好きな旅行の話や 自分が興味をもったことをアップしています♪ 気になるカテゴリーからもどうぞ!
by banban0501
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
検索
カテゴリ
全体
始めまして・・ごあいさつ
ケアンズ
南イタリア旅行
NYの思い出アルバム
ニューヨークの思い出
アメリカ ラスベガス・ロス
イギリス・ロンドン
ドイツ・オーストリア話
スペインの思い出
南フランス
タイ 
読んだ本
ベトナム
韓国釜山ソウル
韓国ソウル・春川・水原
中国 上海
中国 杭州と上海再び
中国 北京
中国 麗江
台湾旅行
台湾旅行 再訪
中国 香港
マカオ・香港の旅
チェジュ旅行
奈良 今井町
伊勢・志摩の旅
白浜 南部の旅
北陸 金沢 山中
奥飛騨
松本・安曇野旅行
長崎とハウステンボスの旅
ハウステンボスの旅 二泊三日
八カ岳 リゾナーレ
富士山と日光
東京旅行
豊川 岡崎
箱根旅行
横浜・鎌倉旅行
熱海 三島
名古屋旅行
京都と琵琶湖・浜名湖の旅
京阪神ブラリぶらり
お金の話
映画
観劇
英会話
DIY 日曜大工 ミシン仕事
カバン作り
こども服
日々の記録・雑感
ちょっと驚いたこと
マイ 美術館
料理・食べ物の話
パソコンでお絵かき
パソコンで・・・・
お勉強!
読んだ本
日本語ボランティア

遺品整理
お役立ち情報
仕事関連
リホーム
収納の工夫
親指のトラブル
未分類
最新のコメント
★ ささゆり ★さま ..
by banban0501 at 08:56
こんばんは。 シチ..
by ささゆり at 23:20
★ salam2002 ..
by banban0501 at 23:04
こんにちは。 紫陽花咲..
by salam2002 at 12:59
★ 2Boy'sママ ★..
by banban0501 at 10:44
突然お邪魔します 同じ..
by 2Boy'sママ at 08:43
★ juju3291a ..
by banban0501 at 06:23
★ yasukon20 ..
by banban0501 at 06:20
私たちが高齢になったら ..
by juju3291a at 00:29
こんばんは! 押し..
by yasukon20 at 22:31
フォロー中のブログ
生きる詩
ニューヨークの遊び方
気まぐれフォト日記
チョコットメモ記
小次郎じじ物語
折々の記
親父の HOBBY
Rabbitjumpの草原
空の見えるベランダから
neige+ 手作りのあ...
ひとこと、ふたこと、みこと
《ニューヨーク直行便 》...
日々の暮らし
~秋色紫陽花と暮らす日々~
本当に幸せなの?
気まぐれ日記
BABAうさぎの奮闘記 ...
ふうちゃん にっき
元気ばばの青春日記 気持...
はあと・ドキドキ・らいふ
OURHOME
やっぱり旅が好き♪
アンダンテのだんだんと中受日記
片付けたくなる部屋づくり
☆FREEDOM☆
さかえのファミリー
その日・その日
ブロ友パソコン相談室
Mrs.和やか in 手帳
無垢のおうちと収納と
FU-KOなまいにち
Linen Style...
IEbiyori
時流れるままに
シンプルで心地いい暮らし
Baabaの徒然に
はりねずみの日記帳
喜びも悲しみも幾年月
『 とっておきのお片付け 』 
元気ばばの青春日記 気持...
WITH LATTICE
ラクからはじまる楽時間♪
ハーバードで奮闘中、日本...
白×グレーの四角いおうち
uri's room* ...
ivory*
クラシノート
片づけで、すっきり暮らし。
ほぼ100均で片付け収納に挑戦
外部リンク
ひとりごと
自称 記録魔
自分のために
記録して残して
おきたいことを
時々 更新です

