好きな旅行の話や 自分が興味をもったことをアップしています♪ 気になるカテゴリーからもどうぞ!
by banban0501
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
検索
カテゴリ
全体
始めまして・・ごあいさつ
ケアンズ
南イタリア旅行
NYの思い出アルバム
ニューヨークの思い出
アメリカ ラスベガス・ロス
イギリス・ロンドン
ドイツ・オーストリア話
スペインの思い出
南フランス
タイ 
読んだ本
ベトナム
韓国釜山ソウル
韓国ソウル・春川・水原
中国 上海
中国 杭州と上海再び
中国 北京
中国 麗江
台湾旅行
台湾旅行 再訪
中国 香港
マカオ・香港の旅
チェジュ旅行
奈良 今井町
伊勢・志摩の旅
白浜 南部の旅
北陸 金沢 山中
奥飛騨
松本・安曇野旅行
長崎とハウステンボスの旅
ハウステンボスの旅 二泊三日
八カ岳 リゾナーレ
富士山と日光
東京旅行
豊川 岡崎
箱根旅行
横浜・鎌倉旅行
熱海 三島
名古屋旅行
京都と琵琶湖・浜名湖の旅
京阪神ブラリぶらり
お金の話
映画
観劇
英会話
DIY 日曜大工 ミシン仕事
カバン作り
こども服
日々の記録・雑感
ちょっと驚いたこと
マイ 美術館
料理・食べ物の話
パソコンでお絵かき
パソコンで・・・・
お勉強!
読んだ本
日本語ボランティア

遺品整理
お役立ち情報
仕事関連
リホーム
収納の工夫
親指のトラブル
東京旅行
未分類
最新のコメント
★ ささゆり ★さま ..
by banban0501 at 08:48
こんにちは。 電子..
by ささゆり at 16:20
★ PC-otasuke..
by banban0501 at 06:48
パソコンお助けマンです。..
by PC-otasukeman at 20:24
★ juju3291a ..
by banban0501 at 13:47
旅行は行く前の方が楽しい..
by juju3291a at 22:53
★ mihayashi6..
by banban0501 at 22:06
アナベルも終わり今はアガ..
by mihayashi6 at 14:34
★ anello63 ★..
by banban0501 at 22:24
使い慣れた電子辞書でも、..
by anello63 at 21:51
フォロー中のブログ
生きる詩
ニューヨークの遊び方
気まぐれフォト日記
チョコットメモ記
小次郎じじ物語
折々の記
親父の HOBBY
Rabbitjumpの草原
空の見えるベランダから
neige+ 手作りのあ...
ひとこと、ふたこと、みこと
《ニューヨーク直行便 》...
日々の暮らし
~秋色紫陽花と暮らす日々~
本当に幸せなの?
気まぐれ日記
BABAうさぎの奮闘記 ...
ふうちゃん にっき
元気ばばの青春日記 気持...
はあと・ドキドキ・らいふ
OURHOME
やっぱり旅が好き♪
アンダンテのだんだんと中受日記
片付けたくなる部屋づくり
☆FREEDOM☆
さかえのファミリー
その日・その日
ブロ友パソコン相談室
Mrs.和やか in 手帳
無垢のおうちと収納と
FU-KOなまいにち
Linen Style...
IEbiyori
時流れるままに
シンプルで心地いい暮らし
Baabaの徒然に
はりねずみの日記帳
喜びも悲しみも幾年月
『 とっておきのお片付け 』 
元気ばばの青春日記 気持...
WITH LATTICE
ラクからはじまる楽時間♪
ハーバードで奮闘中、日本...
白×グレーの四角いおうち
uri's room* ...
ivory*
クラシノート
片づけで、すっきり暮らし。
ほぼ100均で片付け収納に挑戦
外部リンク
ひとりごと
自称 記録魔
自分のために
記録して残して
おきたいことを
時々 更新です

メールはこちらから
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
more...
タグ
(99)
(70)
(49)
(47)
(37)
(24)
(23)
(22)
(19)
(18)
(17)
(16)
(13)
(13)
(12)
(12)
(12)
(10)
(6)
(5)
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
最新の記事
姉妹旅行中
at 2017-07-16 19:29
便利になった世にびっくりポン..
at 2017-07-09 09:30
ご近所の紫陽花 & 墓参り ..
at 2017-07-02 16:57
紫陽花の装飾花と両性花 水遣り
at 2017-06-25 16:40
紫陽花剪定と挿し木 & 父の日
at 2017-06-18 18:38
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:カバン作り( 10 )

・・・・TOPに戻る・・・・
2013年 09月 05日
お出かけに便利 お洒落なシースルーバッグ
久しぶりにミシン仕事をしました

10年ほど前に私が考えたシースルーバックです
以来 大切なお友達に差し上げて好評のものです

作りたい大きさの型紙を作り
(左右縫い代左右とも1.5㎝ カバン口の折り返し分綿テープ幅の2倍混みで)
ハードチュールと化繊のオーガンジー 柔らかい綿テープを用意です
a0084343_1546580.jpg

