好きな旅行の話や 自分が興味をもったことをアップしています♪ 気になるカテゴリーからもどうぞ!
by banban0501
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
検索
カテゴリ
全体
始めまして・・ごあいさつ
ケアンズ
南イタリア旅行
NYの思い出アルバム
ニューヨークの思い出
アメリカ ラスベガス・ロス
イギリス・ロンドン
ドイツ・オーストリア話
スペインの思い出
南フランス
タイ 
読んだ本
ベトナム
韓国釜山ソウル
韓国ソウル・春川・水原
中国 上海
中国 杭州と上海再び
中国 北京
中国 麗江
台湾旅行
台湾旅行 再訪
中国 香港
マカオ・香港の旅
チェジュ旅行
奈良 今井町
伊勢・志摩の旅
白浜 南部の旅
北陸 金沢 山中
奥飛騨
松本・安曇野旅行
長崎とハウステンボスの旅
ハウステンボスの旅 二泊三日
八カ岳 リゾナーレ
富士山と日光
東京旅行
豊川 岡崎
箱根旅行
横浜・鎌倉旅行
熱海 三島
名古屋旅行
京都と琵琶湖・浜名湖の旅
クルーズ
京阪神ブラリぶらり
料理・食べ物の話
お金の話
映画
観劇
英会話
DIY 日曜大工 ミシン仕事
カバン作り
こども服
日々の記録・雑感
ちょっと驚いたこと
マイ 美術館
パソコンでお絵かき
パソコンで・・・・
お勉強!
読んだ本
日本語ボランティア

遺品整理
お役立ち情報
仕事関連
リホーム
収納の工夫
親指のトラブル
未分類
最新のコメント
★ fuchan_k ★..
by banban0501 at 20:30
上級エコノミーのことかし..
by fuchan_k at 17:44
★ salam2002 ..
by banban0501 at 23:24
こんばんは。 ことし海..
by salam2002 at 22:53
★ anello63 ★..
by banban0501 at 10:39
おー!アメリカでしたか!..
by anello63 at 23:30
★ sacromonst..
by banban0501 at 23:11
ご無沙汰いたしました。於..
by sacromonster at 16:20
★ yasukon20 ..
by banban0501 at 14:04
おはようございます。 ..
by yasukon20 at 09:35
フォロー中のブログ
生きる詩
ニューヨークの遊び方
気まぐれフォト日記
パリときどきバブー  f...
チョコットメモ記
小次郎じじ物語
折々の記
親父の HOBBY
Rabbitjumpの草原
空の見えるベランダから
neige+ 手作りのあ...
ひとこと、ふたこと、みこと
《ニューヨーク直行便 》...
日々の暮らし
~秋色紫陽花と暮らす日々~
本当に幸せなの?
気まぐれ日記
BABAうさぎの奮闘記 ...
ふうちゃん にっき
元気ばばの青春日記 気持...
はあと・ドキドキ・らいふ
OURHOME
やっぱり旅が好き♪
アンダンテのだんだんと中受日記
片付けたくなる部屋づくり
☆FREEDOM☆
さかえのファミリー
その日・その日
ブロ友パソコン相談室
Mrs.和やか in 手帳
無垢のおうちと収納と
FU-KOなまいにち
Linen Style...
IEbiyori
時流れるままに
シンプルで心地いい暮らし
Baabaの徒然に
はりねずみの日記帳
喜びも悲しみも幾年月
『 とっておきのお片付け 』 
元気ばばの青春日記 気持...
WITH LATTICE
時間を味方につける整理収...
ハーバードで奮闘中、日本...
白×グレーの四角いおうち
uri's room* ...
ivory*
クラシノート
片づけで、すっきり暮らし。
ほぼ100均で片付け収納に挑戦
外部リンク
ひとりごと
自称 記録魔
自分のために
記録して残して
おきたいことを
時々 更新です

メールはこちらから
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
more...
タグ
(113)
(72)
(59)
(51)
(38)
(25)
(24)
(23)
(22)
(18)
(17)
(16)
(14)
(13)
(13)
(12)
(12)
(10)
(6)
(5)
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
最新の記事
友の会ご招待 リトルダンサー
at 2017-10-15 23:46
上級エコノミー & 衣替え ..
at 2017-10-08 17:24
デジカメ トランク購入 & ..
at 2017-10-01 17:22
Evernoteとicale..
at 2017-09-24 14:46
高橋真梨子さんコンサート &..
at 2017-09-17 16:32
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:伊勢・志摩の旅( 4 )

