「ほっ」と。キャンペーン

好きな旅行の話や 自分が興味をもったことをアップしています♪ 気になるカテゴリーからもどうぞ!
by banban0501
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
検索
カテゴリ
全体
始めまして・・ごあいさつ
ケアンズ
南イタリア旅行
NYの思い出アルバム
ニューヨークの思い出
アメリカ ラスベガス・ロス
イギリス・ロンドン
ドイツ・オーストリア話
スペインの思い出
南フランス
タイ 
読んだ本
ベトナム
韓国釜山ソウル
韓国ソウル・春川・水原
中国 上海
中国 杭州と上海再び
中国 北京
中国 麗江
台湾旅行
台湾旅行 再訪
中国 香港
マカオ・香港の旅
チェジュ旅行
奈良 今井町
伊勢・志摩の旅
白浜 南部の旅
北陸 金沢 山中
奥飛騨
松本・安曇野旅行
長崎とハウステンボスの旅
ハウステンボスの旅 二泊三日
八カ岳 リゾナーレ
富士山と日光
東京旅行
豊川 岡崎
箱根旅行
横浜・鎌倉旅行
熱海 三島
京阪神ブラリぶらり
お金の話
映画
観劇
英会話
DIY 日曜大工 ミシン仕事
カバン作り
こども服
日々の記録・雑感
ちょっと驚いたこと
マイ 美術館
料理・食べ物の話
パソコンでお絵かき
パソコンで・・・・
お勉強!
読んだ本
日本語ボランティア

遺品整理
お役立ち情報
仕事関連
リホーム
収納の工夫
親指のトラブル
未分類
最新のコメント
私も四国八十八ヶ所参りに..
by amaou777 at 23:55
こんばんは ご姉妹でお..
by semineo at 23:33
★ fuchan_k ★..
by banban0501 at 20:30
★ sakae2009 ..
by banban0501 at 20:24
お線香は1本ずつにして供..
by fuchan_k at 20:21
姉妹でお出かけよかったで..
by sakae2009 at 20:08
★ 鍵コメ ★さま ..
by banban0501 at 22:59
ありがとうございました。
by aba-n-c at 11:42
★ 鍵コメ ★さま ..
by banban0501 at 11:04
★ semineo ★さ..
by banban0501 at 10:36
お気に入りブログ
生きる詩
ニューヨークの遊び方
気まぐれフォト日記
チョコットメモ記
小次郎じじ物語
折々の記
親父の HOBBY
Rabbitjumpの草原
空の見えるベランダから
ひとこと、ふたこと、みこと
《ニューヨーク直行便 》...
日々の暮らし
~秋色紫陽花と暮らす日々~
本当に幸せなの?
気まぐれ日記
BABAうさぎの奮闘記 ...
ふうちゃん にっき
元気ばばの青春日記 気持...
はあと・ドキドキ・らいふ
OURHOME
やっぱり旅が好き♪
アンダンテのだんだんと中受日記
片付けたくなる部屋づくり
☆FREEDOM☆
さかえのファミリー
その日・その日
ブロ友パソコン相談室
Mrs.和やか in 手帳
無垢のおうちと収納と
FU-KOなまいにち
Linen Style...
IEbiyori
時流れるままに
シンプルで心地いい暮らし
Baabaの徒然に
はりねずみの日記帳
喜びも悲しみも幾年月
『 とっておきのお片付け 』 
元気ばばの青春日記 気持...
WITH LATTICE
ラクからはじまる楽時間♪
uri's room* ...
ivory*
クラシノート
片づけで、すっきり暮らし。
ほぼ100均で片付け収納に挑戦
外部リンク
ひとりごと
自称 記録魔
自分のために
記録して残して
おきたいことを
時々 更新です

メールはこちらから
以前の記事
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
more...
タグ
(86)
(59)
(41)
(37)
(34)
(23)
(21)
(21)
(16)
(16)
(15)
(14)
(13)
(11)
(11)
(11)
(10)
(10)
(6)
(5)
最新の記事
墓参り & 夫の友達とランチ
at 2017-02-26 18:31
気分転換ふたつ
at 2017-02-19 18:45
超忙しい1週間でした
at 2017-02-12 18:30
「新婚さん いらっしゃい」公..
at 2017-02-05 11:27
新年会一つ & マスキングテ..
at 2017-01-29 10:44
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:韓国釜山ソウル( 6 )

