好きな旅行の話や 自分が興味をもったことをアップしています♪ 気になるカテゴリーからもどうぞ!
by banban0501
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
検索
カテゴリ
全体
始めまして・・ごあいさつ
ケアンズ
南イタリア旅行
NYの思い出アルバム
ニューヨークの思い出
アメリカ ラスベガス・ロス
イギリス・ロンドン
ドイツ・オーストリア話
スペインの思い出
南フランス
タイ 
読んだ本
ベトナム
韓国釜山ソウル
韓国ソウル・春川・水原
中国 上海
中国 杭州と上海再び
中国 北京
中国 麗江
台湾旅行
台湾旅行 再訪
中国 香港
マカオ・香港の旅
チェジュ旅行
奈良 今井町
伊勢・志摩の旅
白浜 南部の旅
北陸 金沢 山中
奥飛騨
松本・安曇野旅行
長崎とハウステンボスの旅
ハウステンボスの旅 二泊三日
八カ岳 リゾナーレ
富士山と日光
東京旅行
豊川 岡崎
箱根旅行
横浜・鎌倉旅行
熱海 三島
名古屋旅行
京都と琵琶湖・浜名湖の旅
京阪神ブラリぶらり
お金の話
映画
観劇
英会話
DIY 日曜大工 ミシン仕事
カバン作り
こども服
日々の記録・雑感
ちょっと驚いたこと
マイ 美術館
料理・食べ物の話
パソコンでお絵かき
パソコンで・・・・
お勉強!
読んだ本
日本語ボランティア

遺品整理
お役立ち情報
仕事関連
リホーム
収納の工夫
親指のトラブル
未分類
最新のコメント
★ ささゆり ★さま ..
by banban0501 at 20:25
手巻き寿司・・・ いい..
by ささゆり at 19:30
★ ♥ junjun ★..
by banban0501 at 23:12
🎵ban..
by ♥ junjun at 22:20
★ salam2002 ..
by banban0501 at 23:51
★ mihayashi6..
by banban0501 at 23:49
紫陽花きれいに撮れていま..
by salam2002 at 22:58
紫陽花の挿し木・・・雨が..
by mihayashi6 at 21:34
★ yasukon20 ..
by banban0501 at 09:03
★ semineo ★さ..
by banban0501 at 09:01
フォロー中のブログ
生きる詩
ニューヨークの遊び方
気まぐれフォト日記
チョコットメモ記
小次郎じじ物語
折々の記
親父の HOBBY
Rabbitjumpの草原
空の見えるベランダから
neige+ 手作りのあ...
ひとこと、ふたこと、みこと
《ニューヨーク直行便 》...
日々の暮らし
~秋色紫陽花と暮らす日々~
本当に幸せなの?
気まぐれ日記
BABAうさぎの奮闘記 ...
ふうちゃん にっき
元気ばばの青春日記 気持...
はあと・ドキドキ・らいふ
OURHOME
やっぱり旅が好き♪
アンダンテのだんだんと中受日記
片付けたくなる部屋づくり
☆FREEDOM☆
さかえのファミリー
その日・その日
ブロ友パソコン相談室
Mrs.和やか in 手帳
無垢のおうちと収納と
FU-KOなまいにち
Linen Style...
IEbiyori
時流れるままに
シンプルで心地いい暮らし
Baabaの徒然に
はりねずみの日記帳
喜びも悲しみも幾年月
『 とっておきのお片付け 』 
元気ばばの青春日記 気持...
WITH LATTICE
ラクからはじまる楽時間♪
ハーバードで奮闘中、日本...
白×グレーの四角いおうち
uri's room* ...
ivory*
クラシノート
片づけで、すっきり暮らし。
ほぼ100均で片付け収納に挑戦
外部リンク
ひとりごと
自称 記録魔
自分のために
記録して残して
おきたいことを
時々 更新です

メールはこちらから
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
more...
タグ
(98)
(69)
(47)
(45)
(37)
(24)
(23)
(22)
(18)
(17)
(17)
(16)
(13)
(12)
(12)
(12)
(12)
(10)
(6)
(5)
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
最新の記事
紫陽花剪定と挿し木 & 父の日
at 2017-06-18 18:38
階段手摺完成 & 紫陽花 &..
at 2017-06-11 08:00
ホームパーティ & 宝塚
at 2017-06-04 17:49
小さなバラ園 & 本 & 絹..
at 2017-05-28 08:41
押しピンの穴 & 紫陽花
at 2017-05-21 15:26
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2014年 04月 ( 7 )   > この月の画像一覧

