好きな旅行の話や 自分が興味をもったことをアップしています♪ 気になるカテゴリーからもどうぞ!
by banban0501
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
検索
カテゴリ
全体
始めまして・・ごあいさつ
ケアンズ
南イタリア旅行
NYの思い出アルバム
ニューヨークの思い出
アメリカ ラスベガス・ロス
イギリス・ロンドン
ドイツ・オーストリア話
スペインの思い出
南フランス
タイ 
読んだ本
ベトナム
韓国釜山ソウル
韓国ソウル・春川・水原
中国 上海
中国 杭州と上海再び
中国 北京
中国 麗江
台湾旅行
台湾旅行 再訪
中国 香港
マカオ・香港の旅
チェジュ旅行
奈良 今井町
伊勢・志摩の旅
白浜 南部の旅
北陸 金沢 山中
奥飛騨
松本・安曇野旅行
長崎とハウステンボスの旅
ハウステンボスの旅 二泊三日
八カ岳 リゾナーレ
富士山と日光
東京旅行
豊川 岡崎
箱根旅行
横浜・鎌倉旅行
熱海 三島
名古屋旅行
京都と琵琶湖・浜名湖の旅
クルーズ
京阪神ブラリぶらり
料理・食べ物の話
お金の話
映画
観劇
英会話
DIY 日曜大工 ミシン仕事
カバン作り
こども服
日々の記録・雑感
ちょっと驚いたこと
マイ 美術館
パソコンでお絵かき
パソコンで・・・・
お勉強!
読んだ本
日本語ボランティア

遺品整理
お役立ち情報
仕事関連
リホーム
収納の工夫
親指のトラブル
未分類
最新のコメント
★ はりねずみ ★さま ..
by banban0501 at 21:58
★ sakae2009 ..
by banban0501 at 21:55
こんばんは 個人旅行で..
by はりねずみ at 20:48
大学京都でしたか、私今年..
by sakae2009 at 20:08
★ ♥ junjun ★..
by banban0501 at 19:46
🎵ban..
by ♥ junjun at 19:15
★ yasukon20 ..
by banban0501 at 17:18
いろいろな事が懐かしいで..
by yasukon20 at 15:46
★ はりねずみ ★さま ..
by banban0501 at 06:58
こんばんは 帰国早々忙..
by はりねずみ at 22:20
フォロー中のブログ
生きる詩
ニューヨークの遊び方
気まぐれフォト日記
パリときどきバブー  f...
チョコットメモ記
小次郎じじ物語
折々の記
親父の HOBBY
Rabbitjumpの草原
空の見えるベランダから
neige+ 手作りのあ...
ひとこと、ふたこと、みこと
《ニューヨーク直行便 》...
日々の暮らし
~秋色紫陽花と暮らす日々~
本当に幸せなの?
気まぐれ日記
BABAうさぎの奮闘記 ...
ふうちゃん にっき
元気ばばの青春日記 気持...
はあと・ドキドキ・らいふ
OURHOME
やっぱり旅が好き♪
アンダンテのだんだんと中受日記
片付けたくなる部屋づくり
☆FREEDOM☆
さかえのファミリー
その日・その日
ブロ友パソコン相談室
Mrs.和やか in 手帳
無垢のおうちと収納と
FU-KOなまいにち
Linen Style...
IEbiyori
時流れるままに
シンプルで心地いい暮らし
Baabaの徒然に
はりねずみの日記帳
喜びも悲しみも幾年月
『 とっておきのお片付け 』 
元気ばばの青春日記 気持...
WITH LATTICE
時間を味方につける整理収...
ハーバードで奮闘中、日本...
白×グレーの四角いおうち
uri's room* ...
ivory*
クラシノート
片づけで、すっきり暮らし。
ほぼ100均で片付け収納に挑戦
外部リンク
ひとりごと
自称 記録魔
自分のために
記録して残して
おきたいことを
時々 更新です

メールはこちらから
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
more...
タグ
(114)
(73)
(67)
(51)
(38)
(25)
(24)
(23)
(23)
(19)
(17)
(16)
(14)
(13)
(13)
(12)
(12)
(10)
(6)
(5)
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
最新の記事
ニューヨークの思い出 食事の..
at 2017-11-19 10:38
ニューヨークの思い出 飛行機..
at 2017-11-12 21:41
ニューヨークレポート 6日目
at 2017-11-07 00:10
ニューヨークレポート 5日目
at 2017-11-06 13:01
ニューヨークレポート 4日目
at 2017-11-06 08:12
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:観劇( 47 )

・・・・TOPに戻る・・・・
2017年 10月 15日
友の会ご招待 リトルダンサー
今日は久しぶりの姉妹集合でした

母が存命の時から 母と姉妹で阪急百貨店の
積み立てご招待コースに入っています

これは 毎月5000円積み立て一年で60000円を
阪急百貨店へプールして 一年後に
阪急阪神百貨店でのお買物券の形で返却され
利子分として一年三回のご招待を受けるものです

観劇に使ってもいいし 食事にしてもいいし
いろいろな使い方があるのです

今回の使い方は梅田芸術劇場での公演

ビリーエリオット物語 リトルダンサーです

2000年公開の映画でも見ましたが 今回は五人の少年が
交代でビリー役に挑みます
a0084343_23552146.jpeg

今日のキャストは
a0084343_23572281.jpeg
向かって左端の加藤君

この子 数多くのバレエコンクールで入賞の実力の中学二年生

五人のビリー役の子は 厳しいオーディションを受け
一年間 ビリー役のダンスと歌と演技の練習を積み重ねてきた子たち

すごいの一言でした

映画でも子役の子の演技やダンスがすごかったですが
トニー賞にも輝いたミュージカル版の子役も素晴らしいできです

イギリスの階級制度の中で 生まれ時から親の仕事を
受け継ぐ時代に 親と同じ炭鉱夫の道ではなく
ダンサーとしての道を選んだビリーエリオットの
少年時代の物語です

自分の感情表現として 踊らずにはいられない
12歳の少年を熱演でした

彼のダンサーとしての才能を見つけ育てた先生と
炭鉱閉鎖に抗議する父親が こどもの夢を
叶えるために奔走する物語

ロイヤルバレエのダンサーであるPhilip Marsdenという方が
このお話のモデルになっているようです

映画では ラストシーンに この方の役で
アダムクーパーが登場でした

今回の舞台の終盤に アダムクーパーのスワンレイク
のようなシーンもあって
ミュージカルとしてのダンスや
エルトンジョンの音楽が素晴らしく
とてもいい公演でした

今日は大阪での公演の初日でしたので
初日ご挨拶と 舞台撮影会もありました
a0084343_23243907.jpeg

終演後 いつものように3人でお茶して
友の会の更新を相談しました

というのも 今まで 年三回無料で舞台など楽しめて
お買い物券を使う時に
持っている株主優待割引も利用できていたのですが
a0084343_13544156.jpeg
お買い物券がカードに変わって便利にはなりますが
株主優待割引なしになるというので 旨味が減少

