好きな旅行の話や 自分が興味をもったことをアップしています♪ 気になるカテゴリーからもどうぞ!
by banban0501
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索
カテゴリ
全体
始めまして・・ごあいさつ
ケアンズ
南イタリア旅行
NYの思い出アルバム
ニューヨークの思い出
アメリカ ラスベガス・ロス
イギリス・ロンドン
ドイツ・オーストリア話
スペインの思い出
南フランス
タイ 
読んだ本
ベトナム
韓国釜山ソウル
韓国ソウル・春川・水原
中国 上海
中国 杭州と上海再び
中国 北京
中国 麗江
台湾旅行
台湾旅行 再訪
中国 香港
マカオ・香港の旅
チェジュ旅行
奈良 今井町
伊勢・志摩の旅
白浜 南部の旅
北陸 金沢 山中
奥飛騨
松本・安曇野旅行
長崎とハウステンボスの旅
ハウステンボスの旅 二泊三日
八カ岳 リゾナーレ
富士山と日光
東京旅行
豊川 岡崎
箱根旅行
横浜・鎌倉旅行
熱海 三島
名古屋旅行
京都と琵琶湖・浜名湖の旅
クルーズ
京阪神ブラリぶらり
料理・食べ物の話
お金の話
映画
観劇
英会話
DIY 日曜大工 ミシン仕事
カバン作り
こども服
日々の記録・雑感
ちょっと驚いたこと
マイ 美術館
パソコンでお絵かき
パソコンで・・・・
お勉強!
読んだ本
日本語ボランティア

遺品整理
お役立ち情報
仕事関連
リホーム
収納の工夫
親指のトラブル
未分類
最新のコメント
★ はりねずみ ★さま ..
by banban0501 at 11:07
こんばんは 私も昨年、..
by はりねずみ at 21:38
★ anello63 ★..
by banban0501 at 08:48
前から10列目なら良く見..
by anello63 at 00:05
★ sakae2009 ..
by banban0501 at 20:25
★ yasukon20 ..
by banban0501 at 20:22
松茸2回も良かったですね..
by sakae2009 at 20:13
こんばんは! ..
by yasukon20 at 18:59
★ fuchan_k ★..
by banban0501 at 17:38
ご主人様と共通の趣味があ..
by fuchan_k at 17:33
フォロー中のブログ
生きる詩
ニューヨークの遊び方
気まぐれフォト日記
チョコットメモ記
小次郎じじ物語
折々の記
親父の HOBBY
Rabbitjumpの草原
空の見えるベランダから
neige+ 手作りのあ...
ひとこと、ふたこと、みこと
《ニューヨーク直行便 》...
日々の暮らし
~秋色紫陽花と暮らす日々~
本当に幸せなの?
気まぐれ日記
BABAうさぎの奮闘記 ...
ふうちゃん にっき
元気ばばの青春日記 気持...
はあと・ドキドキ・らいふ
OURHOME
やっぱり旅が好き♪
アンダンテのだんだんと中受日記
片付けたくなる部屋づくり
☆FREEDOM☆
さかえのファミリー
その日・その日
ブロ友パソコン相談室
Mrs.和やか in 手帳
無垢のおうちと収納と
FU-KOなまいにち
Linen Style...
IEbiyori
時流れるままに
シンプルで心地いい暮らし
Baabaの徒然に
はりねずみの日記帳
喜びも悲しみも幾年月
『 とっておきのお片付け 』 
元気ばばの青春日記 気持...
WITH LATTICE
ラクからはじまる楽時間♪
ハーバードで奮闘中、日本...
白×グレーの四角いおうち
uri's room* ...
ivory*
クラシノート
片づけで、すっきり暮らし。
ほぼ100均で片付け収納に挑戦
外部リンク
ひとりごと
自称 記録魔
自分のために
記録して残して
おきたいことを
時々 更新です

メールはこちらから
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
more...
タグ
(111)
(72)
(57)
(51)
(38)
(25)
(24)
(22)
(20)
(18)
(17)
(16)
(13)
(13)
(12)
(12)
(12)
(10)
(6)
(5)
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
最新の記事
高橋真梨子さんコンサート &..
at 2017-09-17 16:32
東京美術館巡り
at 2017-09-10 18:54
ホームパーティ & 目のトラ..
at 2017-09-03 10:00
夏の記録いろいろ
at 2017-08-27 19:29
始めてのクルーズ パシフィッ..
at 2017-08-20 10:00
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:お金の話( 22 )

・・・・TOPに戻る・・・・
2013年 03月 03日
株価・金利・為替の推移表&季節のお菓子
下の図は なんの図かわかりますか?

a0084343_12314929.jpg


小さくてわかりませんよね?