・・・・TOPに戻る・・・・
2007年 01月 18日
韓国 ソウル 景福宮
たった2泊3日で釜山から慶州へ
そして ソウル観光をした私たちの旅行です
今夜の飛行機で 日本にかえるのですから
ソウルで一番の観光スポットには 行かないと!
ということで サンゲタンのランチの後に行ったのは・・・・・

李王朝の 宮殿です
チャングムが目指したスラッカンがあるところです
(余談ですが「チャングムの誓い」だけは
数ある韓国ドラマの中では 面白いと思ったので しっかり見ましたよ)

キョンボックン(景福宮)はソウル市にいくつかある宮殿の中で
一番大きな正宮殿です
朝鮮王朝がここで生活し、政務をしていたところです

2004年には 私はまだ 「チャングムの誓い」を知りませんでしたから
改めて 撮り貯めた写真をみると 訪れた場所の意味が深くなりました

周りがソウルの高層ビル群の中に ぽっかりと出現する宮殿の
正門をみると なんとも 不思議なスポットです
a0084343_22182678.jpg

この大きな門を入ると もう一つ大きな門があります
この作り方は まるで 北京の紫禁城と同じです
後ろに見える山がとても 印象的です
a0084343_2216857.jpg

そして さらに進むと 紫禁城と同じような広場の向こうに
勤政殿と呼ばれる 王の即位式や外国の使者を迎える建物があります
a0084343_22241899.jpg

中国の紫禁城と比べると 少し小さい規模ですが かなりの広さです
一番 興味を引いたのは
後宮の建物が いっぱい 立ち並ぶエリアでした
どこを歩いても 同じように見える 小さな建物が いっぱいあり
まるで迷路でした
でも ここで たくさんの女官が 働いていたのを 容易に想像でる
チャングムの世界です
a0084343_222837.jpg

でも 一つ残念なことは・・・・
どの建物も 新しいのです

今 韓国政府は 王宮の復元に 力を注いでいます
壊したのは日本です

最初 秀吉の朝鮮出兵で王宮は焼かれ
朝鮮の国力が衰退し
清国の属国となったのです
その後中国の支配下にあった朝鮮を
日清戦争で勝利した日本が
日本の影響下のもとに 清国から独立させました

そういう歴史的背景は 日本人にはあまり知られて
いないようにも 思います

以後日本は 長く朝鮮への影響を深めて
ついには1910年、日韓併合が行なわれました
そのときに景福宮内にあった
約200の殿閣のほとんどが壊され、
慶会楼(キョンフェル)と勤政殿(クンジョンジョン)などの10棟のみが残り、
日本が勤政殿の南側正面に朝鮮総督府庁舎を建てることによって、
景福宮の景観は完全に破壊されてしまいました

多くの古い建物が 古い資料にしたがって復元されているのです
完成は2025年だそうです
景福宮とは 
日本人として そういう事実を目の前で 
突きつけられる場所でもあるのです

たった60年ほど前まで
日本はこの国を 長い間 占領して
日本化させていたのです

日本語を話す老人も多くいます
若い人は日本によって受けた傷をしっかり今も教育されてもいます

もし ヨン様騒動が なかったら やはり こんなに身近な国には
ならずにいたかもしれません
近くて遠い国だったままかも?

時代は流れ 情勢は変わり
日本と韓国はいろいろな面で 密接な関係になりました

アテンドしてくださったお二人も 日本が大好きだといってくださいます
今 日本にくる外国人の半分は 韓国人のようです
様々な仕事で 日本と韓国は 多くの接点をもっています
これからも ますます そうなっていくでしょう・・・・

景福宮をみた後はホテル近くの ミョンドン(明洞)の繁華街を散策して
日本と同じ韓国の若者文化を感じました

そして ホテルに預けてあった荷物をうけとって
仁州空港へタクシーで 向い 空港で夕食を食べて
9時頃の飛行機のって帰国です

近い国です

朝に食べた 鮑の粥も美味しかったですし
釜山で食べた 冷麺も 日本の冷麺とは全然違うものでしたが
とっても美味しかったです

ソウルと釜山以外の 韓国をまた 訪ねてみたいものです
美しい山々がひろがる所もあるそうです
斎州島にも 行きたいな・・・・

余談ですが 驚いたことがあります

それは

韓国の街で よく見かけたのが 温泉マークなんですが
それは 銭湯では なく
ラブホのマークだったのです
ちょっとビックリしました

帰りは インチョン(仁州)空港からの直行便でしたが
この空港は とっても デカイ
かえってきて関空が とても狭く感じました

それから 韓国エステには 
とうとう行かなかったのも残念なことの一つです

近いから また お気軽に行けそうですが・・・

次回の旅行記は
ヨーロッパへ 飛びますよ
[PR]
by banban0501 | 2007-01-18 08:45 | 韓国釜山ソウル | Comments(2)

