好きな旅行の話や 自分が興味をもったことをアップしています♪ 気になるカテゴリーからもどうぞ!
by banban0501
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
検索
カテゴリ
全体
始めまして・・ごあいさつ
ケアンズ
南イタリア旅行
NYの思い出アルバム
ニューヨークの思い出
アメリカ ラスベガス・ロス
イギリス・ロンドン
ドイツ・オーストリア話
スペインの思い出
南フランス
タイ 
読んだ本
ベトナム
韓国釜山ソウル
韓国ソウル・春川・水原
中国 上海
中国 杭州と上海再び
中国 北京
中国 麗江
台湾旅行
台湾旅行 再訪
中国 香港
マカオ・香港の旅
チェジュ旅行
奈良 今井町
伊勢・志摩の旅
白浜 南部の旅
北陸 金沢 山中
奥飛騨
松本・安曇野旅行
長崎とハウステンボスの旅
ハウステンボスの旅 二泊三日
八カ岳 リゾナーレ
富士山と日光
東京旅行
豊川 岡崎
箱根旅行
横浜・鎌倉旅行
熱海 三島
名古屋旅行
京都と琵琶湖・浜名湖の旅
京阪神ブラリぶらり
お金の話
映画
観劇
英会話
DIY 日曜大工 ミシン仕事
カバン作り
こども服
日々の記録・雑感
ちょっと驚いたこと
マイ 美術館
料理・食べ物の話
パソコンでお絵かき
パソコンで・・・・
お勉強!
読んだ本
日本語ボランティア

遺品整理
お役立ち情報
仕事関連
リホーム
収納の工夫
親指のトラブル
未分類
最新のコメント
★ ♥ junjun ★..
by banban0501 at 20:33
★ はりねずみ ★さま ..
by banban0501 at 20:31
♪窓から浜名湖が一望でき..
by ♥ junjun at 17:37
こんにちは ゆっくりと..
by はりねずみ at 15:21
★ rabbitjump..
by banban0501 at 13:38
リ・モデルされた旅館、本..
by rabbitjump at 11:43
★ yasukon20 ..
by banban0501 at 20:48
★ semineo ★さ..
by banban0501 at 20:43
おはようございます。 ..
by yasukon20 at 06:48
こんばんは 素敵なご旅..
by semineo at 23:42
フォロー中のブログ
生きる詩
ニューヨークの遊び方
気まぐれフォト日記
チョコットメモ記
小次郎じじ物語
折々の記
親父の HOBBY
Rabbitjumpの草原
空の見えるベランダから
ひとこと、ふたこと、みこと
《ニューヨーク直行便 》...
日々の暮らし
~秋色紫陽花と暮らす日々~
本当に幸せなの?
気まぐれ日記
BABAうさぎの奮闘記 ...
ふうちゃん にっき
元気ばばの青春日記 気持...
はあと・ドキドキ・らいふ
OURHOME
やっぱり旅が好き♪
アンダンテのだんだんと中受日記
片付けたくなる部屋づくり
☆FREEDOM☆
さかえのファミリー
その日・その日
ブロ友パソコン相談室
Mrs.和やか in 手帳
無垢のおうちと収納と
FU-KOなまいにち
Linen Style...
IEbiyori
時流れるままに
シンプルで心地いい暮らし
Baabaの徒然に
はりねずみの日記帳
喜びも悲しみも幾年月
『 とっておきのお片付け 』 
元気ばばの青春日記 気持...
WITH LATTICE
ラクからはじまる楽時間♪
ハーバードで奮闘中、日本...
uri's room* ...
ivory*
クラシノート
片づけで、すっきり暮らし。
ほぼ100均で片付け収納に挑戦
外部リンク
ひとりごと
自称 記録魔
自分のために
記録して残して
おきたいことを
時々 更新です