なので 左右半分ずつの写真にしてみました
(全体を見たい方は 画像の上でクリックしてください)

株価と為替の推移表なのですが なんと
1988年から2012年までが 通してわかる優れものです

赤い線が日本の日経平均 緑はアメリカのNYダウ平均です
a0084343_19121380.jpg

左はしの株価が高い時期が日本のバブル経済のときで
なんと 38915円を1989年12月29日につけて
この時の円レートの最安値が158.85円だったことがわかります

そして日本のバブルははじけて 株価は下がり続けている間に
1991年7月の湾岸戦争 1997年アジア通貨危機

それでも 株価は2万円台を維持していたのですね

なのに2001年アメリカ同時多発テロに続いて
2003年 米英の対イラク作戦が
おこったころに 株価は 7607円をつけました

その後は 少しずつ回復して なんだか いい方向にいっていたのですが! 

2007年8月のサブプライムローン問題が表面化して
リーマンショックがおこって 再び下がり2008年末から
今から思えば なべ底にはいって 2009年3月に
最安値の7054円をつけました

この時の為替レートは 89円92銭の円高ドル安

それもそのはず 私たちが不況にあえいでいる間に
アメリカの株価はどんどん上がり続けて
リーマンショック以前の水準までもどっています

なんだか へ~って感じです

下のグラフの緑の線をみたらわかりますが
どうやら 今年は アメリカは史上最高値圏にはいっていくそうです
a0084343_19124022.jpg

上のグラフの下部にある 青い線がドル/円相場
紫色が ユーロ/円相場です

じっくりみれば わかりますが 7054円を底にして
日本の株価は少しは上がったにも拘わらず
為替レートは円高基調が続いてついに70円台までいってしまっていました

グラフは2012年12月までの状態ですので
この後 アベノミックス効果で 株価も 少しあがり
円安で 日本のお家芸の輸出に光がみえてきたって感じに
なってきました

失われた20年というのが一目瞭然のグラフ図です

この図 ある銀行でいただきました

実はこの銀行で 2007年に日経平均に連動したある投信を買っていたのですが
リーマンショックで もちろん損益になって
売るにも売れず ほったらかしにしていました

それを 思いだすのも嫌だったのですが
銀行の営業マンから連絡があって 今また買い時です
なんて いってきました

でもね

今同額の資金で買い足しても この投信で利益がでるには
株価がいくらになればいいのか わかりませんので
銀行へいって計算してもらいましたら 
日経平均が13000円になればよいことがわかりました

リーマンショック以前の株価にもどるでしょうか?

鍵はリーマンショック以前に戻れるか否かです

もどって日経平均が14500円になれば そのままほっておいても
損にはならないこともわかりましたので 傷口を広げるのはやめ
私は この図だけ いただいて 
「やっぱり このまま ほっておきます」とかえってきました

なべ底の時に買い足しておけば 今から利益がでたかもですが
その当時は そんな勇気 ありませんでした!!

なべ底で 株をかった勇気ある人は 今は ホクホクですよね~

そんなこんなが 一目でわかるこのグラフ 

頭の中が整理できて 面白いな・・・とおもったので
ブログで記録しておこうって 思いついたのでした

これで いつでも またブログで確認できますね

私のブログは 記録魔ブログですから~



ところで この図は いただいたA4サイズのプリントを
スキャンしたのですが エキサイトの写真アップでは
大きなサイズの写真は勝手に縮小されます

そして 以前は これを マウスでクリックすれば
ブログ画面のすみに出てくる窓で大きな画面をみることができたのですが
2月からリリースされて画像一覧というページにいきますから
そのページで 改めて拡大するようになりました

みなさん 変化したことに気がついていましたか?
知らなかったのは 私だけかも?

2月の北海道のニセコスキー場へ妹がいったので
ユキピリ花 という お土産をもらいました

とっても美味しいし 食感がソフトで食べやすく
これも 初体験のお土産で
白い恋人たちより こちらの方が 好きになりましたよ~
a0084343_1153545.jpg

妹が久しぶりに ニセコにいったら 
まわりは 英語を話す人ばかりだったそうです

オーストラリアの人や 英語を話すアジア圏の人で
ホテルもゲレンデもいっぱいで 日本人を探すのが難しいくらいだったそうです

南半球の人がスキーにくるとは聞いていましたが
そんなに 多いとは 驚きでした

原発問題で減った海外からの観光客も
円安でもありますから これからもっと増えそうですね

3月3日は ひな祭り

こんなお菓子も我が家にやってきました

桂新堂のえびせんべい お高いですが 大好きです
a0084343_1201393.jpg

今回の季節のパッケージ すごく気に入ってます

ひなまつりだし・・・と娘からのリクエストで 
はまぐりの酒蒸し・菜の花の辛子和え・ちらし寿司を つくってみました

a0084343_2014599.jpg


さ~ こんどは はやく お雛様を片付けましょう!!

