好きな旅行の話や 自分が興味をもったことをアップしています♪ 気になるカテゴリーからもどうぞ!
by banban0501
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
検索
カテゴリ
全体
始めまして・・ごあいさつ
ケアンズ
南イタリア旅行
NYの思い出アルバム
ニューヨークの思い出
アメリカ ラスベガス・ロス
イギリス・ロンドン
ドイツ・オーストリア話
スペインの思い出
南フランス
タイ 
読んだ本
ベトナム
韓国釜山ソウル
韓国ソウル・春川・水原
中国 上海
中国 杭州と上海再び
中国 北京
中国 麗江
台湾旅行
台湾旅行 再訪
中国 香港
マカオ・香港の旅
チェジュ旅行
奈良 今井町
伊勢・志摩の旅
白浜 南部の旅
北陸 金沢 山中
奥飛騨
松本・安曇野旅行
長崎とハウステンボスの旅
ハウステンボスの旅 二泊三日
八カ岳 リゾナーレ
富士山と日光
東京旅行
豊川 岡崎
箱根旅行
横浜・鎌倉旅行
熱海 三島
名古屋旅行
京阪神ブラリぶらり
お金の話
映画
観劇
英会話
DIY 日曜大工 ミシン仕事
カバン作り
こども服
日々の記録・雑感
ちょっと驚いたこと
マイ 美術館
料理・食べ物の話
パソコンでお絵かき
パソコンで・・・・
お勉強!
読んだ本
日本語ボランティア

遺品整理
お役立ち情報
仕事関連
リホーム
収納の工夫
親指のトラブル
未分類
最新のコメント
★ semineo ★さ..
by banban0501 at 09:14
★ michi ★さま ..
by banban0501 at 09:11
こんばんは 名古屋の旅..
by semineo at 00:07
10年位前息子2人が名古..
by michi at 22:14
★ jan113fuzi..
by banban0501 at 21:51
★ sakae2009 ..
by banban0501 at 21:47
こんばんは ふぅ~ よ..
by jan113fuzi at 21:13
名古屋めし、私も色々食べ..
by sakae2009 at 20:58
★ semineo ★さ..
by banban0501 at 23:00
こんばんは ご主人様の..
by semineo at 22:49
フォロー中のブログ
生きる詩
ニューヨークの遊び方
気まぐれフォト日記
チョコットメモ記
小次郎じじ物語
折々の記
親父の HOBBY
Rabbitjumpの草原
空の見えるベランダから
ひとこと、ふたこと、みこと
《ニューヨーク直行便 》...
日々の暮らし
~秋色紫陽花と暮らす日々~
本当に幸せなの?
気まぐれ日記
BABAうさぎの奮闘記 ...
ふうちゃん にっき
元気ばばの青春日記 気持...
はあと・ドキドキ・らいふ
OURHOME
やっぱり旅が好き♪
アンダンテのだんだんと中受日記
片付けたくなる部屋づくり
☆FREEDOM☆
さかえのファミリー
その日・その日
ブロ友パソコン相談室
Mrs.和やか in 手帳
無垢のおうちと収納と
FU-KOなまいにち
Linen Style...
IEbiyori
時流れるままに
シンプルで心地いい暮らし
Baabaの徒然に
はりねずみの日記帳
喜びも悲しみも幾年月
『 とっておきのお片付け 』 
元気ばばの青春日記 気持...
WITH LATTICE
ラクからはじまる楽時間♪
ハーバードで奮闘中、日本...
uri's room* ...
ivory*
クラシノート
片づけで、すっきり暮らし。
ほぼ100均で片付け収納に挑戦
外部リンク
ひとりごと
自称 記録魔
自分のために
記録して残して
おきたいことを
時々 更新です

メールはこちらから
以前の記事
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
more...
タグ
(90)
(63)
(42)
(38)
(37)
(24)
(21)
(21)
(17)
(16)
(15)
(15)
(13)
(11)
(11)
(11)
(11)
(10)
(6)
(5)
最新の記事
名古屋めし
at 2017-03-30 17:58
名古屋 二日目
at 2017-03-26 22:17
名古屋へ 1日目
at 2017-03-25 19:52
旅行相談 & 紫陽花 & お..
at 2017-03-19 18:23
競技会 & ちょっと工夫で 
at 2017-03-12 22:43
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:中国 上海( 7 )

