好きな旅行の話や 自分が興味をもったことをアップしています♪ 気になるカテゴリーからもどうぞ!
by banban0501
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
検索
カテゴリ
全体
始めまして・・ごあいさつ
ケアンズ
南イタリア旅行
NYの思い出アルバム
ニューヨークの思い出
アメリカ ラスベガス・ロス
イギリス・ロンドン
ドイツ・オーストリア話
スペインの思い出
南フランス
タイ 
読んだ本
ベトナム
韓国釜山ソウル
韓国ソウル・春川・水原
中国 上海
中国 杭州と上海再び
中国 北京
中国 麗江
台湾旅行
台湾旅行 再訪
中国 香港
マカオ・香港の旅
チェジュ旅行
奈良 今井町
伊勢・志摩の旅
白浜 南部の旅
北陸 金沢 山中
奥飛騨
松本・安曇野旅行
長崎とハウステンボスの旅
ハウステンボスの旅 二泊三日
八カ岳 リゾナーレ
富士山と日光
東京旅行
豊川 岡崎
箱根旅行
横浜・鎌倉旅行
熱海 三島
名古屋旅行
京都と琵琶湖・浜名湖の旅
京阪神ブラリぶらり
お金の話
映画
観劇
英会話
DIY 日曜大工 ミシン仕事
カバン作り
こども服
日々の記録・雑感
ちょっと驚いたこと
マイ 美術館
料理・食べ物の話
パソコンでお絵かき
パソコンで・・・・
お勉強!
読んだ本
日本語ボランティア

遺品整理
お役立ち情報
仕事関連
リホーム
収納の工夫
親指のトラブル
東京旅行
未分類
最新のコメント
★ ささゆり ★さま ..
by banban0501 at 08:48
こんにちは。 電子..
by ささゆり at 16:20
★ PC-otasuke..
by banban0501 at 06:48
パソコンお助けマンです。..
by PC-otasukeman at 20:24
★ juju3291a ..
by banban0501 at 13:47
旅行は行く前の方が楽しい..
by juju3291a at 22:53
★ mihayashi6..
by banban0501 at 22:06
アナベルも終わり今はアガ..
by mihayashi6 at 14:34
★ anello63 ★..
by banban0501 at 22:24
使い慣れた電子辞書でも、..
by anello63 at 21:51
フォロー中のブログ
生きる詩
ニューヨークの遊び方
気まぐれフォト日記
チョコットメモ記
小次郎じじ物語
折々の記
親父の HOBBY
Rabbitjumpの草原
空の見えるベランダから
neige+ 手作りのあ...
ひとこと、ふたこと、みこと
《ニューヨーク直行便 》...
日々の暮らし
~秋色紫陽花と暮らす日々~
本当に幸せなの?
気まぐれ日記
BABAうさぎの奮闘記 ...
ふうちゃん にっき
元気ばばの青春日記 気持...
はあと・ドキドキ・らいふ
OURHOME
やっぱり旅が好き♪
アンダンテのだんだんと中受日記
片付けたくなる部屋づくり
☆FREEDOM☆
さかえのファミリー
その日・その日
ブロ友パソコン相談室
Mrs.和やか in 手帳
無垢のおうちと収納と
FU-KOなまいにち
Linen Style...
IEbiyori
時流れるままに
シンプルで心地いい暮らし
Baabaの徒然に
はりねずみの日記帳
喜びも悲しみも幾年月
『 とっておきのお片付け 』 
元気ばばの青春日記 気持...
WITH LATTICE
ラクからはじまる楽時間♪
ハーバードで奮闘中、日本...
白×グレーの四角いおうち
uri's room* ...
ivory*
クラシノート
片づけで、すっきり暮らし。
ほぼ100均で片付け収納に挑戦
外部リンク
ひとりごと
自称 記録魔
自分のために
記録して残して
おきたいことを
時々 更新です

