☆
さかえのファミリー
その日・その日
ブロ友パソコン相談室
Mrs.和やか in 手帳
無垢のおうちと収納と
FU-KOなまいにち
Linen Style...
IEbiyori
時流れるままに
シンプルで心地いい暮らし
Baabaの徒然に
はりねずみの日記帳
喜びも悲しみも幾年月
『 とっておきのお片付け 』 
元気ばばの青春日記 気持...
WITH LATTICE
ラクからはじまる楽時間♪
ハーバードで奮闘中、日本...
白×グレーの四角いおうち
uri's room* ...
ivory*
クラシノート
片づけで、すっきり暮らし。
ほぼ100均で片付け収納に挑戦
外部リンク
ひとりごと
自称 記録魔
自分のために
記録して残して
おきたいことを
時々 更新です

メールはこちらから
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
more...
タグ
(98)
(69)
(47)
(45)
(37)
(24)
(23)
(22)
(18)
(17)
(17)
(16)
(13)
(12)
(12)
(12)
(12)
(10)
(6)
(5)
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
最新の記事
紫陽花剪定と挿し木 & 父の日
at 2017-06-18 18:38
階段手摺完成 & 紫陽花 &..
at 2017-06-11 08:00
ホームパーティ & 宝塚
at 2017-06-04 17:49
小さなバラ園 & 本 & 絹..
at 2017-05-28 08:41
押しピンの穴 & 紫陽花
at 2017-05-21 15:26
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2014年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧

・・・・TOPに戻る・・・・
2014年 10月 30日
カブ尽くしと落花生ご飯 & 親芋 小芋 孫芋
実りの秋 到来物のカブと落花生と サトイモで主婦料理です

カブは いつもいくスーパーでも 葉っぱのついた状態で
売っていますが ちょっとしなびた感じなので
いつもは 捨てていましたが 今回は とても瑞々しかったので
全部 まるごと調理しようと あれこれ考えて・・・

a0084343_14372866.jpg

立派なカブの葉っぱは 柔らかい葉の部分と茎にわけて違う料理に~
a0084343_14375342.jpg

いつもは捨てていたカブの葉っぱで 立派に二品できました

さて生の落花生は うれしいです

これでなくては できない 落花生の豆ごはんも~
a0084343_1439043.jpg

カブ尽くし料理ですべて使い切り 超ヘルシーメニュの晩御飯完成でした

落花生の豆ごはん 沢山炊いたので 翌日はおにぎりにしましたが
これも 美味しかったです

さて 野菜つくりをしているかたは 当然ご存じのことですが
サトイモは 種イモを植えて そこから 小芋を作るのだそうですが
今回 畑から抜いた状態のものをいただきました
a0084343_14424224.jpg

へ~ こんな風に育っていくのか!!でした

親芋はもちろんデカいですが 小芋も大きく立派です

これを親芋と小芋にわけて
a0084343_14434511.jpg

まずは 親芋だけを料理してみました(
a0084343_1445212.jpg

親芋は食べないのが普通だそうですが
ゆであがった親芋を食べて なんて もったいないことでしょうと思いました

味があるようなないような 感じではありましたが
濃い味付けをすれば 美味しくいただけました

サトイモって 面白いですね~

実りの秋 美味しくいただきました!!

a0084343_14471970.gif

[PR]
by banban0501 | 2014-10-30 14:52 | 料理・食べ物の話 | Comments(22)

・・・・TOPに戻る・・・・
2014年 10月 26日
スーパーハイビジョンプレミア上映 杉本文楽 曽根崎心中
ブログ更新は1週間に一度はと 目標をもっている
私のブログ生活ですが 今週は とても忙しくて
ブログアップの時間も話題もないままでしたが・・・・

一つ面白い体験を今日はしてきました

お友達が 杉本文楽の「曽根崎心中」をスーパーハイビジョンカメラで
撮影した映像のプレミア上映のチケットをくれました

杉本文楽??

スーパーハイビジョン??

なんでも興味をもつ私は 今日 午前中の用事を済ませて
午後から のこのことでかけることにしました

まずは おひとり様ランチで お好み焼きです
a0084343_18251612.jpg

お好み焼きを食べる時はビールが欲しくなります!!