シースルーにするために使うハードチュールとオーガンジーを
ずれないように待ち針でしっかり布を重ねることが大切です
a0084343_15462255.jpg

持ち手ができたら 本体の袋部分にかかります
a0084343_15463571.jpg

ロックミシンがないときは 縫い代は折りこんで片倒しで押さえミシンします
(開いて押さえミシンをすると 長く使うとそこから傷んできます)

底にマチをつくります
a0084343_15464884.jpg

カバン口に柔らかい綿テープをまきます
(茶色の綿テープをつかいましたが 本当は黒がいいです)
a0084343_1547119.jpg

本体に縫い付けた綿テープを三つ折りに返して持ち手を挟みます
(持ち手は出来上がりサイズより長くつくっておきましょう)
a0084343_1547132.jpg

持ち手がついたら出来上がりですが ここで一工夫
a0084343_15472697.jpg

ここまできて ロットボタンの付け方を間違えたことがあります
がっかりしないように 部品をよく確認してつけましょう!!

いろんなサイズでつくっておくと便利に使えます
a0084343_15474455.jpg

軽いので 小さく折りたたんで輪ゴムでとめハンドバッグにいれておき
必要になったら 取り出すという使い方もありますよ
[PR]
by banban0501 | 2013-09-05 15:46 | カバン作り

・・・・TOPに戻る・・・・
2012年 10月 03日
涼風真世さんの日本手ぬぐいで巾着袋
9月30日日曜日に 孫ちゃんの運動会の予定でしたが
私には 先約があって申し訳ないけど いけないと伝えてありました

でも運動会は台風で延期となったのですが
私の先約は 台風がきても中止にはなりませんでしたので
大阪の御堂筋にある ホテル日航大阪の32Fで
開催された 涼風真世さんの ディナーショーにでかけました

昼間でもディナーショーです

ランチメニューではなく 中華料理「桃李」のフルコースディナーを
いただいたあとに 涼風さんの 歌とトークを
楽しむという会でした

主催は LAFFOO というボランティア団体です

LAFFO とは Let's Act For the Future Of Ourselves の頭文字です

アジアの学校にもいけないような地域に住む
子供たちに教育と生活の向上を支援する活動をしているとのことでした

主な活動は ベトナムとネパールだということで
ネパールのへき地の教育事情がわるく また カースト制の影響で
読み書きのできない大人もまだまだいる国情を以前から
聞いていましたので そういう地域への支援の助けになるのは
私にとっても うれしいことだと思い参加しました

加えて 塚ファンの私にとっては
涼風真世さんは 永遠の妖精的存在ですので 楽しみでした

外は台風通過でしたが 会場は ドレスアップした
女性が 200人以上でした

a0084343_14452612.jpg


涼風さんは おいくつになられたのでしょうか?

ほんとうに 可愛くキュートでびっくりでした

ご本人は 妖精パックの役で宝塚でトップデビューされましたが
今は 妖精ならぬ「妖怪」と言われていますと お話されましたが
あの 若さと可愛さは やっぱり 妖怪なみでした

日航ホテルにあるレストラン「桃李」の料理長さんが
この日のために作られた特別メニューの説明もしてくださいました

a0084343_14454465.jpg


桃李オリジナルのフルーツ豆板醤を蒸しパンにつけて
食べると美味しかったので 会場で売っていましたのでつられて購入!

お料理はどれも素晴らしく お腹がいっぱいになり
コーヒーとデザートをいただいていると 会場が暗くなり
涼風さんが 登場でした

なつかしい宝塚時代の曲や 退団されたあとに
様々な舞台で主演を務められたミュージカルナンバーもあって
14曲の熱唱で 満足でした

32Fから窓の外をみると 外は雨で真っ白で
台風が通過し 暴風雨警報がでているのに 会場は別世界でした

会場では 東日本大震災への義援金箱もまわってきましたので
少しだけ協力させていただきました

参加費(15000円)の中から必要経費を引いた分がおそらく
チャリティ基金となって アジアの子供たちを支援する活動に回るようです

この日だけで 昼の部 夜の部で 400人以上の参加ですから
芸能人に出演いただいて人を集める この方法は かなり効率のよい方法だと思いました

さて この会場で私は 「すずかぜ まよ」とプリントされた
可愛いウサギ柄の日本手ぬぐいを買い求めました

家へかって 広げてみると 手ぬぐいの端はきりっぱなしでした

このまま手ぬぐいとして使うと 洗濯すれば 端から糸がほどけて
ダメになると思いましたので 久しぶりにミシンで端を縫おうかと・・・

でも せっかくですから~

可愛いウサギ柄ですので 巾着袋をつくることにしました!! 

a0084343_14462455.jpg


簡単に縫い合わせただけですが ヒモ通し部分を白いサラシ布を
中につけて 手ぬぐいには ハサミをいれないようにしました

a0084343_144640100.jpg


a0084343_1446571.jpg


ヒモ通し部分ができれば あとは 底を縫って完成です
家にあった ピンクのヒモと金具をつけると可愛くなりました

a0084343_14531994.jpg


涼風さんオリジナルの日本手ぬぐいでつくった
巾着袋に下着をいれて どこかへ旅行したいものですが
当分は忙しくて無理ですので ポケットティッシュ入れにでもつかうつもりです

沢山のポケットティッシュがはいりそうです!!
[PR]
by banban0501 | 2012-10-03 21:24 | カバン作り | Comments(18)

・・・・TOPに戻る・・・・
2011年 10月 06日
底にタックのあるバッグつくり
久しぶりにミシン仕事をしました

私がミシン仕事が好きなのをしっている友達から
沢山の素敵な布をいただいたのが 昨年の11月!

