好きな旅行の話や 自分が興味をもったことをアップしています♪ 気になるカテゴリーからもどうぞ!
by banban0501
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
検索
カテゴリ
全体
始めまして・・ごあいさつ
ケアンズ
南イタリア旅行
NYの思い出アルバム
ニューヨークの思い出
アメリカ ラスベガス・ロス
イギリス・ロンドン
ドイツ・オーストリア話
スペインの思い出
南フランス
タイ 
読んだ本
ベトナム
韓国釜山ソウル
韓国ソウル・春川・水原
中国 上海
中国 杭州と上海再び
中国 北京
中国 麗江
台湾旅行
台湾旅行 再訪
中国 香港
マカオ・香港の旅
チェジュ旅行
奈良 今井町
伊勢・志摩の旅
白浜 南部の旅
北陸 金沢 山中
奥飛騨
松本・安曇野旅行
長崎とハウステンボスの旅
ハウステンボスの旅 二泊三日
八カ岳 リゾナーレ
富士山と日光
東京旅行
豊川 岡崎
箱根旅行
横浜・鎌倉旅行
熱海 三島
名古屋旅行
京都と琵琶湖・浜名湖の旅
京阪神ブラリぶらり
お金の話
映画
観劇
英会話
DIY 日曜大工 ミシン仕事
カバン作り
こども服
日々の記録・雑感
ちょっと驚いたこと
マイ 美術館
料理・食べ物の話
パソコンでお絵かき
パソコンで・・・・
お勉強!
読んだ本
日本語ボランティア

遺品整理
お役立ち情報
仕事関連
リホーム
収納の工夫
親指のトラブル
未分類
最新のコメント
★ ささゆり ★さま ..
by banban0501 at 08:56
こんばんは。 シチ..
by ささゆり at 23:20
★ salam2002 ..
by banban0501 at 23:04
こんにちは。 紫陽花咲..
by salam2002 at 12:59
★ 2Boy'sママ ★..
by banban0501 at 10:44
突然お邪魔します 同じ..
by 2Boy'sママ at 08:43
★ juju3291a ..
by banban0501 at 06:23
★ yasukon20 ..
by banban0501 at 06:20
私たちが高齢になったら ..
by juju3291a at 00:29
こんばんは! 押し..
by yasukon20 at 22:31
フォロー中のブログ
生きる詩
ニューヨークの遊び方
気まぐれフォト日記
チョコットメモ記
小次郎じじ物語
折々の記
親父の HOBBY
Rabbitjumpの草原
空の見えるベランダから
neige+ 手作りのあ...
ひとこと、ふたこと、みこと
《ニューヨーク直行便 》...
日々の暮らし
~秋色紫陽花と暮らす日々~
本当に幸せなの?
気まぐれ日記
BABAうさぎの奮闘記 ...
ふうちゃん にっき
元気ばばの青春日記 気持...
はあと・ドキドキ・らいふ
OURHOME
やっぱり旅が好き♪
アンダンテのだんだんと中受日記
片付けたくなる部屋づくり
☆FREEDOM☆
さかえのファミリー
その日・その日
ブロ友パソコン相談室
Mrs.和やか in 手帳
無垢のおうちと収納と
FU-KOなまいにち
Linen Style...
IEbiyori
時流れるままに
シンプルで心地いい暮らし
Baabaの徒然に
はりねずみの日記帳
喜びも悲しみも幾年月
『 とっておきのお片付け 』 
元気ばばの青春日記 気持...
WITH LATTICE
ラクからはじまる楽時間♪
ハーバードで奮闘中、日本...
白×グレーの四角いおうち
uri's room* ...
ivory*
クラシノート
片づけで、すっきり暮らし。
ほぼ100均で片付け収納に挑戦
外部リンク
ひとりごと
自称 記録魔
自分のために
記録して残して
おきたいことを
時々 更新です

メールはこちらから
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
more...
タグ
(98)
(67)
(45)
(44)
(37)
(24)
(22)
(21)
(17)
(17)
(16)
(16)
(13)
(12)
(12)
(11)
(11)
(10)
(6)
(5)
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
最新の記事
押しピンの穴 & 紫陽花
at 2017-05-21 15:26
主婦の知恵拝借 & 旅行計画..
at 2017-05-14 11:55
GWは がんばりウイーク &..
at 2017-05-07 20:25
星野リゾートを楽しむ旅 浜名..
at 2017-04-29 09:26
星野リゾートを楽しむ旅 界 遠州
at 2017-04-26 10:00
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:NYの思い出アルバム( 5 )