腹ごしらえをして 大阪梅田グランフロント北館へ

今日の大阪は とても暖かで晴天でした
a0084343_18275385.jpg

グランフロントへいく人は 相変わらず多いこと!!

芸術の秋です 北館では いろんなパフォーマンスが開かれ
買い物以外も楽しめそうでしたが・・・
a0084343_22183144.jpg

お店を覗くでもなく 上映場所の4F ナレッジシアターへ
a0084343_1827050.jpg

本日の映像で登場した 一人使いの文楽人形が お出迎えでした

普通の文楽人形は 総丈は ほぼ人間と同じぐらいですが
これは 一人で操るので 80㎝ほどの背丈です

この人形が 曽根崎心中のプロローグ的な
「付り観音廻り」の部分で登場していました

「付り観音廻り」という部分では 浄瑠璃語りが主で 
大阪の観音寺の名前が多く登場するのですが 
その語りにそって この人形のお初が 三十三か所の観音さんを
巡るという趣向を 映像でみせてくれました

曽根崎心中の「道行」の場面などを 歌舞伎でみたことがありますが
「付り観音廻り」という部分があるとは 知らなかったことでした

観音廻りをするお初についての解説が ここ にありましたが・・

現在の文楽でも この部分は割愛されるというのに
杉本文楽では ここから 始まります

杉本文楽は 近松門左衛門の原作の脚本に忠実に作られているのだそうです

一つの新しい文楽の試みをされているようです

実は 文楽自体も私は いまだ未体験でした

理由は 義太夫語りの言葉が難しくて ちょっと敬遠だったからです

今回の杉本文楽は 字幕をつけてくれていますので 難しい義太夫の
語りの内容もなんとか わかりました

でも 歌舞伎や今までの文楽とはちがって舞台装置がいたってシンプル

生玉神社の場面では 鳥居があるだけ

天満の橋の場面では 橋の欄干を表す 棒が横に一本

遊女 お初のいる天満屋では 小さな階段と徳兵衛が隠れる縁の下を表す板一枚
出入り口を表す引き戸が一つ

そういう舞台装置の背景は真っ黒です

二人が心中場所として選んだ 曽根崎の森は 木々のシルエットで表現でした

後でトークショーに出演されたプロデューサーの方が説明してくださって
わかったことは 従来の舞台装置では 左右の動きでしか表現できないことが
黒のバックにいらないものをそぎ落とすことで
想像力の世界になり 前後の動きも可能になるとのことでした

しかも 驚いたことに 普通の文楽では 主使いの方は顔を出して
演じられるのに 人形の使い手3人とも黒子衣装で顔もまったく見えません

なにもかも ユニークなのでした

この公演スタイルで海外公演も行い 高評を博しているらしく
ヨーロッパの観客は人形と3人の使い手が一体となった
ダンスパフォーマンスのように とらえているのだそうです

そういうことは びっくりなことでしたが
はじめて曽根崎心中を文楽で楽しみ その人形の顔の表情だけでなく
人形の手の指先にまで 表情があり 人形が演じていることを
忘れさせてくれる所に 文楽のすごさを感じたことは確かです

歌舞伎も はじめて体験は 気軽に見れるシネマ歌舞伎からでした

2,3度 見たあと 生の舞台をみてみたいと思うようになりました

文楽も こういう映像という形で気楽に鑑賞できたら舞台観客も増えるでしょうね

お話は・・・

恋仲だった二人ですが 徳兵衛は叔父に婿入りを迫られ
断る徳兵衛に それなら継母に先に渡した結納金を返せと言われ
継母から取り返したその金を 悪い友達に貸したばかりに
だまし取られるだけでなく 借用書を偽造したと濡れ衣まで着せられて
にっちもさっちもいかなくなって死を決意し お初まで道連れという
今なら 考えられない エンディングではありますが・・・
a0084343_18572492.jpg