メールはこちらから
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
more...
タグ
(98)
(67)
(45)
(44)
(37)
(24)
(22)
(21)
(17)
(17)
(16)
(16)
(13)
(12)
(12)
(11)
(11)
(10)
(6)
(5)
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
最新の記事
押しピンの穴 & 紫陽花
at 2017-05-21 15:26
主婦の知恵拝借 & 旅行計画..
at 2017-05-14 11:55
GWは がんばりウイーク &..
at 2017-05-07 20:25
星野リゾートを楽しむ旅 浜名..
at 2017-04-29 09:26
星野リゾートを楽しむ旅 界 遠州
at 2017-04-26 10:00
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:長崎とハウステンボスの旅( 5 )

・・・・TOPに戻る・・・・
2013年 04月 21日
長崎とハウステンボスの旅 ⑤ 九十九島・有田・佐賀城本丸
旅の記録 早く終わらせましょう!!

旅の最後は佐世保港から遊覧船にのって
西海国立公園の九十九島遊覧でした

朝10時発の船に乗るために船着場にいきました
a0084343_16395297.jpg

船の中は こんな感じ
a0084343_16421592.jpg

出発間際に大きな団体客が乗り込んできましたが
聞こえてくることばは 中国語!!

へ~ 九州にくる中国の人も多いのですね

そういえば 九州の観光地には 中国語の案内がとても目立っていました

さて 船からみる景色です
あいにくの小雨模様ですが 海に浮かぶ小さな島々が素敵です

a0084343_16453730.jpg

a0084343_16455161.jpg

途中Uターンポイントがありますが その景色が素晴らしかったです
a0084343_16465926.jpg

60分の遊覧を終えて つぎに向かったのは 焼き物の街 有田でした

有田の街に入ると 窯元を示す 煙突がみえてきます
a0084343_16485088.jpg

香蘭社とかかれた煙突発見でした

香蘭社って有田から全国展開だったのですね

有田の街の観光は 陶山神社参拝

この神社の入り口が面白かったです

入口の階段を上がって なんと!!

電車の線路をまたがないと境内に入れません

a0084343_16515770.jpg

他には入口がありませんから 鉄道をひくときの苦肉の策だったのでしょう

a0084343_16552449.jpg


陶山神社というだけあって 鳥居や狛犬が陶器であるというだけで
ま~ 特別な神社では ありませんでした

その後向かったには メインストリートから入った路地

目的がトンバイ塀をみることです

トンバイ塀とは 窯元の製作現場を他の人にみられないように
するために作られた塀なのですが その材料は失敗作を
砕いた陶器の欠片などでつくってあるというものです
a0084343_16564495.jpg

製法は秘伝中の秘伝だったのですね~

有田の街では 土産物やにはいることもなく バスは出発し
向かったさきは 有田ポーセリンパークです
a0084343_1702535.jpg

ランチをしたあと パーク内にある香蘭社のお店にはいってみました
a0084343_171262.jpg

自分へのお土産は ここで買おう!!ってことで
関西のデパートでは売っていないような陶器を買うことに~
a0084343_173389.jpg

こういう買い物ができると うれしいって思います

さて この後 最後の訪問地 佐賀城跡公園へ向かいました

全国でも珍しい 本丸御殿を再建したというのを観に行きます

これは 興味ありました

天守閣ではなく お殿様が普段暮らしていた本丸御殿

現存するものは 高知城 川越城 松前城だけだそうです

江戸城だった皇居にはあるのかな?

佐賀本丸御殿は資料館として31億円かけて
7年前に忠実に再現されたものです(入館無料)
a0084343_1773652.jpg

現存する古い本丸への入り口「虎ノ門」を入ると 真新しい建物が見えます
a0084343_1775368.jpg

中はとても広いですが 質素な作りです
これは これを建てた10代藩主 鍋島直正の意向です
殿様だからといって 一段高い所へ座りません
一段高くすると 建築費がかさむからだそうです

天井だって欄間だって質素そのものでした
a0084343_178982.jpg

このような再建が可能だったのは設計図が存在し
発掘調査を行ったところ 設計図通りに塚石や遺構が見つかったからだそうです

なので再建ならなかった建物の敷石などもわかるようになっていました
a0084343_1782539.jpg

もちろん資料館として再建されましたので あちらこちらに
鍋島藩が九州の端っこで外様大名として どんな藩政をしていたのかが
わかる資料が展示されています
a0084343_1784452.jpg

