好きな旅行の話や 自分が興味をもったことをアップしています♪ 気になるカテゴリーからもどうぞ!
by banban0501
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
検索
カテゴリ
全体
始めまして・・ごあいさつ
ケアンズ
南イタリア旅行
NYの思い出アルバム
ニューヨークの思い出
アメリカ ラスベガス・ロス
イギリス・ロンドン
ドイツ・オーストリア話
スペインの思い出
南フランス
タイ 
読んだ本
ベトナム
韓国釜山ソウル
韓国ソウル・春川・水原
中国 上海
中国 杭州と上海再び
中国 北京
中国 麗江
台湾旅行
台湾旅行 再訪
中国 香港
マカオ・香港の旅
チェジュ旅行
奈良 今井町
伊勢・志摩の旅
白浜 南部の旅
北陸 金沢 山中
奥飛騨
松本・安曇野旅行
長崎とハウステンボスの旅
ハウステンボスの旅 二泊三日
八カ岳 リゾナーレ
富士山と日光
東京旅行
豊川 岡崎
箱根旅行
横浜・鎌倉旅行
熱海 三島
名古屋旅行
京都と琵琶湖・浜名湖の旅
京阪神ブラリぶらり
お金の話
映画
観劇
英会話
DIY 日曜大工 ミシン仕事
カバン作り
こども服
日々の記録・雑感
ちょっと驚いたこと
マイ 美術館
料理・食べ物の話
パソコンでお絵かき
パソコンで・・・・
お勉強!
読んだ本
日本語ボランティア

遺品整理
お役立ち情報
仕事関連
リホーム
収納の工夫
親指のトラブル
東京旅行
クルーズ
未分類
最新のコメント
★ はりねずみ ★さま ..
by banban0501 at 22:34
こんにちは 楽しまれま..
by はりねずみ at 13:11
★ mihayashi6..
by banban0501 at 07:41
★ anello63 ★..
by banban0501 at 07:36
★ ささゆり ★さま ..
by banban0501 at 07:33
クルーズ旅は私は生涯その..
by mihayashi6 at 07:12
>いろいろあって今年は ..
by anello63 at 21:58
いい旅でしたね。 ..
by ささゆり at 14:14
★ sakae2009 ..
by banban0501 at 21:29
いい旅行でしたね。 私..
by sakae2009 at 20:34
フォロー中のブログ
生きる詩
ニューヨークの遊び方
気まぐれフォト日記
チョコットメモ記
小次郎じじ物語
折々の記
親父の HOBBY
Rabbitjumpの草原
空の見えるベランダから
neige+ 手作りのあ...
ひとこと、ふたこと、みこと
《ニューヨーク直行便 》...
日々の暮らし
~秋色紫陽花と暮らす日々~
本当に幸せなの?
気まぐれ日記
BABAうさぎの奮闘記 ...
ふうちゃん にっき
元気ばばの青春日記 気持...
はあと・ドキドキ・らいふ
OURHOME
やっぱり旅が好き♪
アンダンテのだんだんと中受日記
片付けたくなる部屋づくり
☆FREEDOM☆
さかえのファミリー
その日・その日
ブロ友パソコン相談室
Mrs.和やか in 手帳
無垢のおうちと収納と
FU-KOなまいにち
Linen Style...
IEbiyori
時流れるままに
シンプルで心地いい暮らし
Baabaの徒然に
はりねずみの日記帳
喜びも悲しみも幾年月
『 とっておきのお片付け 』 
元気ばばの青春日記 気持...
WITH LATTICE
ラクからはじまる楽時間♪
ハーバードで奮闘中、日本...
白×グレーの四角いおうち
uri's room* ...
ivory*
クラシノート
片づけで、すっきり暮らし。
ほぼ100均で片付け収納に挑戦
外部リンク
ひとりごと
自称 記録魔
自分のために
記録して残して
おきたいことを
時々 更新です

メールはこちらから
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
more...
タグ
(108)
(71)
(56)
(50)
(37)
(24)
(23)
(22)
(19)
(18)
(17)
(16)
(13)
(13)
(12)
(12)
(12)
(10)
(6)
(5)
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
最新の記事
始めてのクルーズ パシフィッ..
at 2017-08-20 10:00
始めてのクルーズ パシフィッ..
at 2017-08-18 09:37
始めてのクルーズ パシフィッ..
at 2017-08-14 23:10
始めてのクルーズ パシフィッ..
at 2017-08-12 14:17
東京旅行三日目 東大 & 銀座
at 2017-08-05 10:00
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:奈良 今井町( 3 )

・・・・TOPに戻る・・・・
2007年 05月 29日
奈良 今井町 その3
町の中には無料で公開されている8軒の重要文化財と3軒の
県指定文化財があります
それぞれ 特徴もあり 似ているところもいっぱいですが
どの家も 豪商の持ち物であったようで 中はとても立派です
倉に保存されていた家宝が 展示されていたりします
a0084343_2136128.jpg