上の写真は 今回のポスターですが
この写真の 遊女お初は 死んでいるのです

徳兵衛は 息絶えるときは 一緒にと
この後 短刀で自分の喉をかき切るのですよ

本当に最後は 切ない幕切れです

死んであの世で添い遂げられるようにと 二人の体を
お初の帯で結び「心中の手本となろう」というのですが・・・

死んだ二人の姿の最後に 義太夫語りが こう語ります

「恋の手本となりにけり」

元禄16年4月7日に醤油問屋の手代 徳兵衛と 堂島新地の遊女 お初が
梅田曽根崎天神の森で 心中を遂げてから一か月後
近松門左衛門が この話を脚色して人形浄瑠璃の芝居に仕立て
大阪竹本座で上演し 空前の大成功を収めたというから
当時の庶民は この悲恋物語に 涙したってことなのですね

それから 歌舞伎にも取り上げられ現在まで語り継がれる物語

昔は劇場でしか味わえなかったものが
今は スーパーハイビジョンで撮影されたものをみて楽しめる

お人形の表情もドアップでも綺麗で 三味線の音色も深くて幅があり
素晴らしい音響で スーパーハイビジョンというのも すごかったです

なかなか いいものを観劇でき 気持ちのリフレッシュできました!

実際の舞台の様子は こちら で見れますよ~

a0084343_19171270.gif

[PR]
by banban0501 | 2014-10-26 19:18 | 観劇 | Comments(22)

・・・・TOPに戻る・・・・
2014年 10月 19日
ひなちゃんの運動会 & 歌舞伎 GOEMON
この土日は 台風一過の素晴らしいお天気でした

秋晴れの青空のもと ひなちゃんの幼稚園最後の運動会を観戦
a0084343_21284464.jpg

雲一つない晴天で それはそれは 暖かいを通り越して暑い一日で
a0084343_21294470.jpg

年長になったひなちゃんの成長を感じました
a0084343_21303463.jpg

お昼は 学校の野外活動スペースにあるベンチで
a0084343_21312051.jpg

今回も私は果物係りで ランチはお嫁ちゃんとお母様がご用意でした(嬉)
a0084343_21323752.jpg

運動場でシートを敷いて観戦ですが 椅子を用意されている方々も大勢で
中でも 下の写真の椅子は なかなか座り心地がよさそうでした
a0084343_21353146.jpg

運動会が終わって 息子の家のひなちゃんの机の上にあったのが
上の写真の時計の工夫です

時計の回りに花びらのように 時間を入れてあり
これは 面白い工夫だと感心してしまいました

最近は デジタル表示の時計をみる生活が多いので
時計の文字盤を読めない小学生が増えています

一年生の算数で学習しますが その後は 
テレビのデジタル表示や 携帯の時間表示をみることが多い
最近の子供たちは 本当に時計が読めないと
仕事でも 痛感する毎日です

家に普通の時計が 壁にかかっていなかったり 
どこにも なかったりというのが多いようです

びっくりな状況ですよ~

ひなちゃんが時計の文字盤が読めるようしたママの工夫も 天晴です

さて 

今日もいいお天気に恵まれて 姉妹で歌舞伎観劇でした

片岡愛之助の「GOEMON」でした
a0084343_21411925.jpg

五右衛門は実は スペインの宣教師と 明智光秀の家臣の娘石田の局との間に
生まれた子供だったので 赤毛という設定です

秀吉のバテレン追放令によって 父は国外追放となり
母は 好色な秀吉の餌食となるのを拒むために自害してしまい
大泥棒となったという設定も 愛之助のオリジナル作品

時代的は合致しない 出雲の阿国も登場し
父譲りの フラメンコを 五右衛門が 阿国に伝授なんて場面もあって
歌舞伎の舞台に立つことはできない 女性フラメンコダンサーが登場したり
父である神父役の ジャニーズの今井翼が得意のフラメンコを披露したり