・・・・TOPに戻る・・・・
2007年 01月 16日
韓国 ソウル南大門
ソウルでは 呉さんという女性が アテンドしてくださいました
世宗ホテルのロビーにきてくださいました
数年ぶりの再会です
3年間日本でくらして 覚えた日本語も
だいぶ忘れているみたいでしたが・・・・まぁ 大丈夫。

ソウルは韓国の首都です
東京のように お洒落な都会です

釜山は 多分大阪のような雰囲気なんだと感じました

ソウルの朝は 日曜日でしたので
オフィス街は とっても静か
車も少ない
a0084343_21271694.jpg

私たちが目指したのは 南大門です
南大門は パリの凱旋門のように
その周りは道路で まるでロータリーのようです
a0084343_21512880.jpg

でもこの門のすぐ近くに 有名な南大門市場があります
a0084343_2141361.jpg

まわりの高層ビルの中に ここだけが 昔々の韓国という感じです
大きな商店街 お洒落じゃない横浜中華街のような所です
大小さまざまのものを売るお店と 露店が びっしり並んでいます
大好きな韓国海苔をいっぱい買いました

韓国の真鋳のお箸や スプーンもいっぱい売っていましたが
結構高かったです

洋服は安いものがたくさんありましたが
色取りが カラフルすぎて・・・・

目的は お買い物でしたので いろいろなお店を覗いて歩きました
「ヨン様 あるよ」という言葉を 何回きいたでしょう
日本人とみれば ヨン様でした

眼鏡をつくるっていうのも今回の目的です
とっても 安いのです
実は 韓国の方が日本にきて驚かれるのが
めがねの高いことです

最近は安売りのお店も日本も多く見かけるようになりましたが
度のきつい人のためのレンズは やっぱり高いですが
韓国では特別レンズでも 日本の半額以下でできます

コンタクト愛用ですが 眼鏡もたまにしますので
古くなった眼鏡を替えたかったのです
南大門市場には 眼鏡のお店が いっぱいあって
どこがいいのか まようほどですが
韓国の人に教えてもらった信用のおけるお店で 検眼もしてもらい
眼鏡ができあがるまでは 観光にでることにしました

その前に韓国にきたらば 本場の韓国料理を食べなければ・・・・

やってきたのは 有名なサンゲタンの専門店です 
a0084343_21414271.jpg


サンゲタンは まだこどもの鳥肉の内部にお米や野菜を詰め込んで
朝鮮人参の入ったスープでことこと煮たものです
味は ついていません
テーブルに並んでいる 塩 胡椒 唐辛子 キムチ など 自分の好みの
味付けをするのです
ですから 呉さんは いっぱい キムチをスープの中にいれましたが
私たちは 塩だけで 食べました
朝鮮人参の香りと 濃厚なスープの美味しさを
本当に たっぷりと愉しめました
最後は スープの中に ご飯をいれて おじやにして食べます
a0084343_21473963.jpg
 

お腹いっぱいになって 次に案内してくれたのは
韓国李王朝の宮殿 キョンボックン(景福宮)です

次回は 宮廷女官 チャングムの世界です
[PR]
by banban0501 | 2007-01-16 00:07 | 韓国釜山ソウル | Comments(0)

・・・・TOPに戻る・・・・
2007年 01月 12日
韓国 KTXに乗る
韓国がフランスのTGVの技術導入で事業化した韓国の新幹線
KTX(Korea Train eXpress)は2004年4月に開業しました
私がいったのは 2004年6月でしたから 本当に開業まなしということです

当時はソウルから釜山までの開業でした
ソウル釜山間を2時間40分で結びます
料金は約4500円ですが 座席指定で6300円ぐらいになります
日本の新幹線よりは安いかな・・

