好きな旅行の話や 自分が興味をもったことをアップしています♪ 気になるカテゴリーからもどうぞ!
by banban0501
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
検索
カテゴリ
全体
始めまして・・ごあいさつ
ケアンズ
南イタリア旅行
NYの思い出アルバム
ニューヨークの思い出
アメリカ ラスベガス・ロス
イギリス・ロンドン
ドイツ・オーストリア話
スペインの思い出
南フランス
タイ 
読んだ本
ベトナム
韓国釜山ソウル
韓国ソウル・春川・水原
中国 上海
中国 杭州と上海再び
中国 北京
中国 麗江
台湾旅行
台湾旅行 再訪
中国 香港
マカオ・香港の旅
チェジュ旅行
奈良 今井町
伊勢・志摩の旅
白浜 南部の旅
北陸 金沢 山中
奥飛騨
松本・安曇野旅行
長崎とハウステンボスの旅
ハウステンボスの旅 二泊三日
八カ岳 リゾナーレ
富士山と日光
東京旅行
豊川 岡崎
箱根旅行
横浜・鎌倉旅行
熱海 三島
名古屋旅行
京都と琵琶湖・浜名湖の旅
クルーズ
京阪神ブラリぶらり
料理・食べ物の話
お金の話
映画
観劇
英会話
DIY 日曜大工 ミシン仕事
カバン作り
こども服
日々の記録・雑感
ちょっと驚いたこと
マイ 美術館
パソコンでお絵かき
パソコンで・・・・
お勉強!
読んだ本
日本語ボランティア

遺品整理
お役立ち情報
仕事関連
リホーム
収納の工夫
親指のトラブル
未分類
最新のコメント
★ fuchan_k ★..
by banban0501 at 00:21
七草がゆって、ご馳走で疲..
by fuchan_k at 22:19
★鍵コメ★さま 相..
by banban0501 at 21:12
★鍵コメ★さま 私..
by banban0501 at 21:10
★ mihayashi6..
by banban0501 at 21:09
親父の晩年の嚥下で料理は..
by mihayashi6 at 20:56
★ toshi-wata..
by banban0501 at 13:08
喪中でしたので、新年のご..
by toshi-watanabe at 08:34
★ ささゆり ★さま ..
by banban0501 at 23:12
こんばんは。 わが..
by ささゆり at 20:04
フォロー中のブログ
生きる詩
ニューヨークの遊び方
気まぐれフォト日記
パリときどきバブー  f...
チョコットメモ記
小次郎じじ物語
折々の記
親父の HOBBY
Rabbitjumpの草原
空の見えるベランダから
neige+ 手作りのあ...
ひとこと、ふたこと、みこと
《ニューヨーク直行便 》...
日々の暮らし
~秋色紫陽花と暮らす日々~
本当に幸せなの?
気まぐれ日記
BABAうさぎの奮闘記 ...
ふうちゃん にっき
元気ばばの青春日記 気持...
はあと・ドキドキ・らいふ
OURHOME
やっぱり旅が好き♪
アンダンテのだんだんと中受日記
片付けたくなる部屋づくり
☆FREEDOM☆
さかえのファミリー
その日・その日
ブロ友パソコン相談室
Mrs.和やか in 手帳
無垢のおうちと収納と
FU-KOなまいにち
Linen Style...
IEbiyori
時流れるままに
アメリカからニュージーランドへ
シンプルで心地いい暮らし
Baabaの徒然に
はりねずみの日記帳
喜びも悲しみも幾年月
『 とっておきのお片付け 』 
元気ばばの青春日記 気持...
WITH LATTICE
ココロと向き合う整理収納...
ハーバードで奮闘中、日本...
白×グレーの四角いおうち
uri's room* ...
ivory*
クラシノート
片づけで、すっきり暮らし。
ほぼ100均で片付け収納に挑戦
外部リンク
ひとりごと
自称 記録魔
自分のために
記録して残して
おきたいことを
時々 更新です