でも

姉妹で出かける楽しみをくれるこのコース
次年度も更新しましょうと
手続きし
a0084343_23245998.jpeg
新しい本を借りて 秋の日曜を楽しみました

[PR]
by banban0501 | 2017-10-15 23:46 | 観劇

・・・・TOPに戻る・・・・
2017年 02月 19日
気分転換ふたつ
時間のない忙しい生活をしている私ですが・・・

気分転換には 熱心です

ブロ友さんのブログへお邪魔も いい気分転換

先日みたブログの中で 重たいまな板を軽いまな板に変えて
気分スッキリという記事をみたのです

あ~ そうだわ

私も今使っている重いプラまな板変えてもいいわ

って思い さっそくニトリへ

いろんな種類・サイズのまな板があったのですが
a0084343_11525398.jpg
薄いペラペラのものよりも やっぱりちょっと厚みが欲しいと
選んだのが 上の二つです

今までのまな板 繰り返し漂白して使ってもう20年以上
重さも初めて測ってみたら 1500g もありました

シンクの奥のまな板置きから両手でサイドを掴んで
作業台へ よいこらしょ でした

新しいものは サイズがさほど変わらないのに 半分の重さ

もちろん片手でOK

これで 気分すっきり

ニトリで もう一つ 便利なものを見つけました

それは急須です

緑茶をいれるには 陶器の急須という固定概念を取り払えば
こんなものが ありました
a0084343_11530191.jpg
大きな急須が割れたので 急場しのぎで小さな陶器の急須を使っていましたが
これをみて 少しの量の茶葉でも 大丈夫かも と思い さっそく購入です
a0084343_11525835.jpg
蓋がきっちり閉まるので 相当傾けても 蓋がずれないし
お湯も溢れ出ず 注ぎ口から適量でて 非常に便利でした

茶葉の状態 色も確認してから注げます

とても良く考えてあります

やっぱり たまには 台所用品コーナーを見て回る時間も必要だな・・・でした

もう一つ 最近 食卓の変化に合わせて買ったもの

小鉢です

家族が高齢化して 食べる量が うんと減りました

副菜をいれる鉢が 中サイズでは 大きすぎるようになったのです

小鉢で十分だということで チェンジです
a0084343_11530542.jpg
上の写真の 4つの小鉢で 充分な食卓になりました

いいのか 悪いのかわかりませんが 20年の変化ですね

キッチンの気分転換です

さて

もう一つの気分転換は 観劇です

お友達が 歌舞伎のチケットを取ってくれました

大阪道頓堀の松竹座です

松竹座は 大阪のミナミ 難波の 道頓堀にあります

難波駅からは 戎橋筋商店街を抜けたところ
a0084343_18132214.jpg
相変わらず 中国からの観光客で大賑わい

道頓堀川にかかる 戎橋からは 有名なグリコの看板がみえます
a0084343_18132751.jpg
この乗船場から ブロ友さんと 船にのった!!のを思い出して
向かったのは グリコの看板の裏側です
a0084343_18133053.jpg
行列のできるたこ焼き屋「くくる」の向かいにあるのが 「松竹座」
新しくなって20年記念歌舞伎だとか・・・

若手歌舞伎役者の2月花形歌舞伎

中へはいると 歌舞伎役者の奥様方やお母さま方が お出迎え~

劇場内でも 大勢いらして みなさん 綺麗!!
a0084343_18133440.jpg
a0084343_18345950.jpg
昼の部の「義経千本桜」です(画像の上でクリックで拡大します)

その中の渡海屋大物浦の段

江戸時代に作られたこの物語は 頼朝に追われた義経が
九州へ向かうために 大物(だいもつ)の浦で 実は 壇ノ浦で海の藻屑と
なったはずの 平知盛と安徳天皇が 船宿の亭主と子供になって
義経を殺そうと 待ち受けている所へやってくるという 奇想天外な筋立てです

安徳天皇役の子役さんが おそらく6歳ぐらいだと思われるのに
大人の長い芝居の間に 10か所以上の自分のセリフをいうために
じっと大人の役者に抱かれながら 椅子に座りながら 待っている姿に
なんだか 感動で 観客も 役者も 見守っているのが
とても 微笑ましたかったです

もちろん 今売り出し中の若手役者さん 素晴らしい演技でした

歌舞伎の伝統の中の 芝居進行をイアホンガイドの解説に助けられながら
おおいに 楽しんで 気分転換できました

終わってからは 素敵なラウンジ カフェ ド ラペ で お茶です
a0084343_18133991.jpg
ピアノ生演奏があったのですが 演奏者が盲目の若い男性

頑張っておられるのは 辻井さんだけじゃないんだ・・・

そういうのも ちょっと感動でした

夕方まで お喋りを楽しみ 帰宅で ブログアップで
今週も無事???週一ブログも でき やれやれかな~
a0084343_18443133.jpg











[PR]
by banban0501 | 2017-02-19 18:45 | 観劇 | Comments(25)

・・・・TOPに戻る・・・・
2016年 12月 11日
合唱コンサート & 年賀状 & お外ランチで迷子
先週日曜の忘れられないドジを記録しておきます

今年の4月にハウステンボスへ旅行した仲間と
8か月ぶりに豪華ランチ忘年会をしたのですが・・・

友達がチョイスしてくれたレストラン ミディひらまつ
a0084343_10252913.jpg
このお店が 大阪駅前にある 梅田ハービスエントビルの1Fにありました

劇団四季劇場もあるビルだし なんどかランチとかでも いっているし・・・

初めてのレストランだけど 迷わないと

でも 早めにいきましょう~

しかし

地下からも いけるので 地下のこのビルの入り口に入ったあと
私は 20分も 迷子状態になりました

ハービスエントビルと隣あう ハービスプラザビルをいったりきたり

両方とも よく知ったビルなのに 20分なんて 信じられない!!

とうとう自力でいくことはあきらめて
1Fフロアにある スワロブスキーのお店の前から
友達に電話して ガイドしてもらい 一旦建物の外にでて
お店の入り口へ到着でした

はじめから 外から入ればよかったわ

帰りは別の入り口からでたら なんとそこは スワロブスキーのお店の隣!!

へ~ どうして気が付かなかった!!