・・・・TOPに戻る・・・・
2007年 10月 11日
伊勢 タラサ志摩のエステ!
ホテル ロビーの階段を 降りたフロアー全部が エステフロアーです
受付で カウンセリングをうけ 説明をしてもらい
エステ計画を 立ててもらいます

a0084343_22324984.jpg

上の写真の見取り図でわかるように
様々な 用途のエステルームが用意されています
見取り図下方のプールの写真は 撮れましたが
他のお部屋の写真は バスローブ姿でうろうろしますので
撮影不可能でした
a0084343_15323179.jpg

プールの水は 沖合いの深層海水ですので
体に 優しく 滑らかでした
エステの予約時間をまつあいだ 泳いでみました
暖かい海水のジャグジーもあります

まず食事の話から
夕食のお料理は 和食コースとフランス料理コースを選べますので
私たちは フランス料理にしてみました

a0084343_22331219.jpg


6皿も ありましたので お腹いっぱいになりました
もちろん 新鮮な魚介類ですので 本当に美味しかったです
ついでに朝食の様子は こんな感じで
朝になって わかったことは 若い女性の二人連れの多いこと!
a0084343_15352625.jpg


さてさて 気になるエステの内容と 料金です
まずは  交通費 

近鉄特急
普通:1,890円
特急:1,560円

1泊でバイクング朝食のみだと
二人部屋利用で 一人 12000円
エステも 夕食もついていません
シティホテルに泊まったと考える料金です
 
でも このホテル エステが売りですから
ただ 泊まって帰るひとは いません

普通にみなさんが 選ぶコースは
☆夕食:フランス料理 又は 日本料理
☆朝食:バイキング
☆タラソテラピー(約120分)

季節ごとに 特別お得料金というのが ありますので
これを利用しますと二人部屋利用 一人約30000円

つまり 夕食代金と エステ料金が 18000円となるわけです
一つ一つの詳しい 内訳は わかりませんが・・・

基本はタラソテラピーエステ+宿泊・食事で
いろいろなところで 紹介されています
一休COMなどにアクセスして申し込む方法もありますし
直接ホテルへ予約をとれば いいでしょう
ツアーでいく旅行ではなく 個人旅行先です
旅行会社に手配を頼むと 手数料もいります
ネットでの申し込みなどで 割引になったりもする方法もあるようです

さて エステの具体的中身です
以下のページにアクセスするとわかるのですが
http://www.thalasso.co.jp/spa/基本のタラソテラピーエステは 様々な種類用意されています
そのなかから 4種類のメニューをエステ受付で自分で選びます
その時の混み具合などで 希望の時間に
取れない場合もあるみたいです
私たちは
海草または 泥の全身パック と 顔のエステ
プールや サウナルームでの エステか
ジェットバスに20分など いろんなメニューから4種類の
お好みのエステを選んで2時間のエステタイムをすごしました

その後 プールにはいって泳いだり
サウナ風呂にはいったりと 食事までの時間をすごしました

始めは基本のタラソテラピーだけの予定でしたが
これだけで帰るには 日本で唯一の
エステ専用ホテルへでかけたのですから
なにか 物足りないって思ってしまったわけで
次の写真のエステメニューから それぞれ一つ選びました
これは 翌日の予約になりました
a0084343_16372741.jpg


アーユルヴェーダーエステは
古代インドを発祥とした5000年の歴史を持つ自然療法で
心身に滞留する毒素を排出させ心と身体を人間本来の姿に導くそうで
特別オイルを頭の上から たらりと流し 全身マッサージします
このオイル代が 高くて 2時間コース なんと 30000円
これは 一度に二人しか 予約がとれませんので
同行の二人が チャレンジしました
a0084343_16374753.jpg

もう一人が選んだのは 髪の毛と頭皮マッサージです
バリ島で最も有名なエステメニューでクリームバスです
その歴史は古く、17世紀のジャワ王室で行われていたとか。
これは 12000円
a0084343_16405214.jpg


私は 60分15000円の普通のボディトリートメント
いわゆる マッサージをお願いしました
90分 18500円 120分21000円 というコースもあります
時間が長いほうが 割り得です

マッサージしてくれる部分も微妙に違ってきます

裸体になって紙のショーツを履いて 
ベッドに横たわり それこそ全身マッサージ
してもらいましたが 人間の手の動きの気持ちいいこと!
素晴らしいテクニックです
腰を痛めていた 私の痛点を見つけだして
ていねいに もみほぐしてくれました
いくら文明が進歩しても 機械にはできない芸当です
自分でできないから 人にしてもらうしかない!
そのための 技術料金ですから 納得できます

いろいろな意味で 至福のひと時でした

初めてのエステ体験 感想は・・・・

とにかく 高~い!!
でも 超 気持ちイイ!!