私たちは 釜山からは乗らずに 慶州へ寄り道をしましたので
途中のトンテグ(東大邱)駅から のることにしたのです
旅行社にも ここからソウルまでのチケットをとってもらいました

でも仏国寺まで アテンドしてくださった 朴さんとは
慶州のタクシー乗り場で お別れしました
彼は タクシーの運転手に トンテグ駅までの料金交渉もしてくれて
大雨の中 サヨナラをしました

タクシーの運転手さんは 全く日本語はわかりませんし
私たちは 韓国語が わかりません

でも 駅までいけばいいのだから・・・・と甘く考えていました

当日は 土砂降りで 道路が 混んでいました
だんだん 時間がせまってきます
でも タクシーの運転手に どういえばいいか わかりません!!

仕方なく チケットを彼の目の前につきつけて
自分たちがわかっている出発時間の数字だけ 指差しました

ようやく 彼は気付いてくれて
そこからは もうスピードで いろいろな道をはしりまくりました

真新しいトンテグ駅の中でも すぐに 改札の見える位置に
タクシーをつけてくれたのが5分前 「急げ」のジェスチャー・・・
「カムサハンニダ」だけ いっぱいいって ホームに着いたときは
もうみんなヘトヘトでした
a0084343_1642383.jpg

まもなく釜山からやってきたKTXがホームにはいり
停車時間が少しなので とにかく 目の前の入り口から乗車
それから 自分たちの座席をさがすことにしました

でも・・・・・

チケットの文字は みんな ハングル文字と数字だけ
どの数字が 自分たちの車両で何番の座席に座ればいいのか
わかりません!

辞書ももってないし・・・・

途方にくれた私たちに 日本語が 聞こえた
日本人なのか韓国人なのかわかりませんでしたが
とにかく 日本語なのです
彼女のいう言葉にしたがって18号車へ いくことにしました
飛び乗った車両は6号車
そこから 荷物を引きずりながら 通路(メチャ狭い)を移動
とうとう 最後の車両にきたらば 最後の車両番号は16号?
へ?18号はどこ?
またまた パニック
すると 途中から 私たちの後をつけていた 車掌さんが
チケットをみて 指差したのは 「3」の数字
つまり 3号車へ行けってことでした

は?これから また 3号車まで もどるの???
しかた ありません 車掌がついてこいとジャスチャーをするので
また 荷物を引きずって 延々と車両移動したのです

途中 幾つもの 不審な顔の乗客の顔をみながら・・・・
KTXは 普通車の座席が 進行方向に 半分づつしか 向いていない
つまり 車両の真ん中で 進行方向向きの座席と 
反対方向向きの座席が分かれている
どうしても 半分の乗客は うろつく日本人をみることになる

しかも13車両も移動するのですから・・・
こんなことしている間に ソウルにつくな・・・・

あの女性の言葉はなんだったのか?私たちが聞き間違えたのか?
チケットをみて まちがいないっていった友達もいたな・・・
後から わかったことですが 6月18日の「18」だった・・・
a0084343_1644198.jpg

上の写真は3号グリーン車です
狭いので座席は 片側2つ 狭い通路をはさんで1つです
通路が狭いのは 日本の新幹線のように 幅広の線路じゃないからです
グリーン車でこれですが 普通車は座席がなんと2列ずつです
通路がどんなに狭かったか!
その狭い通路をゴロゴロと荷物をひっぱる日本人4人です

やっと座れた 私たちの座席です
a0084343_1645865.jpg

この座席には1時間も座っていませんでした
あっというまにソウルのKTX駅に到着です
a0084343_16473216.jpg

a0084343_1648055.jpg

下の写真は昔からのソウル駅ですが 東京駅とそっくりです
a0084343_1650463.jpg

余談ですが
オランダのアムステルダム駅も そっくりです
みんな同じ設計家だと きいたことがあります

今でも 韓国旅行の話を友達とする時に
KTXという言葉をきいただけで みんな 笑い転げてしまう出来事です
ツアー旅行では ありえない体験でした

さてソウル到着後 旅行社の懇意にしている焼肉屋さんが
駅に向かえにきてくれていましたので
彼らのお店で 夕食に焼肉を食べて 
ソウルのセジョン(世宗)ホテルに送ってもらいました
[PR]
by banban0501 | 2007-01-12 18:38 | 韓国釜山ソウル | Comments(4)