恐縮している私に 変わったデザインの50㎝丈の布を渡し 
「この布で いつでも なんでも 簡単なもので いいから
 お任せで 気がむいたときに」とバッグつくりを頼まれました

彼女なりの気遣いでした

いいデザインが決まらないのと 
週に2回ほどの 実家通いで すっかり時間が
なくなり ミシンを眺めてばかりで日が過ぎていって
布をいただいてから 1年ちかくたってしまいました

1年も バッグにしてね!と預かっていた布はこんな布でした
a0084343_9271293.jpg

可愛いでしょう~ だから いいデザインで何か一工夫したくおもっていたら
1年もたってしまった!!

ようやく 母のこともちょっと落ち着き ディサービスにいく日数も増えて
私に時間の余裕ができたので さっそく デザイン探し・・・

以前つくったファスナー開きのバッグ ではなく 最近ジム通いをはじめたというので
なんでも入り肩にもかけられる 大き目の オープン口のバッグにしようと
ネットでいろんなバックをみて 面白いデザインを発見!!

こんな風に出来上がるバックです
a0084343_16343917.jpg

中央6センチのこして 3㎝のタックを左右に2つ 脇にも4センチのタックがあります

底のタックが面白く 出来上がりの形が 可愛いとおもったデザインでした
中袋は 沢山いただいた布の中からチョイスです

普通の四角レッスンバッグをつくるのと要領は同じで マチの変わりにタックをとり
カバン口を切り替えし布で引き締め 持ち手を間に挟むことにしました

タックを入れるという発想を ネットからいただきましたが
つくり方は 自分でかんがえないといけません

布を前に いろいろ考えたり
どうやったら うまくできるか その段取りを考えるのが好きです

作り方は こんな感じです
a0084343_16345541.jpg

a0084343_16352899.jpg

布をきって 接着芯をはり ポケットをつけたら準備完了です

あとは 組み立てです
a0084343_16354437.jpg

a0084343_16355980.jpg

表布はここまでの仕上げで 中表で袋状に縫うのは後まわしです

中袋を完成させます
a0084343_16361365.jpg

次に中袋と表布のカバン口を合わせ縫ってしまいます
a0084343_16362793.jpg

いよいよ最後に表布の周囲を縫いますが 接着芯が張り付いた表布は
重ねると厚くなって扱いにくいですので くれぐれもミシンは急がずゆっくりかけましょう
a0084343_16364564.jpg

中袋につくっておいた返し口から 全体をひっくりかえし 
カバン口の周囲にステッチをかけたら出来上がりです
a0084343_1637778.jpg

出来上がりサイズは 高さ40㎝ 幅40㎝ と少し大きめ 持ち手は40㎝です
型紙もいりませんが 底の角には 少しカーブをつけて裁断しました
(3枚目の「用意した布」の写真のような感じです)

小さなサイズのバッグにする時には 表布の接着芯はいりませんし
素材によっては なくても大丈夫で より簡単につくれます

取りかかれば たった二日でできるのに・・・・・

長いことまってくれた お友達が 喜んでくれたのは
いうまでも ありません

これからは いただいた布で 自分のものをつくる時間もあるでしょう~

その時の参考に ブログで記録です
[PR]
by banban0501 | 2011-10-06 07:09 | カバン作り | Comments(24)

・・・・TOPに戻る・・・・
2010年 08月 19日
ファスナーポーチ と 旅行用衣類ケース
毎日 どうしてこんなに暑いのか 不思議なくらいです
こんなときは 好きなことをしているのが一番ですので
チクチクしてみました

さて ちょっと前までファスナーつけは難しいとおもっていた私が
ファスナー開きのカバンをつくって以来 
苦手意識がなくなりました

それは とても丁寧につけ方の説明をしてくださっていた
ブログを発見し 勇気をだしてtryしたおかげです

そして もう一つの簡単だと思えるようになった原因は
今のファスナーは素材が昔とはちがい とても扱いやすくなっているからです
ミシンの針にあたってミシンを傷めてしまうファスナー止め部分も
ファスナー部分も柔らかい素材でつくってありますので針を折る心配もなく
そのまま縫えてしまいます(これはちょっと強引かもですが・・大丈夫)
それで 最近は
なにかあれば ファスナーつけをしています

順序を踏めば かんたんな作業だとわかり
以前「ファスナーポーチ」のつくり方を 紹介したことがあります
それをみた ままるさんが また違う縫い方でファスナーポーチを
つくられたのをみて わ~すごい!!っておもったのが この写真です

そのままるさんのブログから写真をおかりしました
a0084343_18105186.jpg

違った縫い方というのは マチを取る位置を変えるという意味です

はじめ この写真をみたときに どうやってマチをとっているのか
不思議でしたが 眺めているうちに ピンポーン!!