順に廻って スタンプを押していく人たちもいました

下の写真の家は とても立派な屏風が展示してあり
瓦屋根もとても立派なのですが それだけでなく
屋根の上に「うだち」もあります
a0084343_21372495.jpg

この「うだち」の部分を家の中から見上げると
こんな感じです
天井の大きな梁の上に見える光が入っている部分です
a0084343_18321897.jpg

この「うだち」をもつ屋根をもっているということは
とても お金があるということなんだそうです
だから「うだつが上がらない」という言葉は ここから来ていて
「出世ができない」とか「ぱっとしない」という意味に使われているのです

下の写真の家では 中は 茶道具の展示スペースになっていました
中庭には立派な倉があるのですが
その倉の前には「蔵前座敷」が あり
母屋とは 違う目的で 様々な使われ方をしたようです
a0084343_21365923.jpg

もちろんこの家にも「うだち」があり
竹でできた 天井の上に「うだち」からの光が見えています

こういう立派な家は 豪商の商店でも ありましたので
入り口も 独特の形をしています
a0084343_21375699.jpg

上に 持ち上げるタイプの入り口もありました

懐かしいものをいっぱい 見つけました
a0084343_21384763.jpg


無料公開されているこれらの家屋の持ち主は
ここでは 住むこともできませんので
今井町以外に 住居をもっておられるそうです

家の管理維持のために もちろん通う必要もあります
重要文化財に指定されることは 名誉でもあるでしょうが
大変な苦労です

昔今井町は周囲を壕でかこまれていました
今は 埋めたてられ 道路になっていますが
旧環濠内には現在約760戸の建物があり 
そのうちの6割が伝統的な様式をそのまま維持しています
これだけの立派な家屋が まとまっている地域はあまりありません
ですから これからの保存の方向が気になります

大阪の道修町(どしょうまち)は鎖国をしていた江戸時代に
長崎にはいってきた唐薬種をあつかい 薬の品質や
効能をしらべ吉宗の信任も得て株仲間として力をもった
商人の住む薬種問屋の町でした
後に 丸薬などをうるようになっていきましたので
今の日本の薬品会社のほとんどは ここから生まれています
武田薬品工業や田辺製薬など今の大手製薬メーカーの前身となる
武田屋長兵衛商店や 田辺五兵衛商店がありました

それらの会社の大きなビルの間には 今も
いくつかの古い商人の町屋が残っていたり
レトロなビルが残っています
それらを 今は レストランや料亭にして活用しています

また京都花見小路にも 古い町屋を改造して内部に
日本家屋の柱や梁のよさをいかした「喫茶店」や
みやげ物屋さんなども お茶屋さんの間にできていて
夜も昼も 大勢の観光客で賑わっています

この今井の町には まだ そういうものはないようですが
これから 山和茶のお手前やお茶の販売をしてくれるお店や
歩きつかれた足を休める喫茶店など できれば嬉しいですが
そういうものが無い方が今井の町はいいのかもしれません

今井の町の人たちはきっと 文化財をまもるために
大変な苦労をされているんだと思います

いい形で残していくためには 自治体の援助が必要です
京都市でさえ 無秩序にマンション化している町屋の保存に
やっと本腰をいれて予算をくんだばかりです

ヨーロッパの古い町並みもそいうい様々な問題を解決して
今の姿があるのかも?とおもったりしています

無秩序の改築を許していくと あっというまに中国の麗江のように
せっかく残された麗江のよさをつぶしてしまう土産物屋と飲食店の
オンパレード状態になるかもです

いつか 今井の町が
ドイツのローテンブルグや ベルギーのブリュージュのような
町になったらいいな・・なんて思います

私が 今まで 知らなかった今井町の話はこれで終わりですが
アップできなかったところも他にいっぱいあります
奈良に いかれる機会がありましたら
少し不便なところにありますが
今井町のことを思い出してお訪ねください

ほんの一部だけ残っている環濠に咲いていた黄菖蒲の写真をみながら
「陸の今井」が 隆盛をほこっていた昔に往来していた船を想像しました
a0084343_1349422.jpg

[PR]
by banban0501 | 2007-05-29 07:25 | 奈良 今井町 | Comments(6)

・・・・TOPに戻る・・・・
2007年 05月 27日
奈良 今井町 その2
さて 今井町の保存の方向は益々つよくなり
昭和52年には 国土庁調査費による
文化庁、建設省共同の歴史的環境保全市街地整備調査が
行なわれることになりました

今井町には歴史的保存価値があるのです
というのも
今井町というのはその昔は興福寺の荘園でした
歴史の勉強ででてきましね

そこに室町時代末期に一向宗の道場が開かれたのが
今井町の始まりだそうです
町には今も大小いくつかのお寺があります
宗教色の強い寺内町だったのですが
一向宗本願寺と信長との戦いが始まり
自衛のために 町の周囲に 壕をめぐらし城塞都市計画を実施
そのため 今井の町は とても整然とした町並みになりました