いち早く外国の技術を取り入れ
佐賀の鍋島藩のお殿様 鍋島直正 なかなか面白い人だったようです

全ての旅程を終えたバスは 関門橋を渡って新山口へ向かいました

a0084343_17111279.jpg


なぜに新山口から新幹線なのかは不明ですが・・・

安いツアーとはこういうものなのでしょう~

2泊3日の 長崎とハウステンボスの旅 お一人様 39800円也でした

お土産に食べ物ばかり買ってしまったのを後でみてびっくり
a0084343_17203929.jpg

でも 旅の楽しみは これですよね~

沢山撮った写真の整理も こうしてブログでしたら やっと終了って感じです

だらだらと記録ブログですが お付き合いくださり感謝です
[PR]
by banban0501 | 2013-04-21 16:16 | 長崎とハウステンボスの旅 | Comments(12)

・・・・TOPに戻る・・・・
2013年 04月 19日
長崎とハウステンボスの旅 ④ ハウステンボス 後半
ハウステンボス滞在の前半 に引き続き後半です

パレスハウステンボスをでたのは11時40分

もうすぐ2時間経過です

自転車にのって次にむかったのは・・・アートガーデン

ドムトールンの塔からもハウステンボスを見渡せますが
アートガーデンにある観覧車は大きいですので これに乗って
上から見渡してみました

観覧車の上から すぐそばのバラ園をみるとかなり広いことがわかります
ここのバラが満開になれば 本当に見事でしょうね~
a0084343_14201928.jpg

観覧車のそばにあるドームシアターにもはいってみました

花の精が主人公の物語が半円珠のスクリーンいっぱいに現れ面白いかったですが
上をあおぎすぎたのか 出てきたら首が痛かったです(笑)

ハウステンボスのシンボルといえば風車ですから
それをみにバスチオンの花畑へ自転車を走らせます

ここのチューリップも見事!!
a0084343_14216100.jpg

ここから すぐそばの3連水車を望むとまたいいです
a0084343_14215183.jpg

ここはすぐそばを運河が流れ 芝生でのんびりと日向ぼっこもでき
なかなか いいところです

のんびりして時間を忘れてしまいました

3連水車のエリアにもいってみました
ここは クルーズ船に乗らない場合は入国してすぐのエリアです

ここには土産物屋さんや軽食のお店もありますから
ちょっと休憩でアイスクリームを食べたりしてまたのんびりしてしまいました!
a0084343_14222526.jpg

風車の仕組みがわかるように風車の中にも入れますが
本場の風車小屋よりは うんとうんと小さいです!!

さてさて 見るものはみたので 何をして遊ぶ?と案内図とにらめっこ

アトラクションタウンのアニメ「ワンピース」のライドに乗ることに~

しかし 30分待ちだって・・・

まぁ せっかくなので一つぐらい・・・と待ちました

うう~ これは 子供向きでした!!

次のアトラクションとおもったら 自転車を返す時間2時が~

バス集合は4時ですから
自転車を返したあとは お買いもの!!

そういえば まだランチも~
a0084343_14225892.jpg

たいていのレストランが3時でいったんクローズで
ギリギリでようやくランチでした

ワインを1杯だけいただいて 急いで食べた!!

でも もう3時半 待ち時間を考えたらアトラクションを楽しむ余裕もなく
出国ゲート近くにあるアドベンチャーパークを覗きに!!
a0084343_14235649.jpg

子供たちの楽しげな声が聞こえます

付き添いのパパとジジが大変そうです

出発10分前 急いで出国ゲートへ
a0084343_14242060.jpg

紫陽花の季節までの案内がありましたが
本場オランダと同じく花がコンセプトのテーマパークですから
花を楽しむ大人とアトラクションを楽しむ子供で
これからもにぎわいそうですね~

HIS創業者が社長になってから ハウステンボスは面白くなったようです
先日テレビで もっともっと面白くすると社長がいってましたっけ!!

