好きな旅行の話や 自分が興味をもったことをアップしています♪ 気になるカテゴリーからもどうぞ!
by banban0501
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
検索
カテゴリ
全体
始めまして・・ごあいさつ
ケアンズ
南イタリア旅行
NYの思い出アルバム
ニューヨークの思い出
アメリカ ラスベガス・ロス
イギリス・ロンドン
ドイツ・オーストリア話
スペインの思い出
南フランス
タイ 
読んだ本
ベトナム
韓国釜山ソウル
韓国ソウル・春川・水原
中国 上海
中国 杭州と上海再び
中国 北京
中国 麗江
台湾旅行
台湾旅行 再訪
中国 香港
マカオ・香港の旅
チェジュ旅行
奈良 今井町
伊勢・志摩の旅
白浜 南部の旅
北陸 金沢 山中
奥飛騨
松本・安曇野旅行
長崎とハウステンボスの旅
ハウステンボスの旅 二泊三日
八カ岳 リゾナーレ
富士山と日光
東京旅行
豊川 岡崎
箱根旅行
横浜・鎌倉旅行
熱海 三島
名古屋旅行
京都と琵琶湖・浜名湖の旅
京阪神ブラリぶらり
お金の話
映画
観劇
英会話
DIY 日曜大工 ミシン仕事
カバン作り
こども服
日々の記録・雑感
ちょっと驚いたこと
マイ 美術館
料理・食べ物の話
パソコンでお絵かき
パソコンで・・・・
お勉強!
読んだ本
日本語ボランティア

遺品整理
お役立ち情報
仕事関連
リホーム
収納の工夫
親指のトラブル
東京旅行
クルーズ
未分類
最新のコメント
こんにちは 楽しまれま..
by はりねずみ at 13:11
★ mihayashi6..
by banban0501 at 07:41
★ anello63 ★..
by banban0501 at 07:36
★ ささゆり ★さま ..
by banban0501 at 07:33
クルーズ旅は私は生涯その..
by mihayashi6 at 07:12
>いろいろあって今年は ..
by anello63 at 21:58
いい旅でしたね。 ..
by ささゆり at 14:14
★ sakae2009 ..
by banban0501 at 21:29
いい旅行でしたね。 私..
by sakae2009 at 20:34
★ nagako1953..
by banban0501 at 11:11
フォロー中のブログ
生きる詩
ニューヨークの遊び方
気まぐれフォト日記
チョコットメモ記
小次郎じじ物語
折々の記
親父の HOBBY
Rabbitjumpの草原
空の見えるベランダから
neige+ 手作りのあ...
ひとこと、ふたこと、みこと
《ニューヨーク直行便 》...
日々の暮らし
~秋色紫陽花と暮らす日々~
本当に幸せなの?
気まぐれ日記
BABAうさぎの奮闘記 ...
ふうちゃん にっき
元気ばばの青春日記 気持...
はあと・ドキドキ・らいふ
OURHOME
やっぱり旅が好き♪
アンダンテのだんだんと中受日記
片付けたくなる部屋づくり
☆FREEDOM☆
さかえのファミリー
その日・その日
ブロ友パソコン相談室
Mrs.和やか in 手帳
無垢のおうちと収納と
FU-KOなまいにち
Linen Style...
IEbiyori
時流れるままに
シンプルで心地いい暮らし
Baabaの徒然に
はりねずみの日記帳
喜びも悲しみも幾年月
『 とっておきのお片付け 』 
元気ばばの青春日記 気持...
WITH LATTICE
ラクからはじまる楽時間♪
ハーバードで奮闘中、日本...
白×グレーの四角いおうち
uri's room* ...
ivory*
クラシノート
片づけで、すっきり暮らし。
ほぼ100均で片付け収納に挑戦
外部リンク
ひとりごと
自称 記録魔
自分のために
記録して残して
おきたいことを
時々 更新です

メールはこちらから
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
more...
タグ
(108)
(71)
(56)
(50)
(37)
(24)
(23)
(22)
(19)
(18)
(17)
(16)
(13)
(13)
(12)
(12)
(12)
(10)
(6)
(5)
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
最新の記事
始めてのクルーズ パシフィッ..
at 2017-08-20 10:00
始めてのクルーズ パシフィッ..
at 2017-08-18 09:37
始めてのクルーズ パシフィッ..
at 2017-08-14 23:10
始めてのクルーズ パシフィッ..
at 2017-08-12 14:17
東京旅行三日目 東大 & 銀座
at 2017-08-05 10:00
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:クルーズ( 4 )