メールはこちらから
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
more...
タグ
(97)
(66)
(44)
(42)
(37)
(24)
(22)
(21)
(17)
(16)
(15)
(15)
(13)
(12)
(11)
(11)
(11)
(10)
(6)
(5)
最新の記事
星野リゾートを楽しむ旅 界 遠州
at 2017-04-26 10:00
星野リゾートを楽しむ旅 比叡..
at 2017-04-22 09:57
星野リゾートを楽しむ旅 ロテ..
at 2017-04-18 10:00
星野リゾートを楽しむ旅 京都の桜
at 2017-04-15 18:15
春休みのこと & ホームパー..
at 2017-04-09 20:41
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
2014年 01月 19日
宝塚 ナポレオン & 柚子くず湯
ウイークディは仕事で忙しい私の今の楽しみは
宝塚や歌舞伎をみにいくことです

いつも 姉と妹と私の3人でいきます

母の存命中は4人で楽しみました
 
母を中心に姉妹が集まるいい機会でしたので
母亡きあともこれだけは続けようとおもっています

私たちを宝塚好きにしたのは母でした

母も娘のころから大好きで宝塚通いをしていました

なので母に連れられて花の道を歩いて宝塚へよくいったものです

帰ってくれば 3人で宝塚ごっこをしました

母の長いスカートをはけば子供の私たちには
ドレスとなりますので 裾をもって踊るのです

今回 ちょっとそのことを思い出してしまう写真が撮れました
a0084343_23472514.jpg

まるで 舞台にたったような写真になっているでしょうか?

種明かしをすれば・・・
こんな場所で撮影したものです
a0084343_23482292.jpg

宝塚駅から徒歩5分の劇場横の駐車場の下を利用したスペースです

このスペースで今年は宝塚100年を記念してこんな空間ができていました

劇場への行きかえりに ちょっとよってポーズをとって写真を
撮る人がたくさんいますので こんなポーズをとっても
恥ずかしくなかったという訳です

さて 今回の出し物は「眠らない男 ナポレオン」
フランス革命後の混沌とした状態をまとめ
民衆の支持をえて 皇帝となったナポレオンと
その妻 ジョセフィーヌの物語です

ご存じの通り
コルシカ島生まれのナポレオンが寝る間も惜しんで勉学に励み
士官学校も飛び級して卒業し 軍隊にはいっても
その才気あふれる指揮官ぶりでどんどん出世し ついには
民衆の支持を得て 皇帝となった男の物語です

その中で6歳年上のパリ社交界の花だった
未亡人のジェセフィーヌに恋をし 妻とするのですが
彼女は 女王となる野望を抱いているというしたたかな
女性であったという設定の物語になっています

彼女は女王ではなく ナポレオンが皇帝になると皇后となりました

その様子が ダヴィッドの傑作
『皇帝ナポレオン一世と皇后ジョゼフィーヌの戴冠式』
絵に描かれています

わざわざ ローマ教皇をパリに呼び寄せて行われた戴冠式でしたが
王冠を被せようとする教皇から王冠を取り上げ 自らそれをかぶり
妻のジョセフィーヌの頭には ナポレオンがかぶせたという逸話があります
a0084343_043214.jpg

ナポレオンとジョセフィーヌの部分を抜き出すと・・・
a0084343_053152.jpg

この部分を模して 今回のポスターが作られていました
a0084343_08419.jpg

実際の舞台でも 戴冠式の絵の通りにノートルダム寺院の祭壇が
作られ スクリーンに背景を写し 舞台に貴族が並び 逸話通り
ダヴィドの絵の通りの一瞬を再現してくれました

絵の中の皇帝夫妻着用のマントも衣装も忠実に再現されていて
今まで見たこともないような とても豪華な衣装で見応えがありました

こういうことを惜しげもなくやってくれるのが宝塚の舞台です

この絵の通りの一瞬を舞台上で再現してみせたシーンをみただけでも 
私は満足していまいました(笑)

物語の筋は ナポレオンの栄光と挫折の過程を追いますが
単なる 歴史物語に終わらないように
理想の社会の実現を目指したナポレオンの野望と挫折
傲慢に見えたジョセフィーヌが世継ぎを産めないがために
身を引いて離婚し 死の間際までナポレオンを愛していたという
夫婦の愛の絆を織り交ぜてまとめるところも宝塚らしい演出でした