迷子になったときって焦っていて 目の前にあっても気が付かない

ちょっとショックな出来事でした(笑)

気分をかえて 孫話

昨日 ひなちゃんが夏から始めた合唱団のコンサートへ

息子が住む市の文化事業で チェコの合唱団を招いて
コンサートをすることになって 市内の小学生に
ジョイントして歌う 合唱団の募集があったのです

急ごしらえの合唱団ですが 隔週で練習を続け 10回の練習を経て
昨日が 本番という訳です
a0084343_10261125.jpg
チェコの少年合唱団「ボニ・プリエ」のクリスマスコンサート

3部構成で はじめは 教会衣装で賛美歌

2部になると 軽快な 民族衣装で チェコの民族音楽の合唱を
ポケットから いろんな小道具をだして 動きもいれ ダンスもして合唱
そこへ ひなちゃんたち合唱団が 各々の白い洋服で登場でした

ひなちゃんは オフホワイトのワンピースで すぐわかりました

指揮者をみて 身体全体でリズムをとり 大きな口をあけて
しっかり 楽しそうに歌っている姿をみて 私は ちょい 感動でした

普段のおとなしいイメージのひなちゃんが舞台の上では 
だれよりも 楽しそうに歌っているのですから!!

日本のわらべ歌 ずいずいずっころばし とおりゃんせ あんたがたどこさ
を歌って 日本の歌 ふるさと チェコの歌 オーラスコ を
チェコの合唱団と一緒に合唱でした

コンサートの三部は 映画音楽とクリスマスソングでしめくくり

私自身初めての合唱コンサートは 楽しいものとなりました

ひなちゃんの参加がなかったら きっとご縁がなかったかもです

終わってから 花束とお菓子をもって ひなちゃんがいる控室へ
a0084343_10261631.jpg
指導の先生からは たった10回の練習だったにも かかわらず
本番のできは 最高だったとほめてもらっていました

私も 急ごしらえとは 思えない 立派な合唱だったとおもいました

きっと指導の先生の力だと思います

この先生の雰囲気 なんか もと宝ジェンヌっぽい!!

孫のお蔭で いい経験をしました

いよいよ年末 気ぜわしいですが はやく終わらせたいと思い
年賀状も完成させました

昨年に引き続き エプソンの無料年賀状ソフトを利用です

送られたメールから(プリンターがエプソンなのでメールがきます)
a0084343_10265267.jpg
すきなデザインをチョイス
a0084343_10265959.jpg
アプリをPCにインストールして 作成です
a0084343_10271579.jpg
ところが いざ印刷となったときに トラブル

せっかく作ったものを ネット上で開けないと メッセージです

ソフトはインストールしたけど 開くには ネット経由だということか・・・

あ~ 解決方法がわからない

おお ヤフーの知恵袋 

同じ悩みの方がいますね

解決方法 ちゃんとありました

私のPCは ネットは グーグルクロムで閲覧ですが
このソフトは インターネットエクスプローラーでないと開けないとのこと

エプソンのHPから 呼び出しボタンがありました
a0084343_10272477.jpg
無事印刷終了

宛名印刷も PCに搭載されていた 筆ぐるめをつかってなんとか完了
(一年使わなかったら忘れていて思い出すのが大変)

あとは 大掃除ですが・・・

今年は 4月にキッチンリホームして 冷蔵庫も買い替え
其れ以降 家じゅうの荷物の断捨離も結構したので あまり時間は
かからないかな・・・と目論んでいます
a0084343_11393227.gif

[PR]
by banban0501 | 2016-12-11 11:40 | 観劇 | Comments(15)

・・・・TOPに戻る・・・・
2016年 05月 29日
宝塚 & キッチン用品購入 & 紫陽花
昨日は 4月以来の宝塚

人気公演だったので いつものチケット入手方法(宝塚友の会と阪急友の会)は
土日公演狙いは 全滅でした

こういうときはCoopさん斡旋のチケット申し込みです

これは A席チケットに弁当券がつきます
a0084343_23321591.jpg
弁当の分が高いのですが どうしてもみたいときは この方法です

これも外れることは もちろんあるのですが・・・
a0084343_23325547.jpg
宝塚へのアクセスはJR宝塚駅からか 阪急宝塚駅

二つの駅はお隣どおしで歩道橋でつながっています

阪急宝塚駅の方へでて ソリオというショッピングモールをぬけると
a0084343_23323201.jpg
花の道と 自動車道路が見えます

花の道を 歩けば 春夏秋冬様々な種類の季節の花と 
花の道の終点にある手塚治虫記念館に誘う手塚さんの絵がみれますよ
a0084343_23323928.jpg
でも 

昨日は 姉妹で劇場で待ち合わせだったので
行きは 自動車路の歩道を急ぎました
a0084343_23330082.jpg
劇場入り口で 「さばき」 を 発見!!

これはダフ屋行為では ありません

正規料金で 自分の余ったチケットを売る人と
チケットないので それを買う人が いる 

劇場は こういう行為を認めてはいませんが・・・

でも ずっと昔から あるって事実です

へ~ 「さばき」 が出てるなら これでチケット買えばよかったかな・・・

でも いつも でてるとは 限らないから あてにできないのですが~

さて 観たかった公演とは~
a0084343_23331071.jpg

宝塚には絶対客の入る十八番公演がいくつかあって
ベルサイユの薔薇 や エリザベート 風と共に去りぬ と並んで
これも 何度でも 観たい公演の一つなのです

やっぱり いい公演は 満足感 大大大 でした

姉妹で観劇でしたので 公演後 お茶してたら
妹は 面白いものを みせてくれました

初めてみた 音楽学校の文化祭のパンフ
a0084343_23331737.jpg
上の写真の4月に初舞台を踏んだ方の関係者さんから 借りたパンフでした

もっと早く知っていたら 4月の初舞台生のラインダンスのときにチェックできたのに!!

それにしても このパンフ まるで 宝塚の公演パンフのようで
とても 本格的で びっくりでした

さて

今週は キッチンの新しい収納品も 購入
a0084343_00012155.jpg
ネットで見つけてアマゾンで購入の つり下げラックは・・・

流し台上に設置の食器自然乾燥棚に設置
a0084343_00012854.jpg
こんな風に使うことに・・
a0084343_00013405.jpg
ちょっとした 空間収納です

それから 無印の耐熱ガラス容器は こういう使い方
a0084343_00014092.jpg
それまで使っていた 前のキッチンに付属していた入れ物は再利用です
a0084343_00122334.jpg
プラスチックの容器は いまいち好きじゃない私

なので なんでも かんでも ガラス瓶に入れたくなります

綺麗に洗えるし 中身が見えるし・・・という理由です

なんでも 余分なものは 捨てる努力をしてますが
ガラス瓶は いろんなサイズ形状のものを馬鹿ほど 集めてストックしてます(笑)

ものを集めると 家が 片付かない というのは いろんな収納ブログを
見ていると わかることなので 極力さけていますが・・・

先日も こんな 面白いブログを発見でした

いろんなお宅の片づけビフォーアフターブログ ★ (興味ある方は★をクリックです)

最近 こういうブログをみて 収納テク 学んでいます!!