・・・・TOPに戻る・・・・
2007年 01月 11日
韓国 慶州
韓国滞在2日目の朝 釜山のロッテホテルに朴さんが
車で迎えにきてくれました

前日にチャガルチ市場で食事をしたときに
私たちが慶州まで バスで行く話をしたのですが
そのときに 明日は 仕事は休みだし
雨で大変だから 車で案内してあげます
と申し出てくれたのでした

私たちはびっくりしましたが
ありがたくお言葉に甘えることにしました

結果は それが 大正解の展開となりました
本当にありがたい申し出でした

予報通りの雨の中
たくさんあるお寺の中でも
彼が是非みて欲しいという 古いお寺トンドサ寺(通渡寺)へ向かって
車を走らせてくれました

慶州は 韓国の京都や奈良のようなところです
古いお寺や お墓が あちらこちらにあります
a0084343_17151460.jpg

最初にいった通渡寺は まるで 日本のお寺のようです
a0084343_17211560.jpg

でも 新しい建物もあり、その彩色は とても日本とはかけ離れた
極彩色でしたから ちょっと違うかな・・・
下の写真は このお寺の古い門の中に立っている像です
イメージとしては 東大寺の金剛力士像という感じなのですが
a0084343_226227.jpg

こちらの像はとってもカラフルです
でも このお寺には熱心な仏教徒が 毎日 お参りにくるのです
朝のお勤めとか 高僧の講話をききにくるそうです
日本のお寺のあり方とは少しちがうようです

因みに韓国の国民の4分の1は 仏教徒です
そして仏教徒であっても 熱心でない人も
いて それは 日本とにているようです
日本と違うのは 熱心な
キリスト教徒の方が仏教徒より多いというお国柄です

お寺をでてから ランチに 豆腐料理のお店に連れて行ってくれました
韓国の豆腐は 堅いですが とても美味しかったです
豆腐とキムチを一緒に食べるのが 韓国流です
どの料理も 必ず キムチ味で食べますが 慣れてくると美味しい!
a0084343_17204364.jpg

a0084343_1721496.jpg

お腹がいっぱいになって外にでると 土砂降りの雨になっていました
でも
せっかくここまできて 世界遺産を見ないというのも・・・
山の上にある仏国寺の ソクラム(石窟庵)の仏像をみるために車は出発
でも最後は徒歩になり ずぶぬれになりながら やっと仏像の安置されている
お堂が見える場所までつきました
a0084343_1727957.jpg

あと少しです 中に仏像が見える・・
a0084343_17255592.jpg

中にはいって見た仏像は たった3メートルの高さしかなく
しかも 古いので 保護するために ガラスケースの中に・・・・
一人勝手に 奈良の大仏のようなものを想像していました
撮影禁止でしたが
もう 悔しいから 撮ってきました!
a0084343_17294023.jpg

あの雨の中 わざわざ見にいってがっかりして
しかもそのために
この後 KTXに乗るために トンテグ駅へ 
いくのは スリル満点の展開となりました
[PR]
by banban0501 | 2007-01-11 10:14 | 韓国釜山ソウル | Comments(0)

・・・・TOPに戻る・・・・
2007年 01月 09日
韓国 チャガルチ市場
チャガルチ市場は 釜山港のすぐそばにあります
釜山港は もちろん大きな船も停泊していますが
本当に 漁師さんたちが 海からの贈り物を 
そのまま丘に上げるみたいな
雰囲気です
この雰囲気は 小樽港でも みたことが ありますね
a0084343_16444884.jpg

このすぐそばに 市場が続いています
市場といっても 建物の中では なく 
露店のお店がずっと続いているのですが
果物 野菜なども いっぱい並んでいて
どれも 驚くほど安かったです
この市場の入り口で 朴さんに会いました
a0084343_16453831.jpg

朴さんに案内されて向かったのは 
市場の中でもひときわ大きいビルで(写真の左に見えています)
この入り口に みたこともない生き物を水槽の中に発見しました
a0084343_16493437.jpg