ほんと これが 歌舞伎?みたいな演出がいっぱいなのに
戸板やはしごを使った大立ち回りをはじめ 伝統的歌舞伎演出もいっぱいでした

立ち回りは舞台だけにとどまらず 二階席の通路でも行われ
二階席に座った私の目の前で 愛之助の立ち回りや見栄を切る所を
みることができ わくわくしていまいました

大仕掛けな歌舞伎独特の演出で 空を飛ぶ五右衛門は
最後は 母の化身である鷹にのって スペインへいくと宙づりで
3階席奥へ消えて 劇場に紙ふぶきが舞い散る演出で 多いに楽しませてもらいました
a0084343_2223392.jpg

実はこの愛之助のGOEMONの舞台 2013年の2月にも 
おなじく難波の松竹座でみたのですが 今回はその時よりバージョンアップの演出

半沢直樹の おねぇキャラの悪役黒崎役ですっかり有名になって
今はドラマや映画も ひっぱりだこの愛之助さんですが
本職の歌舞伎も 油が乗っている時期のようです

新しい歌舞伎の演出で 歌舞伎の楽しさと伝統的な様式美を 
私たちに 伝えてくれているな・・・と感じました

江戸の昔から 役者は 庶民を楽しませるために
いろんな工夫をしてくれたのですから 現代も同じですね

晴天の土日 いろいろ 楽しみました~

a0084343_23363933.gif

 
[PR]
by banban0501 | 2014-10-19 22:20 | 観劇 | Comments(26)

・・・・TOPに戻る・・・・
2014年 10月 12日
断捨離 & 誕生会
この三連休は どこへも出かける予定がなかったので
日頃気になっていたベランダの片づけをすることにしました

我が家は庭がない家です

大好きな紫陽花は玄関先のポーチで植木鉢で育てています

ここは実は北向きなので植物を育てるには不向きです

なので 南向きの2階のベランダが洗濯ものの干し場ですが
始めはここにプランターを並べていろんな花を育てていました

そのために ベランダにある室外機の上を利用したくて
DIYで作ってもらった のが すのこを利用した室外機カバー

紫陽花の花を育てるようになって ベランダでの花育てもやめました
なので すのこの室外機カバーが洗濯干しの道具置き場化していました

でも それも もうくたびれてきました
a0084343_23373126.jpg

解体して処分し ついでに物置のようにベランダに置いていたものも断捨離
a0084343_23404654.jpg

どうしてこんなにゴミを置いていたのか 自分でも不思議ですが・・・

使わなくなった組立式のパソコンラックを物置にしまっていたのを
ベランダの整理棚として使うことにしました
a0084343_23443562.jpg

すっきりしたベランダです

続いて 衣類の入れ替え

やはりDIYで作ってもらった 衣類ケース の中に入っている冬物を
出して クローゼットの夏物を ここに入れ替えます

2009年5月に作ってもらった6つの衣装ケースはスライドの引き出し式で
取っ手もついていますので 出し入れが楽々です
a0084343_0153553.jpg

私の衣類は↑の6つの衣装ケースのうち3つ分と決めています
これ以上 増やさない

増えたら減らすが大前提

なので この衣装ケースの入れ替え作業の途中で ゴミ袋を真ん中において
着るか処分するか 考えていくのが私流です
a0084343_23485228.jpg

しまう夏物も 来年着るかどうか考えて 処分するものはゴミ袋
残りは衣装ケースに入れますので だんだん衣類が少なくなってきました

なので5月に2袋処分でしたが 今回は1袋でした

こういう断捨離スタイルで もう3年かなぁ

随分断捨離できました

クローゼットや 衣装ケースに余裕がでてくるので
新しい服を買う気持ちになれますが 忙しくて買いに行けないのが残念です(泣)

今回の入れ替え完成です
a0084343_23544577.jpg

気になっていたことを片付けられたので あ~ すっきりです

そして

今日は姑の89歳の誕生会をしました
a0084343_23561377.jpg

沢山並んだロウソクも 一気に吹き消して 元気に向かえられた誕生会でした

「長生きさせてもらって 感謝や」と よろこんでいました

89歳は数えで90歳なので 本来は卒寿の祝いですが
それは 満年齢でした米寿の祝い と同じく 満年齢の来年にすることにしました

きっと来年も お元気でしょう~

明日は どこのお掃除 頑張ろうかな???