先週 我が家にやってきた 八重のアナベル スターバーストが
二日前に花芽をつけました
a0084343_00241783.jpg
これは これから楽しみです

ついでに 我が家の今の紫陽花たち
a0084343_00244591.jpg
2年前ゲットしたダンスパーティは 今が一番綺麗かな・・
a0084343_00245077.jpg
おはようは これからです

他の紫陽花さんたちも 綺麗に咲き 
a0084343_00243977.jpg
まだまだ 続く紫陽花の季節 朝夕の水遣りが楽しみです
a0084343_00313936.jpg




[PR]
by banban0501 | 2016-05-29 09:55 | 観劇 | Comments(20)

・・・・TOPに戻る・・・・
2015年 04月 26日
狂言 & 4月の本
週一更新ですから~ また長くなるかも??

昨日は姉妹でランチして 7月にいく姉妹旅行の相談をしました
a0084343_11321230.jpg

2月にあれよあれよという間に決まってしまった 
日本旅行の東京ブックマーク利用の個人旅行 なので 
詳しい旅程も考えていませんでしたので相談です

目的地の横浜・鎌倉の相談はパンフや旅行雑誌やネットで
調べながらなので スタバの無料Wi-Fiサービスはありがたいです

なんとか 大まかな計画ができて つぎに私達が向かったのは
フェステイバルホールです

前に夜に 高橋真梨子のコンサート にいったときと違い
今回は昼間ですので ロビーの印象的なガラスボールオブジェも
自然光がはいって また違う印象でした
a0084343_11341587.jpg

今回は席も二階席だったのでホールの全体がよく見渡せました
音響効果の壁の凹凸が迫力ありました
a0084343_11383835.jpg

この日の出し物は狂言ですので 舞台には能舞台が設置されていましたが
通常のものとは 大きくちがいました
a0084343_1271246.jpg

開演前に 野村萬斎さんの出し物の解説がありました
a0084343_1141756.jpg

萬斎さんのお声は やっぱりステキですね~

さて この日の出し物は・・
a0084343_1142390.jpg

萬斎さんが 見どころなどを詳しく説明してくださった出し物です
a0084343_11431433.jpg
 
(クリックすると拡大します)

野村一門の狂言会に 茂山一門がジョイントの形ですが
茂山一門の出し物 「靱猿(うつぼざる)」で出てくる小猿役が
小学一年の茂山鳳仁君で 長い物語の間中 さるとして動き回り
大名役の茂山七五三(しげやましめ)さんと二人でする猿回しの演技も可愛くて
すごい熱演で 親子・兄弟で引き継がれていく芸を感じました

「川上」という出し物で盲目の夫を野村万作さん
その妻を野村萬斎さんの親子共演でしたが 出し物が
夫婦愛を描くもので 狂言の出し物とは思えない幽玄な感じのしっとりとしたものでした

なので ちょい居眠り・・・(笑)

休憩があって 舞台に登場したのは 「能楽囃子」でした

能でも狂言でも バックミュージックを引き受ける
太鼓 大鼓 小鼓 笛のお囃子さんが この舞台では主人公です

その音の出し方や音色の違いをしっかり聴けただけでなく
4つの楽器の掛け合いが素晴らしく なかなかの感動ものでした

最後の出し物で お囃子が聞こえてくると 親近感をもったのはいうまでもありません

こういうのを 間にいれる狂言会というのは 粋ですね~

最後の舞台は 能舞台の奥に 六歌仙が並ぶ巨大な絵馬が登場し
絵馬から 抜け出た 六歌仙が 能舞台で繰り広げる 大人の喧嘩が
面白く 狂言らしい楽しい作品となっていました

それにしても 野村萬斎さんプロディースの舞台
いろんな趣向があって びっくりでした!!

ここまでも長いのに まだ続きの記録です(お許しくだされ)

一か月に2冊の本を読み映画や剣劇には一回いければば いいな・・・
ぐらいの目標で 日々の忙しい毎日を送っている私ですが

2月は 本を二冊 映画にも一回いけた のに
3月は 映画には いけず本も読めませんでした

読みたいな・・と思う本の情報がなかったのです

そういう時に 読みたい本を見つけるのに役立つのがブログ情報です

ブロ友さんが読んだ本の感想をみて
う~ん これにしましょ!って感じで本屋にいきます

図書館で借りる順をまつのが 面倒なので 買います!

だから文庫の紹介がうれしいです

おかげで4月はブロ友さん情報の2冊の本が読めました

「ようこそ 我が家へ」は テレビドラマでの放送も始まっています
a0084343_13575448.jpg

「春告げ坂」はテレビドラマにしてほしい感じです

「ようこそ 我が家へ」の原作本の主人公は 中年のおっさんですが
テレビドラマでは その息子が主人公となり 嵐の相葉君が演じて
本には登場しない 雑誌記者として 沢尻えりかさんが登場で
いかにも 視聴率稼ぎっぽいですが・・・

中年の親父の体験が 息子の体験となっていたりと設定が変わっていますが
物語の本質はたぶん同じと思うので
それでもOKかな?という本を読んだあとのテレビの感想ありです

平凡で争い事が嫌いな男が たまたま電車の乗車順番まちの列を
無視した若い男性に注意したことから 
尾行され追いかけられるという事件が始まって
家族全員が 恐怖の毎日をおくることになるというものです

争いごとが嫌いなのに・・・たまたま・・・

そして 人のいい家族それぞれが 違う立場で恨みをかって
いるという 事実が 明らかになっていくのです

自分自身を振り返っても 争いごとは嫌いなのに
やっぱり たま~に 言わなくてもいいことをいってしまって
人間関係を悪くしたり しらない間に恨みをかっていたり

主人公の男の家族にも そういうことがあるわけで・・・
そういう日常生活の ほんのちょっとのいざこざが
考えもしなかった事件になっていくとき 家族がどう向き合っていくか

っていうお話です

タイトルの「ようこそ我が家へ」が最後 痛快に思える本でした

さすが 池井戸潤 です

もう一つの安住洋子さんの「春告げ坂」は時代もの

小石川養生所はあまりにも有名な 江戸時代の医療機関では
ありますが その実態というのは あまりしらないことが多い

時代劇ドラマで 時々登場ですが 正義の場としての養生所ですよね

でも そこで働く医師の実態や 看護士である看護中間という
役目を担うものたちが 実際には どういう働きをしていたか

などなど 知らなかった養生所の実態(たぶんちゃんと調べて執筆でしょう)
が描かれていたりで興味が尽きない現場です

そんな場で 真摯に医療に立ち向かう
高潔な若い医者が主人公だというのが ちょっと救われます

その若者が 医師として また切腹してなくなった
父親の死と どう向き合って生きていくのかもが描かれています

どちらの本も 人としてどう生きていくかがテーマです

なかなか いい本でした

来月の本は 何にしようかな~

また ブログでチェックでしょうか?