さて もう15年ぐらい前に初めてのヨーロッパ体験で
オランダにいったことがあります

今でもオランダは一番よかったな・・・っておもっています

条件の悪い国土ですが 昔から人々が工夫して暮らす文化が
私には ちょっと感動でした

首都のアムステルダムには古い街並みが保存され
船に乗って町中に走っている運河からも綺麗な街並みをみました

領土が海抜よりも低いために水をかきだす必要から
風車が動くような土地ですから地盤も柔らかいので
5階6階の家を建てるために地中に埋め込んだ木の柱が
弱って 街並み全体が傾いているのに 大丈夫というのも
不思議な面白さを感じましたが
国土の条件にあったうまい暮らしかたをしているオランダでした

あちらこちらに自転車がとめてあってサラリーマンも自転車通勤
車も少なく これが首都?って感じののんびりした所でした

中心から少し離れた地域の新しい高級住宅地の家も
壁の色 屋根の色が法律で決められていて統一感があって素晴らしかったです
a0084343_14161151.jpg

ホテルの周囲のそうした家々を散策がてらのぞくと
玄関扉の横には 必ずといっていいほど書斎があり
わざと中が見えるようにカーテンがしまっていません

のぞかせてもらうと 素晴らしい調度品がずらり~でした

自分の自慢するものを みんなに見てもらうんだそうです

これもオランダ流な暮らし方だそうです

家の裏手には運河がありますので ここから海や川にでれるように
自家用クルザーが泊めてありました

そんな街なみを思い出させてくれるハウステンボスの別荘地も
みてみたかったですが なんせ 許されたハウステンボス滞在時間は6時間

私には短かすぎでした

また孫ちゃんを連れて 今度はハウステンボス内のホテルに
宿泊してゆっくり楽しみたいな・・・と思いましたが!!

九州は遠いですね~

また行けるでしょうか???

もう一度行きたいオランダよりも近いですが!!

あと1時間いても大丈夫じゃない?なんて思いながら
4時きっかりにバスは佐世保市へむかいました

さて安いツアーの今夜のお宿は
佐世保市を見下ろす山の上にあるホテル「弓張りの丘ホテル」

ツアーなのであまり期待していませんでしたが
このホテル とっても素敵でしたよ~
a0084343_14245857.jpg

夕食はホテル横にあるレストランでバイキングでした
a0084343_14252695.jpg

朝が ホテル内のレストランでバイキング

どちらもバイキングでしたが 美味しかったです

今回の2泊3日のツアー

1日目は長崎 二日目がハウステンボス

そして旅の最後の3日目は・・・

九十九島の島巡り 
有田焼きの街訪問で香蘭社の陶器と出会い
意外に面白かった佐賀城本丸御殿訪問と
たっぷりでした

そのお話は次回です
[PR]
by banban0501 | 2013-04-19 10:00 | 長崎とハウステンボスの旅 | Comments(14)

・・・・TOPに戻る・・・・
2013年 04月 13日
長崎とハウステンボスの旅 ③ ハウステンボス 前半
8時出発で向かった先は 土産物屋!

やっぱりツアーですね~

でも この土産物屋さんは 長崎原爆資料館の前にありましたので
お店の中には入らず 資料館と
隣接する長崎原爆死没者追悼平和祈念館あたりを散策

古い資料館は長崎国際文化会館にあったそうですが 1996年
被ばく50周年記念事業で取り壊され今の資料館に生まれかわったそうです
a0084343_1321455.jpg

被ばく中心地に近い高台にありますので回りの景観を守るため地下4Fだそうです

朝も早くてもちろん中がみれませんでしたが またいつか訪れてみたいものです

土産物屋を出発したバスはハウステンボスへむかいました

ハステンボスの場所 実は よくわかっていませんでした

長崎より佐世保に近い

住所も長崎県佐世保市ハウステンボス町です
a0084343_16243555.jpg

大村湾に浮かぶ島の一つ針尾島にあるのです
a0084343_16435957.jpg

長崎からパールラインをはしって 西海国立公園の島々を眺めながら50分で
佐世保市のハウステンボス町に到着です

電車でもいけます

博多駅からは特急ハウステンボス号に乗車して1時間40分
長崎市から 長崎本線の大村線快速シーサイドライナーで1時間30分

ハウステンボス駅からパークの入り口はすぐです

針尾島にある総開発面積は152ヘクタール(46万1干坪)
現在の東京ディズニーリゾート(ディズニーランド+ディズニーシー)とほぼ同規模で
単独テーマパークとして連続した敷地面積では群を抜いて日本最大だそうです

なるほど 広い!!