・・・・TOPに戻る・・・・
2014年 04月 27日
ホームパーティ & 紫陽花
今日は上町台地にあるマンションでアーバンライフをしている
友達の家へお邪魔して ホームパーティしてきました

日曜日だったので リタイア生活にはいったご主人は
気を利かせてくださり ゴルフ場へ

いつものホームパーティ仲間が集合です

マンションのベランダからは あべのハルカスがみえます

コンデジですが望遠で撮影して更にアップしてみると
展望台に人がいるのが見えました
a0084343_22271718.jpg

素晴らしい眺望のマンションライフですね

私たちを出迎えてくれたのは 眺望だけではなく・・・
a0084343_22291658.jpg

このマネっこわんちゃん なんでも言ったとおりにマネしてくれます

どういう仕組みになっているのかわかりませんが
わざと おかしな言葉ばかりいってみると それを
そのままマネするので もう おかしくて大笑いしてしまいました

窓辺でも綺麗な花と面白いものがお出迎えでした
a0084343_22334121.jpg

小さなお人形がへんな格好して遊んでいました

今日のホストの友達は こういうウイットに富んだ人で
いつも私たちに笑いを運んでくれます

笑いだけでなく お料理の才能にも富んでいますよ

今日の ホームパーティのおもてなし料理も!豪華!!豪華~
a0084343_22425012.jpg

どのお料理も美味しかったのはいうまでもありませんが
ホームパーティのいいところは 作り方も聞けるところ

デザートも用意してくれて完璧です

コンフォートの作り方を教えてもらいました
a0084343_2244519.jpg

フルーツのワイン漬けのヨーグルト添え って感じですね

お肉料理は ステーキソースで味付けしただけというので
帰りに スーパーへよって 同じステーキソースを探してみましたが
見つかりませんでした

なので そのソースの容器の裏の表示をみて マネすることに

でも 肉の味付けに使うのではなく野菜炒めの味付けに~
a0084343_22481254.jpg

この友達が教えてくれた↑のドレッシング とても美味しいです

ホームパーティで料理を覚え 美味しいものを教えてもらい
実際に食べてみる これが 一番 お役立ちです

今夜の夕食にも さっそくお役立ち

大皿に盛り付け ちょっと豪華に演出

自分自身が ランチに御馳走食べて
お腹いっぱいのときは こういう料理にしておくと
自分が食べる量も加減ができていいですね

いつものように いっぱい いろんな話をして 本当に楽しい時間でした

次回は我が家でホームパーティです

日程もきまりましたので じっくりお料理 考えることにします~

さて 一気に夏模様となってきて 我が家の紫陽花も急成長です

嬉しいことに やっと信州からやってきたシチダンカという紫陽花に
今年初めて花芽を確認できました
a0084343_2255222.jpg

アナベルには まだ花芽はありませんが
他の紫陽花にも 花芽があるのを確認できましたので これからが楽しみです

連休前半の日曜日 いい一日になりました




 
[PR]
by banban0501 | 2014-04-27 23:09 | 日々の記録・雑感 | Comments(32)

