好きな旅行の話や 自分が興味をもったことをアップしています♪ 気になるカテゴリーからもどうぞ!
by banban0501
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
検索
カテゴリ
全体
始めまして・・ごあいさつ
ケアンズ
南イタリア旅行
NYの思い出アルバム
ニューヨークの思い出
アメリカ ラスベガス・ロス
イギリス・ロンドン
ドイツ・オーストリア話
スペインの思い出
南フランス
タイ 
読んだ本
ベトナム
韓国釜山ソウル
韓国ソウル・春川・水原
中国 上海
中国 杭州と上海再び
中国 北京
中国 麗江
台湾旅行
台湾旅行 再訪
中国 香港
マカオ・香港の旅
チェジュ旅行
奈良 今井町
伊勢・志摩の旅
白浜 南部の旅
北陸 金沢 山中
奥飛騨
松本・安曇野旅行
長崎とハウステンボスの旅
ハウステンボスの旅 二泊三日
八カ岳 リゾナーレ
富士山と日光
東京旅行
豊川 岡崎
箱根旅行
横浜・鎌倉旅行
熱海 三島
名古屋旅行
京都と琵琶湖・浜名湖の旅
京阪神ブラリぶらり
お金の話
映画
観劇
英会話
DIY 日曜大工 ミシン仕事
カバン作り
こども服
日々の記録・雑感
ちょっと驚いたこと
マイ 美術館
料理・食べ物の話
パソコンでお絵かき
パソコンで・・・・
お勉強!
読んだ本
日本語ボランティア

遺品整理
お役立ち情報
仕事関連
リホーム
収納の工夫
親指のトラブル
東京旅行
クルーズ
未分類
最新のコメント
★ はりねずみ ★さま ..
by banban0501 at 22:34
こんにちは 楽しまれま..
by はりねずみ at 13:11
★ mihayashi6..
by banban0501 at 07:41
★ anello63 ★..
by banban0501 at 07:36
★ ささゆり ★さま ..
by banban0501 at 07:33
クルーズ旅は私は生涯その..
by mihayashi6 at 07:12
>いろいろあって今年は ..
by anello63 at 21:58
いい旅でしたね。 ..
by ささゆり at 14:14
★ sakae2009 ..
by banban0501 at 21:29
いい旅行でしたね。 私..
by sakae2009 at 20:34
フォロー中のブログ
生きる詩
ニューヨークの遊び方
気まぐれフォト日記
チョコットメモ記
小次郎じじ物語
折々の記
親父の HOBBY
Rabbitjumpの草原
空の見えるベランダから
neige+ 手作りのあ...
ひとこと、ふたこと、みこと
《ニューヨーク直行便 》...
日々の暮らし
~秋色紫陽花と暮らす日々~
本当に幸せなの?
気まぐれ日記
BABAうさぎの奮闘記 ...
ふうちゃん にっき
元気ばばの青春日記 気持...
はあと・ドキドキ・らいふ
OURHOME
やっぱり旅が好き♪
アンダンテのだんだんと中受日記
片付けたくなる部屋づくり
☆FREEDOM☆
さかえのファミリー
その日・その日
ブロ友パソコン相談室
Mrs.和やか in 手帳
無垢のおうちと収納と
FU-KOなまいにち
Linen Style...
IEbiyori
時流れるままに
シンプルで心地いい暮らし
Baabaの徒然に
はりねずみの日記帳
喜びも悲しみも幾年月
『 とっておきのお片付け 』 
元気ばばの青春日記 気持...
WITH LATTICE
ラクからはじまる楽時間♪
ハーバードで奮闘中、日本...
白×グレーの四角いおうち
uri's room* ...
ivory*
クラシノート
片づけで、すっきり暮らし。
ほぼ100均で片付け収納に挑戦
外部リンク
ひとりごと
自称 記録魔
自分のために
記録して残して
おきたいことを
時々 更新です

メールはこちらから
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
more...
タグ
(108)
(71)
(56)
(50)
(37)
(24)
(23)
(22)
(19)
(18)
(17)
(16)
(13)
(13)
(12)
(12)
(12)
(10)
(6)
(5)
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
最新の記事
始めてのクルーズ パシフィッ..
at 2017-08-20 10:00
始めてのクルーズ パシフィッ..
at 2017-08-18 09:37
始めてのクルーズ パシフィッ..
at 2017-08-14 23:10
始めてのクルーズ パシフィッ..
at 2017-08-12 14:17
東京旅行三日目 東大 & 銀座
at 2017-08-05 10:00
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2014年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

