好きな旅行の話や 自分が興味をもったことをアップしています♪ 気になるカテゴリーからもどうぞ!
by banban0501
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索
カテゴリ
全体
始めまして・・ごあいさつ
ケアンズ
南イタリア旅行
NYの思い出アルバム
ニューヨークの思い出
アメリカ ラスベガス・ロス
イギリス・ロンドン
ドイツ・オーストリア話
スペインの思い出
南フランス
タイ 
読んだ本
ベトナム
韓国釜山ソウル
韓国ソウル・春川・水原
中国 上海
中国 杭州と上海再び
中国 北京
中国 麗江
台湾旅行
台湾旅行 再訪
中国 香港
マカオ・香港の旅
チェジュ旅行
奈良 今井町
伊勢・志摩の旅
白浜 南部の旅
北陸 金沢 山中
奥飛騨
松本・安曇野旅行
長崎とハウステンボスの旅
ハウステンボスの旅 二泊三日
八カ岳 リゾナーレ
富士山と日光
東京旅行
豊川 岡崎
箱根旅行
横浜・鎌倉旅行
熱海 三島
名古屋旅行
京都と琵琶湖・浜名湖の旅
クルーズ
京阪神ブラリぶらり
料理・食べ物の話
お金の話
映画
観劇
英会話
DIY 日曜大工 ミシン仕事
カバン作り
こども服
日々の記録・雑感
ちょっと驚いたこと
マイ 美術館
パソコンでお絵かき
パソコンで・・・・
お勉強!
読んだ本
日本語ボランティア

遺品整理
お役立ち情報
仕事関連
リホーム
収納の工夫
親指のトラブル
未分類
最新のコメント
★ はりねずみ ★さま ..
by banban0501 at 11:07
こんばんは 私も昨年、..
by はりねずみ at 21:38
★ anello63 ★..
by banban0501 at 08:48
前から10列目なら良く見..
by anello63 at 00:05
★ sakae2009 ..
by banban0501 at 20:25
★ yasukon20 ..
by banban0501 at 20:22
松茸2回も良かったですね..
by sakae2009 at 20:13
こんばんは! ..
by yasukon20 at 18:59
★ fuchan_k ★..
by banban0501 at 17:38
ご主人様と共通の趣味があ..
by fuchan_k at 17:33
フォロー中のブログ
生きる詩
ニューヨークの遊び方
気まぐれフォト日記
チョコットメモ記
小次郎じじ物語
折々の記
親父の HOBBY
Rabbitjumpの草原
空の見えるベランダから
neige+ 手作りのあ...
ひとこと、ふたこと、みこと
《ニューヨーク直行便 》...
日々の暮らし
~秋色紫陽花と暮らす日々~
本当に幸せなの?
気まぐれ日記
BABAうさぎの奮闘記 ...
ふうちゃん にっき
元気ばばの青春日記 気持...
はあと・ドキドキ・らいふ
OURHOME
やっぱり旅が好き♪
アンダンテのだんだんと中受日記
片付けたくなる部屋づくり
☆FREEDOM☆
さかえのファミリー
その日・その日
ブロ友パソコン相談室
Mrs.和やか in 手帳
無垢のおうちと収納と
FU-KOなまいにち
Linen Style...
IEbiyori
時流れるままに
シンプルで心地いい暮らし
Baabaの徒然に
はりねずみの日記帳
喜びも悲しみも幾年月
『 とっておきのお片付け 』 
元気ばばの青春日記 気持...
WITH LATTICE
ラクからはじまる楽時間♪
ハーバードで奮闘中、日本...
白×グレーの四角いおうち
uri's room* ...
ivory*
クラシノート
片づけで、すっきり暮らし。
ほぼ100均で片付け収納に挑戦
外部リンク
ひとりごと
自称 記録魔
自分のために
記録して残して
おきたいことを
時々 更新です

メールはこちらから
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
more...
タグ
(111)
(72)
(57)
(51)
(38)
(25)
(24)
(22)
(20)
(18)
(17)
(16)
(13)
(13)
(12)
(12)
(12)
(10)
(6)
(5)
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
最新の記事
高橋真梨子さんコンサート &..
at 2017-09-17 16:32
東京美術館巡り
at 2017-09-10 18:54
ホームパーティ & 目のトラ..
at 2017-09-03 10:00
夏の記録いろいろ
at 2017-08-27 19:29
始めてのクルーズ パシフィッ..
at 2017-08-20 10:00
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:奥飛騨( 4 )