このようにネットでつながった いろんな方のブログから いつも いいヒントを
いただいたり 教えていただいたりして 私のミシン仕事も日々進歩です

さっそく真似してみました
私自身が作り方をわすれないために
(時間がたつと本当に忘れて自分で自分のブログを確認することいっぱいです)
いつもの通りブログで記録です!
a0084343_18113733.jpg

マチの位置が上下でなく左右となります
a0084343_18122558.jpg

同じ大きさの布でつくった二つのポーチ 
入る量は 同じですが 雰囲気が少し違います
a0084343_18142030.jpg

どちらも いい感じです

このシースルーの素材がきにいっていますので
トートバッグも以前つくりましたが
今日はファスナーポーチの応用で 旅行の時の 衣類の整理袋も作ってみました
マチもなにもつけないで ただ ファスナーをつけただけですが
衣類をたたんだ状態で並べていれられ そして これが
スーツケースの中にいれた ごちゃごちゃしたしたものの
上に置くと その下のものを隠す ふた代わりにもなって便利だと思い
近々 旅行にいく予定をくみましたので さっそく作ってみました

シースルーにするためにポリエステルオーガンジーをつかい
しっかりさせるためにハードチュールも重ねていますから
形が崩れず しっかりしています

そして 何がはいっているかも一目瞭然で便利です 
a0084343_18222378.jpg

色違い サイズ違いでも~
手持ちのスーツケースの大きさに合わせて いろんなサイズがあるとより便利です
a0084343_20335457.jpg

これを スーツケースにいれて9月に初めての娘と二人の個人旅行の予定です


追記

旅行用の衣類袋に便利な 日本手ぬぐいでつくった
巾着袋の作り方 は ここ をみてください
[PR]
by banban0501 | 2010-08-19 21:20 | カバン作り | Comments(16)

・・・・TOPに戻る・・・・
2010年 05月 30日
ファスナーポーチの作り方
可愛いひまわり柄の端切れをみつけましたので
ファスナーポーチを作ってみました
32㎝×24㎝のひまわり柄の表布とおなじ大きさの黄無地の中布を
ファスナー(20㎝)に しつけ糸でつけてから ミシンをかけます
a0084343_1846610.jpg

ファスナーがついたら 下の写真の状態(裏側)にして 
表への折り返し口だけ残して 両サイドにミシンをかけます
a0084343_18462642.jpg

上の写真 右のように ひっくりかえせば これでも完成ですが
もう一工夫したいので ひっくり返す前の状態へもどします
a0084343_18465710.jpg

ファスナー口と底にマチをつける作業が大変ですが 
この後は 返し口から 表にかえせば 出来上がりです
(マチ作りの詳しいことは ここ をクリックしてください)

ファスナーのかみ合わせ部分が今回は金属ですので ミシンをかける時に注意です
(普通のテトロンファスナーなら そのままつづきでミシンをかけても大丈夫です)
a0084343_10232193.jpg

ファスナー口にマチをつけるひと手間でお洒落になって
中袋の 仕上がりも とても綺麗になります
a0084343_7132688.jpg

シースルーバッグの素材の ハードチュールとポリエステルオーガンジーでも
ファスナーポーチをつくってみました
a0084343_18473749.jpg

このファスナー部分と底のマチは表にひっくり返した後 中側から作り
ロックミシンで始末しました

同じ形でロックミシンで仕上げて もっと簡単につくりたいときの詳しい作り方は 
ここ を参考にしてください  
a0084343_18475658.jpg

もっと簡単にしたい時は ファスナー部分にマチをつけないでしあげます
a0084343_7143580.jpg

シースルーポーチは 中身がみえて バッグの中で重宝します
ひまわり柄は これからの季節にぴったりです
a0084343_18481151.jpg

自分の好きな素材と柄で作るファスナーポーチ 案外簡単です

ファスナーをつけること 始めは、難しいっておもいがちですが
案外 簡単です
ミシンの押さえも ファスナー専用のものがありますから
これをつかえば ファスナーの金具 ギリギリの位置までミシンがかけられます

でも そこまで しないときは 専用押さえは 使わなくても大丈夫です

ファスナーを隠したい時は 表布をファスナーにつけた後 ファスナーが
隠れるように 表布をおりかえして 押さえミシンをするとよいでしょう
スカートのファスナーつけと同じやり方です

ファスナーが隠れる付け方で ファスナー開きの枕カバーもつくりました
座布団カバーやクッションカバーも同じ要領でつくれます

大きなバッグでファスナーつきを作りたい時は 見返し布を 同じ要領で作ると
ファスナー開きのカバンも簡単です

ファスナーなしで レッスンバッグをつくる要領でできる
ちょっと 変わったバッグの つくりかたは ここ を参考にしてください

オーガンジーとハードチュールの組みあわせでつくる
シースルーバッグの 詳しいつくりかたは ここ をクリックです

ファスナーと仲良く チクチク生活 してみてください

なんでも記録のブログです
参考になりましたら うれしいです

カテゴリからも いろいろな記録 興味がありましたら どうぞ です
[PR]
by banban0501 | 2010-05-30 13:50 | カバン作り | Comments(22)