もうすぐ春がやってきますね~
[PR]
by banban0501 | 2013-03-03 20:01 | お金の話 | Comments(23)

・・・・TOPに戻る・・・・
2007年 05月 09日
阪神阪急合併
絶対にあり得ないと思っていた 阪神と阪急の合併

2005年9月末に 村上ファンドが阪神株の大量保有を発表するまえ
阪神の主幹事証券の大和証券が
「株価の動きがおかしい。買占めの動きがある」と
阪神サイドに警告していたにも関わらず
阪神首脳陣は
タイガースの優勝が目前に見えていたこともあったので
「これは ご祝儀相場で 優勝が見えるといつも上がる」と
一笑にふしたそです

阪神の小口株主に誘いをかけて
「ここ最近 株価があがっていますから 売りませんか?」と
村上さんの片棒をかついだのも 大和証券だから
これは もっと 深刻に受け止めるべきだった

結果として 45.7パーセントの株を買い占められ
村上さんが 実質オーナーとおなじになってしまった

2005年12月に
阪神の西川社長が 京阪の佐藤社長に
買取をようせいしましたが
村上さんは 一株1000円~1100円の買取をせまり
体力のない 京阪は ホワイトナイトになれずに・・・

阪神の甲子園球場は土地の簿価は800万だった
それが 今は 24億以上
阪神百貨店は 900万が 62億
大阪駅前ハービス大阪は 74億が 381億に
同じく ハービスエントは 68億が 350億という 値打ちです
村上さんは 大株主として
この土地を外資に売れとせまったわけです

こまった阪神に
三井住友銀行が 間にはいって阪急に株の買取を打診してくれました
京阪にお断りの挨拶をして
2006年4月1日
西川社長は 阪急本社にお願いにいきました

4月28日 阪急・阪神 経営統合発表です

株はまだ 村上さんの手の中
阪急が 公開買付TOBを実施

村上さんが 応じるかどうか まだ 不明なまま
応じなければ 村上さんの 株主提案が 通ることになります

なんてことになっている間に
村上ファンドに 検察庁の手がはいりました

じつは この検察の動きを 阪急は察知していたらしいです
なので TOBをかけたとも言われています

TOB期限は6月19日
村上さんは 6月2日 東京証券取引所で
緊急記者会見をして 例の「インサイダーしちゃた」の
笑顔コメントと TOBに応じる旨を 発表

このときはもう 村上ファンドは 内部もガタガタになっていました
密かにシンガポールに逃げた後 髭ずらの変装帰国直後 逮捕でした

6月19日 阪急のTOBは無事成立しましたが
なんと 63.7パーセントもの株が 集まってしまいました
村上さんの株+一般株主です

その結果 阪急は莫大な 有利子負債を抱え込みました

これから 金利も上がっていくのに
返済は 大丈夫でしょうか?
三井住友銀行は もうかりますが・・・・

そして 2006年10月 合併
結婚した 阪神と阪急の電鉄部門は
少子化で通学人数 関西の企業が 関東にシフトして
通勤客も減って もともと事業が重なっているためメリットはない

ただ タカラズカと 阪神タイガースの ブランド戦略の
融合は可能で6年後には
2007年度の阪神阪急の売上よりも
320億アップの7700億にすると中期計画だけは発表しています

阪神は 阪急が立替工事をしていても
阪神はこのまま 地道に 行く経営方針でしたが
そうも いかなくなり どうやら 
取り壊して高層ビルに生まれ変わるようです

阪急1929年 阪神1933年の創業以来
大阪駅前で お互いにらみ合っていたライバル会社が
今は 手に手をとって 借金を返しながら
頑張ることになりました

そんな 阪神・阪急合併を
ずっと取材してきた 現場記者さんから聞いた話を
今日は まとめました

余談ですが
どうやら 近鉄百貨店阿倍野店は40Fの高層ビルに建て替えられ
松坂屋名古屋本店を抜いて
日本一の売り場面積のデパートになる予定だそうです

ちょっとバブリーな香りがしてきましたね・・・
[PR]
by banban0501 | 2007-05-09 07:23 | お金の話 | Comments(6)

・・・・TOPに戻る・・・・
2007年 05月 01日
関西経済は・・・・
某新聞の大阪支社の経済部の記者さんが
関西の経済について 話してくれました

江戸時代は 米
明治・大正時代は繊維の中心だった関西

三菱など 多くの財閥が 関西を拠点にもしていました
そのご東京に 集中しては いきましたが
まだ 本社を関西におく企業もたくさんあったのです
それが・・・バブルの崩壊と共に元気がないといわれて久しくなりました

日本のバブルのピークがいつだったかというと
1998年の12月日経平均株価が38915円をだしたときだったそうです
その翌年に それがピークだとは 思っていなかった日銀の景気予想は
「設備投資にかげりが見られるが 個人消費に支えられて
順調に推移するだろう」という見通しがだされています