メールはこちらから
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
more...
タグ
(99)
(70)
(49)
(47)
(37)
(24)
(23)
(22)
(19)
(18)
(17)
(16)
(13)
(13)
(12)
(12)
(12)
(10)
(6)
(5)
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
最新の記事
姉妹旅行中
at 2017-07-16 19:29
便利になった世にびっくりポン..
at 2017-07-09 09:30
ご近所の紫陽花 & 墓参り ..
at 2017-07-02 16:57
紫陽花の装飾花と両性花 水遣り
at 2017-06-25 16:40
紫陽花剪定と挿し木 & 父の日
at 2017-06-18 18:38
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:箱根旅行( 3 )

・・・・TOPに戻る・・・・
2014年 07月 30日
箱根の旅 三日目 花扇 早雲閣旅館&大涌谷・箱根神社・関所
今回の箱根の旅で あまり期待していなかった二日目のお宿 早雲閣
この旅館のロケーションは決してよいとは言えません

観光スポットが何もない山の上にある旅館です

多くの人は 箱根登山鉄道で強羅へいき ケーブルカーで早雲山まで
きても そのまま ロープウエイで大涌谷を目指すことでしょうが
私たちは ここで宿泊としました

お宿は 内部がリニューアルされて 完璧な和風で 
団体客用ではありませんから客室も少ないフロントも コンパクト
a0084343_11494021.jpg

廊下が畳というのは 足元がうれしい

一階のお部屋を予約しましたので 各部屋に24時間使用の露天風呂あります
a0084343_11525237.jpg

しかもお部屋で夕食です(予約時にチョイスできます)
a0084343_1154195.jpg

この私たちの部屋つきになってくださった中居さんは 
旅程について質問すると いろいろとアドバイスをしてくださり
バスの時間なども調べてくださいました

旅館の中居さんは ホテルのコンシェルジェのような存在ですね

お腹いっぱいになったので お風呂へ~
a0084343_11561188.jpg

こちらも 和風ティスト 早雲山温泉は なめらかで肌に優しいお湯でした
こちらのお部屋でうれしかったのは 箱根の寄木細工を使った備品
a0084343_11532239.jpg

姉が買った21回の操作であけるひみつの箱に私が挑戦!
a0084343_1230233.jpg

寝る前に ひみつの箱で えらく頑張ってしまったので 疲れてしまって
お部屋の露天風呂に入って お休みなさいでした

翌朝も部屋食です
a0084343_1211976.jpg

記念撮影もしていただいて旅館の前にみえる 早雲山駅へ向かいます

こんどは こちらから ロープウエイにのって大涌谷を目指します

さて ここで 今回の箱根の旅の旅程を地図の上に表してみました
a0084343_12194897.jpg

(クリックすると拡大できます)

ロープウエイから 富士山が見えるということですが あいにくの曇り空
a0084343_1810184.jpg

霧の中で なんにも見えないまま ゴンドラは大涌谷に とうちゃこ

駅のコインロッカーに荷物をいれて 遊歩道をあるきます
a0084343_18131398.jpg

どうやら 観光スポットとうちゃこですが すごい人
a0084343_1814835.jpg

黒たまごを売るお店の前がひとだかり

おじさんが やってきて 大量の卵を沸き立つ温泉に投入です
a0084343_18163376.jpg

やっぱり 食べないとね~
a0084343_18153876.jpg

玉子ソフトもいただいて 
a0084343_18303919.jpg

大涌谷を後に・・・

桃源台を目指して 再びロープウエイ
a0084343_18191039.jpg

足元には 大涌谷を目指す 長い長い車列がみえました
車でいくと 大変ですね

桃源台駅から すぐに海賊船に乗り込みます

今回の旅行は 登山鉄道 カーブルカー ロープウエイ 船 バスと
いろんな乗り物にのったのですが すべて 
JTBのフリーパスチケット(4000円)で乗車・乗船です