・・・・TOPに戻る・・・・
2006年 11月 15日
上海閑話 雑技団とマッサージ
上海の旅行での夜の過ごし方はいろいろあるけれど
「雑技団を見る」っていうのも 面白い

いろいろなところで 上演されているみたいで
私がみたのは
上海商城劇院というところの雑技団をみました
a0084343_2034414.jpg

普通の舞台と客席のホールです
大体はこのスタイルみたいで 
ラスベガスなどと違って専用劇場は少ないようです

値段は日本円で3000円ぐらいかかる
でも 日本で見るよりはうんと安いだろうと思う

シルクド・ソレイユのような お洒落な演出ではないのですが
音楽にあわせて 人間の体はここまで鍛えられるのかと
思うような技を見るという点では 全く同じです
また
テレビの燃焼系CMで御馴染みの技を実際に
みるだけでも楽しい

自転車に大勢の人が乗るおなじみの技や
ポールを重力に逆らって登っていく技など
おそらく その雑技団によって 得意技をもっているんだろう

北京でも 雑技団の公演をみたことがあるがあるから
これは 中国の民族芸なんだろうと思う
だから 北京や上海には 沢山の雑技団が あるようだ

舞台そのものは
私がみた2つの劇場を比べれば
上海の雑技団よりも 
北京の方が 舞台構成が お洒落洗練されていて
良かったように思う
上海の方は 言い方が変かも知れないけれど
「サーカス」ぽくて
北京の方は
「ショー」ぽい

音楽の使い方、舞台の装置、構成などが 違うと
同じような すごい技をみているにもかかわらず
後の印象が 随分とちがう
もしチョイスできるのなら
いろいろ調べたほうがいいですが
日本では見ることのできない雑技団も 夜の観光のお奨めです

夜にいくといいのは マッサージもある
これは 1時間で 2500円ぐらい
日本では 10分1000円が相場ですから
随分安い でも 地元感覚では 高い
私がいったところは 観光客相手のところで
女性には 若い男性が
男性には 若い女性がつく

マッサージ用の服に着替えさせられて
マッサージ台に寝ると カーテンで 隣とは仕切ってくれる
それで 片言の日本語で
「肩はこっていますか?」とか「強すぎますか?」とか
いろいろ聞いてくれるので 
ずっと肩こりに悩まされていたのと足が痛かったから
足と肩を中心にマッサージを1時間してもらった

男性の力は いくら加減をしてくれても
やはり とっても強くて
随分 すっきりしたのは いいんだけれど
次の日に 「もみ返し」みたいな症状がでて
大変だった

でも 1ヶ月も 悩まされていた 肩こりが 帰国後すっきりしているのに
気がついたので やっぱり 効果あったと思う

中国だけでなく
アジアの旅行では マッサージは 日本よりは
安い料金で 楽しめて 疲れがとれて いいと思う

夜は昼間の観光の疲れで ホテルの部屋でゆっくりしたい
というのも 気持ちとして分かるけど
夜でないと 楽しめないものも 随分あるから
夜の街を屋台を見ながらあるいたり
10時ぐらいまで開いているお店をのぞいたり
外灘の遊歩道を散歩したり上海は夜も楽しい
[PR]
by banban0501 | 2006-11-15 10:19 | 中国 上海 | Comments(0)

・・・・TOPに戻る・・・・
2006年 11月 14日
上海閑話 リニアモーターカーに乗ってみたらば・・・
上海から 国際空港の 浦東空港を結ぶ
リニアモーターカーに乗ることは 上海旅行の 
旅の目的の一つだった

同じメンバーで その前の年に 韓国にいった
そのときの目的の一つが 韓国の新幹線と言われるKTXに乗ることだった
なぜか 新しい乗り物にのるというのが 目的に一つになっています
a0084343_2139675.jpg

リニアモーターカーは日本ではまだ実用化していませんから
上海で体験しなければ・・・と 空港とホテルのアテンドをしてくれた
ガイドさんに お願いしました

乗ったのは帰りの飛行機に乗る前です
南京中路にあるホテルからリニアの駅まで 車で移動です

でも・・・このリニアーの駅って本当に中途半端な場所にあるんですよね

上海の中心にはないので地下鉄に乗るか
リニアーの駅まで車で随分と移動しないと駅にはつかない
他にも 方法があったのだろうか?
もし市内から車を使わないで
このリニアの駅へいくとしたら
浦東の国際空港へ重い荷物を抱えて移動することになる
それは やっぱり不便だと思う