・・・・TOPに戻る・・・・
2017年 08月 20日
始めてのクルーズ パシフィックビーナス 4日目最終日
いよいよクルーズ最後の日となりました

なんだか あっというま

前日の夕方屋久島を出航して最終日の朝から午後4時まで
寄港地もないので 神戸港を目指して船は高知県沖の外洋を進むだけです

ゆっくり目覚めて朝食は 洋食で
a0084343_16592588.jpg
朝食の後は 私はクラフト教室に参加
a0084343_16593003.jpg
他にはムッシュ・ピエールのマジック教室ってのもありました!!
折り紙教室とかも

カジノとかバーもオープンでしたが・・・三日間ともこれはパスでした

クラフト教室は船のスタッフさんが 教えてくれます
a0084343_16593652.jpg
材料費400円は現金払い

もう4日目は カードの精算範囲にはいりませんので・・・
a0084343_16594163.jpg
簡単にできました
a0084343_16594545.jpg
このあと 私は 一日目のショーの歌手KIKOさんの歌声広場にも参加
a0084343_16595073.jpg
大きな声で歌ってすっきりして 操舵室見学にも参加
a0084343_16595504.jpg
神棚をみつけて なんだか ほっとしたのです(笑)
a0084343_17000171.jpg
今の船の位置も 海図に
a0084343_17000701.jpg
運転は自動で 衛星からのレーダーで位置確認

このレーダーは 他の船の位置も教えてくれるので 瀬戸内海航行のときは
倍率をうんと上げて みるのだそうです

ところで船の中には 公衆電話とインターネットの部屋があります
a0084343_17003983.jpg
でも Wi-Fiルーターはつながりませんし 携帯電話も スマホもつながりません

なのに 公衆電話はあるのです

それは 船は 衛星通信システムをもっているからなのだそうです

船会社などが特別契約して 衛星通信を利用していますから
一般の人は その通信を利用できませんから つながらないのでした

衛星通信で船の運航は 守られているのです
a0084343_17001213.jpg
昔は目だけが頼りだったのですが・・今は すごいですね

操舵室を拝見して 私は ランドリールームでお洗濯
a0084343_17001682.jpg
家へ帰って洗濯するよりも ここでの無料サービス利用の主婦根性発揮

洗濯している間に ランチへ
a0084343_17002182.jpg
ランチのあとは 午後からの ビンゴ大会に
a0084343_17002584.jpg
ほとんどの人が参加でした

ビンゴは3種類
①ノーマルビンゴ・・・普通の縦横斜めが揃ったらビンゴ
②セブンビンゴ・・・数字が場所に関係なく7個そろったらビンゴ
③サバイバルビンゴ・・・数字がでなければ生き残りのビンゴ

①も②も 景品は ロゴショップで販売されていた いいものばかり

最後の③のたった一人の生き残りの女性は
a0084343_17003488.jpg
クルーズ5万円券をゲットでしたが また乗船しないといけないですね!!

私たちは 残念ながらでしたが 楽しかったです

サバイバルビンゴの最初 全員が立ち上がったのですが
船の揺れに合わせて 会場全員が 右へ左へゆれている姿をみて
やっぱり 船は 揺れているんだ・・と 妙に納得の私でした

お洗濯ものもトランクへ収め 下船準備完了

お部屋で映画みながらまっていると
a0084343_17004429.jpg
予定通り 4時過ぎ神戸港入港

スタッフに見送られ
a0084343_17004849.jpg
楽しかったクルーズ 終了でした

最後に 姑のお世話を引き受けてくれた
娘と息子夫婦に感謝です

最初で最後ではなくまた いきたいです・・・ 

いつか きっと!!
a0084343_14172065.jpg


[PR]
by banban0501 | 2017-08-20 10:00 | クルーズ | Comments(11)

・・・・TOPに戻る・・・・
2017年 08月 18日
始めてのクルーズ パシフィックビーナス 3日目
三日目は 朝 6時半に屋久島到着だったようで
目覚めたときには 宮之浦港から 屋久島の島々がみえていました

この日 用意されていたオプショナルツアーは 
①紀元杉と屋久島自然館(5時間)
②世界遺産エリア西部林道ウオーク(4時間)
③大自然体感 屋久島森林浴(7.5時間)
④屋久島一周と白谷雲水峡ハイキング(8時間)
⑤白谷雲水峡と太鼓岩トレッキング(8時間)
の五つ

船の出航は夕方6時ですから
とても 縄文杉目指すトレッキングは一日がかりとかで 無理なようです

私たちは いちばん楽な①をチョイスです!!