まだまだ 大丈夫だと思っていた1991年に 
関西のビッグプロジェクト
大阪のりんくうタウン 大阪ATC 大阪WTCが建設されたことうけて
「日はまた昇る」関西経済は このプロジェクトによって
大きく飛躍するだろう」
と 自らが書いた記事を
今 自分のデスクにおいて 自分への戒めとしていると
おっしゃる 新聞社のデスクをされている
その記者さんは話してくれました

その後 日本は 大不況に陥り
2003年に平均株価は7600円台にまで 落ち込みました
バブルのピークからこの底までの時代を
失われた10年 または 13年というらしいです

この間に 関西経済のけん引役だった
松下 サンヨー シャープという家電御三家は 低迷し
四国への 3本もの大橋を建設を強行したことにより
今をときめく自動車 通信への産業構造改革もないままになりました

この記者さんが そこに もう一つ
面白い見方を教えてくれました

大阪には 工場等の新たな建設を規制する法律があって
長い間 工場等が 建設されませんでした
「工場等」の「等」には 大学も含まれていたため
多くの大学が 僻地に追いやられました
町の中心から 学生がいなくなるというのは
町の活気を失うものです

それがここへきて 規制緩和が行なわれ
湾岸に新たな工場建設が可能になったそうです
松下のプラズマ工場などがいい例です

建設場所がなかったときには 初めは地方へ
やがて 安い労働力をもとめて
中国で 工場を作るしかなかったのですが
これは技術の秘密保持という観点からは良くないことだった
反省が でているそうです
企業は日本国内での生産へシフトをかえつつあるようです
松下の工場などは 記者といえども
簡単には生産ラインも見せてもらえないそうです
ラインの設置間隔自体も企業秘密だそうです

名古屋には もともと この規制がなかったので
2,30年の間にたくさんの工場が建設され
名古屋圏は今元気に成長しています

このように この法律のせいで工場を建てるゆとりがあったにも
かかわらず関西が地盤沈下したという見方もあるんだそうです

でも関西にも未来はあります

東大阪の中小企業工場のネットワークには
すごいものが あるらしく
横のつながりで 難しい注文をこなし
世界シエアのトップメーカーになっているところもある

5月から三角合併が解禁になり
外国企業から 狙われている会社は関西企業だそうです
独自技術をもち オーナー会社が多く 株価が安いので
どんどん 株を買いまして
資産と利益のわりには 株価配当がすくないといって
外国ファンドが圧力をかけて子会社する狙いをもっているそうです

日清食品、江崎グリコ、小野薬品など・・・優良企業が狙われています
関西企業は高い技術力を勝負に頑張っているけれど
外資にも狙われている
先日は そんな関西経済の今後の展望という話を聞いてきました

余談ですが
ダイエーの中内功さんは 2005・920になくなられましたが
中内さんの思い出話として
「ものが少ない時代に メーカー主導の価格設定を
消費者が 価格をきめるべき」という考えかたで
強いリーダーシップをとられましたが
反面 会社の広報担当も無視してしまうので
記者会見では いらぬことまで 喋ってくれたので
記者としては ありがたい人だったらしいです。
[PR]
by banban0501 | 2007-05-01 08:46 | お金の話 | Comments(3)

・・・・TOPに戻る・・・・
2007年 04月 24日
経済を人間の体にたとえると・・・
金融システム 経済システム 金利 日経平均株価と
分かっているようで ちゃんと理解していない言葉を
人間の体の仕組みで 考えると とてもすっきりする話を
某大学の聴講生を して 聞いてきました
今日は その話です

例えば
「金融システム」つまり銀行などの機能は
人間でいえば 「心臓」です

ちゃんと 血=お金 が体の隅々にまで
流れないと 機能せずに死んでしまう

ただ流れればいいのでは なく
健全なお金が 流れることが 大切で
バブルの時のお金は 健全なお金では なかったと。

「経済システム」というのは つまり政治の力 人間でいうと頭脳です
脳があやまった指令 シグナルをだすと 体に変調を来たします
経済が成長していくときに金利を引き上げるタイミングを誤ると
あの バブルのように なると 今いわれています
もっと金利を上げるタイミングと幅が 適切だったら
お金は借り難くなっていて あのようなバブルには ならなかったかも?と。
頭脳である日本銀行の政策ミスをしたのではと。

そして 「金利」というのは 人間の体の心臓から送られる血液の強さ
血圧だと 考えたら いいのだそうです

バブルの時に金利は7%
お金は 廻りすぎて パンクしました

長いデフレの時には 日本銀行は貸し出し0金利
無制限に お金を市場に 出しつづけて 血液をとにかく流しつづけて
死にそうな日本経済を なんとか 持ちこたえさせました

金利=血圧は 低すぎても 高すぎても 不健康
でも 適正金利というのは その時の国の経済
外国との関係によって変るので いくらがいいと決まっているものでもない
というのが 難しいところみたいです

自分の体が健康かどうかの診断結果というのが
「日経平均株価」だとも。

企業の株価の集合の平均株価
企業の将来性 先行き その企業の評価

疲労感や風邪などは 決して一つの理由から 起こるものでは
ないのと同じで 経済も 一つの理由では うごかない

だとしたら 日本経済の健康診断結果は
日経平均 いくらだったら OKなんでしょうね?