正月公演 大変豪華でした

さて今朝は とっても寒かった

なので 家にあった吉野葛の粉と 柚子で あるものをつくってみました

私の大好きな本 高田郁さんの「みをつくし 料理帖」の第8巻「残月」の
お話の最後にでてくる「心ゆるす 葛湯」

このお話は 上方から江戸へでてきた 女料理人が料理人として
女として 成長していく中でであったいろいろな人々との
心温まる交流を描いた 時代小説です

料理人の話ですので 料理の話がいっぱいでてきて
その料理のレシピも 各巻 数種類紹介されています

その中で これは私でもできるな・・・とおもったのがこの葛湯

レシピは・・・

①柚子の蜜煮をつくる
 柚子は塩で表面を洗って水で洗う
 皮を薄くそいで 5ミリ四方に切る 中身は絞って果汁をとっておく
 鍋にたっぷりの水を沸騰させ 皮を90秒つけ 冷水にとって水気を取る
 鍋に100ccの水をいれ 砂糖大さじ3をいれて沸騰させ
 柚子をいれて 水気がなくなるまで煮詰める
 クッキングシートに広げて冷ます

②葛湯をいれる器を温める
 葛をいれて 沸騰した湯と砂糖(好みの量)を少しいれ手早くかき混ぜる
 柚子の蜜煮をいれて さらに熱湯を注いで手早くかき混ぜる

とありました

柚子の蜜煮は作ってもいいし 市販でうっているものも利用できます

急に思い立ったので いただきものの柚子の甘露煮を利用することに~
a0084343_1556523.jpg

まったりとした葛湯で ほっこりでした

これなら市販の柚子茶用の柚子の甘煮をつかっても大丈夫かもです

食品庫で眠っていた 葛粉 役に立ちました!!

寒い日には お勧めの 飲み物です

みをつくし料理帖の 第9巻の発売を心待ちにしています




 
[PR]
by banban0501 | 2014-01-19 15:58 | 観劇 | Comments(34)
Commented by ★元気ばば★ at 2014-01-19 18:11 x
本物の宝塚を見たことがありません。
劇場で見たら感動するでしょうね
チケットが採れないと聞きましたが・・・
Commented by yuriazami at 2014-01-19 19:25
こんばんは
三姉妹でお出かけ楽しそう~~
共通の思い出が増えていきますね。

今年は生協の文化鑑賞会(年3回)を
申し込んでみました。4月は初めての「能・狂言」を
観賞できそうです。

みをつくし料理帖 私もファンです。
葛湯は身体が温まっていいですね。
Commented by aba-n-c at 2014-01-19 19:31
歌舞伎が好きなの?
近かったらチケット上げたのにぃ~!
20日の国立劇場の尾上何とか・・・
娘が2枚上げるって言うので・考えました。
で・寒いから行くのが億劫で断り
他の人に上げてと言っちゃいました(残!)
Commented by banban0501 at 2014-01-19 20:56
★元気ばば★さま

宝塚友の会に入っていますので
それでチケットゲットです

それでも抽選漏れもありますが
普通に取るよりは易しいです

一度実際の舞台楽しんでいただきたいです
Commented by banban0501 at 2014-01-19 21:00
★yuriazami★さま

私も生協で歌舞伎のチケットをゲットしていますよ

これから古典の文化イベントをゆっくり
楽しめる年齢になっていきますので
色々楽しみたいですね

この本 本当にいい本で大好きです
Commented by banban0501 at 2014-01-19 21:03
★aba-n-c★さま

東京の国立劇場でしたら
遠すぎていけません

ほんと残念です

歌舞伎も宝塚も大好きですよ
Commented by さかえ at 2014-01-19 22:10 x
宝塚、歌舞伎見る機会ありません。
見るとしても出かけることは今は無理です。
でもいつかは出かける機会作って見たいですね。
Commented by michi-kan at 2014-01-19 22:26
いま宝塚は「ナポレオン」ですか。
豪華で見応えが有りそうですね。
いつも仲良し三姉妹で良いなぁ~
葛湯、寒い時期は身体が暖まりgood・・・
吉野葛と柚子茶が有るので作ってみます(^^♪
Commented at 2014-01-19 22:46
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by semineo at 2014-01-19 23:58
こんばんは
宝塚、良いですね~
ご姉妹で行けるのが、何より羨ましいです。