出発は午後からなので 午前中は まずプールへ
a0084343_15061229.jpg
何十年ぶりかで?泳いでみました

子供たちもツアーへお出かけなのか 人もまばらで よかったです
デッキから 覗いてみたら こんな感じで 宮之浦の街と救命ボートがみえました
a0084343_15061898.jpg
こんな人も発見!!
a0084343_15062376.jpg
ゆっくりしてはおれません
12時半出発のツアーに間に合うべく 早めのランチ
a0084343_15062971.jpg
またメインラウンジで説明をきいて 誘導されて下船するとバスが待機でした
a0084343_16255731.jpg
ここからは 屋久島生まれ屋久島育ちの スザンヌに似たガイドさんが
屋久島のことを いろいろと 元気に案内でした

宮之浦から海岸沿いを走ると すぐに屋久島空港がみえます
a0084343_15063909.jpg
管制塔がない平屋のターミナルで 管制塔の代わりに大きなアンテナがありました

屋久島の地図も
a0084343_15334999.jpg

屋久島は 海底で噴火した火山の溶岩が海底で固まって 後に隆起した島なので
1000メートル以上の山々が島全体を占め 
海岸にわずかに人の住む地域があるのだそうです

雨が多いので 川は沢山あって 昔は川で集落が分断されていましたので
同じ屋久島でも 地域によって 言葉が大変ちがうのだそうです

集落は海岸にそって細長く すぐに山へはいるとう感じです

まず向かったのは 少し山の中へ入ったとこにある屋久杉自然館
a0084343_15065542.jpg
ここで屋久杉のお勉強です

屋久島にあるから すべての杉が屋久杉と呼ばれる訳ではなく
樹齢1000年以上は 屋久杉と呼ばれ その他の自然に植わっているのは 小杉で
人が植えたものは 地杉と区別されているんだそうです

そんな屋久杉のお勉強

エントランスの天井に ドカンとあったのが これ

標高1300メートルにある縄文杉の切り出された枝です
a0084343_15070027.jpg
中が朽ちて 折れそうになったので危険なため切って 
ヘリコプターで運ばれたそうです

枝ですが すごいでっかいです

この枝の横に縄文杉が発見されたときの新聞記事のパネルが
a0084343_15070537.jpg
当時の新聞記者が発見の興奮を伝えていました

今はこの木の根元を保護するために 人間は近くによることはできないそうですが
大きさは こんな感じです
a0084343_15073198.jpg
昔 屋久杉は どんどん切り出されて 伐採されていました
薩摩藩への 年貢米のかわりに 屋久島では 杉の平木を収めていました
a0084343_15071581.jpg
土地がやせていて コメを育てることができなかったためです

豊臣秀吉も大阪城建築の際には この屋久杉を運ばせました

そのため ウイルソン株のような 巨大な空洞をもつ屋久杉もあるのですが
いろいろある名前のついた屋久杉に出会いたかったら 一日かかりの山登りです
a0084343_15072668.jpg
この自然館の中で いろいろお勉強

どうして屋久杉はそんなに樹齢があるのかといえば
土地に栄養がなかったので 成長がゆっくりで年輪の厚さも極薄です
なので 結果として 腐りにくかったようです
a0084343_15071155.jpg
しかし その分 丈夫だったので 重宝され どんどん伐採されたのですが
自然保護の考え方が進んで 伐採がとまり 
1993年世界自然遺産として登録されることとなったのです

伐採が盛んだったころの道具も展示され
a0084343_15072001.jpg
でっかいチェーンソー すごい力持ちでなければ もてませんよ

こちらで勉強をして バスが 紀元杉をめざし どんどん山道を進みます
a0084343_15073691.jpg
途中の屋久杉ランドでトイレ休憩したころから 雨が降り出しました
a0084343_15074164.jpg
大つぶの雨の中を バスが駐車場に到着

なんと ここで紀元杉がみれる!!
a0084343_15074868.jpg
この階段を下ると 目の前にこんなものが
a0084343_15075411.jpg
見上げたら・・・
a0084343_15080053.jpg
ゆっくり見たかったのですが とにかく土砂降りの雨です