最後に面白い話も ききました

日本の国家予算は80兆
そのうち 税収は 40兆で のこり40兆は 国債を発行して得る借金です

年収800万の家庭で
本当の収入は 400万で のこりは 借金だと考えたら
その家計は 健全といえるのか?という問題を
日本は ずっと 抱えていると 意識することも大切です
[PR]
by banban0501 | 2007-04-24 07:14 | お金の話 | Comments(12)

・・・・TOPに戻る・・・・
2007年 04月 20日
自社株買いをして どうなるの?
株に興味をもって以来 新聞などを よくチェックするのですが
最近の 企業の 自社株買いの動きが 活発になっているという
のに ちょっと注目してみました

企業は もうかれば 当然利益が 蓄積されるのですが
その使い道は いろいろです
いままでの 設備投資などの借り入れ金の返済にあてたり
新しい設備投資や 研究費に回したり
もちろん 株主に 還元するために配当金をだしたりします

でも もう一つの利益のつかいかたが
実は 自社株買いだそうです

一つの企業の発行株数というのは 決まっていますから
企業が市場から自社の株式を買えば
市場にでまわる企業の株数が減少します

これは 敵対的買収などの目的で 株を買い占められることを
防ぐ有効な手段に結果としてなります

阪神電鉄は 村上ファンドにすっかり株を買い占められました
それは 保有していても 値打ちがないと 多くの株主が考えて
売ったからです
実際甲子園のご招待と短い距離の運賃のフリーチケットぐらいが
メリットだったので ちょっと値上がりしていうので
「売りませんか」と声を掛けられ 売った人の話をききました
証券会社が 地道に そういう株主の株をひらいあつめた結果
村上さんの下にあつまったのです
結果は 村上ファンドのまるもうけです

今 アメリカでも 日本でも M&Aを避けるためにも
自社株買いが 熱心に行なわれています
でも
狙いは それだけでは ないそうです

あたらな設備投資にまわすのではなく自社株を市場から買うと
残りの株をもつ投資家にとっては
その会社の1年間の利益の絶対額は変わらなくても
のこりの株主一株当たりの利益は上昇することになり
それだけ株主の価値は高くなるということにつながるのです

企業の一株当たりの利益を株価で割った値を「株式益回り」と言います
この値が金利水準より高ければ
企業は自社株買いを行うことが有利だそうです
株主にとっても 高配当がつくということになります

低金利なら 慌てて借金をかえさなくても・・・
めぼしい設備投資の材料もないし・・・
企業買収も怖いし・・・・
とりあえずは 自社株をかって 株主価値をたかめて
配当金を多くだせば 
安定株主になってくれるし・・・みたいな目的のようでした

ところで 私の保有株会社には そんな余裕が あるのかな?
すくなくとも 塩漬会社には なさそうです・・・・
[PR]
by banban0501 | 2007-04-20 07:26 | お金の話 | Comments(2)

・・・・TOPに戻る・・・・
2007年 02月 27日
新しい銀行金利
2月21日の日銀の利上げ発表がありましたが
その上げ幅は 微々たるものでした

ですから ほとんど 株にも 為替レートにも 影響がなかった

26日(月曜)に 明らかになった銀行の新しい金利も
前よりは ましになった程度ですから
預金離れは 続くのではないでしょうか

例えば
三菱UFJ銀行の普通預金は0.1が0.2になりました
100万円預けて1年で2000円ですが
スーパー定期(300万以下と300万以上で金利が違う)
も大口定期(1000万以上)も
半年までなら 0.25で 相変わらずの低金利です

これなら わざわざ定期にしなくても 
UFJなら10万以上 いつも口座にあるのならスーパー普通預金や
24時間いつ引き出しても手数料無しの 
オールワン普通預金にいれていても おなじ 金利です

三井住友銀行も りそな銀行も 
定期預金は同様で 半年までなら 0.25です

先日特別金利キャンペーンを利用した時の金利は
3ヶ月0.35でしたから
今後もいつでも出し入れ可能にして
短い期間のそういうキャンペーンを狙っていくほうがいい

次回の利上げは 夏以降ということですから
今から 1年や 半年以上の定期にする必要もない
いくら 5年定期の利率が0.6だなんていわれても・・・・。

なら この4月で定年退職を迎える 団塊世代さんたちは
どうするのでしょうか?
とりあえず やっぱり 貯金でしょうが
ここは じっくり考えて 短い定期や 率の同じ普通預金にいれて
ここ1年は 利上げの様子を 見るべきです

郵便局は まだ 前の利率のままで
いつ金利をあげるのか 決まっていないそうです

郵貯は いま どんどん 貯金を引き出して
金利の高い 投資信託や個人向け国債へ運用する人が増えて
2000年2月に260兆集めたのをピークに
去年12月末で 189兆円まで 減少したそうですが
今年は もっと 少なくなるかもしれませんから
金利設定には 慎重になるのではないでしょうか?