・・・・TOPに戻る・・・・
2014年 04月 20日
読書タイムあれこれ
本屋で平積みになる本というのは 今売れている本
つまりベストセラーですが

こういう本は映画化されたり ドラマ化されたりします

逆もまたあります

テレビや映画で話題になって だんだん売れていく本も

そういう本の売れ方は世界共通のようで
ミーハーな私は それにのってしまいます

最近読んだのは この二つ
a0084343_23551425.jpg

「小さなおうち」は映画化されたのは 見逃していますが
姉が面白いといって本を貸してくれました

お手伝いさんの目からみた ある家族の物語
といっても 「家政婦は見た」みたいなお話ではありません

作者の中島京子さんが描いた昭和10年ごろから終戦までの
東京近郊に建てられた「ちいさな洋館」に住む
美しい人妻とその小さな息子とお手伝いのタキちゃんの物語

このちいさな家を守るタキちゃんの目からみた
家族を取り巻く物語ですが 最後にあら?と思わせる結末があって
よく考えられたストーリー展開にびっくりでした

作家というのは なんという発想をするのでしょうと感心でした

もう一つの「アンのゆりかご」はご存じのように 
今のNHKの朝ドラ「花子とアン」の
原作となった 村岡花子さんの生涯を 孫の手でまとめられた本です

テレビドラマ本「花子とアン」の本もありますが 私はこちらを選びました

村岡花子さんという翻訳家がどのような経緯で
翻訳という道に進んでいったのか どのような背景があったのかを
孫の村岡恵理さんの手で
残された資料と遺稿とでまとめてある点に興味をもちました

ドラマの中ででてくる クリスチャンの英会話学校で寄宿生活を始めたハナが
毎日の日課を英語のフレーズで覚えるシーンがありましたが
その原文も掲載されていました

a0084343_091315.jpga0084343_010675.jpg

(クリックすると拡大できます)


明治 大正 昭和を 自分に与えられた仕事に
まっすぐに向き合って生き抜いた村岡花子という女性の
その時代のリーダーとして活躍した女性史に名を残す
人々との交流も書かれていて 
なんだか 女性として勇気をもらえる本でした

健全で清新な家庭文学を広めたい!というのが花子さんの
終生の目標だったことが 孫の手で伝えられています

そこには 柳原白蓮さん 宇野千代さんや林芙美子さん 
吉屋信子さんとの交流も描かれていました

先の小さなおうちの本の中で 美しい奥様の女学校の友達が
吉屋信子さんの小説の中の一文を引用したりするシーンなどもでてきます

すきになってはいけない人を好きになったら?
という答えとして 吉屋さんが小説の中に書かれている言葉が
引用されていましたが これもなかなか面白い言葉でした

もうお分かりでしょうが・・・

「小さなおうち」は風変りな恋愛小説 「アンのゆりかご」は伝記的

「小さなおうち」と「アンのゆりかご」まったく共通点のない本なのですが
背景にあるのは昭和初期から戦争が本格化して日本が泥沼の中へはいって
いく前の いきいきとした市井の人々の暮らしや考え方が
あちらこちらにちりばめられているという点に同じものを感じました

文明開化で培われた人々の文化意識が成熟したにも関わらず
あの戦争がすべてを人々から奪っていった過程が
二つの本に共通して描かれているところに興味が注がれました

へ~ 日本が大陸に覇権をのばし どんどん国の行く末を
誤った方向にかじ取りされていた時代でも 
人々は 思いのほか 呑気に こんな風に考えて 楽しんでいたんだ~

みたいな ところも描かれてい びっくりでした
 
やっぱり本って面白いし 面白い本は 映画やドラマになるってことですね

外国の本だってベストセラーから映画化されたものは面白いです
a0084343_0185927.jpg

右の「the reader」は 「愛を読む人」というタイトルで映画化されましたが
先に映画をみて とても よかったので 本屋で原作を探してよみました

先に映画をみているので 原書でも なんとか読めました

この映画についての感想も ブログで ここ に記録しています

そして左は 原書で本を読むのも楽しみにしている私のために
友達が アメリカの空港で 平積みされている この本をみつけ
「平積みされているから たぶん 面白い本だってことかな?」と
おもって買ったのといってアメリカ土産にくれたのでした

ところが 私はこれを一年以上も放置してしまい
先日 机の上を整理していたら ひょっこり出てきましたので
彼女の言葉を思い出しネットでチェックしてみると
アメリカですごいベストセラーとなって映画化された本だと判明

 映画「ヘルプ ~心がつなぐストーリー~」
キャスリン・ストケットの全米ベストセラーを映画化した感動のヒューマン・ドラマ

とありました

これは面白そうです

先に 映画をみよう~と レンタルショップへGO

さっそく 映画鑑賞

私が思ってもいなかったケネディ大統領時代のアメリカ南部の
黒人差別がテーマの映画でした

1960年代のアメリカ南部 ミシシッピー州では
人種差別意識が強くのこっていて まるで リンカーンの奴隷解放宣言以前のような状態

ええ?あの当時に 現実にこんなことがあの自由の国で
起こっていたなんて~というのが 正直な感想

この状況に疑問を抱いた白人ライターによって書かれた
黒人家政婦(the Help)たちの物語でした

著者の キャスリン・ストケットはアメリカ同時多発テロ後に
この本を5年の歳月を費やして執筆しましたたが 多くの出版社に
断られた後 やっと出版され さらに数年かけて 口コミで評判となって
ロングセラー作品となったそうです