本を読んだり 観劇にいったりで いろいろ刺激をもらえたので
忘れないよう記録でした 
a0084343_14244684.jpg

[PR]
by banban0501 | 2015-04-26 12:18 | 観劇 | Comments(33)

・・・・TOPに戻る・・・・
2015年 03月 28日
春休み~前半(宝塚)
春休みが1週間あります

お休み初日

4月までにしないといけない 仕事関係のパソコン仕事も片づけて!と
思って作業をし 印刷しようとしたら プリンターが動かない

何をやっても ダメでした

いつかったのかな?と取説をみたら5年前

もう寿命なのかな・・・でもよくよくみたら 
長期保証に640円払ってはいっていて 期限が2015 11月とある

まだ 保証期間内

買うまえに とにかく修理に出すことに~

お店にいくと 12800円(購入金額)以上の修理代金は
ご負担願いますってことでしたが とりあえず 修理見積もりをお願いしました

しかし 戻ってくるまで3週間もかかるって!!

でも~せっかくの長期修理保証内だし・・ということで
一応修理依頼で 見積もりがオーバーしたら 
570円払って処分してもらい新しいのを 買うことに決めました
a0084343_1883256.jpg

プリンターも寿命なのかもですが パソコンもそろそろやばい

なので 買い替えを考慮中なので パソコンのお値段チェック

まだ 買いませんが 今使っているビスタが ぶっ壊れる前には
買い替えたいとおもっています

プリンターがないので 作ったデーターは
USBに入れて 夫のパソコンから 夫のプリンターで印刷してもらう
という面倒な状態です

ビスタも壊れてしまってからでは 大変です~

データーのバックアップもしておかないと!

お休み二日目は 妹と宝塚へ

私たちは 阪急百貨店友の会のご招待コースというのにはいっていますが
このコースでは 年間6万円積み立てると 利子分として
いろいろな観劇ご招待に無料で年3回いけるのです

劇団四季・宝塚・一般の演劇といろいろ楽しめますが
それぞれ申込みした人が多いと抽選になります

今回は運よく宝塚の抽選に当たり!!座席引換券をゲットしました

でも 劇場で座席と引き換えてもらうのは 先着順じゃなくて
抽選なので ここでも 運試しです
a0084343_18215744.jpg

やった~ S席でゲット

どうやら 今年の運は さほど悪くなさそう~
a0084343_18234261.jpg

この日 大阪は桜の開花宣言でしたが 
宝塚の花の道の桜は一輪だけ咲いていただけでした

満開は4月2日ということらしいです

3日目は 普段おさぼりの 掃除と 思い立ち・・・

まずは 風呂掃除から

気になっていたお風呂の赤いぬるぬるを除去にエタノールが
いいと ちらっとみた「あさいち」でいってましたので
ドラッグストアにいってみました
a0084343_1583744.jpg

エタノールの効果は 確かにありますが ひどくしみ込んだ
部分のカビを完璧には除去できませんでしたが
これを塗布することで 新たなカビの繁殖を抑えられるというので
とりあえずは エタノールでごしごしこすっておきました

効果のほどは??

ついでに買ったバスタブ洗いのスポンジがグッドでした!!

さて

もう一つ この休み中にしておきたかったことがあります

紫陽花の整理です

昨年に挿し木したものが 新芽をだしてきました

大きな鉢に植え替えてやらないといけません!

ということで4日目の本日は ホームセンターへいき土やプランターを
購入して さっそく植え替え作業でした

無事に冬越しした紫陽花たちです
a0084343_16153844.jpg

根がつかなったものも数個ありましが 90%成功です

株が古くなってしまった鉢へ新しいものをいれたり
新たに大きなプランターに入れたりと プランターの整理を
しながら 格闘4時間もかかって 紫陽花の鉢の整理ができました
a0084343_16195254.jpg

普段使わない筋肉をつかったので 明日は筋肉痛かな?

こうして春休み前半は けっこう働いてしまいました!

後半の予定は いまのところなしです

お花見にもいきたいな~
a0084343_1831127.gif

[PR]
by banban0501 | 2015-03-28 16:22 | 観劇 | Comments(24)

・・・・TOPに戻る・・・・
2015年 03月 22日
フォトブック & 仕事 & 京都南座
週一更新ですから いろいろまとめねば~

今週は ちょい パソコン仕事で忙しかった

まずは 2月末にいった奥飛騨旅行のフォトブックが届いたので
友達に配送でした

旅行のあと すぐに シマウマプリントのフォトブック作成ページ にアクセスしてみました

キャンペーン期間なので 一冊198円というので
さっそく 36枚の写真を選んで 画像アップして簡単作成し
発注したのが先週のこと

発注のボタンをクリックしたあとで 編集画面をよくよくみれば
それぞれの写真の下にコメントを入れれるというのを発見

でも もう遅い 発注した後です

なんとか したいな・・・で コメントいれたシールを
貼りつける方法を思いつきました

フォトブックは発注して1週間で今週届きましたのでパソコン仕事で
さっそく ワードでコメントを入れたシールを作成

出来上がったシールを貼ってみるとやっぱり
コメントや場所の説明はやっぱりあった方がいいと思いましたので

お友達の分もシールを作成し 届いたフォトブックと
各自シールを貼ってくださいの お手紙もいれて発送しました

郵便局の送料は140円也

この送料は我が家で眠っている当選した数年前のお年玉切手で賄いました

安くできたのに なかなか立派なアルバムになったので一人喜んでいたら
翌日には 友達からも「届きました ありがとう」メールもらってやれやれでした
a0084343_1232046.jpg

デジカメのデーターをパソコンの外附けHDDなどにいれてしまった後は
ブログでアップしないかぎり そのままになってしまいますから
フォトブックで保存の方法 なかなかいいですよ

そして 次回同じ失敗をしないようにブログにも記録です

それから 先週日曜のそろばん競技会の記録もパソコン仕事で完成させました

ワードで当日の写真を使いながら まとめ
協力してくださった保護者の方へのお知らせとします

ここまでしたら 私の競技会引率の仕事が完了です
a0084343_23443799.jpg

さっそく 参加してくれた子供たちに配布

教室にも掲示して 競技会というものを 周知させます

こういうのをみて「競技会へでたいな」という意欲につながればと期待です

競技会の成績は去年は団体で総合で準優勝でしたが
今年はピン差で逃してしまいました

でも 種目別では 個人で全員が入賞して 
優勝や準優勝した子もいてとても いい成績でした

こういう結果がつくと 頑張らせてよかったと思えます

競技会終了後 教室へ戻り 参加の子供たちと
そろばん卒業する6年生との茶話会ぽいことをしました

「そろばん卒業 小学校卒業 おめでとう」と拍手してもらった
5人は 暗算・そろばんで全員1級合格し 段位をもっている子もいます

彼らにとって そろばんで身につけた力が 一生の宝になってくれることを
ねがってやみません

どんどん春めいて 暖かくなって 卒業 入学のシーズンです

そろばん卒業の子供たちは他にも大勢で教室はちょっと寂しくなります

でも
 
4月からは 新しい子供たちも入塾ですから またまた頑張らねば!!