これを6時間で回るツアーなのですが・・・・

バスの中でハウステンボスの地図をみながら
効率よくまわる作戦を考えます
a0084343_14335910.jpg
 
(画像一覧画面で拡大できます)

チケット売り場で10時解散で バスに4時集合

入国ゲートをはいるとすぐに カナルクルーザーの出発点が
ありますので 10時10分発の便にのりました
a0084343_14463817.jpg

カナルクルーザーからみえる景色

a0084343_11392532.jpg


デッキからみるのが一番のお勧めです
風が気持ちいいです!!

タワーシティで下船すると目の前に 「ドム トールン」の塔がありますので
展望室にあがって上から園内の確認です

a0084343_1504091.jpg


見えた景色はこんな感じです

a0084343_15283974.jpg

アトラクションタウンは様々のアトラクションがあるアミューズメントとグルメの街
スリラーシティは 世界最大級の体感型ホラーエリア
ワールドバザールはショッピングとレストランの街
ハーバータウンは アニメワンピースの船にのったり海を体感するエリア
アートガーデンのバラ園はとても広く 5月に行けば最高でしょう
アドベンチャーパークには アスレチックや立体迷路があり子供が楽しめます
a0084343_0492696.jpg

別荘地エリアが2か所もあるというのは びっくりでしたが・・・
海沿いの別荘地は オランダにいったときにみた
高級住宅と同じく 運河沿いに建ち クルザーを降りて
家に入れるようになっていました

どんな人が購入なのでしょう?

全体を把握したら こんどはレンタルサイクルを調達のために
すぐそばのハーバータウンへ~

a0084343_15383528.jpg


広い園内ですから 自転車で回るのはみなが考えることです
ほとんどの自転車が「予約」の札

かろうじて残っていたママチャリを3時間1000円でゲットです

自転車で向かったのは 一番奥のパレスハウステンボスです

パレスは坂道の上で 途中には 紫陽花が・・・

a0084343_15495843.jpg


パレスの正面に自転車置き場がありますので 中は徒歩
自転車置き場は園内のいたるところにあります

パレスの前庭は一面のチューリップで見事です
a0084343_1557383.jpg

a0084343_15575568.jpg

a0084343_0393218.jpg

a0084343_15581918.jpg

パレスの裏庭はフランス式の庭園です
a0084343_164106.jpg

オランダの女王陛下の宮殿の外観を忠実に再現したパレスの中は
1Fがショップで 2F 3F は美術館になっています
a0084343_165859.jpg


さて さて 時計をみたら 11時半 

一番端まできましたので 今度は 白い観覧車のあるアートガーデンへ
自転車を走らせます

観覧車からの眺めも素晴らしかったのですが 今日はここまでです
[PR]
by banban0501 | 2013-04-13 10:18 | 長崎とハウステンボスの旅 | Comments(24)

・・・・TOPに戻る・・・・
2013年 04月 07日
長崎とハウステンボスの旅 ② グラバー園
長崎とハウステンボスの旅の①の大浦天主堂の続きです

ツアー旅行なので文句は言えませんが
たった1時間ちょっとで 大浦天守堂とグラバー園をまわりました

ここへは大学生だったときに姉と二人旅をして訪れたことがあります

それ以来ですから 超久しぶりです

記憶の中にあるグラバー邸と大浦天守堂は隣り合っていませんでしたが
今回 改めて訪れて これが お隣さんだったことが判明です

しかも グラバー邸への入り口が大浦天守堂の階段の横にあったという事実に
びっくりでした

なんで 覚えていなかったのかしら?
なんて おもっていたら 昔の入り口は もっと先にあったらしいのです

昔の入口は 今は グラバー邸の出口なんだそうです

a0084343_2336518.jpg


今の入り口の階段をのぼっていくとエスカレーターもあって
それを登ると ようやく 階段の上にグラバー邸がみえますから
随分と高い場所にあるのですね
a0084343_003315.jpg