・・・・TOPに戻る・・・・
2010年 05月 30日
ファスナーポーチの詳しい作り方
より詳しい簡単ファスナーポーチの作りかたです
a0084343_13424671.jpg
a0084343_13432168.jpg

もう一度裏に反して・・・一工夫です
底とファスナー部分にマチをつけます

底だけのマチの作り方は 脇線の縫い目線が真ん中になるように
脇をひろげる おり方だけでいいですが
底とファスナー両方のマチをつける時は すべてが平行になるよう気をつけます

そのためマチの位置を決めるために あらかじめ 下の写真の作業をしておくと
出来上がったときにポーチがゆがまなくて綺麗です
a0084343_964560.jpg

位置がきまったら ミシンをかけます
マチの型紙をつくっておくと 同じ大きさのマチができます
a0084343_13433913.jpg

もう一工夫して ファスナーを開けやすくしましょう
a0084343_13435961.jpg

この紐は ファスナー部分のマチにミシンをかける時に挟みこんでおくのが
一番いいですが きちんとマチの位置が ととのってから
縫い目をほどいていれて 縫いなおした方が いがんだりしなくていいです
a0084343_13442314.jpg

結果的には 20㎝のファスナーを両端で切ってしまいますので
できがあがりの ファスナー口は 15㎝ぐらいになります
[PR]
by banban0501 | 2010-05-30 13:44 | カバン作り

・・・・TOPに戻る・・・・
2010年 05月 20日
シースルーバッグ作りと保険証・パスポートケース
先日 元気ばばさんのブログでみた 保険証入れの作り方が
とても気になって コメントをいれましたら
ご丁寧にも 作り方を 教えてくださるといって
写真を送っていただきました

その写真を参考に さっそく トライです
a0084343_1448106.jpg

写真だけをみていると いったい どうなるのか まったくわかりませんでしたが
とにかく 書かれた通りに ダブル幅の布を
(90センチだと短いので 途中で色を変えてつないで93センチにするといいです)
18㎝×93センチにして折って ミシンをかけました
a0084343_14514266.jpg

両脇をぬって ひっくり返すだけで 蓋のあるケースができあがりです
a0084343_14525322.jpg

元気ばばさんは 保険証いれとして使われていますが
私の保険証は カードタイプなので パスポート入れにぴったりとなりました

海外旅行では パスポートに搭乗券や入国審査書類などをはさんで
いましたが このケースには いろいろいれられ便利につかえそうです

元気ばばさん!! 不思議なケースの作り方 教えていただいて感謝です~

保険証ケースの魔法のような作り方 トライする価値ありです!

さて 大切なパスポート以外に
私が海外旅行にいくときには 必ずもっていくバッグがあります

私がシースルーバッグと呼んでいる オリジナルバッグです
随分昔に娘にシースルーのバッグを作って欲しいとたのまれて作ったのが最初

シースルーにするということで
どんな生地でつくるか 悩んだ末 
おおよそバッグの素材には ならない ハードチュール
ポリエステルのオーガンジーをつかいました

どちらもブライダルベールに使われる素材です

オーガンジーをつかうことで シースルーで光沢のある表になり
ハードチュールを裏布として重ねることで 強度がつきます

ポリエステルのオーガンジーもハードチュールも1m300円~400円
今回は型紙分の42㎝×80㎝ で 残った部分で持ち手もつくります
a0084343_1623227.jpg

a0084343_1681161.jpg

ここまでは 普通にカバンをつくるのとかわりありません
でも 袋の口に カバンの持ち手としてよく使われる
綿テープをいれると カバン口がしっかりし全体が丈夫になります
綿テープは ハードではなくソフトタイプのものが扱いやすいです 
a0084343_1682736.jpg

a0084343_1684783.jpg

ロットボタンというものが手芸品店にありますので 是非
いろんなカバンつくりにつかってみてください(セット売りでボタン1個100円程度)
a0084343_212938.jpg

これ一つでうんと お洒落にしあがります

元気ばばさんに教えていただいた保険証ケースを応用してケースも!
a0084343_1694575.jpg

今までつくったバッグの端切れのハードチュールを寄せ集めて
タワシもつくってみました

このシースルーバッグの中に 海外旅行の道中の地図やパンフをいれて歩き
大きなものは 帰りの お土産をいれて 手荷物をつくるときに大活躍しました

とにかく 軽いのに強いので いろんな使い方ができます

お友達に差し上げたら すっかり気に入ってくれたので
作り方を教えてあげましたら
彼女も 同じものをつくって このバッグを友達にあげたとか・・・

私のオリジナルですが よかったら だれでも
どんどんトライしてもらいたいとおもっています

シースルーでお洒落なので 紙袋代わりに 普段でもつかえますよ058.gif058.gif

同じ素材をつかって ファスナーポーチもつくりました

このバッグは ロットボタンで 閉めることができますが
ファスナーが あれば もっと安心ですね

キャンパス生地でつくる ファスナーつきバッグも以前つくったことがあります

参考になさりたい時は ここ をクリックして みてくだい!!
[PR]
by banban0501 | 2010-05-20 06:28 | カバン作り | Comments(20)