その前に 今日は 1か月前に歌舞伎のチケットゲットでしたので
京都 南座へ・・・

このチケット けっこう安かった

理由は 若手ばかりの興業だったからでしょうか?
若手とえども それぞれ今売り出し中の方々です
a0084343_232004.jpg

役者名鑑にもなっている「かぶき手帖」で
若手の方々のことを ちょっとお勉強して いざ京都へ

歌舞伎の興行主は松竹株式会社で 
関西での劇場は 道頓堀の松竹座か 京都の南座です

だいたい2か月交代で どちらかで興業です

3月4月は南座という訳で京都へ

南座へは京阪電車が一番便利 地下駅を上がれば南座です
a0084343_2315948.jpg

早くついたので ちょっと鴨川の河原を散歩
a0084343_2325836.jpg

今日は春の陽気で 観光客がいっぱいです

四条大橋のたもとに建つ昔と変わらない4つのビルをみるとなんだかほっとします
a0084343_2342911.jpg

この建物の中も タイムスリップできる空間ですよ

南座の中もタイムスリップ空間です
a0084343_23182631.jpg

今回の三月花形歌舞伎は 大看板の役者さんのいないというちょっと異色の興業ですが
演目は 歌舞伎十八番からのものや 白波五人男 登場など有名演目でした

夜の部でしたので「弁天娘男女白波」と「闇梅百物語」を鑑賞

武家の娘と家来に扮して呉服屋で
万引きしたように見せかけて店のものをだまします

店のものに袋たたきにあった後で 実は無実だと証明し 
嫁入り前の娘が濡れ衣を着せられた落とし前に100両よこせと
詐欺を働く南郷力丸と弁天小僧

しかし 店の奥からでてきた侍が そいつは娘じゃなくて男だと

すると今度は二人は 開き直って おれのことをしらないか!と悪態をつき

「しらざ いってきかせやしょう 弁天小僧菊之助たぁ おれのこったぁ」

となるのですが 番頭に額に傷をつけられた 慰謝料よこせとまた開き直り
まんまと 20両せしめてしまう

しかしこれで終わりではなく

男だとばらした侍は 店の主人を信用させるのですが 実は仲間で
最終的には 呉服屋から なにもかも奪い取る計画だったが
最後の最後で 御縄になるのです

十手持ちに取り囲まれて 縛られるその前に
五人が揃いの浴衣で 番傘もって 見栄をきるというおなじみの名場面がある
白波五人男の話って 現代でも思いつかない五人の詐欺グループの
巧妙なストーリ展開の話だったのです

これは江戸の庶民の人気の芝居になるはずですね

初めてみたので 感心でした

若い役者さんの女形はやっぱり綺麗!
 
ちょっと声の出し方が いまいちかしら?

など感じながらも 普段できない大役に初挑戦で 見事に演じておられ
先が楽しみな方々の演技を楽しむことができよかったです

もうすぐ 仕事も春休みにはいります

あとちょっとがんばりましょう~

今週も週一ブログアップできました!

a0084343_16591224.gif



  
[PR]
by banban0501 | 2015-03-22 23:37 | 観劇 | Comments(20)

・・・・TOPに戻る・・・・
2015年 01月 18日
新春文楽 & 襲名披露新春歌舞伎
インフルエンザもすっかりよくなって今週末は
2か月前から予約していた 観劇二つに出かけました

インフルが治っていてよかった!!でも 用心してマスク着用です

土曜日は 新春文楽

11月に ハイビジョン映像で スクリーンで曽根崎心中の文楽 をみましたが
今回は 初めて生の舞台です

日本橋にある国立文楽劇場は 妹の邦楽演奏会がここの3Fにある
小ホールで定期的にあるので 今まで何回もでかけていたのですが
大ホールで文楽公演をみるのは まったく初めてでした

文楽公演は 6000円ですが 半額が大阪市の補助があるという
のに応募したら 運よく当選で 3000円でみることができました

文楽劇場 は30年前にできた劇場ですが なかなかお洒落な内装でした
a0084343_21818.jpg

1Fロビーには 新春公演の演目の絵看板も掲げられて 歌舞伎みたいです
a0084343_21101959.jpg

1Fには 資料館もあり 鑑賞前にあらかじめみておくといいかもです

文楽入門というパンフもいただきました
a0084343_122333.jpga0084343_13112488.jpga0084343_13114383.jpg

(画像の上でクリックすると拡大します)

文楽の役者は人形です
a0084343_2112280.jpg

この人形を 主使いの方が 頭と右手を担当し
左手つかいの人は 左手と小道具などを出し入れしたりし
足使いの方が 男人形の足を 女人形のときは 着物の裾裁きで歩くのを表現です

女人形には基本足がなく 役によっては足もつきます

この日の演目に 海女が登場でしたが 浜辺を素足であるくので足がありました

人形は 義太夫の語りと三味線の音に合わせて動きます

それ以外の音として 演目によっては笛や太鼓や鼓の音が聞こえてきますが
基本は 義太夫語りと三味線だけです

一人ずつのときもあれば 大勢のときもあり 舞台の右隅に専用の場所があります
a0084343_21191870.jpg

義太夫の台本や見台は それぞれ個人の持ち物ですので
でてくる義太夫さんや 三味線の人に合わせて 準備される黒子さんも~

黒子さんといえば 主使いの人以外はすべて黒子さん状態で
一つの人形に 顔の見える羽織袴の一人の主使いと 足と左手の二人の黒子
いろんな道具を準備する黒子さんも別にいて 多いときは
20人以上の黒子さんが舞台にいますので 文楽は人件費がかさむな・・・と
つまらないことも気になりました

歌舞伎とちがって 台詞も舞台進行もすべて古い言葉で語られる
浄瑠璃ですので 字幕がなければ 到底 わかりません

なので 舞台中央上に 字幕がでるので助かります

客席には外国の人もいたのをみたのですが 英語は出ずで大丈夫かな?
なんて心配も 英語のイアホンガイドもあるのでしょうか~

日本人でも難しい 文語調で 私自身も ちょっと大変でしたが なんとか理解

これが もっとわかりやすくなったら もっと文楽が浸透するかも?