いよいよグラバー邸です

21歳で日本にきてグラバー商会を作った
グラバー氏は三菱創始者の岩崎弥太郎と弟弥之助と深い交流が
あり 弥之助は 三菱の相談役に彼を迎えたほどだそうです

日本人女性ツルと結婚し3人の子をもうけて
終生日本にすみ 1911年87歳でなくなり
長崎の外人墓地で眠っているそうです

グラバー邸に入ってすぐに見えるのは 邸の温室のあるでっぱりです

a0084343_054791.jpg


グラバー邸は玄関というものがない 放射状になった建物です

庭に面した中央部の入り口が玄関っぽい?

お庭がとても綺麗でした

a0084343_0163080.jpg


ここから見える海も気持ちがいいですね~

a0084343_02854.jpg


邸の中はこんな感じです

a0084343_040185.jpg


どの部屋がどこにあるのか わからなくなる家です

a0084343_0453519.jpg


台所から裏庭にでると 馬屋や 食品庫がありました
a0084343_0502529.jpg


昔もみたはずなのですが 覚えていませんでした(笑)

さて グラバー邸の上も何かあるようです

グラバー園地図をみてみましょう
a0084343_11111441.jpg

(画像一覧ページで拡大できます)

長崎市は市内に残っていた幕末から明治初期の西洋建築を購入し
それをここへ移築したり もともと この地にあったグラバー邸の他の
西洋建築も含めて グラバー園として 観光の目玉にしています

時間がないのに・・・

せっかくだから ちょっとみてみたいと欲張ってしまいました

a0084343_19881.jpg

上の写真の長崎地方裁判所長官舎の中にはレトロ写真館があり
500円で当時の衣装を借りられて 写真撮影ができるそうですし
自由停の2Fは眺めのよい喫茶室になっています

ゆっくりお茶したいですが そんな時間がないので 素通りです

まず最初に中に入ってみたのは ウオーカー邸

ウオーカー氏は飲料水会社をつくり
その兄は グラバー氏とともにキリンビールの前身となった
飲料水会社を作った人だそうです

明治時代に今の日本の基礎がいろいろなところでできたのですね

a0084343_194590.jpg


時間を気にしながら更に上へ

a0084343_116135.jpg


ドッグハウスというのは 船員のための宿泊所だそうです

さらに上へ~

a0084343_1213197.jpg


リンガー氏はリンガー商会を設立し 長崎の上水道設置にも尽力してくれましたので
坂道の多い長崎ですが 早くから水道は普及していたそうです
ホテル建設をしたりとずいぶん長崎の経済界で力をもっていたそうです

時間が もう限界です

この先にあったのが オルト邸

オルト氏は九州一円から茶を集めて世界へ輸出していたそうです
設計は大浦天主堂の設計をした小山秀で 美しい建築のようです

a0084343_1263214.jpg


残念ながら あきらめました(泣)

急いで出口へ~

ここで見つけたのは!

a0084343_1335748.jpg


もう時間ない!!

急いで坂道を降りて・・・・

グラバー邸は6時にクローズですから 
土産物屋さんもどんどんクローズです

観光客もまばらです

a0084343_1411832.jpg


集合時間6時10分の2分前にバスに乗車!!

ラストかな?と思っていたら もう一組あとがいて ちょっとほっとしました

それにしても 時間が短かすぎ!!でした

6時10分 予定通りに出発でバスは
港を通りぬけて 稲佐山という山を登った所にあるホテルへ

7時半からと遅い夕食は 長崎名物しっぽく料理

円卓をかこむ中華料理のようですが 料理は和・洋・中華 なんでもあり

a0084343_214259.jpg


そして最後のデザートですが・・・
a0084343_24205.jpg

コーヒーの変わりに なんと おしるこ

これも しっぽく料理の特徴なのだそうです

夜景をみて・・・

a0084343_254788.jpg


翌朝8時出発で ハウステンボスへ~

今日のブログ とっても長くなりました

おつきあい ありがとう ございます!!