・・・・TOPに戻る・・・・
2014年 01月 26日
朝の連ドラ「ごちそうさん」の地下鉄&有料パウダールーム&宝塚
朝の連ドラ 楽しみにみています

前作の東京局の「あまちゃん」も面白かったですが
今の大阪局の「ごちそうさん」も大阪らしくて関西人として
楽しんでみています

悠太郎が仕事で取り組んでいる大阪の地下鉄作りで
たびたび登場する話題が 設計にこだわってつくられているという点です

大阪生まれの私には子供のころから慣れ親しんだ
御堂筋線の話だということはわかってはいましたが
あのアーチ状の駅を作ることがそんなに大変なことだったのかとか

設計者がこだわって 照明器具をシャンデリア風にして
しかも駅によってデザインが違っているんだというのが

なんか初めてしったって感じだったのです

阪急か阪神でお洋服を探し お気にいりのものがなければ
御堂筋線にのって 心斎橋の大丸にいってみるというのが
子供の時からのショッピングパターンでしたが気がつかなったことでした

それで しっかり確かめてきました

心斎橋駅は・・・
a0084343_1419254.jpg

梅田駅は・・・
a0084343_142029.jpg

途中の淀屋橋駅もやっぱりシャンデリアのデザインはちがっていました

ごちそうさんのおかげで再発見でした

この日は梅田で二つの目的がありました

一つは 阪急百貨店の有料パウダールームにはいること

というのも・・・

先日 阪急でお洋服の買い物をしたら ショップの人が
このパウダールームの無料券をくれたのです

きっと利用促進のためでしょうが・・・

興味があったし 無料だし・・ということで姉妹で出かけてみました

4階にあって 乙女チックなドアをはいると
お借りした下のパウダールームの写真よりは沢山の鏡がそれぞれの席にある部屋でした

真ん中には 飲み放題のドリンクスペースもあります

一時間300円で 好きな パナソニックの美容家電 を借りてお試しし
月替わりのコスメブランドの化粧品をお試しできるのです

始めは家電2種とコスメ5種を選ぶのですが これを返却すれば
また あらたになんでも借りられますので1時間有効に使えば
美容家電やコスメをいろいろ試し コーヒー 紅茶をいただけるという訳です
a0084343_14234049.jpg

利用するには 阪急の種々のカード会員であることや
メールアドレスの登録をしないといけませんが
もともと阪急の会員だったら すぐに利用できてとても便利です

1時間の間に若い女性が どんどん入ってきて
お部屋の椅子もどんどん 埋まっていくのでびっくりでした

私たち姉妹も いろいろ試してみましたが
一番 気に入ったのは ナノケアミストでしたし

他の方々もこれを利用されている方が多かったです

ほんと 気持ちいい フェイスケア製品です

これを使うと 化粧は全部 はげてしまいますが
借りたコスメで化粧をしなおして 姉妹で出かけたのは・・・

梅田芸術劇場での 宝塚公演でした
a0084343_1434186.jpg

先週に引き続きの宝塚公演でしたが 出し物は
宝塚100周年を記念して人気演目の「風と共に去りぬ」

専科の轟悠(とどろきゆう)さんのバトラーと
月組トップの龍真咲(りゅうまさき)さんのスカーレット

大階段がありませんので 大階段をつかったレビューを割愛した分
風とともに去りぬの バトラー編とスカーレット編をミックスして
たっぷりとお芝居をみせてくれ とても素晴らしい舞台でした

公演終了後でも 田舎の宝塚とはちがって あたりは賑やか

姉妹で食事を楽しんで解散でした

便利な場所に劇場があるのは やっぱりありがたいですね~

東京の宝塚劇場も便利な場所にあるようです

一度いってみたいものです!!

今夜は娘の誕生日

孫のひなちゃんも 同じ日 1月26日

偶然です
a0084343_1035190.jpg

独身の娘の歳は内緒ですが ひなちゃんは5歳になりました!!