真ん中のウインナーのような生き物に眼が点になりました
「これは なんですか?」と聞くと
韓国語の名前を教えてくれましたが 日本では みないものですから
日本語では なんというのか わかりません
でも 朴さんは 「男性のシンボルみたいでしょう?」って笑いました。
確かに・・・・似ている。
ビルの中には 水槽がいっぱい並んでいて 沢山の魚がいます
食べたい魚を お店の人にいって ザルにいれてもらいます
それを 調理して もってきてくれるというレストランでした
a0084343_16533225.jpg

a0084343_1654284.jpg

刺身でも 煮魚でも 揚げても お好みにしてくれます
中国でも こういうスタイルのお店はありますが
ここほどの規模では ありません
なにより 市場っぽい。
市場の中に テーブルが おいてあるという感じです
広い市場の中に 水槽やいけすがいっぱいあって
幾つも魚屋さんが あつまっているのです
朴さんが 魚屋さんと 値段交渉とかも 
料理のしかたも注文してくれましたから
本当に助かりました
観光客もいますが 地元の人たちが 
チンロ(韓国の焼酎)を飲み 生きのいい魚を食べに来る場所という感じです

もちろん 先ほどのへんな生き物も 頼みました
味は ですね・・・・コリコリで美味しいと 食べた人はいっていました
私はみた目で それは 遠慮しました
水につかっている間は 大きかったのですが 
お皿の上では小さくなっていましたので ちょっと 笑ってしまいました
a0084343_16582058.jpg

ビルの2階は座敷になっています。
そこから チャガルチ市場をとってみました

次回は 土砂降りの雨の中 
慶州に 世界遺産の石窟庵の仏像を見に行った話です
[PR]
by banban0501 | 2007-01-09 15:06 | 韓国釜山ソウル | Comments(0)

・・・・TOPに戻る・・・・
2007年 01月 07日
韓国旅行 釜山の公園
2004年6月に釜山とソウルへ遊びにいきました
2泊3日で 超短期でした

日本で韓国旅行専門の旅行を企画している小さな会社に頼んで
釜山とソウルのホテル 飛行機 そして 今回の旅行の目的である
KTXの乗車チケットをとってもらいました

小さな旅行社ですが 大きな信頼があります
ホテルも飛行機も随分安く手配してもらえました

そしてこの旅行で もう一つ感謝しないといけないのは
だれも韓国語が 喋れませんので
ソウルでも 釜山でも 韓国人の友人がアテンドしてくれたことです

彼らが日本にいたときに 少しお世話をしたというだけで
とても 歓待してくれました
韓国は 日本以上に 儒教の教えの強いくにですから
受けた恩は返さないと!という気持ちからでしょう・・・。

さて関空から たった1時間で釜山空港につきました
空港からタクシーで すぐに 釜山のロッテホテルにチェックイン。
a0084343_1674756.jpg

ロッテホテルはとっても綺麗です
これが 朝食ついても1万円しなかった
a0084343_169494.jpg


ホテルに荷物をおいて 地下鉄で 龍頭山公園にいってみました
韓国の地下鉄は 行き先を先に指定してから お金をいれるのですが
日本と同じように お金をさきに券売機にいれていたら
何度やっても お金がもどってきて モタモタしていたら
親切な アジュマ(オバサン)が 教えてくれました

地下鉄の中でも 電光掲示板にでてくるハングル文字を
読んでみようと 友達と声をだしていたら
前に座っていた アジュマが 読み上げてくれました
意味はわかりませんでしたが
釜山のアジュマは 大阪のオバチャン並みに 親切でした

小高い丘の上の公園へは エスカレーターで 上がれます
公園の中では なにやら アガシ(オジサン)というよりアボジ(おじいさん)が
集まってなにかやっています
a0084343_16205159.jpg

近くによってみてみましょう
a0084343_16213091.jpg

これは 韓国の将棋です
しかも このときにはわかりませんでしたが
中国でも やはり公園で集まる老人たちが同じようなものをやっていましたから
これは中国スタイルの地域コミュニケーションのようです
さて 公園には 釜山タワーなるものが あります
a0084343_16245419.jpg

やっぱり高いものを観ると 登りたくなりました
で・・・
登ってみました
写真もとりました
でも 6月の釜山は 梅雨で雨で キリで なんにも 見えませんでした
a0084343_16264064.jpg


今日はここまで・・・
今度は チャガルチシジャン(市場)でみた 今までみたこともない魚の話をします
この市場で 釜山のチング(友達)と会う約束でした
[PR]
by banban0501 | 2007-01-07 23:39 | 韓国釜山ソウル | Comments(0)

・・・・TOPに戻る・・・・