チケットを見せるだけで 何回でも乗り降り自由で便利でした

海賊船もフリーなのですが あえて200円プラスして
一番新しい船のロワイヤル2号の特別室へ
a0084343_18525851.jpg

特別室部分は 船の前半分を占めますから 眺めが違いました
a0084343_18531087.jpg

30分で箱根町の港へ
a0084343_18534757.jpg

船から箱根の関所が見えましたが ここでは下船せずです
箱根神社へいってみることにしました
a0084343_18551913.jpg

近いかな?と思ったら大鳥居の階段を上がってからが大変

思いのほか遠かったです

森木立の参道を進み長い階段を上ると ようやく神社に到着

箱根神社は 着実に事業や物事を進める強力なパワースポットだとか
a0084343_21473790.jpg

特に本殿横にある九頭竜大神さまには 長い長い参拝の列が・・・

時間のない私たちは 並んでいる訳にはいきません

それでも芦ノ湖に立つ 鳥居が見える所へもよってみました

この鳥居の位置は 本殿への階段の延長線上にありますので
さしずめ 湖からの神社への入り口なのでしょうね
a0084343_21521635.jpg
 
さ~ 箱根神社のある元箱根町から 最後の目的地 箱根の関所へは
バスの時間が中途半端でしたので 最後の手段のタクシーで向かいました

「関所の入り口で止めてください」といえる所がタクシーのいいところ
a0084343_22205185.jpg

a0084343_2221748.jpg

a0084343_22212274.jpg

見晴し処からみえる芦ノ湖の風景は 素晴らしいものでした
a0084343_2221376.jpg

よくばりな 箱根の旅 お宿につくのはいつも遅めでしたが
新幹線だけは 時間厳守ですので 予定通りの箱根町発のバスにのって
三島駅へ山道をひたすら下ります

フリーパスで これも無料

三島までのバス代や海賊船の乗車賃 登山鉄道 ケーブル ロープウエイ運賃
しかも この切符を見せると どこの施設でも200円の入館料オフサービス
があって 箱根の旅には 絶対お得な切符でした

旅行社や電鉄会社で購入できます

30分の余裕をもって無事三島駅にとうちゃこ
a0084343_22244660.jpg

長い長い 旅の記録も これで終わりです

お天気には恵まれませんでしたが 傘をさしたのは 彫刻の森美術館でけで
あとは パラパラ天気

日焼けの心配もなく 涼しい3日間でした

姉妹でいく一年に一回の旅行 今回は豪華版でした

そうそう ついでですので お土産もアップ
a0084343_1133486.jpg

これで いつでも 楽しかった箱根の思い出 いつでもチェックです

ブロ友のみなさまも お付き合いありがとう でした!!
[PR]
by banban0501 | 2014-07-30 00:10 | 箱根旅行 | Comments(30)

・・・・TOPに戻る・・・・
2014年 07月 27日
箱根の旅 二日目 富士屋ホテル&美術館巡り
130年の歴史を感じる 富士屋ホテル に宿泊というのが
今回の旅の目的の一つでしたので このホテルのチェックアウト11時
というのを 最大に生かして 朝はホテル散策をしてみました

まずは 朝食をとるために 昨夜の食堂棟へいってみました

チェックインの時に和食か洋食か選べたのですが
翌日は 旅館でしたので和食でしょうから この朝は洋食にしました
お天気は曇りですが いつ雨が降ってもおかしくない天気 
a0084343_10183237.jpg

富士屋風 フレンチトーストなるものを食べたのですが
パンを油で揚げたものを 蜂蜜をかけていただくというものでした

でも これ 結構 油っぽくて・・・

これなら 和食にすれば「菊華荘」で朝食をいただけたのに・・・
と 後で後悔でした

食事のあとは ホテルの散策です

チェックインをするカウンターやロビーも古い時代を感じさせるものばかり
a0084343_1015209.jpg

a0084343_1015376.jpg

サンルームのタイルが ヨーロッパ調で 和ティストな赤い欄干
和風モダンでしょうか?