お兄ちゃんは 先日私立中学受験してなんとか無事合格でした
a0084343_1454481.jpg

冬休み ひなちゃんが邪魔して落ち着いて
勉強できないと我が家で受験勉強していましたので
私も なんだかほっとしました 

今週は いいことがいっぱいでした~
[PR]
by banban0501 | 2014-01-26 14:43 | 京阪神ブラリぶらり | Comments(35)

・・・・TOPに戻る・・・・
2014年 01月 19日
宝塚 ナポレオン & 柚子くず湯
ウイークディは仕事で忙しい私の今の楽しみは
宝塚や歌舞伎をみにいくことです

いつも 姉と妹と私の3人でいきます

母の存命中は4人で楽しみました
 
母を中心に姉妹が集まるいい機会でしたので
母亡きあともこれだけは続けようとおもっています

私たちを宝塚好きにしたのは母でした

母も娘のころから大好きで宝塚通いをしていました

なので母に連れられて花の道を歩いて宝塚へよくいったものです

帰ってくれば 3人で宝塚ごっこをしました

母の長いスカートをはけば子供の私たちには
ドレスとなりますので 裾をもって踊るのです

今回 ちょっとそのことを思い出してしまう写真が撮れました
a0084343_23472514.jpg

まるで 舞台にたったような写真になっているでしょうか?

種明かしをすれば・・・
こんな場所で撮影したものです
a0084343_23482292.jpg

宝塚駅から徒歩5分の劇場横の駐車場の下を利用したスペースです

このスペースで今年は宝塚100年を記念してこんな空間ができていました

劇場への行きかえりに ちょっとよってポーズをとって写真を
撮る人がたくさんいますので こんなポーズをとっても
恥ずかしくなかったという訳です

さて 今回の出し物は「眠らない男 ナポレオン」
フランス革命後の混沌とした状態をまとめ
民衆の支持をえて 皇帝となったナポレオンと
その妻 ジョセフィーヌの物語です

ご存じの通り
コルシカ島生まれのナポレオンが寝る間も惜しんで勉学に励み
士官学校も飛び級して卒業し 軍隊にはいっても
その才気あふれる指揮官ぶりでどんどん出世し ついには
民衆の支持を得て 皇帝となった男の物語です

その中で6歳年上のパリ社交界の花だった
未亡人のジェセフィーヌに恋をし 妻とするのですが
彼女は 女王となる野望を抱いているというしたたかな
女性であったという設定の物語になっています

彼女は女王ではなく ナポレオンが皇帝になると皇后となりました

その様子が ダヴィッドの傑作
『皇帝ナポレオン一世と皇后ジョゼフィーヌの戴冠式』
絵に描かれています

わざわざ ローマ教皇をパリに呼び寄せて行われた戴冠式でしたが
王冠を被せようとする教皇から王冠を取り上げ 自らそれをかぶり
妻のジョセフィーヌの頭には ナポレオンがかぶせたという逸話があります
a0084343_043214.jpg

ナポレオンとジョセフィーヌの部分を抜き出すと・・・
a0084343_053152.jpg

この部分を模して 今回のポスターが作られていました
a0084343_08419.jpg

実際の舞台でも 戴冠式の絵の通りにノートルダム寺院の祭壇が
作られ スクリーンに背景を写し 舞台に貴族が並び 逸話通り
ダヴィドの絵の通りの一瞬を再現してくれました

絵の中の皇帝夫妻着用のマントも衣装も忠実に再現されていて
今まで見たこともないような とても豪華な衣装で見応えがありました

こういうことを惜しげもなくやってくれるのが宝塚の舞台です

この絵の通りの一瞬を舞台上で再現してみせたシーンをみただけでも 
私は満足していまいました(笑)

物語の筋は ナポレオンの栄光と挫折の過程を追いますが
単なる 歴史物語に終わらないように
理想の社会の実現を目指したナポレオンの野望と挫折
傲慢に見えたジョセフィーヌが世継ぎを産めないがために
身を引いて離婚し 死の間際までナポレオンを愛していたという
夫婦の愛の絆を織り交ぜてまとめるところも宝塚らしい演出でした

正月公演 大変豪華でした

さて今朝は とっても寒かった

なので 家にあった吉野葛の粉と 柚子で あるものをつくってみました

私の大好きな本 高田郁さんの「みをつくし 料理帖」の第8巻「残月」の
お話の最後にでてくる「心ゆるす 葛湯」

このお話は 上方から江戸へでてきた 女料理人が料理人として
女として 成長していく中でであったいろいろな人々との
心温まる交流を描いた 時代小説です

料理人の話ですので 料理の話がいっぱいでてきて
その料理のレシピも 各巻 数種類紹介されています

その中で これは私でもできるな・・・とおもったのがこの葛湯

レシピは・・・

①柚子の蜜煮をつくる
 柚子は塩で表面を洗って水で洗う
 皮を薄くそいで 5ミリ四方に切る 中身は絞って果汁をとっておく
 鍋にたっぷりの水を沸騰させ 皮を90秒つけ 冷水にとって水気を取る
 鍋に100ccの水をいれ 砂糖大さじ3をいれて沸騰させ
 柚子をいれて 水気がなくなるまで煮詰める
 クッキングシートに広げて冷ます