・・・・TOPに戻る・・・・
2015年 03月 07日
二回目の奥飛騨旅行 その2
奥飛騨旅行 二日目の記録です

さて さて

友達との旅行は おしゃべりが一番楽しいです

なので このツアーに無料オプションでついている
新穂高ロープウエイご案内は 当日の天気をみて
無理はせず おしゃべりしてゆっくり過ごそうと
始めから考えていました

添乗員さんは 行かれる方は
食事もチェックアウトも済ませて8時ロビーに集合と・・・

でも出発前からの天気予報は 雨でしたので
みんなで御寝坊を決め込みました

翌朝7時に目覚めれば 外は雪

さ~ 朝風呂へで 「山月」の建物の外にある野外露天風呂で
まったりと すごし 朝食です
a0084343_11424979.jpg

朝食の時に窓の外をみれば 雪だけでなく 霧が立ち込めていました

行かなくて大正解!!

もしいったら こんなロープウエイにのって
a0084343_1144548.jpg

お天気に恵まれれば こんな景色が展望台から見えたはず
a0084343_114555100.jpg

遠くに槍ヶ岳もみえるのです
a0084343_11462733.jpg

という写真は 前回の奥飛騨旅行の時に撮影したものです

いい天気で 秋の山々の晴らしい眺めでした

後で添乗員さんに確認したら 霧のせいで 山の稜線がなんとか
わかる程度で 山の上は雲に覆われていたそうです

行かれた方々が 展望台で(マイナス気温)寒い思いをされていた間
私たちは コーヒータイムをしたり 掘りごたつで
テレビをみながら 延々とおしゃべりでした

11時にツアーが出発

これからバスで向かうのは 平湯大滝のある公園です

標高が更に上がったのか 雪が深くなって・・・
a0084343_11525868.jpg

雪道には適していない普通のブーツの足元に気をつけながら 進みますと
平湯大滝の 観瀑台にとうちゃこです

わずかに流れる滝の一部がありましたが ほとんどは凍っています

でも いい眺めでしたので 記念撮影です
a0084343_11554856.jpg

ネットで夏場の写真を探してみると・・・
a0084343_1215738.jpg

今の季節は こんな感じです
a0084343_1223187.jpg

行きは歩きましたが帰りは 坂道を下るので用心して
滝と公園入口までを往復するシャトルバス(100円)にのりました

こんなに雪が深いとは 予想もしてなかったので
たっぷりの雪を楽しめて とても満足でした

2月末から3月初めという季節は 雪景色を
楽しむとしたら寒すぎないので ちょっとお薦めだな・・・と思いました

次にバスに乗って向かったのが「高山祭の森」??って何?

いってみれば これはお土産物屋さんでした!!

このツアー唯一の 土産物屋さん

でも目的は ここでランチを食べること
a0084343_129354.jpg

またまた 飛騨牛を美味しくいただけて ラッキー

入館料1000円の 祭りの山車をみる博物館はパスで
土産ものは もう買わず コーヒーを飲んで 出発時間をまちました

あとは 高山駅へむかい 電車に乗るだけです

高山駅は建て替えのため駅舎が無くなり プレハブの待合室は大混雑
a0084343_121239.jpg

帰りも新幹線は グリーン車で こちらの方が新しい車両でより快適でした
a0084343_11174476.jpg

そして 行くとき私が その様変わりに びっくりして待ち合わせ場所が
わからなくなった 新大阪駅を観察すると・・・
a0084343_11191091.jpg

改札内で休憩するお店ができているのが うれしいな・・と

というのも 名古屋駅で1時間の時間調整がありましたが
名古屋駅の新幹線改札内は 座るところもない

なので ずっと通路でたったまま
 
ひだ号も こだま号も車内販売がないってのもびっくりで
名古屋駅で待ち時間に 夕食の弁当調達でした

6時49分名古屋発で新大阪着は 8時 

なので お早い帰宅でした

寒いときの旅行だからこその このツアーのお値段は
往復新幹線グリーン車 高山本線 特急ひだ号 バス送迎 
ランクアップ(5000円)の宿泊と夕食・朝食がついて
4名~5名一室お一人様30900円(税込)でした

平日出発だと24900円

ランクアップじゃない場合はさらに5000円オフです

お弁当やランチ代は自腹ですが 
無駄なお土産屋さんへ途中下車もなくて 満足でした

お土産も いろいろ買いましたが・・・
a0084343_1217452.jpg
 
今回のお土産のヒットは 栃の実せんべい 
a0084343_130647.jpg

素朴で美味しい!!