・・・・TOPに戻る・・・・
2009年 03月 05日
ファスナー開きのカバン 作り方
このブログのエキサイトのアクセス解析をみると 
「カバンつくり」 「ファスナーつけ」などのキーワードでも
アクセスをしてくださっているのが わかります

それで 毎度 同じカバンで恐縮ですが
また 作ってみましたので こんどは もっと詳しい説明ができろように写真をとって
初心者の方むけのカバンつくりのポイントを整理してみました

上手に手作りされるかたが 他にもうんとおられますから
恥ずかしい作品ではありますが
私が カバン作りで わからないことがあったときにも
ネットで検索したら 丁寧に解説してくださっていたサイトなどが
あって とても助かりましたので 私も カバン作り初心者の方の参考になればと
願っています

まず カバンつくりに大切なのは 丈夫な生地を使うということです
カバンは手にもったりして 服との摩擦が案外あるものですから
織の丈夫なものが カバンの生地には適しています

なので生地はやはり厚めのキャンパス生地か 
厚手で 柄が いろいろある カーテン生地がよいでしょう
生地選びは とても大切です
気に入った生地でつくると 長く 使う気持ちになれます

今回 使ったのは フランス製の帆布です
これは 日本では グラムスという会社が輸入し 
販売しているレ・トワール・デュ・ソレイユの製品です
今 とても 気に入っている生地です

カラフルなストライブ柄のしっかりした布でカバンに最適です

このような生地が手にはいらなくても 
普通の生地屋さんで手にはいるキャンパス生地に接着芯をはれば それでもOKです

なので 今回つくるカバンも半分は グラムスのキャンパス地と半分は黒のキャンパス地です
黒のキャンパス地には 接着芯をはっておきます

他にも 芯地をはっておいたほうがいいものがありますので
材料の準備は こんな感じでしておきます

表布のメインのストライブの布は 42×22センチが2枚
黒のキャンパス生地は42×32センチで作ると できあがり寸法が
横 38㎝ 高さ29センチ 底のまち8㎝で 
A4サイズの本が横に入るカバンができますが 使用目的によって
どれぐらいの大きさがいいか 長方形の型紙をつくってみて
布の組み合わせなど自由にアレンジしてください
a0084343_13373063.jpg

一番最初にするのは 中袋のポケットつけです
手作りカバンの一番いいところは 自分の使い勝手のいいように作れる点ですから
中袋のポケットの大きさや数は 自分好みでつくりましょう

接着芯をはった貼り付けポケットをまずつくります

このポケットも 出し入れをする度に布が痛まないように裏地がいりますので
表布と裏布を中表にぬって 角は切り落とし ひっくり返しましょう
a0084343_13513354.jpg

もう片面にも ポケットをつくりますが これは やわらかい布一枚のままでOKですが
つける時は さかさま位置から つけ 折り返して 3つぐらいに仕切りましょう

私は2台の携帯をいれる しっかりした貼り付けポケットと
こまごましたものが すぐに取り出せる3つに仕切ったポケットを
カバンの中袋片面全部につくりました
a0084343_135417.jpg


さて 中袋のポケットができたら ここへファスナーをつけます
カバンの口は 広い方が出し入れはしやすいですが
開いたままでは 不用心ですので やはりファスナーがあると便利です
しかも マチをつけて 広さを出すと もっと便利に使えます
今回のマチの見返し布は 2センチ幅ですので ファスナーの幅を+して
カバン口には 6センチの幅があります
ファスナーのマチの見返し布の付け方は前回前々回を参考にしてください
必ず カバンの幅よりも 両端が
カバンのマチ分(片側3センチ)小さくなる大きさにつくりましょう
a0084343_1356819.jpg

芯地を貼った中袋の見返し布は 中袋と同じ幅ですが マチのついたファスナーは
それよりも小さいですので 真ん中の位置になるように 待ち針か しつけ糸で固定して
中袋の見返し ファスナー見返し 中袋 の3枚を一度にミシンをかけます

こうして中袋に片側のファスナー見返しと 中袋見返しがついたら
反対側を縫いますが このとき 左右の端を合わせてみて ずれがあるようでしたら
中袋見返しのサイドの出来上がり線を 調節しなおしておきましょう
a0084343_13563527.jpg

布の重なりがありますので ミシンのスピードはゆっくりにしましょう
早く動かすと 針がまがり ミシンが傷む原因となります
a0084343_1356551.jpg

オープンファスナーを使うと 上の写真のように 広げることができ
表布と縫い合わせるときに 作業が非常に楽になります

ここまで できたら あとは 簡単!