それなら
浦東空港から 上海の中心までは 高速道路が
リニアーの線路?と並行して走っているので
わざわざ リニアーに乗り換えなくても
車で そのまま空港までいくほうが 余程便利

その中途半端な位置にある
リニアの駅から 空港まで 時速430キロを体感したいだけの
ためにわざわざ 帰国の日にこのリニアーに乗った訳です

最高時速430キロは1分間に7キロの移動です
たった7分で空港駅に移動するというのは 流石にスゴイ
目にもとまらぬ!と言いたいところですが・・・・

車内で電光掲示板が最高時速を表示してくれた瞬間は
ちょっと嬉しかったですが
日本のように 建物が密集していれば その速さも目で
確認できるんでしょうが
なんせ 広い広い中国ですから
窓の外に広がる景色をみていても その速さを感じることはできません
新幹線にのって遠くの山をみてるのと同じです

ただ
反対車線を走る同じリニアーとすれ違うときには
すごいスピードですから 本当に矢のように飛んでいきました
本当に 「ハヤ!」って感じることができました

それと もう一つ速さを感じた事件?がありました

私たちの上海旅行は自由プランでしたが
やはり言葉の不安があるので
上海のホテルと空港間だけのアテンドがつきました

その現地ガイドの男の子が 空港駅についた後でもう去ってしまった
私たちがのってきた車内に
自分のカバンを忘れるというハプニングがありました

彼が そのカバンを探しに 1本後のリニアでトンボ帰りして
また 帰ってくる間 待たされましたが
たった20分で 戻ってきたときも やはり 「ハヤ!」と 感じました 

今年このリニアーは火災を起したらしく
すっかり信用をなくしているらしいです

10月に麗江にいったときに 国内線乗り換えのために
浦東空港と虹橋空港のアテンドをしてくれた
女性ガイドさんが空港から市内への移動の車の中で
横を走るリニアのことに触れ
上海万博のために 新しいリニアーの路線を建設中で
今のリニアは ちょっと不便だし
火災も起したので 人気がなくて 乗る人が少ないって話していました
今あるリニアの今後の行方はしりませんが
「便利じゃないし 高いし 誰ものらない」なんて平気でいってましたが・・
中国は広いし 土地は国のものだから
建設コストなど 気にならないのでしょう・・・・

日本じゃ作ったけれど 誰も利用しない交通機関など
今後は考えられないでしょうから
日本でもリニアの営業を目指して
随分前から 研究しているけど 実用化しても
問題は いっぱい出てきそうだな・・と思いました
[PR]
by banban0501 | 2006-11-14 10:18 | 中国 上海 | Comments(0)

・・・・TOPに戻る・・・・
2006年 11月 13日
上海閑話 新天地ってなに?
高い塔に中途半端に乗ったあと
無駄になった50元を気にしつつ
ラーメンが食べたくなったので 中心街へもどり
ファミレスみたいな ところで ラーメンを食べた
写真いりって ありがたいね・・・
でも 中国のラーメンって日本人が思うようなラーメンじゃなかった
麺が違うものだった
因みに 日本と同じ麺のラーメンレストランが 北京で大流行だと
この後 8月に北京にいった時にきいた
日本で流行したものが 中国でも人気になる
シュークリーム屋も 大流行だそうです
とにかくそのファミレスみたなところで
次なる目的地を物色するため観光パンフをみると
「新天地」とある

上海の新天地っていったいなんだろう?と思いながら
タクシーの運転手に観光パンフを見せた
a0084343_14163985.jpg

着いたところは コジャレタお店の並ぶ
ショッピングモールだった
なんで 新天地なのか よくはわからないが 新しいエリアという意味か?

垢抜けたビルに 
綺麗な内装のブティックやみやげ物屋さん
観光客向けなのか それとも 上海の若者のデートスポットなのか?

なんか ちょっとがっかり・・・
それにしても 中国らしくない所ばかりいってない?