でも 初めての生文楽 特に この日の出し物の
彦山権現誓助剣(ひこやまごんげんちかいのしけだち)というお芝居は
あり得ないストーリー展開に客席からもくすくす笑いがでて
江戸時代の庶民の娯楽としては 満点の面白さでした

なかなか文楽も いいじゃない~という感想です

劇場の前の道を難波方向へ少し歩くと 
黒門市場の入り口が見えましたのでちょっと寄り道
a0084343_2137315.jpg
年末年始もすぎて 人通りはまばらでしたので 
へ~ こんな所っておもったのですが
後でわかったことですが 入ってすぐの角を曲がったらあった
一番賑やかな通りに気がつかずで まっすぐ歩いてしまったのでした

やはり なんでも ちゃんと下調べをしていくべきでした

というわけで有名なお店もある通りは今は観光スポットにもなっているようです

そして今日は やっぱり難波の松竹座で 歌舞伎観劇

3代目雁治郎(現坂田藤十郎さん)と扇千景さんの長男の中村翫雀さんが
4代目中村雁治郎を襲名される披露公演です
a0084343_21402358.jpg

この日の演目の「廓文章」の吉田屋の場面で 藤十郎さんが花魁の夕霧を演じ
雁治郎さんが 夕霧に入れ込んで勘当された 若旦那 藤屋伊左衛門を演じ
舞台で親子共演でした

あらゆる年代の役をこなす歌舞伎役者は こういうことも可能ですね

それから襲名披露公演ですから 他の出演者も超豪華で
橋之助さん 愛之助さん 秀太郎さん 仁左衛門さん 壱太郎さんも
次々に登場で 多いに楽しませてくれました

大看板を張る役者さんが 番頭役でチョイ出なんてのもありました

さてさて こちらも 歌舞伎公演のお楽しみの 絵看板があがっていました
a0084343_21524241.jpg

絵看板は おおむね衣装なども忠実に描いてくれているので
後でみると 思いでになります

襲名披露の記念の幕も~
a0084343_21543714.jpg

今回の公演は 舞台の場面転換なども そのまま見せる演出なども
あって これも興味深く観劇でした

新作歌舞伎とちがって 今日は 古典ばかりで
文楽も歌舞伎も 古い日本語の言いまわし なかなか聞くのが大変で・・・

うう~と 思いながら見ていると いつの間にか・・・眠って!!

いかん いかんとあたりをみると
すぐそばの 若い娘さんは 爆睡でした

無理ないかも!!です

今年も いろんな観劇を楽しみに 仕事をがんばるつもりです
a0084343_22215612.gif
 

[PR]
by banban0501 | 2015-01-18 22:22 | 観劇 | Comments(38)

・・・・TOPに戻る・・・・
2014年 11月 24日
ついに大衆演劇鑑賞 & 携帯機種変更
宝塚は子供の頃に母に連れられていってから
歌舞伎は シネマ歌舞伎をみて 本物をみてみたいと思い
チケットを取るようになってから 劇場に足を運ぶようになりました

なので 今のところは 宝塚と歌舞伎鑑賞が
私の演劇鑑賞の中心です

たま~に 狂言もみます

これは とっても楽しめます

落語や吉本も 楽しめる娯楽だとわかりました

笑うことは 心にいい

わらうでもなく じっと見つめるだけで 楽しめなかったのは 能 です

謡も その踊りも 何がいいのか まったくわからないままで
もう一度みる気持ちにもなっていません

しかし舞台をみるのが好きですので いろいろな舞台をみたいと願っています

さて 昨日は 仕事関連の宴会が あって
はじめて体験の舞台鑑賞をしました

場所は 阪急箕面

大阪梅田からは 阪急宝塚線で石橋で乗り換える箕面線の終着駅
a0084343_15382439.jpg

駅前は 三連休の中日とあって 紅葉見物の人たちでいっぱいです

みんなどこへいくのでしょう・・・

駅で手渡たされたマップをみると
a0084343_15422067.jpg

渓流に沿って山を40分登れば 箕面大滝へいけますが
この日は 仕事関連の慰安会が 箕面スパーガーデン(大江戸温泉) であるので
滝と紅葉見物は できませんでした 

集合時間より先に滝までいった方がいて
もう すごい人で 滝まで人をかき分けて歩いて
紅葉見物も 楽しさ半分だったと話しておられました

ここは大阪の紅葉スポットですからね~

でも 紅葉の中の箕面大滝 みれなくてちょっと残念です

残念なので お借りしてきた写真でも~
a0084343_11414826.jpg

紅葉シーズンは 人ごみ覚悟でいく所のようです

さて スパーガーデンへは 駅から5分の所にあるエレベーターを登り
空中通路を抜けて山の上へ一気にあがって簡単にいけます

これを考えた人はすごい!
a0084343_15475487.jpg

夏場はプールもある昔からある娯楽施設です
a0084343_15483718.jpg

小さな宴会場で 仕事仲間の先生たちと会食でした

お料理は 3ランクあるそうで 中ランクの会席料理でしたが もうお腹いっぱいです
a0084343_15495567.jpg

2時間の宴会のあとは 温泉に入るというので 私も~

食事+お風呂+箕面座の舞台をみるのが この日のイベント企画のワンセットでした
a0084343_1553417.jpg

その月の出し物によって 箕面座の舞台は変わるのですが
この日の舞台は 大衆演劇 小泉一座

大衆演劇 初めてです

始めは また旅もののお芝居ですが これは撮影禁止で
休憩の後の ショーは 撮影自由なので 座席から パチリです
a0084343_1557525.jpg

衣装が 綺麗です
a0084343_15573056.jpg

聞きなれた歌謡曲や ポップスに合わせて 色気たっぷりな舞でした

ショーの途中では 熱心なファンからのおひねりシーンも~
a0084343_1559317.jpg

おひねりっていっても 一万円札ですよ~

最後に一座全員のフィナーレです
a0084343_1601924.jpg

舞台を観終わって 解散になったら もうすっかり夜で
大阪平野の夜景が 美しかったです
a0084343_1611849.jpg

梅田から電車で40分の近場の温泉観光地

宿泊して 料理 温泉 演劇やその他の娯楽施設を利用したり
渓流散策で 滝をみたりと 家族連れで楽しめるところと思いました

そして はじめての 大衆演劇の感想は・・・・

客席と舞台が一体となっている親しみやすさを感じました

お気に入りの役者さんをみつけたら きっとより楽しめる所が
宝塚と似ていますが 私はやっぱり 女性が男性を演じる方が好きかもでした(笑)

さて 携帯を変えました

長いこと ソフトバンクとAUと二つの会社の携帯をもっていましたが
こんど 一本化することにしました

ソフトバンク携帯は 実家の母とのホットラインでしたが
その役目もすでに終わったからです

そのかわり AU携帯は  他社への通話かけ放題プラン にしました

これでソフトバンクの人へもドコモの人にも 無料で電話できます

このサービスは今年5月から 始まったようですが
私はつい最近しったのです
a0084343_16433996.jpg

なので 一本化を決心です

かけ放題プランにするためには 今までの機種ではダメだと言われたので
新しい機種にしました

新しい機種では 歩数計機能がありますので さっそくこれを利用です
a0084343_1643175.jpg

それにしても 私は歩かない人です(笑)