山椒は ちりめん山椒を作るのに使うつもり

高山の町でみつけた 珍しい切り干し大根で
a0084343_12184695.jpg

お土産も役立つものばかりがチョイスできて よかったかな~

このメンバーと 前にいったのは 八が岳となばなの里
次回は 2年後に またね!と計画です

みんな元気に 過ごせますよ~に と願わずにはおれません
a0084343_1223112.gif

[PR]
by banban0501 | 2015-03-07 12:23 | 奥飛騨 | Comments(32)

・・・・TOPに戻る・・・・
2015年 03月 04日
2回目の奥飛騨旅行 その1
先週の土日に2回目の奥飛騨旅行にいってきました

前回は 一人参加の 簡保旅行の団体旅行
今回は 友達とクラブツーリズムのパックに参加でした

ランクアッププラン 往復新幹線グリーン車&ワイドビューひだ利用
穂高荘 山月 癒しの冬旅 2日間

という長いタイトル

パンフをしっかりみていなかった私は
旅行社の新大阪駅集合場所(コンビニの前)と時間(9時10分)を間違えて!!
友達から電話をもらうドジを踏みました(泣)

団体旅行の新幹線チケットは添乗員がもっていますので
入場券を購入して新幹線改札へはいり
新幹線ホームでまってみなさんと合流でした(笑)

タイトル通り グリーン車 うれしいな~(実は初乗車)

名古屋まではあっという間で お弁当を買って
在来線エリアから 高山本線へ

いまじゃ当たり前の窓だとおもうサイズのワイドビューひだ号に乗車
a0084343_11384938.jpg

お弁当や持ち寄ったおやつを食べながら5人でおしゃべり

私一人ビールを飲んでました!!

車窓の眺めは2時間の間にずいぶんかわり雪がみえて・・・
a0084343_114515.jpg

プレハブ駅舎の高山駅にとうちゃこです

高山駅前から バスにのって高山市内国分寺町にある
今夜の宿 穂高荘グループのホテル「山の庵」へ
ここにバスが停車で 徒歩で 景観保存地区へ向かいました
a0084343_11483254.jpg

保存地区の入り口で添乗員さんに1時間後バスに集合って言われて
ひえ~ って感じで おお大急ぎで 散策です
a0084343_115267.jpg

どんどん奥へあるきましたが・・・

途中で 漆器をみたり 団子をかったり 酒屋へはいって 試飲したり 
a0084343_11542859.jpg

お土産ものもゲットして 高山陣屋までいって中には入らず記念撮影
a0084343_1219135.jpg

なんとか1時間後 バスに戻ってこれました

ここからは 奥飛騨温泉郷へ1時間のお眠りタイム
a0084343_11545598.jpg

目覚めるとホテル到着でした
5000円でランクアッププランの私たちを含む12人は 「山月」で下車
残り28人は さらに上にある山のホテルへ

築17年のホテルは もっと古い感じを演出する作りで
照明がわざと暗くしてあって レトロな雰囲気です
a0084343_115917.jpg

館内の調度品もレトロで 季節のしつらえは お雛様
a0084343_12302712.jpg

雛飾りが どの階のエレベーターホールにもあって 楽しかったです

さて ランクアップのお部屋は~
a0084343_1231074.jpg

送迎車で山のホテルにある露天風呂にいったころは もう夕闇で
夕食は7時から ホテルのダイニングルームでいただきました
a0084343_125183.jpg

夕食後に ホテル内の温泉にはいって これで2度目

明日の朝 3度目に 山月の露天風呂へはいることにしました

このホテル ホテル内の温泉と露天風呂の他にも
建物の外に4つの野外露天風呂があるのです

どちらのホテルの宿泊でも利用できますが
さずがに 全部は 廻れません

外へでても 身体がぬくもって 少しも寒くならないのは
やっぱり温泉の効果だね~

なんていいながら お部屋の掘りごたつを囲んで 夜遅くまでおしゃべりでした

翌日の記録は また次回です
a0084343_122726100.gif

[PR]
by banban0501 | 2015-03-04 12:33 | 奥飛騨 | Comments(16)