せっかく来たんだから なにか物色しようと お店を探していると
元のフランス租界時代に使われていたビルの中にある
中国で暮らしたフランス人の家を見せてくれるという建物があった

これは 面白いかも?と思い
早速 入場料をはらってはいりました

一つの建物が 何家族かで シェアされていたようなつくりですが
家具や昔の生活がしのばれる品が沢山 展示されていて興味深くみれた

その見学を1階から順に2階へ上がっていくと
隣の建物と渡廊下でつながっていましたので
そのまま 進んでいったら
なんと 喫茶店の中だった
a0084343_14141042.jpg

中国茶を注文して 疲れた体を休めながら
何杯も何杯もお茶のお代わり(ポットを置いてくれるから自由にできる)
しながら なんと2時間も オシャベリしてしまった
a0084343_1495346.jpg

蓋付き茶器に入っているお茶は 何度お湯をそそいでも美味しくいただける
でも この行動って・・・・
動物園や水族館にいって 喫茶店で喋って・・・・・

ここは上海だということを すっかり忘れるような 行動です

でも ちゃんと中国らしい体験もしてきました
その日の夜は しりあいの上海から来た人たちが
奨める 地元の人には有名な レストランへいきました
これも タクシーの運転手にお店の名前のメモをみせたら
一発でつれていってくれました
でも 肝心のメニューが読めないために
でてきた料理に カエルがあったのには 驚きました
これは 中国でしかできない体験だったと思います
[PR]
by banban0501 | 2006-11-13 10:36 | 中国 上海 | Comments(0)

・・・・TOPに戻る・・・・
2006年 11月 12日
上海閑話 東方明珠塔は値段も高いよ!
上海の夜も楽しまなくては・・・ということで
ナイトクルーズにいきました
上海の景色としてはあまりにも有名な外灘の景色を楽しめる1時間のクルーズです
a0084343_18152641.jpgナイトクルーズで
ひときは目立っていたのは
上海名物 
テレビ塔?
高さが・・・・みたいな
真珠塔?形が・・・・みたいな
とかなんか私たちが
勝手にいっていたのが 
東方明珠塔だった

「これは行かねばならない」と思うのは自然~な欲求
馬鹿となんとかは高いところに登りたがる
さぞかし 素晴らしい景色をみれるだろう!と期待するわけです

次の日の朝 さっそく行ってみた
もちろん タクシーでいけば すぐ
塔のまわりは 広い広い 埋立地のようなところです
大きな建物が 随分間隔をあけて たっています
このエリアは上海でも 本当に新しい建物ばかりの
新興エリアのようです
塔は1991年起工 1994年完成
高さ468メートルですからもちろん東京タワーよりも高い

高いのは建物だけでなく 値段も高かった
豚まん1個1元の国で 100元です

まぁ これにはいろいろな値段設定があって
一番上の展望台まで いくと100元ですが
途中のところだと 50元です
5段階ぐらいに 分けられている
a0084343_18194236.jpg

もちろん 1200円を惜しむつもりはありませんでしたから
100元チケットを買いました

ところが・・・・

中に入ると まずは エレベーターで 真ん中の展望台まで
いけますが 一番上までは 直通では ないのです

一旦 おりないといけません
そして 別のエレベーターに乗り換えます
そのエレベーターをまつ 人の列が 真ん中の展望台に
溢れかえっているのです
これでは いつ 上まであがれるのか 見当もつかないなと
判断して あっさり 真ん中だけを眺めて 帰りました

確かに 上海の街を一望できるスポットですが
あまり 感動もなく
100元は無駄でした
もしいくなら 50元のところでも 充分だと感じました
a0084343_18202923.jpg

上海動物園が30元
新しい水族館も高くて100元ぐらいしていたかな・・・・
それでも どこも 中国人観光客でいっぱいです
豊かな人が いっぱいいるけど
貧しい人も いっぱいいる
上海とは そんなところでした

そこで ちょっと面白い 説明版を見つけました
「台湾」の方角の説明が あり
「○○キロ先に 台湾省が ある」というような
感じで 中国語で 書かれていました

普段忘れている 台湾と中国の関係を 思い出してしまいました
[PR]
by banban0501 | 2006-11-12 10:13 | 中国 上海 | Comments(0)

・・・・TOPに戻る・・・・
2006年 11月 11日
上海閑話 動物園と水族館にウソみたいな共通点発見
上海での3日間はじつに いいかげんな予定の立て方だった
「今日 どこへ いこうか?」なんて感じです

それで一人が「パンダ見に行こう!」っていうことになりました
ホテルから上海動物園まで タクシーを走らせても
じつに 安い 
ホテルからは30分ぐらいの距離なのに
4人のって 日本円で 500円ぐらいで着く
日本で30分のったら確実に5000円いくかも?
「キティの携帯ストラップよりも安いな」と
そのときも言われて お腹を抱えてわらった
以後 どこで何をしても 「キティより安い」の連発でしたが・・・
a0084343_1231215.jpg