村岡花子さんも 何年もかかって 「赤毛のアン」の
翻訳をしましたが 完成しても どこの出版社にも
日本人になじみのなかった モンゴメリーの作品は
取り上げてもらえず 長い間 原稿を風呂敷包に包んだまま書斎に置かれていたとか

ようやく興味をもってくれたある編集者によって日の目をみ
発売されたら ロングセラーとなったという点で似ています

映像化されて 売れる本
売れたので 映像化される本

本の売れ方もいろいろですね

さてこの本は日本語訳もでていますが せっかくなので
まずは原書にチャレンジです

読み終えるのは 半年先???ぐらいでしょう~

さて さて 紫陽花の花芽が見えるようになりました

我が家の紫陽花の中で一番に花芽を付けたのは カシワバ紫陽花
a0084343_14514142.jpg

昨年 姉の家の庭からやってきた 紫陽花も
信州から 3年前にやってきた紫陽花も 順調に育っています
a0084343_14543864.jpg

これから♪ 始まる♪ 紫陽花の季節♪

私の楽しみな季節です
[PR]
by banban0501 | 2014-04-20 14:41 | 日々の記録・雑感 | Comments(40)

・・・・TOPに戻る・・・・
2014年 04月 13日
宝塚100周年本 & ごちそうさん レシピ本
東京へ転居したお友達から宝塚100周年の記念本をいただきました
a0084343_13515466.jpg


朝日新聞で取り上げた宝塚関連の記事の抜粋から
宝塚の歴史を振り返っている本でした

宝塚を作った小林一三さんが 失敗したら全責任をとると書面にしたためて
箕面有馬鉄道を設立し 沿線の宅地開発を並行して行うことで銀行から融資を
引き出して 事業にとりかかったのが明治41年 

そして大正3年(1914年)終点宝塚へ人に足を運ばせるために 
宝塚温泉のプールを改造して劇場をつくり 少女歌劇団を作りました

それから今年は100年です
a0084343_1331837.jpg

彼の思惑はあたり 宝塚少女歌劇は人気となり 
大正8年の新聞記事の抜粋の中には こんな記事もありました
a0084343_13331032.jpg

以後 記事は 戦中戦後の宝塚の様子や 私が子供のころに
通った大劇場の落成記念の写真や
阪神大震災で花の道に建っていた スターさんのブロマイド屋さんや
土産物屋 食堂などが 倒壊した写真も掲載され
そして つい先日開かれたばかりの 宝塚大同窓会の写真もありました
a0084343_13332641.jpg

つい先月まで工事していた新しい正門の写真も掲載
100年の記念のために リニューアルしていたのか!と納得でした
a0084343_13334344.jpg

往年のスターさんの写真の中に しっている名前も発見です
a0084343_1343244.jpg

今も活躍されている方も多いですが ほとんどは知らない人です
a0084343_13435224.jpg

上の写真の中にみつけたこの人の名は「小夜福子」さん
a0084343_13344413.jpg

亡くなった母が 娘時代に夢中になっていた男役さんです

いつも いつも 小夜福子といっていましたが どんな顔なのかわからないまま
でしたが 今回 この本の中でみつけることができました

本の記述によれば 葦原邦子さんと人気を分かち合って
宝塚の第一期黄金時代をつくった人だとか
かわいらしいのではじめは娘役だったけど月組のトップとなって
塚ファンの人気を二分したということでした