・・・・TOPに戻る・・・・
2007年 06月 16日
NYの思い出5
地下鉄にのったり 歩いたりしながら
マンハッタンのいろいろな 所へいってみました
下の地図は地下鉄で隣に座った女性に乗り換え駅を尋ねたときに
頂いたものですが 全て英語で・・・実際には役にはたちませんでした
でも プラスチックコーティングした立派な地図で
ミッドタウンの通りが 縦のアベニュー 横のストリートと
とても番地を見つけやすいようになっているのがわかるとおもいます
a0084343_15404249.jpg

タイムズ・スクエアから縦の通りを3ついったところが有名な5番街です
5番ストリートには ブランド店がいっぱいあります
おのぼりさんとしては ティファニーへ~
値札なんて ありません!!もちろんJust Watchingのみです
a0084343_14235840.jpg

この通りにはセント・パトリック教会もあります
周りの高層ビルに負けない 立派なたたずまいです
この教会のような教会スタイルの建物ではないのですが
もと劇場だったようなところを教会にしている
タイムススクエアチャーチで 日曜日の礼拝にいって
生ゴスペルをきいたのも いい思い出になりました
ブロードウエイの真ん中に教会があるなんて
さすが NY なんでもありです
a0084343_14245271.jpg


ロックフェラーセンターは巨大クリスマスツリーとスケート場で有名な
部分のほかにも 写真にみえるような中層や写真には映っていない
超高層のビルで構成されています 
いろいろな有名店がありショッピングも楽しいですが
地下部分のアイススケートリンクでは 大勢の人がスケートを楽しみ
大勢のひとが それを眺めています
日本が バブルだったときに このロックフェラーセンターの
建物のいくつかが 三菱地所のものになりました
日本の当時の金余りは 今ではウソのような話ですね
この向かいにあるMBCスタジオツアーの
貴重な思い出です
a0084343_1450279.jpg


夜に遊びにいったところはグリニッジビレッジにある
ジャズを聞かせてくれるビレッジバンガードです
予約をとって9時から始まるセッションを聞きにいきました
ですが せっかくの生演奏中に旅の疲れで
ぐっすり寝込んでいたのですが・・・

もう一つは エンパイアステイトビルディングへ夜景をみに登りました
時間があれば スカイ・ライドのアトラクションに乗りたかったですが
もう 長蛇の列に怖気ついて やめました
a0084343_15512857.jpg

ビレッジバンガードはパンフの絵と同じ入り口から
すぐ地下へおりたところがお店で とても狭いのです
このあたりにたくさんあるジャズを聞かせてくれるお店はみんな
同じように なっているようです
どちらも写真をとることはすっかり忘れてしまって 残念!!

ソーホーのお洒落なブティクを覗いてみたいと
うろうろしてついたところはワシントン・スクエアでした
この公園の周りにはニューヨーク大学の建物がありました
学生は専用バスで学舎の移動を行なうということですから
ほんの一部です
グリニッジ・ヴィレッジやソーホーなどのお洒落なエリアの中心に
位置しているため全米中の高校生に最も人気のある大学の一つ
だそうですが私立だそうです
a0084343_14322775.jpg

ここで すっかり迷子になって アイスクリーム屋さんで
地下鉄の乗り場を きくのが やっとこさで ソーホーにはいけずでした

うろうろ楽しむのが NYの楽しみ方です
観光バスにのって移動していては 本当にNYがたのしめません
じっくり 何回にも 分けて 楽しみにいくところだと思っています

道にまよったりもしましたが だからこそ触れ合える人もあり
その日の気分で好きなところへ出かけ
ミュージカルを2つ見て ジャスも聞き
ターバンオンザグリーンで 豪華ディナーも食べて
パック旅行では 味わえない自由な旅でした

このアルバムをアップした6月半ばに
NHKは NY特集を組んで 私がいけなかった
いろいろなNYを紹介してくれました
また いつかNYへいって できなかったことにチャレンジしてみたいです
そのためにも 英語を頑張る!!というのが 私の大切な夢です

最後に 霧の中のブルックリン橋で アルバムは閉じておきます
この橋は1883年完成した当時のままの マンハッタンで一番古い橋です
この橋の車道の上に 歩道が ついています
休日にはたくさんの人が 休憩しながら マンハッタンの景色を
楽しみながら歩きます
これにも いつか!挑戦です
a0084343_14333061.jpg