さて上海動物園は ひろ~い!
とても歩いてなんかいけません
そんな観光客のために ちゃんと乗り降り自由の 乗合車があるのです

パンダエリア、類人猿エリアとか エリアごとが
日本の小さな動物園ぐらいの大きさのような感じになっています

目的のパンダは・・・
一言でいえば「汚かった!」
もはや 黒白ではなく 灰色と黒のまだら
パンダ舎も汚くて 古い

6月に上海にいった後に 8月に北京にいきました
そのときに北京動物園のパンダを見たのですが
それは もう 近代的な立派なパンダ舎に住んで
美しい庭まであって 中には パンダのグッズ販売なんかもありました

それと比べたら 上海のパンダの冷遇されていること!

パンダを見た後 猛獣エリアに いって
私たちは とっても 面白いライオンの生態に出会いました
a0084343_12321883.jpg

ライオンの夫婦って本当に仲がいいのですね
そりゃ すごかった!
オスライオンがメスライオンに片寄せて
どこにも行くな!って感じで べたべたしているのです

まさか こんな所でHはしないでしょうね!と 言いたくなるぐらい
べたべたです

メスライオンの方は 案外嫌がっていて オスの手?を振り払おうとしたり・・

そのあとまた乗合自動車にのって今度は
類人猿エリアへ・・・・

ゴリラ好きの友達はゴリラと対話
この檻も古くてきたなかったけれど・・・
私がブラブラしていると 面白いゴリラを発見!
a0084343_12324938.jpg

この子は檻の前では 自分の○を触って 遊んでいるのです
それも 観客をじっと見詰めながら
自分だけの世界に入っている

こちらも 思わず 彼の○を見つめてしまった

こんな風に上海動物園は ホント 自然がいっぱい

でもここで ??見たいな 中国人もみました

自然を大切にしているのでしょうか?
子供連れの 中国人は 子供が尿意を訴えると
その場所が 園内のどこであろうと 用をさせる
綺麗な花壇であろうと 道路であろうと Everywhere OKのようです
背中の赤ちゃんは もう オムツもしてなくて タオルをまいているだけ

その後 私たちは 「水族館へ行きたい」という一言で
「なんで ここまできて 動物園と水族館なんだ?」と思いはしましたが
まっ いいか と またタクシーで向かいました
a0084343_12411961.jpg

とっても近代的な水族館です
日本以上の設備です

でも・・・・
館内に入ったとたんに「臭い」と・・・・
明らかにオシッコの臭いです
中は子供連れでいっぱいです
薄暗い水族館で うじゃうじゃいる子供たちの声
そして 強烈な臭い!
でも 高そうなデジカメで 綺麗に着飾ったたった一人の我が子の写真を
いっぱい撮っています

決して 甘やかして どこでもオシッコをさせているわけではないでしょう
トイレは ちゃんとあっても そこまで我慢させないで
どこで 子供に用をさせても 中国はOKの国のようです

そういえば 香港ディズニーランドでの
中国人のマナーの悪さの問題を指摘していた記事がありました
きっとどこでも 子供はオシッコをして
どこでも 大人はタバコをすっているのかもしれません

水族館と動物園などなど子供が行くところは
臭いという共通点が ありました

こんなマナーでオリンピックは大丈夫?
[PR]
by banban0501 | 2006-11-11 12:47 | 中国 上海 | Comments(0)

・・・・TOPに戻る・・・・
2006年 11月 10日
上海閑話 南京中路
上海への観光はHISでホテルと航空券と空港とホテルまでのアテンド
をお願いした安い旅行なので 
上海の古くからのショッピングモールである 南京中路にある
三ツ星ぐらいのホテルに泊まりましたので
食事は全て外で 食べなければいけません
a0084343_8511295.jpg

朝の南京中路は 昼間や夜の賑わいがウソのように静かで 
とおりのあちこちで 地域の人たちが朝の集まりをしています
「太極拳」をしているグループに交じって 
友達はちょこっとやらせてもらったそうです