さて わざわざ 伊勢まで いってのエステ体験と
都心のホテルでの エステ体験と どちらが お得かといえば
旅行気分で 素晴らしい眺望の中で 美味しいお料理に満足して
ゆったりできるのですから
これは これで いいな・・・と思いました
[PR]
by banban0501 | 2007-10-11 07:36 | 伊勢・志摩の旅 | Comments(0)

・・・・TOPに戻る・・・・
2007年 10月 07日
伊勢 タラサ志摩ホテル
エステ体験のために いってみました
タラサ志摩ホテル&リゾート

大阪からは 近鉄特急で 鳥羽へ~
鳥羽駅には タラサホテル専用の待合室がありますので
送迎バスを ハーブティをいただきながら待ちます
a0084343_1572532.jpg

鳥羽の駅から バスで20分海岸沿いをはしると
英虞湾の真珠の養殖いかだを 多くみることができます
a0084343_1511628.jpg

さ~ ホテル到着です
写真は 海側からの全景ですが お庭からみる ホテルもステキです
a0084343_1512996.jpg

とてもステキな チャペルがあります
クリスタルルームのチャペルは 海に面しています
a0084343_1512479.jpg

ホテルロビーから 見える眺めは最高です
a0084343_15145987.jpg

さて 客室は 2Fから 上です
ちょっと カーブした廊下をあるくと 手入れされた芝生の庭がみえます
ホテルは客室の窓は オーシャンビューです
a0084343_15155762.jpg

IFは ロビーと レストランで 地下部分が エステ部分となります
自分の部屋で エステのために 着替えます
時間が 早くて チェックインが できないときでも
フロントに荷物を預けて 更衣室で 着替えることもできます

水着をきて バスローブを 羽織ります
さ~ いよいよ エステルームへ移動
初めてのエステ体験です

長くなりますので 次回 詳しく!!
[PR]
by banban0501 | 2007-10-07 10:48 | 伊勢・志摩の旅 | Comments(6)

・・・・TOPに戻る・・・・
2007年 10月 04日
伊勢 おはらい町 おかげ横丁
内宮におまいりするために おお鳥居をくぐりますが
その 前には 昔から 伊勢神宮をおまいりする人たちのための
お店が ずらりと 並んでいます

大昔に いったことのあるみやげ物屋「岩戸屋」もまだありました

今回行ってみて 驚いたことがあります
それは この おはらい町の 町並み保存が 
すばらしいものなんだということです

伊勢神宮内宮の門前町として昔から
五十鈴川沿いに内宮に至る約800mの参道が
おはらい町通りとして 栄えていました

でも 近年 伊勢参りをする人も減少してきていました
私も 久々の お伊勢さんです

ところが 久しぶりにいってみたらば
江戸時代に建築された切妻 妻入りの伝統様式の“まちなみ”が
今もその姿をとどめて ちょっと感動です

伊勢のお土産で有名な『赤福』の資金協力もあって
平成元年『伊勢市まちなみ保全条例』が制定され
店頭の修景 電柱の撤去 石畳の道に改修するなどして
“まちなみ”の保全整備事業が進んだのです

電柱がないので すっきりしていますし
古い家屋も 綺麗に手が加えられ
新しいお店も 昔風に再現されて 建築されています

『赤福』が本店前に平成5年に
明治初期の下町の賑わいを演出して20数棟の商店からなる
『おかげ横丁』をつくり ますます 集客力を高めました

では ちょっと 写真で ごらんください
a0084343_22384283.jpg

地図の下方に横に流れているのは五十鈴川です
川にそって 建物が並んでいますので
そこから みると また風情があります
昔の旅館の建物なのでしょうか・・・
渡り廊下が いいでしょう?
a0084343_1814841.jpg

この通りの中央に 赤福本店がありますよ
全ての 町並み保存は 「赤福」の力と
伊勢市民の努力によるのです
a0084343_1823863.jpg

この赤福本店が再現した明治初期の町並み
というより 江戸の町にタイムスリップしたような
おかげ横丁という面白い 横丁が 続いています
a0084343_184935.jpg

a0084343_184397.jpg

このおかげ横丁には 食べ歩きのできる
お店が いっぱいありますので 私たちも
いろんなものを食べてみました

なんといっても 美味しかったのは コロッケと天ぷらでした
サザエの串焼きなんかも 食べました

荷物の邪魔な人のためには ロッカーも用意されていますので
ゆっくり この おはらい町と おかげ横丁を 散策できます

お土産として 買いたいものもいっぱいで
赤福さんの おかげで もう一つの 伊勢の楽しみスポットに
これからも なっていくでしょう

案外 若い観光客が 多かったのにも 驚きでした
[PR]
by banban0501 | 2007-10-04 09:52 | 伊勢・志摩の旅 | Comments(2)