うまく 資産運用を 考えるには 株がリスクがあっても
一番効率が いいのは いうまでもありません

例えば イオン系列の○○という会社があります
もとは三菱商事の子会社でしたから 手堅いように思いました
2002年に東証に上場したときに 株価が800円
全国展開して 発展したこの会社の
事をしったのは 2004年でした
その時の株価は 3600円 2年で 4,5倍
でも その当時 株には全く興味が なかったのです

そして2005年 株をするようになって 改めてみた時の株価は
もう 私の手の届くところには ありませんでした
なんと 5300円で 最低約定の100株を買うと 53万です

それでも 気になって 株ボードの2枚目にいれていました
1枚目は 毎日みていましたが 2枚目は 見ていなかった
先日 その会社の株価をみて 驚いた!
株式分割をして 半分になっていました

広く 投資家から資金を得るための株式分割です
よく ある手法ですが・・・・

2002年に800円で100株 8万でかった株が分割しましたので
400円が今日現在 2970円です
実に 7.4倍です
100株ずっともっていた人は 
いま200株もっていることになりますので
今うれば 594000円です

なんとも スゴイ・・・・。
今となっては 悔やまれますが 過ぎたことは考えない!

いくら株はリスクだといっても こういうのがあるから
銀行金利なんて せこい話をするのが 嫌になります
[PR]
by banban0501 | 2007-02-27 07:20 | お金の話 | Comments(10)

・・・・TOPに戻る・・・・
2007年 02月 17日
銀行金利
日銀の金利引上げは いずれあるかもしれないが
当分は このままだという 感じを 日銀の福井総裁は
ほのめかした感じです

なので 銀行の定期を いったん 解約して
同じ銀行のインターネットバンキングへ預けなおしました

私の資産管理は あくまでも分散型なので
定期預金の見直しも 大切な 資産管理です

例えば
今の 金利では
スーパー定期 3ヶ月もので 0.15 1年もので 0.25 
大口定期でも 3ヶ月もので 0.15 1年もので 0.3
期日指定定期は 金利がよくはなりますが
1年以上2年未満の条件がつき 0.25 です

一番ひどい定期金利が 0.03パーセントなんていう時代もあったことを
思えば まだ ましですが それでも 話になりません

かといって 全て 投資信託や 株や 債権にまわしていたら
これは リスクです

だから 定期預金も 大切です
なら 金利には 敏感にならないといけません

今回預けなおした インターネットバンキングでは
特別金利キャンペーンというのを やっていました

2月1日から 3月30日までの 期間限定です
特別金利は
3ヶ月もの 0.35
1年もの  0.55
3年もの  0.75
5年もの  0.95  です

例えば 100万円を3ヶ月(89日)もので預けると
100×0.35×89÷365=852(税金169円含む)です
500万で684×5=3420円
1000万でも たった 手元には 6840円の利子加算ですが
3ヶ月 0.15パーセントのままだと 
100万円で 利子 366円(うち税金72円)で
利子分は やく半分になります
同じ期間 同じ元金なら 利子には 敏感になるべきです

だからといって 1年先の金利については わかりませんから
長いものをすると 途中解約では 損になりますから
期間は 慎重に 考えないといけません

私は半年先には 金利の見直しがあると思いましたので
とりあえず 3ヶ月ものの 特別金利を 利用することにしました

そのまま ほったらかしっていう口座は ありませんか?
郵便局の定額にあずけっぱなしでは

損をするいう話にも

かきましたが 金利には敏感にならないといけない

世界マネーはこれに敏感に反応して
金利のよい国景気のよい国の お金が買われるのです
今は 円が 売られて どこの国の通貨にたいしても円安です
[PR]
by banban0501 | 2007-02-17 16:10 | お金の話 | Comments(2)

・・・・TOPに戻る・・・・
2007年 01月 14日
不二家のぺこちゃんピンチ
今 新聞をにぎわしている「不二家の不祥事」は
本当に 2000年の雪印乳業の不祥事を思い起こさせる事件です
期限切れの牛乳を使用して シュークリームをつくっていた
製品の管理が 甘いとしかいいようがない
いい加減なことが まかり通っていたということです