ナポレオンの東京公演は2月からなのですね。
観たいけど・・・・

葛湯、身体が温まり、美味しそうですね。
娘が風邪で寝込んでいますので、早速作ってみます。
Commented by nagotu3819 at 2014-01-20 11:26
ご姉妹のポーズが素敵です。
宝塚には行かなかったけれど、私も女の子を持っていますので一応宝塚公演が名古屋でありましたので、ひきつれて行きました。
ベルバラ時代です。
憧れはもってくれたでしょうが、漫画に流れて行きました。
安上がりですよね。
Commented by anello63 at 2014-01-20 11:45
「皇帝ナポレオン一世と皇后ジョゼフィーヌの戴冠式」の大きな絵は観たことがありますよ。
絵画のほうも豪華に描かれていたけれど宝塚の衣装、本当に豪華そうですね。
先日BSかCSでだいぶ前の宝塚をチラリと見ましたが・・・フム。。。TVではあまり良さが伝わって来なかった。。。
「みをつくし 料理帖」知りませんでした(汗)
自分は作るより食べるほうが好きなんだと実感した瞬間です。
Commented by sacromonster at 2014-01-20 16:53
お母様亡きあとも、ご姉妹でご一緒に観劇を続けられ
本当に仲良しご家族ですね。
亡きお母様もきっと喜んでおられることでしょう。
Commented by banban0501 at 2014-01-20 22:45
★さかえ★さま

仕事があると前もって予定を立てるのは大変です

私も土日のチケットゲットが大変ですが
なんとかして息抜きしてますよ
Commented by banban0501 at 2014-01-20 22:49
★michi-kan★さま

王朝ものは衣装が豪華ですが
今回は特別豪華でしたよ

三人で楽しめるものがあってよかった
と思っています

くず湯大好きです
Commented by banban0501 at 2014-01-20 22:50
★鍵コメ★さま

そちらにお邪魔します

お知らせありがとうございました
Commented by banban0501 at 2014-01-20 22:53
★semineo★さま

娘さん早くお元気になられますように

食欲ない時 くず湯は
身体に優しくていいですね

東京公演は二月後半ですね

一度東京でみてみたいものです
Commented by banban0501 at 2014-01-20 22:58
★nagotu3819★さま

名古屋の中日劇場でも公演ありましたね

最近はないのでしょうかね

ベルばらからアニメ好きというのも
わかりますよ

私も漫画大好きです
Commented by banban0501 at 2014-01-20 23:03
★anello63★さま

あの絵はルーブル美術館で私もみました

めちゃくちゃでっかい絵ですね
レプリカがベルサイユ宮殿にもありますね

本 お勧めです
食べ物への愛を感じます
食べたくなる本です
Commented by banban0501 at 2014-01-20 23:06
★sacromonster★さま

子育て終われば一緒に
遊ぶのなら姉妹が遠慮なくて
いいですね

子供の頃はよく喧嘩もしてました

今は母に感謝です
Commented by fuchan_k at 2014-01-21 13:18
三姉妹で楽しまれるとは、なんとも羨ましいかぎり。
兄と弟しか居ませんでしたので憧れでした。
東京にも宝塚劇場があるのですよね。
でも、なぜか遠い存在。食べず(見ず)嫌いかも。
心ゆるす葛湯、美味しそうですね。真似してみま〜す。
Commented by banban0501 at 2014-01-21 15:22
★fuchan_k★さま