[PR]
by banban0501 | 2007-06-16 14:10 | NYの思い出アルバム | Comments(8)

・・・・TOPに戻る・・・・
2007年 06月 13日
NYの思い出4
NYマンハッタンの観光スポットにいきましょう
a0084343_13135015.jpg

地図の緑の部分がセントラルパークですが
NYの観光の中心 5番街や ブロードウエイは
セントラルパークからも近いのです
セントラルパークは広いので端っこを散歩してみました
リスがいたり 犬をつれた人たちがいたり 11月の枯葉の絨毯を
踏みしめながら あるきましたが
このあたりは セントラルパークのほんの一部分です
a0084343_15335743.jpg

上の写真あたりの公園の前には リンカーンセンターがあります
オペラが上演されるホールに入ってみました
中に ショップがありましたので ちょこっとお土産なんかもかいました
友達は 夜に オペラ観劇にドレスアップしていきました
a0084343_17585140.jpg

a0084343_13173293.jpg

公園の一部はメトロポリタン美術館です
道路に面したところに入り口があり 階段に大勢の人が座っています
このような光景はよく写真などでみることがありますが
この人たちは すぐ前にある停留所の
沢山ある路線バスをまっている人たちです
私も バスをまちながら 階段で休憩してにわかニューヨーカー気分です
a0084343_17593480.jpg

中の写真撮影は禁止ですが 上の写真にあるようなホールは撮影OK
ここでジェニファーロペスの"Maid in Manhattan"という映画で
パーティが開かれるシーンがありました
この日は なにかのコンサートの準備が されていました
a0084343_1539222.jpg

メトロポリタン美術館の展示品は膨大な数ですが
入り口で荷物を預けて 手ぶらで廻れます
また 一日なんどでも出入りできるなど よくできた美術館です
屋上にはセントラルパークを見渡せるカフェもあるそうです
そんなお話はここにもアップしています

a0084343_13183137.jpg

ブロードウエイで一番有名な交差点
タイムズ・スクエアは地図の下の部分です
ここで道路が斜めに交差しています
どちら側も とてもよく似た感じがします
アッパー側のここから ちょっと先にセントラルパークがありますが
どちらが アッパー側だったのか よくわかりません
a0084343_1804718.jpg

ブロードウエイにはとても沢山の劇場が あり
夜になると 大勢の観客が どの劇場にも おしかけます
始まる時間は 遅いので そのまえに食事をする人たちのために
いろいろな国の料理店がありますが リーズナブルです
一番のお奨めは 中国料理でしたが・・・・

ある日のお昼にマダムタッソーの聾人形館いきましたが 
お腹がすいたので この前にあった吉野屋へはいってみました
日本でもはいったことがなかったのですが・・・
ベジタブル丼の具には びっくりです 味は・・・
a0084343_15563116.jpg


NYの楽しみは夜のミュージカルです
本当に たくさんの劇場が いっぱいで
ミュージカルをみるために どの劇場も人もいっぱいです
観たのは「オペラ座の怪人」 感激して 涙・・・です
この話はここにも書いています
英語が 全部 わかならくても いいものは伝わりますね
この時始まったばかりのマンマ・ミーアもありましたが
私が このミュージカルをみたのは 去年日本の劇団四季の舞台です
後で この時にみなかったこと 後悔しました
a0084343_1812455.jpg

あちらこちら ゆっくり楽しむのが一番いいNYですが
次回は最終回で まとめて アップです
[PR]
by banban0501 | 2007-06-13 07:34 | NYの思い出アルバム | Comments(0)

・・・・TOPに戻る・・・・
2007年 06月 10日
NYの思い出3
「自由の女神」はトーチを高く掲げて闊歩する女性のイメージ
アメリカのイメージとおもいがちですが
これは フランスからの贈り物であることは周知のことです
フランスの共和主義の理念を現すものでした

でもこの贈り物にはもっといろいろなドラマがありました

1865年法学者のラブレーは
当時のナポレオンの抑圧的政権にたいして不満を感じ
南北戦争を終えて豊かな工業国へ発展しつつあったアメリカに
強い憧れをいだいていました

フランスの共和主義の理想をアメリカと分かち合って
友好を深める記念碑をつくりたいと 彫刻家バルトルディに相談
彼はアメリカに渡り 作るなら 
アメリカの重要な入国ポイント場所にと考えました

この間にナポレオン3世が退位し
王党派と共和主義者たちの争いがはじまりましたが
フランスの共和主義を勝ち取るためにも 
女神像はシンボルとして必要になってきました

1874年 制作発表された 数ヶ月後にフランスは共和国となりました
1884年の女神像完成 さ!アメリカへ!