信長に降伏したあとは船を利用しての商売の町に・・・
経済的にも発展をとげ 大幅な自治を認められた
町となり「海の堺、陸の今井」とも呼ばれたそうです

17世紀末には 両替商、肥料問屋、酒造業の中心となり
江戸になると木綿織も盛んになったようです

ところが 明治の鉄道の開通により 今井町は時代から
取り残されて この辺りの中心が八木駅周辺にうつったことにより
そのまま残っていく結果となりました

こういう残り方は ヨーロッパでもよく見かけました
経済発展から 取り残されたおかげで 古い町並みが
残されて 今は 観光地となっているという点では
今井町は 同じです

しかし そこで 人々は暮らしを営んでいます
町全体が 保存の方向に動いても それでは 困る人たち
考え方の違う人たちも 当然でてきます

今井町住民協議会が発足し 
かしわら市が 今井町保存整備基本構想を立ち上げて
住民への啓蒙をおこなうとともに 保存対策費補助金交付をきめ
住民たちが 保存に積極的になっていった経緯がありました
a0084343_20475617.jpg

いまでは 今井町を訪れる観光客のために
保存家屋で 琴や尺八の無料演奏会
今井の町の隆盛が忍ばれる様々な豪華な丁度品の展示 
ボランティアガイドさんもいます

時には 町屋をつかったコンサートなど様々な取組を企画し
時にはノミの市なども出て ブラブラ歩く
観光客には 楽しいものが いっぱいあります
a0084343_2048331.jpg

町を歩いていて 潰れそうな長屋の家もみつけました
a0084343_2049215.jpg

今井町は独立家屋が6割 長屋は4割という構成です
こういう時は修理などは どう形でなされるのでしょうか
町並みを保存するということの難しさを感じます

燕の巣をみつけました!
a0084343_20494486.jpg

では 次回は 訪れた 保存家屋の内部のご案内です
[PR]
by banban0501 | 2007-05-27 07:45 | 奈良 今井町 | Comments(2)

・・・・TOPに戻る・・・・
2007年 05月 25日
奈良 今井町 その1
奈良の奈良町は 昔の町屋の建物が保存されていていることでも
最近有名になってきましたが
奈良の今井町は もっと 大規模に昔の町屋が保存されていることを
奈良県外で知っておられるかたは 少ないかもしれません
a0084343_20532620.gif

私もそういうものの一人でしたが先日初めて
今井町にいって 驚いてしまいました
ヨーロッパの町並み保存に近い形で
町全体で保存への取組がなされていました

a0084343_16254163.jpg


上の写真は 今井町の「今井町並み交流センター」ですが
昔は 町役場として使用されていた建物です
中に入ると 赤い絨毯がひかれ 今は 郷土資料館や
イベントの会場として使われていて それはもうクラシックな
雰囲気に溢れていました

この日は 書道展と 山和茶の紹介があり
書道とお抹茶を楽しませてもらいました

安土桃山時代の「茶の三大宗匠」として
千 利休、津田宗及とともに有名な 今井宗久は
この町の出身だそうです

そのため山和茶も発展していったようです
宗久は 信長には重用されましたが 
秀吉とはあまりうまくいかなかったようです

さて 今井町全体がよくわかる 資料が この公民館にありました
下の写真にあるように 町全体の模型がありました
この模型からもわかるように 今井町の保存の規模はすごいのです
現在も保存をしながら 人々が暮らしています

模型をみたあと 実際に歩いて 町並みの写真をとってみました
a0084343_1631492.jpg


どうしてこんなに 大掛かりな保存が可能だったのでしょうか?
私は とても興味をもってしまいましたので
いろいろ調べて みたのです

それは昭和30年の東京大学による今井町住宅調査実施にはじまります
32年には 結果 今西家が重要文化財に指定されることとなりました
でも 老朽化していましたので 36年に解体修理工事が始まりました
そして今度は
43年から奈良国立文化財研究所と奈良女子大による
今井町家屋調査が実施されることとなり
47年には 髙木家 旧米谷家 音村家 中橋、豊田、上田と
次々に 重要文化財に指定されることになったのです

こうした動きの中で昭和46年に
「今井町を保存する会」というものが作られることになりました
しかしながら 住民の意見が保存にむけて一致していたわけでは
なかったようで そのご いろいろな話し合いがもたれたようです

その間にも 各住宅の解体修理が順次行なわれていき
あらたに 河合家も重要文化財指定をうけることになりました
今現在 8つの住宅が 重要文化財に指定されています

さて 今井町が どうして このような形でのこり
また 価値のある建物が 多くあるのでしょうか?

その話は次回です
[PR]
by banban0501 | 2007-05-25 07:32 | 奈良 今井町 | Comments(2)

・・・・TOPに戻る・・・・