表布にまず 持ち手のベルトをつけます
ベルトは だいたい 87㎝~89㎝の長さがあると肩にも下げられるようになります
ベルトの素材はいろいろありますが ナイロン素材のベルトの方が しっかり仕上がります
a0084343_13582759.jpg

最後にカバンの口全体に押さえミシンをしますので 必ずベルトの縫いどまりは
端から 3センチほど控えておきましょう
そして 接着芯をはった 黒のキャンパス地と ベルトをつけた布を合わせて縫い
黒のキャンパス生地側に縫い代を倒して 押さえミシンをしておきましょう
a0084343_140714.jpg

表布と中袋は まず カバン口の部分を先に中表に縫い合わせます
この時 脇線と 綺麗にあわさるかどうか 確認しておきましょう
a0084343_1412222.jpg

カバン口をぬった後は 上の写真のように 
こんどは 中袋どうし 表布どうしというように合わせ方をかえます

こうして合わさった 表布と 中袋布の両端を 中表でぬいますが
針目を 少し細かくするとカバンが丈夫になります
そして 何枚もの布の重なりのある部分がありますので そこは必ず一針ずつ進みましょう
 
片側の中袋には 10センチ以上の縫い残しをし 
返し口をつくっておくことも忘れないでください

下の写真は 脇をぬったあとに する作業ですが
カバン口の脇になる 縫い代は とても沢山の厚い生地が重なりますので
縫い代を開いて 接着芯を外して 少しでも 薄くするようにします
a0084343_1414120.jpg

最後に中袋 表布の底に 8㎝のマチをつくるためにミシンをします
ここまで できたら 返し口から 表へかえします

返し口から 表に反したあとも カバン口の脇の縫い代を開いた状態にしたまま合わせ
できるだけ 厚みをなくしておいて 最後に カバン口全体に 押さえミシンをします
この押さえミシンの時に とくに 脇は ミシンの送りも 難しくなりますので
一針ずつ縫い 押さえをあげて 布を自分で おくるようにして
ミシンに負担をかけないように することが 家庭用ミシンでするカバン作りには
大切な 注意ですので 細心の注意をはらうようにしましょう

最後のカバン口の押さえミシンの時には 
ベルトも 一緒にぬっておくと カバンの使い勝手がよくなります
a0084343_1425785.jpg

中袋の返し口を手でまつり 
いらなくなった プラスチックファイルを底の大きさに合わせてきって
底板にして あまった布で 袋をつくって 底板をいれれば よりしっかりします
a0084343_143217.jpg

出来上がった 3つのカバンは
以前つくったカバンをみて 「つくって!」と所望された
実家の 母や 姉や 妹にプレゼントしました!!

重宝してくれると いいのですが・・・・・

同じ素材でファスナー開きのショルダーバックも以前つくりました
ショルダータイプは 旅行に便利ですね

さて 同じカバンでも 紙袋がわりになって
お洒落につかえる シースルーバッグも よくつくります

一度 ここ をクリックして みてください

ファスナー開きではないですが たくさんものが入る
しっかりしたバッグもつくってみましたので ここ をみてください

カバン作り初心者の方の参考になれば うれしいです!
[PR]
by banban0501 | 2009-03-05 22:28 | カバン作り | Comments(8)

・・・・TOPに戻る・・・・
2008年 12月 24日
カバン作りも 「DO IT YOURSELF」 です
タイ旅行に行く前に 旅行に便利なカバンを 作りましたので
そのご紹介です

ファスナーつきカバンは 旅行の時には より安全を約束してくれます
できたら もう一つ 欲しいな・・・ということで作ったDIYです

前回紹介したファスナー開きのショルダーバッグの材料で 
もう 二つ 違ったタイプのファスナーつきカバンをつくりました

もう一度 見返し布をつけるファスナーの付け方の紹介も!
だんだん 手慣れてきますから DIYは やればやるほど腕があがります

カバンの口に直接ファスナーをつける方法よりも この方がきれいで
カバンの口が広くなって使いやすくて なれるとこちらの方が簡単です
a0084343_1125562.jpg

上の上段の右写真のような状態にファスナーをするために
ファスナーの余分な金具はエンド・ニッパがあれば家で外せますし
長さがきまっていれば手芸用品店でも 外してくれますよ~
それもダメなときは 金具のある部分だけ上手に切り取るといいですよ!
しかし その時でも
ファスナー止まりの金具は 手芸屋さんで 忘れずにいただきましょう
ペンチで簡単に止められます!

両方のファスナー見返し布がついたら 押さえミシンをしておきましょう

このファスナーの見返し布は 上の写真のように角をまるくつくるよりも
直角にしてしまうほうが 片側をつけるときに 両方の位置がそろえやすいです
しかし この場合 角部分に押さえミシンをあとでする時に布が重なりますので
家庭用ミシンは一針一針ゆっくり進んでいかなければなりません

ファスナーのついた見返し布ができたら これを 中袋につける作業です
a0084343_1161117.jpg

オープンファスナーを使うと ファスナーが分かれますので
カバンにするための組み立て作業やミシン作業がとても楽になりますので
お勧めです
a0084343_1152047.jpg

このカバンの組み立て方は 以前 収納棚の紹介記事と
一緒にアップした時のと同じです

さて できあがりは こんな感じです
a0084343_1164576.jpg


このカバンは3種類の持ち方ができます
オープンファスナーですので 腕に抱えてもちたいときには
ショルダーベルトは すべて カバンの中になおしてしまえます

このカバンは 来年1月 出産予定の ピンク大好きさんへの
プレゼントなのです
赤ちゃんを抱っこしながらでも 持つことができるカバンにしました

私にはとても もてないカバンの色です!!

