好きな旅行の話や 自分が興味をもったことをアップしています♪ 気になるカテゴリーからもどうぞ!
by banban0501
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
検索
カテゴリ
全体
始めまして・・ごあいさつ
ケアンズ
南イタリア旅行
NYの思い出アルバム
ニューヨークの思い出
アメリカ ラスベガス・ロス
イギリス・ロンドン
ドイツ・オーストリア話
スペインの思い出
南フランス
タイ 
読んだ本
ベトナム
韓国釜山ソウル
韓国ソウル・春川・水原
中国 上海
中国 杭州と上海再び
中国 北京
中国 麗江
台湾旅行
台湾旅行 再訪
中国 香港
マカオ・香港の旅
チェジュ旅行
奈良 今井町
伊勢・志摩の旅
白浜 南部の旅
北陸 金沢 山中
奥飛騨
松本・安曇野旅行
長崎とハウステンボスの旅
ハウステンボスの旅 二泊三日
八カ岳 リゾナーレ
富士山と日光
東京旅行
豊川 岡崎
箱根旅行
横浜・鎌倉旅行
熱海 三島
名古屋旅行
京都と琵琶湖・浜名湖の旅
クルーズ
京阪神ブラリぶらり
料理・食べ物の話
お金の話
映画
観劇
英会話
DIY 日曜大工 ミシン仕事
カバン作り
こども服
日々の記録・雑感
ちょっと驚いたこと
マイ 美術館
パソコンでお絵かき
パソコンで・・・・
お勉強!
読んだ本
日本語ボランティア

遺品整理
お役立ち情報
仕事関連
リホーム
収納の工夫
親指のトラブル
未分類
最新のコメント
旅にアクシデントはつきも..
by anello63 at 00:28
★ sakae2009 ..
by banban0501 at 21:47
思い出もあり楽しい旅行で..
by sakae2009 at 20:46
★ rabbitjump..
by banban0501 at 10:22
行きたいところ沢山あって..
by rabbitjump at 09:44
★ ♥ junjun ★..
by banban0501 at 08:48
🎵セント..
by ♥ junjun at 22:36
★ mihayashi6..
by banban0501 at 00:14
2001.9.11・・米..
by mihayashi6 at 20:44
★ はりねずみ ★さま ..
by banban0501 at 23:09
フォロー中のブログ
生きる詩
ニューヨークの遊び方
気まぐれフォト日記
パリときどきバブー  f...
チョコットメモ記
小次郎じじ物語
折々の記
親父の HOBBY
Rabbitjumpの草原
空の見えるベランダから
neige+ 手作りのあ...
ひとこと、ふたこと、みこと
《ニューヨーク直行便 》...
日々の暮らし
~秋色紫陽花と暮らす日々~
本当に幸せなの?
気まぐれ日記
BABAうさぎの奮闘記 ...
ふうちゃん にっき
元気ばばの青春日記 気持...
はあと・ドキドキ・らいふ
OURHOME
やっぱり旅が好き♪
アンダンテのだんだんと中受日記
片付けたくなる部屋づくり
☆FREEDOM☆
さかえのファミリー
その日・その日
ブロ友パソコン相談室
Mrs.和やか in 手帳
無垢のおうちと収納と
FU-KOなまいにち
Linen Style...
IEbiyori
時流れるままに
シンプルで心地いい暮らし
Baabaの徒然に
はりねずみの日記帳
喜びも悲しみも幾年月
『 とっておきのお片付け 』 
元気ばばの青春日記 気持...
WITH LATTICE
SEEDS OF SMI...
ハーバードで奮闘中、日本...
白×グレーの四角いおうち
uri's room* ...
ivory*
クラシノート
片づけで、すっきり暮らし。
ほぼ100均で片付け収納に挑戦
外部リンク
ひとりごと
自称 記録魔
自分のために
記録して残して
おきたいことを
時々 更新です

メールはこちらから
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
more...
タグ
(115)
(75)
(74)
(51)
(38)
(25)
(25)
(23)
(23)
(19)
(17)
(16)
(14)
(13)
(13)
(12)
(12)
(10)
(6)
(5)
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
最新の記事
ニューヨークの思い出 タイム..
at 2017-12-17 09:00
ニューヨークの思い出 ウオー..
at 2017-12-13 09:00
早くも忘年会 & 誕生会
at 2017-12-10 22:27
ニューヨークの思い出 セント..
at 2017-12-09 09:00
ニューヨークの思い出 自由の女神
at 2017-12-06 11:56
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
2008年 07月 16日
ベトナム メコン河クルーズと 象の耳の魚 そして お墓
ついた翌日のホーチミンでの最初の観光は メコン河クルーズでした