葛湯にほっと一息ですので
お試しください

宝塚は見慣れていないと食わず嫌いに
なる代表的なものですね

私にとって敷居の高かった歌舞伎も
いろんなチケットゲットの方法が最近は
あるので ようやく身近なものになりました

これも一度お試しくださいね
Commented by sonetto80 at 2014-01-21 22:05
三姉妹でのお出かけ、うらやましいです。
私には男兄弟しかいないので・・・

葛湯はとってもおいしそう♪
蜜煮は手間がかかり難しそうですが
市販の柚子煮を使って試してみたいです。
Commented by shinobueakira at 2014-01-21 23:53
宝塚は女の世界と言う感じで男にはとっつきづらい感じですね!
博多座でも時々歌舞伎や他のお芝居の間に定期的に宝塚公演があっているようですが、華やかな世界なんでしょうね。
宝塚出身の芸能人も多いですが、共通しているのは姿勢が好いのと礼儀正しい方が多いですね。
しっかりと鍛えられていると言う感じがしますね。
Commented by banban0501 at 2014-01-21 23:59
★sonetto80★さま

男兄弟の中の女の子ってきっと
すごく可愛がられたでしょうね

その点私は子供の頃は
女三人もいてドタバタ育ったかもです

市販の柚子茶でも美味しくいただけますよ
Commented by banban0501 at 2014-01-22 00:05
★shinobueakira★さま

博多座など地方公演をするのは
地方の未来のスターを獲得するためだそうですよ

博多座で宝塚を観て音楽学校を受験する
人もおおいです

音楽学校の教育は凄く礼儀正しさが
要求されるのでそれが力となるのですね
Commented by ♥ junjun at 2014-01-22 16:59 x
♪宝塚 TVでしか見た事有りません。
実際に見たら 魅了させられそうですね。

くず湯 今 とっても飲みたい、風邪ひてます...グシュッ。
Commented by banban0501 at 2014-01-22 21:40
★junjun★さま

お風邪をひかれたのですね
お大事になさってください

チェジュの柚子も美味しいのでしょうね
Commented by KawazuKiyoshi at 2014-01-25 12:28
宝塚歌劇
是は見てみたいですねー。
やっぱり歌劇は面白い。
書けないけど。
ふふふ
今日もスマイル
Commented by banban0501 at 2014-01-25 23:50
★KawazuKiyoshi★さま

母の宝塚好きのおかげで
楽しみにできるものを持ててよかったです

いつか是非ご観劇くださいね

スマイルになれると思います
Commented by KawazuKiyoshi at 2014-01-26 12:07
はい
行って見ますね。
今日もスマイル
Commented by banban0501 at 2014-01-26 14:06
★KawazuKiyoshi★さま

お返事コメントありがとう~
Commented by ひろめめ at 2014-02-02 18:00 x
遅くなりましたが・・今年もトキドキよらせてもらいますので、
宜しくです(笑)
毎朝、見てますよぉ~「ごちそうさん」御堂筋だったんですね
本町出身の私としては懐かしくて嬉しいです!!

東京の宝塚・・日比谷、有楽町とかなり賑やかですぉ~
周りのお店も落ち着いた雰囲気のお店多くて・・日比谷シャンテ
もなかなかオツです(笑)ちょっと気に入ってる自分・・
宝塚にある大劇場は小学校の頃母に連れて行ってもらい、東京の宝塚の方が賑やか過ぎて・・馴染めない私です・・。

ひなちゃん、おめでとうございます、お兄ちゃんもお受験ご苦労様でした!我が孫、1月8日で1歳になりました!

大阪情報、楽しみにしてます(^-^)/
Commented by banban0501 at 2014-02-02 18:24
★ひろめめ★さま

お久しぶりです
拙いブログですが 大阪情報発信できるよう
マイペースで続けていきますよ

東京の宝塚劇場は賑やかすぎる!
東京自体が賑やかですものね~

宝塚は相変わらずのド田舎ですよ(笑)

お孫さんも一月生まれなのですね

1歳になって ますます可愛いですね
名前
URL
削除用パスワード

・・・・TOPに戻る・・・・
<< 朝の連ドラ「ごちそうさん」の地... 映画 「利休にたずねよ」 >>