②葛湯をいれる器を温める
 葛をいれて 沸騰した湯と砂糖(好みの量)を少しいれ手早くかき混ぜる
 柚子の蜜煮をいれて さらに熱湯を注いで手早くかき混ぜる

とありました

柚子の蜜煮は作ってもいいし 市販でうっているものも利用できます

急に思い立ったので いただきものの柚子の甘露煮を利用することに~
a0084343_1556523.jpg

まったりとした葛湯で ほっこりでした

これなら市販の柚子茶用の柚子の甘煮をつかっても大丈夫かもです

食品庫で眠っていた 葛粉 役に立ちました!!

寒い日には お勧めの 飲み物です

みをつくし料理帖の 第9巻の発売を心待ちにしています




 
[PR]
by banban0501 | 2014-01-19 15:58 | 観劇 | Comments(34)

・・・・TOPに戻る・・・・
2014年 01月 09日
映画 「利休にたずねよ」
仕事の冬休みの最後の日に久しぶりに映画をみてきました

前に映画をみたのは2012年12月公開の「レ・ミゼラブル」を
翌年の年明けに見て以来ですからじつに 1年ぶりです

映画も けっこう思いきらないと見れない今の環境です

ハリウッド映画が好きな私ですが最近の洋画はCGを使う作品が
多くて ちょっとうんざりしていますので邦画をチョイス

先日テレビで市川海老蔵を取り上げた番組があり
昨年亡くなられた団十郎さんとの最後の共演だった映画の
話もありましたので 「利休にたずねよ」 を観ることにしました

直木賞受賞作「利休にたずねよ」(山本兼一)の映画化です

海老蔵ファンという訳でもなく
単に「利休」に惹かれて・・・

利休の無駄を一切なくした「一期一会」の世界観を感じたいこと

ずっと疑問におもっていた どうして武士でもない茶人の利休が
天下人となった秀吉の命で切腹しなければいけなかったのか?

Wikipedia をみれば いろんな原因が羅列されていますが
この映画で主な原因として取り上げていたのは

安価の茶器類を高額で売り私腹を肥やした疑い

秀吉が利休の娘を妾にと望んだが拒否

秀吉の朝鮮出兵を批判

これに輪をかけた 大徳寺三門の上に安置された利休木像の下を
秀吉に通らせたという言いがかりがあり
秀吉に詫びるように迫られたにも関わらず

「私がひれふすのは 美しいものに対してだけだ」と返答したためとなっています

本当に利休に増長や傲慢があったのでしょうか?
一介の茶人が秀吉を超える存在になったのでしょうか?

ほんと これは歴史の疑問ですね

でも 映画の中の利休は ひたすら美を追い求める茶人としての利休です

冒頭は利休邸を大勢の兵士が取り囲む切腹の朝のシーンから

20年前 10年前と回想シーンが始まり
利休がいたった侘び茶の世界が徐々に明らかになり
信長に寵愛され そのあと秀吉にも重用されたにも
かかわらず どんどん秀吉と軋轢をうんでいくシーンが続きます

その侘び寂の世界観の映像と秀吉との確執の表現に
なんだか眠気が襲ってきましたが
映画の後半 突然に まだ堺の大店の放蕩息子であった
若かりしころの利休が現れます

自分の家の蔵にひそかに運ばれてきたつづらの中にいた美女を
一目見たときから恋におち その女性を助けるために奔走するのです

朝鮮から連れ去さられ 売り飛ばされる運命の美女です

この女性との出会いがのちの利休の考え方の元となるようでした

ひたすら美しいものを追い求める という

だから 秀吉に反発したという感じなのでしょうか・・・

秀吉の華美と利休の詫び寂の世界は確かに対立しますね

この映画で びっくりだったのは海老蔵そっくりの利休木像

高僧の御像というのは今も伝えられて たまに拝見する機会もありますが
これほど リアルに作られていたのかもと思うものでした

映画ではこの木像は火あぶりになっていましたが
利休の像は現存していますから 焼かれた像とは違うものなのでしょう

歴史小説の面白さですね

そして私的に印象深かったのは 団十郎と海老蔵のツーショットシーン
a0084343_11291449.jpg

初めの疑問がなくなったわけではありませんが
それでも利休が目指した茶の世界観は充分に感じることができ
なかなか 面白い映画でした

派手なハリウッド映画から しっとりと人間模様を描く映画が
好きになりつつある私です
[PR]
by banban0501 | 2014-01-09 11:29 | 映画

