好きな旅行の話や 自分が興味をもったことをアップしています♪ 気になるカテゴリーからもどうぞ!
by banban0501
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
検索
カテゴリ
全体
始めまして・・ごあいさつ
ケアンズ
南イタリア旅行
NYの思い出アルバム
ニューヨークの思い出
アメリカ ラスベガス・ロス
イギリス・ロンドン
ドイツ・オーストリア話
スペインの思い出
南フランス
タイ 
読んだ本
ベトナム
韓国釜山ソウル
韓国ソウル・春川・水原
中国 上海
中国 杭州と上海再び
中国 北京
中国 麗江
台湾旅行
台湾旅行 再訪
中国 香港
マカオ・香港の旅
チェジュ旅行
奈良 今井町
伊勢・志摩の旅
白浜 南部の旅
北陸 金沢 山中
奥飛騨
松本・安曇野旅行
長崎とハウステンボスの旅
ハウステンボスの旅 二泊三日
八カ岳 リゾナーレ
富士山と日光
東京旅行
豊川 岡崎
箱根旅行
横浜・鎌倉旅行
熱海 三島
名古屋旅行
京都と琵琶湖・浜名湖の旅
クルーズ
京阪神ブラリぶらり
料理・食べ物の話
お金の話
映画
観劇
英会話
DIY 日曜大工 ミシン仕事
カバン作り
こども服
日々の記録・雑感
ちょっと驚いたこと
マイ 美術館
パソコンでお絵かき
パソコンで・・・・
お勉強!
読んだ本
日本語ボランティア

遺品整理
お役立ち情報
仕事関連
リホーム
収納の工夫
親指のトラブル
未分類
最新のコメント
私たちもMOMAは金曜日..
by anello63 at 01:03
★ ささゆり ★さま ..
by banban0501 at 22:56
こんばんは。 何だ..
by ささゆり at 19:23
★ はりねずみ ★さま ..
by banban0501 at 09:36
こんばんは NYと云う..
by はりねずみ at 23:15
★ mihayashi6..
by banban0501 at 13:16
美術館の思い出  MO..
by mihayashi6 at 12:46
★ fuchan_k ..
by banban0501 at 23:24
行きたい所だけを選べるの..
by fuchan_k at 17:35
★ 鍵コメ ★さま ..
by banban0501 at 12:16
フォロー中のブログ
生きる詩
ニューヨークの遊び方
気まぐれフォト日記
パリときどきバブー  f...
チョコットメモ記
小次郎じじ物語
折々の記
親父の HOBBY
Rabbitjumpの草原
空の見えるベランダから
neige+ 手作りのあ...
ひとこと、ふたこと、みこと
《ニューヨーク直行便 》...
日々の暮らし
~秋色紫陽花と暮らす日々~
本当に幸せなの?
気まぐれ日記
BABAうさぎの奮闘記 ...
ふうちゃん にっき
元気ばばの青春日記 気持...
はあと・ドキドキ・らいふ
OURHOME
やっぱり旅が好き♪
アンダンテのだんだんと中受日記
片付けたくなる部屋づくり
☆FREEDOM☆
さかえのファミリー
その日・その日
ブロ友パソコン相談室
Mrs.和やか in 手帳
無垢のおうちと収納と
FU-KOなまいにち
Linen Style...
IEbiyori
時流れるままに
シンプルで心地いい暮らし
Baabaの徒然に
はりねずみの日記帳
喜びも悲しみも幾年月
『 とっておきのお片付け 』 
元気ばばの青春日記 気持...
WITH LATTICE
時間を味方につける整理収...
ハーバードで奮闘中、日本...
白×グレーの四角いおうち
uri's room* ...
ivory*
クラシノート
片づけで、すっきり暮らし。
ほぼ100均で片付け収納に挑戦
外部リンク
ひとりごと
自称 記録魔
自分のために
記録して残して
おきたいことを
時々 更新です

メールはこちらから
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
more...
タグ
(114)
(73)
(68)
(51)
(38)
(25)
(24)
(23)
(23)
(19)
(17)
(16)
(14)
(13)
(13)
(12)
(12)
(10)
(6)
(5)
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
最新の記事
ニューヨークの思い出 MoMA
at 2017-11-23 10:00
ニューヨークの思い出 食事の..
at 2017-11-19 10:38
ニューヨークの思い出 飛行機..
at 2017-11-12 21:41
ニューヨークレポート 6日目
at 2017-11-07 00:10
ニューヨークレポート 5日目
at 2017-11-06 13:01
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
2016年 02月 11日
産経新聞近代建築めぐり「神戸女学院」ヴォーリズの世界
昨年暮れに産経新聞で募集していたイベントに申し込んで
参加料金を1月初めに払い込んだにも関わらず すっかり失念した私

2月9日火曜 一本の電話でそれを思い出しました

集合時間10時になっても現れない私への産経新聞の担当者からの電話
をうけたのは 10時半

すっかり忘れていたことを謝る私に・・・

「今から きませんか?」って!!