あらためてベトナムの地図をみてみると
ホーチミンは メコン河には面していない内陸ですので
車で1時間40分ほどはしって ミトーという町まで
行く必要があります
a0084343_21403246.jpg

              ↑の右地図でもわかるように
メコン河は蛇行しながらデルタをつくり
ティエンザン(前江)とハウザン(後江)に大きく分かれます
ミトーの町はティエンザンにある メコン河クルーズの中心です
町にはいると たくさんのクルーズ観光の会社があります

メコン河には 4つの中洲の島がありますが
私たちがいったのはタイソン島でした
ここは ジャングルクルーズで 有名だそうです

まずは 中洲まで エンジン船でわたります

a0084343_21381094.jpg

子育てをしながら この船で生計を立てている夫婦の船に乗りました
彼らは 船を動かすだけでしたが 中には ガイドをする人もいるそうです
a0084343_21384131.jpg

20分ほど 大きな河の広さを感じながら 進むと 中洲に到着で
彼らは このまま 私たちをまってくれます
a0084343_21391491.jpg

幅800メートル 長さ7キロの中洲の島にあがると 土産物屋さんが 並び
ヤシの実をつぶして しぼって 煮て キャラメルを作っている店や
食事ができる所 また 島の名物の蜂蜜を売る店など
ヤシの葉で 屋根をつくった木作りの素朴な家がならんでいます
でも どうやら これは 観光用のようです

旅行会社が契約しているらしい土産物屋さんで
この島でとれる パパイヤ ドラゴンフルーツ モンキーバナナ
パイナップルや 龍眼とゆうライチによく似た果物をサービスで いただき
ベトナムの伝統楽器と歌でもてなしをうけましたが
土産物は なんにも かいませんでした!

他の観光客グループも同じで誰も チップもあげていませんでしたが
彼らは くる人くる人に同じことをしていました

こんな風に島で観光客相手に暮らす人
肥沃な土地で豊かに育つ果物を育ててうる人 
いけすの小屋で魚(ライ魚 エレファンとフィッシュ こいなど)を養殖して暮らすひと
漁にでて船で暮らすひとといろいろ合わせて
この島の人工は5000人もいるんだそうです

さて さて ヤシの木に囲まれた小道をすすんでいくと
ジャングルクルーズの船着き場に到着します
a0084343_21394641.jpg

椰子の木が生い茂る狭い川を手漕ぎの小舟で進みますが
途中に平屋の民家やお墓なんかも 見えてきます

密林をボートで進む疑似体験ができて面白く 櫂の音と水音が 心地よい

お天気がよかったので 日焼け防止の ベトナム帽子(ノン・ラー)を
貸してくれました これが しっかり顔が隠れて 軽くて涼しくて
日焼け防止に 効果ありそうで 私は あとで 買うぞ!って思ったのです

それで手漕ぎボートから 坊やの乗っているエンジン船に乗り換えて
また ミトーの船着き場にもどってきたところで
例の帽子を 1ドルで ゲット(罠にはまったかな?)
a0084343_744738.jpg

ベトナムでのお買い物は すべてドルで すませる観光客のために
値段もドル表示が 主で ベトナムの通貨 ドンで
おつりがこないように なっています

こうして すべて 割高になっていくようです

帽子ひとつ 1ドルは 日本円で 108円が その時のレートでしたが
本当は 日本円で その帽子は 70円で買えるそうです
1ドル以下の表示が ないので 観光客には 割高です

ベトナムの人たちは 日常生活は もちろんドンで買い物をしますが
すごい インフレですので
信用しているお金は アメリカ・ドルでドルを稼ぐことに熱心です

ですから 円高の日本で 円からドルに変えていくと 今の時期は
お買物は ちょっと有利になります

さて 船着き場にもどると すっかりお腹もすいていましたので
ミトーの町の名物 エレファント フィッシュのお料理をだすレストランにいきました

ここには こうゆうレストランが 何軒かあるそうですが
私たちが いったのは「Trung Luong」とゆう川に面した大きなお店

エレファント フィッシュは 形が 象の耳に似ていることから
つけられた名前で 味は 淡泊な白身魚です
a0084343_21413358.jpg

揚げた身を少しとって キューカンバーのスライスしたものと
サラダ菜と一緒に ライスペーパーで巻いて
ヌックマヌケとゆう ちょっと 酸っぱいつけだれにつけていただきます

他にも ベトナムの主な輸出品となっている海老がたっぷり入った
生春巻きや 日本のさつま揚げのような 揚げ物とか
ベトナムならでは お料理をいただきました

ベトナムで みつけた珍しいものは お料理だけでなく
いろいろありましたが この日も 朝
ホーチミンから ミトへ向かう途中
バイクや 車の行き交う幹線道路沿いに座りこんで
排気ガスを浴びながら物をうる人たちを 多くみました