ホテルの裏は山ですが この山をうまく利用した広大な庭園があります

ガーデンチャペルでは 式の準備が始まっていました
雨が降ったら どうするの?
a0084343_102221.jpg

温室が沢山あって 水車小屋なんかも あり 地形をうまく生かした庭園です

もっと 登っていくと プールがありました
夏なのに クローズ?と思い のぞいてみると 係員の方がいて
昨日雨が降ったので 今日は クローズです(今日は曇りですがね)と。

随分長いプールだな と思い尋ねると 30mで 4コース幅
水深も深く 飛び込み用だとか
a0084343_10233518.jpg

小さな子供のために 一部が浅く作られていました

さて 山庭園を下って 「菊華荘」にもよってみました

庭園は散策自由ということなので・・・
a0084343_10292392.jpg

数寄屋風書院造りの純日本風家屋は明治28年に皇室御用邸として建てられました
昭和8年に高松宮邸となった後 昭和21年に富士屋ホテルが払下げを受けたとのこと

客室は新しく作られた感じですが 広間は昔のままのようでした
ここで朝食を食べればよかった!!

そんなこんなで ホテルの散策を楽しんだら もう11時近く

ここでのんびりしていては 他には いけません!!

あわててチェックアウト

ロビーは 富士屋ホテル見学ツアーの人々で込み合っていました

宮ノ下駅まで ホテルの車で送っていただき 本日の目的地に向かいます

箱根登山鉄道の終点 強羅駅から 施設めぐりバスにのるのです
a0084343_10385760.jpg

私が前からいってみたかったポーラ美術館へ向かいます

山の傾斜地に建つ美術館ですので道路からは建物が見えません
a0084343_1041827.jpg

2002年オープンで 地上部分の高さを抑えてほとんどが地下になって
いますが 明るい光が注ぎこむ設計です
a0084343_1043110.jpg

ポーラグループのオーナーが40年余をかけて収集したコレクション
19世紀のフランス印象派の絵画がその中心で 代表画家の代表作が
観れ とても素晴らしいコレクションでした

行った期間中は モディリジアーニ展が特別展示でした

この美術館の目玉 ルノワールの「レースの帽子の少女」は出稼ぎ中で残念

それでも 素晴らしいコレクションを2時間も堪能してしまい
あわてて ランチです
a0084343_1049363.jpg

次に向かったのは 仙石原の施設めぐりバスの終点にある箱根町立「湿性花園」
a0084343_10513298.jpg

あいにくと 姉妹三人とも植物には詳しくなくて・・・

ただただ 綺麗な風景を楽しむだけでした
a0084343_1055826.jpg

とっても広いので 全部みていたら つぎの目的地の閉館時間になりますので
バスで一駅戻り ラリック美術館へ
a0084343_10563881.jpg
 
ルネ・ラリック(1860~1945)はアールヌボー アールデコの様式で
知られるフランスを代表するガラス工芸家です

16歳で宝飾細工師に弟子入りし その才能から カルテェの宝飾も手掛けましたが
量り売りされることになった香水の瓶のデザインをはじめて ガラス工芸家となりました
a0084343_11232579.jpg

彼の斬新なデザインは90年前の作品などでも現代の感覚のものでびっくりでした

箱根には 他にも 沢山の美術館や庭園があるのです

ゆったりと美術館巡りをし 温泉で日頃の疲れをいやす
都心からも 近い 素晴らしい観光地だと 今回の旅で思いました

強羅駅へ戻り 今夜のお宿のある 早雲山へ向かいます

強羅駅から ケーブル電車に乗りました
a0084343_1175259.jpg

予定チェックイン時間よりも遅れましたので お宿に電話をすると
駅まで お出迎えでした~

お宿は駅前の見晴台のある広い駐車場をはさんで真向いでしたので徒歩でお出迎え
a0084343_11103388.jpg
 
実はこのお宿 パンフでみたときは 古い旅館という感じであまり期待していなかったのです

でも 6年前に 内部を全面リニューアルしたとかで 最高に良かったです!!