・・・・TOPに戻る・・・・
2007年 10月 01日
伊勢 月読宮(つきよみのみや)
a0084343_20493827.jpg

伊勢の内宮(地図の下方の緑の部分)と
外宮(地図の真ん中左側の緑の部分)は地図でみると
随分 離れているのが わかります

内宮は 天照大御神をまつり 五十鈴川にかかる
宇治橋を渡って 一度はいったことのある人もおおいように
とても有名ですが 外宮にも いくというひとは あまりいません

外宮には 衣食住全ての産業をつかさどる
豊受大御神が 祀られているんだそうです
私も まだ いったことがありません

本当は 外宮に参って そのあと内宮にいくのだそうです
この二ツの宮のほかにも 驚いたことに
倭姫宮(やまとひめのみや)とか
伊勢には 10の神宮があるのだそうです

この中で 月読宮というところに いってみました

まずは 鳥居の前で 一礼して 参道をあるきます
a0084343_2054116.jpg

4つの社それぞれに ニ礼ニ拍手一礼をしておまいりしました

この宮は 外宮と内宮を結ぶ御幸道路の中間の道路沿いにある
こんもりとした森の中にあります

おまつりしてある月読尊(つきよみのみこと)は
天照大御神の弟神で 外宮の別宮の月夜見宮(つきよみのみや)と
同じ神様です

神話の中では
伊左奈岐(いざなぎ)の尊と 伊左奈弥(いざなみ)の尊の
子供として天照大御神がうまれ そのあと月読尊がうまれたとか・・・

高天原で暴れて 天照大御神がお怒りになって
天の岩戸にお隠れになって世の中が真っ暗になった
という原因になった弟神 須佐之男命(すさのおのみこと)は
3番目の子供というわけです
間にもう一人弟がいたとは知りませんでした!

ちょっと神話について 調べてみると

高天原(たかまのはら)を治められた天照大御神が
国土に降りられるとき、皇位の璽(しるし)である三種の神器

八咫鏡:やたのかがみ・
草薙剣:くさなぎのつるぎ・
八坂瓊勾玉:やさかにのまがたま

を授けられて その中の御鏡が御祭神
天照大御神の御霊代として内宮におまつりされているそうで

「天照大御神は、その文字が示すように、
天を照らす太陽を象徴しています
太陽そのものを神とするのではなく、太陽に例えられるような、
偉大で明るい立派な日本民族の祖神を意味する神さまなのです」
とありました

因みに草薙の剣は
熱田神宮(愛知県)に祀られていましたが
壇ノ浦の戦いで安徳天皇とともに関門海峡に水没したとされているそうで
八坂瓊勾玉は 皇居の中で 大切に保存されているそうです!!

さて さて
この小さな月読宮には 4つの社があるのですが
4つあわせて 月読宮なんだそうです

美輪明宏さんが テレビで この月読宮に参拝すると
パワーをもらえるんだと いったそうです
それから この宮にお参りする人が 急にふえたことや
私たちが いった前日には 伊藤美咲さんが 参っていたと
タクシーの運転手さんが 教えてくれました

この宮も20年ごとの式年遷宮の行事があります
前回は 平成6年10月だったそうです
もう 13年たっていますから すっかり色あせて
苔なども ついています

因みに 遷宮(せんぐう)した当時の写真がパンフにありましたので
その色の違いを 上の写真で比べてみてください
a0084343_21152947.jpg

月読宮のイラストの真ん中あたりに
次の遷宮のためのスペースがあるのも みえます

このように 遷宮は 式年遷宮といわれ
日本各地の お社で 行なわれる 式年行事ですが
財政難で できないところも あるようです

でも ここ伊勢では
690年の持統天皇の御代に始まり
戦国時代などの中断期を除き1993年の第61回式年遷宮まで
連綿と20年ごとに続けられてきていています

1300年もの長い間続いたことで
宮大工の技術も伝えられていったとゆうことですから 
20年ごとの遷宮には多くの意味があるのだと思います

次回の式年遷宮は2013年ですが もう2005年から
様々な取組が 始まっています
白木の切り出しの祭り 運び入れ祭り 地鎮祭などなど 数年をかけて
おこなわれる行事だそうです

こんな 神話の世界 伊勢の内宮の前にある 賑やかな
おはらい町と おかげ横丁の話を 次回にアップです
[PR]
by banban0501 | 2007-10-01 07:25 | 伊勢・志摩の旅 | Comments(0)

・・・・TOPに戻る・・・・