携帯でのネットはほとんどしません

それは iPadミニで Wi-Fiでネット接続が可能ですから
家の中の無線ランとか 
スタバの無料Wi-Fiサービスをつかって楽しんでいます

なので ラインも家の中では できますので
家族のみの ミーティングをつくってお互いの連絡につかっています

メールと スタンプをつかって 楽しんでいます

電話番号をもたないiPadミニでも ラインで
無料電話も利用できるってわかったので これも先日初めてトライでした
a0084343_16494367.jpg

携帯もネットの世界も日々進化ですね
a0084343_16513410.gif

[PR]
by banban0501 | 2014-11-24 16:51 | 観劇 | Comments(26)

・・・・TOPに戻る・・・・
2014年 10月 26日
スーパーハイビジョンプレミア上映 杉本文楽 曽根崎心中
ブログ更新は1週間に一度はと 目標をもっている
私のブログ生活ですが 今週は とても忙しくて
ブログアップの時間も話題もないままでしたが・・・・

一つ面白い体験を今日はしてきました

お友達が 杉本文楽の「曽根崎心中」をスーパーハイビジョンカメラで
撮影した映像のプレミア上映のチケットをくれました

杉本文楽??

スーパーハイビジョン??

なんでも興味をもつ私は 今日 午前中の用事を済ませて
午後から のこのことでかけることにしました

まずは おひとり様ランチで お好み焼きです
a0084343_18251612.jpg

お好み焼きを食べる時はビールが欲しくなります!!

腹ごしらえをして 大阪梅田グランフロント北館へ

今日の大阪は とても暖かで晴天でした
a0084343_18275385.jpg

グランフロントへいく人は 相変わらず多いこと!!

芸術の秋です 北館では いろんなパフォーマンスが開かれ
買い物以外も楽しめそうでしたが・・・
a0084343_22183144.jpg

お店を覗くでもなく 上映場所の4F ナレッジシアターへ
a0084343_1827050.jpg

本日の映像で登場した 一人使いの文楽人形が お出迎えでした

普通の文楽人形は 総丈は ほぼ人間と同じぐらいですが
これは 一人で操るので 80㎝ほどの背丈です

この人形が 曽根崎心中のプロローグ的な
「付り観音廻り」の部分で登場していました

「付り観音廻り」という部分では 浄瑠璃語りが主で 
大阪の観音寺の名前が多く登場するのですが 
その語りにそって この人形のお初が 三十三か所の観音さんを
巡るという趣向を 映像でみせてくれました

曽根崎心中の「道行」の場面などを 歌舞伎でみたことがありますが
「付り観音廻り」という部分があるとは 知らなかったことでした

観音廻りをするお初についての解説が ここ にありましたが・・

現在の文楽でも この部分は割愛されるというのに
杉本文楽では ここから 始まります

杉本文楽は 近松門左衛門の原作の脚本に忠実に作られているのだそうです

一つの新しい文楽の試みをされているようです

実は 文楽自体も私は いまだ未体験でした

理由は 義太夫語りの言葉が難しくて ちょっと敬遠だったからです

今回の杉本文楽は 字幕をつけてくれていますので 難しい義太夫の
語りの内容もなんとか わかりました

でも 歌舞伎や今までの文楽とはちがって舞台装置がいたってシンプル

生玉神社の場面では 鳥居があるだけ

天満の橋の場面では 橋の欄干を表す 棒が横に一本

遊女 お初のいる天満屋では 小さな階段と徳兵衛が隠れる縁の下を表す板一枚
出入り口を表す引き戸が一つ

そういう舞台装置の背景は真っ黒です

二人が心中場所として選んだ 曽根崎の森は 木々のシルエットで表現でした

後でトークショーに出演されたプロデューサーの方が説明してくださって
わかったことは 従来の舞台装置では 左右の動きでしか表現できないことが
黒のバックにいらないものをそぎ落とすことで
想像力の世界になり 前後の動きも可能になるとのことでした

しかも 驚いたことに 普通の文楽では 主使いの方は顔を出して
演じられるのに 人形の使い手3人とも黒子衣装で顔もまったく見えません

なにもかも ユニークなのでした

この公演スタイルで海外公演も行い 高評を博しているらしく
ヨーロッパの観客は人形と3人の使い手が一体となった
ダンスパフォーマンスのように とらえているのだそうです

そういうことは びっくりなことでしたが
はじめて曽根崎心中を文楽で楽しみ その人形の顔の表情だけでなく
人形の手の指先にまで 表情があり 人形が演じていることを
忘れさせてくれる所に 文楽のすごさを感じたことは確かです

歌舞伎も はじめて体験は 気軽に見れるシネマ歌舞伎からでした

2,3度 見たあと 生の舞台をみてみたいと思うようになりました

文楽も こういう映像という形で気楽に鑑賞できたら舞台観客も増えるでしょうね

お話は・・・

恋仲だった二人ですが 徳兵衛は叔父に婿入りを迫られ
断る徳兵衛に それなら継母に先に渡した結納金を返せと言われ
継母から取り返したその金を 悪い友達に貸したばかりに
だまし取られるだけでなく 借用書を偽造したと濡れ衣まで着せられて
にっちもさっちもいかなくなって死を決意し お初まで道連れという
今なら 考えられない エンディングではありますが・・・
a0084343_18572492.jpg

上の写真は 今回のポスターですが
この写真の 遊女お初は 死んでいるのです

徳兵衛は 息絶えるときは 一緒にと
この後 短刀で自分の喉をかき切るのですよ

本当に最後は 切ない幕切れです

死んであの世で添い遂げられるようにと 二人の体を
お初の帯で結び「心中の手本となろう」というのですが・・・

死んだ二人の姿の最後に 義太夫語りが こう語ります

「恋の手本となりにけり」

元禄16年4月7日に醤油問屋の手代 徳兵衛と 堂島新地の遊女 お初が
梅田曽根崎天神の森で 心中を遂げてから一か月後
近松門左衛門が この話を脚色して人形浄瑠璃の芝居に仕立て
大阪竹本座で上演し 空前の大成功を収めたというから
当時の庶民は この悲恋物語に 涙したってことなのですね

それから 歌舞伎にも取り上げられ現在まで語り継がれる物語

昔は劇場でしか味わえなかったものが
今は スーパーハイビジョンで撮影されたものをみて楽しめる

お人形の表情もドアップでも綺麗で 三味線の音色も深くて幅があり
素晴らしい音響で スーパーハイビジョンというのも すごかったです

なかなか いいものを観劇でき 気持ちのリフレッシュできました!

実際の舞台の様子は こちら で見れますよ~

a0084343_19171270.gif

[PR]
by banban0501 | 2014-10-26 19:18 | 観劇 | Comments(22)

・・・・TOPに戻る・・・・