11時から講義がありますが 建物見学は12時ですから・・・と

せっかくだから と 夫に車で送ってもらうことに!

「ここは迷路のような学園ですから ついたら電話ください」と
携帯番号も知らされて・・・

夫の車のナビがおしえた場所は 神戸女学院の西門でした

電話をすると記者さんは私が正門にいるとおもい
迎えにいきますから そこでまっていてくださいと
a0084343_15053913.jpg
いくら待っても現れないので 自分で建物の方へいってみると・・・

そこは 11時からの講義の始まる「社交館」という建物のすぐそばでした

もう一度電話をして そのことを伝えると
「では 中へはいってくだされば そこで他のものがいますから」と

あらあら 迎えにきてくださったのに かえって申し訳ないことに・・・

でも 社交館の中へ
a0084343_15054691.jpg
もちろん講義は始まっていましたが 講義内容の資料もいただいたので
駆け足で読み進み なんの問題もなく 20分ほど残りの講義をきいたら
学生さんの案内で 建物探訪が始まりました

因みに 神戸女学院 関西では一番偏差値の高い私学の女子大です!!
a0084343_15055359.jpg
これから 向かうのは・・建築家ヴォーリズが神戸にあった神戸女学院の移転にともなって
西宮の旧尼崎藩の御用林にあった藩主桜井家の別邸跡に建てたミッションスクールで
国の重要文化財となって今も保存され現役で使われている校舎群です
a0084343_15055934.jpg
まずは総務館です

社交館から こちらの総務館への渡り廊下は こんな感じで
a0084343_15060406.jpg
a0084343_15064596.jpg
図書館と総務館は向かいあっていてイタリア風です

中庭から見える総務館の中央扉の中は・・
a0084343_15063628.jpg
総務館には チャペルと講堂もあります

始めにチャペルへ
a0084343_15062474.jpg
片側だけアーチを施して 反対側のアーチのない壁は 講堂と隣接しています
a0084343_15061328.jpg
椅子をみれば どれほど古いかがわかります(1933年完成)

隣接する講堂へは別の入り口から入れますのでエントランスがあります
a0084343_15065783.jpg
今も卒業式や入学式が行われる講堂です
a0084343_15070531.jpg
大きなアーチをもつ窓からの採光で明るい室内です
a0084343_15071751.jpg
2階席もあり とても立派なパイプオルガンにびっくりでした
a0084343_15071229.jpg
続いてむかったのが 文学館
a0084343_16563991.jpg

文学館と理学館はスパニッシュ様式なので屋根もカラフル

イタリア風とスパニッシュ風にして建物の高さを変えることで
いいバランスになっています

中庭を囲む4つの建物など全ての建物を
屋根付きの廊下でつないだのがヴォーリズのこだわりでした
a0084343_15085801.jpg
教室も古いままですが 廊下などにも 様々な こだわりがあって
a0084343_15092541.jpg
女子教育の場としての配慮もあります

a0084343_16491552.jpg

この廊下をまっすぐ進むと自然にイタリア風の図書館へつながっていました
a0084343_15093445.jpg

学校の顔ともいえる図書館のエントランスは立派です
a0084343_15094185.jpg

この階段の上に図書館の閲覧室があるのですが・・・
a0084343_15553837.jpg
この建物の細部については 神戸女学院ボーリズ建築の魅力動画 
をご覧になれば一目瞭然ですよ

中庭へでると向かい合う理学館と文学館がスパニッシュ様式だとわかります
a0084343_15100957.jpg
図書館と総務館がイタリア様式とボーリズは こういう工夫もしたと
建物についての講義をしてくださった先生から中庭で説明をうけて建物探訪が終了

もとの社交館へもどると お弁当の用意がしてありました
a0084343_15104380.jpg
100名ほどの参加者の中で一番最後にきた私ですが
平日なので仕事がありますから 急いで帰らないと

なので お弁当は一番早く食べて・・・

ご迷惑をかけた産経新聞の担当者さんにご挨拶だけしておくことに~

帰りはどうやってかえりますか?と聞いてくださったので
電車で帰るので 正門へでる道を教えてくださいとお願いしたら

なんと またまた送ってくれるというのです!!