ところが 女神を置く台座が NYに完成していませんでした
1877年に募金活動をはじめ 1883年にアメリカの建築家ハントが
制作にかかりましたが 思うように募金があつまらず
完成が危ぶまれた時期が ありました
このとき 「ザ・ニュヨーク・ワールド」の出版者
J・ピューリッツアーが 自分の新聞で
「金持ちが 寄付を行なわないことを強く非難」したおかげで
台座は完成し
フランスで完成したあとフランスで立っていた女神像は解体され
1885年船ではこばれ 1886年の序幕式になったのです
金持ちが寄付をするというのは 伝統になり
同じ時代1870年開館のメトロポリタン美術館の建物も
所蔵品も寄付で できたのでした

この時のフランスとアメリカの友好の証として
今も小さな自由の女神が セーヌ河を見下ろして立っています

こういう歴史を考えると 女神の台座も重要です

さて女神の像のあるステタン・アイランドのリバティ島は小さな島です
船を下りたところは 事務所とおみやげものショップがあります
あとは 広い公園になっています
落ち葉の中に女神が見えてきます
a0084343_1159139.jpg

この女神様は 1986年の100年祭のあと
2年がかりで修復されたそうです
その時も フランスから金属細工チームがきたそうですから
女神は フランスとアメリカの友好の象徴のようです

フェリーを降りて歩くと まず 女神が後ろ向きに見えてきます
この 後ろの部分から
時間が あるひとは 中にはいって女神像の中にはいり
展望室へいけたのですが 残念ながらこの時は工事中でした
さすがに台座は 立派です
a0084343_1835922.jpg

この中にはいるのには 時には2,3時間もならんで
22階分の階段をあがらなければならなかったそうです
入場は無料ですが 寄付は歓迎とパンフにかいてありました

しかしこの時の内部の修理工事のあと女神の顔の部分の展望台へは
今はもう いけないようになったそうです

台座の上に新たな展望台はできたそうですが・・・
これも テロをおそれての措置なのでしょうか?残念です

遊歩道をあるいていくと 女神像の真下までやってこれます
見上げた女神は とても 大きいです
a0084343_1843349.jpg

ここから マンハッタン島は遠くて もう見えません

次回は ミッドタウンの見所のアルバムです
[PR]
by banban0501 | 2007-06-10 08:19 | NYの思い出アルバム | Comments(4)

・・・・TOPに戻る・・・・
2007年 06月 07日
NYの思い出2
さ~ いよいよ 自由の女神を見に行きます
NYのマンハッタン島の一番端にきたのです
ミッドタウンから直に来たいときには1番か9番の地下鉄にのって
終点のサウス・フェリーで降りるといいそうです
下の地図の左上あたりの広いスペースはグランドゼロです
a0084343_1371581.jpg

地図の南端の緑の部分がマンハッタン島のバッテリーパークです
ここからフェリーに乗ってスタテン島・リバティ島に立つ
自由の女神をみにいきます
この公園は地図をみてもわかるように広いのです

金融街を後にするとバッテリーパークの前なのですが・・
パークの前に小さな公園と古い建物があります
実はこの建物を起点として 
ずっと上へ上へとマンハッタンは続いていきます
地図の緑の部分の上部の角です
a0084343_2210214.jpg

小さな公園には 昔の戦争で壊れたフェンスが
記念の為にそのままありました
a0084343_11532259.jpg

この公園の向いは もうバッテリーパーク入り口になります

バッテリーパークは広い公園ですがここに
2001年アメリカ同時多発テロの犠牲者のための
追悼モニュメントがあります
a0084343_1761134.jpg

この公園は そのまま港へ続きます

船着場への入り口をはいったところで振り返ると
マンハッタンの高層ビルの上部が霧に隠れているのがみえました
a0084343_17332795.jpg

厳重な荷物チェックをうけて 船にのりこみます
この船にのって リバティ島にある自由の女神のところまで
信じられないことに タダで運んでもらえます

この船の中で デッキに座っていると隣にいた男性が
東洋系だったので「日本人ですか?」と英語できくと
「ぼくは 中国人だよ 2年前にニューヨークにきて働いているんだけど
今日 初めて 自由の女神をみにいくんだ」って話してくれました
そうか・・・・やっとみれるんだなんて勝手に納得
当たり前ですが自由の女神をみるためにアメリカからも
世界中からも やってくる観光客で 毎日いっぱいの船です