慌てて撮影して バスに乗り込み出発でしたが
なんと このあと 雨がすぐやんだので ちょっと残念な気持ちになりました

他にも屋久島の観光スポットは いっぱいです
a0084343_16460876.jpg
さて

バスが海岸線まで降りてきたら 土産物屋さんへ
a0084343_15080820.jpg
この時点で もう5時半です

船は6時出航です

7時45分からの夕食までは 時間がありますので
(500名も乗船なので1回目と2回目に分かれてましたから)
2回目の夕食の人は 先にショーをみにいくのです

5時半からの1回目の夕食の人は夕食後 ショータイムとなりますから
どちらが いいか 出航3週間前に連絡なのです


ショーが終われば 子供たちのためのじゃんけん大会とかもありました

私はその間にショッピング
a0084343_15081959.jpg
ロゴショップでは パシフィックビーナス関連のグッズが販売されていますので
記念にと お土産を買いましたが これも支払いは
部屋キーにもなるカードで登録でした

今回のクルーズ 最後のディナーは 
a0084343_15081316.jpg
とっても 美味しくいただき 私は 三度目の映画へ

一日目は 「最高の人生の作り方」
二日目は 「家族はつらいよ1」
三日目は 「はじまりのうた」

これらの映画は日替わりで日に午前 午後 夜と 3回上映され
キッズシアターでも 同様に子供向け映画が上映されていました

お部屋のテレビでも24時間 他の映画が放映されていましたので
映画好きなら退屈しません

たっぷり映画をみて この日は 展望浴場でサウナで汗も流して
就寝でした

船は 高知県沖の外洋を航行でしたが どんな私は揺れも感じずでした
a0084343_14172065.jpg


[PR]
by banban0501 | 2017-08-18 09:37 | クルーズ | Comments(4)

・・・・TOPに戻る・・・・
2017年 08月 14日
始めてのクルーズ パシフィックビーナス 2日目
クルーズのいい所は なんといっても 寝ている間に移動していること

目覚めると 瀬戸内海の山口の周防大島沖に停泊でした

クルーズ 初めての朝食は 洋食か和食かと聞かれましたが
どちらを選んでも ブッフェは利用できるというので和食をチョイス
a0084343_18163594.jpg
結局私は 朝食3回のうち2回は和食となりました

朝食の時間は 人それぞれですが この日は 早めにいきました
a0084343_18162707.jpg
二日目は 朝から 周防大島から柳井の街の散策オプショナルツアーに参加です

用意されていたオプションは
⓵ 周防大島半日ツアー
⓶金魚ちょうちんの町 柳井 散策
の二つ

明治時代 政府によってハワイ移住が勧められた時に
その三割の応募が島民であったという歴史を持つ島の
資料館や 海の生き物に直に触れることができる水族館
この島の沖で沈んだ戦艦陸奥の記念館を訪れるツアーが⓵でした

私達が選んだのは⓶

ツアーに参加せず 釣りをしたり 海水浴をしたり
下船せず ずっと船内に居ても ミニパットゴルフ
ちょうちん作り などもありでした

ツアーの説明を夕べ ショーを楽しんだラウンジで受けて出発です
a0084343_18164142.jpg
スタッフに誘導されて 船の4階の 通船の乗船口へ
このボートは 緊急時には 救命ボートになる船です

ボートというよりも 遊覧船という感じで 沢山の人を収容可能なエンジン船
a0084343_18164683.jpg
周防大島の片添が浜 海水浴場そばの桟橋へは5分で到着
a0084343_18165208.jpg
浜では もう泳いでいる人も
a0084343_18165716.jpg
浜辺からみるパシフィックビーナス なかなかいいですね

浜には バスが待機だったので これに乗車して 周防大橋から 山口県の本土へ
a0084343_18170246.jpg
この海峡の潮の流れは急だそうで 橋は三角形のデザインで強度アップだそうです

柳井の街は 山口県の中の こういう位置です
a0084343_18170979.jpg
海に近いことから 海運で財をなした豪商の店が立ち並び 
白壁が美しい街並みが維持されています

青森県のねぶたを参考に作られた 金魚ちょうちんが ズラリとつり下げられて
なんだか 可愛い感じがします
a0084343_18171343.jpg
電信柱を埋没させてすっきりさせて江戸の雰囲気をだしていますね
a0084343_18171875.jpg
ボランテイアガイドさんが ついて説明をしてくれます
a0084343_18172270.jpg
路地を入ったところにある醤油屋さんへ
a0084343_18200122.jpg
今も現役の醤油樽が 奥にずらりと並んで はいったとたんいい匂いでした

こちらで 醤油のお土産もゲット
a0084343_18483155.jpg
この地方の醤油は 色が濃く甘いので 料理に使うよりは 刺身用とか・・・

曇っていた空から 大粒の雨が!!