へ~ これ以上 迷惑かけられないと お断りしたら
1人では いけませんよ と

なので 一緒に正門まで

この学院は 岡田山という小高い山の上にありますので
大学の建物は 山の中に点在です

その間をぬう小道が迷路のよう

正門から入ると最初に見えるのがヴォーリズ拘りの音楽館ですが外観だけパチリ
a0084343_15105081.jpg
正門が見えてきたので お別れするときに
このイベントで前に 鴻池新田会所 にいったときのことをお話すると

あ~ あの日は2月14日 雪が降って大変でした!!
忘れられない日ですと

しばし 思い出話

あの時は寒かったですねぇ とか ランチが美味しかったとか!

そして 駅までも 迷路ですが・・・と
a0084343_15105954.jpg
1人じゃ帰れないでしょう・・・

と 途中まで送っていただく図々しい私なのでした(笑)

学校も山の中にこれだけの建物が点在する迷路

オレンジ色の建物が重要文化財です

因みに私が最初についたのは 地図の上にある西門です
(正門は地図の左下)(地図は拡大できます)
a0084343_15111900.jpg
でも 思い切ってでかけてよかったです

参加者は3時まで自由に建物探訪できたので
早く帰らないといけなかったことが ちょっと残念でしたが
お蔭で 気持ちよいイベント参加となりました

産経新聞のYさん ありがとう

お世話になりました!!


a0084343_16571133.gif


[PR]
by banban0501 | 2016-02-11 16:59 | 京阪神ブラリぶらり | Comments(22)
Commented by aba-n-c at 2016-02-11 17:19
随分と、お優しい方が居らて良かったですね。
この記事には及びませんが・・・
昔、似たような事がありました。(≧∇≦)

この地図を見る限り、本当に迷路ですね。
間違って当たり前かも⁉️
Commented by banban0501 at 2016-02-11 18:00
★ aba-n-c ★さま

学生さんはもう慣れている迷路ですが・・・

参加者は駅で集合で引率されて学校へいったそうです
初めてでは とても無理な学校内部です
Commented by sacromonster at 2016-02-11 18:30
素晴しい一日を過ごされて本当に良かったですね。私まで感激して目が潤みました。産経新聞の方のご親切も
今時にはない良いお話、、なんとご親切な誠意のある方なのでしょう。感激!!!神戸女学院の素晴らしさと
関西人の人情の厚さに心を打たれました。
神戸女学院の素晴らしさも
分かったような気がしています。
Commented by banban0501 at 2016-02-11 19:13
★ sacromonster ★さま

いい体験ができ 担当者さんのご親切にも
感激で記録しておきました

神戸女学院 本当に 歴史あるたたずまいで
これも感激でした
Commented by sakae2009 at 2016-02-11 20:04
新聞社の担当者良い人でしたね。
神戸女学院立派な素晴らしい所ですね。
最後まで居れなくて残念でしたね。
Commented by banban0501 at 2016-02-11 20:41
★ sakae2009 ★さま

最後までは申し込んだ時から諦めていましたが
素晴らしい建物群だったので惜しい気持ちが
残っています
Commented by semineo at 2016-02-11 23:35
こんばんは
素晴らしいヴォーリズ建築を見学できて良かったですね。
重厚な建物は、神戸という土地柄によく似合う建物ばかりですね。
それにしても担当者の親切な対応は素晴らしいです。
Commented by banban0501 at 2016-02-12 10:30
★ semineo ★さま

神戸女学院という名前に相応しい建物だったとおもいます
ミッションスクールですから学長はじめ先生も西欧の方々ですから
きっと こういう感じが好まれたのでしょうね

いい建物と 記者さんに会えました
Commented by yasukon20 at 2016-02-13 10:24
まぁ~ご親切な事でしたね。なかなか連絡も普通なら欠席しても来ませんよね。
感動します。
お忙しいなかでも参加されて良かったですね。
やはり素晴らしいですね。
ヴォーリズさんの設計とは知っていましたがこうして詳しく拝見することも無かったので嬉しいです。
福岡の孫たちが通っている幼稚園の母体である教会もヴォーリズさんの設計です。
礼拝堂正面の7本のキャンドルのステンドグラスの部分がそちらでは十字架のステンドグラスになっていて素敵なのです。
各地に有りますヴォーリズ設計建物みて歩きたいですね。夢のような話ですが(笑)
Commented by banban0501 at 2016-02-13 12:46
★ yasukon20 ★さま