・・・・TOPに戻る・・・・
2009年 11月 09日
奥飛騨 新穂高ロープウエイ 飛騨高山
今回のかんぽ旅行はゆったりスケジュールですので
メインである新穂高ロープウエイはホテルからバスで20分ほどで到着です

しかし紅葉シーズン(10月末)ですので 
ロープウエイの混雑が予想されるとのことで 朝 8時すぎに出発です

このロープウエイは 穂高連峰の中の西穂高岳にあるものです
ここから穂高岳への岐阜県側からのアクセスを担う人もいて
観光客だけでなく 本格的な登山姿の人もこれを利用されます

第1ロープウェイと第2ロープウェイがあって乗り継ぎをします

第2ロープウェイは日本初の二階建て構造のゴンドラで 一気に120名の人を
845mの高低差を7分で 引き上げてくれるすぐれものです

しかし 第1ロープウエイの定員は45名で 20分間隔で運転されますので
最初の第1ロープウエイに乗る人が 長い行列をつくることになるわけです

私たちもすぐには乗ることができず しばらく列をつくらなければなりませんでした

第1ロープウェイは新穂高温泉駅 から 鍋平高原駅までの
全長 573m ・高低差 188m を約 3分で登ります

鍋平高原駅から第2ロープウエイの しらかば平駅駅は目と鼻の先です
ここには 昔 スキー場もあったそうです

しらかば平駅から 終点の西穂高口駅までは全長 2,598m で
高低差 848mを約7分 で登ります

かなりのスピードです

1970年(昭和45年)7月に 開通した古いロープウエイですが
平成10年に珍しい2階建てゴンドラを導入し平成15年にも
第1区線のゴンドラをリニューアルしましたので ゴンドラは新しく綺麗です

まずは第一ロープウエイです
a0084343_1564746.jpg

そして 第二ロープウエイの2階建てゴンドラに乗りました
a0084343_1574254.jpg

ゴンドラから山々の紅葉を撮りましたが ゴンドラの窓のフィルムで
ちょっと ぼやけた感じになってしまいました
a0084343_1583315.jpg

展望台からすぐの山々は標高2000m級で その後ろに3000m級の山々がみえます
a0084343_1595528.jpg

周囲の山々に雪が積もっても 雪も積もることもできない険しさの槍が岳の姿を
この日は お天気がよくて はっきりと見ることができました
(槍が岳は大きな写真の方のとんがった山・小さな写真は笠ヶ岳あたりの峰々です)
a0084343_15103094.jpg

この新穂高ロープウエイは実は岐阜県高山市にありますので
飛騨高山の街にも 近いですから 帰りは 高山にもよりました

高山市の中心部は江戸時代以来の城下町・商家町の姿が保全されていて
その雰囲気は 京都と似ています
なので「飛騨の小京都」と呼ばれています

ウイークディでしたが 通りには たくさんの観光客が・・・
お昼をすぎていましたので 有名な宮川朝市は もう 終わっていて 少し残念

古い街並みを ぶらりあるくことにしました
造り酒屋さんの古い建物が目立ち ちょっと 一杯ってことも
どうやら 可能のようですが 民芸品を売る お店の方が 気になります
a0084343_15112684.jpg

布で作られた 果物や お野菜や 魚が とても 可愛かったので ちょっと パチリです
a0084343_15174545.jpg

春と秋には 高山祭りというのが あるそうで 京都の祇園祭りでみるような
大きな 山車が 町をまわり 飛騨の山奥で 京都を感じることができそうです

ガーデンホテル焼岳の混浴露天風呂の周りの見事な紅葉を
楽しみながら 大自然の中のお風呂を楽しみ 雄大な北アルプスもみれて最高でした

美味しい料理と 温泉と 絶景 旅は こうでなくては!!