傘をさして 町並みの外れにある 資料館へ
a0084343_18200700.jpg
昔の銀行の建物を柳井の街の資料館として利用です

しばし雨宿りで 次に向かったのは お寺
a0084343_18201291.jpg
ガイドさんの説明によると・・・

今から1400年前に 大分の国の般若姫さんが 
旅の途中 この地で水を所望され
出された井戸水があまりに美味しかったので お礼に
不老長寿の爪楊枝を 井戸のわきに刺されたら 一晩で柳の木になったとか

柳の傍の井戸から 柳井 という地名になったとか

しかも この井戸から沸く水を飲むと美人になるんだそうで・・・

もちろん 飲みました!!

今度は 資料館の向にあった「「むろやの園」へ

室屋という大油商 吉田家の屋敷です
a0084343_18201754.jpg
間口は 狭いのですが 奥は なんと119メートル!!
a0084343_18202372.jpg
11棟の建物があり 蔵の中が資料館になっていて むろやで使われた
生活用具が たくさん 展示されていました

今から300年前 元禄時代の創業です

柳井津から50艘の持ち船を出して全国に油を運搬だったそうです

4代目は岩国藩から名字帯刀を許されるほど
大きな財を築いたので 豪華なものがいろいろありました

奥までいくと裏口から外へ
a0084343_18202869.jpg
裏口に回れば この家が どうしてこんなに長いかわかりました

船への積み出し 荷入れには とても便利だったのですね

橋の傍にある ホテルでランチでした
a0084343_18203331.jpg
ランチのあとは 山口の銘菓 「月でひろった卵」というお菓子の工場見学に
連れていかれましたが ここで買ったのは お菓子でなく お酒!

山口といえば 獺祭 です

それが 販売されていたんですもん
a0084343_18203759.jpg
ツアーにつきものの 土産物屋さんは 好きじゃないですが
関西では このお酒 朝早くから デパートで並んでかうお酒ですから
ゲットできて 嬉しかったです

気をよくして 帰路につき 3時過ぎの 通船に乗って お船にもどり休憩
a0084343_18204142.jpg
ピアノサロンでの フルートとピアノの演奏を聴きながら ティータイムや
船の中の 探検とか
a0084343_18204861.jpg
この間には この日の夜のイベント 盆踊り大会のために
盆踊りを練習するという のも あったのですが パス

船の中のイベントは いろいろありますが 自由参加ですから
みなさん 夕食まで 好きに過ごしておられます

この日の夕食は 会席メニュー
a0084343_18205311.jpg
食事のあと 盆踊り会場を 見学し
a0084343_18205754.jpg
かき氷と ラムネをいただいて 今夜も 映画

社交ダンスパーティは 毎晩あったようですが
踊れないので パスで

夫と 「家族はつらいよ1」を楽しんで 就寝でした

船は 朝には 屋久島へ到着です
a0084343_14172065.jpg





[PR]
by banban0501 | 2017-08-14 23:10 | クルーズ | Comments(4)