船に乗れば マンハッタンの全景をみることができます
でも あいにくのお天気で朝霧にかすむマンハッタン
a0084343_17555921.jpg

途中には移民局のある島がありました
4人に1人の割合で今日のアメリカ人の祖先が通った
アメリカへの移民玄関口(1892年~1954年)
として名高いエリス島に渡ることもできます
a0084343_1156621.jpg

さて自由の女神が見えてきました
a0084343_11564655.jpg


遠くからみると小さい女神ですが
じつは とても 大きいというのは やはり 近くで みないと感じられません
最初は1.25メートルの粘土の塑像のモデル像は何回も
拡大を繰り返して 45メートルの女神になって解体され
フランスからやってきました
その話は次回です
[PR]
by banban0501 | 2007-06-07 11:19 | NYの思い出アルバム | Comments(0)

・・・・TOPに戻る・・・・
2007年 06月 04日
NYの思い出1
2003年の11月初めにニューヨークへいきました
このときの写真が 行方不明になっていましたが
最近 発見することが できました
それで ちょっと アルバムにまとめることにしました
以前アップしてある「NYの思い出」と違った角度のNYアルバムです
ニューヨーク州全体をみると NY市マンハッタンは
地図の真ん中のイーストリバーとハドソン川が合流する
中州のようなところです
a0084343_16561372.jpg

このマンハッタン全体をアップすると↑こんな感じです

その中のマンハッタン南端がウオール街になります
ニューヨーク市の歴史が始まった場所です
古い教会と眩しい高層ビルが混在する歴史地区でもあります

ブロードウエイのある54丁目から 
地下鉄にのって マンハッタンをまっすぐに下がり
ワールドトレードセンター駅で下車すると ウオール街につきます
朝 8時半ごろのウオールストリートです

この日は 霧雨の金融街です
a0084343_16573230.jpg

この辺りには 古い建物が ありますが まず目立つのは
アメリカ国旗を飾ってあるNY証券取引所や
スミソニアン国立アメリカン・インディアン博物館です

ここの歴史地区でも目立つのは
ジョージ・ワシントンが米国初代大統領として宣誓を行った
フェデラルホール国立記念館ですが
この建物の階段は よく映画の撮影に使われます
この日もテレビ局の車が とまっていました
a0084343_21212281.jpg

このすぐそばにあるのがNY証券取引所です
世界の金融中心地です
ニューヨーク証券取引所や連邦準備銀行など
巨大な建築物が並ぶウォール街のウオールというのは
昔 外敵から町を守るために 大きな壁をつくったところからきています

NY証券取引所には いつも国旗が 掲げられています
2001年のテロ以降警戒は厳重で
機関銃をもった 警官が あちらこちらに立っていました

少しあるくと金融街の建物も とても現代的高層ビル群になります
WTSの跡地の前にも 大きな高い建物があり 見上げると首が痛いほど
とても目立つモニュメントがある建物ですが
そのビルの高いこと 写真には おさまりきれません
a0084343_21241418.jpg

今はどうなっているのでしょうか?
私がいった時はワールドトレードセンター跡地は工事現場のようでした
最近 いかれた方に教えてもらいたいです
a0084343_2125477.jpg

この辺りに 1846年に立て替えられたトリニティ教会もあります
ゴシック建築です 塔の高さ86メートルで 昔は目立っていましたが
今は高層ビルの中の異次元スポットです
a0084343_2144522.jpg

a0084343_21273737.jpg

右は トリニティ教会の墓地ですが左写真の花鉢のそばの鉄製の枠は
昔の人たちが 泥道をあるいてきたときに
教会に入る前の 靴の泥を落とした 泥落としです

金融街のど真ん中に160年前の教会や墓地もあるのです

摩天楼は 確かに高層ビルで作られています
でも 昔のままの建物も その間あいだにあるのがNYです

次回は このウオール街を歩いて「自由の女神」をみるために
バッテリーパークから船に乗った時のアルバムです
[PR]
by banban0501 | 2007-06-04 07:19 | NYの思い出アルバム | Comments(6)

・・・・TOPに戻る・・・・