・・・・TOPに戻る・・・・
2014年 01月 04日
2014年 年始
あけましておめでとうございます

という挨拶ももう4日になれば・・・ですが!

今年もいつもと変わらぬお正月を迎えられました

元旦恒例の初詣は墓参りをかねて
毎年同じお寺に家族そろってでかけます

このお寺に隣接する墓地に舅と実家の父母の墓があるのです

私にとっては 嫁ぎ先と実家の墓が同じところにあるというのは
非常に便利?です

実家の父が存命のときにこの墓地を亡くなる
30年も前から確保していました

偶然にも私達夫婦が住まいを構えたのも
このお寺に近いところでした

そして一番先に亡くなった舅の墓を建てるときに
姑が息子夫婦の家に近い この墓地を選んでくれたのです

今は私たち家族は姑と同居のために
この地を離れ 引っ越ししてしまいましたが・・・

でも 今 舅と実家の父母は お墓でご近所というわけです

お屠蘇で新年のあいさつをしたら お節料理をゆっくり食べて
11時ごろに初詣に出発です

車で1時間半かかりますが元旦は停滞もなくスムーズです

毎年元旦の同じ時刻に参りますが 今年はとりわけ
初詣の人出が多く 賽銭箱の前までいつもの倍の列ができていました
a0084343_1614987.jpg

このお寺でみんな揃って記念撮影するのが 我が家の元旦のイベントです

帰宅したら 家族ビンゴ大会です

それぞれビンゴの景品を用意しますので一人3~5点ゲットできます

子供用から大人用まで この日のためにいろいろ集めておくのです

去年はビンゴの機械のボタンを押して珠を出すだけを
楽しんでいたひなちゃんが 今年は 出た数字を読み上げる
ことができるようになっていて びっくりでした!
a0084343_165109.jpg
 
ひなちゃんのびっくりはこれだけではありませんでした!!
a0084343_1684116.jpg

ピアノ発表会の曲を披露したり
ギターをもって 音楽に合わせてリズムをとってギターの弦を鳴らしたり
バレエを習い始めたのでレッスンでする動作もご披露で
身体の柔らかいところをみせてくれたりしました

子供の成長をみるのは 本当にうれしいものですね

お兄ちゃんは ピアノも今も続けて上手ですが
もう ご披露はしてくれません!!

ひなちゃんはまだまだ大丈夫です~

今年も家族が健康に大過なく過ごせることを願ってやみません

皆さまにとっても いい年でありますように!!

今年もよろしくお願いします ♥★(^_-)-☆♥






とここまで書いて この年始の面白い出来事を思い出したので記録です

とある大阪のデパートで正月2日配達の「福袋」を
12月に注文しました

コート2枚とスカーフが大きな旅行用にもなるバッグにはいって
10000円ってのに魅了されて・・・

しかもあらかじめ試着もでき好きなデザインで注文できますから
開けたらガッカリってのもありません

そして2日の朝10時に宅配便で配達されました

で そのままにしていたら 12時にデパートから電話

「お客様は もう福袋の中を確認されましたか?」だって

あわてて 確認したら 中身が一部違っていました

「これから 取り替えに行かせていただきます」だって!!

そして2時間後 正しい中身のものをもって
スーツ姿のデパートの人がきました

お詫びの品だといって お菓子の詰め合わせも持参でした
a0084343_1856134.jpg


一万円の福袋売ってこんなお菓子のお詫びをもってきたら
儲けってあるのでしょうか!!

私は お菓子をいただけてラッキーでしたが
デパートの社員は大変だね~と孫ちゃんに話し
正月休みのある仕事に就こう!なんて話してしまいました!!
[PR]
by banban0501 | 2014-01-04 16:17 | 日々の記録・雑感 | Comments(40)

・・・・TOPに戻る・・・・