3連休はありがたいですね~

台風19号今はまだ沖縄近くにいるというのに 外は強い風音です

本当に大きな台風がやってくるみたいです
a0084343_03624.gif

[PR]
by banban0501 | 2014-10-12 23:29 | 日々の記録・雑感 | Comments(43)

・・・・TOPに戻る・・・・
2014年 10月 07日
IHヒーターで焼きナス & 毎日の夕食の準備
我が家の調理器が ガスからIH  に変わって
一番の変化は 焼きナスをしなくなったことでした

ガスの炎でナスの表面を焼くからこそ 美味しい焼きナスが
できると思う気持ちが強くで あれだけ好きだった焼きナスを
しなくなったのです

卓上コンロでする手もありますが・・・それも面倒だし

焼きナスをガスで焼くようにコンロで焼けばいいのですが
IHのコンロは必ず水を張らないといけません

水をはっていない状態でコンロをつかうと加熱を停止してしまうのです

水があるとカラッと表面が焦げません

そんな理由で長いこと焼きナスしなかったのですわ~

でも

本当にダメなのか確かめるために今更ですが 取説をみてみたら
焼きナスの自動調理があるではありませんか!!

やっぱり水を張らねばなりませんが・・・

さっそくトライしましたが 
やっぱりガスでするとできるような ぽろっとはげるような焦げ方はしていません

でも 焦げてはいるのですよ
a0084343_1802982.jpg

焦げ目が残るように皮をむくのが ガスでした場合とちがって大変ですが
まぁ なんとかできました

ナスを変えてみたらどうかと思い・・・

長ナスを半分にきって 自動調理でなく 魚を焼くようにして
張る水の量を少な目にしてみました
a0084343_11233815.jpg

どちらの方法でも 水をはりますから やっぱりガスのようにはいきません

でも まぁ 焼きナス完成です
a0084343_11253447.jpg

久しぶりの焼きナスと 人参とカボチャのサラダで美味しくいただきました
a0084343_1855438.jpg


ナスと南京は いろんな工夫ができる食材ですね

長ナスは漬物で食べたら一番美味しかったです
a0084343_10564255.jpg

ナスは焼きナスと漬物でシンプルに食べるのが一番かも?

IHでもなんとかできるとわかったので また 焼きナスをしなくては!

長ナスと南京では こんな料理も~
a0084343_11285843.jpg

これはクックパッドでみつけた料理です

この日のメインは 子供たちが小さい頃から大好きだった鶏もも肉のニンニク焼きです
a0084343_11302253.jpg

平日は毎日 昼食後はすぐに夕食の準備です

夕食の惣菜をタッパに保存しておけば 仕事が終わって疲れていても
すぐに夕食を食べれます
a0084343_1815884.jpg

いつも準備ができたら ほっと一息つけます

なので 仕事に入る前に ちょっと休憩タイム

この日はこんなものがあり うれしいおやつタイムとなりました
a0084343_11364692.jpg

頂ものの栗の渋皮煮

自分では 作ったこともないものですので これを作られる人を
尊敬してしまいます

秋の贈り物です

もうすぐ 上級検定 子供たち 頑張っていますっていうか
頑張らせていますが 私も疲れます(笑)

でも こうして夕食の準備をしておくと 気持ちと体が楽なのです

この定年のない仕事 いつまでできるかな・・・

因みに 姑は89歳 

現役で 塾長で 毎日小さな子供たちに
算盤の初歩の大切な大切な指導を頑張っておられます

すごいです!!だから私は頑張らねば なんですよね~
 
a0084343_11464167.gif

[PR]
by banban0501 | 2014-10-07 11:06 | 料理・食べ物の話 | Comments(28)