・・・・TOPに戻る・・・・
2017年 08月 12日
始めてのクルーズ パシフィックビーナス 1日目
人生最初で最後かもしれない 贅沢旅をしてきました

憧れのクルーズ

日本にある船会社は3社 日本丸 飛鳥 パシフィックビーナスですが
3つパンフ取り寄せて検討しました

神戸発着 仕事の夏休みに運航されるものという条件にあうのが 
たった一つだけですが見つかったのです

チョイスした船は パシフィックビーナス 
三泊四日の屋久島へのクルーズでした

実は昨年も同じ条件で このツアーには申し込んだのですが
夫の入院で 急きょキャンセルしたのでした

なので 今年リベンジしたくて2月に申し込みました

昨年予約した同じランクの部屋ですが ちょっと お値段アップ

船会社はJTBなどの旅行会社にも 売りますが
お値段は どこへ申し込んでも同じです

でも 船会社へ直接申し込めば いったん 他の旅行会社に
売った部屋を まだ残っていれば 戻して 提供してくれるそうです

いずれにしても安い部屋から どんどん売れていくようで
結局は 昨年と同じランクの部屋が 残っていたってわけです

スイートルーム宿泊以外では 安い部屋でも 高い部屋でも
受けれるサービスは 同じなのですから そうなりますね

ましてや このクルーズは子供連れ対象企画ですから・・・

私は夫と二人

そういう方は ほんのちょっと ほとんどは 家族連れでした

今年は無事 乗船にこぎつけました

神戸へは自宅から30分という便利なアクセスです

元町からタクシーで神戸港中埠頭へ

神戸港で目立つ コンティネンタルホテルの1Fにタクシーがつくと
もう船のスタッフが荷物を持つために待機してくれていました

スタッフの方々は ほとんどが東南アジア系だったのにもびっくりでした
a0084343_11500411.jpg
船長さんの出迎えをうけて 船会社から送られた乗船許可証を
提示すると乗船証がスタッフから渡されます
a0084343_11554769.jpg
このカードは部屋のキーとしてだけでなく これからの一切の支払いカードとして
使われますのでツアー中ずっと首に下げたままでした

さあ 乗船ですので 写真をと思っても でかすぎて半分しか・・・
a0084343_11501053.jpg
船の構造が はじめは全くわかりませんでしたが 4日の間にようやく把握

10Fのスイートルームの客は 食事をする部屋も別なのですが
それ以外の部屋は うけれるサービスは なんどもいいますが 同じです

でも

そこは やはり部屋の広さなど 微妙な違いがあります

お部屋のドアの感じも随分ちがいます
a0084343_11501605.jpg
このドアのポストは便利です
a0084343_11502088.jpg
毎日スケジュール表や イベントの案内がこのポストに届きます

因みに こんな毎日でした
a0084343_11502591.jpg
その日に合わせたお知らせがいっぱい
a0084343_11503055.jpg
お部屋の中です
a0084343_11503382.jpg
ありがたいのは ハンガーたっぷりのクローゼットが3つあったこと
a0084343_11503768.jpg
荷物がドアの前に運ばれていましたので さっそく 荷ほどき

トランクを空っぽにして準備完了

船内放送の指示で さっそくライフジャケットをきて 避難訓練に参加でした
a0084343_11504220.jpg
緊急時に乗る救命ボート位置で説明をうけました

ボートといっても でっかい船です

いったんお部屋に戻って ライフジャケットを収納したら
いよいよ 出航セレモニーが 甲板で行われます
a0084343_11504650.jpg
バンドの演奏をききながら ワイン片手に紙テープを投げて・・・

リベンジできた嬉しさをかみしめました!!

今回のクルーズ500名参加でしたので 食事は2回に分かれました

2回目組さんは みなさん 夕食まで ラウンジで過ごしています
a0084343_11505298.jpg
軽食をいただき ショップを覗いたり
a0084343_11505686.jpg
船内探検したり
a0084343_11510500.jpg
さっそく ジムで汗を流している人も こども達のためには風船で遊ぶイベントが
a0084343_11511182.jpg
私たちは KIKOさんの歌とジャズライブのショータイムを楽しみました
a0084343_11510049.jpg
7時45分から ディナーですが メインダイニングにはいると なんと!!
a0084343_11511558.jpg
三世代でテーブルを囲んでいる方が 大勢さん!!

スポンサーは おそらくジジババさんなのでしょうね~

へ~ とっても 真似などできない!!と 驚きでした

ファミリークルーズの場合
小学生以下の子供さん料金は大人の半額ですが
サービスは大人と同じ

ディナーのマナーもお勉強できそうです
a0084343_11512087.jpg
高級フレンチ フルコースディナーに 満足して 私は映画 夫はお風呂へ
a0084343_11513030.jpg
ショッピングとアルコールオーダー以外は すべて無料サービス

私は3日連続 映画を楽しんだので 毎晩寝るのは12時過ぎちゃいましたが

船の揺れを感じることもなく しっかり眠った図太い私です

でも

昨日帰ってきたばかりで 今 家の中で 身体が揺れているように感じながら
仕事休み中に 初めてのクルーズ記録 まとめよう!!って目論んでいますので
しばし お付き合いください!!
a0084343_14172065.jpg


[PR]
by banban0501 | 2017-08-12 14:17 | クルーズ | Comments(15)

・・・・TOPに戻る・・・・