母が好きだった男役さんのこと ようやくわかりました

この人の舞台を見たくて女学校時代 お友達と宝塚通いをしていたと・・・
ことあるごとに 私たちに話していた母でした

宝塚をみ始めるとご贔屓スターさんにいつか出会ってしまいます

私が一人のスターさんに夢中になったのは天海祐希さんだけですが~

一公演に7回もいったのが最高記録でした
随分 お金も時間もつかってしまいましたが・・・

夢中になっている時は楽しいものです

母もそうだったのでしょうね

トップコンビの宝塚時代の思い出を語る対談記事も満載
a0084343_13532380.jpg

黒木瞳さんは 入団2年目で大地真央さんの相手役に
真央さん自身から指名されたというから 驚きです

それにしても大地真央さんはいつまでも美しい

彼女の宝塚での活躍時代は 子育て真っ最中でみれなかったのも残念の極み
みていたら きっと夢中になっていたと思います

こんな宝塚の思いをブログにつづってもまぁ いいでしょう~

なつかしい思い出もよみがえり 宝塚=私と
友達の中でできあがっている構図にしたがってプレゼントとはうれしいことでした 

そして 宝塚本だけでなく ごちそうさん のレシピ本も頂きました

a0084343_13245743.jpg


こういう本は自分では なかなか買いません

でも パラパラ読みしたら 毎朝みていた
ごちそうさんの朝ドラの思い出もよみがえります

例えば めいこのおばあちゃんからの直伝の糠漬けのレシピと下準備

a0084343_10424546.jpga0084343_10475559.jpg

(写真の上でクリックすると 大きく拡大できます)

糠漬けは私も もう5年続けていますが きゅうりばかりで・・・
でも下準備をうまくすれば いろんな野菜をつけることができるのですね

なので 到来物のタケノコを湯がいたのでさっそく糠床へ・・・
a0084343_19161233.jpg

甘い春玉ねぎと シャキシャキ筍のお刺身で季節料理になりました
筍のぬか漬けも楽しみです

それから気になる 「焼き氷」と「納豆いろいろ」も
a0084343_13241138.jpga0084343_13234415.jpg

(写真の上でクリックすると 大きく拡大できます)

大量の鯛をつかってめいこが作った料理は 何だったのか?

鯛ごはん 鯛五色揚げ 鯛のうしお汁 鯛のとろろ汁 鯛ごま醤油和え 
鯛せんべい 鯛えらから揚げ 鯛の骨障子焼き と鯛つくしで
ほんとうの「始末がええ」料理を会得しましたが そのレシピも

レシピブック2には あの和枝さんの柿の葉寿司も登場でした

とうていマネできない料理ばかりですが ミセスキャベジの
レシピで 簡単なものを発見です

干ししいたけフライ
①干しシイタケをたっぷりの水で 一晩かけて戻す(柔らかくなればOK)
②軽く水気をしぼり 石つきを取り 薄力粉 玉子 パン粉で衣を
 つけ170度の油で揚げる
③このみの調味料でいただく
a0084343_19165541.jpg

生のシイタケとは違う味わい深いフライです
味噌カツソースで頂きました

じゃがいもときゅうりのサラダ
①じゃがいもは蒸すかゆでてあついうちにつぶし塩をふって粗熱をとる 
②きゅうりは薄切りにして塩をふってしんなりさせ水気をきる
③①に砂糖と酢をまぜ(ジャガイモ2個に塩小2酢大1)②のきゅうりと混ぜ
 ゴマをふる
a0084343_19171752.jpg

どちらもシンプルだけど素材の美味しさが引き立つレシピ

美味しくいただきました

ごちそうさん でした~
[PR]
by banban0501 | 2014-04-13 00:02 | 料理・食べ物の話 | Comments(34)

・・・・TOPに戻る・・・・
2014年 04月 09日
のれそれって?
仕事場にも 新一年 新2年という新入生が9人もはいってきて
お世話も大変で 毎日 目のまわるような忙しさです

うちの孫ちゃん二人も それぞれ 一つ上に進級ですが
孫ちゃんは 冬休みのがんばり勉強のおかげで 私立の中学へ進学ですから
ちょっと お祝いをしてあげることにしました

がんばったまごちゃんと それを支えた 家族の祝賀会?って感じでしょうか

何事も記念ですから ばぁば の財布も緩めることにして・・・
ホテルの和食レストランへ繰り出しました!!