メールはこちらから
以前の記事
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
more...
タグ
(116)
(75)
(75)
(51)
(39)
(28)
(25)
(25)
(23)
(20)
(17)
(16)
(16)
(13)
(13)
(12)
(12)
(10)
(7)
(5)
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
最新の記事
十日戎のはしご & ミルつき..
at 2018-01-14 10:10
連休でゆっくり ひなちゃんの..
at 2018-01-08 11:35
大忙しの年末 そして あけま..
at 2018-01-02 11:50
友 遠方からきたる!で お勉強
at 2017-12-24 00:10
ニューヨークの思い出 タイム..
at 2017-12-17 09:00
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
2017年 11月 29日 ( 1 )

・・・・TOPに戻る・・・・
2017年 11月 29日
ニューヨークの思い出 フリック・コレクション&自然史博物館
美術館まとめは フリックコレクションと 自然史博物館

フリック・コレクションを訪れることは 夫がNYについてから
ネットで調べて フェルメールの絵があるというので急きょ 決まりました

事前知識なしで いった小さな美術館でしたが
私には すごく印象深い所となりました

a0084343_17093207.jpg
アッパーイーストサイドに建つフリック氏の邸宅です

石炭で財をなし 自らの審美眼で 世界中の絵を
集めた個人のコレクション

遺言で 門外不出となったので ここへ行かなければみることができない作品ばかり

もちろん 撮影は不可 

唯一撮影可能な中庭
a0084343_17093863.jpg
この庭の回りのお部屋が 展示室

部屋といっても それは もう別世界

中世貴族のお館です

こんな家具が あちこちにあって・・・
(フリックコレクションのHPから借りた写真で思い出してみます)
a0084343_17095185.jpg
こんな家具の上に ケースもなしに
a0084343_17095656.jpg
こんなすごいものがおかれ

壁には
a0084343_17101716.jpg
部屋の雰囲気に合わせて びっしりと作品がかかっています
a0084343_17103176.jpg
風景画も
a0084343_17104988.jpg
人物画が 多い
a0084343_17110065.jpg
時代も様々 グレコの作品の この人物の力強い表現
a0084343_17111937.jpg
女性の絵が 多い
a0084343_17112833.jpg
このモデルのシルクのドレスの表現に 感心してしまいました
陰影だけでの 表現で そばでみても どうしてこんなことができるのか
不思議でなりませんでした

人物の表情も 素敵です

とくに 魅了されたのが この絵
a0084343_17114350.jpg
ロムニーはこの絵のモデルに心酔し 
彼女をモデルにすごい数の作品を残していますが
この美しい人に 見つめられたら!!って思うのは 無理がないな・・・

もちろん お目当ての フェルメールの3つの作品も

小さな作品ですが 入って直ぐの階段ホールにありました

こんな額にはいっていた小さな作品です
(入ってすぐの場所で撮影禁止を知らずに パチリ もちろん注意されました!!)
a0084343_09473161.jpg
階段降りたら 目の前にフェルメールの絵があるなんて
凄い贅沢な展示です

この時は 階段横には ルノアールが
a0084343_18420949.jpeg
こんな感じで掛かっていて見過ごしてしまう!

フェルメール三つの作品

婦人と召使
a0084343_17115641.jpg
借りた音声ガイドによれば この召使がもってきた手紙には
意味があり 長年仕える召使は 婦人の心に寄り添っているとか・・・

フェルメールらしい 窓辺の風景

士官とほほ笑む女

a0084343_17120594.jpg
楽しそうですね

中断された音楽の授業
a0084343_17120081.jpg
彼女はどうして こっちをみているのかな・・・

音声ガイドの説明も 面白くて 私は ついつい 一つ一つの絵の鑑賞が長くなり
目的のものだけ見たら休憩の夫を随分 待たせてしまいました

なにしろ 邸宅自体が 文化財的価値もあり 調度品も 素晴らしく
陶器や 花器 どれも これも 手の込んだ仕事のものばかり

それを ケースにも いれずに展示です

もちろん 

一切のものに手も触れてはいけないし 各所のガードマンも厳しかったけれど
しかたないな・・と納得の至福の時間をすごせました

日本に帰ってから ネットで調べたら こんな映像をみつけました

(英語ですが 映像だけみても よくわかるビデオです)