これだけ記録しておけば もう忘れない???
[PR]
by banban0501 | 2013-04-07 10:00 | 長崎とハウステンボスの旅 | Comments(28)

・・・・TOPに戻る・・・・
2013年 04月 03日
長崎とハウステンボスの旅 ① 祐徳稲荷神社・大浦天主堂
初めてクラブツーリズムのツアーを利用して
前からいってみたかったハウステンボスへいってきました

新幹線とバスの旅ですので
新大阪駅がツアーの集合場所でした

集合時間が7時50分
早く家をでて 駅で朝食にしました
a0084343_16531588.jpg

新大阪駅 1F入口の鉄道車輪を展示しているあたりは
いろんな旅行会社の添乗員とツアー客でごった返していました

添乗員のもつ旗を先頭に41名がぞろぞろホームへ

乗り込む列車の「700系のぞみ」の顔も無事撮影です

a0084343_16563289.jpg


鉄道大好きの孫ちゃんのために
私はのぞみの中を探検していっぱい写真を撮りましたが
それはまた今度紹介です

さて 博多行なのに博多までいかず 新大阪から2時間12分 小倉で下車
a0084343_1858061.jpg


目的地は長崎ですが 途中 いくところがあるようです

ツアー行程表に書かれていたのは 佐賀県にある「祐徳稲荷神社」
九州では有名な御稲荷さんだそうです

長崎まで新幹線ではいけませんが佐賀県に入るなら
やっぱり博多まで行けばいいのにね~

一台のバスに客を詰め込めば 高速料金を払っても
一人分の交通費が新幹線を使うより安くなるのでしょう

因みに新大阪から小倉まで のぞみ指定席で片道14050円
それが博多までだと14690円です(笑)

a0084343_1712742.jpg


高速が途中で10キロの渋滞表示がでましたので
ドライバーさんが 地道を走りましたので 
小さな県なのに平野面積が多いという佐賀平野の
豊かな田園風景をみるこができました

バスを下車するとお山の上に神社が 清水寺のように建っていました
a0084343_172758.jpg

a0084343_173268.jpg

神社によった分 長崎への到着が遅くなりますのに
またまた別の場所の土産物屋にも より そこを出たのが4時

この分が余計時間ロスです

ようやく高速に乗って長崎へ

トンネルを抜けたらいきなり長崎市内に
でたのには ちょっと驚きでした

長崎は 港を中心にしたすり鉢状の地形ですので
山のトンネルをでたら いきなり長崎市の中心地に入るというかたちです

a0084343_17114643.jpg


ホテルも小高い山の上(稲左山)にあり 山の中腹まで民家が立ち並んでいました

さてさて 目的地の大浦天守堂とグラバー園のある駐車場についたのが
もう 5時前で 集合が6時10分といわれてびっくりでした

ツアーの行程表では ここで90分散策でしたが・・・

でも とにかく 大浦天主堂へ

a0084343_17153025.jpg


上の写真のカステラ屋さんへいけそうにもないかな?

ここのカステラ「綺麗菓」を買いたかったですが!

a0084343_17173521.jpg


予想通り無理でしたが 翌日いったハウステンボスで見つけ!!

a0084343_17182689.jpg


無事購入でした~

ということで 今日はここまでの写真整理

次回はいつになるかわかりません(笑)

塾の春休みは 今日までで 明日からまた忙しくなります

次回は 時間がないのに
ゆっくり回ってしまって集合時間ギリギリになったグラバー園と 
夕食に頂いた しっぽく料理のお話です

ツアーは便利でお安いですが・・・

その分 時間のロスもいっぱいありますね~

しかたない!!

楽しい旅行でしたもん!!
[PR]
by banban0501 | 2013-04-03 17:35 | 長崎とハウステンボスの旅 | Comments(20)

・・・・TOPに戻る・・・・