・・・・TOPに戻る・・・・
2014年 10月 04日
宝塚 PUCK 観劇 チケット入手
またまた宝塚の話題で恐縮ですが・・・自分のための記録です

明日は大型台風がやってくるというのに 
2か月前の先行予約で確保したチケットで宝塚観劇をしてきました

宝塚のチケットの入手には いろんな方法があります

宝塚のHP から1か月+3週間前からのネット予約や
一か月前からは電話予約もできますし
一般前売りでチケットぴあなどのプレイガイドでゲットすることもできます

その他には
劇場のチケット売り場で前もって買う方法です

いすれの場合も1か月以上前の予約です

急に行きたくなったら 劇場で 当日券もゲットできます

でも当日券は人気公演などは 朝早くからいって
並ばないと 手にはいりません

逆に言えば人気公演じゃなかったら
一か月前から当日まで 行きたい日の残席をHPで確認して
残席があればいつでも 大丈夫ということですが・・・

私は 妹が入会してくれている宝塚友の会で
2か月前の電話予約期間(プッシュ回線で入力するだけです)に
希望日や枚数をいれて 抽選の結果を電話で確認という方法でゲットです

平日公演だったら これでたいていはゲットできますが
私が平日はダメなので 土日の公演チケットに的を絞ると
人気公演はこれで 抽選に外れることもあります

今回のPUCKは人気公演なので宝塚友の会会員席の土日分の
抽選からは はずれました~

なので他の方法でチケットゲット

こういう時に利用するのが COOPさんの 宝塚チケット販売です

妹や姉が会員なので販売企画があるか探してもらいます

これもダメなこともありますが・・・

でも 今回は COOP さんのお弁当付きチケットで観劇できました

その気になれば HPから公演スケジュールにはいって
残席状況を確認して ネット予約しても 残席があれば大丈夫です

でも この場合は 席がちょっと悪いのは覚悟ですが・・

鉄道が趣味 パッチワークが趣味 山登りが好きと 形が違っても
いろいろ人は楽しみをもつと 毎日 なんとか頑張れます

私の場合は 宝塚や歌舞伎の観劇です

行く日は やっぱりワクワクです

花の道に花が綺麗に咲いてくれていると 余計嬉しいです
a0084343_18303235.jpg

阪神大震災で 大きな被害をうけた花の道ですが
綺麗に整備され 季節の花が咲き乱れる小路になりました

劇場もスプリンクラーが作動して座席が水浸しになるなど
大震災で被害を受けましたが 震災後 数か月で開場でした
a0084343_1833858.jpg

今日の演目は 22年前に涼風真世さんで初演された「PUCK」の再演です
a0084343_18335593.jpg

エントランスで涼風さんが 主演して 同じ舞台で やんちゃなロックシンガー役で
天海祐希さんも活躍した舞台映像もあって懐かしかったです

ショーとお芝居を楽しんで いつものように姉妹でおしゃべりして
いい時間を過ごしてきました

小学生の頃
宝塚が好きだった亡き母に手を引かれて姉妹で花の道を歩き
きらびやかな舞台の虜になって
家に帰ってから 姉妹で宝塚ごっこをよくしたものです

長じてからは友達と

でも社会人になり結婚もして子育てに追われると
疎遠になってしまった時期もありました

そんな私が再び宝塚に通うようになったのは
天海祐希さんのトップお披露目公演をみてからでした

彼女のオーラに魅せられたって感じで
トップになる前の彼女の公演も ビデオでみたりしましたので
PUCKもビデオで見たのです

もちろん劇場へも足を運び
同じ公演を何度もみたりという熱心なファンになりました

何度もみるのは大変

当時のチケット入手は 今とちがって大変で
朝早くから 子供も巻き込んで 行列にならびました

並んだからといって チケットが手にはいるわけでなく
朝七時から配られるクジで当たり券をひいた人にしか
チケットを売ってくれなかったのですよ~

1人で並んで外れたら目も当てられません

なので 人数確保で子供たちも動員でした(笑)

あたり券をひけたら もちろん子供も連れて宝塚観劇です

なので娘も息子も宝塚すきですよ

その後 宝塚友の会の会員限定のチケット販売システムができ 
それを利用してのチケット入手方法を使っています

年会費がいりますが 楽な方法を取って
今は 楽々チケット入手方法で姉妹で出かけられます

姉妹三人で これからも ずっと楽しめたら 幸せですね

a0084343_1843666.gif

[PR]
by banban0501 | 2014-10-04 18:53 | 観劇 | Comments(14)

・・・・TOPに戻る・・・・