また 無料で音声ガイドも借りれますが

他にも このフリックコレクションのHPから
収蔵作品すべての一覧ページから 日本語の音声ガイドがきけます
フリックコレクションのHP から このようにクリックすると
a0084343_13255024.jpg
ここを クリックすれば アーティスト一覧のページです

ここから ジョージ・ロムニーの代表作品をクリックして
前述のエマの絵をクリックすると 17歳の少女の その後が 解説されています
a0084343_14003979.jpg

日本語の解説のある作品ばかりでは ありませんが・・
JAPANESE と表記されていれば 
いつ どこででも 絵をみながら日本語のオ-ディオを楽しむことができます

さて すっかり 長居をしてしまったフリック美術館をでて
セントラルパークを間にして アッパーウエストサイドにある
自然史博物館へいくために セントラルパークの中を

横切ろうと・・・
a0084343_09325463.jpg
中へはったのは いいけれど 小径に入ってしまい
1時間も路に迷って 結局は 横切ってなくて
上へ向かっていたのです

パークの外へでてタクシーを捕まえました

タクシーは パークを横切る道路へすぐに入ってくれ
五分で着きました

a0084343_15120553.jpg
中へはいると すごい人!!

チケットを買うのに1時間も行列

売り場の窓口は沢山あっても 座っている人は4人だけ

人が多いから 誰かがブースに はいるってことは しません

ここで待っただけでも 疲れてしまい・・・

こういうものは 素通りです

a0084343_15121337.jpg
きっと 子供たちを連れて アメリカ先住民族のこと
北米大陸から 出土したものを みながら アメリカの歴史を
学んでいく場所なのでしょうが・・・

まぁ 興味がないので ガイドブックみながら お目当てのものだけ探すことに

増築 増築を繰りかえして 巨大なミュージアムになっていますから
館内マップをみながら うろうろ

a0084343_15121742.jpg
ここへきたら 恐竜の骨をみないと!!
a0084343_15122389.jpg
それから
a0084343_15123010.jpg
うう 見たぞ!!

大きなクジラも みておきましょう
a0084343_15123424.jpg
あとは・・・ガイドブックでお勧めの プラネタリウム
a0084343_15124138.jpg
その前を通ったら プラネタリムの中のシアターの開演時間でしたので

ラッキー!で中へ

DARK UNIVERSE とタイトルにある ビッグバン を題材にした映像を
プラネタリムの座席の半円球のスクリーンでみることができます

自分が宇宙船にでも乗って 銀河の中を進んでいくような感覚にしてくれる
25分の素晴らしい映像でした

宇宙って こんな感じなんだ・・・

英語のナレーションは ほとんど難しくてわからなかったですが
そういう ことだけは わかりました

自然史博物館 多分 いついっても いっぱいの人気の博物館ですが
全部みるのも くたびれそうで 見たい所だけが いいかもです

もう一回いきたかった メトロポリタンには 結局1回しかいけなかったので・・・

今回の美術館めぐりは ここで 結局終わりになってしまいました

それでも夫の希望の美術館めぐり4つできました

上の地図にあるように アッパーイーストサイドには
他にも 美術館があるので まだまだ NYは 楽しみな街です

さて

私が 唯一 希望したのは ブルックリン橋を渡る

というもの

これは 出発前から オプショナルツアーで予約でした

その まとめは 次回とします

[PR]
by banban0501 | 2017-11-29 10:00 | ニューヨークの思い出 | Comments(6)

・・・・TOPに戻る・・・・