さて まだ材料がありますので 旅行のために もう一つつくってみました
これは できあがりだけ ごらんください!
a0084343_1521013.jpg

前回作ったショルダーとおそろいでつかえますので
旅行の時は 肩からショルダーと腕には このカバンと
飛行機の中への手荷物としましたし 旅行中も 二つのカバンをいつも携帯していました

たった1.4メートルが4500円と高級なフランス製のキャンパス生地と
メーター700円の普通のキャンパス生地やシーチング地 
金具 ベルト などを含めて4000円
合計 8500円ほどで 3つのカバンができました
a0084343_1511259.jpg

一つ 3000円なり なんて 考えるよりも
カバン作りの楽しさの方が まさっています

あれこれ工夫するのが 楽しいのが DIYの極意です

さて もう2008年もあと数日になりました
ブログを初めて 2年半になります

写真を沢山載せることをこころがけて 続けてきました
いろいろな方のブログにも お邪魔して
アドバイスもいただいて 写真の掲載の仕方も 始めのころに比べれば
進化してきましたが まだまだ 学ぶべきことが いっぱいです

また ブログを通じて いろいろ勉強していきたいな~とおもっています
拙いブログではありますが 来年も よろしく お願いいたします!

皆様 よい お年を おむかえくださいませ~
[PR]
by banban0501 | 2008-12-24 09:56 | カバン作り | Comments(10)

・・・・TOPに戻る・・・・
2008年 11月 06日
ファスナー開きのショルダーバッグをつくりました
旅行などにもっていくと便利なショルダーバッグの
口にファスナーがあると旅行先ではより安心です

ファスナーの付け方もいろいろありますが
見返し布があるものをつくってみました

ファスナーは オープンファスナー(40㎝購入)をつかい 
ファスナーを全開にしても 使えるようにしてみました

私にとっては初めての見返し布つきファスナー開きのカバン口の制作でしたので
ネットで いろいろ調べてのトライでした
なので 制作過程をアップしておくこともいつか誰かの役に立つかも?と
おもいましたので ご紹介です

カバンの口の長さに合わせて まずはファスナーの長さをきめ
余分な長さは カットしてしまいます

では 見返し布をファスナーにつける作業です
a0084343_14122764.jpg

a0084343_14211970.jpg

エンド・ニッパで 見返しの中にはいる部分のファスナーの金具を
きれいにとっておかないと ミシンがうまくかかりませんから
かならずこの作業が見返し布をつけるときには 必要です

エンド・ニッパのない時は 外したい金具ぎりぎりの所で
ハサミをいれて 金具部分を外してしまう方法も可能です

このファスナーのついた見返し布を中袋につけて
中袋を完成させ作業にはいります
a0084343_14251377.jpg

a0084343_14253483.jpg

こうして出来上がった中袋の周囲の長さをはかり
それに合わせて 外袋を完成させておきますと たるみなく
中袋と外の表袋が おさまります
a0084343_14274023.jpg

最後の仕上げは カバン口の始末です
接着芯を貼った キャンパス生地のテープ状のものを 
カバン口の長さに合わせてつくります
(このカバンの場合は長さ約80㎝ 幅4㎝プラス 内側への折り返し分です)
これをカバンの口に縫いつけます
a0084343_1431857.jpg

a0084343_14461646.jpg

一番最後に 中袋につけた ショルダー用金具のついたベルト部分を
表からミシンで押さえておくと中袋と表袋とベルト部分が一体となり安定しますが
この部分は沢山の生地が重なりますので家庭用ミシンでは難しいので
私は重なった部分の周囲をファスナーを縫う時につかう「片押さえ」をつかって
ゆっくりゆっくり様子をみながら縫いました
もちろんミシン針は14番をつかいますが やはり重なり部分を縫うことは
家庭用ミシンには負担です

できあがりは こんな感じになりました
a0084343_1435342.jpg


心斎橋にある輸入キャンパス生地のお店で見つけた
格子柄の生地と 普通に手に入るキャンパス生地を組みあわせたこと
初めて 見返しのあるファスナー付けに挑戦した今回のバッグつくりでした

出来上がり寸法は横40㎝ 縦25㎝ カバンの底マチ8㎝
ベルトの長さは 自分の背丈にあわせましたので
たすき掛け用で最大97㎝ ショルダーでは最小57㎝になりました
(制作には市販されているカバン用ベルト1m50㎝必要になります)

小柄な私にとっては自分サイズでつくれるのが 一番うれしいです

カバンやバッグの作り方 自分なりにまとめています

興味のあるかたは
トップ画面カテゴリーからのぞいてみてください
[PR]
by banban0501 | 2008-11-06 12:19 | カバン作り | Comments(10)

・・・・TOPに戻る・・・・