宣教師として日本に来たヴォーリズさんは
日本各地の数多くの 教会 ミッションスクールの
設計に携わったので たくさんありますよね

西宮の関学も神戸女学院も阪神大震災も
無事だったことからも すぐれた建築家ですよね〜
Commented by mihayashi6 at 2016-02-13 19:01
リンクの動画と一緒にブログ拝見しました。
BanbanさんのBLOG流石です。
国指定の重要文化財なんだ。
この名門大学は・・・初めて知りました。
2年前も寒かったように
     今年も春の嵐
 また、寒くなります。
Commented by banban0501 at 2016-02-13 21:07
★ mihayashi6 ★さま

明日はこちらの方は雨の予報
雪じゃなそうです

神戸女学院 関西では女子の憧れですよ

動画でみると よくわかるので
リンクして 自分でも楽しむつもりです
Commented by ♥ junjun at 2016-02-13 23:28 x
♪産経新聞の担当者さん 行き届いてますね~
もしかして フジサンケイグループの 新聞部 建築課の方かな?
junjunそこの方たちは チョット所縁が有りまして....
ヴォーリズ設計建物 素晴らしいですね。

港町神戸の 西のお嬢様学校が 神戸女学院ならば
東の港町横浜では フェリス女学院大学でしょうかね^^
Commented by banban0501 at 2016-02-14 08:09
★ ♥ junjun ★さま

昨年 横浜へいったときに フェリス女学院の説明を〜聞いて
あら 神戸女学院と同じ印象をもちましたよ

はじめは神戸にあったのですが 手狭になって
西宮へ移転したので 港は見えませんがね〜

新聞部に建築課てのがあるのですか?

この企画がどの部署かはわからないですが
関西エリア限定の産経記事だったとおもいますよ


Commented by fuchan_k at 2016-02-14 17:26
アブナイところでしたね。(笑)

西のお嬢様学校。
豪華すぎる建物ですね〜。
アルハンブラ宮殿の中にでも迷い込んだみたい。

ご連絡に始まって、行きも帰りもステキな対応。
できない事ですね。
Commented by banban0501 at 2016-02-14 20:29
★ fuchan_k ★さま

親切な係の方に感謝です

このイベントは 建物探訪以外にも
色々あるので気にいってますよ

年寄り参加が多いので そういう対応も
できているのでしょうね


Commented by jan113fuzi at 2016-02-14 21:33
こんばんは
コメントがうまくいきません

こんな素敵な学校で勉強できるなんて
すばらしいですよね
私には到底無理ですけど...

新聞社の方の親切な対応で
気持ちの良い一日が過ごせましたね
Commented by banban0501 at 2016-02-14 21:37
★ jan113fuzi ★さま

コメント不具合 みなさんボヤいてますよね

なのにコメント残してくれてありがとうございます

関西の女子の憧れ 私にも無理でした

なので建物探訪で楽しんだってわけですよ
Commented by anello63 at 2016-02-17 12:43
桜の時期だったら最高だったでしょうね。
重厚で伝統のある校舎でお勉強、身が引き締まる感じ。
憧れの学校なんですね。
Commented by banban0501 at 2016-02-17 14:30
★ anello63 ★さま

憧れの学校でしたよ

初めてはいったその建物の重厚さにびっくりでした

それで 私には向いてなかったかも?とも・・・

今にして思えば自分にあった学校選びはしたようです
Commented by salam2002 at 2016-02-19 20:20
チャンスを逃さずよかったですね。
それにしても、敷地広そうですね。
女学院なのに理学部があるのも素敵。
文科系に弱い私は、そちらに関心がいってしまいます。
建築は興味津々です。
Commented by banban0501 at 2016-02-19 21:28
★ salam2002 ★さま

私も明治大正昭和初期の西洋建築大好き人間です

なので申し込みしたのに
忙しい毎日で うっかり忘れてしまいました

ちゃんと見れて良かったです
名前
URL
削除用パスワード

・・・・TOPに戻る・・・・
<< キッチンリホーム計画その2 &... 節分すぎたのでお雛様 & キッ... >>