彼らは 観光客相手では なく 土曜日だったこの日
ホーチミンから 田舎に帰る バイクの人たちに
田舎へのお土産を うることが 目的で
「貝」や「果物」などの食べものから ペットボトルで売られている赤い色の「焼酎」
ゴミかとおもったほど きたないビニール袋につめられた
でっかい「ぬいぐるみ」などなど 本当にいろいろなものをうっていましたのも
面白かったです

そんな物売りを 車窓から 眺めていると 田圃の中に
カラフルな お墓を発見しました
a0084343_21434177.jpg

今は 街は火葬が中心ですが 田舎では 今でも 土葬が多く
社会主義になる前には 地主は 死んだあとも
自分の土地を守りたいと 田圃の中に墓をつくったそうです

いまでは それは 許されていませんので
きまった墓地に お墓をつくるそうですが 古い墓は
いまでも 田圃の中に ぽつん ぽつんと 見えます

ガイドさんの話では
3年たった 夜に 墓をほり返して 遺体をきれいにして
また 埋め直すそうで これが 臭くて 怖い作業なんだそうで
今は 専門業者の仕事だそうです

これは 中国からきた埋葬の儀式のようですから
昔 ベトナムは 超南とよばれて中国の一部であったことに由来しているようです

こんな風に ベトナムは 一時期 フランスの植民地になりましたが
今なお 中国の文化を 感じるところです

次回は 翌日の中国とフランスを感じる ホーチミンの市内観光のお話です
[PR]
by banban0501 | 2008-07-16 08:40 | ベトナム | Comments(8)
Commented by anello63 at 2008-07-16 10:51
川の色がクリームコーヒーになっていますね。
この前見た横浜の山下公園の海も相当なもんでしたが。

ベトナムイコール戦争のイメージが強すぎて・・・(涙)
Commented by banban0501 at 2008-07-16 17:27
anello さま クリームコーヒー色 素晴らしい表現です ほんと そんな感じです 流れてきた 砂が どんどん たまってきて 大変なんだそうですよ~ ベトナム=戦争 なので ベトナム戦争博物館なんてのも あるんですよ 今度は その話も 少し したいとおもっています
Commented by 元気ばば at 2008-07-16 17:56 x
ベトナムも田舎に行けばまだまだ・・・ですね
ホーチミンは大都会なのに・・・
Commented by semineo at 2008-07-17 00:25
こんばんは
ベトナムへご旅行だったのですね~
一度も行ったことがありませんが、この国はあの戦争の事を思い出してしまいます。
今はすっかり観光化されて、見どころ満載のようですね。
異文化に接して楽しい経験をされて良いご旅行になりましたね。

知らない国を旅したような嬉しいブログです♪
ありがとう
Commented by banban0501 at 2008-07-17 07:23
元気ばばさま 田舎は田んぼが広がって ちょうど 田植えの時期でした
日本の昔のように 人間の手で 整然と 苗がうえられて その横で 牛が 草を食べている光景をみると ほんと タイプスリップした感じでしたよ~
Commented by banban0501 at 2008-07-17 07:26
semineoさま あえて 戦争を全面のだして 観光している部分もあり ますが 人々にとっては もう 過去の記憶でしかないようにも 感じました 今のベトナムは 先進国においつくために 必至って感じかもですね~ あちらこちらで 日本企業の看板をみたのも 面白かったですよ!また ご紹介しますね~
Commented by ririko628 at 2008-07-21 21:32
いつもいつも 写真たっぷりなので 面白く拝見させてもらいました。

かずさんが 前からベトナムに行ってみたいといっていたんですよ。

「ハネムーンは好きなところでいいよ」っていうから「カリブ海クルーズ!」って答えたんです(笑)
だって 行ってみたいところは全部いってきたから そこくらいしか残ってないので・・・
でも いつもかずさんが私の意見をきいてる側だったから
「そういえば ベトナム行きたいって言ってたから ベトナムでもいいよ」って言ったら
「ベトナムだったら いつでもいけるから」とのこと。

そんなわけで いつまでたっても 旅行先が決まらないのでした・・・
Commented by banban0501 at 2008-07-22 18:25
ririkoさま いよいよ新婚旅行先に相談段階にまで なっていたなんて!
おめでとうございます♪ なかなか 決まらないようでしたら 一つ アイディアです もう ご存じからもしれませんが シンガポールからです大型クルーズ船アクエリアスにのっても ベトナムで一番の見どころ ハロン湾にいけますよ!これは 新婚旅行気分 いっぱいで よさそうです 私も いろいろなところへいったのですが クルーズの経験が ありませんので
いつか いってみたいコースだったのです!
名前
URL
削除用パスワード

・・・・TOPに戻る・・・・
<< ベトナム 経済の中心 ホーチミン市 ベトナムの庶民の足バイクとスコール >>