ちゃんとお祝い用のセッティングです
a0084343_1353784.jpg

こういう御馳走が大好きな まごちゃんです
a0084343_13533693.jpg

ところで この日の料理の前菜ででてきた 「のれそれ」

のれそれって何?と 初めてみた食材にびっくりな家族一同

なんや これ?で 恐る恐る食べてみると 美味しい!!
a0084343_13535458.jpg

なんでも あとで調べる人ですので さっそくネットでチェック

「のれそれ」とは アナゴの稚魚

アナゴの稚魚は関西では「べらた」高知県では「のれそれ」と呼ばれています

「のれそれ」は漁師さんが地引網を引くと
高知県で有名なドロメ(鰯の幼魚)と一緒に網に掛かって来るのですが
「ドロメ」は弱い魚ですので
網に掛かるとすぐ死んでしまい、網にくっついてしまいます

その「ドロメ」の上に「乗ったり、それたり」しながら
網の底の方へ滑って行く様子が
「のったり、それたり」→「のり、それ」→「のれ、それ」→「のれそれ」
と言うふうになり「のれそれ」と言われるようになったそうです

は~ん そうだったのか・・・

長く生きてきて まだ食べていない 身近な食材ということですね

もっと長く生きた姑は なんと この のれそれに過敏反応したのか
30分ご ジンマシンがでてきて 大変なことになりました

お店の人も心配してくださいましたが 体調が悪かったのか
姑の身体に合わなかったのか 原因不明ですが
他のものは 大丈夫ですので そのようにお返事しておきました

歳をとったら 初物には 要注意です

幸い 1時間ぐらいで だんだん症状はおさまって やれやれでした

自宅へかえって ひなちゃんとままごと

屋根裏納戸で存在すら忘れさられていた 誰か?のおうちをひっぱりだして・・・

お気に入りの パンダちゃんが 主人公のままごとが展開
a0084343_1354123.jpg

疲れた~

上の孫ちゃんと一日デートしても つかれませんが
ひなちゃんとは 1時間ももたない私は
これも 存在も忘れていた ディズニーの「白雪姫」のDVDをセット

ひなちゃんと 楽しんでしまいました

孫もりを テレビに助けてもらって やれやれでした

こんなことも 忘れず記録でした
[PR]
by banban0501 | 2014-04-09 12:31 | 日々の記録・雑感 | Comments(22)

・・・・TOPに戻る・・・・
2014年 04月 05日
ビッグオフの会 in 豊川 岡崎 後半
音羽川の河原でお弁当を食べた後は川沿いの道を
上流へむかいました

だんだん川幅もせまくなっていきます

ここにあるのが 東海道五十三宿の一つ 御油(ごゆ)宿の松並木です

松並木の入り口には 説明板もありました
a0084343_12264182.jpg

ここは 小次郎さんのブログでよく登場する場所です

小次郎さんのお気にいりの並木橋
a0084343_12274312.jpg

小次郎さんの畑で なばなを摘ませていただきました
a0084343_10412141.jpg

家に帰ってさっそくなばなのお浸しでした

さ~ ここから 岡崎へ向かうという予定を 元気さんがたててくれました

岡崎は 大きな街でした!!

もちろん町の中心は 徳川家康が生まれた岡崎城

満開の桜に誘われて大勢の人が岡崎城のある岡崎公園に

駐車場探しで うろうろでしたが そこは 元気さん
いろんな駐車スペースをご存じで なんとか空いているパーキングを
みつけてくれ 岡崎城址跡公園を訪れることができました
a0084343_12362753.jpg

大阪城と同じく 城址跡に新しく建設された天守閣です

まわりになぜか 松が多くて 天守閣の撮影は 難しかった~

天守閣近くは松が多く お花見には適しませんが
掘り周辺に 桜がきれいなところがあるというのは 大阪城と同じ

ちがうところは 小さくて可愛い!!ということでした(笑)

さて この後は お城から八丁の距離にあるから八丁味噌という
白みそとも赤みそとも違う独特のお味の「カクキュウ」さんの八丁味噌工場見学へ~

0時スタートの最終4時のガイドツアーに参加でした
a0084343_11415741.jpg

これが なかなか よかったです
元気さんは このツアーに間に合うように いろいろ時間調整でした

大昔に名古屋城へいったぐらいで 名古屋方面のことは
まったくしらない私に せっかくきてくださるのだからと
豊川稲荷 音羽川 岡崎と 観光も考えてくださった
元気さんを初めとする 名古屋メンバーさんでした