その事件は 私には 先日で最後になった
某大学での 読売新聞の論説員をしていらっしゃる波多野さんの
最後の講義で 話されたことと全くオーバーラップすることでした

その講義で 話してくださったことは
会社というものは 誰のものか?ということでした
この意識を経営者がどう考えているかがとても重要です

株式会社であれば その答えは「株主」のものということになります
株主にとっての利益は 株価があがることです

でも 会社は 株主だけのものでは やはりないでしょう

利害関係者の存在があります

つまり 従業員 取引先 それから その会社の製品をつかったり
食べたり する人たちです

そうなると 会社の株価が あがることだけが
問題になるわけではないのです
そういう社会的 道義的責任を もつ 会社というものが
不祥事を起すということは やはり 問題です

三菱自動車の欠陥車事故隠し
雪印食品の牛肉偽装
三菱扶桑トラックのリコール
JR福知山線の脱線事故が JRの日勤教育体制が 誘因になったこと
パロマの給湯器の欠陥隠し
などなど 最近の事件だけでも 数え切れないぐらいです

こういう 企業不祥事は どうしておこってくるのかという
点を 波多野さんは こう話してくださいました

バブル以降の 規律のない経営
本業をわすれてつっぱしった結果の不良債権処理や
リストラや 収益を上げることだけにやっきになっているうちに
大切なものを 見失ったのではないか
もっと ちがう言葉でいえば
経営者と現場の間にできた溝が 深まったのではないか

風通しの悪い 物言えぬ組織 
重要な 情報が きちんと 組織内に伝わらないで
目詰まりをおこした 結果が事故につながっていると。

そして不祥事を起す会社には 一般社会で
当たり前に行なわれていなければ ならないことが
できていないのではと。

そういう話をきいた後だったので
不二家の場合もしかりかもしれないと おもったわけです
社長の弁「考えが甘かった」という言葉に
会社の社会的責任というものを考えていないことが現れています

そして 面白い話も 付け加えていわれました
今まで 隠れていたことが どうして明るみにでるのか?
ということについてです

内部調査の発端・・・

「公益通報者保護法」というものが できているそうです
つまり 内部の膿をだそうと(逆に陥れるためのものもあるでしょう)
通報 リークした ものを 守るという法律です
この法律が できたことも
不祥事が 表に 現れてきたことに 関与していると。

私はそういう世界とは無縁のところにいますが
日々つかう ものは 全て 安心できるように送り出す
当たり前の 会社ばかりに なってくれることを願っています

こういう話を新聞記者の立場で いろいろ話してくださったのですが
残念なことに 多くの学生さんは 居眠りをしていました

自分の学生時代を思い出してしまいました
この年になったので 面白いと思える話でもあると思いました
[PR]
by banban0501 | 2007-01-14 00:44 | お金の話 | Comments(4)

・・・・TOPに戻る・・・・
2007年 01月 04日
ヨーロッパ単一通貨ユーロが世界一に・・・
年末の日経新聞に とても興味深い記事の掲載があった
それは ユーロがドルを抜いて 世界流通量が一番になったという記事でした

ユーロは1999年にドイツフランスが中心となって
ECでの決済を単一通貨にすることに決めたのでしたが
今では ヨーロッパの12カ国という広い範囲で 同じお金が使われて
いることになります

それぞれの国でデザインの違うユーロ紙幣が発行されています
でも 価値は 同じですから
自分の国のデザインのユーロ紙幣で
他の国で買い物が出来るわけです
何年か後に いったいどこの国のデザインのユーロ紙幣が
ヨーロッパ全体にひろまっているのか楽しみです
一番強い国のユーロ紙幣が 溢れていることでしょう

もともと パスポートもなくても 
お互いの国をいったり来たりしていたのですから
お金が 同じ価値をもつということは 経済活動にとってことのほか
便利だったことに他なりません

ベルギーから 車を走らせて パリでお買い物をして
お食事もして 家に帰るなんて普通に行なわれていたのです

その様な生活の中で 通貨が違うということは 大変な
デメリットだったでしょう

当初3000億ユーロだった通貨量は 2006年末で6280億ユーロ
5年で倍以上になりました
しかも 去年1年の増え方はすごい勢いです

その原因は ユーロ圏以外の国で
外貨をドルからユーロ建てにして持つ人が増えていることです
通貨量が増えるということは 価値が上がるということです

開始時に1ユーロが0.9ドルだったのが 今は 1.3ドルと
価値が1.4倍になりました
この調子でいくと 後5年したら 2倍近くの価値をもつかもしれません

アフリカからの移民の数がどの国も増えていますから
人口も 増えています

人が増えることは 経済活動が活発になることにつながります

ユーロ圏内の経済成長率も3パーセントで
中国のお化け数字の12%のことを 考えなければ 
なかなかの成長率です

世界中の中央銀行は 外貨準備高の3分の2をドルでもっていますが
ユーロの比率も たった5年で4分の1になりました
円のしめる割合なんて ないに等しいということです