私は北京にいった時に挑戦してみした
見て真似るだけですから なんの効能も多分ないでしょうが
なかなか 面白かったです

朝ごはんを食べようと 開いているお店をのぞくと
地元の人たちが 出勤前に よるお店が
メインストリートを少しはいると沢山あります

豚まん1個1元という看板があります
あつあつでとっても美味しそう
もう1元出すと 丼いっぱいに野菜の入ったスープのようなものも
食べれます

二日目の朝は
おかゆが食べたくて あちこち探しましたが
なかなか見つかりませんでした

そして「上島珈琲」の看板の下に「お粥」という文字が!
へ?珈琲店で お粥?と不思議でしたが
入ってみると 本当に お粥メニューがいろいろ
しかし これは 1元というわけには行かず
結構高い値段設定でした
a0084343_852387.jpg

中国語ができたら もっと安いお粥が食べれたのだろうと
思うと ちょっと残念です

言葉がわからないと 人に聞くこともできません

南京中路の朝は 通りの清掃をする人や
地域で働く人たちが行き交い 観光客が あまりいなくて
とても 面白いです

夜は 本当に賑やかで活気があって 
あちらこちらの お店をのぞきながら みやげ物を探したり
これも また 楽しい

超高級ホテルに泊まるよりも
ホテルの部屋の窓から 野菜をあらう人たちや
洗濯物を干している普通の人の暮らしが
見えたりするので とても良かったと思っている
[PR]
by banban0501 | 2006-11-10 08:53 | 中国 上海 | Comments(0)

・・・・TOPに戻る・・・・
2006年 11月 08日
上海閑話 キティストラップ
今日の日経平均終値は なんと16215.74円と ものすごい安値です
ここ一週間以上 16300円台をうろつき ついに また下がってしまった
こうなったら 株のことから 頭をしばらく 離すしかなくなりましたので
ここ2年で4度訪れた中国でのほかの思い出話でも始めることにしました

去年の6月に たった2泊3日で上海を楽しんできました
朝早くに日本を発つと 昼には上海市内にいます
中国への直行便のある都市は 本当に お気軽に旅行できる
もう日帰り圏内ですね

去年の上海旅行はHISで航空券とホテルだけを頼みました
今年いった麗江とは違って都会ですから
ホテルと空港のアテンドだけ
現地ガイドをお願いすれば
言葉の問題は 解決できると考えたからです
特に 上海は英語でも かなり安心できると。

いきたいところへの移動には上海はタクシーが多くて本当に安くて便利
少々乱暴な運転とタクシーのボロさは我慢です

タクシー移動が楽だったお陰でたった3日でも 充分楽しめた
楽しかった上海ですが
一つだけ 悔しいことが あった
今日はその話から・・・・

行く前に友達に キティちゃんの携帯ストラップの 中国バージョンを
探してきて欲しいといわれた

それで 一番にそのことを解決しようと思っていました
ランチを食べがてら
かの有名な豫園に上海についてホテルからすぐにタクシーでいくことになりました
a0084343_2040528.jpg

いかにも中国っぽい通りにちょっとワクワクしながら
みやげ物屋を物色
とにかく キティはどこに?と探しました。
適当に目についたみやげ物屋で
英語で キティの携帯ストラップはないか?と聞いたら
もちろん英語は通じます
そして
店の奥から なにやら 袋いっぱいのキティちゃんストラップが出てきた

それで いくら?と聞いたら 50元だという・・
日本円で 当時のレートで600円
今考えると とてつもなく高いと分かるのだが・・・

悲しいかな 初めての中国
到着して初めての上海での買い物
悪条件が 重なった!というより馬鹿だった!

なんと値段交渉をすることもなく 2つも買ってしまった

友達が「それ日本製じゃない?」って言われて
よくよくみれば それっぽい
ちっとも中国バージョンじゃないみたい

値段も「なんか怪しくない?」って言われて 
改めて いろいろなお店のみやげ物をリサーチしたら
やっぱり「高い・・・・」

あとで 豚まん 1個 1元だと分かったときに
その携帯ストラップの 馬鹿高さに ひっくり返りそうになった

それからは 友達に いっぱい笑われた
「これは キティより安いね」を 何回言われたか!

日本に帰るまで そして帰ってからも そして今でも
友達に馬鹿にされている

そして日本に帰って頼まれた友達にまで 馬鹿にされた!
自分でも その悔しさを忘れないために
今でも 自分の携帯ストラップにつけている

恐るべし中国人

a0084343_20415076.jpg


そんな上海の思い出をアップしていきます
[PR]
by banban0501 | 2006-11-08 20:49 | 中国 上海 | Comments(0)

・・・・TOPに戻る・・・・