おかげさまで 充実した 春爛漫の一日となりました

楽しかった お花見&観光 オフ会 
初対面なのにみなさんで歓待してくださり 本当に感謝です

楽しかった思い出も こうして無事?記録できましたので
また いつでも 楽しかった余韻を味わえます

岡崎駅でみなさんとお別れして
お腹が空いたので帰りはいただいたお土産を新幹線の中でむしゃむしゃ
a0084343_12483343.jpg

せっかくいった岡崎です
八丁味噌の商品も ゲット 瀬戸や豊橋のお土産もいただいて・・・
a0084343_1250378.jpg

八丁味噌をこれから料理の味付けにも いろいろ使おうと こんな風に・・
a0084343_10443069.jpg

味噌を使う料理のバラエティが増えそうです

沢山の荷物を抱えて夜の9時半に無事帰宅でした

素晴らしいオフ会の準備をしてくださった

元気ばばさん
小次郎さん
うさぎさん
ひまわりさん

感謝です

そして ふうちゃん 私 

6人の素晴らしいビッグオフ会でした
[PR]
by banban0501 | 2014-04-05 12:04 | 豊川 岡崎 | Comments(34)

・・・・TOPに戻る・・・・
2014年 04月 03日
ビッグオフの会 in 豊川 岡崎 前半
2006年7月からブログを初めて たくさんのブロ友さんと
出会ってきましたが オフの会をお誘いするほどの
勇気もなく すごしていましたら 
ブログ開設の年に 最初にコメントのこしてくださった
「元気ばば」さん から 昨年の夏
大阪へいきますので 会いませんか?と 初めてオフの会
お誘いをいただきました

そのときは 大阪グラン フロントで ランチして
学生時代から よく通った喫茶店でお茶して 楽しい時間を
すごし オフの会の楽しさを初めて味わったのでした

そして またまた 大阪へ他の方と二人できてくださると
いうので 私は すぐに こうお返事しました

「私がいきま~す」と

それなら!ってことで 他の人にも声をかけてくださり
豊川でのビッグオフ会が実現となったのです

私をいれて総勢6名 元気さん以外の4人とは初対面です

鉄道のことなら なんでもご存じの元気さんに教えてもらったので
初めて訪れた豊川でしたが 最寄り駅からスムーズに到着

駅の改札で みなさんがお出迎えでした

豊川といえば 豊川稲荷 が有名
私だって 名前ぐらいは しっていますが 初めての訪問です
a0084343_11352325.jpg

白地に赤文字の千本ののぼりがずらりも壮観です
そして
a0084343_1275631.jpg

沢山のきつねにもびっくりで これは見応えがありました

さすが 豊川稲荷です

とっても創建の古い名刹だったことも今回初めてしったことです
みるものすべてに時代を感じました
なんでも 見ないとわからないものです
a0084343_11364691.jpg

あら~ デジカメが うんともすんともいわんやん!

どうやら電池切れ!!

もっていったiPadミニで撮影するしかないか・・・
でも 手振れしたら これの撮影は難しいし・・・

と 途方にくれていたらば!!

なんと 小次郎さん が 自分のもってきた 予備のデジカメを!

そうだ~ 自分のSDカードを こちらへ入れれば いいんだ♪

ということで これからあとは 小次郎さんのデジカメで撮影でした

感謝 感謝 豊川稲荷をあとに 
同じ豊川市を流れる音羽川へ車2台に分乗して向かいました

私を駅で出迎えるために あらかじめ豊川稲荷の駐車場に車を
とめていてくださっていたのです

こういう計画も すべて 元気さんが 考えてくださって・・・

ほんとうに ありがたいことでした

そして また 音羽川の桜の見事だったこと

オフ会の日を 私の仕事の春休みに合わせてくださり
運がよければ お花見ができるかも?とおもっていたら
その通りになりました
a0084343_114842.jpg

お弁当を食べながら みなさんと それぞれのブログに
かかれていた話題や ブログとの出会い などなど話がつきません

午後からは 小次郎さんに案内してもらい
東海道 御油宿の 松並木へむかいました



今日はここまで 書きとどめておきたいことがいっぱいで
とても 一回では 無理です(笑)