ドイツが東西統一にともなって旧東ドイツ支援に払った
犠牲は 大きいですが
真面目なお国柄ですから いずれは それも解消されていくでしょう
フランスは これからも いろんな意味で中心となって
ヨーロッパをひっぱっていくことになるでしょう
今に
ドルと円とユーロの3本建てではなく
ユーロとドルで半分半分になる時代がくるかもです

日本は どうなるのかな・・・

日本の心配よりも
そんな事を考えていたら
外貨建て投信で ユーロ建てというものを探してみたくなりました

こんな風に個人が考えるようになって
対ドルで115円を切りそうになると
3年前までは 日銀が何十兆円もつかってドルを買っていたのに
今は 個人の思惑のドル買いで 115円の壁は
なかなか崩れないというのです

確かに去年1年はそうでした
今年は115円以下になるという予想がでています
これにもユーロが関係してくるかも?
ドルを買わず ユーロを買うかも?
個人は自分の財布のことしか考えませんから・・・

どこの国も自国の通貨は 安いほうが輸出には有利ですから
自国の通貨は安いほうがいい
先進国は 飽和した自国の消費には頼れません

そういうことを考えると
ユーロ高は EUにとって いずれマイナスにもなってくるかもしれない

スロベニアもユーロ通貨圏にはいるそうです
ユーロ誕生から5年で
始めは 勝手にやっているって感じだったユーロの行方は
とても 興味深いものになりました
[PR]
by banban0501 | 2007-01-04 13:33 | お金の話 | Comments(2)

・・・・TOPに戻る・・・・
2006年 12月 27日
ドルの円転換
今日は ドル建て投信の話です
投資信託は 株の運用をプロがしているところに
お金を預けて 運用利益を配当金として受け取る仕組みです
それを円ではなくドルでするという投信の話をします

丁度 2年前の12月12日に USマンスリーインカムという
投資信託をかいました

近頃は 郵便局でも 投信をかうことができるようになりましたが
数年前から銀行によって様々な 投信を発売しています

次々に発売がありますから
手数料や 解約にかかわるお金をよく検討しないといけません

銀行も証券会社も 手数料収益が 狙いですからね・・・・

運用している会社や どこの市場を扱っているとか
本当に様々です

それで 一昨年 ドル建ての毎月配当型投信をすることにしました

普通の円の投信とはちがい
買ったときと 解約時に 為替差益というものを うまく利用できるからです

例えば 120円のレートの頃に
100万円で$たて投信を買ったとします
具体的には
投信の基準価格が10ドルで 
レート120円で約890口の投信がかえる訳です
これをしばらく保有していて
買ったとき以上の基準価格つまり11ドルぐらいになったとしたら
そのときには 890口×11ドル=9680ドルになるわけです
そして そのときにレートが 125円だったとしたら
125円×9860ドル=1210000円となり 利益は21万です

こんなに上手くいくわけはないですが
可能性は あります
しかもその投信の運用がうまくいっていれば 
毎月 配当金がドルではいります

目下 一昨年かった投信の基準価格は今少し上がっています
そしてこの2年間25ヶ月に受け取った配当金は
644ドルで毎月平均25ドルです

アメリカがクリスマス休暇にはいってから
2ヶ月ぶりに118円以上の円安にレートが動いていましたので
この644ドルを昨日 円転換していきました
2年で約76000円の配当金をうけとりました
ちょっとしたお小遣いになりました

もっとすごい話ですが
グローバルソブリンというのは
有名な投信で
退職金を これに当てる サラリーマンもいます
しっている人で
5000万でソブリンをかって
毎月25万も配当金を受け取っているひとがいます
ただ 解約するときに
5000万が元本割れしてなければ いいのですが・・・

つまりリスクもあるのです
$たてだと もっとリスクがあります
でも
レートの良いときに ドルを円転換できるのも
ドル建ての投信の面白さです

この2年の間に 1ドルが110円以下というときもありました
その間は じっと我慢です
いつか レートが 上がるようにと!
日本の預金利子が低いときでしたから 
リスク覚悟で  投信にしましたが
これから 株価もあがりますから
投信も いいです
でも リスク商品です

このドル建て投信は レートが安いときに買うのがお奨めです
理想的には1ドルが110円ぐらいですが・・・・

円相場が 気になるようになります

配当金だけを 円にして お子遣いにしてもいいし
買ったときよりも レートが 下がっていれば(120円以下なら)
元本はそのままにしておいて また 来月から 配当金をもらうのです

ところで 今日の ユーロは
なんと155円です

ユーロだてて 2年前に 同じような投信していたら
為替差益だけでも 100万で30万の利益を産んでいることになります
何故に ユーロはこんなに 強くなったのでしょう?
このように いう 私は ちょっと前まで 全くの経済オンチでした
[PR]
by banban0501 | 2006-12-27 14:30 | お金の話 | Comments(2)

・・・・TOPに戻る・・・・