姑さんのピンチヒッターの今回の旅行 満足でしたので感謝です!
[PR]
by banban0501 | 2009-11-09 06:50 | 奥飛騨 | Comments(23)

・・・・TOPに戻る・・・・
2009年 11月 04日
紅葉スポット 奥飛騨へ 
郵便局の団体加入の簡易保険の掛け金に対する利子分を旅行に充てるという
かんぽの旅行に参加しました

目的地は 奥飛騨です

同居の姑さんの保険ですが 都合が悪くいけないというので
私が代理参加です

金沢に続いて 旅行続きになりました
今回は紅葉と日本のアルプス並みの絶景をみるのが目的です

旅行会社の格安ツアーとは違い 土産物店につれていかれることもなく
お料理もとても豪華で 年寄りが多い旅行でしたので行程もゆっくりでした

なので 大阪を朝7時半に出発して 2回もトイレ休憩をとっても
10時半には岐阜県美濃加茂市にある
日本昭和村というところにつきました

日本昭和村は本当の村ではなく 昭和をイメージしたテーマパークです
明治村は有名ですが 昭和村って聞いたこともなかったです(笑)

今の季節は中央にあるコスモス畑が綺麗でしたが・・・・
a0084343_14535248.jpg

なんでも 名誉村長さんが 女優の中村玉緒さんで
彼女のキャラクターグッズを売るお店もありました
a0084343_14544270.jpg

昭和の初めの小学校をイメージした建物がありました
懐かしいですが ホント 昭和の初めの田舎の学校って感じです
a0084343_14552969.jpg

お昼をここでいただくということですが 見るべきものもあまりなく
しかたなく 陶器の絵付け体験をすることにしました
a0084343_14561093.jpg

1000円のお皿を選んで 好きな図柄をかきますが
色が5色しかなく 彩色に困りました

お昼をいただいた後も 出発まで時間がありましたので
5分でできる せんべい焼き 体験をしてみました

パリパリの乾燥した おせんべいの種を 火箸で焼くだけですが
すぐに 膨らみ始めるので 焼き過ぎないようにするのが大変です
手焼きせんべいっていうのは ちょっと大変です(笑)
a0084343_14571561.jpg

このように この昭和村は 明治村とは違い 体験型を売り物にしている
テーマパークのようにも感じました

さて あとは 宿泊先のホテルへ向かうだけという ゆったり日程で
バスに揺られて 2時間ほどで 奥飛騨ガーデンホテル「焼岳」に到着です

焼岳というのは 昭和に入ってからも噴火したことのある活火山で
そのふもとにある焼岳温泉郷にある新しいホテルです
a0084343_14583848.jpg

周りが山に囲まれて このホテルだけが ぽつんとあるような場所なのですが
この日もたくさんの団体客が宿泊していて びっくりしました

お料理と温泉が いいので人気なのかもです

太古の海底の地層が隆起てできた土地にエメラルド色に輝くお湯がわき出ています

ちょっと硫黄の匂いがしますが 優しいお湯です

しかも 男女別の温泉には 露天風呂や 半身浴がそれぞれある上に
広い 開放感のある 露天風呂や洞窟湯などが 混浴で入れるようになっています
a0084343_14593568.jpg

混浴風呂へいくときは 体に特製のバスローブを身につけて入りますよ~

お料理が 「温泉せいろ蒸し いろり会席」といって 囲炉裏端スタイルでいただくのも
なかなか よかったです
a0084343_1501714.jpg

杜葉(ほうば)という火に強い葉っぱを使って 蒸し焼にしたり
お皿のように使って その上で 肉や野菜を焼いたりするお料理が
珍しく とても美味しかったです

たっぷりとお料理をいただいて またお風呂にはいって ホント のんびりです

翌日は この旅行の目的地 ホテルから 20分ほど車を走らせると到着の
紅葉の見事な 北アルプスを一望できる新穂高ロープウエイにのりました

標高2156mの展望台から 槍が岳を見ました!!

そのお話は次回です~
[PR]
by banban0501 | 2009-11-04 07:04 | 奥飛騨 | Comments(14)

・・・・TOPに戻る・・・・