元気さんは 簡潔に この日の思い出を その日にアップ
私は記録魔ですので そうはいきません~

「私がいきます」の一言から 沢山のブロ友さんに会え
いろんな所へつれていってもらい 本当にどう感謝していいのか
わからないぐらいです

感謝 感謝のオフ会 また 後半は次回です

ダイジェスト版は 元気さんのその日のブログ  と
やっぱり新幹線にのって集合だった ふうちゃんのブログ でごらんください


今日から仕事

がんばりま~す
[PR]
by banban0501 | 2014-04-03 11:55 | 豊川 岡崎 | Comments(22)

・・・・TOPに戻る・・・・
2014年 04月 01日
まごちゃんと英会話&あべのハルカス&通天閣&宝塚
この春中学一年になる孫ちゃんを春休みを利用して
私の英会話レッスンへつれていきました

私のレッスンはアメリカ人の先生とのプライベートレッスンですので
先生にお願いして 孫ちゃんに特別レッスンをしてもらいました

文部省は小学生にも英語の授業を年間35時間義務付けていますが
ネィティブなALT(Assistant Language Teacher)の数が少なく
ほとんどの英語授業はクラス担任が CDやDVDでリスニング練習し
クイズや ゲーム形式で英語に親しむという程度の授業しか
していないという現実があります

なので おせっかいばあさんが nativeの先生と
英語でコミュニケーションしてもらおうと孫ちゃんにいらぬお世話を
やいたという訳です

90分のレッスンの間に 自己紹介から始まり
家族 食べ物 国 まごちゃんの好きな鉄道の絵や写真をつかって
簡単な英文ではありますが ちゃんと先生と会話ができ
とても 満足したようでした

先生はやっぱりプロ

文法も単語もしらない孫ちゃんに なんども繰り返し
自然に文法がわかるように教えてくださり 最後には
Where does Hikari run? と先生がきくと
Hikari runs from Tokyo to Shin Osaka と孫ちゃんが答え
彼の好きな新幹線の話で ちゃんと会話に
なっていったから 驚きでした

「90分長かった?」と私が聞くと「短かった!」と
答えましたので きっと レッスンを楽しんだのでしょう

また夏休みに レッスンをお願いしました

それまでには 中学校で 英語の基礎を学んでくれることとおもいますので
もう少し ステップアップしてくれることを願っています

お疲れさんの孫ちゃんが あべのハルカスへいきたいっていいましたので
天王寺まで 二人ででました

ところが この日はプレオープンなので
予約がないと最上階の「はるかす300」の展望台には
いけないということ しかたなく 16Fの庭園展望へ
a0084343_18403925.jpg

ここから通天閣がみえましたので 通天閣からハルカスをみようということに

久しぶりの通天閣 リニューアルされて 中はすっかり綺麗に~
a0084343_18421442.jpg

ここから ハルカスをみてみると・・・
a0084343_18441199.jpg

なるほどね・・・・

通天閣の中は ずいぶんと垢抜けた感じに変身で びっくりです
a0084343_18444072.jpg

帰りに 新世界で おきまりの 串カツを 二人で少したべ帰宅でした

彼にとって いい日になったと おもうのですが いかがでしょう~

そして 今日は 姉妹で またまた 宝塚

桜満開で 花の道も 美しい
a0084343_1846416.jpg

宝塚は今年 100周年です

その記念公演でしたので 祝祭ムードの舞台

100人の出演者が 着物姿でおりなす総踊りは豪華で見事

お芝居もストーリの最後は大団円

レビュー「花詩集100」では 初舞台生のロケット(ラインダンス)と
とてもキュートなバラの衣装をきた100人で構成された
迫力あるロケットもあって素晴らしい舞台でした

フランスのデザイナー アントーヌ・クルックさんの衣装が
バラをモチーフにした斬新なもので これをみているだけでも 満足しました

記念公演にふさわしい舞台 お天気もよくて 春を満喫でした

カメラをもってでかけたついでに撮った近所の桜並木も ついでに・・・・
a0084343_191399.jpg

お花見は これでおわりでは ありません

明日も 最後のお花見です

新幹線にのって ちょっと遠くまで でかけます

とても 楽しみにしていた 春休み最後のマイイベント

また次回 アップです~

今日も てんこもりの記録アップブログに お付き合いくださり感謝です
[PR]
by banban0501 | 2014-04-01 19:07 | 京阪神ブラリぶらり | Comments(28)

・・・・TOPに戻る・・・・