和風ティストを追及で しかも新しくて気持ちよい空間演出でした

その話は 次回ということで 今日は ここまで~







 
[PR]
by banban0501 | 2014-07-27 00:12 | 箱根旅行 | Comments(20)

・・・・TOPに戻る・・・・
2014年 07月 24日
箱根の旅 一日目 彫刻の森美術館&富士屋ホテル
7月の3連休を利用して姉妹で箱根旅行

箱根は 中学の修学旅行で大涌谷にいったと姉がいうので
たぶん 同じ中学の私もいったのでしょうが まったく記憶にない

箱根の山は天下の剣の 歌の通りなら 昔は超えるのも険しい山々なのでしょうが
今は 箱根登山鉄道という鉄道のおかげで 楽々です

朝10時すぎの新幹線にのって小田原到着は12時半
すぐに小田急線のホームへいって 箱根湯本へ向かいました
a0084343_11333224.jpg

3連休の初日ですので もう 人人人で 
スイッチバックの電車もずっと立ったままで乗車
外の景色も 良く見えません
a0084343_11334526.jpg

3回のスイッチバックのために運転手が交代ポイントで移動するのが面白かったです

下界の紫陽花の季節はとっくに過ぎましたが ここでは まだまだ綺麗です
a0084343_1134235.jpg

満員電車を降りたのは 標高639mの 彫刻の森駅

駅の有料コインロッカーに荷物を預け~

旅の最初の目的地は ここから徒歩3分の彫刻の森美術館

美術館には 無料のコインロッカーがあった!! 残念~

しかも 野外展示された 彫刻をみるには あいにくの雨でした
a0084343_1135594.jpg

a0084343_11352297.jpg

a0084343_11353850.jpg

雨の中 いろいろな彫刻を撮りましたが これでは 少しも楽しめません
a0084343_12595720.jpg

晴れていれば 美し森の中の散歩道散策となったのでしょうね~

残念ですが 彫刻はみれました

ピカソ美樹館がありますので こちらで雨宿り
a0084343_11355873.jpg

ピカソの作品を堪能した後は またまた雨宿りがてら 森のアトリエの
ワークショップでブロンズのペンダント作りをしてみることに~
a0084343_1137492.jpg

小さなブロンズの好きな形を選んで 金属ブラシをかけたり
色を塗ったりして楽しむと1時間もかかってしまいました!!

でてみたら 雨も止んでいました~

でも 閉園時間も迫ってきましたので 急いで出口へ

本館ギャラリーがありましたので せっかくですから 入っておきましょう
a0084343_1139843.jpg

だるまさんのお部屋は ただ達磨が回転して並んでいるだけかと
思いきや 一つ一つの達磨さんから 声が聞こえます

全ての音が重なりあったら どういう風に聞こえるかというと
宇宙空間のイメージの音楽になるのです(笑)

アートは目から耳から体感してということなのでしょうかね~
a0084343_1139297.jpg

ショップの品々は とてもアートで魅力的ですが お値段もすごい!

閉園時間過ぎてしまいましたが なんとかお土産もゲット

ホテルへ向かいます

箱根登山鉄道の彫刻の森駅から ホテルに電話すると お迎えにきてくれるといいます

電車で宮ノ下駅へ戻ると 富士屋ホテルからお迎えの車が~

ホテルは駅からは坂道を登るので 車での送迎があるのはありがたいことです
a0084343_1229062.jpg

上の写真の車寄せの中へ入ると もうクラシックな雰囲気です
フロントは 本館にありますので 階段をあがります

富士屋ホテルは 本館以外にも 5つの建物があります
a0084343_12513635.jpg

上の写真の旧御用邸だった「菊華荘」だけは 道路を挟んで向かい側ですが
他の建物は すべてフロント階から 廊下で繋がっています

私たちのお部屋があるのは「花御殿」です
a0084343_1147311.jpg

和風モダンな広いお部屋です
a0084343_11475188.jpg

さっそく 夕食のために 食堂棟へ~
a0084343_11493374.jpg

上の写真の柱に刻まれた3代目のお顔の彫刻は お客様ではなく
従業員へにらみを利かせておくためだとか・・・・

いただいたお料理は フレンチのコースです
a0084343_11501872.jpg

食堂の天井や柱は このホテルの素晴らしい雰囲気の象徴のようです

このホテルには 内部を見学するツアーもあるのですから
私も いろいろ探検しておきました

それは次回ということで 今日はここまでです
[PR]
by banban0501 | 2014-07-24 12:56 | 箱根旅行 | Comments(18)

・・・・TOPに戻る・・・・